Science/Research

インクジェットプリンティング活用、ポータブルマルチスペクトル3Dカメラ実現

July, 1, 2024, Washington--

インクジェットプリンティング活用手のひらサイズのライトフィールドカメラは、自動運転、リサイクル材料の分類、リモートセンシングを改善できる可能性がある。 KIT研究者はインクジェットプリンティングを使用して、ライトフィール […]

全文を読む

ペロブスカイト発光ダイオードから近赤外円偏光の発生に成功

June, 28, 2024, 東大阪市--

近畿大学理工学部 応用化学科教授 今井AE喜胤、大阪公立大学大学院工学研究科教授 八木繁幸らの研究グループは、近年注目の半導体材料であるペロブスカイト量子ドットを発光層に用いた、ペロブスカイト発光ダイオードに外部から磁力 […]

全文を読む

近赤外光を選択的に吸収する無色透明な有機半導体材料を開発

June, 27, 2024, 大阪--

大阪大学産業科学研究所の横山創一助教、家裕隆教授らの研究グループは、近赤外光を選択的に吸収しつつ、無色透明な特性を示す有機分子の設計と開発に成功した。 近赤外光は太陽光に含まれている視認できない光で、高い生体透過性、物質 […]

全文を読む

光ファイバからの輝度で世界最高レベル出力5kW青色レーザ発振器を開発

June, 21, 2024, 東京--

古河電気工業株式会社と日亜化学工業株式会社(日亜化学)は、従来比1.5倍以上の出力800Wの青色レーザダイオードモジュール(LDM)を共同開発した。 古河はこの青色LDMをレーザ発振器に搭載することにより、光ファイバから […]

全文を読む

業界初、ワイヤ・レーザ金属3Dプリンタによる マグネシウム合金の高精度な積層造形技術を確立

June, 21, 2024, 東京--

三菱電機株式会社(三菱電機)、熊本大学先進マグネシウム国際研究センター(MRC)、東邦金属株式会社(東邦金属)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、金属3Dプリンタ業界で初めて、ワイヤ・レーザDED方式によるマグネシウム […]

全文を読む

筋骨格ロボットの筋肉冗長性を十分に活用する制御手法を開発

June, 20, 2024, 仙台--

東北大学の研究者は、筋骨格ロボットの筋肉であるアクチュエータの冗長性を活用するために、関節が外力に対して元に戻ろうとする剛性の調節やアクチュエータの故障への適応を自律的に実現する制御手法を開発した。 動物の動作は複数の筋 […]

全文を読む

可視光から近赤外まで発光が様々に変色するマイクロビーズ

June, 20, 2024, つくば--

NIMSの研究チームは、クエン酸などを主原料とした、環境に優しいマイクロビーズ型の発光材料の開発に成功した。 NIMSの研究チームは、クエン酸などを主原料とした、環境に優しいマイクロビーズ型の発光材料の開発に成功した。こ […]

全文を読む

IOWN オールフォトニクスネットワーク(APN)による低遅延通信を活かした秘密計算でのAI分析環境の実用性を実証

June, 19, 2024, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、IOWN オールフォトニクス・ネットワーク(All-Photonics Network、以下APN)による通信の特徴である大容量・低遅延を活かし、複数のデータセンタ(DC)に分散配置され […]

全文を読む

微小作物健康センサ、食料品のコスト削減に有用

June, 19, 2024, Melbourne--

国際的なエンジニアチームが開発した赤外線イメージング機能を備えたコンパクトで軽量なセンサシステムは、ドローンに簡単に取り付けて作物を遠隔監視することができる。 このフラット光学技術は、様々な産業における環境センシングのた […]

全文を読む

暗視技術に革命を起こす新しい全光学的アプローチ

June, 19, 2024, Melbourne--

ARC Centre of Excellence for Transformative Meta-Optical Systems(ARCの革新的なメタ光学システムセンタ)の研究者は、暗視技術への新しいアプローチを提供する […]

