All about Photonics

Science/Research

3Dスキャナが事件現場で科学捜査を手助け

February, 27, 2020, Jena--

犯人が残した靴跡やタイヤ痕を見つけると、科学捜査は、通常、石膏でそのような靴跡、タイヤ痕を採る。これは、時間のかかる手順であり、跡も壊される。フラウンホーファーIOFのポータブル3Dスキャナを使うと、そのような跡は、数秒 […]

全文を読む

高周波磁気共鳴の検出がエレクトロニクスを変革

February, 26, 2020, Riverside--

UCリバーサイドの物理学チームは、検出が極めて難しいテラヘルツ電磁波のための電子検出法を発見した。この発見は、マイクロチップで検出器を小型化し、感度を高める。 テラヘルツは、電磁波周波数の単位で、1THzは1000GHz […]

全文を読む

KIT、プリンタブル光センサの材料成分を発見

February, 26, 2020, Heidelberg--

KITチームは、波長を区別でき、光でデータ伝送ができるプリンタブル有機フォトダイオードを開発している。  カメラ、光バリア、運動センサは、共通点が1つある。それらは、すでに多くのアプリケーションで見られる光センサで動作す […]

全文を読む

シドニー大学、産業用に光を成形するローコスト材料を発表

February, 25, 2020, Sydney--

太陽電池で利用される結晶材料がレーザ光を操作する安価な代替となることが発見された。潜在的なアプリケーションは、通信、医療診断、コンシューマオプトエレクトロニクス。 研究成果はAdvnced Scienceに発表された。 […]

全文を読む

食品媒介の病気を容易に検出できるポータブルデバイス

February, 25, 2020, West Lafyette--

米国では、食中毒は毎年6人に1人の割合で起こる。疾病対策予防センタ(Centers for Disease Control and Prevention)の推定では、4800万人のアメリカ人が、31の既知の病原菌1つ以上 […]

全文を読む

2D材料でできた高速光ディテクタ

February, 21, 2020, Zurich--

ETH-Zurichの2つの研究グループが共同で新しい光ディテクタを開発した。それは、シリコン光導波に結合した異なる材料の2D層で構成されている。将来、このアプローチがLEDsや光変調器の作製にも利用できる。 高速、高効 […]

全文を読む

光で光を制御、全光コンピューティングの新プラットフォーム

February, 21, 2020, Cambridge--

ハーバードJohn A. Paulson工学と応用科学(SEAS)とハーバード大学Wyss Instituteの研究者は、McMaster University および University of Pittsburghの […]

全文を読む

新旧の顕微鏡を統合して細胞内部でもベストの3D画像を生成

February, 21, 2020, Berkeley--

Howard Hughes Medical Institute (HHMI) とUC Berkeleyの研究チームは、電子顕微鏡と最新の超分解能顕微鏡を統合することで、複雑な細胞内部を、すべて3Dで非常に詳細に見ることが […]

全文を読む

球形よりもプレートレットの方がスクリーンを経済的にする

February, 20, 2020, Zurich--

ETH-Zurich研究チームは、スクリーン向けに、QLED技術の開発をさらに進めた。チームは、一方向だけに高強度光を発光する光源を初めて作製した。これは、散乱損失を減らし、極めてエネルギー効率の良い技術になる。 QLE […]

全文を読む

顔、口、頭蓋組織再建のバイオプリンティングに280万ドルの助成金

February, 19, 2020, University Park--

顔、口および頭蓋の欠陥をシームレスに補正することは至難の業である。骨、筋肉、脂肪や皮膚を含む様々な組織の精密スタッキングが必要になるからである。現在、ペンシルバニア州立大学の研究者は、頭蓋顎再建のための適切な組織を3Dバ […]

全文を読む

シリコンスピン量子ビットの高速読み出しに成功

February, 19, 2020, 東京--

理化学研究所(理研) 創発物性科学研究センター 量子機能システム研究グループの野入亮人特別研究員、武田健太研究員、樽茶清悟グループディレクター、東京工業大学 工学院 電気電子系の小寺哲夫准教授の共同研究チームは、シリコン […]

全文を読む

単一分子による共鳴ラマン散乱を可視化

February, 19, 2020, 札幌--

理化学研究所(理研)開拓研究本部Kim表面界面科学研究室のラファエル・ハクルビア基礎科学特別研究員、今田裕研究員、早澤紀彦専任研究員、金有洙主任研究員、北海道大学量子化学研究室の岩佐豪助教、武次徹也教授らの共同研究チーム […]

全文を読む

東京大学、反強磁性金属薄膜のテラヘルツ異常ホール効果を観測

February, 19, 2020, 東京--

東京大学 物性研究所の松田 拓也 特任研究員、松永隆佑 准教授らの研究グループは、同 大学院理学系研究科 物理学専攻および同研究所の中辻知 教授の研究グループおよび米国の研究グループと協力して、室温において反強磁性金属の […]

全文を読む

フラウンホーファーHHI、新しい1Gbit/s USB Li-Fiモジュール

February, 18, 2020, Berlin--

Fraunhofer Heinrich Hertz Institute HHIは、USB駆動、低消費電力Li-Fiシステムの開発に初めて成功した。これにより、モバイルLi-Fiエンドデバイスで最高データレート1Gbit/ […]

全文を読む

MIPT、THz検出に商用グラフェン

February, 14, 2020, Moscow--

MIPTとValiev Institute of Physics and Technologyの研究チームは、市販入手可能なグラフェンでテラヘルツ放射の共鳴吸収を証明した。これは、効率的なTHzディテクタ設計への重要な一 […]

