All about Photonics

ヘッドライン

MIT CSAIL、機械に3Dで見ることを教える

Screen Shot 2018-12-06 at 5.16.45 PM January, 18, 2019Cambridge― MIT CSAILの研究者によると、人間は、1つの方向から見るだけで3D対象を理解する驚くべき能力を持っている。われわれは、ハイウエイで、一瞥するだけで鹿の形状をイメージでき、家具の周りの向こう側に壁が続いていることを理解でき、垂直にしか見ていないのにソファ全体を感知できる。これらすべては、われわれが住んでいる複雑な世界をわれわれがナビゲートするのに役立っている。  コンピュータには、遠近法、対称性、物理学のように、ものを理解する能力は本来備わっていない。コンピュータは、それを教わる必要がある

全文

LAMP2019 第8回レーザ先端材料加工国際会議
アブストラクト投稿締切:2019年1月18日(金)--PR--

バックナンバー

Current Issue
レーザの選択方法
フォトニクス製造
薄膜コーティング

Previous issue

AR/VRディスプレイ
究極のARディスプレイ未来のウィンドウを
試験と計測の進歩
光学的進歩が天文干渉法を次の10年で飛躍
エキシマレーザ
波長193nmエキシマレーザによる、バイ
OLED
陰極薄膜層における粒子欠陥の低減による、
ホログラフィ
次世代ホログラフィを実現する“すべての波

ホワイトペーパー(技術文書)

新製品

GRAVER_-

高出力産業用ダイオード励起ナノ秒レーザ

掲載日:2019/1/17

高出力産業用ダイオード励起ナノ秒レーザGRAVER シリーズは、パルス繰返し可変、高繰返しでも短パルス動作を実現する。 ●出力:35W@1064nm, 30W@532nm ●波長:1064nm

全文

ベンダー別新製品
リスティングセクション