All about Photonics

ヘッドライン

細胞内のナノマシーンを初めて3D観察

00_comparison_of_techniques February, 7, 2017Barcelona― IRBバルセロナをリーダーとする研究グループは、遺伝子工学、超解像度顕微鏡、バイオコンピュテーションを組み合わせて、生きた細胞内のタンパク質機構を3D観察できるようにした。  Cell誌に発表された研究成果によると、動物や植物にとって重要なタンパク質集合の重要な機能的特性が明らかになった。この新しい組み合わせを手にすることで、健康および病気状態で細胞タンパク質機構を研究することができるようになる。  生体医学研究所(IRB バルセロナ)の研究者は、タンパク質のナノマシン(タンパク質複合体-細

全文

バックナンバー

Current Issue
超高速レーザを用いた 医療マイクロシステムの3Dプリンティング
人の脳の分散機能と ネットワークをイメージング
ガン手術ガイドのために腫瘍を「染色」

Previous issue

顕微鏡 / 眼科 / スーパーコンティニ
研究、生体医学に活力を与える 超広帯域光
光干渉断層法(OCT)/ 光源
VCSEL技術で改善されたOCTイメージ
光ファイバ・生物医学機器設計
成功の鍵は滅菌:生物医学への光ファイバ適
非線形顕微鏡 / ラベルフリー深部組織イ
前臨床および臨床分野への超短パルスレーザ
光産業動向調査2013
固定価格買い取り制度へ依存度高まる光産業