コヒレント特設ページはこちら

ニュース

原子層ナノ物質と微小光共振器による高効率波長変換に成功-ナノフォトニクス素子の高機能化へ期待-

April, 12, 2024, 東京--

理化学研究所(理研)光量子工学研究センター 量子オプトエレクトロニクス研究チームの加藤雄一郎 チームリーダー(理研 開拓研究本部 加藤ナノ量子フォトニクス研究室 主任研究員)、藤井瞬 基礎科学特別研究員(研究当時、現 慶 […]

全文を読む

EPFL、脳が体の位置や動きを感知する仕組み

April, 12, 2024, Lausanne--

EPFLの研究者は、ニューラルネットワークを使用して、脳が体の動きと位置を「知る」ために使用する感覚である固有受容感覚を研究している。 脳は、体の様々な部分の位置や動きをどのように知っているか?この感覚は固有受容感覚と呼 […]

全文を読む

分散型光ファイバセンサ市場、2030年までに25億3,000万ドル

April, 12, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、分散型光ファイバセンサの世界市場規模は、2024年~2030年にCAGR 6.5%で拡大し、2030年までに25億3,000万ドルに達する見込で […]

全文を読む

Approved Networks、800Gモジュール発表

April, 12, 2024, Cleveland--

800Gは数年前まではかすかな光に過ぎなかったが、今や急速に現実に近づいている。Approved Networksは大きな一歩を踏み出し、800Gスイッチとテスト機器を確保してラボに追加した。これは、最新技術をサポートす […]

全文を読む

音波を飛躍的に増幅する新しいトポロジカルメタマテリアル

April, 11, 2024, Amsterdam--

AMOLFの研究者らは、ドイツ、スイス、オーストリアのパートナーと共同で、これまでにない方法で音波が流れる新しいタイプのメタマテリアルを実現した。 これは、機械振動を増幅する新しい形を提供し、センサ技術や情報処理デバイス […]

全文を読む

ウエアラブルAI産業規模、2029年までに1385億ドル

April, 11, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ウェアラブルAI市場:製品別(スマートウォッチ、フィットネストラッカー、AR/VRヘッドセット、ウェアラブルカメラ、スマートイヤウェア、スマ […]

全文を読む

III-V Epi、2023年に前例のない成長

April, 11, 2024, Aston--

III-V Epiは、2023年に前例のない成長を遂げ、世界のフォトニクス製造と量子サプライチェーンの両方での地位を強化した。同社は、MBEおよびMOCVDによるプロトタイプおよび少量のIII-Vエピタキシャル構造の専門 […]

全文を読む

毎秒数兆フレーム処理により光学イメージングの限界を押し広げる

April, 11, 2024, Quebec--

INRS のJinyang Liang教授のチームは、新しい超高速カメラシステムでイメージング速度を向上させた。 より速いスピードを追求することは、アスリートだけのことではない。研究者もまた、発見によってそのような偉業を […]

全文を読む

3Dプリンティング市場、2023年に147億ドル

April, 10, 2024, New York--

AM Researchによると、2023年第4四半期はアディティブ・マニュファクチャリング(AM)市場にとって困難な年となった。一般的な市場センチメントが回復する中でも、すべての3Dプリンティングハードウェア、材料、ソフ […]

全文を読む

Cognex、世界初AI搭載3Dビジョンシステム

April, 10, 2024, Natick--

Cognex Corporationは、AI、2D、3D ビジョン技術を組み合わせて、様々な検査および測定アプリケーションを解決する In-Sight L38 3D ビジョンシステムを発表した。 このシステムは、3D情報 […]

全文を読む

photonixFAB Consortium、初のプロトタイピング開始

April, 10, 2024, Brussels--

欧州連合(EU)が資金提供するphotonixFABが構想を推進し、コンソーシアムパートナーが、技術パートナーを通じてR&Dと小規模製造への早期アクセスを提供することで、ヨーロッパのシリコンフォトニクスバリューチ […]

全文を読む

光トランシーバ産業規模、2029年までに250億ドル

April, 10, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「フォームファクタ別の光トランシーバ市場(SFFとSFP;SFP+ および SFP28;XFP、CXP)、データレート、波長、ファイバタイプ( […]

全文を読む

超低ノイズのマイクロ波信号を生成するフォトニックチップ

April, 9, 2024, New York--

10年前に米国国立標準技術研究所(NIST)で開発された光リファレンスと光周波数コムを利用した光周波数分割(OFD)は、これまでで最も安定したマイクロ波信号を生成するために使用されている。このアプローチでは、通常、複数の […]

全文を読む

Celestial AI、Photonic Fabricを発表

April, 9, 2024, Santa Clara--

Celestial AIは、OFC 2024でAIインフラストラクチャを強化するための先駆的な光コンピューティングおよびメモリファブリックソリューション、Photonic Fabric を発表した。 AIモデルが前例のな […]

全文を読む

ガラス越しのレーザ照射でナノ加工を実現

April, 9, 2024, 仙台--

東北大学 多元物質科学研究所の津留志音 大学院生(同 大学院工学研究科)、小澤祐市 准教授、上杉祐貴 助教、佐藤俊一 教授のグループは、ベクトルビームと呼ばれる特殊なレーザ光をガラスの裏面に集光する条件において、ガラス界 […]

全文を読む

スマートファクトリ、2029年までに1640億ドル

April, 9, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「スマートファクトリ市場規模:コンポーネント別(産業用センサ、産業用ロボット、産業用3Dプリンタ、マシンビジョンシステム)、ソリューション別( […]

