All about Photonics

Science/Research

次世代フォトニクスに応用が期待される物質中の光学遷移過程

June, 27, 2022, 京都--

京都大学と筑波大学の研究グループは、赤外のレーザパルスを半導体ナノ粒子に照射して生じる高次高調波強度のサイズ依存性を精密に測定することにより、固体における高次高調波の発生機構を明らかにした。  近年、原子や分子ガスに赤外 […]

全文を読む

UCLA、シングルステップ、オールインワン3Dプリンティング法

June, 27, 2022, San Francisco--

UCLAエンジニアは、シングルステップでロボットを構築する新しい設計戦略と3Dプリンティング技術を開発した。 研究成果は、Scienceに発表された。そこでは、歩行、操作、ジャンプする微小ロボットの種類に加えて進歩が説明 […]

全文を読む

レーザ方式の粉末3Dプリンタでニッケル単結晶の造形に成功

June, 27, 2022, 大阪--

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)と国立大学法人大阪大学大学院工学研究科は、照射面強度分布が均一でビーム半径が大きい(フラットトップ)レーザを、ニッケル粉末に照射することにより、欠陥が少なく、結晶の方向がそろ […]

全文を読む

1秒に約20億の画像を処理し分類できるチップを開発

June, 24, 2022, San Francisco--

光導波路のディープニューラルネットワークを使って、ペンシルバニア大学(Penn)のエンジニアが開発した1cm²以下の新しいチップは、ナノ秒で画像を検出し分類できる。独立したプロセッサ、メモリユニットは全く不要である。 ヒ […]

全文を読む

偏光利用世界初の超高速フォトニックコンピューティングプロセッサ

June, 24, 2022, Oxford--

新しい研究は多重偏光チャネルを使って並列処理を実行する。従来の電子チップに対して計算密度は数桁の強化となる。 Science Advancesに発表された論文でオクスフォード大学研究者は、偏光を利用して情報蓄積密度とナノ […]

全文を読む

AIベース画像分析で深刻な心臓病を自動的に検出

June, 23, 2022, San Francisco--

中国電子科技大学(UESTC)の研究チームは、新しいAI法を開発した。これは、OCT画像を使用して心臓動脈のプラーク浸食を自動的に検出できる。動脈のプラークモニタリングは、重要である。プラークが分裂すると、それが心臓への […]

全文を読む

薄膜ペロブスカイト、効率25%で多用途

June, 22, 2022, Karlsruher--

KIT研究者は、効率がほぼ25%のペロブスカイト/CISタンデムソーラセルを開発した。材料の組合せがモバイルアプリケーションを可能にする。 相互にスタックしているソーラセルにより効率が増す。EUプロジェクトPERCIST […]

全文を読む

QuiX Quantum、量子フォトニックプロセッサをヨーロッパに提供

June, 22, 2022, Enschede--

QuiX Quantumは、ヨーロッパのプロジェクトPHOQUSINGに、量子ドットに適合する最大の量子フォトニックプロセッサを実現した。  プロジェクトは、量子サンプリングマシーンの実現を目標にしている。これはフォトニ […]

全文を読む

CEA-Leti & Intel、Die-to-Waferセルフアセンブリプロセス

June, 20, 2022, San Diego--

将来のダイ-トゥ-ウエハ(D2W)ボンディングに向けたブレイクスルーでCEA-LetiとIntelは、ハイブリッドダイレクトボンディング、自己組織化プロセスを最適化した。これは、ダイアライメント精度向上と一時間に数千の製 […]

全文を読む

テラヘルツレーザの室温発振を理論実証

June, 20, 2022, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究センターテラヘルツ量子素子研究チームの王利研究員、林宗澤研究員、平山秀樹チームリーダーらの研究チームは、小型で高出力のテラヘルツ(THz)光レーザ素子として実用化が期待されるテラヘルツ量 […]

全文を読む

スマートフォンに実装可能なAIを用いた軽量眼科画像解析モデルの開発

June, 20, 2022, 仙台--

東北大学大学院医学系研究科神経・感覚器病態学講座眼科学分野の中澤徹教授らのグループは、眼科検査画像に対する新たな人工知能(AI)のモデルを開発した。  この新しいAIモデルでは、疾患の特徴をAIが学習するために必要なデー […]

全文を読む

ダイヤモンド中に10兆分の1秒で瞬く磁化を観測

June, 20, 2022, つくば--

筑波大学によると、研究チームは、表面近傍にNVセンターを導入したダイヤモンド単結晶に超短光パルスを照射し、それにより10兆分の1秒で瞬く結晶中の磁化を検出することに成功した。検出感度を見積もると、約35 mT(ミリテスラ […]

全文を読む

セルフドライブ顕微鏡、新しい材料への簡単な方法を発見

June, 17, 2022, Oak Ridge--

米国エネルギー省オークリッジ国立研究所(ORNL)の研究者は、直感的アルゴリズムで発見を促進するように顕微鏡に教え込んでいる。アルゴリズムは、研究所のNature Machine Intelligenceセンタで開発され […]

全文を読む

超高速「カメラ」、潜在的「ニューロモルフィック」材料の隠れた挙動検出

June, 17, 2022, New York--

ブルックヘブン国立研究所のチームの研究により、人の脳細胞をエミュレートする新技術にとっての有望材料、二酸化バナジウムの絶縁体から金属への転移の驚くべき詳細が解明された。 人の脳と同じように高速に考えることができるが、使用 […]

