コヒレント特設ページはこちら

ニュース

光を使って単一分子デバイスを精密制御

March, 14, 2024, New York--

Nature Communications誌に掲載された新しい研究で、コロンビア工科大学の研究チームは、金属同士の直接接触を利用して、分子をリード線に結合させる、導電性が高く調整可能な1分子デバイスを構築したと報告してい […]

全文を読む

大阪公立大学、2光子光電子分光法を用いた新解明

March, 14, 2024, 大阪--

大阪公立大学大学院 工学研究科の野島周人大学院生、渋田昌弘准教授、金大貴教授らと大阪大学の共同研究グループは、グラファイト基板上に吸着させたトリフェニレン(TP)分子薄膜の電子状態と表面構造を、2光子光電子分光法、走査型 […]

全文を読む

薄くて柔らかいシート型光センサが拓く“やさしい光分析技術”

March, 14, 2024, 大阪/東京--

大阪大学 産業科学研究所の川端玲、荒木徹平准教授、関谷毅教授、中央大学 理工学部の李恒助教、河野行雄教授らの研究グループは、測定対象物を傷つけない“薄くて柔らかい”シート型光センサの開発に成功し、光だけでなく熱や分子など […]

全文を読む

ドローン戦争市場、2028年までに305億ドル

March, 14, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ドローン戦争市場規模、シェア、業界成長分析レポート、能力別(プラットフォーム、アプリケーションソフトウェア、サービス、GCS、ドローンの打ち […]

全文を読む

EPFL研究者、DIY構造化照明顕微鏡

March, 13, 2024, Lausanne--

EPFLの科学者は、標準的な光学顕微鏡を、細胞、オルガノイド、胚の超解像3D画像を生成できる装置に変えるアドオンを構築するためのガイドを公開した。 何百年もの間、光学顕微鏡は、細胞、バクテリア、酵母の動きを研究したい科学 […]

全文を読む

歯科3Dプリンティング市場、2029年に81億ドル

March, 13, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「歯科用3Dプリンティング市場:装置(3Dスキャナ、プリンタ)、技術(光造形、LCD、FDM、SLS)、材料(プラスチック、金属)、用途別(補 […]

全文を読む

ドローンのLi-ionバッテリ、ストレスの少ないデバイスで第二の寿命が可能

March, 13, 2024, Washington--

空を飛ぶことは、特にドローンに電力を供給するリチウムイオン電池にとってストレスになることがある。これらのセルに過度の負担がかかると、損傷が発生し、デバイスの全体的な寿命が短くなる。 ACS Energy Lettersに […]

全文を読む

THzバイオセンサ、皮膚ガンを驚異的な精度で検出

March, 13, 2024, London--

UKの研究者らは、皮膚がんを非常に高感度で検出できるテラヘルツ波(THz)を使用した革新的なバイオセンサを開発した。これは早期かつ簡単な診断への道を開く可能性がある。IEEE Transactions on Biomed […]

全文を読む

NUS、新しい三接合タンデム太陽電池を発明

March, 12, 2024, Singapore--

シンガポール国立大学(NUS)の研究チームは、1㎠の太陽エネルギー吸収面積で27.1%という世界記録の電力変換効率を達成し、これまでで最高の性能を発揮する新しい三接合ペロブスカイト/Siタンデム太陽電池を開発した。 これ […]

全文を読む

LZH、レーザ加工CFRPプロセスを開発

March, 12, 2024, Hannover--

高速、高精度、摩耗なし:LZHがCFRPのレーザ穴あけプロセスを開発した。 LZHの科学者は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の加工を容易にするレーザ穴あけの自動化プロセスを開発した。これは、軽量構造と遮音性にとって […]

全文を読む

創造的潜在力標準テストでAIが人を凌駕

March, 12, 2024, Fayetteville--

最近の研究では、151人の人間の参加者が、創造的思考の指標と考えられている発散的思考を測定するために設計された3つのテストでChatGPT-4と対戦した。 発散的思考は、「両親と政治の話をしないようにするための最良策は何 […]

全文を読む

ポリマベースチューナブル光コンポーネント

March, 12, 2024, Jena--

光の屈折特性を異なる状態間で正確に切り替えることができる材料コーティングは、イェーナ大学の化学科と物理学科の学際的な研究チームによって開発された。Felix Schacher、Sarah Walden、Purushott […]

全文を読む

厚さ100nm級の極薄赤外線吸収メタサーフェスを実現

March, 11, 2024, 東京--

東京農工大学大学院の朝田晴美、鈴木健仁准教授(工学研究院、JST創発研究者)は、極薄赤外線吸収メタサーフェスを実現した。 厚さ100nmの誘電体膜を用い、表に金の正方形パッチ、裏に金の膜を設けている。厚さ100nmの誘電 […]

全文を読む

医療機器の3Dプリンティング市場、急成長

March, 11, 2024, New York--

Zion Market Researchは、「3Dプリンティング医療機器市場:コンポーネント別(システム、材料、ソフトウェア・サービス)、技術別(3Dプリンティング、液滴堆積、光重合、レーザビーム溶融、電子ビーム溶融(E […]

全文を読む

LZH、酸化なしの蝋付けと3Dプリンティング、無酸素生産研究

March, 11, 2024, Hannover--

金属加工の分野では、酸化への対処は非常に困難である。考えられるアプローチの1つは、酸素のない環境で生産を行うこと。LZHは、この概念をレーザビーム蝋付けと積層造形(AM)にどのように適用できるかを研究している。 酸素は、 […]

