ニュース

MATERIALS PROCESSING INSTITUTE、UKのAM部門変革に向け画期的AI戦略に着手

February, 19, 2024, Middlesbrough--

Materials Processing Instituteは、英国のアディティブ・マニュファクチャリング(AM)部門を変革するための画期的な人工知能(AI)戦略に着手する。 Materials Processing I […]

全文を読む

Coherent、新しいコンパクトなCNC制御マイクロ溶接機

February, 14, 2024, Saxonburg--

Coherent ExactWeld 410は、少量から中規模の生産量(100〜5000個/日)で高精度部品を製造する企業にCNCレーザマイクロ溶接の利点を提供する。医療機器メーカーや精密センサメーカーなど、溶接品質には […]

全文を読む

TRUMPFとExploration、3Dプリンティングで提携

February, 7, 2024, Ditzingen/Planegg/Bordeaux--

TRUMPFと欧州の宇宙旅行スタートアップ企業The Exploration Companyは、地球周回軌道上および月面へのミッションに向けた宇宙船のコアコンポーネントの建設で協力している。 早ければ2024年春にも、E […]

全文を読む

エネルギー部門におけるAM、2032年に170億ドルに成長

February, 6, 2024, New York--

エネルギー部門におけるアディティブ・マニュファクチャリング:新しいAMリサーチレポートでは、2023年の市場活動は26億ドル、2032年には170億ドルに成長する見込である。 アディティブ・マニュファクチャリング・リサー […]

全文を読む

レーザを使用して3Dプリントされた鋼を「加熱して叩く」ことで、コスト削減

January, 29, 2024, Cambridge--

ケンブリッジ大学を含む研究チームは、コストを削減し、資源をより効率的に利用するのに役立つ、金属を3Dプリントする新しい方法を開発した。 この方法は、金属3Dプリンティングのコスト削減に役立ち、さらに金属製造業界の持続可能 […]

全文を読む

液体金属鋳造を改善するための数学的モデルを開発

January, 17, 2024, Birmingham--

アストン大学では、液体金属鋳造を改善する数学的モデル開発のために新しいプロジェクトが立ち上げられた。 この方法は、軽量アルミニウム合金が最初に空気にさらされたときに非常に迅速に腐食または酸化するのを防ぐために使用される。 […]

全文を読む

色と形が異なるギガヘルツ繰り返し光パルスを生成

January, 5, 2024, 東京--

東京大学大学院工学系研究科の島田啓太郎大学院生、中川桂一准教授らの研究チームは、超短パルスレーザから数十ピコ〜数ナノ秒のパルス間隔を持つギガヘルツ繰り返し(GHzバースト)パルスを生成し、各パルスの形状を個別に操作可能な […]

全文を読む

NUBURU、ワイヤ溶接ソリューションで自動車製造サービスを拡大

December, 25, 2023, Centennial--

NUBURU, Inc.(NUBURU)は、電気モータを製造するためのコイルおよびモータ巻線および組立システムの世界的リーダからBlueScanソリューションの発注を受けたと発表した。 同社のBlueScanソリューショ […]

全文を読む

3Dプリンティング市場の成長、Q3 2023に32億ドルに留まる

December, 22, 2023, New York--

Additive Manufacturing Researchの新しいデータによると、2023年第3四半期の3Dプリンティング市場の成長は3四半期連続で32億ドルで失速した。 Additive Manufacturing […]

全文を読む

3Dプリント部品、2023年に188億ドルに達する見込

December, 20, 2023, New York--

AM Researchの新しいデータによると、3Dプリントされた部品は2023年に188億ドルの規模に達し、2032年には1190億ドルに成長すると予想されている。 Additive Manufacturing Rese […]

全文を読む

Upwing EnergyがSCSコンプレッサモジュールの最先端のAMプロセスを発表

December, 20, 2023, Cerritos--

ガス技術のイノベータ/サービス企業、Upwing Energyは、最先端技術採用という同社のコミットメントに沿って、金属積層造形(AM)の製造プロセスへの統合に成功したと発表した。 Upwingは、レーザ粉末床溶融結合( […]

全文を読む

金属蒸気タービンブレード、大型3Dプリント部品に最先端のポテンシャル

December, 20, 2023, Oak Ridge--

エネルギー省のオークリッジ国立研究所(ORNL)の研究者は、発電所でエネルギーを生成するための大型回転蒸気タービンブレードを3Dプリントした最初の研究者になった。 シーメンスAGの米国研究開発拠点であるパートナー、Sie […]

全文を読む

3Dプリントされた部品、2032年に1190億ドル

December, 7, 2023, New York--

AMリサーチ(Additive Manufacturing Research)の新しいデータによると、3Dプリントされた部品は2023年に188億ドル、2032年には119億ドルに成長すると予想されている。 Additi […]

全文を読む

レーザマーキング市場規模、2030年までに54億2000万ドル

December, 1, 2023, San Francisco--

Grand View Research, Inc.の調査によると、レーザマーキングマシンの世界市場規模は、2023~2030年にCAGR 7.9%で拡大し、2030年までに54億2,000万ドルに達すると推定されている。 […]

全文を読む

物体製造を自己監視する3Dプリンタ

November, 24, 2023, Cambridge--

マサチューセッツ工科大学(MIT)、MITスピンアウト企業Inkbit、ETH-Zurichの研究グループは、より幅広い材料に対応する新しい3Dインクジェットプリンティングシステムを開発した。 そのプリンタは、コンピュー […]

