All about Photonics

Science/Research

鳥類の繁殖活動への騒音と人工光の広域影響を解明

December, 2, 2020, 札幌--

北海道大学大学院地球環境科学研究院の先崎理之助教とカリフォルニアポリテクニック州立大学のClinton Francis准教授らの国際研究グループは,アメリカ全土における142種の鳥類の繁殖活動に人為騒音と人工光が大きく影 […]

全文を読む

NUST MISIS、世界最高感度フォトンビデオディテクタを開発

December, 2, 2020, Moscow--

NUST MISIS国立技術戦略センタ「量子通信」の研究者は、世界初の赤外フォトンビデオディテクタを開発している。これは、単一粒子の動きを追跡できるほどに強力なカメラになる。そのカメラは、1000-ピクセルマトリクスを備 […]

全文を読む

AI制御センサ、「スマート」病院で生命を救える

November, 30, 2020, Stanford--

コンピュータ科学者と医者が、「環境インテリジェンス」を患者が存在する空間に構築することで、致命的な医療過誤を減らす方法を研究者が説明している。 米国では、医療過誤で毎年40万人が死亡しているが、こうした死亡の多くは、電子 […]

全文を読む

RMIT、新しい電子チップでよりスマートな光駆動AI

November, 30, 2020, Melbourne--

RMITの研究者は、一つの光駆動電子チップにイメージング、処理、マシンラーニングとメモリを統合する人工知能(AI)技術を開発した。 プロトタイプは、人の脳が視覚情報を処理する方法を再現することで人工知能技術を縮小する。 […]

全文を読む

MIT、ハイパワー、ポータブルTHzレーザ開発

November, 30, 2020, Cambridge--

MITとウォータールー大学(University of Waterloo)の研究チームは、量子カスケードレーザ(QCL)のハイパワー、可搬バージョンQCLを開発した。これは、実験室の外でテラヘルツ放射を生成できる。そのレ […]

全文を読む

MIT、完全フラットな魚眼レンズを作製

November, 27, 2020, Cambridge--

MITとマサチューセッツローウェル大学(University of Massachusetts at Lowell)の研究チームは、完全フラットな広角レンズを開発した。これは、鮮明な、180°パノラマ画像を生成する初のフ […]

全文を読む

凹レンズにも凸レンズにも焦点距離を自在に変えられる極薄メタレンズ

November, 27, 2020, 東京--

東京農工大学大学院工学研究院先端機械システム部門の岩見健太郎准教授、同大学院工学府産業技術専攻の小川主税大学院生、長瀬智保大学院生と同学府機械システム工学専攻の池沢聡特任助教は、メタサーフェスを利用して、凹レンズから凸レ […]

全文を読む

可視光を波長340 nm以下の紫外光に変換する溶液系を開発

November, 27, 2020, 東京--

東京工業大学 工学院 機械系の村上陽一准教授と日本化薬株式会社のグループは、2種類の有機分子を組み合わせることにより、可視光を波長320~340 nmの紫外光に変換する溶液系を開発した。  同グループが2014年に世界で […]

全文を読む

光干渉効果を利用し、低コストで有機薄膜太陽電池を飛躍的に高効率化

November, 27, 2020, 広島--

広島大学の尾坂格教授、斎藤慎彦助教、山形大学の横山大輔准教授、京都大学の大北英生教授、千葉大学の吉田弘幸教授らの共同研究チームは、半導体ポリマとフラーレン誘導体を用いた塗布型有機薄膜太陽電池(OPV)に、少量の長波長吸収 […]

全文を読む

世界最高レベルの広角の低反射性と防曇性を兼ね備えた光学部材を開発

November, 26, 2020, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)製造技術研究部門表面機能デザイン研究グループ 栗原一真研究グループ長と、東亜電気工業株式会社(東亜電気工業)は、広い波長帯域で広い入射角範囲の低反射率が実現できるモスアイ構造体をさらに越える、 […]

全文を読む

ケンブリッジ大学、環境光を使いスマートデバイスに電力供給

November, 26, 2020, Cambridge--

研究チームは、屋内の光から十分なエネルギーを収集してワイヤレススマートデバイスに電力を供給できる環境にやさしい材料を開発した。 スマートデバイス、スマートフォン、スマートスピーカー、ウエアラブル健康センサなど、ますます多 […]

全文を読む

可変マイクロ波にマイクロコムインジェクトパルスレーザ

November, 25, 2020, Lausanne--

光周波数コムは、マイクロ波ドメインの周波数を高純度レーザ発光にリンクし、時間管理と計測に前例のない精度を生み出す。EPFL研究チームは、可変低雑音マイクロ波信号を生成した。これは、可変マイクロ波機器と2つのコンパクトな光 […]

全文を読む

ジョージワシントン大学、VCSELのパワー&スピード限界を打破

November, 25, 2020, Washington--

ジョージワシントン大学の研究チームは、データセンタや光センシングワークフォース、新しいVCSELを開発した。 研究チームは、記録的な高速時間帯域を証明する新設計VCSELを開発した。これはマルチ横結合キャビティ統合により […]

全文を読む

ワルシャワ大学、癌バイオマーカー、呼気検査に光学方法

November, 25, 2020, Warsaw--

ワルシャワ大学の研究者は、呼気にホルムアルデヒドを検出する非常に高感度であるがシンプルな光学的方法を開発した。ホルムアルデヒドは、肺ガンや乳ガンの潜在的なバイオマーカーとして研究されているので,新方法はいずれ、ガンを選別 […]

全文を読む

EPFL、100倍高速にデータ転送する新しいファイバオプティックセンサ

November, 24, 2020, Lausanne--

ファイバオプティックセンサは、トネルの火災の検出、パイプライン漏洩の正確な場所の指摘、地滑りの予測など重要なアプリケーションで使用されているが、これがもっと高速、高精度になろうとしている。 EPFLのエンジニアは、ファイ […]

