All about Photonics 2016 Utilities & Key Devices 次世代アプリケーションを創る、そのための展示会

ヘッドライン

レーザベースCFRP加工中のプロセスコントロール強化

img_9095 May, 24, 2016Hannover― 持続可能性、それと密接に関連する資源の効率利用はかねてから製造分野の重要な目的になっている。自動車や航空機産業では、資源の経済的な利用は、車両重量を減らすことで達成可能になる。したがって、レーザツェントルムハノーバe.V.(LZH)は、何年も前から様々な軽量構築技術を開発してきた。  現在、自動化やプロセスコントロールによって、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の一段と進歩した製造技術が連続生産に使えるようになってきている。  CFRP部品は、自動車や航空機産業には特に適している。それらが

全文

【コヒレント】高出力ダイオードレーザシステムによる高効率ホットワイヤークラッディング