ニュース

プラズマ照射で腱の治癒を促進次世代型 腱再生医療-

June, 14, 2024, 大阪市--

アキレス腱は、人間の体内で最も大きく強靭な靭帯である。アキレス腱断裂は、30歳から40歳代のスポーツ愛好家に多く起こり、装具固定などの安静加療の期間が長く、スポーツ復帰や職場復帰に時間がかかってしまう。 大阪公立大学大学 […]

全文を読む

NIH、AIは、網膜イメージングを100倍速くする

June, 11, 2024, Bethesda--

NIHの科学者は、「P-GAN」と呼ばれる人工知能を使用して、目の奥の細胞の次世代イメージングを改善している。 米国国立衛生研究所(NIH)の研究者は、人工知能(AI)を応用して、目の細胞の高解像度画像を生成する技術を開 […]

全文を読む

脊髄損傷を修復するための赤色光線療法がマイルストーンを通過

June, 7, 2024, Birmingham--

Bioengineering and Translational Medicine誌に掲載されたバーミング大学の最新の研究は、この新しい治療アプローチの最適な「用量」を決定し、感覚と運動の大幅な回復、損傷した神経細胞の再 […]

全文を読む

POC質量分析計のキーコンポーネントを3Dプリント

June, 6, 2024, Cambridge--

質量分析は、サンプルの化学成分を正確に識別できる技術であり、慢性疾患に苦しむ人々の健康状態を監視するために使用できる。たとえば、質量分析計は、甲状腺機能低下症の人の血液中のホルモンレベルを測定できる。 しかし、質量分析計 […]

全文を読む

US獣医用3Dプリンティング市場、2030年までに5183万ドル

June, 3, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、米国の獣医用3Dプリンティングの市場規模は、2024~2030年にCAGR 10.68%で成長し、2030年までに5,183万ドルに達すると予想 […]

全文を読む

人工ナノ流体シナプスは計算メモリを記憶できる

May, 29, 2024, Lausanne--

EPFLのエンジニアは、ナノ流体ベースのニューロモルフィック(脳にインスパイアされた)コンピューティングへの一歩として、電子ではなくイオンを使用してデータを処理する2つのチップを接続することで、論理演算を実行することに成 […]

全文を読む

タトゥー除去市場、2035年までに40億ドル

May, 29, 2024, San Francisco--

Allied Market Researchの新しいレポート「タトゥー除去市場」によると、同市場は2023年に5億ドル、2024年~2035年にCAGR 19.1%で成長し、2035年までに40億ドルに達すると推定されて […]

全文を読む

人工膵臓にAIを加えると効率が向上することが研究で判明

May, 28, 2024, Alabama--

1型糖尿病を調節する人工膵臓に高度な人工知能(AI)を追加することは安全であり、システムの効率を向上させることが、バージニア大学(UAV)糖尿病技術センタによるこの種のものとしては初の研究で明らかになった。 新しい研究で […]

全文を読む

UAV、AIツール、心疾患ケアを改善

May, 28, 2024, Alabama--

UVA Healthの研究者は、心不全患者の転帰を予測するための強力な新しいリスク評価ツールを開発した。研究チームは、このツールを臨床医に無料で公開している。 この新しいツールは、機械学習(ML)と人工知能(AI)の力を […]

全文を読む

新しい3Dプリンティング研究が個別化医療への道を開く、錠剤飲み込み容易に

May, 21, 2024, Nottingham--

医薬品を3Dプリントする新しい技術により、1つの錠剤に複数の薬剤をプリントできるようになり、時間指定の投与量を送達できるパーソナライズ錠剤への道が開かれた。 ノッティンガム大学(University of Notting […]

全文を読む

Nature’s 3Dプリンタ:剛毛ワームが剛毛を少しずつ形成

May, 21, 2024, Wien--

ウィーン大学(University of Vienna)のマックス・ペルツ研究所(Max Perutz Labs)の分子生物学者Florian Raibleをリーダーとする新しい学際的研究は、海産環形動物ワーム(Plat […]

全文を読む

レーザ光によるイオンビーム発生で世界最高速度を達成

May, 20, 2024, Dresden--

量子科学技術研究開発機構(QST)関西光量子科学研究所 光量子ビーム科学研究部 先端レーザ科学研究グループ、西内満美子上席研究員、独国ドレスデンヘルムホルツ研究所(HZDR)のTim Ziegler博士研究員、Karl […]

全文を読む

EPFL、網膜のような画像をエンコードするMLフレームワーク

May, 20, 2024, Lausanne--

EPFLの研究者は、網膜インプラントやその他の感覚プロテーゼへの応用により、学習不要の計算方法よりも高い精度で画像データを圧縮する機械学習(ML)アプローチを開発した。 より優れた神経プロテーゼを開発するための大きな課題 […]

全文を読む

ロボット神経「カフ」、一連の神経症状処置に有用

May, 15, 2024, Cambridge--

ロボット神経の「カフ」は、様々な神経疾患の治療に役立つ可能性がある。 ケンブリッジ大学の研究者らは、フレキシブルエレクトロニクスとソフトロボティクス技術を組み合わせて、テンカンや慢性疼痛などの様々な疾患の診断と治療、また […]

全文を読む

AIが超解像度顕微鏡を強化

May, 14, 2024, Dresden--

新しいジェネレーティブモデルにより、既存のアプローチよりも効率的に画像を計算することができる。 生成人工知能(AI)は、ChatGPTやStable Diffusionなどのテキストや画像を作成するアプリケーションで最も […]

