コヒレント特設ページはこちら

ニュース

波長228nm far-UVC LEDで高効率動作実現

June, 3, 2024, 和光--

理化学研究所などの共同研究グループは、人への安全性とウイルス不活化の効果がいずれも高い波長228ナノメートル(nm、1nmは10億分の1メートル)のfar-UVC(遠紫外)LEDの高効率動作に成功した。 研究成果は、人の […]

全文を読む

EPFL、AIによる化学合成への飛躍

May, 31, 2024, Lausanne--

EPFLの科学者は、有機合成や創薬などのタスクのための18の高度なツールを統合することで化学に革命をもたらす、大規模言語モデルベースのAIシステムChemCrowを導入した。ChemCrowは、化学研究における複雑なプロ […]

全文を読む

ループやベンドを軽々と這い回るロボット、プリンストン大学

May, 31, 2024, Raleigh--

プリンストン大学とノースカロライナ州立大学のエンジニアは、昔の紙の折り畳みと現代の材料科学を組み合わせて、迷路を簡単に曲り、ヒネったりできるソフトロボットを作成した。 プリンストン大学ポスドク研究員Tuo Zhaoによる […]

全文を読む

スタンフォード大、拡張現実が通常グラスになる

May, 31, 2024, Stanford--

スタンフォード大学のエンジニアは、ディスプレイ技術、ホログラフィックイメージング、人工知能(AI)の進歩を組み合わせることで、現実世界を直接見ながらフルカラー3D動画を表示する方法を見つけた。 研究空間コンピューティング […]

全文を読む

インドのドローン産業、2029年までに14億3700万ドル

May, 31, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「インドのドローン市場:プラットフォーム別(民生用および商業用、防衛用)、販売時点管理(OEM、アフターマーケット)、アプリケーション(軍事、 […]

全文を読む

高感度光ファイバジャイロ、活火山周囲の回転地震動感知

May, 30, 2024, ワシントン--

イタリアCNR-INOの研究者は、イタリアのナポリにあるカンピフレグレイの活火山地域での地震によって引き起こされる地殻変動を高解像度でリアルタイムに監視するためのプロトタイプ光ファイバジャイロスコープを構築した。 この人 […]

全文を読む

KTH、ファイバチップへ小型センサを3Dプリント

May, 30, 2024, Stockholm--

スウェーデンのKTH研究者は、通信で初めて、光ファイバの先端に石英ガラスのマイクロオプティクスを3Dプリントした。この進歩により、インターネットの高速化や接続性の向上、センサやイメージングシステムの小型化などのイノベーシ […]

全文を読む

Lumileds、ランプ&アクセサリー事業をFirst Brands Groupに売却

May, 30, 2024, San Jose--

世界の自動車、照明、ディスプレイ、フラッシュ市場向けの世界有数のLEDメーカーおよびソリューションプロバイダの一社、Lumileds、LLCと、世界中の自動車アフターマーケットにサービスを提供する世界的な自動車部品メーカ […]

全文を読む

世界のLED産業収益、2024年に3%成長

May, 30, 2024, Taipei--

TrendForceの最新のLED業界レポートによると、世界市場は2024年に回復し、推定収益は前年比3%増の130億ドルに達すると予想されている。 この復活は、主に自動車用照明やディスプレイ、一般/建築/農業用照明、L […]

全文を読む

人工ナノ流体シナプスは計算メモリを記憶できる

May, 29, 2024, Lausanne--

EPFLのエンジニアは、ナノ流体ベースのニューロモルフィック(脳にインスパイアされた)コンピューティングへの一歩として、電子ではなくイオンを使用してデータを処理する2つのチップを接続することで、論理演算を実行することに成 […]

全文を読む

青色半導体レーザ光源で世界最高出力の6kWを達成

May, 29, 2024, 京都--

島津製作所は、自社製青色半導体レーザ光源「BLUE IMPACT」について世界最高出力となる6kWを達成するとともに、青色レーザでは世界で初めて加工対象に合わせて照射ビームの形状を調整できる「オンデマンドプロファイル制御 […]

全文を読む

タトゥー除去市場、2035年までに40億ドル

May, 29, 2024, San Francisco--

Allied Market Researchの新しいレポート「タトゥー除去市場」によると、同市場は2023年に5億ドル、2024年~2035年にCAGR 19.1%で成長し、2035年までに40億ドルに達すると推定されて […]

全文を読む

ロボットの性能を改善するアルゴリズム

May, 29, 2024, Everstone--

ノースウェスタン大学(Northwestern University)エンジニアは、スマートロボティクス専用に設計された新しい人工知能(AI)アルゴリズムを開発した。 この新しい手法は、ロボットが複雑なスキルを迅速かつ確 […]

全文を読む

レーザによる超高品質な極浅構造の作成

May, 28, 2024, 京都--

京都大学、中嶋隆 エネルギー理工学研究所准教授、曽田圭亮 同修士課程学生(研究当時)らの研究グループは、バルクの金属ではなく、バルクの金属面にごく薄い金属膜を蒸着したものをターゲットとして使用し、極薄金属膜のみをレーザで […]

全文を読む

Hyper Photonix、800G DR8光トランシーバ一般提供

May, 28, 2024, Washington--

高速光トランシーバのリーディングサプライヤであるHyper Photonixは、800G DR8製品の一般提供(GA)を発表した。 800G DR8 は、同社の特許取得済みのシリコン フォトニクス(SiPh)プラットフォ […]

