All about Photonics

ニュース

ワルシャワ大学、5㎜径のモーターを光で直接駆動

March, 5, 2020, Warsaw--

ワルシャワ大学の物理学研究チームは、ポーランドと中国の研究者とともに、液晶エラストマ技術を使って光パワーによる回転するマイクロモーターを実証した。レーザビームで駆動、制御される5㎜径のリングは回転して、例えば同じ軸にイン […]

全文を読む

UCF、脳細胞を模擬するデバイスを開発

March, 5, 2020, Orland--

セントラルフロリダ大学(UCF)の研究チームは、人の心と機械の心を分離するギャップを埋める取組をしている。 Science Advancesのカバー記事では、UCFの研究チームは、2つの有望なナノマテリアルを新しいスーパ […]

全文を読む

NIU、安全な鉛ベースペロブスカイト太陽電池を開発

March, 4, 2020, DeKalb--

ノーザンイリノイ大学とUSエネルギー省国立再生可能エネルギー研究所(NREL)の研究者は、Natureにハイブリッドペロブスカイト太陽電池のブレイクスルー可能性を発表した。 ペロブスカイトは、従来のシリコンベース太陽電池 […]

全文を読む

強力な短UV渦を生成する新方法

March, 4, 2020, Moscow--

Skoltech 教授 Sergey Rykovanovを含む国際研究グループは、強力な「ねじれ」パルスを生成する方法を発見した。研究グループが発見した渦は、新しい材料の研究に役立つ。研究成果は、Nature Commu […]

全文を読む

II-VI Incorporated、高速InP EMLを発表

March, 4, 2020, Saxonburg--

II-VI Incorporatedは、データセンタと5G光アクセスインフラストラクチャ向けに高速InP EMLを発表した。 データセンタ内および5Gアンテナへのフロントホールリンクの25 Gbpsトランシーバで、やがて […]

全文を読む

3Dセンサ市場、2025年に100億ドル

March, 4, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dセンサ市場、タイプ(イメージセンサ、位置センサ、音響センサ、加速度計)、エンドユーザ、技術(ステレオビジョン、パタン投影、時間飛行法、 […]

全文を読む

東北大学、世界最高の波長選択比を持つ深紫外光検出器を実現

March, 3, 2020, 仙台--

紫外光はオゾン層により大部分が吸収され、地表付近ではほとんど検出されないが、火炎に微弱に含まれ、殺菌効果が高い特徴がある深紫外光がある。  東北大学大学院工学研究科の小山裕教授、田邉匡生准教授と大学院環境科学研究科の鳥羽 […]

全文を読む

世界最高級強度のレーザ光が引き起こす電子の特異な振る舞いを解明

March, 3, 2020, 東京--

量子科学技術研究開発機構(量研)他で構成される研究グループは、強いレーザ光を数ミクロン程度に小さく集光して高い強度で物質にあてたときに、電子の独特な振る舞いが発生するメカニズムを解明した。  強いレーザ光を非常に薄い物質 […]

全文を読む

シリコンフォトニクスデバイスの研究開発試作体制を構築

March, 3, 2020, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)電子光技術研究部門とTIA推進センターは、産総研で開発した世界最先端のシリコンフォトニクス技術を普及させるため、産総研以外の幅広いユーザーが利用可能な国内初のシリコンフォトニクスデバイスの試作 […]

全文を読む

島津製作所、水中ドローンによる“水中光Wi-Fi”の実現

March, 3, 2020, 京都--

島津製作所は、2月27日に水中光無線通信装置「MC100」を発売した。同装置は10メートル以上の距離で、95Mbps以上の通信速度による水中無線通信を可能にした。海底探査・パイプライン保守管理などに用いる無人潜水機(水中 […]

全文を読む

TU Wien、固体結晶を利用した光パルス波形計測

March, 2, 2020, Wien--

これまで、光パルスの形状を計測するには複雑な実験装置が必要だった。TU Wien、MPI Garching および LMU Munichの研究チームは、これを著しく簡素にした。 現在、最新のレーザは極短光パルスを生成でき […]

全文を読む

氷がつかないADAS用センサソリューション

March, 2, 2020, Vantaa--

Canatuのカーボンナノボットは、氷点下の天候で、センサ表面、LEDヘッドランプをきれいに保つことができる。 天候に晒されるセンサ面は、ADASおよび自動運転システムが安全に機能するようにきれいに保つ必要がある。低温条 […]

全文を読む

血糖値モニタには非侵襲的分光学、針は過去のもの

March, 2, 2020, Cambridge--

糖尿病患者は、1日に何回も血糖値をテストして、血糖値が高すぎず、低すぎないことを確かめなければならない。調査によると、患者の半分以上は、十分にテストしていない。針で刺すことの痛さと不便さのためである。 可能な代替の一つが […]

全文を読む

マシンビジョン市場、2025年に147億ドル

March, 2, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「マシンビジョン市場、導入ごと(一般&ロボットセル)、コンポーネント(ハードウエアとソフトウエア)、製品(PCベースとスマートカメ […]

全文を読む

量子材料でできたカムフラージュが赤外カメラから人を隠す

February, 28, 2020, West Lafyette--

赤外カメラは、放出される熱によって人や他の物体を検知する。パデュー大学、MIT、ウィスコンシン・メディソン大学、ハーバード大学、ブルックヘブン国立研究所などの研究者は、紛れもない熱特性を隠すことでターゲットを見えなくする […]

