コヒレント特設ページはこちら

ニュース

眼病と眼のガンの新しい治療法の発見

November, 15, 2023, Toronto--

眼疾患はあらゆる年齢の人々に影響を与える可能性があり、効果的に治療しないと、視覚障害や失明につながる可能性がある。 最も一般的な眼疾患の中には、異常な血管の成長を特徴とするものがあり、これは「滲出型(ウエット)」加齢黄斑 […]

全文を読む

ヒューマンエラーを機械学習に組み込む

November, 15, 2023, Cambridge--

ヒューマンエラーと不確実性は、特に人間が機械学習モデルにフィードバックを提供するシステムでは、多くの人工知能システムが把握できない概念である。これらのシステムの多くは、人間が常に確実で正しいと仮定するようにプログラムされ […]

全文を読む

「内観的」AI、多様性によるパフォーマンス改善を確認

November, 15, 2023, Raleigh--

NC Stateによると、内面に目を向け、独自のニューラルネットワークを微調整する能力を持つ人工知能(AI)は、多様性の欠如よりも多様性を選択した場合に、より優れたパフォーマンスを発揮することが、新しい研究で明らかになっ […]

全文を読む

コヒレント光トランシーバ出荷、CAGR 17%成長

November, 15, 2023, Redwood City--

Dell’Oro Group の調査によると、コーレント光トランシーバの出荷台数が今後 5 年間でCAGR 17%で成長する。さらに、コヒレントオプティクス市場は、ルータやEthernetスイッチでのコヒレン […]

全文を読む

脳の真菌感染症でアルツハイマー病のような変化

November, 14, 2023, Houston--

ベイラー医科大学(Baylor College of Medicine)のこれまでの研究では、アルツハイマー病などの慢性神経変性疾患に真菌が関与していることが示唆されているが、これらの一般的な微生物がこうした疾患の発症に […]

全文を読む

ALD装置産業、2028年に62億ドル

November, 14, 2023, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ALD装置市場、堆積法(プラズマ増強ALD、サーマルALD、空間ALD)、膜タイプ別(酸化膜、フッ化物膜)、半導体アプリケーション(モアMo […]

全文を読む

MiniLED製品出荷回復し、2024年には1379万ユニット

November, 14, 2023, Taipei--

TrendForceの「2024年新Mini LED BLUディスプレイトレンド分析」レポートによると、家電製品の需要減少により、MiniLED製品の出荷台数は2023年に1333万7000台に減少すると予想されている。 […]

全文を読む

軍&防衛向けAM市場分析、2023年にDOD向け成長

November, 14, 2023, NewYork--

AM Researchは、軍事および防衛向けの積層造形に関する詳細な市場調査を公開した。2023 年には直接国防総省支出は推定3億ドル 、2032 年には18億ドル に成長すると予想している。 Additive Manu […]

全文を読む

コヒーレントX線を用いた二つの計測手法の融合

November, 13, 2023, 和光--

理研、東北大学などの共同研究グルプは、X線光子相関分光(XPCS)と動的コヒーレントX線回折イメージング(動的CXDI)を組み合わせた解析法により、不均一な運動の解析がナノスケールからマイクロスケールで可能であることを実 […]

全文を読む

ナノ構造中のテラヘルツ電磁波と電子の超強結合状態の高感度電気的検出に成功

November, 13, 2023, 東京--

東京大学 生産技術研究所の黒山和幸助教、平川一彦 教授、および同大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構の荒川泰彦特任教授、權晋寛特任准教授は、スプリットリング共振器と呼ばれるテラヘルツ帯域に共鳴周波数を持つオンチップ […]

全文を読む

波長230nm遠紫外LED光源と高出力光源モジュール開発

November, 13, 2023, 東京--

日本タングステンと理化学研究所 平山量子光素子研究室の平山秀樹主任研究員は、2019年より開始した人体への影響を低く抑えつつウイルスに対する不活化効果の高い遠紫外LEDの開発を目指した共同研究において、波長230ナノメー […]

全文を読む

ソフトバンク、富士通All optical networkを全国展開完了

November, 13, 2023, 東京--

ソフトバンク株式会社(ソフトバンク)は、環境負荷の少ない通信インフラ構築を目指したネットワークのグリーン化のために、富士通株式会社(富士通)の次世代光伝送装置「1FINITY Ultra Optical System T […]

全文を読む

強力なレーザを生成する新い方法で、有害ガスをその場で検出

November, 10, 2023, Singapore--

南洋理工大学(NTU Singapore)が率いる研究グループは、微量の汚染物質や有害ガスをいかに速く嗅ぎ分けることができるかを高速化できる精密なデバイスを作るために有望な、高強度で超高速のレーザを生成する新しい方法を開 […]

全文を読む

検査方法により、レーザ粉末床溶融結合3Dプリンティングの信頼性向上

November, 10, 2023, Oak Ridge--

米国エネルギー省(DOE)オークリッジ国立研究所(ORNL)の研究チームは、レーザ粉末床溶融結合を使用して3Dプリントされた金属部品の信頼性を高めるために、欠陥検出を改善した。 このタイプの積層造形(AM)は、エネルギー […]

全文を読む

次世代LEDを強化する分子添加物

November, 10, 2023, Stanford--

安価で製造が容易なタイプのLEDであるペロブスカイトLEDの材料構成を研究すことで、スタンフォード大学の研究者は輝度と効率の飛躍的な向上を達成したが、数分の使用で光が消えるのを目の当たりにした。 PCディスプレイは、一般 […]

