All about Photonics

Science/Research

コンピュータイメージング、OCT解像度を改善

September, 5, 2019, Durham--

デューク大学バイオメディカルエンジニアは、OCTの解像度をあらゆる方向に1µmスケールまで改善する方法を考案した。その新技術は、オプティカルコヒレンス屈折トモグラフィ(OCRT)と言い、数十億ドルの医療分野OCT産業で得 […]

全文を読む

強い光が心臓の健康を保護する理由を発見

September, 4, 2019, Anschutz--

コロラド大学Anschutz Medical Campusの研究者は、強い光が、血管を増強し、心臓発作から保護する特異遺伝子を増幅することを確認した。  研究成果は、Cell Reportsに発表された。 研究チームは、 […]

全文を読む

3D対象物追跡を改善する人工複眼

September, 4, 2019, Tianjin--

天津大学の研究チームが開発した、生物模倣の複眼は、昆虫が複眼を使って対象物とその軌跡を高速に知覚する方法を研究者が理解する際に役立つ。複眼は、カメラに利用して、ロボット、自律走行車、無人航空機向けの3D位置計測システムも […]

全文を読む

目で制御するソフトレンズ、人と機械のインタフェースを開く

September, 3, 2019, San Diego--

UCSDの研究チームは、動きを目でコントロールするソフトロボットレンズを開発した。二度の瞬きはレンズズームインとアウト、右、左、正面、上、下を見るとレンズは追従する。  そのレンズは、人とソフトマシーンの間のインタフェー […]

全文を読む

3次元量子ドット構造の形成実現によるInGaAsナノ円盤構造

September, 3, 2019, 東京--

東京大学、東北大学、北見工業大学の研究グループは、バイオテンプレート技術と融合して低欠陥のナノサイズの低濃度のインジウムガリウム砒素/ガリウム砒素(InGaAs/GaAs)円盤構造(量子ドット)を有する柱状構造(ナノピラ […]

全文を読む

レーザプリンティング技術、防水E-繊維を数分で製造

September, 2, 2019, Melbourne--

次世代の防水スマート線維は、数分でレーザプリント製造される。  RMIT大学の研究チームは、コスト効率の優れた、スケーラブルな方法で、エネルギー蓄積デバイスを内蔵した線維を素早く織ることができる方法を開発した。   わず […]

全文を読む

光触媒反応中の電子と分子の超高速な動きを世界初観測

September, 2, 2019, 東京--

ベトナム物質科学研究所、大阪大学、東京工業大学の研究グループは、人工光合成に用いられる光触媒分子(Re錯体)が還元剤TEOA溶液中において、光照射後しばらくしてRe錯体へ隣のTEOA分子が近づき、電子を渡す様子を、時間分 […]

全文を読む

製造現場でのロボットの自律的な作業を実現するAI技術を開発

September, 2, 2019, 大阪--

産業技術総合研究所(産総研)人工知能研究センターは、大阪大学(阪大)、中部大学(中部大)と共同で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」プロジェクトにおいて、自動化が困難な […]

全文を読む

Sonyとヤマハ発動機、エンターテインメント用車両の共同開発

August, 30, 2019, 東京--

ヤマハ発動機株式会社は、ソニー株式会社(ソニー)と新たな低速の移動体験の提供を目的とするSociable Cart(ソーシャブルカート)「SC-1」を共同開発した。  SC-1は、ヤマハ発動機の自動運転技術とソニーのエン […]

全文を読む

高出力レーザダイオード、3Dプリント部品の残留応力を低減

August, 30, 2019, Livermore--

3Dプリンティングでは、プリンティング工程中に、加熱された材料の膨張と、冷たい材料の収縮のために、残留応力が部品に増大し、部品を歪め、亀裂を起こす力が生まれる。これは、特に金属では部品を脆弱にし、あるいは引き裂くことにな […]

全文を読む

薬品品質制御、医療診断に使える画期的な微小レーザ

August, 30, 2019, West Larayette--

薬品製造ラインで迅速に分子を計測でき、患者の皮膚の組織を分類できるポータブルスキャナ開発に向けて、プリンストン大学主導の研究チームが、マイクロチップに組み込める小型で効率のよいレーザを使うイメージングシステムを開発した。 […]

全文を読む

遠赤外線自由電子レーザによる、アミロイド線維の効果的な分解を確認

August, 29, 2019, 大阪/東京--

東京理科大学総合研究院赤外自由電子レーザ研究センターの川崎平康研究員、理学部化学科の築山光一教授、大阪大学産業科学研究所の入澤明典助教らの研究グループは、テラヘルツ領域(50~100µmの遠赤外線)の自由電子レーザを用い […]

全文を読む

UCLA、ディープラーニングを利用して血液のガンをミリ秒で特定

August, 28, 2019, Los Angels--

UCLAとNantWorksの研究チームは、数ミリ秒でガン細胞を検出する人工知能を備えたデバイスを開発した。これは、以前の方法よりも数100倍高速である。その速度で、ガン細胞が検出されるとすぐに血液からガン細胞を抽出する […]

全文を読む

世界最高レベルの波長分解能を持つ分光型赤外線センサを開発

August, 28, 2019, つくば--

NIMSは物質の熱ふく射を波長分解し、かつ、飛来する方向を絞って検出できる多波長型の赤外線センサを開発した。このセンサは50 nmの波長分解能と±1°の指向性を持ち、これにより、熱ふく射の波長分布やその温度変化が未知の物 […]

全文を読む

光駆動LCエラストマ、生体模倣ロボットを形成

August, 28, 2019, Warsaw--

ワルシャワ大学物理学部の研究チームは、液晶エラストマ技術を使って、生物からヒントを得たマイクロロボットを実証した。これは、自然界のカタツムリやナメクジの粘着性移動を模倣することができるマイクロロボットである。10㎜長のソ […]

