Science/Research

SEAS、オンチップ・タイムレンズ、超高速パルス生成

November, 21, 2022, Cambridge--

Harvard SEASによると、新しいデバイスが、通信、量子コンピューティング、天文学のアプリケーションに扉を開く。 フェムト秒パルスレーザは、医療や製造からセンシング、時空の精密計測まで広範なアプリケーションで使用さ […]

全文を読む

光応答ナノ粒子、生物の標的への薬剤送達制御向上

November, 21, 2022, Urbana--

数十年間、明るい蛍光シアニン色素は、ガン細胞が広がる歩哨リンパ節、蛍光ガイド手術におけるガン性腫瘍の特定など様々な医療処置で使われてきた。 広く利用されており、多様であるが、これら合成染料は、状況によっては、その使用を制 […]

全文を読む

チャルマーズの新発見、転移ガンとの闘いに臨み

November, 21, 2022, Gothernburg--

チャルマーズの研究チームによると、転移性腫瘍は、それが成長する組織にその代謝を適応させる。  体中の新たな臓器で分裂し、発展するガンと闘うのは著しく難しくなる。今回、チャルマーズの研究者は、源発から広がるこれらの転移性ガ […]

全文を読む

持ち帰り用カップのフタの形状拝借、ドローンウイングの危険検知学習

November, 18, 2022, West Lafayette--

ソーダの持ち帰り用カップのフタの妙に満足がいく小さなドームは、いずれ、翼付ドローンを急降下から救うことになるかも知れない。 ドローンの翼のこの反転式ドームのパタンにより、ドローンは瞬時に危険な状況がどうであるかを思い出し […]

全文を読む

ニューロンのタンパク質「交通マヒ」は神経変性に関連

November, 17, 2022, Lausanne--

EPFLの研究者は、タンパク質複合体の機能不全が、どのように毒性タウ形態を構築につながるかを明らかにしている。タウは、アルツハイマー病や他の神経変性疾患に関わるタンパク質。 アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性 […]

全文を読む

マイクロおよびナノスケール3Dプリンタ

November, 17, 2022, Lyngby--

ATLANT 3D Nanosystemsは、マイクロスケー、ナノスケールで3Dプリントするプリンタを作製している。スタートアップである同社は、その革新的プリンタの受注を獲得しており、最初の顧客はNASA。2022年秋、 […]

全文を読む

ミニチュア太陽フレアを大型レーザで実験室に生成

November, 16, 2022, 福岡--

九州大学大学院と他大学の研究者で構成される研究グループは、世界有数の大型レーザである大阪大学レーザ科学研究所の激光XII号を用いて、高エネルギープラズマ中で、太陽フレアと同様、磁力線が繋ぎ替わるとともにプラズマが加熱・加 […]

全文を読む

AIベース映像解析活用、交差点における安全・安心向上に向けた共同実証

November, 15, 2022, 東京/Blacksburg--

日本電気株式会社(NEC)とバージニア工科大学交通研究所(VTTI)は、AIベースの映像解析技術を活用して、交差点周辺のドライバーや歩行者、その他の道路利用者に対して、安全情報や警告を通知する共同実証を実施した。 202 […]

全文を読む

DLにより、3Dプリント部品のX線 CT検査を高速、正確に

November, 15, 2022, Oak Ridge--

米国エネルギー省オークリッジ国立研究所(ORNL)で開発された新しいディープラーニング(DL)フレームワークは、積層造形(AM)された金属部品をX線CTを使って、結果の正確さを高めながら、検査プロセスを高速化する。 「ス […]

全文を読む

EPFL、”Grätzel”ソーラセル、新記録達成

November, 15, 2022, Lausanne--

EPFL研究チームは、色素増感太陽電池のパワー変換効率を直射日光で15%、周囲光条件で30%を超える成果を発表した。 メソスコピック色素増感太陽電池(DSCs)は、1990年代にBrian O’ReganとM […]

