All about Photonics

ヘッドライン

ダイナミックビームシェイピングで切断品質向上

1477038351572_p16-15f1-stationaererstrahlen300dpi October, 31, 2016Dresden― フラウンホーファーIWSは、切断品質向上となるような、レーザビーム溶融切断プロセス最適化のための画期的なソリューションに取り組んでいる。こうすることで、切断市場で固体レーザが万能レーザビーム光源としての主導的地位を拡大できる。  レーザ切断装置購入決定の根拠は、高品質、最大送り速度、少ない投資と運用コストである。過去数年、ファイバレーザと固体レーザが薄い金属シート切断のレーザ光源として主導的な地位を確立したのは、その切断速度が優れているためである。5㎜を超える厚さのシート向けに最適化の必要性が

全文

【コヒレント】高出力ダイオードレーザシステムによる高効率ホットワイヤークラッディング