ニュース

月への次のステップ:LZHとTUベルリンがAstroboticと提携

April, 17, 2024, Hannover--

MOONRISEプロジェクトでは、研究者が月に3Dプリントを持ち込むことに取り組んでいる。Laser Zentrum Hannover e.V.(LZH)は、2026年後半に予定されている月への飛行について、Astrob […]

全文を読む

3Dプリンティング市場、2023年に147億ドル

April, 10, 2024, New York--

AM Researchによると、2023年第4四半期はアディティブ・マニュファクチャリング(AM)市場にとって困難な年となった。一般的な市場センチメントが回復する中でも、すべての3Dプリンティングハードウェア、材料、ソフ […]

全文を読む

ガラス越しのレーザ照射でナノ加工を実現

April, 9, 2024, 仙台--

東北大学 多元物質科学研究所の津留志音 大学院生(同 大学院工学研究科)、小澤祐市 准教授、上杉祐貴 助教、佐藤俊一 教授のグループは、ベクトルビームと呼ばれる特殊なレーザ光をガラスの裏面に集光する条件において、ガラス界 […]

全文を読む

レーザクラッディング市場規模、2030年までに10億ドル4,210万ドルに達する

March, 29, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、レーザクラッディングの世界市場規模は2030年までに10億4,210万ドルに達し、2024年~2030年にかけてCAGR 9.3%で成長すると予 […]

全文を読む

LLNL、3Dプリントされたステンレス鋼の孔食原因を発見

March, 29, 2024, Livermore--

隠れた敵のように、孔食は金属表面を攻撃し、検出と制御を困難にする。この種の腐食は、主に自然界の海水との長時間の接触によって引き起こされるもので、海軍艦艇にとって特に問題となる。 Nature Communications […]

全文を読む

レーザ加工産業、2029年までに110億ドル

March, 25, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「レーザ加工市場:レーザタイプ別(固体レーザ、液体レーザ、ガスレーザ)、構成別(固定ビーム、ムービングビーム、ハイブリッド)、アプリケーション […]

全文を読む

LZH、レーザ加工CFRPプロセスを開発

March, 12, 2024, Hannover--

高速、高精度、摩耗なし:LZHがCFRPのレーザ穴あけプロセスを開発した。 LZHの科学者は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の加工を容易にするレーザ穴あけの自動化プロセスを開発した。これは、軽量構造と遮音性にとって […]

全文を読む

LZH、酸化なしの蝋付けと3Dプリンティング、無酸素生産研究

March, 11, 2024, Hannover--

金属加工の分野では、酸化への対処は非常に困難である。考えられるアプローチの1つは、酸素のない環境で生産を行うこと。LZHは、この概念をレーザビーム蝋付けと積層造形(AM)にどのように適用できるかを研究している。 酸素は、 […]

全文を読む

世界の3Dプリンティング金属市場、2032年までに約156億4,000万ドル

March, 7, 2024, New York--

Zion Market Researchは、「3Dプリンティング金属市場:タイプ別(チタン、スチール、ニッケル、アルミニウムなど)、形態別(粉末およびフィラメント)、最終用途別(航空宇宙および防衛、自動車、ヘルスケア、そ […]

全文を読む

金属3Dプリンティング市場規模、2030年までに353億3000万ドル

March, 5, 2024, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、世界の金属 3D プリンティング市場規模は 2030 年までに 353 億 3,000 万米ドルに達すると推定されている。 市場は 2023 年 […]

全文を読む

EOSとVolkmann提携、全自動産業用3Dプリンティング用粉体処理ソリューションを提供

March, 1, 2024, Krailling/Soest--

VOLKMANNとEOSは、EOS M 290、EOS M 400、EOS M 300シリーズのアディティブ・マニュファクチャリング(AM)システムのユーザ向けに、スケーラブルなクローズドループ金属粉末処理ソリューション […]

全文を読む

金型製作用リサイクル可能建設廃棄物の3Dプリンティング

March, 1, 2024, Munich--

voxeljet と Parastruct は、バインダージェット 3D プリンティングを使用して、建設業界からのリサイクル廃棄物、生物起源廃棄物、鉱物廃棄物の処理を調査することに成功した。 Parastructの材料と […]

全文を読む

積層造形(AM)初のAI副操縦士

March, 1, 2024, Berlin--

1000 Kelvinは、生産性を劇的に向上させ、エンジニアリング速度を加速するために、AM用初のAI副操縦士(copilot)、AMIZEとEOSの統合を発表した。 アディティブ・マニュファクチャリング(AM)のための […]

全文を読む

3Dプリンタ技術を用いた2層構造を有する新たなチタン製電極を開発

February, 26, 2024, 東京--

三菱マテリアル株式会社と横浜国立大学光島重徳(工学研究院教授、先端科学高等研究院先進化学エネルギー研究センター長)らのグループは共同研究開発において、高電流密度条件下においても高効率で作動可能なチタン製の水電解電極を新た […]

全文を読む

TRUMPFとElementum 3DがINTENSE Cyclesの再設計課題を解決

February, 22, 2024, Erie, Colorado--

金属積層造形(AM)の先端材料、プリントパラメータ、サービスの大手開発・サプライヤElementum 3Dは、TRUMPF Inc.と協力して、A6061-RAM2合金により、INTENSE Cyclesが伝説的なM1ダ […]

