ニュース

コンピュータ生成、3Dプリントされた人工眼球の品質に感銘

April, 18, 2024, Darmstadt--

ヨーロッパの何十万人もの人々に、3Dプリントプロセスを使用して再現性のある高品質で手作業を減らして製造できる人工眼球の登場により、新たな希望が与えられた。FraunhoferIGDは、必要なソフトウェアとプリンタドライバ […]

全文を読む

生理学的状態を計測するウエアラブルセンサ

April, 16, 2024, Pasadena--

カリフォルニア工科大学(Caltech)の医用工学助教授Wei Gaoは、汗を使って生理学的状態を識別・測定するウェアラブルセンサの革新的な設計シリーズの最新作として、ストレス反応を特徴付ける9つの異なるマーカーを連続的 […]

全文を読む

ガン診断に未踏の波長を利用~安全性の高い短波赤外蛍光色素を開発

April, 16, 2024, 札幌--

北海道大学などの共同研究チームは、短波赤外蛍光イメージングの医療応用に向けた蛍光色素の開発に成功した。 研究成果は、短波赤外光を利用した非侵襲イメージング技術を医療応用するうえで非常に重要な基礎技術となる。 短波赤外蛍光 […]

全文を読む

3Dプリントされた耳で人間の耳を再現するグラフトを作製

April, 15, 2024, New York--

Weill Cornell MedicineとCornell Engineeringの研究者は、最先端の組織工学技術と3Dプリンタを使用して、見た目も感触も自然な成人の人間の耳のレプリカを組み立てた。 Acta Biom […]

全文を読む

EPFL、脳が体の位置や動きを感知する仕組み

April, 12, 2024, Lausanne--

EPFLの研究者は、ニューラルネットワークを使用して、脳が体の動きと位置を「知る」ために使用する感覚である固有受容感覚を研究している。 脳は、体の様々な部分の位置や動きをどのように知っているか?この感覚は固有受容感覚と呼 […]

全文を読む

3Dプリンタで開発した高精細な脳

April, 8, 2024, Vienna--

MedUni ViennaとTU Wienの共同プロジェクトでは、脳線維の構造をモデルにした世界初の3Dプリントされた「ブレインファントム」が開発され、磁気共鳴画像法(dMRI)の特殊なバリアントを使用して画像化できるよ […]

全文を読む

オープントップライトシート顕微鏡に掃引照明を追加

April, 5, 2024, Washington--

ワシントン大学の研究者は、スエプト照明光源をオープントップのライトシート顕微鏡に組み込み、より広い視野で光学セクショニングを改善した。この進歩により、この技術は非破壊3D病理学においてより実用的になる。 3D病理学は、組 […]

全文を読む

構造化照明顕微鏡、前立腺ガンの断端を検出に有望

April, 5, 2024, Washington--

新しい臨床試験の結果は、手術中に前立腺ガンの断端を検出するための構造化照明顕微鏡(SIM)の可能性を示している。この機能により、外科医はすべてのガン組織を確実に除去することができ、ガンの再発を減らし、治療成功の可能性を高 […]

全文を読む

ガン組織近くで使える高エネルギー電子線をレーザで発生

April, 3, 2024, 東京--

量子科学技術研究開発機構(QST)量子技術基盤研究部門関西光量子科学研究所の森道昭上席研究員らの研究グループは、米国のカリフォルニア大学アーバイン校、カナダのウォータールー大学と共同で、細孔が多数開いたガラス板(マイクロ […]

全文を読む

EPFL、心臓と肺を監視・調節する単一ニューロンの特定

April, 1, 2024, Lausanne--

EPFLの神経科学者は、心臓と肺を調節する脳の深部構造に単一のニューロンを見つけた。この成果は、脳と身体のシステムが、両方の重要なバイオリズムを自己制御する仕組みを明らかにした。 体はホメオスタシスと呼ばれるプロセスで自 […]

全文を読む

レーザキャプチャマイクロディセクション市場、2029年までに3億600万ドル

April, 1, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「レーザキャプチャマイクロディセクション(LCM)市場、:製品別(機器、消耗品、ソフトウェア、サービス)、システムタイプ別(紫外線、赤外線、免 […]

全文を読む

Coherent、脱毛の成果向上させる新しいダイオードレーザバー

April, 1, 2024, PITTSBURGH--

美容および皮膚科用途向けの高出力ダイオードレーザの世界的リーダー、Coherent Corp.は、脱毛業界向けの画期的なダイオードレーザバーを発表した。 この革新的な808nmバーは、2ジャンクション構成を採用しており、 […]

全文を読む

移動中にリアルタイムで血流計測するウェアラブル技術

March, 29, 2024, Washington--

中国の研究者は、皮膚の血管の高解像度イメージングのための光音響イメージングウォッチを開発した。 ウェアラブルデバイスは、心拍数、血圧、酸素飽和度など、人の心臓がどれだけうまく機能しているかを示すことができる血行動態指標を […]

全文を読む

日本の医療イメージング市場、2030年に24億ドル

March, 26, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、日本の医用画像市場規模は2030年までに24億ドルに達し、予測期間中にCAGR 5.9%で拡大すると予想されている。 貧しいライフスタイルに起因 […]

全文を読む

次世代神経インプラント開発でLLNLとPrecision Neuroscienceが協力

March, 26, 2024, Livermore--

共同研究開発契約(CRADA)で概説されている3年間のコラボレーションの下で、LLNLの科学者とエンジニアはPrecision Neuroscienceと協力して、同社の神経インプラントの将来のバージョンである薄膜微小電 […]

