Science/Research

ブルーペロブスカイトLED性能強化新戦略

May, 8, 2024, Hefei--

中国科学技術大学(USTC)の崔林松教授の研究チームは、ケンブリッジ大学のSamuel D. Stranks教授のチームと協力して、ペロブスカイト材料をベースにした青色発光ダイオード(LED)の性能を向上させるための新し […]

全文を読む

磁場誘起型有機円偏光発光ダイオードの円偏光発生メカニズム解明

March, 8, 2024, 大阪--

近畿大学理工学部応用化学科教授 今井喜胤、大阪公立大学大学院工学研究科教授 八木繁幸らの研究グループは、白金錯体を発光材料とする、磁場誘起型有機円偏光発光ダイオードを開発した。 有機発光ダイオード(OLED)に外部から磁 […]

全文を読む

新しい研究、より効率的で安定した青色OLEDディスプレイへの道を開く

February, 22, 2024, Durham--

ダラム大学の科学者は、長い間貧弱なエミッタと考えられていた特定の分子が、実際には次世代の青色OLEDディスプレイの効率と安定性を高めるのに理想的であることを発見した。これは、驚くべき発見である。 学術誌「Nature P […]

全文を読む

手頃な価格でプリント可能なフォトルミネッセンス材料

February, 9, 2024, Washington--

米国の研究者は、高発光(highly photoluminescent)ディスプレイ部品の製造に適した新しい3Dプリント可能な結晶性材料を開発した(Science、doi:10.1126/science.adi4196) […]

全文を読む

キャノピー内/キャノピー間LEDグローライト、温室野菜作物の収量増

February, 8, 2024, Fort Worth--

Hort Americasは、米国の温室野菜生産者と提携して、キャノピー内/キャノピー間のLED照明がトマトの収量を改善し、収益を増加させる可能性があるかどうかを究明しようとしている。 温室野菜を栽培する上で重要な要素は […]

全文を読む

次世代有機EL発光材料の 発光効率の増幅効果を新理論から発見

February, 7, 2024, 名古屋--

名古屋大学、九州大学の研究チームは、次世代有機EL発光材料の発光効率を増幅する新しい量子機構の理論的発見に成功した。 有機ELにおいて電気的に励起された発光分子は、25%の励起一重項状態と75%の励起三重項状態を形成する […]

全文を読む

NS Nanotech、ナノスケールLED/レーザでNSERCから100万ドルの助成金を獲得

November, 24, 2023, MONTRÉAL--

NS Nanotech Canadaは、ナノスケール発光ダイオード(LED)とレーザの開発に関する研究に対して、カナダ自然科学・工学研究評議会(NSERC)から2年間のアライアンス助成金授与を発表した。 NSERCとNS […]

全文を読む

波長230nm遠紫外LED光源と高出力光源モジュール開発

November, 13, 2023, 東京--

日本タングステンと理化学研究所 平山量子光素子研究室の平山秀樹主任研究員は、2019年より開始した人体への影響を低く抑えつつウイルスに対する不活化効果の高い遠紫外LEDの開発を目指した共同研究において、波長230ナノメー […]

全文を読む

次世代LEDを強化する分子添加物

November, 10, 2023, Stanford--

安価で製造が容易なタイプのLEDであるペロブスカイトLEDの材料構成を研究すことで、スタンフォード大学の研究者は輝度と効率の飛躍的な向上を達成したが、数分の使用で光が消えるのを目の当たりにした。 PCディスプレイは、一般 […]

全文を読む

NICT、光の配光角を制御できる深紫外LEDの開発に成功

November, 8, 2023, 東京--

情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所の井上 振一郎 室長らの研究グループは、ナノ光構造技術により光の配光角を制御し、極めて高い指向性を有するオプティクスフリー深紫外LEDの開発に世界で初めて成功した。 今回開発し […]

全文を読む

Grodan&Fluence、通年ハイテクイチゴ栽培の新コンセプト開発

October, 27, 2023, Bleiswijk--

園芸ソリューションの大手プロバイダGrodanとFluenceは、ストーンウール栽培培地と最先端LED技術を使用して、ハイテクイチゴ通年栽培に革命を起こすことを目的とした革新的な試験で提携した。 この実証試験では、イチゴ […]

全文を読む

新材料コンセプトでコスト効果の高い青色OLED実現

October, 12, 2023, Mainz--

スマートフォン、テレビ、その他のデバイスで使用できる青色有機発光ダイオード(OLED)は、今日でも製造が困難である。マックスプランクポリマー研究所(Max Planck Institute for Polymer Res […]

全文を読む

nanoLEDの精密アレイを作製

September, 29, 2023, Cambridge--

新しい技術により、必要な場所でペロブスカイトナノ結晶が生成されるため、非常に繊細な材料をナノスケールデバイスに統合できる。 ハロゲン化物ペロブスカイトは、その優れた光電子特性と、高性能太陽電池、LEDs、レーザなどのデバ […]

全文を読む

世界最小電圧で光る青色有機EL開発

September, 28, 2023, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所/大阪大学 接合科学研究所の伊澤誠一郎准教授(科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者兼務)、富山大学の森本勝大准教授、静岡大学の藤本圭佑助教らの研究グループは、乾 […]

全文を読む

OLED電子のための分子ハイウエイ

August, 28, 2023, Mainz--

有機発光ダイオード(OLEDs)は、現在、広範に用いられている。ディスプレイ用途では、青色OLEDsが、赤や緑の原色補完に追加で必要になる。特に青色OLEDsでは、不純物が強力な電気的損失を引き起こすが、これは、非常に複 […]