全文を読む

UW研究者、AIで乳ガン診断をより正確に

August, 27, 2019, Washington--

ワシントン大学(UW)とUCLAの研究チームは、病理学者による生検の読取りをより正確にし、乳ガンの検出と診断の改善につながる人工知能システムを開発した。  医者は、乳房組織生検画像を調べて乳ガンを診断する。しかし、ガンと […]

全文を読む

放射光でセラミックス内部の欠陥観察に成功

August, 27, 2019, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の大熊学特任助教、西山宣正特任准教授、若井史博教授の研究グループは高輝度光科学研究センター、長岡技術科学大学と共同で、大型放射光施設SPring-8の放射光マルチス […]

全文を読む

視神経を直接刺激して視覚信号を脳に送る

August, 26, 2019, Lausanne--

スイス連邦工科大学(EPFL)の研究者は、視神経を直接刺激することで目の見えない人に視覚信号を与える新しい方法を研究している。動物での予備的研究は、新しいタイプの神経電極を使い、はっきりと知覚できる信号を供給するものであ […]

全文を読む

UCLA、光速で対象を特定するAIデバイスを開発

August, 23, 2019, Los Angels--

UCLA電気・コンピュータ工学チームは、人の脳の働き方をモデルにしたデバイス、物理的人工知能ネットワークを作製した。これは、大量のデータを分析し、実際、光の速度で対象を同定することができる。デバイスは、3Dプリンタを使っ […]

全文を読む

KIT、AIがタンパク質の構造を予測

August, 23, 2019, Karlsruhe--

タンパク質の構造の確定は難しく、これまでは高価であった。KITの研究チームは、より効率的な方法を開発した。  タンパク質は、生物学的な高性能マシーンである。あらゆる細胞に見つかり、人の血液凝固で、また髪や筋肉の主成分とし […]

全文を読む

精密ガン診断に新しい赤外化学イメージング技術が有望

August, 22, 2019, West Larayette--

アメリカガン協会によると、今年の前立腺ガン診断は男性174000人に達する見込である。アメリカ人男性で最も一般的な皮膚ガンの次に多いガンとなる。  化学学部非常勤教授、Ji-Xin Chengは、New England […]

全文を読む

フラウンホーファーIWS、迅速レーザにより防水溶接

August, 22, 2019, Dresden--

ドレスデンのフラウンホーファー研究チームは、高速振動するレーザビームを使う新しいレーザ溶接工程を開発した。  この技術は、”remoweld FLEX”として知られており、特に要求の厳しい工程に適 […]

全文を読む

従来技術の半分の学習データ量でも高精度に識別可能なDL技術を開発

August, 22, 2019, 東京--

NECは、従来の半分程度の学習データ量でも高い識別精度を維持できるディープラーニング(DL)技術を新たに開発した。  識別精度の向上には、識別が難しい学習データをより多く学習することが有効であるが、学習に適した質の良いデ […]

全文を読む

酸性でも光刺激でオン・オフできる緑色蛍光たんぱく質rsGamillus

August, 22, 2019, 大阪--

大阪大学 産業科学研究所の永井健治教授らの研究グループは、pH4.5~9.0の細胞環境で安定して蛍光する、耐酸性の光スイッチ型緑色蛍光たんぱく質“rsGamillus”の開発に成功した。特殊な顕微鏡法と組み合わせることで […]

全文を読む

ファイバベースイメージング分光計、記録的なデータ量を取得

August, 21, 2019, Washington--

ライス大学の研究チームは、リモートセンシング向けに新しいコンパクトなファイバベースのイメージング分光計を開発した。これは、30000サンプリングポイントをキャプチャでき、それぞれが60以上の波長を含む。この豊富なスペクト […]

全文を読む

新しいソフトウエアで低解像度cryo-EMマップが焦点を合わせる

August, 21, 2019, West Lafayette--

極低温電子顕微鏡(Cryo-EM)は、タンパク質の構造判定で最もポピュラーな方法である。様々な種類の病気のために研究者の薬剤開発に役立っている。過去数10年で、Cryo-EMはX線結晶学を置き換えた。簡単に大きな結晶に形 […]

全文を読む

光データ伝送改善を狙って後方散乱をカット

August, 20, 2019, Champaign--

イリノイ大学の研究チームは、光データ伝送中のエネルギー損失を減らすために不適合光波の向き変える方法を見出した。研究では、チームは光波と音波の相互作用を利用して、材料欠陥から光散乱を抑制する。これにより、光通信が改善される […]

全文を読む

レーザプロセスにおける吸引器によりクリーンな肺

August, 20, 2019, Dresden--

自動車産業などの分野では、コンポーネントはレーザリモートプロセスを利用して超高速で加工できる。しかし、これは、肺障害を起こす可能性のある有害排出物を出す。フラウンホーファーマテリアル研究所とビーム技術研究所IWSのチーム […]

全文を読む

ORNL、次世代カメラ、ダイナミックビジョンセンサ

August, 19, 2019, Oak Ridge--

オークリッジ国立研究所(ORNL)は、ダイナミックビジョンセンサ(DVS)という次世代カメラによるライブ情報読み取りトレーニングを行っている。  これは、ロボット工学のアプリケーションであり、無人走行車センシングを改善で […]

全文を読む

SPring-8ナノビームにより極微量な抗癌剤の腫瘍内分布を可視化

August, 19, 2019, 福岡--

九州大学などの共同研究グループは、SPring-8 の強力なX線を臨床医学に応用し、世界で初めて抗癌剤(Oxaliplatin)投与後のヒト大腸癌組織内における白金分布を蛍光X線マッピングにより可視化した。  これにより […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。