All about Photonics

ヘッドライン

グラフェンプラズモンで最小光キャビティを実現

ITAI_CAVS_10_web August, 7, 2020Castelldefels― ICFO、MIT、Duke、University of Paris-Saclay、およびUniversidad do Minhoの研究者は、ナノメートルサイズのグラフェンと金属キューブを使って過去最小赤外光キャビティの実現をScienceに発表した。 微小化により、技術は、光回路の新たな時代へと進んだが、同時に、克服すべき新たな課題と障害が始まった。例えば、ナノメートルスケールでの光の制御と導波方法である。新技術は、光を非常に小さな空間、現在の回路よりも数100万倍小さな空間に閉じ込める方

全文

テラヘルツテクノロジーフォーラム

バックナンバー

Current Issue
ナノマテリアルイメージング
マシンビジョン
画像融合

Previous issue

高出力レーザダイオード
HPLD製造の課題を解決する、革新的なダ
ウルトラファーストレーザ
フェムト秒増幅器のトレンド― チタンサフ
ライダ用ファイバレーザ
高パルスエネルギーファイバレーザ、ライダ
自由空間通信
小型衛星同士と地球までの間をつなぐレーザ
機械学習
機械学習は、内部閉じ込め融合を点火するコ

ホワイトペーパー(技術文書)

新製品

1

UVC殺菌光源向け紫外線センサ UV-Sanitize

掲載日:2020/7/22

紫外線センサ専門メーカーのドイツ・sglux社が、UVC殺菌に使用される低圧水銀ランプ・エキシマランプ・キセノンランプ・LEDなどの光源出力モニタリング用にデザイン。光源側、ターゲット側にUV-San

全文

ベンダー別新製品
リスティングセクション