All about Photonics

ヘッドライン

NUBURU、500Wブルーレーザをデモ

10002556-FRONT-TRIMETRIC-Labeled July, 9, 2019Centennial― ミュンヘンで開催されたLaser World of Photonics(LWP)コンファランスは、世界最高輝度ハイパワーブルーレーザのヨーロッパでのデビューをホストした。NUBURUは、2017年の150W AO-150発表に続いて、500-W、450nm AO-500産業レーザをリリースし、青色光によるさらに深い材料加工応用を可能にした。  金、アルミニウム、銅は、通常の赤外産業レーザと比べて青色光の吸収率が高い金属である。「吸収の物理学は、ブルーレーザが、銅や他の産業的に重要な金属を効率的

全文

バックナンバー

Current Issue
産業用フェムト秒レーザと材料加工
高出力青色半導体レーザを目指すプロジェクト
高度な材料加工のための青色レーザ、日本で開発

Previous issue

高出力青色レーザで、製造スループットが向
ファイバレーザ溶接における最近の進歩
レーザ溶接におけるダイレクト半導体レーザ
「環境に優しい」メーカーを支援するレーザ
ロシアの産業レーザ市況 好調な自動車産業

ホワイトペーパー(技術文書)