全文を読む

生きた組織を内包できる物体を3Dプリント

February, 14, 2020, Cambridge--

生きたバクテリアの挙動を制御する3Dプリンティングシステムは、いずれ、治療薬を組み込んだ医療デバイスを可能にする。 予測できる方法で生きた有機体を制御できる三次元(3D)物体をプリントする方法をMITなどの学際的研究チー […]

全文を読む

結晶化した有機顔料は10µm厚でも光と電気を変換

February, 14, 2020, 東京--

東京農工大学大学院工学研究院先端物理工学部門の嘉治寿彦准教授と片山美樹雅研究員(当時)、分子科学研究所物質分子科学研究領域分子機能研究部門の平本昌宏教授、中尾聡研究員(当時)らの研究グループは、有機顔料も適切に結晶化する […]

全文を読む

新しい数学モデルで脳腫瘍の放射線治療を改善

February, 13, 2020, Waterloo--

放射線治療を最適化し、治療中に死滅させられる腫瘍細胞の数を増やす新しいモデルが開発された。 その新しい数学モデルは、ウオータールー大学(University of Waterloo)の学生が主導する最近の研究で説明された […]

全文を読む

ハーバードWYSS研究所、3Dプリント臓器に近道

February, 13, 2020, Cambridge--

犠牲インク書き込み技術により、大きな、血管を持つ人臓器構成要素(OBBs)の3Dプリンティングが可能である。  米国では臓器移植待ちで毎日20人が死亡する。他方で年間30000以上の移植が行われているが、臓器ウエイティン […]

全文を読む

遠赤外域を見るコロイド量子ドットフォトディテクタ

February, 12, 2020, Barcelona--

遠赤外で光を検出できるコロイド量子ドットフォトディテクタの開発がNanolettersに報告された。 中赤外から遠赤外(5µm)における光センシングは、様々な分野で非常に重要になってきている。環境モニタリング、ガスセンシ […]

全文を読む

世界最薄クラスの航空機用電子走査アレイアンテナ技術を開発

February, 12, 2020, 東京--

三菱電機は、情報通信研究機構(NICT)と共同で、飛行中の旅客機内における100Mbps以上の大容量・高速通信を目指し、厚み3cm以下の世界最薄クラスのKa帯対応航空機用電子走査アレイアンテナ(AESA)技術を開発した。 […]

全文を読む

東工大、世界最小のクロック回路を5 nm CMOSで開発

February, 12, 2020, 東京--

東京工業大学 工学院 電気電子系の岡田健一教授らと株式会社ソシオネクストの研究グループは、最先端の5 nm FinFET CMOSプロセスで世界初となる世界最小の高性能分数分周型クロック回路の開発に成功した。  この回路 […]

全文を読む

シェフィールド大、抗菌部品を3Dプリント

February, 10, 2020, Sheffield--

シェフィールド大学(University of Sheffield)の研究チームは、一般細菌に耐性がある3Dプリント部品を初めて製造した。これは、病院や介護施設などでMRSAなどの感染の広がりを止めることができ、被害を受 […]

全文を読む

シリコンでフォトンを分ける方法を発見

February, 10, 2020, Austin--

テキサス大学オースチンUniversity of Texas at Austin、UC Riversideの研究チームは、シリコンと有機、炭素ベース分子の間のエネルギー移転、以前から仮定されていた現象を作り出す方法を見い […]

全文を読む

可変光共振器でトランスペアレンシーを制御

February, 10, 2020, Sunnyvale--

量子の世界では、ある環境下、適切な干渉パタンで、光は不透明媒体を透過できる。 光のこの特性は、数学的トリックを超える。光量子メモリ、光ストレージ、1度にわずかなフォトンの相互作用に依存する他のシステム、いわゆる電子誘導透 […]

全文を読む

3Dプリントセルでがん細胞を捉える

February, 10, 2020, Atlanta--

患者サンプルの数十億の血液細胞から一握りのがん細胞を見つけることは無駄骨となり得る。3Dプリントされた細胞トラップで可能になった新しいアプローチで、研究者は干し草を除去してがん細胞を露出させる。 がん細胞程度のサイズの白 […]

全文を読む

神経作用の光モニタリングに新しいナノプローブ

February, 7, 2020, Santa Cruz--

神経回路研究への新たなアプローチは、微小電極や、遺伝子組換えを必要とする蛍光ベースの光技術の両方にメリットがある。   UC サンタクルズ(Santa Cruz)の研究チームは、ニューロンや他の興奮細胞の生体活動をモニタ […]

全文を読む

微弱な紫外線や放射線を世界最高の感度で検出する色素を開発

February, 7, 2020, 奈良--

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 物質創成科学領域 光情報分子科学研究室の朝戸良輔氏、河合壯教授、中嶋琢也准教授、センシングデバイス研究室の柳田健之教授、河口範明准教授らは、紫外光の照射により色が変化するフォ […]

全文を読む

薄型 CMOS センサによる脳内 pH のリアルタイム観察に成功

February, 7, 2020, 豊橋--

脳虚血やてんかんなどの脳病態では、異常なpH(水素イオン濃度)が観察されており、生体の脳内pHを超高解像度で計測することによって、新たな病気の仕組み解明や治療法に結びつく可能性がある。  自然科学研究機構 生理学研究所の […]

全文を読む

産総研、深層学習による赤外線画像のカラー化技術を開発

February, 7, 2020, つくば--

つくば―産業技術総合研究所(産総研)分析計測標準研究部門ナノ分光計測研究グループ 永宗靖主任研究員は、多層の人工ニューラルネットワークを用いた深層学習による赤外線画像の可視光カラー化技術を開発した。これにより、これまでモ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。