All about Photonics

Science/Research

ブリストル大学、3Dプリント音響浮揚技術を開発

August, 23, 2017, Bristol--

空中浮遊技術はもはや実験室だけのものではない。ブリストル大学(University of Bristol)のエンジニアが、3Dプリント音響浮揚装置を開発し、簡単に空中にモノを浮揚させる方法を実現したことによる。この新技術 […]

全文を読む

理研と東大、量子力学的な作用による光電変換を実証

August, 22, 2017, 東京--

理化学研究所(理研)と東京大学の共同研究グループは、シフト電流と呼ばれる量子力学的な光電流の発生を、有機分子性結晶のtetrathiafulvalene-p-chloranil(TTF-CA)において実証することに成功し […]

全文を読む

ナノフォトニクスと熱電を使って光波長の違いを検出

August, 22, 2017, Pasadena--

Caltechのエンジニアは、2つの別の技術を統合した初の光ディテクタを開発した。1つは、ナノスケールで光を操作するナノフォトニクス、もう1つは温度差を直接電子ボルトに変換するサーモエレクトリクス(熱電)、これらを統合し […]

全文を読む

眼の細胞構造の3Dイメージングを改善する新しいOCT技術

August, 22, 2017, Vienna--

光コヒレンストモグラフィ(OCT)は、高解像度ライブイメージング技術である。OCTは、加齢黄斑変性症、糖尿病関連の状態、緑内障や血管閉塞などの網膜関連の病気の早期発見に使用できる。とは言え、網膜の細胞分解能、さらに良い結 […]

全文を読む

次世代LEDライト製造のコストと時間を削減するHPC4Mfgプロジェクト

August, 21, 2017, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)は、LEDメーカーSORAAと協働して、GaN結晶成長のための同社の研究規模プロセスの新しいコンピュータモデルを創ろうとしている。狙いは、プロセスの改善を窒化ガリウム(GaN)の採 […]

全文を読む

3Dプリントした4億年前の魚の化石で人間への進化的関連が明らかに

August, 18, 2017, Canberra--

4億年前の魚の化石を研究したオーストラリア国立大学(ANU)のチームは、進化系統の一部をなす顎の構造が人と関連があることを発見した。  化石は、キャンベラの北西50km、Lake Burrinjuck付近の古代石灰石から […]

全文を読む

ラトガーズ大とジョージア工科大、3Dプリンターに3レイヤ技術導入

August, 18, 2017, Atlanta--

アディティブマニファクチャリング(AM)は、航空宇宙コンポーネントから医療インプラントまでの重要な分野で従来の製造工程に取って代わろうとしている。しかし、そのプロセスは3Dプリンターを制御するソフトウエア依存であるため、 […]

全文を読む

オックスフォード大学、生体組織を3Dプリントする新方法を開発

August, 18, 2017, Oxford--

オックスフォード大学の研究チームは、実験室生成の細胞を3Dプリントして生体組織を造る新しい方法を開発した。  研究チームによると、そのアプローチは再生医療を変革する可能性がある。身体の病気、損傷を受けた部分をサポート、修 […]

全文を読む

ディズニーリサーチ、アニメキャラクターの物理的形状設計法開発

August, 17, 2017, Pittsburgh--

ディズニーリサーチ(Disney Research)は、アーティストやホビィイストがアニメキャラクターに物理的形態を与えるのに役立つケーブル駆動メカニズムの設計法を開発した。  ケーブルと結合部によりキャラクターの望まし […]

全文を読む

ブリガムヤング大学、マイクロ流体lab on a chipを3Dプリント

August, 17, 2017, Provo--

ブリガムヤング大学(BYU)の研究チームは、100µm以下のサイズで効果的に使えるマイクロ流体デバイスを3Dプリントした最初のチームである。マイクロ流体デバイスは微小なチップで、血液のようなサンプルの病気バイオマーカー、 […]

全文を読む

3Dプリンティングを使って心伝導系を可視化

August, 15, 2017, Liverpool--

リバプールジョンムーア大学(LJMU)、マンチェスター大学、オーフス大学、ニューキャスル大学の研究チームは、心伝導系、心臓を鼓動させる特別な細胞を前例なく詳細に示す3Dデータを生成する方法を開発した。研究成果は、Scie […]

全文を読む

大阪大学、「切らない組織診断」でリアルタイムにガンを診断

August, 10, 2017, 大阪--

大阪大学大学院医学系研究科の松井崇浩特任助教、石井優教授(免疫細胞生物学)、森正樹教授(消化器外科学)らの研究グループは、固定、染色などの工程を行わずに、生きた組織のまま大腸の深部まで迅速に観察でき、大腸がんをリアルタイ […]

全文を読む

現在と同じ細さの光ファイバで世界最大の118.5Tbps伝送を実現

August, 10, 2017, 東京--

日本電信電話(NTT)とKDDI総合研究所、住友電気工業(住友電工)、フジクラ、古河電気工業(古河電工)、日本電気(NEC)、千葉工業大学(千葉工大)は、現在広く使用されている光ファイバと同じ細さで、1本に4個の光の通り […]

全文を読む

フラウンホーファーFEP、大面積照明を可能にする高伝導箔

August, 10, 2017, Dresden--

フラウンホーファー研究所FEP(Fraunhofer Institute for Organic Electronics, Electron Beam and Plasma Technology FEP)とSefar A […]

