コヒレント特設ページはこちら

ニュース

ガン組織近くで使える高エネルギー電子線をレーザで発生

April, 3, 2024, 東京--

量子科学技術研究開発機構(QST)量子技術基盤研究部門関西光量子科学研究所の森道昭上席研究員らの研究グループは、米国のカリフォルニア大学アーバイン校、カナダのウォータールー大学と共同で、細孔が多数開いたガラス板(マイクロ […]

全文を読む

精密農業ソフトウエア産業、2029年に31億ドル

April, 3, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「精密農業ソフトウエア市場、デリバリーモデル(オンプレミス、クラウドベース)、アプリケーション(収量モニタリング、フィールドマッピング、可変レ […]

全文を読む

Coherent、800Gbpsフォームファクタトランシーバモジュール

April, 2, 2024, PITTSBURGH--

Coherent Corp.は、OFC 2024で、QSFP-DDフォームファクタの800Gbpsコヒレントトランシーバモジュールのデモを行うと発表した。このモジュールは、800G ZRモードでデモされ、約450kmファ […]

全文を読む

Coherent、世界初6インチInPスケーラブルウエハファブ

April, 2, 2024, PITTSBURGH--

Coherent Corp.は、テキサス州シャーマンとスウェーデンのヤールフェラにある同社のウェーハファブに、世界初の6インチリン化インジウム(InP)ウェーハ製造能力を確立したと発表した。 この画期的なマイルストーンに […]

全文を読む

Coherent、次世代AIネットワーク向けVCSEL性能の大幅向上

April, 2, 2024, PITTSBURGH--

Coherent Corp.は、垂直共振器面発光レーザ(VCSEL)の帯域幅改善で大きなブレークスルーを達成し、レーンあたり200Gbpsで動作する次世代光インタコネクトでの使用への道を開き、それによって1.6Tbps容 […]

全文を読む

EPFL、心臓と肺を監視・調節する単一ニューロンの特定

April, 1, 2024, Lausanne--

EPFLの神経科学者は、心臓と肺を調節する脳の深部構造に単一のニューロンを見つけた。この成果は、脳と身体のシステムが、両方の重要なバイオリズムを自己制御する仕組みを明らかにした。 体はホメオスタシスと呼ばれるプロセスで自 […]

全文を読む

Vector Photonicsとグラスゴー大学、面発光レーザデバイスの開発で提携

April, 1, 2024, Glasgow--

Vector Photonicsとグラスゴー大学(University of Glasgow)の先駆的なエンジニアリングユニットは、製造および消費者向け製品で使用できる革新的なレーザを開発するための提携契約を締結した。 […]

全文を読む

レーザキャプチャマイクロディセクション市場、2029年までに3億600万ドル

April, 1, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「レーザキャプチャマイクロディセクション(LCM)市場、:製品別(機器、消耗品、ソフトウェア、サービス)、システムタイプ別(紫外線、赤外線、免 […]

全文を読む

Coherent、脱毛の成果向上させる新しいダイオードレーザバー

April, 1, 2024, PITTSBURGH--

美容および皮膚科用途向けの高出力ダイオードレーザの世界的リーダー、Coherent Corp.は、脱毛業界向けの画期的なダイオードレーザバーを発表した。 この革新的な808nmバーは、2ジャンクション構成を採用しており、 […]

全文を読む

移動中にリアルタイムで血流計測するウェアラブル技術

March, 29, 2024, Washington--

中国の研究者は、皮膚の血管の高解像度イメージングのための光音響イメージングウォッチを開発した。 ウェアラブルデバイスは、心拍数、血圧、酸素飽和度など、人の心臓がどれだけうまく機能しているかを示すことができる血行動態指標を […]

全文を読む

レーザクラッディング市場規模、2030年までに10億ドル4,210万ドルに達する

March, 29, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、レーザクラッディングの世界市場規模は2030年までに10億4,210万ドルに達し、2024年~2030年にかけてCAGR 9.3%で成長すると予 […]

全文を読む

LLNL、3Dプリントされたステンレス鋼の孔食原因を発見

March, 29, 2024, Livermore--

隠れた敵のように、孔食は金属表面を攻撃し、検出と制御を困難にする。この種の腐食は、主に自然界の海水との長時間の接触によって引き起こされるもので、海軍艦艇にとって特に問題となる。 Nature Communications […]

全文を読む

TRUMPFとOptomind、OFCで800Gbpsトランシーバの100Gbps VCSEL性能を展示

March, 29, 2024, Ulm/San Diego--

データ通信VCSELとフォトダイオードソリューションのグローバルリーダTRUMPF Photonic Componentsは、カリフォルニア州サンディエゴで開催されるOptical Fiber Communication […]

全文を読む

COHERENT、業界初I-TEMP 100G ZR QSFP28-DCOモジュール

March, 28, 2024, PITTSBURGH--

Coherent Corp.は、汎用性の高いI-temp 100G ZR QSFP28デジタルコヒーレントオプティクス(DCO)トランシーバを発表した。 Coherent I-temp 100G ZR QSFP28-DC […]

全文を読む

NECとNTT、12コア光ファイバによる7,000km以上の長距離伝送実験に成功

March, 28, 2024, 東京--

日本電気株式会社(NEC)と日本電信電話株式会社(NTT)は世界で初めて、標準的な外径(0.125mm)の光ファイバに光信号の伝送路を12本設けた12コア結合型マルチコアファイバを用いて、大洋横断級7,280kmの伝送実 […]

