All about Photonics

Science/Research

光学応用にマイクロリングセンサ

June, 5, 2019, Houghton--

ミシガン工科大学の研究チームによると、マイクロリングセンサの設計を改善することで、複雑さを導入することなく、その感度を増強することができる。  光センシングは、光科学の最も重要なアプリケーションの1つである。天文学、環境 […]

全文を読む

肺がんのリアルタイム診断にニードルベース内視鏡の好結果

June, 5, 2019, Paris--

Mauna Kea Technologiesは、肺病の診断とステージ特定に役立つ、nCLEの可能性を証明する、将来に向けた研究を発表した。論文は、「肺がんのリアルタイム診断とステージ特定のためのニードルベース共焦点レーザ […]

全文を読む

新しいアプローチで医療診断用の詳細な中赤外画像を取得

June, 5, 2019, Washington--

デンマークのDUT Fotonikなど、マルチ研究グループの研究チームは、独自の高解像度イメージング法を開発した。これは,ミリ秒オーダーで起こる高速イベント、動的プロセスの中赤外スペクトル画像を撮ることができる。このスペ […]

全文を読む

4Dプリント材料、材木よりも硬く、スポンジよりも柔らかい

June, 5, 2019, New Brunswick--

ラトガース(Rutgers University)固有のスマートマテリアルは、温度の変化とともに形状を変える。  ラトガースの研究チームは、柔軟、軽量な材料を4Dプリンティングで作製した。これは、より優れた衝撃吸収性、航 […]

全文を読む

ハイパースペクトラルカメラ、瞬時に大量のデータを取得

June, 4, 2019, Houston--

NASAから助成をうけるライス大学のTuLIPSSプロジェクトは、ポータブル分光計の基準を定める。  裸眼では観ることができない細部を明らかにするために、ライス大学のエンジニアは、航空機、ドローンに搭載され、いずれはハン […]

全文を読む

NISTとMKSプロトタイプFLOC光ベースフォトニック圧力センサ

June, 4, 2019, Gaithersburg--

NIST研究チームは、業界との協力で、初の固定長光キャビティ(FLOC)ポータブルプロトタイプを作製した。これは、光を使って、ほとんどの商用圧力センサよりも高精度に圧力を計測するデバイス。  最新バージョンは、多くの産業 […]

全文を読む

MIT、無人走行車に人のような推理力

June, 4, 2019, Cambridge--

より人間的な推理力を自律走行車に持たせることを目的にMIT研究チームは、簡単な地図と視覚データだけを使って無人車輌が新しい、複雑な環境のルートをナビゲートできるようなシステムを開発した。  人間のドライバーは、観察と簡単 […]

全文を読む

光パターンと透明キューブを使い新しいコンピューティング形式を実現

June, 4, 2019, Hamilton--

マックマスター大学(McMaster University)の研究チームは、シンプルで極めて斬新なコンピューティング形式を開発した。これは、ポリマーキューブのさまざまなファセットにパターン化された光と影の帯を照射し、現れ […]

全文を読む

シリコンベースIII-V半導体ナノワイヤレーザを開発

June, 3, 2019, Santa Clara--

カーディフ大学(Cardiff University)の研究チームは、人の毛髪幅の1/10サイズ以下の小さな発光ナノレーザがシリコンチップ設計に組み込めることを示した。  フォトニックバンド端レーザは、超高速動作が可能で […]

全文を読む

近赤外光を可視光に変換する固体材料を溶液塗布法で実現

June, 3, 2019, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)無機機能材料研究部門機能調和材料グループ舟橋良次研究グループ長、鎌田賢司上級主任研究員、アブリケム アイズィティアイリ元博士研究員らは、岩手大学理工学部葛原大軌准教授、奈良先端科学技術大学院大 […]

全文を読む

電流励起型有機半導体レーザーダイオードの実現

June, 3, 2019, 福岡--

九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センターのA.S.D. Sandanayaka(サンダナヤカ)特任教授、安達千波矢センター長らの研究グループは、世界で初めて有機材料を用いた半導体レーザダイオード(OSLD:Org […]

全文を読む

発展途上国の医療診断に有望な3Dプリント顕微鏡

May, 31, 2019, Washington--

コネチカット大学の研究チームは、3Dプリンティングを使って、フィールドやベッドサイドで使える小型、ロバストで安価なポータブル高解像度顕微鏡を作製した。この装置の高解像度3D画像は、糖尿病、鎌状赤血球病、マラリアおよびその […]

全文を読む

NYU、飛行の最適形状発見のために翼の進化を3Dプリント

May, 31, 2019, NY--

数学者チームが、高速羽ばたき飛行に最適な翼の形状を決定した。これは、自らエネルギーを取り入れ、対気速度を強化するための方法改善に有望な発見である。  研究成果は、Proceedings of the Royal Soci […]

全文を読む

コロイド量子ドット、赤外でのLED高輝度化

May, 31, 2019, Castelldefels--

ICFO研究チームは、赤外域で前例のない量子とパワー変換効率のコロイド量子ドットLED開発を報告している。  理想的な光電子半導体材料は、強力な発光エミッタでなければならない、つまり光励起で非常に効率よく発光し、デバイス […]

全文を読む

電子プラズマ、孤立アト秒レーザパルス生成

May, 31, 2019, Munich--

マックスプランク量子光学研究所、Maximilians University in Munich およびUmeå Universityの物理学者は、相対論的電子で構成されるプラズマを利用して初めて孤立した高強度アト秒レー […]

