All about Photonics

ヘッドライン

ワイヤレスハンドヘルド分光計、スマホにデータ転送

BOEx_Wireless_Spec_1 November, 22, 2017Washington― 一般的なカメラで撮るよりも多くの色情報を含むスペクトル画像は、裸眼では見えない組織や他の生体試料の特性を明らかにする。鉛筆のように握る新しいスマートフォン対応デバイスで、日常的なもののスペクトル画像取得ができ、最終的には遠隔地のポイントオブケア(POC)診断に使える可能性がある。  新しいデバイスの可能なアプリケーションには、人の血中の酸素飽和度の検出、食品店の肉の鮮度判定、完熟果物の特定などが含まれる。この分光計は、科学研究用に現場のデータ取得も容易にする。  研究成果は、Biomedic

全文

バックナンバー

Current Issue
光学テーブル設計の進歩
可視光の半導体レーザ
イメージングの進歩

Previous issue

マルチスペクトルフィルタ
分光法をスマートフォンに取り入れるための
ファイバレーザ
高出力シングルモードファイバレーザの進歩
光学設計
最適レーザビームエクスパンダの選択法
ディテクタの進歩
EUフラッグシップ集合体の支援でグラフェ
フォトニクスモデリングソフトウエア
包括的なVCSELモデリングを支援するT

ホワイトペーパー(技術文書)

  • TOPTICA_80MHz

    繰り返しレート 80MHz における個々のテラヘルツパルスの検出

    July, 27, 2015--

    過去数年で時間分解テラヘルツシステムは著しく成熟したが、測定速度が問題として残っている。制限要因は時間遅延である。データアクイジションが制限されるので、測定レートは数 10Hz からせいぜい数 kHz となる。ここでは、 […]

ベンダー別新製品
リスティングセクション

World News アーカイブ

中赤外レーザ
スペクトル域2.5 ~ 9.5μmの
グラフェンフォトニクス
近赤外動作の低電圧グラフェン電気光学変調
フォトニック・バンドギャップファイバ
このファイバの伝搬時間は、温度変化に感度
集積オプティクス
モスキート法で 円形シングルモードポリマ
シングルフォトンカウンティング
光量子回路につながるダイヤモンド集積シン