All about Photonics 2016 Utilities & Key Devices 次世代アプリケーションを創る、そのための展示会

ヘッドライン

2Dペロブスカイトが高効率と安定性を実現

nws20160831_sr August, 31, 2016Los Alamos― 発展する太陽光発電産業でペロブスカイト結晶を使用するために、ロスアラモス国立研究所(LANL)、ノースウエスタン大学、ライス大学の研究グループは、結晶製造法を微調整し、新しいタイプの2D層状ペロブスカイトを開発した。これは傑出した安定性があり、材料の以前の変換効率の3倍以上を達成している。 「結晶の方向が20年以上にわたり難題だった。実際の鋳造プロセスで結晶の方向を変えることができたのはわれわれが初めてである」とライス大学院生でLANLで研究しているHsinhan Tsai氏はコメントしている

全文

LFWJテラへルツ特設ページ
【競合/技術動向の特許分析を3万円でご提供:PatentQuick】 詳しくはこちら--PR--
【コヒレント レーザ発振器 総合カタログ 2016年版が完成】 ダウンロードはこちら--PR--
【ニューポート総合カタログ 2014-2015 完成のお知らせ】 カタログ請求はこちら --PR--

バックナンバー

Current Issue
高エネルギーレーザ
テスト装置の進歩
新しいレーザビームデリバリファイバ

Previous issue

シリコンフォトニクス
製造可能な全領域を探る 集積フォトニクス
オプティクス製造
ファイバブラッググレーティング 製造シス
ファイバレーザ
マルチレーザビーム材料加工
高出力ファイバレーザ
キロワットレベルファイバレーザが成熟
中赤外分光法/バイオイメージング
MIR を用いる光学的生検に向けた動き