All about Photonics

Science/Research

メタマテリアルでTHzイメージャを開発

July, 4, 2014, Boston--

ボストン大学などの研究チームは、高速、高効率、高忠実テラヘルツ(THz)イメージングシステムを可能にする新しいメタマテリアルを開発した。  ボストン大学物理学Willie Padilla教授によると、これは「多重」チュー […]

全文を読む

「分子ムービー」技術、バイオイメージング、ヘルスリサーチに貢献

July, 4, 2014, Corvallis--

オレゴン州立大学(OSU)の研究チームは、これまでに存在するものよりも強力なイメージング技術を開発した。この技術は、生命過程を実際に起こっている通りに分子レベルで観察できるスピードがある。  旧いムービーでは、一度に1フ […]

全文を読む

ロスアラモス研究所、QD太陽電池に新アプローチ

July, 3, 2014, Los Alamos--

ロスアラモスの研究グループは、ナノ加工量子ドットでほぼ4倍のキャリア増幅を実証した。キャリア増幅は、単一フォトンが多数の電子を励起する時に起こる。量子ドットは、次世代太陽電池の基盤になり得る新しいナノ構造で、青とUVフォ […]

全文を読む

原子1個の誤差も無い半導体量子ドットの作製に成功

July, 3, 2014, Tokyo--

日本電信電話(NTT)は、ドイツのポール・ドルーデ研究所(PDI)及び米国のネイバル・リサーチ研究所(NRL)との連携により、原子1個の誤差もない高精度で位置と構造が制御された量子ドットと、それを組み合わせた人工分子を作 […]

全文を読む

複合材料に内蔵した世界初の小型光モニタリングシステム

July, 2, 2014, Leuven--

ナノエレクトロニクス研究センタimec、ゲント大学(Ghent University)とヨーロッパFP7プロジェクトSMARTFIBERのパートナーは、複合材料に完全内蔵可能な世界初の小型光センサシステムを実証した。   […]

全文を読む

リバプール大学、トーフ成分が太陽光パネル製造を変革

July, 1, 2014, Liverpool--

トーフ(豆腐)とバスソルトを作るのに使われる化学物質が、太陽電池作製に使われる毒性が強く高価な物質を置き換えることができる。  塩化カドミウムは現在、世界中の何百万もの太陽パネルで使用されている太陽電池技術の重要成分であ […]

全文を読む

UCリバーサイド、磁気応答液晶を開発

July, 1, 2014, Riverside--

カリフォルニア大学リバーサイドの化学者たちは、外部磁界で即時に、また可逆的にコントロールできる光学特性を持つ液晶を作製した。これは瞬時、非接触磁気操作性を利用する新しいディスプレイアプリケーション、サイネージ、ポスター、 […]

全文を読む

フェムト秒レーザで脳内物質投与

June, 30, 2014, Okinawa--

物理学と神経生物学の英知を組み合わせることでパーキンソン病に取り組むことについて、沖縄科学技術大学大学院(OIST)のKeshav Dani准教授は「OIST以外ではとてもできない研究です」と、語っている。  沖縄科学技 […]

全文を読む

MITの神経化学者、光照射で筋収縮を制御

June, 30, 2014, Cambridge--

MITの神経化学者は、光遺伝学を動物の脊髄に適用して筋肉の動きを制御できることを初めて実証した。この技術により、光でニューロンの電気パルスを制御できる。  MIT研究所Emilio Bizzi教授の研究チームは、神経活動 […]

全文を読む

LZH、重力波計測に宇宙で使用するファイバアンプを開発

June, 30, 2014, Hannover--

欧州宇宙機関(ESA)が2034年に「第3大型ミッション」を宇宙に送る最の目標は重力波の発見にある。レーザセンタハノーバ(LZH)は、必要となるレーザ用のファイバ増幅器の開発を始めた。  LZHの単一周波数レーザグループ […]

全文を読む

カンザス州立大、高調波発生から光源

June, 27, 2014, Manhattan--

 カンザス州立大物理学者の提案は、実験室のテーブルトップ光源実現の新しい方法になる可能性がある。  物理学研究助手、チェン・ジン氏(Cheng Jin)、物理学名誉教授チー・ドン・リン氏(Chii-Dong Lin)の研 […]

全文を読む

ポータブル脳マッピング機器で記憶障害を「見る」

June, 27, 2014, Arlington--

テキサス大アーリントン校の研究チームは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を持つ退役軍人学生が、単純な記憶作業から情報を取り出すように要求されたとき、ポータブル脳マッピング機器を使って前頭前野活動に限界があることを示すこ […]

全文を読む

3D金属パーツ製造に効率的なアプローチを開発

June, 26, 2014, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、積層製造の課題となっている問題に新しい、より効率的なアプローチを開発した。これは選択的レーザ溶融(SLM)を使用するアプローチで、パーツが所望の特性を持つように適切 […]

全文を読む

ライス大学、高効率太陽電池製造にワンステッププロセス

June, 26, 2014, Houston--

ライス大学の研究チームは、太陽電池に最大量の太陽光が届くようにする、高効率材料製造のワンステッププロセスを開発した。  同大学化学者、Andrew Barron氏は、ナノスケールスパイクをシリコンにエッチングする簡単な方 […]

全文を読む

UTアーリントン、結晶磁性炭素と近赤外レーザを使い薬事/遺伝子治療

June, 26, 2014, Arlinton--

テキサス大学アーリントン(UT Arlington)物理学の研究チームは、レーザ技術を使って、周辺組織に損傷を与えることなく細胞レベルで薬事療法や遺伝子治療を行う方法を開発した。この方法は、遺伝子疾患、ガン、神経疾患に罹 […]