全文を読む

内側から照らす:微小OLEDがワイヤレスになる

March, 25, 2024, St Andrews--

セントアンドリュース大学とケルン大学(University of St Andrews and the University of Cologne)の研究者は、より小型のワイヤレス光源を人体内に配置できる新しいデバイスプ […]

全文を読む

Organ-On-Chip市場規模、2029年までに6億ドル超

March, 22, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「Organ-On-Chip、臓器タイプ別(肝臓、腎臓、腸、肺、心臓)、製品別(機器、消耗品、ソフトウェア)、サービス(標準、カスタム)、モデ […]

全文を読む

イェーナ、光でできた神経網開発

March, 21, 2024, Jena--

イェーナの研究チームが光ファイバのAIシステムを開発した。 ライプニッツ光技術研究所(ライプニッツIPHT)とイェーナのフリードリヒ・シラー大学(Friedrich Schiller University)の研究者は、国 […]

全文を読む

急成長する世界の美容レーザ市場

March, 21, 2024, New York--

Zion Market Research(ZMR)の新しい調査レポートによると、世界の美容レーザ市場は、多数の参加者が存在するため、非常に競争の激しいビジネス環境を示している。 Solta Medical Cutera, […]

全文を読む

歯科3Dプリンティング市場、2029年に81億ドル

March, 13, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「歯科用3Dプリンティング市場:装置(3Dスキャナ、プリンタ)、技術(光造形、LCD、FDM、SLS)、材料(プラスチック、金属)、用途別(補 […]

全文を読む

医療機器の3Dプリンティング市場、急成長

March, 11, 2024, New York--

Zion Market Researchは、「3Dプリンティング医療機器市場:コンポーネント別(システム、材料、ソフトウェア・サービス)、技術別(3Dプリンティング、液滴堆積、光重合、レーザビーム溶融、電子ビーム溶融(E […]

全文を読む

EPFL、免疫系が体を攻撃しないようにする「スイッチ」

March, 8, 2024, Lausanne--

EPFLの科学者は、免疫系が誤って体自身の組織を攻撃するのを防ぐために重要な、細胞がタンパク質cGASに分解のマークを付けるメカニズムを明らかにした。 われわれの体では、有害な病原体から身を守るために設計された細胞とタン […]

全文を読む

たった数個の有機分子が情報を記憶・計算して血糖値変化を高精度予測

March, 7, 2024, 東京--

NIMSと東京理科大学からなる研究チームは、少数の有機分子の分子振動を利用して脳型情報処理を行う新しい人工知能(AI)デバイスを開発した。 このデバイスを用いて糖尿病患者の血糖値変化を予測した結果、同種のAIデバイスと比 […]

全文を読む

ウェアラブルステッカー、手の動きをコミュニケーションに変える

March, 7, 2024, Washington--

中国の研究者たちは、新しいタイプのウェアラブルセンサを開発した。これは、未来的な偉業を成し遂げることができるものであり、リハビリテーションアプリケーションや障害者のコミュニケーションをより簡単にするための新しい可能性を開 […]

全文を読む

3Dプリンティングによる人工軟骨

March, 1, 2024, Wien--

TU Wienで、人工組織を製造する新しいアプローチが開発された。細胞は、3Dプリンタで作くられる微細構造で成長させられる。 例えば、損傷した軟骨を置き換えるために、実験室で組織を成長させることは可能か? TU Wien […]

全文を読む

従来の解像度限界を超える顕微鏡、分子の高速コ・トラッキング

February, 29, 2024, Munich--

LMU (Ludwig Maximilian University of Munich)の研究チームは、複数の分子の急速な動的プロセスを分子スケールで同時に追跡する革新的な方法を開発した。 われわれの体内のプロセスは、タ […]

全文を読む

細胞の活動を明るくする色変化染料を開発

February, 29, 2024, Dublin--

トリニティ大学の科学者たちは、アイルランド王立外科医協会(RCSI)と共同で、1つの色素のみを使用して複数の異なる生物学的環境を同時に視覚化するために初めて使用できる、特殊な蛍光色変化色素を開発した。 細胞内の「タイムト […]

全文を読む

UW–Madison、機能的人間脳組織を初めて3Dプリント

February, 28, 2024, Madison--

ウィスコンシン大学マディソン校(UW-Madison)の科学者チームは、典型的な脳組織のように成長し、機能する初の3Dプリント脳組織を開発した。 これは、脳を研究し、アルツハイマー病やパーキンソン病などの幅広い神経疾患や […]

全文を読む

0.1 mm径光ファイバ1本からなるレンズ不要内視鏡技術開発

February, 27, 2024, 埼玉--

埼玉医科大学の 若山俊隆教授(保健医療学部・臨床工学科)、樋口裕大院生(当時)、近藤隆久人 学部4年生 と大阪大学の 水谷康弘准教授(大学院工学研究科)、宇都宮大学の 東口武史教授(工学部基盤工学科)らは、共同で直径0. […]

全文を読む

医療用レーザ市場、2028年までに83億ドル

February, 22, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポートレポート「医療用レーザ市場:技術別(固体(ER:YAG、ND:YAG、HO:YAG、アレキサンドライト)、ガス(CO2、アルゴン、エキシマ)、 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。