All about Photonics

ヘッドライン

EPFL、3Dプリント金属コンポーネントの亀裂を除去

1108x622 November, 29, 2019Lausanne― EPFLの研究チームは、新しいレーザ3Dプリンティング技術を開発した。これは、高温、損傷、腐食に前例のない耐性のある金属コンポーネントを製造することができる。その方法には、航空宇宙から発電タービンまでの分野のアプリケーションがある。  メーカーは、選択的レーザ溶融(SLM)として知られる技術を使って金属コンポーネントを3Dプリントする。SLMにより、強力なレーザが金属粉末を溶かし、溶融結合し、徐々に層ごとに3Dコンポーネントを構築する。工程の最後に残存粉末はすべて除去される。しかし金属や合金の

全文

バックナンバー

Current Issue
ファイバレーザ技術で、亜鉛めっき鋼板の溶接を隙間ゼロで実現
エンジンバルブシートへのレーザクラッド技術の応用
eモビリティの生産技術を牽引するレーザ

Previous issue

産業用フェムト秒レーザと材料加工
高出力青色半導体レーザを目指すプロジェク
高度な材料加工のための青色レーザ、日本で
金属切断を改善するファイバレーザ技術
フェムト秒レーザによる、機能表面の加工

ホワイトペーパー(技術文書)