All about Photonics

ヘッドライン

従来技術の半分の学習データ量でも高精度に識別可能なDL技術を開発

1902-01 August, 22, 2019東京― NECは、従来の半分程度の学習データ量でも高い識別精度を維持できるディープラーニング(DL)技術を新たに開発した。  識別精度の向上には、識別が難しい学習データをより多く学習することが有効であるが、学習に適した質の良いデータを十分に確保することが重要。新技術は、ニューラルネットワークの中間層で得られる特徴量を意図的に変化させることで、識別が難しい学習データを集中的に人工生成する。これにより、少ない学習データ量でも識別精度を大きく向上させ、ディープラーニングを適用したシステムの開発期間短縮に貢献

全文

All about Photonics 2020 東京ビッグサイト 西ホール
2020年1月29日~31日 --PR--

バックナンバー

Current Issue
ライダ用レーザ
光線追跡ソフトウエア
マシンビジョンソフトウエア

Previous issue

シリコンフォトニクス
シリコンフォトニクスに対処する自動ウエハ
検出器の進歩
Quantaイメージセンサ(QIS):す
空間光変調器
生体内の神経回路において神経疾患への道を
バイオメトリックセキュリティ
消費者向けバイオメトリックの第二波がVC
監視とセキュリティ用イメージング
煙霧を透過するSWIRカメラ

ホワイトペーパー(技術文書)

  • ILSJ1904LLcvr

    高出力青色半導体レーザを目指すプロジェクト

    June, 25, 2019--

    ドイツ政府が助成するプロジェクト「EffiLas 」の一環として、独レーザーライン社(Laserline )は、レーザダイオードバーに基づく、世界初となる高出力青色半導体レーザ光源を開発している。レーザダイオードバーを製 […]

新製品

Equinox

高出力・CW 単一周波数グリーン・レーザ

掲載日:2019/8/13

オーシャンフォトニクス社は、同社が代理店を務める英国M Squared Lasers Ltd(Mスクエアレーザー社)製の高出力、CW(連続波)単一周波数グリーン・レーザ「Equinox」の取扱いを開始

全文

ベンダー別新製品
リスティングセクション

World News アーカイブ

半導体レーザ
HOE、SLMなしで2Dビームパターン投
メタサーフェス・オプティクス
全偏光に焦点を合わせる広帯域色収差補正レ
蛍光顕微鏡/神経科学
光トラッピングで脳を騙す
自動車用ライダ
競合形態が多い自動運転車向けライダ
光音響イメージング
生検を排除する乳がん診断ツール