全文を読む

UMD、3Dナノプリンティング戦略で医療、ロボティクスに大変革

May, 30, 2019, College Park--

メリーランド大学(University of Maryland)のエンジニアは、初の3Dプリント流体回路素子を作製した。これは、非常に小さく、人の髪の毛幅に10個を並べることができる。この素子は、一方向だけに流体を確実に […]

全文を読む

熱的にペイントされたメタサーフェスが完璧な光アブソーバに

May, 30, 2019, Washington--

ケース・ウエスタン・リザーブ大学の研究チームは、明るくて刺激的な色を作るために金属を加熱する古代の技術が、完全な光アブソーバとして機能するナノ構造表面を作ることを発見した。完全な光アブソーバ、ある色の99%以上を吸収する […]

全文を読む

超短パルス光を用い固体中の量子経路干渉を観測

May, 29, 2019, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の中村一隆准教授、萱沼洋輔特任教授と慶應義塾大学 大学院理工学研究科の鹿野豊特任准教授らは、超短パルス光照射をした半導体結晶中で、光遷移過程の量子経路干渉による電子 […]

全文を読む

九州大学、10億分の1秒で起こる分子変形を観測

May, 29, 2019, 福岡--

九州大学大学院理学研究院の恩田健教授、宮田潔志助教、西郷将生修士課程学生の研究グループは、非常に短時間で生じる有機発光材料の分子の形状変化をリアルタイムで分析する手段を開発した。さらにこの手段を第三世代有機EL発光材料に […]

全文を読む

東北大学、レーザ照射下の高分子材料をX線位相で観察

May, 29, 2019, 仙台--

東北大学多元物質科学研究所の百生敦教授(高輝度光科学研究センター客員主席研究員)らのグループは、科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業ERATOの一環として、高分子レーザ加工の様子を三次元的かつ動的に可視化す […]

全文を読む

光ベース神経網、人の脳と同じように情報処理

May, 28, 2019, Münster--

コンピュータは、伝統的に、メモリとプロセッサユニットが分離されており、その結果、全てのデータは、両者の間を行き来しなければならない。この点、人の脳は、最新のコンピュータよりも遙か先にある。同じ場所で情報を処理し蓄積するか […]

全文を読む

KAIST、敗血症誘導肺疾患の原因を特定

May, 28, 2019, Seoul--

KAISTの研究チームは、特注3D生体内肺顕微イメージングシステムを使って、体内の肺微小循環と循環細胞の可視化に成功した。チームは、敗血症誘導急性肺損傷(ALI)中に好中球凝集という一種の白血球を見つけた。これは、血液微 […]

全文を読む

MIPT、ナノレーザ設計で大きな前進

May, 28, 2019, Moscow--

MIPTの研究チームによると、ナノレーザは、最近新しい種類の光源として登場してきた。サイズは、1mのわずか数100万分の1で、マクロレーザとは非常に異なる固有の特性を持つ。しかし、どの電流でナノレーザの出力放射がコヒレン […]

全文を読む

人工原子が室温でシングルフォトン生成

May, 27, 2019, Oregon--

盗聴されてもまったく判読できない、ウルトラセキュア・オンライン通信が、最近発表されたオレゴン大学(University of Oregon)物理学者、Ben Alemánの発見によって一歩実現に近づいた。  同氏は、オレ […]

全文を読む

チップベースのゴーストイメージングに新たな前進

May, 27, 2019, Lyon--

進歩によって、車や電話向けの高速、安価なチップベースイメージングデバイスが可能になる。  研究チームは、初めてゴーストイメージングして知られる非伝統的なイメージング法が、ローコスト、チップベース光照射デバイスを使って実行 […]

全文を読む

「光回路」機能の逆設計メタマテリアル

May, 27, 2019, Philadelphia--

ペンシルバニア大学(University of Pennsilvania)工学教授、Nader Enghetaのチームは、アナログコンピュータとして機能するメタマテリアルを実証し、「フォトニック計算」についての初期理論の […]

全文を読む

豊田合成、「縦型 GaN パワー半導体」で世界トップクラスの大電流化実現

May, 27, 2019, 愛知県清須市--

豊田合成株式会社は、青色 LED の材料である「窒化ガリウム」(GaN)の結晶化技術を用いて開発中の「縦型 GaN パワー半導体」において、世界最高水準となる 1 チップで100Aの大電流動作を実現した。  パワー半導体 […]

全文を読む

蛍光センサ付マイクロ流体デバイスでエボラウイルス検出効果向上

May, 24, 2019, Henrietta--

ロチェスター工科大学(RIT)研究者が、致死性のエボラウイルスを検出できるバイオセンサ付プロトタイプマイクロデバイスを開発した。この種のデバイスで、感染者は早期に処置できる。また、早期発見プロセスは、感染の広がりを減らす […]

全文を読む

光パルスを使いエネルギーフリー超高速コンピューティング開発

May, 24, 2019, Lankaster--

電気の代わりに光パルスを使う超高速データ処理が開発された。  この発明は、実質的にゼロエネルギーを消費する磁石を使ってコンピュータデータを記録し、高いエネルギーコストなしでデータ処理速度を高速化するというジレンマを解決す […]

全文を読む

生物発光で複数マウスの脳活動を同時にライブ観察

May, 23, 2019, 大阪--

大阪大学 産業科学研究所の永井健治教授、理化学研究所 光量子工学研究センターの横田秀夫チームリーダー他の共同研究グループは、「生物発光膜電位センサLOTUS-V(Luminescent Optical Tool for […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。