All about Photonics

ヘッドライン

イエール大学、金属3Dプリント法の新方法

Unknown_0 September, 13, 2018New Haven― イエール大学機械工学・材料科学教授、Jan Schroers教授をリーダーとする研究チームは、金属ガラスから物体を3Dプリントする新しいアプローチを開発した。  メタリックガラスは、最良金属よりも強く、比較的新しい材料であり、プラスチックの柔軟性を持つ。  研究成果は、Materials Todayに発表された。  金属は一般に直ぐに押し出して使えないので、金属3Dプリンティングは、まだ難しく、制約がある。バルク金属ガラス(BMG)は、加熱で連続的に軟化可能である、これは熱可塑性物質にある

全文

ホワイトペーパー(技術文書)