All about Photonics

ヘッドライン

水滴を浮遊させて汚染検出を改善

OL_327870_Image_water_droplet May, 18, 2018Washington― 新しい研究で、音波を使って水滴を空中に浮遊させることで有害な重金属汚染物質、水中の鉛や水銀などの検出が改善できることが示された。水中の微量の重金属の検出は、重要である。これらの汚染物質は人の健康や環境に有害だからである。新技術は、最終的に、リアルタイム、現場で汚染をモニタリングする計測器になる。  「連続モニタリングする多様な水センサはあるが、水に溶け込んだ多くの重金属の検出は、特殊なラボ分析のためにサンプルを送ることで実行される」とInstituto de Ciencias Físicas

全文

導入事例を含む、新着ホワイトペーパー!
ファイバーレーザによる溶接でコストの削減とクオリティの向上を実現 --PR--

バックナンバー

Current Issue
ガスレーザ
試験と測定
垂直共振器面発光レーザ

Previous issue

位置決め
シリコンフォトニクス製造アライメントプロ
ライダ
自動運転車市場向けのフォトニクスガイド
永久UDIマーキング
ステンレス製医療機具への永久的なレーザマ
IRオプティクス製造
レーザアシストμ-LAMプロセスが赤外オ
テラヘルツイメージング
太陽電池と半導体プロセス検査に取り組むテ

ホワイトペーパー(技術文書)