全文を読む

多方向多色波長制御可能フレキシブル/伸縮デバイス

June, 19, 2024, Pohang--

浦項科学技術大学(POSTECH)のチームは、電気工学科のSu Seok Choi教授と博士課程のSeungmin Nam教授が率いる、あらゆる方向の光の波長を制御できる新しい伸縮性フォトニックデバイスを開発した。この先 […]

全文を読む

伸縮性E-スキン、ロボットに人レベルの接触感覚付与

June, 18, 2024, Austin--

史上初の伸縮性のある電子スキンは、ロボットやその他のデバイスに人間の皮膚と同じ柔らかさとタッチ感度を装備し、高い精度と力の制御を必要とするタスクを実行するための新しい可能性を開く可能性がある。 テキサス大学オースティン校 […]

全文を読む

EPFL、フォトニックチップ上でのレーザの微細化

June, 18, 2024, Lausanne--

EPFLの科学者たちは、窒化ケイ素(SiN)フォトニックチップ上の強力なエルビウムベースのファイバレーザの小型化に成功した。一般的なエルビウム系ファイバレーザは大型でスケールダウンが難しいため、このブレークスルーは光通信 […]

全文を読む

MicrosoftとQuantinuumの共同研究チーム、信頼性の高い論理量子ビットに関する画期的な実証実験結果

June, 18, 2024, Broomfield/London--

世界最大の総合量子コンピューティング企業Quantinuumは6月5日に、同社の量子コンピュータ「H2-1」の大幅なアップグレードを行い、新たに業界で初めて56量子ビットを搭載したイオントラップ量子コンピュータとしての運 […]

全文を読む

高稼働率の光格子時計で世界最高水準の時刻系を生成

June, 17, 2024, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)計量標準総合センター 物理計測標準研究部門 小林拓実 主任研究員らと、横浜国立大学 赤松大輔 准教授らは、光格子時計によって高精度な時刻系を230日間連続して生成することに成功した。 現在、光 […]

全文を読む

高速スピン応答によるテラヘルツ光の電流変換に成功

June, 17, 2024, 東京--

東京大学などの共同研究グループは、磁性と強誘電性を持つマルチフェロイクスのスピン励起に注目することで、テラヘルツ領域での光起電力効果の実証を行った。 今回得られた成果は、今まで実現が難しいと考えられていたテラヘルツ領域の […]

全文を読む

プラズマ照射で腱の治癒を促進-次世代型腱再生医療-

June, 14, 2024, 大阪市--

アキレス腱は、人間の体内で最も大きく強靭な靭帯である。アキレス腱断裂は、30歳から40歳代のスポーツ愛好家に多く起こり、装具固定などの安静加療の期間が長く、スポーツ復帰や職場復帰に時間がかかってしまう。 大阪公立大学大学 […]

全文を読む

高出力レーザによるブレークスルーのための機械学習の活用

June, 14, 2024, Aachen--

Lawrence Livermore National Laboratory (LLNL)、Fraunhofer Institute for Laser Technology ILT、Extreme Light Infr […]

全文を読む

エキシトン(励起子)で地上最薄レンズ実現

June, 13, 2024, Amsterdam--

レンズは、光を曲げたり集束したりするために使用される。通常のレンズは湾曲形状でこの効果を得ているが、アムステルダム大学とスタンフォード大学の物理学者は、量子効果を利用した原子3個分の厚さの平面レンズを作った。このタイプの […]

全文を読む

理研、電子の回折をアト秒で制御

June, 12, 2024, 和光--

理化学研究所(理研)開拓研究本部 森本超短パルス電子線科学理研白眉研究チームの森本 裕也 理研白眉研究チームリーダー(光量子工学研究センター 超短パルス電子線科学理研白眉研究チーム 理研白眉研究チームリーダー)らの国際共 […]