全文を読む

コパッケージドオプティクス産業、2028年までに4900万ドル

November, 10, 2023, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「コパッケージドオプティクス市場:タイプ別(CPO、NPO)、データレート別(1.6T未満&1.6T、3.2T、6.4T)、アプリケー […]

全文を読む

フォトニックペイントでフレキシブル3Dイメージング

November, 9, 2023, 合肥市--

中国の研究チームは、布地やその他の繊維基材に印刷して3Dステレオイメージングを実現できる新しいフォトニック塗料を実証したと報告している(Sci. Adv., doi: 10.1126/sciadv.adi9944)。 印 […]

全文を読む

光活性化筋グラフト、外傷後の筋肉回復支援に期待

November, 9, 2023, Cambridge--

グラフトを作動させると、新しい血管や神経の成長に関連する細胞シグナルがオンになるようで、これは病気や外傷によって失われた筋肉の可動性を回復させる将来性のある発見である。 大量の筋肉を破壊する重度の外傷は、人の健康、可動性 […]

全文を読む

レーザを使って3Dプリントされたスチールを「過熱し叩く」

November, 9, 2023, Cambridge--

ケンブリッジ大学の研究チームは、コストを削減し、資源をより効率的に利用するのに役立つ、金属を3Dプリントする新しい方法を開発した。 研究チームが開発したこの方法は、3Dプリンティング中に構造改質を金属合金に「プログラム」 […]

全文を読む

ロボットを使い、昆虫の異なる飛行戦略進化を理解

November, 9, 2023, San Diego--

UC San Diegoのエンジニアによって構築されたロボットは、昆虫の飛行がどのように進化したかを理解する上で大きなブレイクスルー達成に役立った。 この成果は、Nature誌に説明されている。 この研究は、UC San […]

全文を読む

NICT、光の配光角を制御できる深紫外LEDの開発に成功

November, 8, 2023, 東京--

情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所の井上 振一郎 室長らの研究グループは、ナノ光構造技術により光の配光角を制御し、極めて高い指向性を有するオプティクスフリー深紫外LEDの開発に世界で初めて成功した。 今回開発し […]

全文を読む

新設計でペロブスカイト太陽電池の安定性と効率を解決

November, 8, 2023, Lausanne--

EPFLとノースウェスタン大学の研究チームは、ペロブスカイトソーラセルの画期的な設計を発表し、電力変換効率が25%を超える最も安定したPSCsの1つを実現し、将来の商業化への道を切り開いた。 ペロブスカイト太陽電池(PS […]

全文を読む

ナノスケールで金属を3Dプリンティングする技術の利点

November, 8, 2023--

昨年末、カリフォルニア工科大学(Caltech)の研究者は、紙3〜4枚の厚さの微細な金属部品を印刷するための新しい製造技術を開発したと発表した。 今回、研究チームはこの技術を改良し、インフルエンザウイルスに匹敵する150 […]

全文を読む

コーネル大学、バグサイズのロボットの動力に燃焼を利用

November, 8, 2023, Ithaca--

コーネル大学の研究者は、ソフトマイクロアクチュエータと高エネルギー密度の化学燃料を組み合わせて、燃焼を動力源とし、電気駆動の競合を追い越し、凌駕し、飛び越せる昆虫規模の四足歩行ロボットを作製した。 研究グループの論文「昆 […]

全文を読む

GPSが利用不可能なとき、フォトニックチップでドローン飛行

November, 7, 2023, Rochester--

ロチェスター大学の研究者は、弱値増幅(WVA)の量子技術を活用して、ドローンのジャイロスコープを置き換えることを目指している。 研究チームは、無人航空機(UAV)やドローンで現在使用されているジャイロスコープに取って代わ […]

全文を読む

新しい周波数コム、20-nsスナップショットで分子を特定

November, 7, 2023, Gaithersbug--

レーザベースのシステムは、極超音速推進やタンパク質の折り畳みなどの高速プロセスの瞬間瞬間の詳細をキャプチャする能力を備えている。 温室効果ガス濃度のモニタリングから呼気のCOVID検出まで、周波数コムと呼ばれるレーザシス […]

全文を読む

ニューロモルフィックチップ市場、2032年までに71億ドル

November, 7, 2023, San Francisco--

Allied Market Researchのレポート「ニューロモルフィックチップ市場、エンドユーザ:2023-2032グローバル機会分析と産業予測」によると、始終はむ2022年の8789万ドルから、2023-2032年 […]

全文を読む

Lumentum、7億5000万ドルでCloud Light買収

November, 7, 2023, San Jose--

Lumentum が Cloud Light を買収し、データセンタのスピードと拡張性を加速する。 ・この統合により、Lumentum のクラウド・イントラ・データセンタが 5 倍以上に拡大すると期待されている。 ・20 […]

全文を読む

ニュースレター登録キャンペーン実施中

November, 6, 2023--

期間中にご登録いただいた方の中より抽選で5,000円分のアマゾンギフト券を進呈!登録で応募完了~11/30まで|Basler

外部リンク

NIST、最高分解能シングルフォトン超伝導カメラを開発

November, 6, 2023, Gaithersburg--

米国国立標準技術研究所(NIST)の研究チームは、同種のどのデバイスよりも400倍多い40万ピクセルの超伝導カメラを開発した。 超伝導カメラは、宇宙の遠い物体や人間の脳の一部など、非常に微弱な光信号を捉えることができる。 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。