All about Photonics

Science/Research

Infinera、業界初自律インテリジェントトランスポンダのトライアル

March, 20, 2019, Sunnyvale--

InfineraとTelia Carrierは、自律的インテリジェントトランスポンダ(AIT)技術を実証する業界初生産ネットワークフィールドトライアル成功を発表した。  Celtic-PlusプロジェクトSENDATEの […]

全文を読む

ラトガーズ大学、ペロブスカイト結晶フォトルミネサンス制御法を発見

March, 20, 2019, New Bruswick--

新奇な結晶半導体から放出される光を制御する新しい方法が発見された。ラトガーズ大学の研究チームによると、これにより、効率の優れた太陽電池、エレクトロニクスのさらなる進歩が期待できる。  この発見は、有機材料と無機材料結合ペ […]

全文を読む

大西洋横断ケーブルの効率に新記録

March, 19, 2019, San Diego--

Infineraの研究チームは、大西洋横断光ケーブルの新たな効率ベンチマークを達成した。光信号の伝送法の新たなアプローチ、16QAM変調をテストして、研究グループはデータ転送の効率記録を突破。データ容量は約2倍となり、そ […]

全文を読む

昆虫の生得的行動を生み出す神経回路の新しい解析技術を確立

March, 18, 2019, 金沢--

金沢大学理工研究域生命理工学系の木矢星歌研究協力員(日本学術振興会特別研究員PD)、木矢剛智准教授の研究グループは、昆虫の脳で、行動に伴って神経活動が起きた細胞を特異的に可視化し、さらに可視化した神経細胞を光によって活性 […]

全文を読む

ICFO、赤外センシング用材料と構造

March, 15, 2019, Castelldefels--

ICREA Valerio Pruneriをリーダーとするオプトエレクトロニクス研究グループは、フォトニクス産業のために新しい先端材料とデバイスの研究・開発を行っており、またこれらの材料でセンシング技術改善も目指している […]

全文を読む

3Dプリント生細胞、グルコースをエタノール、CO2に変換

March, 15, 2019, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、グルコースをエタノールとCO2気体、ビールに似た物質に変換する生細胞を3Dプリントし、高い生物触媒効率につながる技術を実証した。  生きた哺乳類細胞を複雑な3Dスカ […]

全文を読む

光を用いて脳の多変量計算論理を理解

March, 14, 2019, 仙台--

東北大学大学院生命科学研究科の劉越人大学院生(現、群馬大学生体調節研究所博士研究員)、八尾寛名誉教授らの研究グループは、同大学院医学系研究科の大城朝一助教、虫明元教授らとの共同研究で、ラットがヒゲで触ったものの形や大きさ […]

全文を読む

ラマン増幅用の新しい励起光源技術を開発

March, 13, 2019, 東京--

古河電工は、インコヒーレント光を用いたラマン増幅用の新しい励起光源技術を開発した。インコヒーレント光を用いた新しい励起光源技術は、励起光の揺らぎによる信号光への影響を抑えるため、従来は実用化が困難であった前方励起ラマン増 […]

全文を読む

二つの共振器量子電気力学系を光ファイバで低損失・高効率に結合成功

March, 13, 2019, 東京--

早稲田大学 理工学術院の青木隆朗教授、科学技術振興機構(JST)の加藤真也さきがけ研究者、オークランド大学(University of Auckland)のスコット・パーキンス准教授の研究グループは、2つの共振器量子電気 […]

全文を読む

テラヘルツ集光デバイスによる非侵襲医用撮影を実現

March, 12, 2019, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の河野行雄准教授と東京医科歯科大学の榎本光裕医師らは、プラズモニック構造を利用した周波数の連続チューニング(選択)可能なテラヘルツ帯集光デバイスを開発した。従来、測定不 […]

全文を読む

AARNet、Ciscoで600Gbpsライブネットワークトライアル

March, 11, 2019, Wellesley--

Ciscoとオーストラリア学術研究ネットワーク(AARNet)は、Cisco Network Convergence System (NCS) 1004を利用したAARNet生産ネットワークで600Gbpsデモンストレー […]

全文を読む

導電性高分子P3HTの新たな能力を発見 光を当てると発熱する塗料へ応用

March, 8, 2019, 大阪--

大阪工業大学工学部応用化学科の藤井秀司教授、平井智康准教授らのグループが、太陽電池やトランジスタなどの材料として広く使われている導電性高分子であるポリ3-ヘキシルオフェン(P3HT)が光を熱に変換する新たな能力を持つこと […]

全文を読む

NTT、1Tbps/波長長距離伝送する世界初の波長多重光伝送実験に成功

March, 8, 2019, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、多値信号の高精度校正を可能とするデジタル信号処理技術及び超広帯域な光フロントエンド集積デバイス技術により、1波長あたり毎秒1テラビット(1Tbps)を長距離伝送する波長多重光伝送実験に世 […]

全文を読む

シリコンフォトニクス技術による光渦多重器を開発

March, 7, 2019, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院の雨宮智宏助教らは、産業技術総合研究所と共同で、光通信帯域に対応した光渦(ひかりうず)多重器を開発した。シリコンフォトニクス技術を用いることで、波長無依存性な光渦合分波に成功し、世界で唯一 […]

全文を読む

UCF研究者、初の超対称レーザアレイを開発

March, 7, 2019, Sugar Land--

セントラルフロリダ大学(University of Central Florida)の研究チームは、レーザ科学における長年の問題を克服した。研究成果は、外科手術、穴あけ、3Dレーザマッピングにアプリケーションがある。   […]

