All about Photonics

ヘッドライン

顕微鏡を強化するユニバーサルアルゴリズム

1440x840 September, 20, 2019Lausanne― スイス連邦工科大学(EPFL)研究チームは、超高解像度顕微鏡が単一画像ベースで最大解像度で動作するかどうかを決定できるアルゴリズム開発した。その方法は、すべてのタイプの顕微鏡に適応可能であり、いずれ自動化モデルの標準機能になる。  30年ほど前、超解像度顕微鏡が登場した。そのお陰で研究者は、細胞下の構造、タンパク質、生きた組織を前例のない精度で見ることができる。この顕微鏡は、蛍光を計測することで動作する。蛍光は、ある化合物が自然に、あるい人工の蛍光体によって発光する、また蛍光体のさまざまな量子

全文

関連記事アーカイブ


2019年1月号
SRSにおける進展がシングルセルの代謝イメージングの ブレークスルーを誘導する
2019年3月号
光トラッピングで脳を騙す
2018年7月号
深部組織で細胞以下のサイズの定量位相イメージングを付加する
2018年9月号
リアルタイム生検を目指すマルチモーダル顕微鏡法
2018年11月号
材料選択で促進するマイクロ流体工学
2018年5月号
ハイパフォーマンス、ロープロファイルの顕微鏡法
2018年3月号
OCT血管造影法の加速
2018年1月号
白内障レーザ治療の難題を明確にする
2017年11月号
フローサイトメトリーを拡張する新しい320nm紫外線レーザ源
2017年9月号
気候変動の実態を明らかにする大規模フローサイトメトリ
2017年7月号
超高速レーザがさらに掘り下げる神経科学
2017年3月号
バイオとそのかなた:OCTの進展がイメージングのスケールコストの障害を打ち破る
2017年1月号
高度顕微鏡法の実用上の考慮点
2016年11月号
生体医学への応用に向けて進展するラマン分光法
2016年9月号
臨床ケア向上を超えて OCTの経済的インパクト
2016年7月号
フォトバイオモジュレーションと脳外傷性脳損傷とその先
2016年5月号
MIR を用いる光学的生検に向けた動き
2016年3月号
医療診断に向けて進展する光音響イメージング
2016年1月号
暖色光でライフサイエンスに貢献するファイバレーザ
2015年9月号
光プローブで昆虫の翅を生体光学的に評価
2015年7月号
電気的に2ジオプター変化する液晶コンタクトレンズ
2015年5月号
スペクトル画像処理のススメ
2014年11月号
バイオイメージングのコントラストと解像度を量子増強するスクイーズド光
2014年9月号
超高速レーザを用いた 医療マイクロシステムの3Dプリンティング
2014年6月号
研究、生体医学に活力を与える 超広帯域光源
創刊準備号
研究、生体医学に活力を与える超広帯域光源