All about Photonics

ヘッドライン

レーザでセラミックスを溶接、炉は不要

welding-ceramics-1 September, 6, 2019San Diego― カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のエンジニアチームは、新しいセラミック溶接技術を開発した。  研究成果は、Scienceに発表された。新しいプロセスでは、超高速パルスレーザを使い、接合面に沿ってセラミック材を溶かし、それらを融合する。プロセスは周囲温度で動作し、レーザ出力50W以下を使用するので、炉でパーツを加熱する必要がある現在のセラミック溶接法よりも実用的である。  セラミックスは、基本的に溶接が難しい。溶かすために非常に高い温度が必要であり、亀裂の原因となる極端な温度勾配に

全文

バックナンバー

Current Issue
ファイバレーザ技術で、亜鉛めっき鋼板の溶接を隙間ゼロで実現
エンジンバルブシートへのレーザクラッド技術の応用
eモビリティの生産技術を牽引するレーザ

Previous issue

産業用フェムト秒レーザと材料加工
高出力青色半導体レーザを目指すプロジェク
高度な材料加工のための青色レーザ、日本で
金属切断を改善するファイバレーザ技術
フェムト秒レーザによる、機能表面の加工

ホワイトペーパー(技術文書)