コヒレント特設ページはこちら

Science/Research

ぼやけた光を利用して高品質の光学部品を3Dプリント

May, 15, 2024, Washington--

新しい方法は、表面が平滑な商用グレードのマイクロレンズを製造し、光学デバイスの設計を前進させる可能性がある。 カナダの研究者は、商業レベルの光学品質のマイクロレンズを迅速に製造できるぼかし断層撮影と呼ばれる新しい3Dプリ […]

全文を読む

捕まえにくい3Dプリントナノ粒子、新しい形状変化材料につながる可能性

May, 15, 2024, Stanford--

スタンフォード大学の材料エンジニアは、一瞬で形を変える有望な新材料を生み出すと長い間予測されていた、製造が困難な数万個のナノ粒子を3Dプリントした。 ナノマテリアルでは、形は運命である。つまり、材料内の粒子の形状によって […]

全文を読む

ロボット神経「カフ」、一連の神経症状処置に有用

May, 15, 2024, Cambridge--

ロボット神経の「カフ」は、様々な神経疾患の治療に役立つ可能性がある。 ケンブリッジ大学の研究者らは、フレキシブルエレクトロニクスとソフトロボティクス技術を組み合わせて、テンカンや慢性疼痛などの様々な疾患の診断と治療、また […]

全文を読む

富士通、ガンタイプ分けなどのゲノム医療分野の課題を世界最高精度で解く、説明可能なAI技術を開発

May, 14, 2024, 東京--

富士通は、テキストや画像、数値などの複数の異なる形式のデータを、知識を抽象化して体系化するナレッジグラフとしてAIを用いて自動的に統合し学習することで、その大規模データから高精度に原因や内容を判定、推定する説明可能なAI […]

全文を読む

AIが超解像度顕微鏡を強化

May, 14, 2024, Dresden--

新しいジェネレーティブモデルにより、既存のアプローチよりも効率的に画像を計算することができる。 生成人工知能(AI)は、ChatGPTやStable Diffusionなどのテキストや画像を作成するアプリケーションで最も […]

全文を読む

AI活用システムは、記録的な速さでサンゴを3Dでマッピング

May, 14, 2024, Lausanne--

EPFLで開発された人工知能(AI)システムは、カメラ映像からわずか数分でサンゴ礁の3Dマップを作成できる。これは、トランスナショナル・紅海センタ(TRSC)のような組織にとって、深海探査と保全の能力における大きな飛躍を […]

全文を読む

量子コンピュータのコンパイラ高速化技術を開発

May, 13, 2024, 東京--

情報通信研究機構(NICT)は、理化学研究所、東京理科大学、東京大学と共同で、量子コンピュータに最適な量子ゲートシーケンスを確率的探索手法を用いて迅速に探索する技術の開発に初めて成功した。 量子コンピュータにタスクを実行 […]

全文を読む

MIT、未知の材料でプリントする方法を解明できる3Dプリンタ

May, 10, 2024, Cambridge--

MITは、未知の材料でプリントする方法を理解できる3Dプリンタを発表した。 この進歩は、3Dプリンティングをより持続可能なものにし、特性評価が困難な再生可能またはリサイクル可能な材料を使用したプリントを可能にする可能性が […]

全文を読む

蝶に触発されたAI技術が飛躍

May, 10, 2024, University Park--

交尾に関しては、ヘリコニウス蝶にとって2つのことが重要である。それは、潜在的なパートナーの外観と匂い。黒とオレンジの蝶は信じられないほど小さな脳を持っているが、両方の感覚入力を同時に処理する必要がある – こ […]

全文を読む

違法象牙を検出するレーザ技術

May, 10, 2024, Northbrook--

違法な象牙と合法的なマンモス牙の象牙を迅速に区別する新しい方法は、違法な象牙取引と戦うために不可欠なことが証明される可能性がある。ブリストル大学とランカスター大学(Universities of Bristol and […]

全文を読む

ロボットインタフェースがソフトタッチをマスター

May, 9, 2024, Lausanne--

EPFLの研究者は、マシュマロから心臓の鼓動まで、様々な素材の柔らかさを再現できる触覚デバイスを開発し、これまでロボット工学者が逃れてきた一見複雑な課題を克服した。 柔らかさの知覚は、当然のことであるが、多くの行動や相互 […]

全文を読む

LZH、水没文化財探査のためのLIBSシステム開発

May, 9, 2024, Hannover--

EUのプロジェクトNERITESでは、LZHは複数のパートナーと協力して、海に沈んだ文化財や遺物を独立かつ非破壊で検査できるシステムを開発している。LZHが開発しているのは、水深100m用のコンパクトなLIBSシステム。 […]

全文を読む

ナノスケールで電気分極の反転を観察できる新しい顕微鏡手法を開発

May, 8, 2024, 仙台--

東北大学電気通信研究所の平永良臣准教授および未来科学技術共同研究センターの長康雄特任教授らの研究グループは、東京工業大学物質理工学院材料系の舟窪浩教授らの研究グループとの共同研究を通じて、強誘電体の分極反転挙動をナノスケ […]

全文を読む

ブルーペロブスカイトLED性能強化新戦略

May, 8, 2024, Hefei--

中国科学技術大学(USTC)の崔林松教授の研究チームは、ケンブリッジ大学のSamuel D. Stranks教授のチームと協力して、ペロブスカイト材料をベースにした青色発光ダイオード(LED)の性能を向上させるための新し […]

全文を読む

AIモデルGPT-4、眼病の正確な評価で医師を凌駕

May, 8, 2024, Lausanne--

ある研究によると、AIモデルGPT-4は、専門外の医師が目の問題を評価し、アドバイスを提供する能力を大幅に上回っていることがわかった。 GPT-4の臨床知識と推論スキルは、専門の眼科医のレベルに近づいていることが、ケンブ […]