全文を読む

AI駆動機械の安全性促進は人との密接な協働が必要

June, 12, 2024, Tampere--

タンペレ大学(Tampere University)で進行中の研究プロジェクトは、業界のニーズを満たすために、高度に自動化されたオフロード移動式機械用の適応可能な安全システムを作成することを目的としている。 調査によると […]

全文を読む

NIH、AIは、網膜イメージングを100倍速くする

June, 11, 2024, Bethesda--

NIHの科学者は、「P-GAN」と呼ばれる人工知能を使用して、目の奥の細胞の次世代イメージングを改善している。 米国国立衛生研究所(NIH)の研究者は、人工知能(AI)を応用して、目の細胞の高解像度画像を生成する技術を開 […]

全文を読む

2D材料で量子ブレイクスルー

June, 11, 2024, Manchester--

科学者たちは、層状の2次元材料の「単一の原子欠陥」が室温でマイクロ秒の間量子情報を保持できることを発見し、量子技術の進歩における2次元材料の可能性を強調している。 マンチェスター大学とケンブリッジ大学の研究者が、六方晶窒 […]

全文を読む

シリコンチップ上に世界最小の量子光検出器を開発

June, 11, 2024, Bristol--

ブリストル大学(University of Bristol)の研究者は、世界最小の量子光検出器(ディテクタ)をシリコンチップに集積することで、量子技術のスケーリングにおいて重要なブレークスルーを達成した。 情報化時代を解 […]

全文を読む

高強度テラヘルツ電流が引き起こす特異な超伝導スイッチング動作の発見

June, 10, 2024, 東京--

京都大学、関口文哉 化学研究所特定助教(現:東京大学特任助教)、金光義彦 同教授(現:同特任教授)、廣理英基 同准教授、小野輝男 同教授、成田秀樹 同特定助教らの研究グループは、直流電流の流れている超伝導体にテラヘルツ波 […]

全文を読む

金属3Dプリントプロセス中の2次元画像で3次元多孔質構造を予測 ―従来の手法と比較して18倍の時間短縮

June, 10, 2024, 東京--

東京大学大学院工学系研究科の長藤圭介准教授、趙漠居(チョウバクイ)講師、大河原崚大学院生(研究当時)らの研究グループは、SOLIZE株式会社の西来路正彦研究員、吉﨑寛研究員と共同で、金属積層造形プロセスを高速で最適化する […]

全文を読む

100兆分の1秒の一瞬で生きた細胞の姿を捉えることに成功

June, 7, 2024, 東京--

東京大学先端科学技術研究センタ他で構成される研究グループは、生きた哺乳類細胞の姿を観察できる軟X線顕微鏡を開発した。 従来のX線顕微鏡では、放射線ダメージのために生きた細胞の観察は困難だった。この研究では、広視野の結像ミ […]

全文を読む

UZHハイブリッドカメラとAI、ドライバーは歩行者を迅速に検出

June, 7, 2024, Zurich--

人工知能(AI)とバイオインスパイアードカメラを組み合わせることで、現在の車載カメラの100倍の速さで歩行者や障害物を検知することができる。 University of Zurich (UZH)の研究者が達成したコンピュ […]

全文を読む

脊髄損傷を修復するための赤色光線療法がマイルストーンを通過

June, 7, 2024, Birmingham--

Bioengineering and Translational Medicine誌に掲載されたバーミング大学の最新の研究は、この新しい治療アプローチの最適な「用量」を決定し、感覚と運動の大幅な回復、損傷した神経細胞の再 […]

全文を読む

POC質量分析計のキーコンポーネントを3Dプリント

June, 6, 2024, Cambridge--

質量分析は、サンプルの化学成分を正確に識別できる技術であり、慢性疾患に苦しむ人々の健康状態を監視するために使用できる。たとえば、質量分析計は、甲状腺機能低下症の人の血液中のホルモンレベルを測定できる。 しかし、質量分析計 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。