All about Photonics

ヘッドライン

酸化CNTを用いた高輝度近赤外蛍光イメージングプローブ

fig_1 April, 24, 2018つくば― 産業技術総合研究所(産総研)ナノチューブ実用化研究センターCNT評価チーム 飯泉陽子テクニカルスタッフと岡崎俊也研究チーム長(兼)同研究センター 副研究センター長らは、島津製作所と共同で、カーボンナノチューブ(CNT)を酸化する簡便な方法を考案するとともに、この方法で合成した酸化CNTを用いて、生体透過性の良い第2近赤外(NIR-II)領域で発光する近赤外蛍光イメージングプローブを開発した。  CNTは蛍光を発することが知られているが、近年、CNTを孤立分散させた水に、オゾン水を混和し光を照射

全文

導入事例を含む、新着ホワイトペーパー!
ファイバーレーザによる溶接でコストの削減とクオリティの向上を実現 --PR--

バックナンバー

Current Issue
ガスレーザ
試験と測定
垂直共振器面発光レーザ

Previous issue

位置決め
シリコンフォトニクス製造アライメントプロ
ライダ
自動運転車市場向けのフォトニクスガイド
永久UDIマーキング
ステンレス製医療機具への永久的なレーザマ
IRオプティクス製造
レーザアシストμ-LAMプロセスが赤外オ
テラヘルツイメージング
太陽電池と半導体プロセス検査に取り組むテ

ホワイトペーパー(技術文書)