All about Photonics

ヘッドライン

深宇宙探査に通信ネットワークを利用

ATCA_image_for_Optica_300dpi_to_be_cropped February, 19, 2018Washington― オーストラリアの研究チームは、安定した周波数基準を信頼性よく標準光ファイバ通信ネットワークで300km以上伝送し、2つの電波望遠鏡を同期するために使用できることを初めて実証した。  安定した周波数基準により、時計や計測器を校正し、超精密計測を実施する。このような周波数基準は、通常、高価な原子時計を使って周波数基準を生成する施設でしか利用できない。新技術を使うと、研究者はどこにいても、通信ネットワークに入るだけで周波数基準を利用することができる。  安定した周波数基準を通信ネットワークで伝送す

全文

導入事例を含む、新着ホワイトペーパー!
ファイバーレーザによる溶接でコストの削減とクオリティの向上を実現 --PR--

バックナンバー

Current Issue
位置決め
ライダ
永久UDIマーキング

Previous issue

光学テーブル設計の進歩
光学テーブルの進歩が高感度アプリケーショ
可視光の半導体レーザ
多波長レーザモジュールで、ライフサイエン
イメージングの進歩
テラヘルツイメージング:応用分野を模索す
バイオサイエンス向けレーザ
フローサイトメトリーを拡張する新しい32
水中ライダ
水中ライダに向けて短パルス大電流LD駆動

ホワイトペーパー(技術文書)

ベンダー別新製品
リスティングセクション