All about Photonics 2016 Utilities & Key Devices 次世代アプリケーションを創る、そのための展示会

ヘッドライン

レーザでモジュラー型プロトタイプを製造

1467732105788_PM-Projekt-GasturbinenentwicklungSiemensILTBild1 July, 15, 2016Aachen― タービンブレードやタービン翼の長いリードタイムは、エンジンテストにおける新しい部品設計の評価にとって大きな課題となっている。鋳造による従来のタービン翼製造は、今日のホットパスコンポーネントの開発で求められる高速繰返しサイクルにとっては不適当である。共同プロジェクトで、ジーメンス(Siemens)とフラウンホーファーレーザ技術(Fraunhofer Institute for Laser Technology) ILTは、選択的レーザ溶解(SLM)をベースにした、より高速の製造工程を開発した。コン

全文

【コヒレント】高出力ダイオードレーザシステムによる高効率ホットワイヤークラッディング