全文を読む

超高速レーザ溶接法でガラスと金属を接続

March, 7, 2019, Edinburgh--

ヘリオットワット大学(Heriot-Watt University)の研究アチームは、超高速レーザシステムを使ってガラスと金属を溶接した。これは、製造業にとって画期的である。  ヘリオットワットレーザシステムを使うことで […]

全文を読む

世界初、最小規格のオンボード光モジュールで400Gb/s伝送を実現

March, 6, 2019, 東京--

NEDOと技術研究組合光電子融合基盤技術研究所(PETRA)は、標準化組織COBO(Consortium for On-Board Optics)の規格において最も小さいClass Aのオンボード光モジュール(34mm× […]

全文を読む

NII、世界初の単独地球一周超高速100Gbps学術通信回線網を構築

March, 5, 2019, 東京--

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)は、学術情報ネットワーク「SINETサイネット」の国際回線を増強し、日本-米国-欧州-日本をリング状に地球一周する100Gbpsの超高速通信ネットワ […]

全文を読む

理化学研究所、単一分子電界発光の機構解明

March, 5, 2019, 和光--

理化学研究所(理研)開拓研究本部Kim表面界面科学研究室の三輪邦之訪問研究員(研究当時、現客員研究員)、今田裕研究員、金有洙主任研究員らの国際共同研究チームは、単一分子の「電界発光」(エレクトロルミネッセンス)において、 […]

全文を読む

小型集積可能なフォトダイオードで受光感度21.8A/Wを達成

March, 5, 2019, 東京--

NEDOと技術研究組合光電子融合基盤技術研究所(PETRA)、沖電気工業(OKI)は、光信号を電気信号に変換する素子であるフォトダイオードの小型化と高感度化を両立させる技術の開発に成功し、シリコンフォトニクス技術により他 […]

全文を読む

より安全なコンピューティングに有望な新材料

March, 4, 2019, Austin--

コンピュータの進歩にともない、金融取引から軍事機密まであらゆるものの安全を担保するために現在利用されている暗号法が、間もなく役に立たなくなる可能性がある、と技術専門家は警告している。テキサス大学オースチン物理学教授、Xi […]

全文を読む

ガラスファイバと光、蛍光ダイナミクスをコントロール

March, 1, 2019, Maryland--

原子内部の電子は、地球の周りの衛星のように、原子核の周りを動き、量子物理学で決まった軌道を占めている。光は電子を励起して別の、もっとエネルギーの高い軌道に押し上げるが、その位置は永続的ではない。ある時点で励起された電子は […]

全文を読む

光ネットワークの効率向上に大きく貢献するマシンラーニング

March, 1, 2019, San Diego--

マシンラーニング(ML)を利用する新しい研究が光通信ネットワークの効率を高める。世界は、ますます相互接続されるようになっているので、光ケーブルは従来の銅線と比較して長距離で、より多くのデータを伝送する能力を提供する。デー […]

全文を読む

東京大学と夏目光学、回転体型の高精度X線ミラーの製造技術を確立

February, 28, 2019, 東京--

目に見える可視の光を反射するミラーは容易に作れるが、レントゲン等で用いる目に見えないX線を反射するミラーは簡単には作ることができない。東京大学大学院工学系研究科の三村秀和准教授、夏目光学株式会社の夏目佳春社長らは共同で軟 […]

全文を読む

3Dプリンティングの欠陥の原因を特定

February, 28, 2019, Pittsburgh--

産業変革に有望視されている積層造形(AM)を制約している深刻な問題がある。最終製品の微小な気泡である。これは、亀裂や他の欠陥の原因になる。  カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)と […]

全文を読む

薄膜トランジスタを部分的なレーザ処理で高速化する技術を開発

February, 28, 2019, 山形--

JSTは、産学共同実用化開発事業(NexTEP)の開発課題「大型フラットパネルディスプレイ向けレーザアニール技術」の開発結果を成功と認定した。  この開発課題は、山形大学 大学院理工学研究科 城戸淳二教授の研究成果を基に […]

全文を読む

新しい光誘起超伝導メカニズムの発見

February, 27, 2019, 和光--

理化学研究所(理研)開拓研究本部柚木計算物性物理研究室の金子竜也基礎科学特別研究員、柚木清司主任研究員、計算科学研究センター量子系物質科学研究チームの白川知功客員研究員、サンドロ・ソレラ客員研究員の研究チームは、モット絶 […]

全文を読む

光の周波数(色)の量子もつれ発生に成功

February, 27, 2019, 仙台--

東北大学学際科学フロンティア研究所の金田文寛助教、電気通信研究所の枝松圭一教授、電気通信大学の清水亮介准教授らのグループは、特殊な加工を施した結晶にレーザ光を通すだけで異なる2つの光子がもつ周波数(色)の間に「量子もつれ […]

全文を読む

光通信波長帯ナノワイヤレーザの室温動作に成功

February, 27, 2019, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、独自に開発した半導体ナノ構造形成方法を用いて髪の毛の1/100程度の太さの高品質なナノワイヤレーザ構造を作製し、ナノワイヤではこれまで実現されていなかった光通信波長帯での室温レーザ発振に […]

全文を読む

双方向動作型デュアルコムファイバレーザの開発に成功

February, 26, 2019, 東京--

電気通信大学の美濃島薫教授、中嶋善晶 特任助教、秦祐也博士前期課程学生らは、広い波長帯域と高いコヒーレンスを持ち、繰り返し周波数が異なる2つの光コムを発生するデュアルコムファイバレーザを開発した。  パルス光の繰り返し周 […]

全文を読む

1 / 7812345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。