All about Photonics

ヘッドライン

レーザ溶接により安全な電池間接続

PR_Contacts_between_Battery_Cells_by_Laser_Beam_Welding_Picture May, 1, 2015, Aachen―フラウンホッファ研究所レーザ技術ILTは、感温円筒形電池向けに新しいレーザ溶接技術を開発した。この電池は、現在連続生産準備中である。  2009年来、アーヒェンの技術者は、個々の電池を接続して電池パックにする工程、電池の接合に取り組んできた。現在、フラウンホッファの他の研究機関と共同で完全な電池パック実現に取り組んでいる。  極めて重要な接合工程は、最大出力1kWのファイバレーザを用いて行われる。この方法は、オシレーション・レーザ溶接と呼ばれており、電池に精密なエネルギー入力を行う技術。この

全文

光産業技術マンスリーセミナー11/18開催(車載光ファイバネットワークの現状と動向)--PR--

新製品

SAGA-HP

ランプ励起ハイパワーパルスレーザーSAGA HP(サガエイチ・ピー)

掲載日:2014/8/1

フランス、タレスオプトロニック社は高エネルギー、ランプ励起Nd:YAGレーザー「SAGA(サガ)HP」をリリースした。SAGA HPは旧SAGAシリーズの532nmモデルで、繰り返しは5-10Hz、パ

全文