コヒレント特設ページはこちら

Science/Research

コンピュータチップのエネルギー効率でブレイクスルー

June, 2, 2023, Corvallis--

オレゴン州立大学とベイロア大学の研究者は、データセンタやスーパーコンピュータで使用されるフォトニックチップのエネルギー消費を下げるブレイクスルーを達成した。 研究成果は重要である。米国エネルギー省(DOE)によると、デー […]

全文を読む

赤外分光とAIを駆使し、目の中で光を受容するタンパク質の進化を追う

June, 1, 2023, 大阪/名古屋--

名古屋工業大学大学院工学研究科と大阪公立大学大学院理学研究科の研究グループは、高度に発達した目をもつハコクラゲが、進化の過程でロドプシン(クラゲロドプシン)中の特異な位置にカウンターイオンを移動させた結果、脊椎動物ロドプ […]

全文を読む

量子インターネットのためのフォトニック技術

June, 1, 2023, Aachen--

Fraunhofer レーザ技術研究所ILTの研究者は、将来の量子ネットワーク向けの技術を開発している。 資金を提供しているのは北ラインーウエストファリア州。Fraunhofer ILTは、現場のネットワークノードにハー […]

全文を読む

ローパワーニューラルネットワークにフォトニックチップ

June, 1, 2023, Milano--

Scienceに発表されたPolitecnico di MilanoとStanford Universityによる研究は、フォトニックチップを使って極めて効率的なニューラルネットワークを作製できる可能性示している。 ニュ […]

全文を読む

ミニラボで放射性物質がガンと闘う

May, 31, 2023, Dresden--

放射線が生命を救うことができる。化学療法、手術でもなく、外部からの放射能が抗ガンに役に立たないとき、最新医学は、いわゆる放射性医薬品を使う。 これらの放射性薬剤は、ガン細胞を検出するだけでなく、腫瘍を破壊するために内部か […]

全文を読む

SMaCで同時にコーティングと機械加工

May, 31, 2023, Aachen--

Fraunhofer レーザ技術研究所ILTは、新しいハイブリッドプロセスSimultaneous Machining and Coating (SMaC)を開発した。これは、レーザ材料蒸着と旋削、研磨、フライス加工を統 […]

全文を読む

脳の特徴的な構造と機能を再現する生体機能チップ技術の実現へ

May, 31, 2023, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、炭素原子のみからつくられるシート状の物質であるグラフェンを立体化するNTT独自の技術を用いて、立体的な細胞塊の繋がった神経ネットワークから長期的に神経活動を計測することに成功した。 立体 […]

全文を読む

60GHz帯電波の知的反射制御の実証実験に成功

May, 30, 2023, 仙台--

Society5.0の実現を支える次世代の超高速無線通信では、周波数が数十~数百ギガヘルツのミリ波や数百ギガ~数テラヘルツのテラヘルツ波(THz)と呼ばれる高周波数帯の電波を利用する。しかし、この高周波数帯の電波は直進性 […]

全文を読む

多足ロボットの機敏な歩行を実現する新技術

May, 30, 2023, 大阪--

大阪大学大学院基礎工学研究科の青井伸也教授の研究グループは、不安定性を利用した多足ロボットの機敏で効率の良い歩行の実現に成功した。 多足ロボットは、多くの足を持つために耐故障性や転倒回避性に優れており、様々な場所で活用で […]

全文を読む

カメラと慣性計測装置利用、頑健な位置姿勢推定システム

May, 30, 2023, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)デジタルアーキテクチャ研究センター スマートモビリティ研究チーム 大石 修士 主任研究員らは、カメラとIMU(慣性計測装置)を利用した位置姿勢推定システム(Visual Positioning […]

全文を読む

ポリマステントで腫瘍細胞を破壊

May, 30, 2023, Aachen--

今日までは、胆管のような中空臓器の腫瘍は、通常、手術で腫瘍を除去できないので患者にとっては生存予後不良をともなう。 今では、シリンダー形状のメッシュデバイス、いわゆるステントが、一時的に中空臓器を開くために、手術で挿入さ […]

全文を読む

NUS、3Dシーン構築に前例のない角度分解能の光場センサ

May, 29, 2023, Singapore--

光場イメージング用のカラーエンコーディング技術は、自動運転、仮想現実(VR)、生体イメージングなどの分野にアプリケーションがある。 シンガポール国立大学(NUS)科学学部、化学部のLiu Xiaogangをリーダーとする […]

全文を読む

マルチビームアンテナを用いた複数のデバイス間でテラヘルツ帯による同時送受信に成功

May, 26, 2023, ふじみ野市--

KDDI総合研究所(KDDI総合研究所)と名古屋工業大学は、テラヘルツ帯の送受信機とマルチビームレンズアンテナを組み合わせた仮想化端末ハードウェア実証システムを開発し、送信機と2つの受信機との間で同時に、広帯域なデジタル […]

全文を読む

3Dプリンティングを利用して航空宇宙、エネルギー生成アプリケーションの重要材料を強化

May, 26, 2023, Cambridge--

航空宇宙やエネルギー生成における多くの重要なアプリケーションにとって重要な材料は、高温や引張応力など極端な条件に確実に耐えることができなければならない。 MIT主導工学チームは、今日そのようなアプリケーションで使用される […]

全文を読む

60 GHz帯大容量無線で、飛翔中ドローン間の“すれ違い通信”に成功

May, 26, 2023, 東京--

情報通信研究機構(NICT)は、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社と共同で、飛翔中ドローン間の60 GHz帯無線を用いたデータ伝送実験を試み、2機のドローンを用いたすれ違い飛行に伴う0.5秒程度の通信スポット通 […]

