All about Photonics

ニュース

レーザ穿孔フィルタで廃水のプラスチック粒子を除去するプロジェクト

February, 6, 2020, Aachen--

マイクロプラスチックが、毎日、われわれの下水や環境に入ってくる。しかし下水処理プラントは、これらの微小なプラスチック粒子を十分に除去できていない。  2019年以来、ドイツBMBF(ドイツ連邦教育研究省)助成、SimCo […]

全文を読む

Nitride Semiconductor、UV-LED特許訴訟でRayvioに勝訴

February, 6, 2020, 徳島--

ナイトライド・セミコンダクター株式会社(NS)は、米国カリフォルニア州のUV-LED企業であるRayvio Corporation(Rayvio)との特許訴訟に勝訴した。  2020年1月13日、米国カリフォルニア州北部 […]

全文を読む

光周波数帯で作動する高速応答ダイオードを実現

February, 5, 2020, 仙台--

東北大学大学院工学研究科の松浦大輔(当時 修士学生)、清水信(助教)、湯上浩雄(教授)のグループは金属―絶縁体―金属トンネルダイオードにおいて、トンネル層と金属の間に自然酸化膜を意図的に成長させることでダイオードの高速応 […]

全文を読む

ジグザグ配線した光アンテナで環境に優しい高感度赤外線検出器を実現

February, 5, 2020, つくば--

NIMSは、多数の光アンテナをジグザグ配線で接続した独自の構造を用い、実用レベルの高い感度を持ち、毒性の低い赤外線検出器を実現した。  長い間用いられてきた水銀やカドミウムを含む冷却式の高感度検出器に置き換わり、ガス分析 […]

全文を読む

新たな近赤外光線免疫療法の応用、小細胞肺癌を光で破壊

February, 5, 2020, 名古屋--

名古屋大学などの研究グループは前臨床研究として、DLL3を分子標的とする小細胞肺癌に対する近赤外光線免疫療法の開発に成功した。  小細胞肺癌は悪性度の高い腫瘍で、治療の選択肢は限られている。小細胞肺癌に対する新たな治療標 […]

全文を読む

ネオフォトニクス、ハイパワーSOAと狭線幅レーザをサンプル出荷

February, 5, 2020, San Jose--

NeoPhotonics Corporationは、長距離自動車LiDARアプリケーション向けにハイパワーSOAsと狭線幅(NLW) DFBレーザのサンプル出荷を発表した。 ネオフォトニクスのSOAsとNLWレーザは、ア […]

全文を読む

ナノ厚フレキシブルタッチスクリーンを新聞のようにプリント

February, 4, 2020, Melbourne--

RMITの研究チームは、新聞のようにプリントでき、ロールアウトできる超薄型、ウルトラフレキシブル電子材料を開発した。アプリケーションは、将来のタッチスクリーンである。 そのタッチ・レスポンシブ技術は、既存のタッチスクリー […]

全文を読む

メタホログラム光学デバイスをコミュニケーションツールに使用

February, 4, 2020, Pohang--

ホログラム技術は、すでにわれわれの日常生活で利用されている。通貨偽造を防ぐためのホログラムシール、方向をガイドするための自動車のフロントミラーに投影されるARナビゲーション、生活感覚でユーザが仮想世界でプレイできるVRゲ […]

全文を読む

II‐VI、20 kWレーザ向けに水冷アルミ可変半径ミラー

February, 4, 2020, San Francisco--

II‐VI Incorporatedは、20 kWまでの出力次世代レーザ向けに水冷アルミニウム可変半径ミラー(VRM)を発表した。 次世代レーザ加工ヘッドは数10キロワットと格付けされており、その精度、汎用性、スピードが […]

全文を読む

高出力青色ダイレクトダイオードレーザの波長合成技術を開発

February, 4, 2020, 大阪--

パナソニック株式会社(パナソニック)は、高出力青色レーザ光源の開発において、ダイレクトダイオードレーザ(DDL)の波長合成技術(WBC)を用いて高ビーム品質で世界最高出力の実証に成功した。  これによりビーム品質を保ちな […]

全文を読む

敗血症診断促進にポータブルデバイスが役立つ

February, 3, 2020, Lausanne--

スイス連邦工科大学(EPFL)の研究チームは、高感度ポータブル光バイオセンサを開発した。これは、敗血症のような致死的状態の診断を促進する。それは、救急車や病院がトリアージプロセス改善、救命に利用することができる。 敗血症 […]

全文を読む

痕跡を残さずに3Dナノ構造内部を観察

February, 3, 2020, Twente--

3Dナノ構造内部に何があるかを発見することは、もはやスライスに切り、それを破壊してその機能を壊すような問題ではない。トゥエンテ大学の研究者と欧州シンクロトロン放射ファシリティ(ESRF)は、3Dナノ構造内部深くを見る新し […]

全文を読む

世界のロボットシステムとドローンへの支出、2020年に1287億ドル

February, 3, 2020, Framingham--

IDCの「ワールワイドロボットとドローン支出ガイド」によると、ロボットシステムとドローンへの世界の支出は、2019年比で17.1%増、2020年に1287億ドルに達する見込である。IDCの予測では、この支出は、CAGR […]

全文を読む

データセンタスイッチポート出荷、2024年に6000万超

February, 3, 2020, Redwood City--

DellOro Groupの調査によると、Ethernetスイッチデータセンタポート出荷は、2024年までに6000万を超える。ポート出荷の50%以上が、100 Gbps、400 Gbps、800 Gbpsで動作する。 […]

全文を読む

機械的な力を感じてより強く発光する「スマート」ポリマー

January, 31, 2020, 沖縄--

引っ張るほど強く光ることで材料にかかる応力を検出できる「スマート」ポリマーを沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らが開発した。この新たなポリマーはポリマーの性能測定や、エンジニアリングおよび建設業界で使用される材料 […]

