All about Photonics

ヘッドライン

NICT、リアルタイム超臨場感インタラクティブ可視化システムを開発

4otfsk00001nujp7 March, 31, 2015, 東京―NICTは、ユニバーサルコミュニケーション研究所において、200インチ超多視点裸眼3Dディスプレイ(REI: Ray Emergent Imaging)に、CG映像を瞬時に生成・表示できるシステムの開発に成功した。  これにより、リアルタイムに作製されたCG映像を観客が自在に扱える、これまでにない体験ができるようになる。また、立体映像コンテンツをインタラクティブに作製しやすい環境が整備されたことにより、一般の研究者が用意したコンテンツによる研究や実証実験が実施しやすくなった。これらの開発により

全文

【コヒレントレーザ発振器 総合カタログ 2015年版が完成】 ダウンロードはこちら--PR--
【ニューポート総合カタログ 2014-2015 完成のお知らせ】 カタログ請求はこちら --PR--

バックナンバー

Current Issue
技術レビュー
ファイバーオプティクス向けコンポーネンツ
スペクトロメータ

Previous issue

新開発レーザ
ウィスパリングギャラリーモード共振器によ
中赤外イメージング.
アップコンバージョンイメージャで IRガ
モデリング
高速通信のエネルギー需要削減に向けた、
レーザの安全性
新しいANSIガイドラインによる 産業用
光学フィルタ
フィルタスタックが、 波長シフトなく広角