All about Photonics

ヘッドライン

SEAS、チップ上で光をプログラミング

Light on Chip January, 17, 2019Sunnyvale― ハーバード・工学/応用科学スクール(SEAS)の研究者は、新しい集積フォトニクスプラットフォームを開発した。これは、光を蓄積し、IC内でその周波数(色)を電気的にコントロールできる。  プラットフォームは、原子系からヒントを得ており、アプリケーションの幅は広く、フォトニック量子情報処理、光信号処理、マイクロ波フォトニクスなど。  「チップ上でプログラマブルに光周波数を変えるためにマイクロ波を使うのはこれが初めてである。多くの量子フォトニックおよび古典的なオプティクスアプリケーションは、光周波

全文

LAMP2019 第8回レーザ先端材料加工国際会議
アブストラクト投稿締切:2019年1月18日(金)--PR--

バックナンバー

Current Issue
レーザの選択方法
フォトニクス製造
薄膜コーティング

Previous issue

AR/VRディスプレイ
究極のARディスプレイ未来のウィンドウを
試験と計測の進歩
光学的進歩が天文干渉法を次の10年で飛躍
エキシマレーザ
波長193nmエキシマレーザによる、バイ
OLED
陰極薄膜層における粒子欠陥の低減による、
ホログラフィ
次世代ホログラフィを実現する“すべての波

ホワイトペーパー(技術文書)

新製品

GRAVER_-

高出力産業用ダイオード励起ナノ秒レーザ

掲載日:2019/1/17

高出力産業用ダイオード励起ナノ秒レーザGRAVER シリーズは、パルス繰返し可変、高繰返しでも短パルス動作を実現する。 ●出力:35W@1064nm, 30W@532nm ●波長:1064nm

全文

ベンダー別新製品
リスティングセクション