All about Photonics

ヘッドライン

フラウンホーファーIWS、迅速レーザにより防水溶接

PM-2019-07-fraunhofer-iws-351-remoweld-flex-de-2 August, 22, 2019Dresden― ドレスデンのフラウンホーファー研究チームは、高速振動するレーザビームを使う新しいレーザ溶接工程を開発した。  この技術は、"remoweld FLEX"として知られており、特に要求の厳しい工程に適している。取り分け、水や他の望ましくない環境影響に対してしっかりと密封されるコンポーネントの封止である。これに含まれるのは、電気および電子コンポーネントの筐体、熱交換器、冷却器の筐体。これらは、以前は溶接が非常に難しいと見なされ、ダイキャストアルミニウムで構成されていることが多い。フラウンホーファーマ

全文

バックナンバー

Current Issue
産業用フェムト秒レーザと材料加工
高出力青色半導体レーザを目指すプロジェクト
高度な材料加工のための青色レーザ、日本で開発

Previous issue

高出力青色レーザで、製造スループットが向
ファイバレーザ溶接における最近の進歩
レーザ溶接におけるダイレクト半導体レーザ
「環境に優しい」メーカーを支援するレーザ
ロシアの産業レーザ市況 好調な自動車産業

ホワイトペーパー(技術文書)