全文を読む

15モード光ファイバで273.6Tb/s、1,001 km伝送実験成功

May, 25, 2023, 東京--

情報通信研究機構(NICT)フォトニックネットワーク研究室を中心とした国際共同研究グループは、15モード光ファイバで初の増幅中継による、毎秒273.6テラビット(Tb/s)、1,000 km超の伝送実験に成功した。 これ […]

全文を読む

サブテラヘルツ波が水とタンパク質のミクロな混合を加速

May, 24, 2023, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)細胞分子工学研究部門 今清水正彦主任研究員、ナノ材料研究部門 杉山順一 主任研究員、分析計測標準研究部門 田中真人研究グループ長、佐藤大輔主任研究員は、サブテラヘルツ(sub-THz)領域の電 […]

全文を読む

バイオインスパイヤデバイス、人の目のようにイメージング

May, 24, 2023, University Park--

Penn Stateの研究者は、自然からヒントを得て、新しいデバイスを開発した。これは、人の目にある赤、緑、青の光受容体、神経ネットワークを模擬することで画像を生成する。 「われわれは自然から設計を借りた。われわれの網膜 […]

全文を読む

DUV発光ダイオード(275 nm)の初期劣化メカニズムを解明

May, 23, 2023, 仙台--

波長280ナノメートル(nm)以下の深紫外線(DUV光、UV-C光)には、殺菌・消毒による水・空気・表面の浄化や各種物質・反応過程の光励起などへの応用の道が広がっており、消費電力が高い水銀灯タイプの殺菌灯を低消費電力のL […]

全文を読む

ロスアラモス、コロイド状量子ドットレーザ技術、デバイス化間近

May, 23, 2023, Los Alamos--

ロスアラモス国立研究所のチームは、コロイド量子ドット技術に基づいた、技術的に実行可能な高強度光エミッタに向けた重要課題を克服した。その結果、光励起レーザと高輝度電気駆動LEDの両方で動作するデュアル機能デバイスになった。 […]

全文を読む

新しいレンズ分析アプローチ、近眼治療を改善

May, 23, 2023, Washington--

チュービンゲン大学(University of Tübingen)の研究チームは、特殊なメガネレンズの集光特性を厳格に定量化、比較するための新装置を開発した、これは近視の進行を遅らせるために使用される。この新しいアプロー […]

全文を読む

スチールコンポーネントを3Dプリント:XXLフォーマットで蒸着溶接

May, 23, 2023, Hannover--

XXLコンポーネントを積層造形:研究機関とLower Saxonyの企業が、重量数トンのスチールコンポーネントを製造できる巨大3Dプリンタを共同開発した。狙いは、製造におけるリソース削減。 大型コンポーネントの積層造形( […]

全文を読む

宇宙向けにアレキサンドライト・レーザ結晶

May, 22, 2023, Hannover--

ヨーロッパHorizon 2020プロジェクトGALACTICで、Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH), Optomaterials S.r.l. (イタリア)とAltechna (リトアニ […]

全文を読む

ひねりを加えた多材料3Dプリンティング

May, 22, 2023, Cambridge--

ソフトロボットや構造複合物のための螺旋状フィラメントの回転多材料プリンティングを開発。 自然の材料は、ストレートであることはめったにない。われわれの身体で、タンパク質は螺旋状フィラメントに組み立てられる。これによりわれわ […]

全文を読む

UC Santa Barbara、アルツハイマー病への「転換点」

May, 22, 2023, Santa Barbara--

新しい電気的手法が、多くの神経変性疾患の根底にある脳タンパク質のダイナミクスを始動し、分析する。 研究者は、われわれの脳の正常機能にとって基本的な良性タンパク質をタウタンパク質がどのように毒性神経原繊維タングル、アルツハ […]

全文を読む

光学メタサーフェスを用いた小型高速光受信器を開発

May, 19, 2023, 東京--

東京大学大学院工学系研究科の種村拓夫 准教授、相馬豪 大学院生、中野義昭 教授らを中心とする研究グループ、浜松ホトニクス株式会社、および、情報通信研究機構(NICT)は、高速光受信器の新規構造を実証することに成功した。 […]

全文を読む

極紫外をフォーカスする初のメタレンズ

May, 19, 2023, Cambridge--

新しい穴あきメタレンズは、ナノオプティクス利用してEUVビームを集束させることができ、顕微鏡、センシング、ホログラフィ、基礎物理学研究に新たな扉を開くことができる。その進歩は、Scienceに発表された。 ハーバード大学 […]

全文を読む

副作用なしに腫瘍に対する免疫反応を起こすナノ粒子

May, 19, 2023, Cambridge--

新しい研究では、免疫刺激薬が、全身性炎症を起こすことなく、腫瘍の成長を遅らせる。 身体の免疫系を刺激して腫瘍を攻撃するガン薬剤は、多くのタイプのガンの処置に有望な方法である。しかし、これらの薬剤の中には、静脈を通して送達 […]

全文を読む

高スペクトル分解能、小型、軽量宇宙ベースイメージング分光計設計

May, 18, 2023, Washington--

NASA南カリフォルニアジェット推進研究所の研究者は、宇宙ベースイメージング分光計向けに高いスペクトル分解能をもつ新しい小型、軽量設計を開発した。 この高分散イメージング分光計は、地球の大気あるいは他の惑星の大気を調べる […]

全文を読む

グリーンレーザで製造が持続可能

May, 18, 2023, Ditzingen/Aachen/Hamburg--

TRUMPF, Fraunhofer ILT とDESYの提携で、粒子加速器により、今日までで最も詳細なレーザ溶接プロセス洞察が可能になった。 Fraunhofer専門技術者、Marc Hummelは、「グリーン波長レー […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。