全文を読む

光デジタルコヒーレント通信向け超小型狭線幅波長可変光源で19dBmの高出力化

March, 28, 2024, 東京--

古河電気工業株式会社は、光デジタルコヒーレント通信に用いられるレーザ光源製品、超小型狭線幅波長可変光源について、19dBm(約80mW)の高出力化を達成した。 古河が20年以上培ってきた結晶成長や精密光半導体加工といった […]

全文を読む

AI主導イントラデータセンタ接続で1.6Tb/sオプティクス

March, 28, 2024, San Jose--

Infineraは、AI主導のデータセンタ内接続アプリケーション向けにビットあたりの消費電力を最大75%削減する高性能1.6 Tb/sオプティクスの新ラインを発表した。 Infineraは、モノリシックリン化インジウム( […]

全文を読む

デジタルコヒーレント通信方式用「波長モニタ内蔵DFB-CAN」サンプル提供開始

March, 27, 2024, 東京--

三菱電機株式会社は、光ファイバ通信用光トランシーバ(以下、光トランシーバ)の光源として使用される光デバイス新製品として、高速・長距離伝送可能な通信方式として期待されるデジタルコヒーレント通信方式用では業界初となる小型パッ […]

全文を読む

古河、ラマン増幅器用デュアルポート励起光源高性能化

March, 27, 2024, 東京--

古河電気工業株式会社は、高出力低消費電力駆動のラマン増幅器用励起光源において、ラマン増幅器用デュアルポート励起光源の高性能化に成功した。 古河電気工業は、ラマン増幅器用デュアルポート励起光源について、2ポートから異なる波 […]

全文を読む

GaNベースフォトニクスデバイスでイェーナ大学/ブラウンシュヴァイク大学提携

March, 27, 2024, Jena--

イェーナ大学(University of Jena)とブラウンシュヴァイク工科大学(TU Braunschweig)は窒化ガリウム(GaN)ベースのフォトニックデバイスで共同研究を行っている。 コンピュータチップは年々小 […]

全文を読む

スーパーダイヤモンドのスーパーコンピュータシミュレーション、その誕生への道筋を示唆

March, 27, 2024, Livermore--

ダイヤモンドは最強の素材として知られている。しかし、別の形態の炭素はダイヤモンドよりもさらに硬いと予測されている。課題は、それを地球上でどのように作るかである。 8原子の体心立方晶(BC8)は、ダイヤモンドではないが、非 […]

全文を読む

X線自由電子レーザの極限的7nm集光を実現

March, 26, 2024, 大阪--

大阪大学、名古屋大学などの共同研究グループは、X線自由電子レーザ(XFEL:X-ray Free-Electron Laser)の極限的7ナノメートル(nm)のスポット集光を実現し、1022 W/cm2のピーク強度を達成 […]

全文を読む

日本の医療イメージング市場、2030年に24億ドル

March, 26, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、日本の医用画像市場規模は2030年までに24億ドルに達し、予測期間中にCAGR 5.9%で拡大すると予想されている。 貧しいライフスタイルに起因 […]

全文を読む

次世代神経インプラント開発でLLNLとPrecision Neuroscienceが協力

March, 26, 2024, Livermore--

共同研究開発契約(CRADA)で概説されている3年間のコラボレーションの下で、LLNLの科学者とエンジニアはPrecision Neuroscienceと協力して、同社の神経インプラントの将来のバージョンである薄膜微小電 […]

全文を読む

QUICK スペースミッションが配備する量子通信向けサテライト

March, 26, 2024, Munich/Jena--

量子コンピュータの開発が着実に進み、その性能が向上することで、将来的には現在の暗号プロセスを解読することが可能になる。 この課題に対処するために、ミュンヘン工科大学とイェーナ大学の研究者は、メッセージの傍受を防ぐために物 […]

全文を読む

Coherent、包括的マイクロレンズアレイソリューションを発表

March, 25, 2024, PITTSBURGH--

Coherent Corp.は、ビームコリメーションとカップリングのための包括的なマイクロレンズアレイ(MLA)ソリューションを発表した。 この汎用性の高いプラットフォームは、高速通信トランシーバ、プラガブルフォームファ […]

全文を読む

多波長伝送用のWAVEMAKER&WAVESHAPER光学ソリューションを発表

March, 25, 2024, PITTSBURGH--

Coherent Corp.は、、2つの新しい光テスト機器製品の導入を発表した。 1.Coherent WaveMaker 4000A/Xプログラマブル光スペクトラムシンセサイザ(C+Lバンド動作用) 2.Oバンド(1. […]

全文を読む

内側から照らす:微小OLEDがワイヤレスになる

March, 25, 2024, St Andrews--

セントアンドリュース大学とケルン大学(University of St Andrews and the University of Cologne)の研究者は、より小型のワイヤレス光源を人体内に配置できる新しいデバイスプ […]

全文を読む

レーザ加工産業、2029年までに110億ドル

March, 25, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「レーザ加工市場:レーザタイプ別(固体レーザ、液体レーザ、ガスレーザ)、構成別(固定ビーム、ムービングビーム、ハイブリッド)、アプリケーション […]

全文を読む

トポロジカル物質で高い操作性を持つ光周波数変換機能を実現

March, 22, 2024, 東京/大阪--

東京大学、大阪大学他の研究グループは共同で、磁化と実効的な電気分極を持つワイル半金属において、非線形光学効果の1つである第二次高調波(SHG、光の周波数を2倍に変換する現象)が極めて高い効率で発生することを示し、そのSH […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。