全文を読む

UCF研究者、フォトンファネル作製に3Dプリンティングを利用

August, 9, 2017, Orland--

全米科学財団(NSF)は、400,049ドルの助成金をセントラルフロリダ大学(UCF)を中心とするチームに授与し、チームは「フォトンファネル」という集光・光制御用の新しいデバイスを開発する。  集光は、様々なエレクトロニ […]

全文を読む

3Dプリンティング技術を利用してギリシア工芸品の理解促進

August, 9, 2017, Wellington--

ヴィクトリア大学ウェリントン古典博物館(Victoria University of Wellington’s Classics Museum)における3Dプリンティング技術の利用では、学生たちが、3Dプリン […]

全文を読む

トゥエンテ大学、ガンと闘う世界最小3Dプリントロボット

August, 8, 2017, Enschede--

開発されたロボット、Stormram 4は、3Dプリントされたプラスチックでできており、空気圧で駆動する。プラスチックの利点は、ロボットがMRIスキャナで使えることである。MRIで乳がんをスキャンしている間に生検を行うこ […]

全文を読む

LLNL、3Dプリンティングの欠陥の理由を発見

August, 7, 2017, Livermore--

通常のレーザベース3Dプリンティングプロセスの高速画像が、新しくアップデートされたコンピュータモデルと一体になって、材料再配分の背後のメカニズム、プリントされた金属パーツの欠陥につながる現象が明らかになった。  ローレン […]

全文を読む

ハイブリッドナノ粒子を使い水中でラピッド3Dプリンティング

August, 3, 2017, Jerusalem--

ヘブライ大学のナノサイエンス&ナノテクノロジーセンター(Hebrew University of Jerusalem’s Center for Nanoscience and Nanotechnology)の研 […]

全文を読む

理研、X線自由電子レーザの創薬利用が前進

August, 2, 2017, 和光--

理化学研究所(理研)放射光科学総合研究センターの内藤久志先任研究員と国島直樹グループダイレクターらと高輝度光科学研究センター(JASRI)の共同研究グループは、X線自由電子レーザ(XFEL)施設「SACLA[2]」を用い […]

全文を読む

Twente大学、290Hz線幅ナローバンドレーザを開発

August, 2, 2017, Enschede--

トゥウェンテ大学は、Lionix社と共同で世界最高狭線幅ダイオードレーザOn a Chipを開発した。  このレーザは、急成長するフォトニクス領域のブレイクスルーであり、これにより5Gインターネットや精密GPSなどのアプ […]

全文を読む

エルビウムベース集積フォトニクスデバイスの可能性に見通し

August, 2, 2017, Tempe--

アリゾナ州立大学の研究チームは、希土類金属エルビウムを光増幅の利得材料として用いてブレイクスルーを達成した。この成果は、微小チップ光技術で初めて利用可能になる。また、光集積の分野で10年来の目標達成である。光集積では、パ […]

全文を読む

QUT、乳がんの救命治療に役立つ3Dプリンティング

August, 1, 2017, Brisbane--

クイーンズランド工学大学(QUT)名誉教授、Dietmar W Hutmacherは、再生と化学療法を統合する個別化医療研究を主導している。  Advance Queensland助成金を受けて同教授は、学際的チームを指 […]

全文を読む

オーストラリアの研究者、多能性幹細胞を3Dプリント

July, 28, 2017, Wollongong--

ARC Centre of Excellence for Electromaterials Science(ACES)に本部があるウーロンゴン大学University of Wollongongの研究チームは、カスタム開 […]

全文を読む

3Dプリント可能な設計を素早く最適化するInstantCADプラグインを開発

July, 28, 2017, Cambridge--

マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピュータサイエンス/人工知能研究所(CSAIL)とコロンビア大学の研究者は、CADプログラムの最適化を迅速かつ容易にするInstantCADツールを開発した。論文によると、設計者は […]

全文を読む

東京大学、世界最高性能の半導体光変調器を開発

July, 28, 2017, 東京--

東京大学は、技術研究組合光電子融合基盤技術研究所(PETRA)との共同研究により、従来と比較して光損失を10分の1に低減し、5倍の効率で電気信号を光信号に変換できる世界最高性能の半導体光変調器の開発に成功した。この光変調 […]

全文を読む

VCUラボ、マストドン化石を3Dスキャン

July, 27, 2017, Richmond--

バージニアコモンウェルス大学(VCU)ラボは、18000年以上前に死んだマストドンの化石になった遺骸、牙の先、擦切れた歯、足の指の骨、肋骨、下顎の骨など、氷河期の化石を3Dスキャンしたと発表している。  16260B.C […]

全文を読む

NASA、WVUの3Dプリント二酸化チタン研究に10万ドルの助成金

July, 26, 2017, Irving--

ウエストバージニア大学(WVU)で研究チームが開発した技術がNASA Sample Return Robot Challengeを獲得し、火星に向かうことになりそうだ。  産業および管理システム工学教授、Majid Ja […]

全文を読む

光超音波リアルタイム3Dイメージングを実現する超音波センサ開発

July, 25, 2017, 東京--

ジャパンプローブ株式会社 研究開発センター長の大平克己氏らの研究開発グループは、1024個の超音波受信用の圧電振動子を球面形状に配置した超音波センサを開発し、光超音波イメージング法によるリアルタイム3Dイメージングを実現 […]

全文を読む

NTT、シリコンプラットフォーム上に高性能な光変調器を実現

July, 21, 2017, 東京--

日本電信電話(NTT)は、将来の光通信用集積回路の作製プラットフォームであるシリコンフォトニクス技術を用いた光変調器にインジウムリン系化合物半導体を融合した小型・低消費電力・低損失な光変調器を開発した。変調領域長が0.2 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。