All about Photonics

ヘッドライン

NRL、ナノ粒子を使いファイバレーザの出力とアイセーフティ改善

Baker July, 22, 2019Washington― 米国海軍研究所(NRL)の研究チームは、より効率的でアイセーフな強力レーザを作製するためにナノ粒子を利用する新しいプロセスを考案した。  研究チームは、いわゆる「希土類イオン添加ファイバ」でそれを作製している。簡単に言うと、ホロミウムの希土類イオンが注入されるのは石英ファイバを励起するレーザ光である。光学材料とデバイス部門長、Jas S. Sangheraによると、研究チームは新しいプロセスにより、85%の効率を達成した。  「ドーピングとは、希土類イオンをファイバコアに注入することである。

全文

バックナンバー

Current Issue
産業用フェムト秒レーザと材料加工
高出力青色半導体レーザを目指すプロジェクト
高度な材料加工のための青色レーザ、日本で開発

Previous issue

高出力青色レーザで、製造スループットが向
ファイバレーザ溶接における最近の進歩
レーザ溶接におけるダイレクト半導体レーザ
「環境に優しい」メーカーを支援するレーザ
ロシアの産業レーザ市況 好調な自動車産業

ホワイトペーパー(技術文書)