All about Photonics

ヘッドライン

銅を加えることで3Dプリントチタンを強化

news-printed-titanium-copper February, 6, 2020Melbourne― 3Dプリンティング向けのチタンと銅の合金トライアルが、医療デバイスや航空宇宙アプリケーション向けの新しい高性能合金で始まった。 積層造形(AM)で使用されている現在のチタン合金は、3Dプリンティング工程中に冷えて結合し、円柱状結晶になり亀裂や歪みが生じやすくなる。 アルミニウムや、他の一般に使用されている金属と異なり、チタンにはこうした問題を回避するための商用結晶成長抑制剤がない。メーカーは、マイクロ構造を効果的に改善することができない。 しかし、銅を加えた新しいチタン合金が、

全文

バックナンバー

Current Issue
ファイバレーザ技術で、亜鉛めっき鋼板の溶接を隙間ゼロで実現
エンジンバルブシートへのレーザクラッド技術の応用
eモビリティの生産技術を牽引するレーザ

Previous issue

産業用フェムト秒レーザと材料加工
高出力青色半導体レーザを目指すプロジェク
高度な材料加工のための青色レーザ、日本で
金属切断を改善するファイバレーザ技術
フェムト秒レーザによる、機能表面の加工

ホワイトペーパー(技術文書)