全文を読む

3D/4D技術産業規模、2029年に8665億ドル

March, 11, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3D&4D技術市場:ソリューションタイプ別(3D&4D入力デバイス、3D&4Dイメージングソリューション、3D出力デ […]

全文を読む

磁場誘起型有機円偏光発光ダイオードの円偏光発生メカニズム解明

March, 8, 2024, 大阪--

近畿大学理工学部応用化学科教授 今井喜胤、大阪公立大学大学院工学研究科教授 八木繁幸らの研究グループは、白金錯体を発光材料とする、磁場誘起型有機円偏光発光ダイオードを開発した。 有機発光ダイオード(OLED)に外部から磁 […]

全文を読む

EPFL、免疫系が体を攻撃しないようにする「スイッチ」

March, 8, 2024, Lausanne--

EPFLの科学者は、免疫系が誤って体自身の組織を攻撃するのを防ぐために重要な、細胞がタンパク質cGASに分解のマークを付けるメカニズムを明らかにした。 われわれの体では、有害な病原体から身を守るために設計された細胞とタン […]

全文を読む

製造業AI市場規模、2030年までに478億8000万ドル

March, 8, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc.のレポートによると、製造業における人工知能(AI)の世界市場規模は、2030年までに478億8,000万米ドルに達し、予測期間中にCAGR 44.2%で拡大する見込である […]

全文を読む

全光通信ネットワークが宇宙、空、海をつなぎ、シームレスな接続を実現

March, 8, 2024, Washington--

中国の研究者は、宇宙、空中、水中環境全体でシームレスな接続を可能にするオールライト通信ネットワークを開発した。新しいネットワーク設計では、様々なタイプの光源を組み合わせて、環境に関係なく接続性を確保する。 「今日の世界で […]

全文を読む

たった数個の有機分子が情報を記憶・計算して血糖値変化を高精度予測

March, 7, 2024, 東京--

NIMSと東京理科大学からなる研究チームは、少数の有機分子の分子振動を利用して脳型情報処理を行う新しい人工知能(AI)デバイスを開発した。 このデバイスを用いて糖尿病患者の血糖値変化を予測した結果、同種のAIデバイスと比 […]

全文を読む

Industry 5.0: 2029年までに2,557億ドル相当の産業規模

March, 7, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「Industry5.0市場:技術別(デジタルツイン、製造におけるAL、産業用センサ、拡張現実および仮想現実、産業用3Dプリンティング、ロボッ […]

全文を読む

ウェアラブルステッカー、手の動きをコミュニケーションに変える

March, 7, 2024, Washington--

中国の研究者たちは、新しいタイプのウェアラブルセンサを開発した。これは、未来的な偉業を成し遂げることができるものであり、リハビリテーションアプリケーションや障害者のコミュニケーションをより簡単にするための新しい可能性を開 […]

全文を読む

世界の3Dプリンティング金属市場、2032年までに約156億4,000万ドル

March, 7, 2024, New York--

Zion Market Researchは、「3Dプリンティング金属市場:タイプ別(チタン、スチール、ニッケル、アルミニウムなど)、形態別(粉末およびフィラメント)、最終用途別(航空宇宙および防衛、自動車、ヘルスケア、そ […]

全文を読む

高出力と狭い固有スペクトル線幅を有するフォトニック結晶レーザの実現

March, 6, 2024, 京都--

京都大学電子工学専攻の野田進 教授、森田遼平 同特定研究員、井上卓也 同助教、吉田昌宏 同助教、三菱電機株式会社の榎健太郎研究員らのグループは、フォトニック結晶レーザ(PCSEL)において、これまでの半導体レーザ素子単体 […]

全文を読む

フォトニックチップ用レーザプリンタ

March, 6, 2024--

フォトニック集積回路(PICs)は、重要な次世代技術である。これらの高度なマイクロチップは、自動車技術、通信、ヘルスケア、データストレージ、人工知能のコンピューティングなど、幅広いアプリケーション分野において、電子機器の […]

全文を読む

LEDドライバ市場、2030年までに911億9000万ドル

March, 6, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc. の新しいレポートによると、世界の LED ドライバ市場規模は 2030 年までに 911 億 9,000 万ドルに達すると予想されている。 市場は 2024 年から 2 […]

全文を読む

M2M接続産業、2029年までに53億ドル規模

March, 6, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「マシーン・ツー・マシーン(M2M)接続市場、技術(有線、無線)、エンドユーザ産業(自動車&輸送、公益事業、セキュリティ&監視 […]

全文を読む

コスト効率最大化:食品産業、物流など向け新3Dセンサ

March, 5, 2024, Bad Oldesloe--

オールデスロー。ECS(Eco Compact Sensor)は、性能と費用対効果の点で3Dセンサ技術の分野における最新のイノベーションである。その特別な利点は、そのコスト効率。より安価な光学系とセンサの使用、および波長 […]

全文を読む

Scintil、Tower Semiconductorの生産において、III-V DFBレーザとアンプの標準的なシリコンフォトニクス技術の統合を実現

March, 5, 2024, Grenoble--

革新的なシリコンフォトニック集積回路(PIC)のリーディングサプライヤ、Scintil Photonicsは、Tower Semiconductorで生産中のIII-V-DFB レーザおよびアンプと標準的なシリコンフォト […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。