全文を読む

赤外光を照射した半金属における巨大屈折率分散の発見と機構解明

November, 14, 2022, 東京--

東京大学物性研究所の室谷悠太 特任研究員、神田夏輝 助教および松永隆佑 准教授らの研究グループは、同研究所の池田達彦 助教、吉信淳 教授および小林洋平 教授ら、および米国の研究グループと協力して、半金属に赤外光を照射する […]

全文を読む

触手ロボット、脆弱な物体を優しくつかむ

November, 14, 2022, Cambridge--

今日のほとんどロボットグリッパは、オペレータの技量とともに、内蔵センサ、複雑なフィードバックループ、先端マシンラーニングアルゴリズに依存することで、脆弱で不規則な形状の物体をつかむ。HarvardSEASの研究者は、簡単 […]

全文を読む

UC Santa Barbara、磁気光学変調器

November, 11, 2022, Santa Barbara--

UCSBの研究チームは、極低温と室温のコンピュータの間の相互作用を簡素化するデバイスを開発している。 極低温で動作する最先端技術は多い。超伝導マイクロプロセッサや量子コンピュータは、コンピュテーションの変革を約束するが、 […]

全文を読む

高速カメラ、神経細胞を伝播する信号をキャプチャ

November, 11, 2022, Pasadena--

指先からの感覚が脳に記録されるまでに時間がかかるが、それは超高速現象である。神経を移動する触覚信号は、100マイル/時間である。神経信号の中には、さらに高速のものがあり、300マイル/時間のスピードに近づく。 Calte […]

全文を読む

ニューラルネット、水中でコンピューティング

November, 10, 2022, Cambridge--

スマートフォン、コンピュータ、データセンタのマイクロプロセッサは、固体半導体で電子を操作することで情報を処理するが、われわれの脳は異なるシステムである。脳は、情報の処理のために液体中のイオン操作に依存している。 脳からヒ […]

全文を読む

純青色発光量子ドット(QD)の精密合成と電子顕微鏡による原子レベル構造決定

November, 10, 2022, 東京--

東京大学大学院理学系研究科化学専攻の中村栄一特別教授らの研究グループは、一辺当たり4つ、計64個の鉛原子からなる立方体の純青色ペロブスカイトQD(論文ではQD4)を高精度かつ無欠陥で合成し、蛍光発光波長463 nm、半値 […]

全文を読む

様々な元素の分布を可視化する「放射化イメージング」に成功

November, 10, 2022, 東京--

早稲田大学理工学術院の片岡淳教授らの研究チームは、他大学の研究者と共同で、様々な元素の分布を可視化する革新的手法「放射化イメージング」を提案し、その原理を実証した。  これまで可視化ができなかった薬物でも体の外からイメー […]

全文を読む

DTU、チャルマーズ、単一レーザと光チップで1.8 Pbps伝送

November, 9, 2022, Chalmers--

デンマーク工科大学(DTU)、チャルマーズ技術大学の国際研究グループは、単一ファイバと単一光チップだけを使用して1.8Pbps伝送世界記録を樹立した。  研究グループの代表Victor Torres Companyがチッ […]

全文を読む

青色GaN系フォトニック結晶レーザの高出力・高ビーム品質動作に成功

November, 9, 2022, 京都--

京都大学電子工学専攻の野田進教授、DE‐ZOYSA Menaka 講師、石崎賢司 特定准教授、スタンレー電気株式会社の江本渓研究員、小泉朋朗研究員らのグループは、青色で動作する窒化ガリウム(GaN)系フォトニック結晶レー […]

全文を読む

表面プラズモン共鳴による超高強度電磁場の実現

November, 9, 2022, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科の羽原英明准教授は、摂南大学理工学部電気電子工学科の井上雅彦教授、タタ基礎研究所(インド)のA.D. Rad博士研究員 G.R. Kumar教授、上海交通大学(中国)のM. Chen研究員、Z.M […]

