All about Photonics 2016 Utilities & Key Devices 次世代アプリケーションを創る、そのための展示会

ヘッドライン

富士通とHHI、波長制約のない一括波長変換の新技術で1Tb/s伝送

20160920-02c_tcm100-2738576 September, 23, 2016東京― 富士通研究所とドイツのフラウンホーファー・ハインリッヒ・ヘルツ研究所(Fraunhofer Heinrich Hertz Institute HHI)は、将来の波長多重光ネットワークの光通信中継ノードで必要とされる、波長多重された信号を一括して波長変換する新しい方式を開発し、1Tbps級の大容量信号を用いた実証実験に成功した。  従来の光波長変換方式は、一旦電気信号へ変換する方法が取られていたが、波長ごとに回路が必要となるためTbps級の光通信中継ノードの実用化に課題があった。  今回開発し

全文

LFWJテラへルツ特設ページ
【競合/技術動向の特許分析を3万円でご提供:PatentQuick】 詳しくはこちら--PR--
【コヒレント レーザ発振器 総合カタログ 2016年版が完成】 ダウンロードはこちら--PR--
【ニューポート総合カタログ 2014-2015 完成のお知らせ】 カタログ請求はこちら --PR--

バックナンバー

Current Issue
適応光学
新しいレーザ
振動制御

Previous issue

高エネルギーレーザ
ゼプト秒のエクストリームライト
テスト装置の進歩
フェムト秒時間尺度で測る超高速光サンプリ
新しいレーザビームデリバリファイバ
新しいレーザビームデリバリファイバ
光ファイバ通信
100Gbit/sを超えるラインレート
高速イメージング
高速カメラの選択: 新しいイメージングセ