全文を読む

レーザ加熱で微小な透明磁石材料を作る新技術を開発

November, 21, 2023, 仙台--

東北大学電気通信研究所の後藤太一准教授らの研究グループは、レーザを使用して、部分的に熱を加える新しい方法を考案した。この方法を使うことで、髪の毛よりも細い約60µmの磁石と光の特性に優れる「セリウム置換イットリウム鉄ガー […]

全文を読む

Fraunhofer IWS、欧州独自の産業用3Dプリンタ導入

November, 20, 2023, Dresden--

FraunhoferIWS材料・ビーム技術研究所は、ヨーロッパ全体にユニークな産業用3Dプリンタを設置する。 メーカーFarsoonのアディティブ・マニュファクチャリング(AM)システムは、粉末床選択的レーザビーム溶融を […]

全文を読む

NUBURU、大手エレクトロニクスメーカーから受注

November, 20, 2023, Centennial--

NUBURU, Inc.(「NUBURU」」)は、アジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、米国で製造能力を持つクラス最高の多国籍エレクトロニクスメーカーから、次世代コンピュータ、家電および通信デバイス製造向けにBL-250を […]

全文を読む

LLNL、カリフォルニア大学、AI主導AM研究でパートナー

November, 17, 2023, Livermore--

ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)は、カリフォルニア大学バークレー校(UC Berkeley)の機械工学、Grace Guが、LLNLアーリーキャリアUCファカルティイニシアチブの初代受賞者に選ばれたと発表した。 […]

全文を読む

NUBURU、米空軍との契約を無事に完了

November, 16, 2023, Centennial--

高出力・高輝度産業用青色レーザ技術のリーディングイノベータ、NUBURU, Inc.は、米国空軍から同社に授与されたAFWERX Small Business Innovation Research(SBIR)フェーズI […]

全文を読む

軍&防衛向けAM市場分析、2023年にDOD向け成長

November, 14, 2023, NewYork--

AM Researchは、軍事および防衛向けの積層造形に関する詳細な市場調査を公開した。2023 年には直接国防総省支出は推定3億ドル 、2032 年には18億ドル に成長すると予想している。 Additive Manu […]

全文を読む

検査方法により、レーザ粉末床溶融結合3Dプリンティングの信頼性向上

November, 10, 2023, Oak Ridge--

米国エネルギー省(DOE)オークリッジ国立研究所(ORNL)の研究チームは、レーザ粉末床溶融結合を使用して3Dプリントされた金属部品の信頼性を高めるために、欠陥検出を改善した。 このタイプの積層造形(AM)は、エネルギー […]

全文を読む

レーザを使って3Dプリントされたスチールを「過熱し叩く」

November, 9, 2023, Cambridge--

ケンブリッジ大学の研究チームは、コストを削減し、資源をより効率的に利用するのに役立つ、金属を3Dプリントする新しい方法を開発した。 研究チームが開発したこの方法は、3Dプリンティング中に構造改質を金属合金に「プログラム」 […]

全文を読む

X線で3Dプリント合金の微細構造フィンガープリント解明

October, 17, 2023, Ithaca--

コーネル大学の研究者は、新しいアプローチにより、3Dプリントされた金属合金に微細構造が現れる方法を調べた:研究チームは材料の印刷中にX線を照射した。 熱機械的変形プロセスが、曲げ、フラグメンテーション、振動などの局所的な […]

全文を読む

AM Research、金属3Dプリンティング市場、2023年に54億ドル

October, 3, 2023, New York--

AM Research(旧SmarTech分析)::第7版「金属AM市場:2023年」は、金属積層造形(AM)の利害関係者が直面する課題と機会について世界市場を分析している。2023年市場規模54億ドルからレポートは契約 […]

全文を読む

レーザ溶接システム市場、2032年に63億ドル

October, 3, 2023, San Francisco--

Allied Market Researchのレポート「レーザ溶接システム市場」によると、レーザ溶接システムの市場規模は2020年に29億ドル、2023-2032年にCAGR 6.9%成長で、2032年に63億ドルに達す […]

全文を読む

レーザ材料加工でAIができること

October, 2, 2023, Aachen--

自動化と欠陥ゼロの生産は、機械製造における重要なトレンドである。人工知能(AI)は、その両方を前進させる上で大きな役割を果たす。 今日では、プロセス監視データの偏差を検出し、リアルタイムで品質管理を実装できる。将来的には […]

全文を読む

グリーンレーザのパワー500Wに耐光するLCOS型空間光変調器(SLM-310-G)を開発

September, 26, 2023, 小牧--

santec AOC株式会社は、同社第3世代の液晶LCOS(Liquid Crystal on Silicon)技術を用いて、金属加工に有効なグリーンレーザ500Wのパワーに耐光するLCOS型空間光変調器(SLM-310 […]

全文を読む

Fraunhofer ILT統合センサ技術、積層造形の次のステップ

September, 25, 2023, Archen--

FraunhoferILTレーザ技術研究所は、フランクフルト・アム・マインのformnextにあるFraunhoferジョイントスタンドで積層造形技術の最新研究成果を発表する。 中でも、アーヘンのエンジニアは、コンポーネ […]

全文を読む

IPG、「最高」シングルモードコア出力デュアルビームレーザ発売

September, 22, 2023, Michigan--

IPGフォトニクスは、業界で最も幅広いデュアルビームファイバーレーザを拡大し続け、コアで3kWのシングルモードレーザビームを実現できる新しい調整可能なモードビーム(AMB)レーザ光源を発表した。 3kW AMBレーザは、 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。