全文を読む

MATERIALS PROCESSING INSTITUTE、UKのAM部門変革に向け画期的AI戦略に着手

February, 19, 2024, Middlesbrough--

Materials Processing Instituteは、英国のアディティブ・マニュファクチャリング(AM)部門を変革するための画期的な人工知能(AI)戦略に着手する。 Materials Processing I […]

全文を読む

Coherent、新しいコンパクトなCNC制御マイクロ溶接機

February, 14, 2024, Saxonburg--

Coherent ExactWeld 410は、少量から中規模の生産量(100〜5000個/日)で高精度部品を製造する企業にCNCレーザマイクロ溶接の利点を提供する。医療機器メーカーや精密センサメーカーなど、溶接品質には […]

全文を読む

TRUMPFとExploration、3Dプリンティングで提携

February, 7, 2024, Ditzingen/Planegg/Bordeaux--

TRUMPFと欧州の宇宙旅行スタートアップ企業The Exploration Companyは、地球周回軌道上および月面へのミッションに向けた宇宙船のコアコンポーネントの建設で協力している。 早ければ2024年春にも、E […]

全文を読む

エネルギー部門におけるAM、2032年に170億ドルに成長

February, 6, 2024, New York--

エネルギー部門におけるアディティブ・マニュファクチャリング:新しいAMリサーチレポートでは、2023年の市場活動は26億ドル、2032年には170億ドルに成長する見込である。 アディティブ・マニュファクチャリング・リサー […]

全文を読む

レーザを使用して3Dプリントされた鋼を「加熱して叩く」ことで、コスト削減

January, 29, 2024, Cambridge--

ケンブリッジ大学を含む研究チームは、コストを削減し、資源をより効率的に利用するのに役立つ、金属を3Dプリントする新しい方法を開発した。 この方法は、金属3Dプリンティングのコスト削減に役立ち、さらに金属製造業界の持続可能 […]

全文を読む

液体金属鋳造を改善するための数学的モデルを開発

January, 17, 2024, Birmingham--

アストン大学では、液体金属鋳造を改善する数学的モデル開発のために新しいプロジェクトが立ち上げられた。 この方法は、軽量アルミニウム合金が最初に空気にさらされたときに非常に迅速に腐食または酸化するのを防ぐために使用される。 […]

全文を読む

色と形が異なるギガヘルツ繰り返し光パルスを生成

January, 5, 2024, 東京--

東京大学大学院工学系研究科の島田啓太郎大学院生、中川桂一准教授らの研究チームは、超短パルスレーザから数十ピコ〜数ナノ秒のパルス間隔を持つギガヘルツ繰り返し(GHzバースト)パルスを生成し、各パルスの形状を個別に操作可能な […]

全文を読む

NUBURU、ワイヤ溶接ソリューションで自動車製造サービスを拡大

December, 25, 2023, Centennial--

NUBURU, Inc.(NUBURU)は、電気モータを製造するためのコイルおよびモータ巻線および組立システムの世界的リーダからBlueScanソリューションの発注を受けたと発表した。 同社のBlueScanソリューショ […]

全文を読む

3Dプリンティング市場の成長、Q3 2023に32億ドルに留まる

December, 22, 2023, New York--

Additive Manufacturing Researchの新しいデータによると、2023年第3四半期の3Dプリンティング市場の成長は3四半期連続で32億ドルで失速した。 Additive Manufacturing […]

全文を読む

3Dプリント部品、2023年に188億ドルに達する見込

December, 20, 2023, New York--

AM Researchの新しいデータによると、3Dプリントされた部品は2023年に188億ドルの規模に達し、2032年には1190億ドルに成長すると予想されている。 Additive Manufacturing Rese […]

全文を読む

Upwing EnergyがSCSコンプレッサモジュールの最先端のAMプロセスを発表

December, 20, 2023, Cerritos--

ガス技術のイノベータ/サービス企業、Upwing Energyは、最先端技術採用という同社のコミットメントに沿って、金属積層造形(AM)の製造プロセスへの統合に成功したと発表した。 Upwingは、レーザ粉末床溶融結合( […]

全文を読む

金属蒸気タービンブレード、大型3Dプリント部品に最先端のポテンシャル

December, 20, 2023, Oak Ridge--

エネルギー省のオークリッジ国立研究所(ORNL)の研究者は、発電所でエネルギーを生成するための大型回転蒸気タービンブレードを3Dプリントした最初の研究者になった。 シーメンスAGの米国研究開発拠点であるパートナー、Sie […]

全文を読む

3Dプリントされた部品、2032年に1190億ドル

December, 7, 2023, New York--

AMリサーチ(Additive Manufacturing Research)の新しいデータによると、3Dプリントされた部品は2023年に188億ドル、2032年には119億ドルに成長すると予想されている。 Additi […]

全文を読む

レーザマーキング市場規模、2030年までに54億2000万ドル

December, 1, 2023, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の調査によると、レーザマーキングマシンの世界市場規模は、2023~2030年にCAGR 7.9%で拡大し、2030年までに54億2,000万ドルに達すると推定されている。 […]

全文を読む

物体製造を自己監視する3Dプリンタ

November, 24, 2023, Cambridge--

マサチューセッツ工科大学(MIT)、MITスピンアウト企業Inkbit、ETH-Zurichの研究グループは、より幅広い材料に対応する新しい3Dインクジェットプリンティングシステムを開発した。 そのプリンタは、コンピュー […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。