All about Photonics

ヘッドライン

機能埋込プログラマブルシルクベース材料を作製

PNAS silk 1.jpg Tufts Now version January, 19, 2017Medford/Somervile― Medford/Somervile―タフツ大学(Tufts University)の研究チームは、シルク(絹)タンパク質でできた新しい固体フォーマットを作製した。これは、生物学的、化学的、あるいは光学的機能をあらかじめプログラムできる。例えば、歪、送達薬剤で色が変わる、光に反応する機械的構成分子などである。  タンパク質の自己組織化をベースにした水性製法を利用して研究チームは、絹に耐久性を与えている絹フィブロインから3Dバルク材を作製した。次にチームは、水溶性分子でバルク材を操作して、予め機能

全文

LFWJテラへルツ特設ページ

バックナンバー

Current Issue
固体レーザ
産業用レーザ
イメージングの進歩

Previous issue

適応光学
EOSの超大型望遠鏡は4倍ファーストライ
新しいレーザ
深紫外ダイオードレーザの短波長化
振動制御
空間分解能の限界を拡張する効果的な振動制
光学フィルタ
マルチバンドコートフィルタが 科学応用の
Mid-IR量子カスケードレーザ
QCLがMid-IRスペクトルをカバー