全文を読む

ETH-Zurich、ハエの目のナノ構造表面コーティングを再現

November, 20, 2020, Zurich--

自然には、ナノ構造表面被覆でハエの目の視力効率を増強する複雑な方法が存在する。関連するタンパク質は特定されており、同様のナノ構造は、ジュネーブ大学とETH-ZurichのFERROIC Labとが協力して合成された。しか […]

全文を読む

スタンフォード、脳の成長を支える数学的法則を明らかに

November, 20, 2020, Stanford--

生命にはパターンが溢れている。生き物が成長にともない一連の同じような特徴を反復的に作り出すのは一般的である。  脳も例外ではないことが分かっている。最先端の顕微鏡と数学的モデリングを使うことで、スタンフォードの研究者は、 […]

全文を読む

フォトニクス向けインテリジェントナノマテリアル

November, 20, 2020, Jena--

イェーナの研究チームは、オーストラリアの研究者と共同で、直接光ファイバに2D材料を成長させることに初めて成功した。このアプローチは、そのようなハイブリッド製造を著しく容易にする。研究成果は、Advanced Materi […]

全文を読む

生細胞と生物の高品質3D画像を撮る簡素な方法

November, 20, 2020, Boston--

ボストン大学の研究チームは、、標準的な顕微鏡を用いて様々な深さで画像を同時取得する簡素な方法を開発した。新技術は、様々な顕微鏡法に適用できるので、幅広い生物学、生体医用イメージングアプリケーションにとって役立つ。 「光学 […]

全文を読む

昆虫の翅からヒントを得てスーパーバグと闘う新しい方法

November, 19, 2020, Melbourne--

RMIT大学の研究チームは、昆虫の翅からヒントを得たナノマテリアルが、接触するバクテリア(細菌)をどのように破壊できるかを明らかにした。 セミやトンボの翅は、自然のバクテリアキラーである。薬剤に耐性があるスーパーバグと闘 […]

全文を読む

ナノインプリント用モールドの寿命測定方法を開発

November, 19, 2020, 東京--

東京理科大学基礎工学部電子応用工学科の谷口淳教授、オーテックス株式会社日和佐伸氏らの研究グループは、レプリカモールド表面の水のぬれ性を示す接触角を測定することで、離型剤や離型性を有するレプリカモールドの転写寿命を短時間で […]

全文を読む

CEA-Leti X線フォトンカウンティングディテクタモジュール

November, 19, 2020, Grenoble--

CEA-Letiが開発し、Siemens HealthineersのX線スキャナプロトタイプを組みこんだ新しいX線フォトンカウンティングディテクタモジュール(PCDM)が、臨床試験で、CTスキャニングを変革する可能性を示 […]

全文を読む

DARPA、コンパクトな光周波数コム

November, 19, 2020, Arlington--

光周波数シンセサイザは、精密で安定した周波数でレーザビームを出力するシステムであり、様々な科学的応用で非常に重要であることが証明されている。例えば、宇宙探査、ガスセンシング、量子システムの制御、高精度LiDARなど。前例 […]

全文を読む

デューク研究者、不可視光を使い脳深部を見る

November, 18, 2020, Durham--

デューク大学と、アルバート・アインシュタイン医科大学の研究得チームは、近赤外光で動作する、新しいタイプの遺伝子的にエンコードされた神経バイオセンサを開発した。 この開発により研究者は、生きた脳の深部でニューロンがどのよう […]

全文を読む

ナノスケール機械、光を動力に変換

November, 18, 2020, Washington--

シカゴ大学の研究者が、レーザ光を機能させる微小な新しい機械を開発した。これらの光エネルギーの機械は、自己組織化し、ナノ流体工学や粒子選別などのアプリケーションのための微小カーゴーのナノスケール操作に利用できる。 「われわ […]

全文を読む

特殊な発光現象を示すセラミック微粒子を発見

November, 17, 2020, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院の塚本孝政助教、山元公寿教授、葛目陽義特任准教授(現 山梨大学クリーンエネルギー研究センター 准教授)、神戸徹也助教、および分子科学研究所の長坂将成助教らの研究グループは、2018年に開発 […]

全文を読む

学習するインテリジェントカメラ

November, 17, 2020, Bristol--

ロボット工学と人工知能(AI)研究者は、現在のシステムが世界を感知し、処理する方法に問題があることを知っている。現在、システムは、まだ画像を記録するデジタルカメラのようなセンサと、ビデオゲーム用のグラフィックスを加速する […]

全文を読む

フィルタなしで円偏光を高感度に検出

November, 13, 2020, 横浜--

JSTの石井あゆみ さきがけ専任研究者 (桐蔭横浜大学 大学院工学研究科 特任講師)は、鉛ペロブスカイト系化合物に有機キラル分子を導入した結晶薄膜により、フィルタなしで円偏光を検出するフォトダイオードを開発した。 物体表 […]

全文を読む

リアルタイムで脳回路をマッピングする方法

November, 13, 2020, Pasadena--

脳についての理解を深めるために神経科学者は、感覚情報を処理したり、新しい記憶を形成するなどのタスクに関わる神経回路を非常に詳細に対応付けることができなければならない  Caltechの研究チームは、新しいアプローチを説明 […]

全文を読む

性能に妥協することなくイメージング分光計を縮小

November, 13, 2020, Cambridge--

MITリンカーン研究所の研究チームは、最先端の装置と同じ高性能を維持しながら、それよりも遙かに軽量、小型の新しいイメージング分光計を開発した。小型、モジュラー設計により、その新しい装置は、この先進的分析技術を航空機や惑星 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。