All about Photonics

Science/Research

NTT、モード多重光信号の太平洋横断級長距離伝送実験に成功

March, 13, 2020, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、光ファイバを伝搬する複数の空間モードを利用した、世界初の太平洋横断級長距離光伝送実験に成功した。  近年、次世代光通信システムを実現する基盤技術として、空間分割多重技術の研究開発が進めら […]

全文を読む

NTT、光ケーブル構造により光ファイバ内の伝送特性を制御

March, 12, 2020, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、同一光ファイバ内で複数種類(マルチモード)の光を利用するモード多重伝送において、光ケーブルの構造を最適化することにより、光ファイバ内を伝搬する信号光間の伝送時間差を低減することに世界で初 […]

全文を読む

新開発のイメージング技術SEERは高速、直感的で無限の用途の可能性

March, 12, 2020, Los Angels--

新開発の方法、SEERは、USCの研究者によると、現在の技術よりも67倍高速であり、鮮明度は遥かに優れている。  研究成果は、Nature Communicationsに発表された。  その技術は、文字通り、生物学の構成 […]

全文を読む

従来の1,000倍高速の放射光計測が、錆の形成過程を解き明かす

March, 11, 2020, 仙台--

東北大学 大学院理学研究科 若林裕助教授(東京工業大学 元素戦略研究センター 特定教授)の研究グループは、これまで明らかにされていなかった鉄の不動態被膜形成初期過程を、高速X線反射率測定によって解明した。  X線反射率法 […]

全文を読む

有機半導体の材料開発を効率化するシミュレーションに成功

March, 11, 2020, つくば--

筑波大学数理物質系の石井宏幸助教他の共同研究グループは、従来の有機半導体の移動度予測では必須とされる単結晶構造の測定データを使わずに移動度を予測するシミュレーションに成功、その有用性を実際の材料を用いて実証した。 プリン […]

全文を読む

NTT、超低遅延処理のための高性能な光論理ゲートを実現

March, 10, 2020, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、超低遅延処理のための高性能な光論理素子を実現した。  電子演算回路は論理ゲートによって構成されるが、演算遅延(レイテンシ)の増大が消費電力と同様に問題となっている。研究グループは、「光の […]

全文を読む

体内摂取可能な医療デバイスを光で分解

March, 10, 2020, Cambridge--

新しい感光性材料は、胃腸用デバイスの除去に必要な内視鏡手順の一部を除去することができる。 様々な医療用デバイスを胃腸管に挿入して、胃腸疾患を処置、診断、モニタすることができる。これらの多くは、その仕事が終わると、内視鏡手 […]

全文を読む

東京医科大学、難病 ALS、光操作で再現

March, 10, 2020, 東京--

意識や五感が保たれたまま、体を全く動かすことができなくなる難病、筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic lateral sclerosis、、ALS)は、根本的な治療法がない最も過酷な病の一つといわれている。ALSで […]

全文を読む

LZH、水中用の静かなレーザクリーニングプロセス

March, 9, 2020, Hannover--

船殻の海洋生物付着は、その産業にとって大きな問題である。いわゆる生物付着によって流水抵抗が増し、燃料消費や放出のも増加する。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、Laserline Gmb […]

全文を読む

応力緩和基板、2次元 伸縮自在OLEDに有用

March, 9, 2020, Seoul--

高機能、自由形状ディスプレイは、ウエアラブルエレクトロニクス、ロボット、ヒューマン-マシンインタフェースの技術力を完成するための重要コンポーネントである。 KAISTのチームは、適合的、高歪変形下でそのパフォーマンスを維 […]

全文を読む

ハロゲンペロブスカイト、全く新しいアプリケーション世界を開く

March, 6, 2020, Berkeley--

UC Berkeleyの化学者は、最新流行の新しい半導体材料、ハロゲンペロブスカイトから青色LEDを作製した。この安価で、電子デバイスにしやすい材料を用いる主要な障害を克服した。 研究者は、その過程で、太陽電池やトランジ […]

全文を読む

ハイブリッド顕微鏡、デジタル生検をクリニックに

March, 6, 2020, Urbana--

イリノイ大学アーバナキャンパスの研究者によると、どこにでもある標準的な光学顕微鏡に赤外能力を加えることで、ガン診断はデジタル時代になる。 赤外計測と高分解能光画像およびマシンラーニングアルゴリズムを組み合わせて、研究チー […]

全文を読む

光技術でセメント凝結の動力学をリアルタイムに捉える

March, 5, 2020, Washington--

メキシコの研究グループは、様々なセメントペーストタイプの凝結時間を決める非破壊、非侵襲的光学技術を開発した。これは、新旧のコンクリート面を結合するために利用される。新しい方法は、環境への影響が少ない最適タイプのセメント開 […]

全文を読む

サセックス大、レーザ、コンピュータ、THz波を組み合わせたカメラ

March, 5, 2020, Sussex--

サセックス大学(University of Sussex)の物理学者チームは、テラヘルツ(THz)放射を使って固体物内部の高分解能画像を撮ることができる初の非線形カメラを開発した。 研究チームは、前例のない精度でTHz電 […]

全文を読む

ワルシャワ大学、5㎜径のモーターを光で直接駆動

March, 5, 2020, Warsaw--

ワルシャワ大学の物理学研究チームは、ポーランドと中国の研究者とともに、液晶エラストマ技術を使って光パワーによる回転するマイクロモーターを実証した。レーザビームで駆動、制御される5㎜径のリングは回転して、例えば同じ軸にイン […]

