All about Photonics

Science/Research

特定の化学物質を簡便に検出できる高分子ゲルを開発

May, 31, 2017, 東京--

東京工業大学 物質理工学院 応用化学系の佐々木俊輔博士研究員(日本学術振興会特別研究員)、小西玄一准教授らの研究グループは、特定の組成を持つ化学物質を認識し、紫外光(UV)を照射すると蛍光が消光されて分解する、光トリガー […]

全文を読む

世界最軽量「手のひらサイズ582g」医療用ガンマ線可視化カメラ開発

May, 30, 2017, 東京--

早稲田大学理工学術院の片岡淳教授らの研究チームは、大阪大学、量子科学技術研究開発機構、浜松ホトニクス株式会社と共同で、ガンマ線を可視化する世界最軽量の小型カメラ(重量580グラム)を開発した。さらにこのカメラを用いて、3 […]

全文を読む

隠れた物性情報を引き出す新しい電子顕微鏡技術の開発

May, 30, 2017, つくば--

NIMSの研究グループ他は、電子ビームを使った顕微鏡において、電子のエネルギーがゼロに近い領域から高エネルギーまでの広いエネルギー範囲でナノ薄膜を一度に計測する新発想の汎用の分光顕微鏡技術を開発し、その有効性を実証した。 […]

全文を読む

涙一滴を使って痛風診断ストリップ

May, 30, 2017, Seoul--

これまでにない、一滴の涙を使った痛風患者の診断ストリップをKAIST研究チームが発表した。この技術は、涙の生体分子を分析し非侵襲的に診断する。従来必要とされていた診断よりも大幅な時間と費用の節約になる。  バイオ/脳工学 […]

全文を読む

超解像度顕微鏡で細胞と薬剤耐性細菌との闘いを明らかに

May, 29, 2017, Frankfurt--

ゲーテ大学フランクフルト(Goethe University Frankfurt)のIvan Dikic と Mike Heilemannの研究チームは、新しい抗生物質治療につながる可能性がある炎症シグナリングプラットフ […]

全文を読む

電界で光を制御する新しい方法を発見

May, 29, 2017, Lincoln--

ノースカロライナ州立大学(NC State University)の研究チームは、電界で光を制御する技術を発見した。  NC State材料科学・工学准教授、Linyhou Caoによると、この方法はコンピュータに計算能 […]

全文を読む

KAIST、レーザホログラフィック技術で生物細胞の3D挙動を制御

May, 29, 2017, Seoul--

KAIST物理学部研究チームは、光学的操作技術を開発した。これにより複雑な形状の微小サンプルの位置、方向、形状を自由にコントロールすることができる。  従来の光学的操作技術「光ピンセット」は、微小粒子にマイクロスケールの […]

全文を読む

デチューンドDFBレーザで帯域増

May, 26, 2017, Glasgow--

UKの独立系III-Vオプトエレクトロニック半導体ファウンドリ、CST Globalは、ポルトガル、Faroで開催されるオプティクス&フォトニクス(AOP)会議にリサーチエンジニア、Horacio Cantuが招待された […]

全文を読む

マイクロヒーター/サーモメタ統合デバイスを作製

May, 26, 2017, Lincoln--

ネブラスカ大学リンカーン校Ming Hanは、最新の研究成果の一つ、レーザ加熱で華氏2000度に達する、シリコンチップ光ファイバデバイスを発表した。室温から300度へは一瞬で上昇する。  デバイスの加熱能力は、グリーンハ […]

全文を読む

LLNL、レーザで炭素-14を計測する機器を開発

May, 25, 2017, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)は、炭素-14(放射性炭素)を計測するレーザベース卓上装置を開発した。  生物系では、人や動物で炭素-14は微量の栄養素、毒、治療の追跡をする生物化学追跡子として使用できる。例えば […]

全文を読む

レーザベースグラフェンで殺菌、生物付着防止

May, 24, 2017, Houston--

ライス大学(Rice University)とネゲヴ・ベン=グリオン大学(BGU)の研究チームは、レーザ誘起グラフェン(LIG)が極めて効果的な防汚材料であり、電気を通すと害虫駆除装置になることを発見した。  LIGはグ […]

全文を読む

imecとHolst Centre、正確でローコストの眼球運動検出ソリューション

May, 24, 2017, Antwerp--

ImecとHolst Centreは、電気センシングで眼球の動きをリアルタイムで検出するセンシング技術の開発を発表した。これは次世代の眼球追跡技術に道を見らくものであり、imecのソリューションは仮想現実(VR)や拡張現 […]

全文を読む

デュアル周波数コムで分光学的にガスセンシング

May, 23, 2017, Turich--

チューリッヒ工科大学(ETH)の研究グループは、デュアル周波数コムを以前よりも著しく簡単に安価に作製する方法を開発した。  量子エレクトロニクス研究所のUrsula KellerをリーダーとするETHの研究グループは、今 […]

全文を読む

ナノファイバで細胞の力を感じ、音を聞く

May, 22, 2017, San Diego--

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究チームは、泳ぐバクテリアが生成する力を感じ、細胞の心筋細胞の鼓動を聞くことができる感度を持つ微小デバイスを開発した。  デバイスはナノサイズの光ファイバで、ヘリコバクタピ […]

全文を読む

大きな期待を担う共役ポリマから生成したナノ粒子

May, 22, 2017, Washington--

共役ポリマの慎重な設計により光蛍光性ナノ粒子を造る方法をKAUSTの研究チームが開発した。  そのような微小ポリマベースの粒子は、医療イメージング用の蛍光タグとして、従来の有機染料や無機半導体量子ドットの代替となる。   […]

