All about Photonics

ヘッドライン

Osram、初の量子ドットLED光変換技術を発表

GW_QSLR31_EM__OSCONIQ_S_3030_42x26mm_cmyk May, 23, 2019Regensburg― 量子ドット(QD)は、ナノメートルサイズの半導体粒子。極微サイズのために、ブルーLED光がナノ粒子に当たったときに再放射される光は、粒子サイズに依存する。例えば、約3nmのQD粒子は、緑色光を生成するが、粒子サイズが7nm程度なら、赤色光を放出する。この画期的な、可変光変換技術が、Osram Opto SemiconductorsのOsconiq S 3030 QD中出力 LEDで初めて利用される。  これは、一般照明市場向けの新しいLEDコンポーネントへの第一歩となる。Osramの新しい中出

全文

バックナンバー

Current Issue
smart buildings | IOT DATA
smart lighting | SENSORS
industry insights | CONTROLS

Previous issue

interview | SAPPHIRE
オスラム社、非常用照明のサポートとスマー
industry insights |
適時を迎えた、幸福感を高める照明のIoT
stage lighting | DLP
デジタルマイクロミラーデバイスによるダイ
ssl projects | CONTR
シグニファイ社、五つ星ホテルでインタラク
focus on | PACKAGED
LED、光品質を大幅に向上- CSPの未

ホワイトペーパー(技術文書)