All about Photonics

ヘッドライン

自然の冷却現象を使いローコストデバイスが電気を生成

Aaswath-Raman-light-Device2_c615e765-032d-4ca3-9f2a-56eb326bec01-prv January, 16, 2020Los Angels― UCLA材料科学者がJouleに発表した論文で、夜間に再生可能エネルギーを生成する画期的な方法を開発するために放射冷却原理を活用した、と報告している。 そのアプローチは、世界中の10億を超える人々に最終的に恩恵をもたらす低コスト技術に適用できる。国際エネルギー機関(IEA)によると、電気に高信頼アクセスできない人々は10億を上回る。その技術はスタンドアロン技術として、またはソーラエネルギーと組み合わせて利用し、昼夜を通して電気を生成する。 放射冷却は、空に面した表面が、熱放射として大

全文

テラヘルツテクノロジーフォーラム

バックナンバー

Current Issue
ライダ用レーザ
コンピュテーショナルイメージング
高出力半導体レーザ

Previous issue

チャープパルス増幅法
フェムト秒レーザ:その始まりから産業応用
産業用レーザ
医療機器製造において光を照らした超高速レ
面発光レーザ
VCSELによるfNIRSの高分解能化
チューナブルレーザ
シリコンフォトニクスが光通信と科学用レー
自動車ライダ
全天候対応の周波数変調連続波ライダ

ホワイトペーパー(技術文書)

  • ILSJ1904LLcvr

    高出力青色半導体レーザを目指すプロジェクト

    June, 25, 2019--

    ドイツ政府が助成するプロジェクト「EffiLas 」の一環として、独レーザーライン社(Laserline )は、レーザダイオードバーに基づく、世界初となる高出力青色半導体レーザ光源を開発している。レーザダイオードバーを製 […]

新製品

COHR_ChameleonDiscoveryNX_TPC

マルチフォトンイメージングで新たな視野を広げるウルトラファーストレーザをリリース

掲載日:2019/11/1

コヒレント社は、2019年10月19日、2光子顕微鏡向けチューナブルウルトラファーストレーザChameleon Discovery NXを発表した。  Chameleon Discovery NXの

全文

ベンダー別新製品
リスティングセクション