全文を読む

世界最大のX線レーザが初のレーザ発振

May, 22, 2017, Hamburg--

ハンブルク大都市圏にヨーロッパのXFEL、世界最大のX線レーザが、9月の公式オープニングを前にして最後の大きな節目に到達した。3.4km長のファシリティは、そのほとんどが地下トンネルにあり、初めてX線レーザ光を生成した。 […]

全文を読む

レーザパルスで未来の超伝導を解明

May, 22, 2017, Trieste--

室温超伝導の研究で前進があった。凝縮系物理学と材料科学の最先端の実験で、効率的なエネルギー利用の夢が実現可能であることが明らかにされた。イタリア国際先端研究校(SISSA)、Università Cattolica di […]

全文を読む

光音響学で小動物の内臓活動を可視化

May, 19, 2017, Billerica--

生物医学エンジニアは、小動物の内部構造全体を生で見ることができる。活動している器官、血流、メラノーマ細胞の循環、神経ネットワークの発火を見ることができる十分な解像度がある。  ”single-impulse […]

全文を読む

光学「ノイズ」から隠れた対象物を追跡する方法を開発

May, 19, 2017, Washington--

セントラルフロリダ大学(University of Central Florida)の研究チームは、散乱媒体の背後に隠れた対象物を、その動きによって生ずる光「ノイズ」の振動を解析することによつて追跡する新しいソリューショ […]

全文を読む

「残留光伝導」がバイオエレクトロニクスの新しいツールになる

May, 19, 2017, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(NC State)の研究チームは、半導体材料上で細胞の挙動を操作する新しいアプローチを開発した。このアプローチでは、光を使って材料そのものの伝導性を変える。 「半導体との関連で細胞挙動をコントロ […]

全文を読む

埋立地の汚染検出を改善する新しいアプローチ

May, 18, 2017, Washington--

ブラジルの企業、Embrapa Instrumentationの研究チームは、LIBS技術の改善を報告し、LIBSが浸出液の水銀を検出できることを確認した。  水銀は、埋立地の浸出液に見つかる最も危険な化学物質の一つ。野 […]

全文を読む

WiFiを使うホログラフィックプロセスで3D画像を生成

May, 18, 2017, Munich--

ミュンヘン工科大学(TUM)の研究チームは、WiFiトランスミッタの放射を描画して周辺環境の3D画像を生成するホログラフィックイメージングプロセスを開発した。産業設備のオペレータは、これを使って製造現場を動く対象物を追跡 […]

全文を読む

新開発のハンドヘルドファイバオプティックプローブでガンの内視鏡診断

May, 17, 2017, Washington--

ガンの内視鏡診断への重要ステップで、ハンドヘルドファイバオプティックプローブが開発された。これは、組織染料を用いることなく、多くの非線形イメージング技術アプリケーションで使用できる。新しいマルチモーダルイメージングプロー […]

全文を読む

結腸腫瘍をターゲットにした侵襲の少ない内視鏡

May, 16, 2017, Billerica--

EUの研究とイノベーションプログラム、Horizon 2020で助成金を得たヨーロッパの研究グループは、画期的な、コンパクトで使いやすい内視鏡の開発に取り組んでいる。これは、前がん状態のポリープや早期直腸がんの特定と診断 […]

全文を読む

ファイバベースセンサで橋梁やダムの構造欠陥を迅速に検出

May, 16, 2017, Washington--

ダムや橋梁など大型構造物の構造的健全性の連続モニタに分布センサを利用することに関心が高まっている。100万センシングポイントを持つ新開発のファイバオプティックセンサは、現状のものよりも構造欠陥の検出が著しく向上している。 […]

全文を読む

「容積」イメージング法で採血なしの化学物質含有量検査

May, 15, 2017, Lafayette--

組織深く浸透する特殊タイプのレーザビームを使う「化学イメージング」システムは、ドラッグテスト、ガンや糖尿病などの病気の早期発見を含め、分析に採血の必要をなくする技術につながる。  同システムは、誘導ラマン顕微鏡・トモグラ […]

全文を読む

レーザと重力を使って板ガラスを曲げる

May, 15, 2017, Freiburg--

フラウンホーファー材料力学研究所IWMが開発した新技術により、レーザビームの助けを借りて板ガラスを複雑な、特殊な形状に曲げることができる。この技術は、建築家や設計者にとって全く新しい製品に道を開くものである。ガラスには特 […]

全文を読む

3Dプリンティング用の消去可能なインクを開発

May, 12, 2017, Karlsruhe--

レーザ直描による3Dプリンティングで、正確に定義された特性を持つマイクロメートルサイズの構造を作製する。カールスルーエ工科大学(KIT)の研究チームは、3Dプリンティングに使用するインクを消去する方法を開発した。この方法 […]

全文を読む

華東師範大学、糖尿病をワイヤレスで制御

May, 12, 2017, Shanghai--

華東師範大学(ECNU)研究グループは、糖尿病のマウスにインシュリンを送達する細胞を正確に制御する新技術を開発した。この実験成果は、光遺伝学細胞プロセスと新開発のスマートフォンアプリケーションの組合せで発表された。  光 […]

全文を読む

産総研と九大、次世代有機EL用発光材料の発光メカニズムの謎を解明

May, 12, 2017, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)分析計測標準研究部門ナノ分光計測研究グループ 細貝拓也研究員、松﨑弘幸主任研究員と、九州大学(九大)最先端有機光エレクトロニクス研究センター 中野谷 一准教授、安達千波矢教授らは共同で、次世代 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。