全文を読む

AIの新たな説得力:考えを変えることができる

May, 7, 2024, Lausanne--

EPFLの新しい研究では、大規模言語モデルの説得力が実証されており、GPT-4について個人情報へのアクセスについて議論した参加者は、人間と議論した参加者に比べて、意見を変える可能性がはるかに高いことがわかった。 「インタ […]

全文を読む

裏庭の昆虫から光学材料インスピレーション

May, 2, 2024, University Park--

米国ペンシルベニア州立大学の研究チームは、一般的な裏庭の昆虫であるヨコバイが生成するナノ構造粒子が、不可視クロークや反射防止コーティングなどのアプリケーション向けの新世代の光学材料にインスピレーションを与える可能性がある […]

全文を読む

新しい高速マイクロスケール3Dプリンティング技術

May, 2, 2024, Stanford--

マイクロスケール3Dプリンティングの新しいプロセスでは、医療、製造、研究などのアプリケーション向けに、ほぼすべての形状の粒子を、1日あたり最大100万個の粒子のペースで作り出す。 3Dプリントされた微細粒子は、肉眼では埃 […]

全文を読む

NTT、多種多様な光ファイバを通信断なく分岐・合流させる実験に成功

May, 1, 2024, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、用途ごと・設置場所ごとに異なる様々な種類の光ファイバにおいて、通信断を生じさせることなく分岐・合流させる施工技術を世界で初めて実証した。 この成果により、通信事業者における設備構築コスト […]

全文を読む

CMU、レーザ粉末床溶融AMで縮小ポロシティを特定

April, 30, 2024, Pittsburgh--

金属鋳物の一般的な欠陥である収縮気孔率が、レーザ粉末床溶融結合積層造形で特定された。 カーネギーメロン大学(CMU)、William Frieden Templetonは、レーザ粉末床溶融結合(PBF-LB)プロセスパラ […]

全文を読む

機械学習活用による量子ドットの電荷状態推定と可視化に基づく更なる性能改善を実証

April, 30, 2024, 仙台--

東北大学大学院工学研究科の武藤由依大学院生(電気通信研究所所属)、同大学材料科学高等研究所(WPI-AIMR)の篠﨑基矢特任助教と大塚朋廣准教授(電気通信研究所兼任)、同大学未踏スケールデータアナリティクスセンターの志賀 […]

全文を読む

3Dプリンティングの助けを借りた人工軟骨

April, 26, 2024, Wien--

TU Wienでは、3Dプリンタで作られた微細構造で細胞を成長させるという、人工組織を製造する新しいアプローチを開発した。 例えば、損傷した軟骨を置き換えるために、ラボで組織を成長させることは可能か。TU Wienでは、 […]

全文を読む

3Dプリンティングの機能性を高める新しいプラスチックコーティング

April, 25, 2024, Nottingham--

ノッティンガム大学(University of Nottingham)の科学者とエンジニアは、3Dプリンティングで使用されるプラスチック粒子用の新しいコーティングを開発し、その機能を大幅に向上させ、商業用途の新たな可能性 […]

全文を読む

機械的接合部のないフレキシブルデバイスを3Dプリントするためのインク

April, 25, 2024, Lausanne--

EPFLの研究者は、局所的に機械的特性が変化する対象物を3Dプリントし、面倒な機械的接合部の必要性を排除するエラストマーベースのインクを備えた次世代のソフトアクチュエータとロボットをターゲットとしている。 ソフトロボティ […]

全文を読む

国際宇宙ステーションと地上間での秘密鍵共有と高秘匿通信に成功

April, 25, 2024, 東京--

情報通信研究機構(NICT)、東京大学大学院工学系研究科(研究科長: 加藤 泰浩)、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所、次世代宇宙システム技術研究組合及びスカパーJSAT株式会社は、低軌道上の国際宇宙ステーション […]

全文を読む

NTT、イギリス・アメリカ各国にて遠距離データセンタ間を接続する実証実験に成功

April, 24, 2024, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)と株式会社NTTデータグループ(「NTTデータグループ」)は、イギリスおよびアメリカ国内においてNTTグループ保有のデータセンタ間をIOWN APNで接続する実証を行った。 この実証では約1 […]

全文を読む

バイオエレクトロニクス向けトランジスタ製造に3Dマイクロプリンタ

April, 24, 2024, Stockholm--

バイオエレクトロニクスと重要なセンサにおける革新のスピードは、デバイスの迅速なプロトタイピングのための技術の発表により、新たな勢いを増している。 KTH王立工科大学とストックホルム大学の研究チームは、標準的なNanosc […]

全文を読む

心臓弁を3Dプリンティング

April, 23, 2024, Montreal--

機能性心臓弁の3Dプリンティング。 CHU Sainte-Justineの研究者、Houman SavojとPh.D学生Arman Jafariによるこの驚くべき発見は、権威ある学術誌「Advanced Function […]

全文を読む

光電子運動量顕微鏡を二刀流にアップグレード

April, 23, 2024, 大阪--

自然科学研究機構分子科学研究所/総合研究大学院大学の松井文彦教授、解良聡教授、自然科学研究機構分子科学研究所の萩原健太特任研究員(IMSフェロー)、中村永研技術職員、牧田誠二技術職員、大阪大学 産業科学研究所の菅滋正招へ […]

全文を読む

超短光パルスで高精度「人工ノーズ」実現

April, 23, 2024, Wien--

ウィーン工科大学(TU Wien)で、新しい分光法が開発された:一連のレーザパルスを使用して、化学分析を以前よりもはるかに速く、より正確に行うことができる。 自然界の環境サンプルを分析する場合、あるいは化学実験を監視する […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。