全文を読む

UCF、脳細胞を模擬するデバイスを開発

March, 5, 2020, Orland--

セントラルフロリダ大学(UCF)の研究チームは、人の心と機械の心を分離するギャップを埋める取組をしている。 Science Advancesのカバー記事では、UCFの研究チームは、2つの有望なナノマテリアルを新しいスーパ […]

全文を読む

NIU、安全な鉛ベースペロブスカイト太陽電池を開発

March, 4, 2020, DeKalb--

ノーザンイリノイ大学とUSエネルギー省国立再生可能エネルギー研究所(NREL)の研究者は、Natureにハイブリッドペロブスカイト太陽電池のブレイクスルー可能性を発表した。 ペロブスカイトは、従来のシリコンベース太陽電池 […]

全文を読む

強力な短UV渦を生成する新方法

March, 4, 2020, Moscow--

Skoltech 教授 Sergey Rykovanovを含む国際研究グループは、強力な「ねじれ」パルスを生成する方法を発見した。研究グループが発見した渦は、新しい材料の研究に役立つ。研究成果は、Nature Commu […]

全文を読む

東北大学、世界最高の波長選択比を持つ深紫外光検出器を実現

March, 3, 2020, 仙台--

紫外光はオゾン層により大部分が吸収され、地表付近ではほとんど検出されないが、火炎に微弱に含まれ、殺菌効果が高い特徴がある深紫外光がある。  東北大学大学院工学研究科の小山裕教授、田邉匡生准教授と大学院環境科学研究科の鳥羽 […]

全文を読む

世界最高級強度のレーザ光が引き起こす電子の特異な振る舞いを解明

March, 3, 2020, 東京--

量子科学技術研究開発機構(量研)他で構成される研究グループは、強いレーザ光を数ミクロン程度に小さく集光して高い強度で物質にあてたときに、電子の独特な振る舞いが発生するメカニズムを解明した。  強いレーザ光を非常に薄い物質 […]

全文を読む

TU Wien、固体結晶を利用した光パルス波形計測

March, 2, 2020, Wien--

これまで、光パルスの形状を計測するには複雑な実験装置が必要だった。TU Wien、MPI Garching および LMU Munichの研究チームは、これを著しく簡素にした。 現在、最新のレーザは極短光パルスを生成でき […]

全文を読む

血糖値モニタには非侵襲的分光学、針は過去のもの

March, 2, 2020, Cambridge--

糖尿病患者は、1日に何回も血糖値をテストして、血糖値が高すぎず、低すぎないことを確かめなければならない。調査によると、患者の半分以上は、十分にテストしていない。針で刺すことの痛さと不便さのためである。 可能な代替の一つが […]

全文を読む

量子材料でできたカムフラージュが赤外カメラから人を隠す

February, 28, 2020, West Lafyette--

赤外カメラは、放出される熱によって人や他の物体を検知する。パデュー大学、MIT、ウィスコンシン・メディソン大学、ハーバード大学、ブルックヘブン国立研究所などの研究者は、紛れもない熱特性を隠すことでターゲットを見えなくする […]

全文を読む

世界初の中波長紫外線(UVB)領域の半導体レーザを発明

February, 28, 2020, 三重--

名城大学の赤﨑勇終身教授の研究グループの岩谷素顕准教授らは、三重大学、旭化成株式会社の共同研究により世界初の中波長紫外線(UVB波長領域)半導体レーザを発明した。 レーザ光はLEDや太陽光など自然界に存在する光とは異なり […]

全文を読む

50倍高速のグラフェンマッピング

February, 28, 2020, Twente--

グラフェンのような2D材料の新しい画期的なコンポーネントを作りたいなら、その品質を評価するツールが必要である。ラマン分光法は、このための至適基準であるが、その主な欠点は、スピードが遅いことである。それとは別に、レーザ光は […]

全文を読む

クモからヒントを得たコンパクトな深部センサ

February, 28, 2020, Cambridge--

クモ類動物は、脳は小さいが、すばらしい奥行き知覚を持っており、身体の長さの何倍も離れたところから無防備な標的に正確に飛びかかることができる。 クモからヒントを得てハーバードSEASの研究チームは、コンパクトで効率的な深度 […]

全文を読む

微小ワイヤレスデバイスが脳の内部構造を明らかにする

February, 27, 2020, Boston--

アリゾナ大学の研究チームは、シングルニューロンレベルで脳を観察することで痛み、抑鬱、中毒や一定の病気のメカニズムを明らかにするデバイスを開発した。 哺乳類の脳は、身体の中で最も複雑な臓器であり、数千の刺激を同時に処理して […]

全文を読む

光伝搬の相反性を破る新たな方法

February, 27, 2020, University Park--

ペンステート電気工学チームによると、光デバイス内で光が反射して戻るのを防ぐ新しい方法は、光通信、レーザシステムとエレクトロニクスを含むいくつかの科学分野で進歩を可能にする。電気工学准教授、Xingjie Niをリーダーと […]

全文を読む

ペンステート、分子レベルで積層造形を最適化

February, 27, 2020, University Park--

積層造形の複雑さとアプリケーションの増加にともない、ペンステート(Pennsylvania State University)の研究者は、その技術を分子レベルで最適化するために最小スケールまで掘り下げようとしている。 「 […]

全文を読む

3Dスキャナが事件現場で科学捜査を手助け

February, 27, 2020, Jena--

犯人が残した靴跡やタイヤ痕を見つけると、科学捜査は、通常、石膏でそのような靴跡、タイヤ痕を採る。これは、時間のかかる手順であり、跡も壊される。フラウンホーファーIOFのポータブル3Dスキャナを使うと、そのような跡は、数秒 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。