All about Photonics

ヘッドライン

光吸収増砂時計形状シリコンナノワイヤフォトダイオード開発

218004_web December, 9, 2019New York― 近赤外(NIR)光は、光スペクトルの赤色外側を示す最短波長光源である。NIR光は、光通信、医療用レーザ、自動運転車のLiDAR、セキュリティや監視機器、プライベートから防衛まで幅広く用いられている。このNIR光を利用するためには、フォトディテクタで光を電気エネルギー変換する技術が重要になる。POSTECH(浦項工科大学校)の研究チームは、砂時計原理を利用することで、NIR光の吸収率を高めたフォトダイオード開発に成功した。  Chang-Ki Baek教授をリーダーとする研究チームは、Creat

全文

Digi-Key が Directed Energy, Inc.との独占的グローバル販売展開の提携を発表 --PR--

バックナンバー

Current Issue
ライダ用レーザ
コンピュテーショナルイメージング
高出力半導体レーザ

Previous issue

チャープパルス増幅法
フェムト秒レーザ:その始まりから産業応用
産業用レーザ
医療機器製造において光を照らした超高速レ
面発光レーザ
VCSELによるfNIRSの高分解能化
チューナブルレーザ
シリコンフォトニクスが光通信と科学用レー
自動車ライダ
全天候対応の周波数変調連続波ライダ

ホワイトペーパー(技術文書)

  • ILSJ1904LLcvr

    高出力青色半導体レーザを目指すプロジェクト

    June, 25, 2019--

    ドイツ政府が助成するプロジェクト「EffiLas 」の一環として、独レーザーライン社(Laserline )は、レーザダイオードバーに基づく、世界初となる高出力青色半導体レーザ光源を開発している。レーザダイオードバーを製 […]

新製品

COHR_ChameleonDiscoveryNX_TPC

マルチフォトンイメージングで新たな視野を広げるウルトラファーストレーザをリリース

掲載日:2019/11/1

コヒレント社は、2019年10月19日、2光子顕微鏡向けチューナブルウルトラファーストレーザChameleon Discovery NXを発表した。  Chameleon Discovery NXの

全文

ベンダー別新製品
リスティングセクション