全文を読む

光電気化学電池の効率的集光にモスアイ構造を利用

June, 26, 2014, Zurich--

スイス連邦材料・科学技術研究所(Empa)の研究チームは、集光効率を飛躍的に高めるモスアイ構造を造り、光電気化学電池を開発した。この電池は、安価な原材料、鉄と酸化タングステンでできている。  サビ、つまり酸化鉄が太陽電池 […]

全文を読む

LMU化学者、新しいタイプの赤色フォスファ材料を開発

June, 25, 2014, Munich--

ルートヴィッヒ・マクシミリアン大学ミュンヒェン(LMU)無機固体化学チェア、Wolfgang Schnick教授の研究チームは、フィリップス(Philips Technologie GmbH)のDr. Peter Sch […]

全文を読む

ピラミッド構造でOLEDの輝度向上

June, 25, 2014, Ann Arbor--

白熱電球の効率はわずか5%であるが、リン光有機発光ダイオード(PHOLED)は、注入電流の100%を光に変えることができる。  PHOLEDは、スマートフォン画面やムード照明には適しているが、明るく光らせようとすると効率 […]

全文を読む

EPFL、効率的な光回路設計方法を開発

June, 24, 2014, Fremont--

EPFL(École Polytechnique Fédérale de Lausanne)の研究チームは、フォトニック結晶ナノキャビティ(PCN)を最適化する迅速で効果的な方法 […]

全文を読む

トロント大学、安価で軽量な太陽電池を開発

June, 24, 2014, Tronto--

トロント大学電気&コンピュータ工学部の研究チームは、新しい種類の太陽光に感度のあるナノ粒子を設計しテストした。  固体で、安定的なナノ粒子のこの新しい形態は、コロイド量子ドット(QD)と言われており、安価で柔軟 […]

全文を読む

カーボンナノチューブベースの新しいTHzディテクタを開発

June, 24, 2014, Livermore--

サンディア国立研究所は、ライス大学、東京工業大学と協働で、カーボンナノチューブベースの新しいテラヘルツディテクタを開発した。これにより、医療イメージング、空港の乗客スクリーニング、食品検査などで大幅な改善が期待できる。 […]

全文を読む

ガラス基板上に低コストでLEDディスプレーを作製する技術を開発

June, 24, 2014, Tokyo--

東京大学生産技術研究所、藤岡洋教授は、安価なガラス基板上に低コストでLEDディスプレーの作製を可能とする技術を開発した。  これを可能にするブレイクスルー技術は、原子が不規則に並んだ(非晶質)ガラス基板上にグラフェン層を […]

全文を読む

エネルギー供給制御でレーザをスイッチON/OFF

June, 23, 2014, Vienna--

ウィーン工科大学(TU Vienna)の研究チームは、エネルギー供給を増やすとレーザがOFFになり、エネルギーを減らすとレーザがONになる、逆説的な振る舞いを示すレーザ結合システムを作製した。  このようにして、光を用い […]

全文を読む

ブラウン大学、唾液のグルコースレベルを検出するセンサを開発

June, 20, 2014, Providence--

ブラウン大学の研究チームは、唾液のような複雑な体液のグルコース濃度を選択的に測定できる新しいバイオチップセンサを開発した。  このアプローチは、染料化学とプラズモン干渉分光法を組み合わせている。血液ではなく唾液を使う、信 […]

全文を読む

量子力学的振動を高精度計測に応用

June, 20, 2014, Vienna--

ウィーン工科大学(TU Vienna)の研究チームは、量子力学的振動を高精度計測に利用する新しい方法を開発した。よく知られているRamsey干渉計のコンセプトを数100の原子で構成される多粒子系に適用する。  量子レベル […]

全文を読む

新しいセンサで食品の有害細菌を検出

June, 20, 2014, Highfield--

食品媒介バクテリアのサンプルを検出しサンプルを収集するように設計された新しい機器のトライアルをサザンプトン大学(University of Southampton)の研究チームが行っている。  Biolismeプロジェク […]

全文を読む

KIT、核スピンqubitを電気で制御

June, 19, 2014, Karlsruhe--

カールスルーエ工科大学(KIT)の研究者とフランスのパートナーは、量子コンピュータ実現に向けた重要な一歩を踏み出すことに成功した。単一分子磁石におけるスピンカスケードを利用して、研究チームは核スピンを電界で操作する方法を […]

全文を読む

光エコーで通常では見ることができない領域を可視化するカメラを開発

June, 19, 2014, Bonn/Vancouver--

ボン大学(University of Bonn)とブリティッシュコロンビア大学(university of British Columbia)の研究チームは、ミラーを使わずに角を曲がった箇所を見ることができる新しいカメラ […]

全文を読む

セシウムを吸収した植物の細胞内での分布の可視化に世界で初めて成功

June, 18, 2014, Tsukuba--

NIMS国際ナノアーキテクトニクス研究拠点YAMATO-MANAプログラムの小松広和研究員と有賀克彦主任研究者・超分子ユニット長らは、RIKEN環境資源科学研究センターのアダムス英里特別研究員、Ryoung Shin(申 […]

全文を読む

富士通研、世界最高速CPU間通信向け56Gbps受信回路を開発

June, 18, 2014, Tokyo--

富士通研究所は、次世代サーバに搭載されるCPUなどのチップ間データ通信において、世界最高速である56Gbpsの高速データを受信可能な受信回路を開発した。  サーバのデータ処理能力を向上させるため、CPUの高性能化とともに […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。