All about Photonics 2016 Utilities & Key Devices 次世代アプリケーションを創る、そのための展示会

ヘッドライン

新しい中赤外レーザシステムで大気化学物質を検出

MIT-Mid-air-IR-Filaments_0 July, 1, 2016Binghamton― MITなどの研究グループは、中赤外レーザを使って戸外の空中の分子領域を帯電したガス、つまりプラズマの光るフィラメントに変える新しい方法を見出した。新方法により、広範な化学物質を高感度で検出するリモート環境モニタリングが可能になる。  新システムは、中赤外超高速パルスレーザシステムを利用してフィラメントを生成する。フィラメントの色が、多様な分子の化学的フィンガープリントを明らかにする。研究成果は、Opticaに発表された。  MITのエレクトロニクス研究所、Kyung-Han Hongの説明に

全文

LFWJテラへルツ特設ページ
【競合/技術動向の特許分析を3万円でご提供:PatentQuick】 詳しくはこちら--PR--
【コヒレント レーザ発振器 総合カタログ 2016年版が完成】 ダウンロードはこちら--PR--
【ニューポート総合カタログ 2014-2015 完成のお知らせ】 カタログ請求はこちら --PR--

バックナンバー

Current Issue
シリコンフォトニクス
オプティクス製造
ファイバレーザ

Previous issue

2016年版レーザ市場予測
レーザ市場は世界経済の低迷を乗り切れるか
分光計
分光器キャリブレーションはLEDと非線形
光源
マスク点光源LEDがセンサ照明を最適化
色計測、光源、視覚
色計測で新需要を生み出すLED照明
光音響/生物医学イメージング
医療診断に向けて進展する光音響イメージン