All about Photonics

ヘッドライン

新ツールで生細胞のタンパク質濃度を明らかに

nws20170118_sr_bio January, 18, 2017Princeton― プリンストン大学の研究チームによると、生細胞内の物質の操作に光を使うツールにより、タンパク質がどのように集まって多様な液相状態やゲル状の固体状態になるかの説明ができるようになった、これは多くの重要な細胞作用の理解のカギである。  プリンストン大学の研究チームは、新しいツール、optoDropletを開発した。これにより、膜のない細胞小器官に機能を果たさせる化学の操作と理解に今までになくアクセスできるようになる。  プリンストンの化学・生体工学准教授、Clifford Brangwynneは、

全文

バックナンバー

Current Issue
超高速レーザを用いた 医療マイクロシステムの3Dプリンティング
人の脳の分散機能と ネットワークをイメージング
ガン手術ガイドのために腫瘍を「染色」

Previous issue

顕微鏡 / 眼科 / スーパーコンティニ
研究、生体医学に活力を与える 超広帯域光
光干渉断層法(OCT)/ 光源
VCSEL技術で改善されたOCTイメージ
光ファイバ・生物医学機器設計
成功の鍵は滅菌:生物医学への光ファイバ適
非線形顕微鏡 / ラベルフリー深部組織イ
前臨床および臨床分野への超短パルスレーザ
光産業動向調査2013
固定価格買い取り制度へ依存度高まる光産業