All about Photonics

ヘッドライン

東京大学生産技術研究所、回折限界を超えた光ナノ加工技術を開発

zu1 April, 19, 2018東京― 東京大学生産技術研究所の立間徹教授と齋藤 滉一郎 大学院生(当時)は、右巻きと左巻きのナノ構造を、右巻き、左巻きの円偏光で簡単に作り分ける技術を開発した。それぞれ、強いキラリティを示す。  酸化チタンの上に直方体の金ナノ粒子を載せ、円偏光を照射すると、プラズモン共鳴によって、光の偏りが生ずる。光がより強くなった部位で、鉛イオン(Pb2+)が酸化鉛(PbO2)に酸化され、析出する。酸化鉛はプラズモン共鳴を強調する特性があるため、プラズモン共鳴にもねじれの特性が与えられる。その結果、右円偏光に応答

全文

導入事例を含む、新着ホワイトペーパー!
ファイバーレーザによる溶接でコストの削減とクオリティの向上を実現 --PR--

バックナンバー

Current Issue
ガスレーザ
試験と測定
垂直共振器面発光レーザ

Previous issue

位置決め
シリコンフォトニクス製造アライメントプロ
ライダ
自動運転車市場向けのフォトニクスガイド
永久UDIマーキング
ステンレス製医療機具への永久的なレーザマ
IRオプティクス製造
レーザアシストμ-LAMプロセスが赤外オ
テラヘルツイメージング
太陽電池と半導体プロセス検査に取り組むテ

ホワイトペーパー(技術文書)