All about Photonics

ヘッドライン

新しい「スイッチ」で量子コンピューティング

nws20140418_02_sr April, 18, 2014, Latham―MITとハーバード大学(Harvard University)の研究チームは、レーザを使って個々のルビジウム原子を光の格子表面近くに置くことによって、粒子を結合する新たな方法を開発した。これは強力な量子コンピューティングシステムの開発に役立つ可能性がある。  この技術により、研究者は孤立ルビジウム、金属の原子と光粒子とを結合することができるようになる。また原子とフォトンの両方が他方の粒子の量子状態を切り替えることができ、量子レベルのコンピューティング動作を行うメカニズムが実現可能になる。  

全文

[All about Photonics] InterOpto 2014 出展申込は6/30まで! --PR--
OITDA・5/20開催セミナー(ホログラフィックディスプレイ・ディジタルホログラフィ計測)--PR--

バックナンバー

Current Issue
1403LFWJcover

Previous issue

産業用レーザ
フェムト秒製造技術によって自動車の燃焼効
スペクトラルイメージング
遠隔分光用途ハイパースペクトラル能動セン
CMOSセンサ
CMOSベース特殊撮像素子が新たなパフォ
固体深紫外エミッタ・ディテクタ
紫外域に入り込む酸化亜鉛
中赤外オプティクス
CVDダイヤモンドIRオプティクスでEU

新製品

オフィール

パイロエレクトリックセンサ

掲載日:2014/4/17

OPHIR(オフィール社)の低出力・高繰り返しパルスレーザ測定用、高感度パイロエレクトリックセンサPE9-ES-Cは、同社のPE-Cシリーズで最も高感度なパイロエレクトリックセンサで、シリーズ内で最も

全文