全文を読む

ディープラーニング内視鏡診断支援ソフトウェアが医療機器の承認取得

January, 31, 2020, 東京--

昭和大学の工藤進英特任教授らのグループが開発を進めてきた人工知能(AI)内視鏡画像診断支援ソフトウェア(EndoBRAIN(R)-EYE)が、臨床性能試験を経て、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関す […]

全文を読む

フォトニック集積回路(PIC)市場、2026年に22億6650万ドル

January, 31, 2020, Maharaja--

Zion Market Research (ZMR)のレポートによると、大量の参入者により、世界のフォトニック集積回路(PIC)市場は、熾烈な競争市場の様相を呈している。 PICは、2つ程度の機能を統合し、電子回路と同一 […]

全文を読む

三菱三次元ファイバレーザ加工機「FVシリーズ」発売

January, 31, 2020, 東京--

三菱電機は、三次元ファイバレーザ加工機のフラッグシップ機として、三次元ファイバレーザ加工機「FVシリーズ」2機種を発売した。高剛性の加工機構造、新型加工ヘッド、新制御技術の採用に加え、自社製ファイバレーザ発振器の搭載によ […]

全文を読む

量産化可能な塗布プロセスを用いた大面積調光デバイスを開発

January, 30, 2020, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)ナノ材料研究部門ナノ粒子機能設計グループ田嶌 一樹 主任研究員らは、東芝マテリアル株式会社(東芝マテリアル)、東レエンジニアリング株式会社、林テレンプ株式会社(林テレンプ)と共同で、可視光から […]

全文を読む

糖尿病関連失明の処置結果を人工知能(CNN)で予測

January, 30, 2020, Washington--

人工知能(CNN)を使って網膜画像を分析する新しいアプローチが、医者が糖尿病性黄斑浮腫の患者に最良の処置を選択するのに、いずれ役立つ日が来る。この糖尿病合併症は、生産年齢成人の間で失明の主要な原因である。   抗血管内皮 […]

全文を読む

DWDMシステムのコヒレントポート出荷は2024年に130万に

January, 30, 2020, Redwood City--

Dell’Oro Groupの調査によると、DWDMシステムのコヒレントポート出荷は2024年に130万に達する見込みである。これらポート出荷の大きなシェアは400 Gbpsで動作する。 Dell&#8217 […]

全文を読む

RoHS規制有害元素分析向け「EDX自動化システム」を中国で発売

January, 30, 2020, 京都--

島津製作所は、RoHS指令の有害元素分析向け「EDX自動化システム」を中国で発売した。同製品は、島津のEDX(エネルギー分散型蛍光X線分析装置)による検査を全自動化するシステム。ロボット分野のスタートアップ企業、上海匯像 […]

全文を読む

TU Wien、記録破りテラヘルツレーザビーム

January, 29, 2020, Wien--

TU Wien研究チームは、複数の記録を破るテラヘルツ放射源の開発に成功した。光源は、極めて効率的であり、そのスペクトルは、非常に広く、全テラヘルツ域から様々な波長を生成する。これは、非常に高い放射強度で短パルス生成の可 […]

全文を読む

回折限界を破るカラースーパーレンズ

January, 29, 2020, Kazan--

カザン大学、Sergey KharintsevはOptics Lettersに論文を発表した。論文で説明されているメタレンズは、誘電体基板に設置した薄い複合金属誘電体膜で、幅が数10ナノメートル(nm)である。 Khar […]

全文を読む

透明物体と現象をリアルタイム超高速イメージングするカメラ

January, 29, 2020, Pasadena--

1年ほど前にCaltechのLihong Wangは、1秒に10兆の写真を撮れる世界最高速のカメラを開発した。スローモーションで動く光さえも捕らえられるほどに高速である。 しかし、時には速いだけでは十分でないことがある。 […]

全文を読む

アクセス制御、装着式ビデオ、監視カメラが生体認証市場成長に貢献

January, 29, 2020, London--

ABI Researchによると、政府の設定に常に存在する公衆の安全に対する多角的脅威、よりインテリジェントで安全なスマートホーム、労務管理システムにおける精彩を欠いたユーザ認証オプションが、2024年までにバイオメトリ […]

全文を読む

光共振ミラーにより化学反応を制御する新技術を開発

January, 28, 2020, 札幌--

北海道大学電子科学研究所の平井健二准教授(科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者),雲林院宏教授,メルボルン大学化学科のジェームズ・ハチソン研究員らの研究グループは,光共振器の中で分子の振動状態を変えることで,化学反応 […]

全文を読む

ナノスケール構造体を手で操作できるネットワーク型VR環境を開発

January, 28, 2020, 東京--

NEDOは、「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」に取り組んでおり、NEDOと東京工業大学は、DNAオリガミで構成されるナノスケール構造体を仮想現実(VR)上の仮想分子として表現し、手で操作できるネットワーク型VR環境 […]

全文を読む

2D光波、再書き込み可能光コンポーネント開発

January, 28, 2020, Cambridge--

光の波がある材料で2次元面に閉じ込められると、それはポラリトンとして知られるものになる、つまり光と物質の区別が曖昧な粒子。ポラリトンは、光回路の未来にとって素晴らしい意味を持つ。電子集積回路とは違い、集積オプティクスは、 […]

全文を読む

ディープラーニングで角に隠れた物体をリアルタイムイメージング

January, 28, 2020, Washington--

スタンフォード大学とライス大学、他の研究グループは、ディープラーニングとして知られるタイプの人工知能(AI)の力を利用して、リアルタイムで曲がり角をイメージングできる新しいレーザベースのシステムを実現した。さらに開発が進 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。