All about Photonics

ヘッドライン

フラウンホーファーIWS、純銅を溶かすグリーンレーザ

3 September, 10, 2020Dresden― 今までは、赤外レーザを使って純銅を完全に溶かして3Dプリンティングで層ごとに複雑な形状を作るのは不可能だった。フラウンホーファー(Fraunhofer Institute for Material and Beam Technology) IWSは、新しい積層造形システムを利用している。これは,短波グリーンレーザで純銅をほぼ欠陥なしに加工する。  純銅では以前は実現不可能だった新しい製造アプローチが可能になっている。したがって、純銅や銅合金でできた複雑なコンポーネントを航空宇宙や自動車産業向け

全文

バックナンバー

Current Issue
市場圧力を受けて2019年の業績は低迷
商用化されている超短パルスレーザ技術:パート1-レーザ
レーザ切断時の熱フォーカスシフト

Previous issue

ファイバレーザ技術で、亜鉛めっき鋼板の溶
エンジンバルブシートへのレーザクラッド技
eモビリティの生産技術を牽引するレーザ
その重要性にますます注目が高まる、 フィ
自動車パワートレイン製造のための高度なソ

ホワイトペーパー(技術文書)