All about Photonics

Science/Research

超伝導ナノワイヤシングルフォトンディテクタの効率記録

November, 17, 2017, Shanghai--

上海マイクロシステム&情報技術研究所と中国科学アカデミーの研究チームは、検出効率が最高記録の超伝導ナノワイヤシングルフォトンディテクタ(SNSPD)の製造と動作実証を行った。 そのフォトディテクタは、多結晶NbN […]

全文を読む

VTT、マイクロメカニカル導波路とMMICを統合してTHzデバイス

November, 17, 2017, Espoo--

フィンランドVTTリサーチセンターは、高周波THzシステムを統合するための新しい製造技術を開発した。これにより、一段と小さく、周波数が高い、通信、イメージソリューション、宇宙計測器のコスト効果の高い開発が可能になる。   […]

全文を読む

アト秒フォトニック技術で原子からの電子放出時間を解明

November, 17, 2017, Stockholm--

ルンド、ストックホルムおよびヨーテボリの研究グループは、ネオンの電子が原子から放出される時間を測定した。結果は、0.000 000 000 000 000 02秒。  「光が原子に当たるとき、電子が光からのエネルギーを吸 […]

全文を読む

NICT、窒化ニオブを用いた磁性ジョセフソン素子を世界で初めて実現

November, 16, 2017, 東京--

NICTの山下太郎主任研究員らの研究グループは、世界で初めて、窒化ニオブを用いた窒化物超伝導体による新奇な磁性ジョセフソン素子の開発に成功した。  ジョセフソン素子を用いた超伝導デバイスの動作には、外部から電流や磁場を加 […]

全文を読む

フル機能電子回路を3Dプリントする新方法を開発

November, 16, 2017, Nottingham--

ノッティンガム大学(University of Nottingham)の研究チームは、フル機能電子回路を素早く3Dプリントする画期的な方法を開発した。  電気伝導金属インクと絶縁ポリマインクを含む回路が、単一のインクジェ […]

全文を読む

トランスファ技術でウエアラブルGaNガスセンサを作製

November, 16, 2017, Atlanta--

窒化ホウ素の薄い犠牲層をベースにした転写技術によって、サファイア基板上に高性能GaNガスセンサを成長させることができ、さらに金属またはフレキシブルポリマーサポート材料に転写できる。この技術により、広範な環境アプリケーショ […]

全文を読む

NC State、マイクロ流体リサーチデータアウトプットを100倍にする技術

November, 16, 2017, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(Norhth Carolina State University)の研究チームは、以前の業界標準と比較してマイクロ流体デバイスから一日あたり100倍多くの分光学的情報を収集できる技術を開発した。 […]

全文を読む

生体分子と細胞の光ベース分類で迅速個別治療選択

November, 15, 2017, Aachen--

血中を循環する生体分子と細胞には診断情報がある、その分析は非常に効果的であり、個別治療を可能にする。この情報を取り出すためにフラウンホーファーILTの研究チームはマイクロチップベースのデバイスを開発した。「AnaLigh […]

全文を読む

大面積フレキシブル・ペロブスカイト太陽電池製造に向け前進

November, 15, 2017, Santa Clara--

Saule Technologiesのチームは、サンタクララで開催されるIDTechEx Showで、A4サイズのフレキシブルプリント・ペロブスカイト太陽光電池モジュールを初めて紹介する。  Saule Technolo […]

全文を読む

ありふれた物質でテラヘルツ波を可視光に変換

November, 15, 2017, 東京--

赤外線より波長の長い電磁波であるテラヘルツ波は、金属以外の物質を良く透過することから空港等のセキュリティ検査に応用されているほか、核融合プラズマの高周波加熱装置や次世代の大容量無線通信帯域としての利用も期待されている。し […]

全文を読む

次世代SLMシステムのブループリント作成

November, 14, 2017, Aachen--

積層造形法(AM)は、工業生産でますます重要になってきている。決め手は、構築体積のスケーラビリティとAMシステムの生産性である。こうした背景に対して、フラウンホーファーレーザ技術研究所(Fraunhofer Instit […]

全文を読む

トゥエンテ大学、CMOS適合シリコン光エミッタ開発

November, 14, 2017, Enschede--

エレクトロニクスと光とは標準的「CMOS」チップ上では相性かよくない。トゥエンテ大学(University of Twente)の研究者、Satadal Duttaは、半導体チップの心臓部への光接続導入を成功させた。この […]

全文を読む

AFRL、高輝度X線でAMプロセスを解明

November, 14, 2017, Wright-Patterson Air Force Base--

米国空軍研究所(AFRL) Materials & Manufacturing Directorate研究チームは、アディティブマニュファクチャリング(AM)プロセスで使用される材料の性質についての理解向上のた […]

全文を読む

光ファイバが可能にする新しいミリ波通信技術

November, 13, 2017, 大阪--

大阪大学大学院基礎工学研究科の村田博司准教授がリーダーを務めている日欧国際連携共同研究プロジェクトRAPIDは、大阪府吹田市の市立吹田サッカースタジアムにおいて、大規模サッカースタジアムとしては世界で初めてミリ波を用いた […]

全文を読む

神奈川工科大学「光る色素で3Dプリンターでの造形物内に情報を埋め込む新技術」を開発

November, 13, 2017, 厚木市--

神奈川工科大学とDIC株式会社は、近赤外蛍光色素を用いて3Dプリンター造形物内に情報を埋めこむ新技術の開発に成功した。これにより、3Dプリンター造形物の高付加価値化が可能となり、3Dプリンターの新たな応用・活用が期待でき […]

