All about Photonics

ヘッドライン

バークリーLab、レーザとアンチレーザを統合

Schematics above show light input (green) entering opposite ends of a single device. When the phase of light input 1 is faster than that of input 2 (left panel), the gain medium dominates, resulting in coherent amplification of the light, or a lasing mode. When the phase of light input 1 is slower than input 2 (right panel), the loss medium dominates, leading to coherent absorption of the input light beams, or an anti-lasing mode. (Credit: Zi Jing Wong/UC Berkeley) December, 2, 2016Berkeley― エネルギー省(DOE)のローレンスバークリー国立研究所(Lawrence Berkeley National Laboratory)は、レーザとアンチレーザの両方として動作する単一デバイスを初めて作製した。また、研究チームは、これらの対立する機能を通信帯の周波数で実証した。  研究成果は、レーザ、増幅器、変調器、アブソーバ、ディテクタとして柔軟に動作する新しいタイプのデバイス開発の土台となるものである。  「コヒレント光増幅および同じ周波数での吸収の両方で、われわれが達成した単一光キャビティ

全文

LFWJテラへルツ特設ページ
【競合/技術動向の特許分析を3万円でご提供:PatentQuick】 詳しくはこちら--PR--
【コヒレント レーザ発振器 総合カタログ 2016年版が完成】 ダウンロードはこちら--PR--
【ニューポート総合カタログ 2014-2015 完成のお知らせ】 カタログ請求はこちら --PR--

バックナンバー

Current Issue
固体レーザ
産業用レーザ
イメージングの進歩

Previous issue

適応光学
EOSの超大型望遠鏡は4倍ファーストライ
新しいレーザ
深紫外ダイオードレーザの短波長化
振動制御
空間分解能の限界を拡張する効果的な振動制
光学フィルタ
マルチバンドコートフィルタが 科学応用の
Mid-IR量子カスケードレーザ
QCLがMid-IRスペクトルをカバー