All about Photonics

ヘッドライン

スキャナレーザ加工ヘッド用保護ガラスの汚れモニタ装置を開発

comm_181204_photo01 December, 17, 2018Boston― 古河電気工業株式会社と株式会社NISHIHARA(NISHIHARA)は、共同でガルバノスキャナタイプのレーザ加工ヘッド用保護ガラスの汚れを高精度で検出するモニタ装置を開発した。自動車やEV用モーター、電池等の自動車部品、電子部品の製造に適用されているファイバレーザ溶接工程の管理コスト削減や溶接品質の安定化に大きく貢献する。  古河電工は、NISHIHARAと共同で、加工光学系の保護ガラスの汚れ具合を高精度且つインプロセスで検出・数値化するモニタ装置を開発した。レーザ光が保護ガラスを透過する際

全文

ホワイトペーパー(技術文書)