全文を読む

量子コンピュータのデバッグを高速化

November, 13, 2017, 東京--

東京大学光量子科学研究センター、小芦雅斗教授の研究グループは、一見複雑に見える重ね合わせ状態でも、視点を変えることで、単純な状態に見えるケースがあるという性質に着目し、従来は追跡が困難と考えられてきた量子的なエラーが計算 […]

全文を読む

ロッキード、コンパクト航空機搭載高エネルギーレーザ機能開発契約

November, 10, 2017, Bothell--

ロッキードマーチン(Lockheed Martin)は空軍研究所(AFRL)から、ハイパワーファイバレーザの設計、開発および製造で2630万ドルのプロジェクトを受注した。  AFRLは、2021年までに戦術ジェット戦闘機 […]

全文を読む

ミシガン大学の技術で3Dプリンティング強化

November, 10, 2017, Ann Arbor--

3Dプリンティングの主要な欠点、スローペース動作は、ミシガン大学で開発されたソフトウエアアルゴリズムで緩和される。  そのアルゴリズムにより、プリンターは、通常利用のプリンターよりも二倍高速に高品質な製品をプリントする。 […]

全文を読む

LBNL、光ファイバ先端にナノスケールイメージングプローブプリント

November, 10, 2017, Belfast--

ローレンスバークリー国立研究所(LBNL)の研究チームは、スピードと並外れた精度を統合し、ガラスファイバ先端にナノスケールイメージングプローブをプリントする方法を開発した。これにより、有望な新デバイスの製造は月に数個から […]

全文を読む

LLNL、3Dプリント海洋グレードステンレススチールでブレイクスルー

November, 9, 2017, Livermore--

「マリーングレード」ステンレススチールは、腐食環境下の性能およびその高展性、応力下で壊れることなく曲がる能力で評価されており、石油パイプライン、溶接、台所用品、化学装置、医療インプラント、エンジン部品や核廃棄物貯蔵向けに […]

全文を読む

TPU、チタン航空機部品を3Dプリンティング

November, 8, 2017, Tomsk--

トムスク工科大学(Tomsk Polytechnic University)の物理学者は、アディティブマニュファクチャリングをベースにしてチタン合金から水素耐性の製品を造ることに取り組んでいる。その技術を使う金属製品の生 […]

全文を読む

ETH Zurich、世界最短パルス、43アト秒レーザを開発

November, 8, 2017, Zurich--

チューリッヒ工科大学(ETH Zürich)の研究チームは、X線レーザをわずか43アト秒まで短パルス化することに成功した。1秒の数京分の1の領域の時間分解能で、化学反応中の電子の動きを初めてスローモーションで観察すること […]

全文を読む

高感度のチップベースセンサを開発

November, 8, 2017, Pennsylvania--

ペンシルベニア州立大学の研究チームが開発した光ウイスパリングギャラリモード(WGM)共振器は、微小球の周囲を数100万回光を回転させるることができ、多くのアプリケーション向けに超高感度マイクロチップベースセンサを実現する […]

全文を読む

Empa、新生児黄疸治療に光ファイバ照射パジャマを開発

November, 8, 2017, Zurich--

誕生後黄疸に罹っている赤ん坊は、短波光で治療される。スイス連邦材料試験研究所(Empa)の研究チームは、保育器での治療を置き換える光照射パジャマを開発した。新生児は、母親の腕の中で温かく幸せな気持ちで健康を回復することが […]

全文を読む

グリーンハウスガス放出減に寄与する微小チップベースメタン分光計

November, 7, 2017, Washington--

地球から天然ガスを取り出す過程、あるいはそれをパイプラインで輸送する過程で、メタンが大気に放出される。メタンは、天然ガスの主成分であり、二酸化炭素よりも約25倍の温度上昇力があるグリーンハウスガスである。グリーンハウスガ […]

全文を読む

新イメージングアプローチでアルツハイマーマウスの脳全体の変化を明らかに

November, 6, 2017, Washington--

推定550万人のアメリカ人がアルツハイマー病に罹って生活している。アルツハイマー病は、記憶、思考、行動に問題を起こす痴呆症タイプの一つ。処置は兆候の悪化を遅らせることはできるが、治療薬や予防薬が開発できるように研究者は今 […]

全文を読む

3Dプリンティングと再生医療でブレイクスルー

November, 2, 2017, Wuhan--

華中科技大学(HUST)先端バイオマテリアル&組織工学センターが開発した3Dプリントバイオマテリアルを使うことで、骨軟骨欠損再生における最新の進歩がBiomaterials誌に発表された。  研究成果は次の3点 […]

全文を読む

固体と液体の界面での原子の動きをリアルタイムに観察

November, 2, 2017, つくば--

産業技術総合研究所、科学技術振興機構、NIMS、東京学芸大学、高エネルギー加速器研究機構らの研究グループは、放射光表面X線回折法を従来比で約100倍高速化し、燃料電池などのエネルギー変換に伴う原子の動きをリアルタイムに観 […]

全文を読む

光ファイバを使ってランダムレーザをガイド

November, 1, 2017, Albuquerque--

ランダムレーザは、光スペクトルがランダムである、また光の放出の仕方がランダムであることを意味する。極めて多用途のレーザ光源になり得るが、このランダム性のためにほとんどの実用的なアプリケーションでは、ほぼ使い物にならない。 […]

全文を読む

微小液滴を使ってフォトニック結晶面で光をトラップ

November, 1, 2017, Cambridge--

市販のプリンティング技術を使って光をトラップし活用できるほどに小さな構造を描ける微視的「ペン」は、センシング、バイオテクノロジー、レーザ、また光と物質との相互作用の研究に利用できる。  プリンティングベースのアプローチは […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。