全文を読む

人工膵臓にAIを加えると効率が向上することが研究で判明

May, 28, 2024, Alabama--

1型糖尿病を調節する人工膵臓に高度な人工知能(AI)を追加することは安全であり、システムの効率を向上させることが、バージニア大学(UAV)糖尿病技術センタによるこの種のものとしては初の研究で明らかになった。 新しい研究で […]

全文を読む

UAV、AIツール、心疾患ケアを改善

May, 28, 2024, Alabama--

UVA Healthの研究者は、心不全患者の転帰を予測するための強力な新しいリスク評価ツールを開発した。研究チームは、このツールを臨床医に無料で公開している。 この新しいツールは、機械学習(ML)と人工知能(AI)の力を […]

全文を読む

X線顕微鏡の進化! 新形状可変ミラーで原子レベルの収差補正を実現

May, 27, 2024, 名古屋--

名古屋大学大学院工学研究科の松山智至教授(兼:大阪大学大学院工学研究科招へい准教授)、井上陽登助教、理化学研究所放射光科学研究センターの矢橋牧名グループディレクター、香村芳樹チームリーダー、ジェイテックコーポレーションの […]

全文を読む

画像を認識するAIをコンパクトに実装できる新手法開発

May, 27, 2024, 筑波--

画像認識に使われる人工知能(AI)技術は人間の視覚と脳ニューロンを模倣した構造をしている。視覚及び脳ニューロン部分の計算と計算に使われるデータを削減する三つの手法の最適な適用割合を自動的に発見するアルゴリズムを開発した。 […]

全文を読む

AIインフラストラクチャ市場規模、2030年までに1134億5000万ドル

May, 27, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、世界のAIインフラ市場は2030年までに2,234億5,000万ドルに達し、2024年~2030年にかけてCAGR 30.4%で成長すると予測さ […]

全文を読む

光ファイバ市場、2032年までに119億ドル

May, 27, 2024, San Francisco--

Allied Market Researchの新しいレポート「モード、タイプ、業界別の光ファイバ市場:世界の機会分析と業界予測、2024-2032」によると、光ファイバ市場は2023年に74億ドル、2024年~2032年 […]

全文を読む

人工知能を使用してメタレンズカメラの画質を向上

May, 24, 2024, Washington--

中国の東南大学の研究者は、深層学習(DL)技術を活用して、メタレンズカメラの画質を向上させた。この新しいアプローチは、人工知能(AI)を使用して低品質の画像を高品質の画像に変換するため、これらのカメラは、複雑な顕微鏡アプ […]

全文を読む

EPFL、低コスト・高効率の新型フォトニック集積回路

May, 24, 2024, Lausanne--

EPFLの研究者は、タンタル酸リチウム(リチウムタンタレート)をベースにしたスケーラブルなフォトニック集積回路を開発した。これは、光学技術の大幅な進歩を示し、広範な商用アプリケーションの可能性を秘めている。 複数の光デバ […]

全文を読む

仮想現実産業、2029年までに380億ドル

May, 24, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「バーチャルリアリティ市場:技術(非没入型、半没入型、完全没入型)、製品別、デバイスタイプ(HMD、ジェスチャートラッキングデバイス、プロジェ […]

全文を読む

NUBURU、欧州メーカーからの受注で医療機器市場に参入

May, 24, 2024, Centennial--

高出力・高輝度産業用青色レーザ技術のリーディングイノベータNUBURU, Inc.は、アイルランドのダンドークに拠点を置く医療機器メーカーBlueacre TechnologyからBlueScanソリューションの発注を受 […]

全文を読む

NTT、工場DXを支える無線利用状況に応じた光ネットワーク提供を推進

May, 23, 2024, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、IOWN APN(All-Photonics Network)の様々な無線システムへの適用実現に向け、IOWN APNと無線システムを無線の利用状況に応じてリアルタイムに連携制御する実証 […]

全文を読む

UAV(ドローン)産業、2029年までに485億ドル

May, 23, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「UAV(ドローン)市場:タイプ(固定翼、回転翼、ハイブリッド)、プラットフォーム(民生・商業用、防衛用・政府別)、POS、システム、機能、産 […]

全文を読む

中国AM市場、2032年には80億ドルに成長

May, 23, 2024, New York--

アディティブ・マニュファクチャリング・リサーチ(AM Research)は、「中国のアディティブ・マニュファクチャリングの現状:市場機会の概要」 と題した新しい市場調査市場調査を発表した。それによると市場は2024年に2 […]

全文を読む

非局在、非同期、閉ループによる有機レーザ発光分子の発見
次世代有機光エレクトロニクスの新展開へ

May, 23, 2024, 東京--

九州大学・最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)では、これまで新材料開発からデバイスの創製まで、有機半導体レーザに関する先駆的な研究開発に取り組んできた。現在、先端光機能分子の探索には、分子設計・合成と物 […]

全文を読む

歪なサブmm粒子を光でグルっと囲んで捕捉

May, 22, 2024, 東京--

東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻の大峰遼平大学院生、高橋哲教授、道畑正岐准教授、門屋祥太郎助教(研究当時)、増井周造特任助教らによる研究グループは、新しい光ピンセット技術「輪郭トラッキング光ピンセット(Contou […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。