All about Photonics 2016 Utilities & Key Devices 次世代アプリケーションを創る、そのための展示会

ヘッドライン

新世代エネルギーフレンドリなオプトエレクトロニクスにつながる新理論

Media,697097,en August, 26, 2016London― クイーンズ大学ベルファスト(Queen’s University Belfast)とETHチューリッヒの研究グループは、物理学者やデバイスエンジニアがより優れたオプトエレクトロニクス設計に役立てることができる新しい理論的枠組みを考案した。これにより、光を放出、検出、制御する電子デバイスの発熱と消費電力が下がる。  研究に関しては、研究者は2D材料が静電場に対してどの程度透明になるかを定量化できると、クイーンズの原子論的シミュレーション研究センタのDr Elton Santosは話している。「論

全文

LFWJテラへルツ特設ページ
【競合/技術動向の特許分析を3万円でご提供:PatentQuick】 詳しくはこちら--PR--
【コヒレント レーザ発振器 総合カタログ 2016年版が完成】 ダウンロードはこちら--PR--
【ニューポート総合カタログ 2014-2015 完成のお知らせ】 カタログ請求はこちら --PR--

バックナンバー

Current Issue
高エネルギーレーザ
テスト装置の進歩
新しいレーザビームデリバリファイバ

Previous issue

シリコンフォトニクス
製造可能な全領域を探る 集積フォトニクス
オプティクス製造
ファイバブラッググレーティング 製造シス
ファイバレーザ
マルチレーザビーム材料加工
高出力ファイバレーザ
キロワットレベルファイバレーザが成熟
中赤外分光法/バイオイメージング
MIR を用いる光学的生検に向けた動き