All about Photonics

ヘッドライン

自然の光反射機能再現により新材料を開発

mainbutterflywings[2] February, 27, 2017Guildford― サリー大学(University of Surrey)の研究チームによる、構造化フォトニック材料フォトニックバンドギャップの背後にある物理学を説明する研究の結果、自然材料の内部構造を特性を明らかにし、セラミックの3Dプリンティングを利用して光との相互作用を模倣する新たな方法が考案された。材料の内部構造の局所的自己均一性が、吸収を広め、光を反射、伝達する機能を決める。  研究チームは、自然材料における内部構造の均一性(波長スケール)と、ある波長をブロックする機能との直接的関係を見出した。この知見

全文

LFWJテラへルツ特設ページ