全文を読む

NTT、光で液体の特性や液中の粒子を超高感度に検出する技術を実現

November, 9, 2022, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、液体中の所望の位置で粒子や粘性を計測できる光ファイバを用いた超高感度センシング技術を実現した。  液体の粘性や液中物質を高感度に検出・評価する技術の開発は、医療・材料応用に加え、レオロジ […]

全文を読む

LiDARとレーダセンサを省スペースでヘッドライトに組み込み

November, 8, 2022, Munich--

人間は、眼と耳を使って潜在的な危険に関わる交通状況を収集する。自動運転車が同じことをするには、多くのセンサが必要になる。しかし、搭載するセンサの数が増すにつれて、それらを収容するために必要なスペースも増加する。設計者のビ […]

全文を読む

液体のリアルタイム化学分析に微小lab-on-a-chip

November, 8, 2022, Wien--

指先サイズのチップが、大きな実験室装置に取って代わる。TU Wienで液体の内容を1秒足らずで分析する赤外センサが開発された。 分析化学では、液体中のある物質の濃度変化を数秒のタイムスケールで正確にモニタすることが必要に […]

全文を読む

変性眼疾患の早期診断に新デバイス

November, 7, 2022, Lausanne--

EPFLの研究チームは、眼科用デバイスを開発した。これは、最初の兆候が始まるよりもずっと前に、一部の変性眼疾患診断に使用できる。初期の臨床試験では、プロトタイプは、わずか5秒で十分な精度の画像を生成した。 失明に至る変性 […]

全文を読む

GaN系微小光源(短共振器レーザ・microLED)、 独自基板と工法を開発

November, 7, 2022, 京都--

京セラ株式会社は、独自の成膜技術を応用し、GaN系微小光源(短共振器レーザ・microLED)を作製するためのSi(シリコン)ベースの独自基板とその基板を用いたGaN系微小光源の新工法(デバイスプロセス)を開発し、世界で […]

全文を読む

AIコンピューティング効率を高めるチップ

November, 4, 2022, Stanford--

スタンフォードのエンジニアは、より効率的で柔軟なAIチップを作製した。こはAIのパワーを微小なエッジデバイスに持ち込むことができる。  AI活用エッジコンピューティングは、われわれの生活ですでに普及している。ドローン、ス […]

全文を読む

眼科用レーザシステムにミニポンプレーザモジュール

November, 4, 2022, Berlin--

目の網膜剥離は、視覚障害、さらに失明に至る。レーザ凝固は、レーザポインタを使用して網膜の孔や亀裂を処置する確立された方法である。この技術は、糖尿病性網膜症、AMDなど病気治療に使用されている。しかし、現在利用されているシ […]

全文を読む

ミニ組織モデルへの経血管刺激を電気化学的に計測
がんオルガノイドを用いた薬剤評価システムへ展開~

November, 4, 2022, 福岡--

東北大学、京都大学、九州大学の共同研究チームによると、人工多能性幹細胞(iPSC)や生体幹細胞から生体のミニ組織(オルガノイド)を作ることが可能となったことで、薬剤探索ツールとしての活用が期待されている。  ミニ組織モデ […]

全文を読む

NTT、海中音響通信技術活用1Mbps/300m伝送達成し完全遠隔無線制御型水中ドローンを実現

November, 2, 2022, 厚木--

日本電信電話(NTT)、NTTドコモ(ドコモ)、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、海中での高速無線通信の実現をめざし、海中音響通信技術を用いた共同実験を行い、世界初の海中音響通信による浅海域(水深30m程度 […]

全文を読む

短距離光通信向け光コヒーレント伝送方式開発、高速光信号伝送に成功

November, 1, 2022, 東京--

情報通信研究機構(NICT)ネットワーク研究所のボリブーン・ブッサラ研究員とソアレス・ルイス・ルーベン主任研究員らのグループは、短距離光通信の大容量化のため、簡易な装置構成の光コヒーレント伝送方式を開発し、高速光信号伝送 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。