All about Photonics

ヘッドライン

原子時計で光電効果の絶対的タイミングを計測

csm_Atto2_042a76a49f January, 22, 2019Vienna― ウィーン工科大学(Vienna University of Technology)による精緻な実験と計算の助けを借りて、有名な光電効果の時間幅の計測が可能になった。  それは量子物理学では極めて重要な実験の1つであった。光がある物質に当たると、電子がその表面から放出される。アルバート・アインシュタインが、1905年に初めてこの現象を説明した、当時彼は「光量子」と言っていたが、光の最小単位を今ではフォトンと言う。  一秒のほんのわずかな時間で、材料の電子はフォトンを吸収し、他の状態に「ジャンプ

全文

LAMP2019 第8回レーザ先端材料加工国際会議
アブストラクト投稿締切(延長):2019年1月31日(木)--PR--

バックナンバー

Current Issue
マイクロLED 技術
フォトボルテイクス
振動制御

Previous issue

レーザの選択方法
顕微鏡用レーザを選択する方法
フォトニクス製造
新しいデータセンター時代におけるフォトニ
薄膜コーティング
極薄でチューナブルな導電性酸化物ナノフィ
新開発レーザ
ブルーダイレクトダイオードレーザが産業レ
3D イメージング
TOF技術を導入するのに絶好のタイミング

ホワイトペーパー(技術文書)

新製品

GRAVER_-

高出力産業用ダイオード励起ナノ秒レーザ

掲載日:2019/1/17

高出力産業用ダイオード励起ナノ秒レーザGRAVER シリーズは、パルス繰返し可変、高繰返しでも短パルス動作を実現する。 ●出力:35W@1064nm, 30W@532nm ●波長:1064nm

全文