All about Photonics

ヘッドライン

高速光無線通信を実現した深紫外LEDの高速変調メカニズムを解明

item20200731_02_Giga August, 6, 2020仙台― 次世代の通信システムとして、LEDに代表される安価な光源に基づいた光無線通信システムが注目されている。東北大学の研究チームは、NICT、創光科学株式会社の研究者と協力し、世界初のギガビット級ソーラーブラインド光無線通信を実現した深紫外LEDの高速変調メカニズムを解明した。 可視光や赤外光と比べて波長の短い深紫外波長帯は、光情報通信資源として稀有な特性を持つことから、長きにわたりその活用が検討されてきた。特に、深紫外波長帯の光には、地表における太陽放射にほぼ含まれていないという特徴がある。こ

全文

バックナンバー

Current Issue
サファイアアワード2020
QoE向上に取り組んだ製品が受賞
市場投入間近なミニLEDディスプレイ
その背後に控えるマイクロLED
インテリジェントビルの成長を加速化するPoE

Previous issue

luminaire developmen
サプライチェーンにおけるLED製品仮想<
luminaire developmen
サプライチェーンにおけるLED製品仮想<
developer forum | UV
高出力UV光学部品用
反射性コーテ
conference | STREET
LED街路灯用ポールの資産収益化
oleds | INDOOR SSL
有機EL、いまだコストの課題に直面する一

ホワイトペーパー(技術文書)