Science/Research

LED電球の下では白色の区別が出ないこともある

May, 20, 2014, University Park--

照明の専門家によると、照明が白熱電球や蛍光灯からLEDに替わると、白の違いが全て同じに見える可能性がある。  最近の家庭用、商用照明ではLED電球が使われるようになっている。LEDは現状では高価であるが、コンパクトな蛍光 […]

全文を読む

超高速レーザに周波数ドメイン光パラメトリックアンプを適用

May, 19, 2014, Montreal--

INRS Énergie Matériaux Télécommunications Research Centre、François L&eacute […]

全文を読む

体内深部で光ベースのガン治療が可能に

May, 19, 2014, Buffalo--

光線力学治療(PDT)は、口腔ガンや皮膚ガンなど簡単にアクセスできる腫瘍には効果的な治療であるが、光感作性薬剤をレーザを使って活性化するので、体内深部のガンには適していない。しかし、新技術によってこれが変わりつつある。新 […]

全文を読む

UCF、アト秒物理学用超高速光源を開発

May, 16, 2014, Berkeley--

セントラルフロリダ大学(UCF)のZenghu Chang氏と国際研究チームは、原子核が動き出す直前に分子内の電子の動きを観察するために新しい超高速光源を開発した。  実際に起こることを観察できることで研究者は1個の電子 […]

全文を読む

環境に優しい太陽電池、錫ペロブスカイト

May, 16, 2014, Evanston--

ノースウエスタン大学の研究チームは、光の取り込みに鉛のペロブスカイトの代わりに錫を用いる効率のよい新しい太陽電池を世界で初めて開発した。ローコストで環境にやさしい太陽電池は「ベンチ」化学を利用して簡単に作れる。手の込んだ […]

全文を読む

単一HIV粒子のタンパク質を探知する蛍光イメージング技術

May, 16, 2014, Leuven--

ルーヴァン・カトリッ ク大学(KU Leuven)の研究チームは、単一HIVウイルス粒子レベルでタンパク質がどように相互作用するかを調べる新しい技術を開発した。  ヒト免疫不全ウイルス(HIV)がどのように繁殖するかを理 […]

全文を読む

T-Dots高速スキャニングで病原体迅速検出

May, 15, 2014, Berkeley--

マッコーリー大学の研究チームは、1度のテストで多数の病原体を迅速検出するための新たなアプローチを開発した。これはバイオメディカル最前線、チューナブルフォトニックナノクリスタル解読(デコーディング)を利用した方法。  実証 […]

全文を読む

ラフバラー大学、ソーラパネルのギラつきを抑えるARコートを開発

May, 14, 2014, Loughborough--

UKのラフバラー大学(Loughborough University)の研究チームは、ガラス表面用に多層反射防止(AR)コーティングを開発した。これにより、太陽光発電パネルからの太陽の反射を抑制すると同時に、効率改善も実 […]

全文を読む

グラフェンフォトニクスのブレイクスルーで高速ローコスト通信

May, 14, 2014, Melbourne--

スインバン大学(Swinburne University of Technology)の研究チームは、超高速通信の可能性を示す、高品質の連続的酸化グラフェン薄膜を開発した。  同大学マイクロフォトニクスセンタのBaohu […]

全文を読む

X線レーザの集光強度を100 倍以上向上

May, 13, 2014, Tokyo/Osaka--

東京大学と大阪大学は、高輝度光科学研究センター、理化学研究所と共同で、SACLAにおいて、4枚の超高精度ミラーを駆使しXFELを約50nmまで集光し、世界で初めて集光強度1020W/cm2のX線レーザビームを確認した。 […]

全文を読む

コーネル大学、UV-B光でキュウリの病気を打ち負かす

May, 13, 2014, New York--

コーネル大学とノルウェーの研究グループによる共同プロジェクトで、太陽光の力を利用して面倒な病原体問題を、文字通り光を当てて解決した。  うどん粉病菌に対する光の効果を研究している際、研究グループは高価な殺菌剤を使うことな […]

全文を読む

MIT、テラヘルツイメージングの低価格化技術を開発

May, 13, 2014, Cambridge--

テラヘルツイメージングはソナーやレーダのように、たくさんの計測を比較することで画像を生成する。センサ間の距離が波長に比例するので、その数は非常に稠密でなければならない。  マサチューセッツ工科大学(MIT)のエレクトロニ […]

全文を読む

アデレード大学、光で微量の爆発物を検出する技術を開発

May, 12, 2014, Adelaide--

アデレード大学(University of Adelaide)の研究チームは、光と特殊ガラスファイバを用いて微量の爆発物を検出できるセンサを開発した、これはテロリストとの戦いに役立つ可能性がある。  研究チームが、Sen […]

全文を読む

理研、SACLAとSPring-8の光で生体分子複合体のナノ構造を解明

May, 8, 2014, Wako--

理化学研究所(理研)と英国リバプール大学は、X線自由電子レーザ(XFEL)光と高輝度放射光を使い、結晶化が困難な生体分子複合体「RNA干渉 (RNAi) マイクロスポンジ」の3次元ナノ構造を観測することに成功した。 これ […]

全文を読む

透明導電フィルム(TCO)のエコフレンドリーな製法を開発

May, 8, 2014, Empa--

透明導電フィルムは、スマートフォン、タブレット、フラットスクリーン、太陽電池などで今や日常生活で不可欠になっているが、製造は高価で複雑である。 Empaの研究チームは、TCOフィルムなどの新しい製法の開発に成功した。この […]