全文を読む

世界初の中波長紫外線(UVB)領域の半導体レーザを発明

February, 28, 2020, 三重--

名城大学の赤﨑勇終身教授の研究グループの岩谷素顕准教授らは、三重大学、旭化成株式会社の共同研究により世界初の中波長紫外線(UVB波長領域)半導体レーザを発明した。 レーザ光はLEDや太陽光など自然界に存在する光とは異なり […]

全文を読む

50倍高速のグラフェンマッピング

February, 28, 2020, Twente--

グラフェンのような2D材料の新しい画期的なコンポーネントを作りたいなら、その品質を評価するツールが必要である。ラマン分光法は、このための至適基準であるが、その主な欠点は、スピードが遅いことである。それとは別に、レーザ光は […]

全文を読む

クモからヒントを得たコンパクトな深部センサ

February, 28, 2020, Cambridge--

クモ類動物は、脳は小さいが、すばらしい奥行き知覚を持っており、身体の長さの何倍も離れたところから無防備な標的に正確に飛びかかることができる。 クモからヒントを得てハーバードSEASの研究チームは、コンパクトで効率的な深度 […]

全文を読む

微小ワイヤレスデバイスが脳の内部構造を明らかにする

February, 27, 2020, Boston--

アリゾナ大学の研究チームは、シングルニューロンレベルで脳を観察することで痛み、抑鬱、中毒や一定の病気のメカニズムを明らかにするデバイスを開発した。 哺乳類の脳は、身体の中で最も複雑な臓器であり、数千の刺激を同時に処理して […]

全文を読む

光伝搬の相反性を破る新たな方法

February, 27, 2020, University Park--

ペンステート電気工学チームによると、光デバイス内で光が反射して戻るのを防ぐ新しい方法は、光通信、レーザシステムとエレクトロニクスを含むいくつかの科学分野で進歩を可能にする。電気工学准教授、Xingjie Niをリーダーと […]

全文を読む

ペンステート、分子レベルで積層造形を最適化

February, 27, 2020, University Park--

積層造形の複雑さとアプリケーションの増加にともない、ペンステート(Pennsylvania State University)の研究者は、その技術を分子レベルで最適化するために最小スケールまで掘り下げようとしている。 「 […]

全文を読む

3Dスキャナが事件現場で科学捜査を手助け

February, 27, 2020, Jena--

犯人が残した靴跡やタイヤ痕を見つけると、科学捜査は、通常、石膏でそのような靴跡、タイヤ痕を採る。これは、時間のかかる手順であり、跡も壊される。フラウンホーファーIOFのポータブル3Dスキャナを使うと、そのような跡は、数秒 […]

全文を読む

高周波磁気共鳴の検出がエレクトロニクスを変革

February, 26, 2020, Riverside--

UCリバーサイドの物理学チームは、検出が極めて難しいテラヘルツ電磁波のための電子検出法を発見した。この発見は、マイクロチップで検出器を小型化し、感度を高める。 テラヘルツは、電磁波周波数の単位で、1THzは1000GHz […]

全文を読む

CompoundTek、東南アジア初シリコンフォトニクステストサービスハブ

February, 26, 2020, Singapore--

CompoundTekは、東南アジア初のシリコンフォトニクス(SiPh)テストファシリティを立上げた。これにより、業界関係者は製造およびエンジニアリングテストサービスを受けられるようになる。テストサービスは、Compou […]

全文を読む

PlesseyとWaveOptics、戦略的提携

February, 26, 2020, San Francisco--

Plesseyは、Photonics WestでWaveOpticsとの提携を発表した。  Plesseyは,ARやMRディスプレイ市場向けmicroLED技術の最前線で内蔵技術を開発している。WaveOpticsは、回 […]

全文を読む

KIT、プリンタブル光センサの材料成分を発見

February, 26, 2020, Heidelberg--

KITチームは、波長を区別でき、光でデータ伝送ができるプリンタブル有機フォトダイオードを開発している。  カメラ、光バリア、運動センサは、共通点が1つある。それらは、すでに多くのアプリケーションで見られる光センサで動作す […]

全文を読む

シドニー大学、産業用に光を成形するローコスト材料を発表

February, 25, 2020, Sydney--

太陽電池で利用される結晶材料がレーザ光を操作する安価な代替となることが発見された。潜在的なアプリケーションは、通信、医療診断、コンシューマオプトエレクトロニクス。 研究成果はAdvnced Scienceに発表された。 […]

全文を読む

食品媒介の病気を容易に検出できるポータブルデバイス

February, 25, 2020, West Lafyette--

米国では、食中毒は毎年6人に1人の割合で起こる。疾病対策予防センタ(Centers for Disease Control and Prevention)の推定では、4800万人のアメリカ人が、31の既知の病原菌1つ以上 […]

全文を読む

ソニーとProphesee、業界最小画素、業界最高HDR特性の積層型イベントベースビジョンセンサを開発

February, 25, 2020, 東京--

ソニー(Sony)とプロフェシーは、業界最小画素サイズ4.86μmで業界最高124dB以上のHDR特性を実現する積層型イベントベースビジョンセンサを共同で開発した。  この成果は、米国サンフランシスコで開催されたISSC […]

全文を読む

光通信とネットワーキング装置市場、2025年に278億ドル

February, 25, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「光通信とネットワーキング装置市場、コンポーネント(ファイバ、トランシーバ、スイッチ)、技術、アプリケーション(通信、データセンタ、エンタプ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。