All about Photonics

ヘッドライン

従来比6倍速で銅コーティング可能な青色半導体レーザ複合加工機開発

100919910 July, 2, 2020東京― NEDOは、高輝度青色半導体レーザおよび加工技術の開発に取り組んでおり、大阪大学、ヤマザキマザック(株)、(株)島津製作所と共同で、高輝度青色半導体レーザを活用し、銅を高速・精密にコーティングできるハイブリッド複合加工機を開発した。 開発した加工機は、200W高輝度青色半導体レーザを3台装着した600W級マルチビーム加工ヘッドを搭載することで、レーザ集光スポットにおける高いパワー密度が達成でき、ステンレスやアルミニウムなどの金属材料への銅のコーティング速度が従来に比べて6倍以上に向上した。

全文

バックナンバー

Current Issue
市場圧力を受けて2019年の業績は低迷
商用化されている超短パルスレーザ技術:パート1-レーザ
レーザ切断時の熱フォーカスシフト

Previous issue

ファイバレーザ技術で、亜鉛めっき鋼板の溶
エンジンバルブシートへのレーザクラッド技
eモビリティの生産技術を牽引するレーザ
その重要性にますます注目が高まる、 フィ
自動車パワートレイン製造のための高度なソ

ホワイトペーパー(技術文書)