全文を読む

富士通、ガンタイプ分けなどのゲノム医療分野の課題を世界最高精度で解く、説明可能なAI技術を開発

May, 14, 2024, 東京--

富士通は、テキストや画像、数値などの複数の異なる形式のデータを、知識を抽象化して体系化するナレッジグラフとしてAIを用いて自動的に統合し学習することで、その大規模データから高精度に原因や内容を判定、推定する説明可能なAI […]

全文を読む

AIモデルGPT-4、眼病の正確な評価で医師を凌駕

May, 8, 2024, Lausanne--

ある研究によると、AIモデルGPT-4は、専門外の医師が目の問題を評価し、アドバイスを提供する能力を大幅に上回っていることがわかった。 GPT-4の臨床知識と推論スキルは、専門の眼科医のレベルに近づいていることが、ケンブ […]

全文を読む

BMF、UltraThineerデンタルベニヤ材料のFDA 510(k)認可取得

April, 30, 2024, Boston--

ボストン・マイクロ・ファブリケーション(BMF)は、世界最薄のコスメティックデンタルベニアの製造に使用される革新的なUltraThineer材料について、米国食品医薬品局(FDA)の510(k)認可を受けたと発表した。 […]

全文を読む

3Dプリンティングの助けを借りた人工軟骨

April, 26, 2024, Wien--

TU Wienでは、3Dプリンタで作られた微細構造で細胞を成長させるという、人工組織を製造する新しいアプローチを開発した。 例えば、損傷した軟骨を置き換えるために、ラボで組織を成長させることは可能か。TU Wienでは、 […]

全文を読む

患者固有 PEEK インプラントを製造する 3D Systems の押出技術が、欧州の主要病院で画期的な頭蓋手術をサポート

April, 26, 2024, Rock Hill--

3D Systemsは、同社のポイントオブケア技術を使用して製造された患者固有の 3D プリント頭蓋インプラントが、バーゼル大学病院 (スイス) の頭蓋形成術で成功したと発表した。 バーゼル大学病院の医用生体工学科 (U […]

全文を読む

心臓弁を3Dプリンティング

April, 23, 2024, Montreal--

機能性心臓弁の3Dプリンティング。 CHU Sainte-Justineの研究者、Houman SavojとPh.D学生Arman Jafariによるこの驚くべき発見は、権威ある学術誌「Advanced Function […]

全文を読む

3Dプリンタで開発された世界初の高解像度脳

April, 22, 2024, Wien--

ウィーン工科大学とMedUni Viennaの共同プロジェクトでは、脳線維の構造をモデル化し、磁気共鳴画像法(dMRI)の特殊なバリエーションを使用して画像化できる、世界初の3Dプリントされた「ブレインファントム」が開発 […]

全文を読む

コンピュータ生成、3Dプリントされた人工眼球の品質に感銘

April, 18, 2024, Darmstadt--

ヨーロッパの何十万人もの人々に、3Dプリントプロセスを使用して再現性のある高品質で手作業を減らして製造できる人工眼球の登場により、新たな希望が与えられた。FraunhoferIGDは、必要なソフトウェアとプリンタドライバ […]

全文を読む

生理学的状態を計測するウエアラブルセンサ

April, 16, 2024, Pasadena--

カリフォルニア工科大学(Caltech)の医用工学助教授Wei Gaoは、汗を使って生理学的状態を識別・測定するウェアラブルセンサの革新的な設計シリーズの最新作として、ストレス反応を特徴付ける9つの異なるマーカーを連続的 […]

全文を読む

ガン診断に未踏の波長を利用~安全性の高い短波赤外蛍光色素を開発

April, 16, 2024, 札幌--

北海道大学などの共同研究チームは、短波赤外蛍光イメージングの医療応用に向けた蛍光色素の開発に成功した。 研究成果は、短波赤外光を利用した非侵襲イメージング技術を医療応用するうえで非常に重要な基礎技術となる。 短波赤外蛍光 […]

全文を読む

3Dプリントされた耳で人間の耳を再現するグラフトを作製

April, 15, 2024, New York--

Weill Cornell MedicineとCornell Engineeringの研究者は、最先端の組織工学技術と3Dプリンタを使用して、見た目も感触も自然な成人の人間の耳のレプリカを組み立てた。 Acta Biom […]

全文を読む

EPFL、脳が体の位置や動きを感知する仕組み

April, 12, 2024, Lausanne--

EPFLの研究者は、ニューラルネットワークを使用して、脳が体の動きと位置を「知る」ために使用する感覚である固有受容感覚を研究している。 脳は、体の様々な部分の位置や動きをどのように知っているか?この感覚は固有受容感覚と呼 […]

全文を読む

3Dプリンタで開発した高精細な脳

April, 8, 2024, Vienna--

MedUni ViennaとTU Wienの共同プロジェクトでは、脳線維の構造をモデルにした世界初の3Dプリントされた「ブレインファントム」が開発され、磁気共鳴画像法(dMRI)の特殊なバリアントを使用して画像化できるよ […]

全文を読む

オープントップライトシート顕微鏡に掃引照明を追加

April, 5, 2024, Washington--

ワシントン大学の研究者は、スエプト照明光源をオープントップのライトシート顕微鏡に組み込み、より広い視野で光学セクショニングを改善した。この進歩により、この技術は非破壊3D病理学においてより実用的になる。 3D病理学は、組 […]

全文を読む

構造化照明顕微鏡、前立腺ガンの断端を検出に有望

April, 5, 2024, Washington--

新しい臨床試験の結果は、手術中に前立腺ガンの断端を検出するための構造化照明顕微鏡(SIM)の可能性を示している。この機能により、外科医はすべてのガン組織を確実に除去することができ、ガンの再発を減らし、治療成功の可能性を高 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。