All about Photonics

ヘッドライン

超短パルスレーザ発振器で350W平均パワー

image.imageformat.fullwidth.1527630633 November, 21, 2019Zurich― 記録的に高い平均出力350Wサブピコ秒薄型ディスクレーザ発振器の実証でETH-ZurichのUrsula Kellerのグループは、新たなベンチマークを設定し、さらなる強力なレーザへ挑戦する。  超高速レーザ光源は、高強度場アト秒時間分解能実験から、材料のマイクロメートル精密加工まで、拡大が続く基礎科学研究や産業アプリケーションの中心にある。さらに限界に挑むために、繰り返しレート数100MHz、平均出力数100Wが必要とされている。そのようなハイパワーレーザの実現に、特別に注目される方式は、多

全文

バックナンバー

Current Issue
ファイバレーザ技術で、亜鉛めっき鋼板の溶接を隙間ゼロで実現
エンジンバルブシートへのレーザクラッド技術の応用
eモビリティの生産技術を牽引するレーザ

Previous issue

産業用フェムト秒レーザと材料加工
高出力青色半導体レーザを目指すプロジェク
高度な材料加工のための青色レーザ、日本で
金属切断を改善するファイバレーザ技術
フェムト秒レーザによる、機能表面の加工

ホワイトペーパー(技術文書)