全文を読む

ペンの一筆でペロブスカイト光エミッタとディテクタ作製

August, 25, 2023, Washington--

Junyi Zhaoは、ボールペンを使って紙にカスタムLEDを描いて見せた。同じペンを使って、アルミフォイルに多色デザインを描き、スケッチを照らし出すことができる。 電気&システム工学准教授、Chuian Wan […]

全文を読む

積層型GaInN系モノリシック型RGBフルカラー μLEDアレイ

August, 21, 2023, 名古屋--

名城大学理工学部材料機能工学科の岩谷素顕教授、竹内哲也教授、上山智教授のグループとサウジアラビア・King Abdullah University of Science and Technology (KAUST)の大川 […]

全文を読む

光がインターネットとデータ伝送の未来

July, 31, 2023, Cambridge--

家庭やオフィスでLED電球により高速データ伝送が可能になり、既存の通信技術、ネットワークを補完する。 サリー大学(University of Surrey)とケンブリッジ大学(University of Cambridg […]

全文を読む

micro-LEDディスプレイを安価に量産するアプローチ

July, 25, 2023, Washington--

研究チームは、連続的ローラープリンティングプロセスを実証した。これは、シングルロールで、75000マイクロメートルスケールの半導体デバイスで高精度にピックアップ、移転できる。その新しい方法は、大規模光コンポーネントアレイ […]

全文を読む

新しい青色有機発光ダイオード

June, 23, 2023, Karlsruher--

有機発光ダイオード、OLEDは、そのエネルギー効率と柔軟性が特徴。しかし、青色OLEDsの製造に課題が存在する。これらは、これまで発光と安定性が欠如していた。 カールスルーエ工科大学(KIT)と上海大学の研究チームは、効 […]

全文を読む

有機ELより低コストな発光電気化学セルの動作メカニズムを解明

June, 13, 2023, つくば--

発光電気化学セル(LEC)は有機性発光素子の一つ。有機発光ダイオード(OLED)と比べて構造が簡単で柔軟性にも富むことから、印刷技術を活用するなど低コストでの製造が可能。また、OLEDより低い電圧で駆動できることなども利 […]

全文を読む

DUV発光ダイオード(275 nm)の初期劣化メカニズムを解明

May, 23, 2023, 仙台--

波長280ナノメートル(nm)以下の深紫外線(DUV光、UV-C光)には、殺菌・消毒による水・空気・表面の浄化や各種物質・反応過程の光励起などへの応用の道が広がっており、消費電力が高い水銀灯タイプの殺菌灯を低消費電力のL […]

全文を読む

次世代ファイバベーススマートファブリック

May, 8, 2023, Cambridge--

国際研究チームが、ファイバベースの電子コンポーネントを組み込んだ統合テクスタイル電子システムを開発した。これに含まれのは、フォトダイオード(PDs)と量子ドットLED。そのような技術により、いかなるサイズ、形状でも機械織 […]

全文を読む

LEDビジョンから送信される“見えない”データをカメラで受け取る「Luminary AR」技術を開発

April, 28, 2023, 東京--

東京農工大学大学院工学研究院先端情報科学部門の中山悠准教授は、カメラの撮像素子であるCMOSイメージセンサを受信機に用いる光カメラ通信(Optical Camera Communication;OCC)をベースに、LED […]

全文を読む

フルカラー円偏光を発生させるOLEDを開発

April, 25, 2023, 大阪--

大阪公立大学大学院 工学研究科の八木繁幸教授、近畿大学理工学部応用化学科の今井喜胤教授らの研究グループは、イリジウム錯体を発光材料とする、フルカラー有機円偏光発光ダイオード(OLED)を開発した。 開発したダイオードに外 […]

全文を読む

CMOSイメージセンサを用いた可視光通信により512色エラーレス伝送の世界記録を達成

March, 22, 2023, 東京--

東京農工大学大学院工学研究院先端情報科学部門の中山悠准教授を中心とした研究グループは、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社の支援により、カメラの撮像素子であるCMOSイメージセンサを受信機に用いる光カメラ通信(O […]

全文を読む

⻘⾊LED を⾼エネルギーUVB 光へ変換する⾊素材料を開発

December, 14, 2022, 九州--

九州⼤学⼤学院⼯学研究院の楊井伸浩准教授を含む国際研究グループは、共同研究により、⻘⾊LED 光をUVB 光へとアップコンバージョンする⾊素材料を発⾒した。 加えて本系では、従来系の多くで⽤いられてきたイリジウムや⽩⾦と […]

全文を読む

純青色発光量子ドット(QD)の精密合成と電子顕微鏡による原子レベル構造決定

November, 10, 2022, 東京--

東京大学大学院理学系研究科化学専攻の中村栄一特別教授らの研究グループは、一辺当たり4つ、計64個の鉛原子からなる立方体の純青色ペロブスカイトQD(論文ではQD4)を高精度かつ無欠陥で合成し、蛍光発光波長463 nm、半値 […]

全文を読む

GaN系微小光源(短共振器レーザ・microLED)、 独自基板と工法を開発

November, 7, 2022, 京都--

京セラ株式会社は、独自の成膜技術を応用し、GaN系微小光源(短共振器レーザ・microLED)を作製するためのSi(シリコン)ベースの独自基板とその基板を用いたGaN系微小光源の新工法(デバイスプロセス)を開発し、世界で […]

全文を読む

ドレスデン工科大学、高輝度、長寿命OLEDsに新しいエミッタ材料開発

October, 31, 2022, Dresden--

ドレスデン工科大学(TU Dresden)の研究者は、高輝度、長寿命OLEDsのための新しいリン光性、プラチナベース発光複合体の合成に成功した。研究成果は、”Chemistry – A Europ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。