全文を読む

量子もつれの伝達速度限界を解明

April, 8, 2024, 東京--

理化学研究所(理研)量子コンピュータ研究センター 量子複雑性解析理研白眉研究チームの桑原知剛 理研白眉チームリーダー(開拓研究本部 桑原量子複雑性解析理研白眉研究チーム 理研白眉研究チームリーダー)、ヴー・バンタン 特別 […]

全文を読む

3Dプリンタで開発した高精細な脳

April, 8, 2024, Vienna--

MedUni ViennaとTU Wienの共同プロジェクトでは、脳線維の構造をモデルにした世界初の3Dプリントされた「ブレインファントム」が開発され、磁気共鳴画像法(dMRI)の特殊なバリアントを使用して画像化できるよ […]

全文を読む

複数ドローン着陸技術「EAGLES Port」が強風下での精密着陸を実現

April, 8, 2024, 東京--

東北大学タフ・サイバーフィジカルAI研究センターは、同センターが開発し特許取得済みの複数ドローン着陸技術「EAGLES Port」が、風の強い条件下でのドローンの着陸性能を大幅に向上させることを、風洞施設での実機実験によ […]

全文を読む

世界初CPO用100mW光出力×16chsブラインドメイト型外部光源開発

April, 8, 2024, 東京--

古河電気工業株式会社は、ハイパースケールデータセンタやエッジデータセンタにおける次世代CPOネットワークスイッチ装置の実現に向け、ブラインドメイト光コネクタを内蔵した16chsの外部光源を世界で初めて開発した。 開発した […]

全文を読む

CPO用100mW光出力×16チャンネルブラインドメイト型外部光源を開発

April, 5, 2024, 東京--

古河電気工業株式会社は、ハイパースケールデータセンタやエッジデータセンタにおける次世代CPOネットワークスイッチ装置の実現に向け、ブラインドメイト光コネクタ内蔵16チャンネルの外部光源を世界で初めて開発した。 この度開発 […]

全文を読む

構造化照明顕微鏡、前立腺ガンの断端を検出に有望

April, 5, 2024, Washington--

新しい臨床試験の結果は、手術中に前立腺ガンの断端を検出するための構造化照明顕微鏡(SIM)の可能性を示している。この機能により、外科医はすべてのガン組織を確実に除去することができ、ガンの再発を減らし、治療成功の可能性を高 […]

全文を読む

オープントップライトシート顕微鏡に掃引照明を追加

April, 5, 2024, Washington--

ワシントン大学の研究者は、スエプト照明光源をオープントップのライトシート顕微鏡に組み込み、より広い視野で光学セクショニングを改善した。この進歩により、この技術は非破壊3D病理学においてより実用的になる。 3D病理学は、組 […]

全文を読む

世界の自動車LiDAR市場、2032年までに41億2300万ドル

April, 5, 2024, New York--

Zion Market Researchは、「自動車用LiDAR市場:用途別(自動緊急ブレーキ、半自動運転車など)、技術別(ソリッドステートLiDARおよび機械式/スキャニングLiDAR)、場所別(ルーフ、ヘッドライト& […]

全文を読む

Coherent、AI/MLアプリケーション向け双方向ファイバ接続を可能にするサーキュレータアダプタ

April, 4, 2024, PITTSBURGH--

光通信技術およびコンポーネントのリーダー、Coherent Corp.は、bi-diサーキュレータアダプタ導入を発表した。 このアダプタは、2つのトランシーバ間で1本のファイバを介した双方向伝送を可能にする。双方向伝送を […]

全文を読む

水空合体ドローンを用いて、遠隔での橋脚水中点検に成功

April, 4, 2024, 東京--

KDDIスマートドローン株式会社(KDDIスマートドローン)、株式会社KDDI総合研究所(KDDI総合研究所)、株式会社プロドローン(プロドローン)は、2024年3月5日、新たに共同開発した水空合体ドローン新型機で、未来 […]

全文を読む

前方励起ラマンユニットを用いた双方向励起ラマン増幅によるC+Lバンド800 Gbps伝送信号光の品質を向上

April, 4, 2024, 東京--

古河電気工業株式会社は、前方励起ラマンユニットを用いた光伝送システムにおけるC+Lバンド 800Gbpsの伝送信号光の品質を向上させた。 前方励起ラマンユニットの増幅帯域をCバンドのみからC+Lバンドに拡張し、C+Lバン […]

全文を読む

既存の光ファイバ伝送で、伝送容量と周波数帯域の世界記録達成

April, 4, 2024, 東京--

情報通信研究機構(NICT)フォトニックネットワーク研究室を中心とした国際共同研究グループは、光ファイバ伝送で世界最大の37.6THzの周波数帯域を活用し、378.9Tb/sの伝送実験に成功し、既存光ファイバの伝送容量の […]

全文を読む

Coherent、高出力非冷却G10ポンプレーザモジュール発表

April, 3, 2024, PITTSBURGH--

高性能光ネットワーキングソリューションの大手プロバイダ、Coherent Corp.は、最新のG10シリーズレーザダイオード技術に基づいて構築された新しい高出力非冷却ポンプレーザモジュールを発表した。 この新しいモジュー […]

全文を読む

Coherent、データセンタ向け光回路スイッチを発表

April, 3, 2024, PITTSBURGH--

Coherent Corp.は、現場で実証された超信頼性の高いデータセンタLightwave Cross-Connect(DLX)ベースの新しい光回路スイッチ(OCS)の導入を発表した。 ・300×300ポート […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。