All about Photonics 2016 Utilities & Key Devices 次世代アプリケーションを創る、そのための展示会

ヘッドライン

天然シリコンにおける高性能量子ビット実装

nws20160824_03_sr August, 24, 2016和光― 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター量子機能システム研究グループの武田健太特別研究員、樽茶清悟グループディレクターらの共同研究チームは、産業的に広く用いられている通常のシリコンを用いた半導体ナノデバイスにおいて、量子計算に必要な高い精度を持つ「量子ビット」を実現した。 次世代のコンピュータとして期待されている量子コンピュータは、さまざまな計算を従来のコンピュータに比べて超高速に行うことができる。その基礎となるのが情報の最小単位であり、従来のコンピュータで用いられているビットのように

全文

LFWJテラへルツ特設ページ
【競合/技術動向の特許分析を3万円でご提供:PatentQuick】 詳しくはこちら--PR--
【コヒレント レーザ発振器 総合カタログ 2016年版が完成】 ダウンロードはこちら--PR--
【ニューポート総合カタログ 2014-2015 完成のお知らせ】 カタログ請求はこちら --PR--

バックナンバー

Current Issue
高エネルギーレーザ
テスト装置の進歩
新しいレーザビームデリバリファイバ

Previous issue

シリコンフォトニクス
製造可能な全領域を探る 集積フォトニクス
オプティクス製造
ファイバブラッググレーティング 製造シス
ファイバレーザ
マルチレーザビーム材料加工
高出力ファイバレーザ
キロワットレベルファイバレーザが成熟
中赤外分光法/バイオイメージング
MIR を用いる光学的生検に向けた動き