All about Photonics

ヘッドライン

超短パルス光焼結の進歩がエレクトロニクス製造を改善

30904119764_39549822ce_m March, 14, 2017Corvallis― 最先端のフレキシブルエレクトロニクスの製造高速化は、オレゴン州立大学(Oregon State University)の工学部研究チームによる発見の潜在的なメリットの一部である。  銀ナノ粒子フィルムのフォトニック焼結をよく観察することで研究チームは、膜の温度と焼結との関係を明らかにした(超短パルス、IPLの利用で機能伝導ナノ粒子を素早く溶かす)。IPLの高密度化がナノ粒子薄膜、パタンの密度を高め、高密度化することで伝導性が向上するなど、機能改善につながる。  パルスエネルギーに変化はなくて

全文