全文を読む

ライトウエイブ・ロジック、新しいEO材料システムを開発

May, 7, 2014, Longmont--

ライトウエイブ・ロジック(Lightwave Logic, Inc)は、同社独自のPerkinamine発色基技術と別の発色基を統合し、新しいEO材料システム、Perkinamine Malachiteを開発した。  こ […]

全文を読む

ダイヤモンドを使ってハイパワーレーザのビーム品質向上

May, 7, 2014, Sydney--

マッコーリー大学研究センタの研究チームは、ダイヤモンドがハイパワーレーザビームの品質を根本的に改善できることを実証した。これは数ミリ長のダイヤモンド結晶内で光学的相互作用を利用することによって可能になる。  研究を主導す […]

全文を読む

EPSRC、メタマテリアル研究に250万ポンド投資

May, 7, 2014, London--

オプティクスにメタマテリアルを使う研究から、すでに隠れ蓑の可能性が出てきている。このような考えを先端材料の同類分野に展開するために、工学・物理科学研究委員会(EPSRC)は250万ポンドを投資する。  この考えが適用され […]

全文を読む

脳波をコントロールして視覚を改善

May, 2, 2014, Sunnyvale--

ベックマン研究所の研究チームは、脳波をテストする新しい技術を用いて、人の知覚に届いたり届かなかったりする外部刺激を脳がどのように処理するかを研究している。発表された論文は、われわれが見たり見なかったりするものに実際にアル […]

全文を読む

電圧で制御できる「キラル発光トランジスタ」

May, 1, 2014, 東京--

東京大学などの国際研究グループは、新たな原子膜材料として注目される二セレン化タングステン(WSe2)の電界効果トランジスタ(FET)を用いて、電圧によって左右の回転方向を制御可能な円偏光光源を実現した。  研究グループは […]

全文を読む

BTのライブ伝送路を使ってQKD実験

May, 1, 2014, Cambridge--

イギリス国立物理学研究所(NPL)、東芝リサーチヨーロッパ、BT、ADVAオプティカルネットワーキングは、現用ファイバネットワークで量子鍵配信(QKD)トライアルに初めて成功したと発表した。  イギリスのTechnolo […]

全文を読む

乳ガン遺伝子断片をターゲットにした定量化に役立つ金ナノ粒子

April, 30, 2014, West Lafayette--

パデュー大学の研究チームは、生きた細胞のガンレベルを検出、計測する方法を開発した。これには、合成DNAの微小な金粒子を用いる。  農業工学/生物工学教授、Joseph Irudayaraj氏の研究チームは、金ナノ粒子を、 […]

全文を読む

ミトコンドリアを詳細に見る新しいイメージング技術を開発

April, 30, 2014, München--

ミュンヘン工科大学Technische Universität München(TUM)とルートヴィッヒマクシミリアン大学Ludwig-Maximilians-Universität Mün […]

全文を読む

ユーロピウム錯体から記録的な効率で赤色発光

April, 28, 2014, Warsaw--

ポーランド科学アカデミー物理化学研究所(IPC PAS)で開発されたユーロピウム錯体で2つの新しい化合物が、赤色発光でこのクラス最高の発光効率を示し、その特性によりOLED薄膜の高速、低コスト製造が可能になる。  IPC […]

全文を読む

EPFL、モリブデナイト太陽電池、LED開発

April, 28, 2014, Lausanne--

スイス連邦工科大学(EPFL)の研究チームは、モリブデナイトを使ってコンピュータチップのフラッシュメモリデバイス、写真センサを造ったが、今度は電子ポテンシャルに踏み込み、光を放出し、光を吸収して電気を生成できるダイオード […]

全文を読む

化学反応をフェムト秒レーザでコントロール

April, 28, 2014, Vienna--

ウイーン工科大学(TU Vienna)によると、超短レーザパルスで化学反応は制御できる。電子はほとんど質量がないのでレーザの影響を受ける。一方、原子核はそれより遙かに重いのでほとんど影響を受けない。  通常、化学反応は独 […]

全文を読む

東北大と東大、グラフェンの超高速電子状態を直接観察

April, 25, 2014, 東京--

東京大学物性研究所附属極限コヒーレント光科学研究センター(LASOR センター)松田巌准教授の研究グループと東北大学電気通信研究所情報デバイス研究部門吹留博一准教授の研究グループは共同で、単原子層グラフェン特有の性質で、 […]

全文を読む

imec、医療イメージング用プラスチック基板のX線ディテクタ

April, 25, 2014, Eindhoven/Leuven--

ホルストセンタ(Holst Centre)とimecの研究チームは、プラスチック基板に作製した史上初の、医療グレードのパフォーマンスを可能とするX線ディテクタを発表した。この概念実証デバイスは、医療レベルX線線量を用いて […]

全文を読む

UTアーリントン、新しいナノ粒子でガン治療

April, 24, 2014, Arlinton--

テキサス大学(UT)アーリントンの物理学者、Wei Chen教授は、セキュリティ関連放射線検知で使用する発光ナノ粒子作成中に偶然、光力学ガン治療が前進する可能性を発見した。  Wei Chen教授は、テキサス大学アーリン […]

全文を読む

新技術が低エネルギー光検出を変える可能性

April, 24, 2014, Arlinton--

ジョージア州立大学とリーズ大学工学部の研究チームは、太陽光発電や低エネルギー光検出で新たな可能性を開く技術を開発した。  リーズ大学電子・電気工学部テラヘルツエレクトロニクスEdmund Linfield教授の研究チーム […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。