全文を読む

エラーフリー量子コンピューティングが現実に

June, 17, 2022, Innsbruck--

量子コンピュータを実際に利用するには、エラーが検出され、補正されなければならない。オーストリア、インスブルック大学で今回、実験物理学者チームが、障害耐性量子ビットでユニバーサルな一連の計算操作を初めて実行し、エラーが結果 […]

全文を読む

量子もつれ光により、分子の「指紋」を見分ける技術を開発

June, 16, 2022, 京都--

京都大学電子工学専攻の竹内繁樹 教授、岡本亮 同准教授、向井佑 同特定助教らの研究グループは、赤外分光計測による物質の鑑別に重要な「指紋領域」と呼ばれる波長域に含まれる、波長8μm~10.5μmでの量子赤外分光に世界で初 […]

全文を読む

自律4足歩行ロボットとUAV搭載光切断法を用いた3次元計測システム

June, 16, 2022, 東京--

東京大学大学院工学系研究科と株式会社大林組は共同で、福島ロボットテストフィールドにて、自律4足歩行ロボットとUAVを用いたトンネル断面3次元計測の実証実験を実施し、複数の断面計測を連続的かつ効率的に実施できることを確認し […]

全文を読む

X線ライトシート顕微鏡-生体試料の三次元イメージングの高解像度化

June, 16, 2022, 和光--

理化学研究所(理研)放射光科学研究センター放射光イメージング利用システム開発チームの香村芳樹チームリーダーらの国際共同研究グループは、X線領域での高解像度ライトシート顕微鏡(光シート顕微鏡)の開発に世界で初めて成功した。 […]

全文を読む

SEAS、多孔性メタマテリアル、未開拓次元

June, 15, 2022, Cambridge--

多孔質メタマテリアルと言うと、それをスライスする方法が全てである。 Harvard SEASとHarvard Graduate School of Design (GSD)の新しい論文で、研究者は、45°の角度で周期的穴 […]

全文を読む

3Dプリントされた生きた耳を患者にインプラント

June, 15, 2022, New York & San Antonio--

臨床病期再生医療会社、3DBio Therapeutics (3DBio)と小耳症先天性耳奇形研究所(Microtia-Congenital Ear Deformity Institute)は、AuriNovoインプラン […]

全文を読む

40チャネル光通信リンクをデモ

June, 14, 2022, Washington--

セントラルフロリダ大学の研究者は、2つの多重技術を統合してデータを同時転送できる40の光データチャネルを構築するSiベース光通信リンクを実証した。  新しいチップスケールインタコネクトは、10万のストリーミングビデオ相当 […]

全文を読む

高速、安価で、より正確な3Dマッピング

June, 14, 2022, Geneva--

EPFLとジュネーブ大学のエンジニアは、自動ドローンマッピングを左右するカギを握っていると考えている。人工知能(AI)と新しいアルゴリズムを組み合わせることで、研究チームの方法は、複雑な地形を正確にスキャンするために必要 […]

全文を読む

究極の量子限界でフォトニックセンシングが容易に

June, 13, 2022, Bristol--

ブリストル主導の物理学チームは、量産可能なフォトニックセンサを原子限界で操作する方法を見いだした。このブレイクスルーは、グリーンハウスガスモニタリングやガン検出などの実用的なアプリケーションを容易にする。 センサは、われ […]

全文を読む

OpenLight、レーザ集積シリコンフォトニクスプラットフォーム

June, 13, 2022, Mountain View--

新興企業、OpenLightは、レーザを集積した世界初のオープンシリコンフォトニクスプラットフォームを発表した。 OpenLightのプラットフォームは、新しいレベルのレーザ集積と拡張性を提供し、高性能フォトニック集積回 […]

全文を読む

世界初、国家標準時の維持に光格子時計を利用

June, 13, 2022, 東京--

情報通信研究機構(NICT)は、間欠運転をする光格子時計を参照して標準時を生成することに世界で初めて成功した。光格子時計が発生する1秒を基準として標準時が刻む1秒の長さ(刻み幅)を調整することで、標準時の協定世界時(UT […]

全文を読む

脊椎疾患を金属3Dプリンティングで革新

June, 10, 2022, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科の中野貴由教授の研究グループは、国立病院機構北海道医療センターの伊東学統括診療部長、帝人ナカシマメディカル株式会社らとの共同研究によって、全く新たな設計コンセプトの脊椎ケージを開発し、大型動物実験 […]

全文を読む

3Dプリンティング速度を2倍にする大学開発ソフトウエア出荷

June, 9, 2022, Ann Arbor--

3Dプリント中の振動は、プロセスの速度低下あるいはパーツを反らすが、新開発のソフトウエアにより、精度を犠牲にすことなく、スピードを維持できる。  ミシガン大学が発明し、スピンオフ企業、Ulendoが開発した製品が米国最大 […]

全文を読む

超弾性を持つ3Dプリント形状記憶合金を開発

June, 9, 2022, College Station--

レーザ粉末床溶融、3Dプリンティング技術は、製造業、特に複雑な形状のニッケル-チタン形状記憶合金の製造で可能性がある。この製造技術は、バイオメディカルや航空宇宙分野のアプリケーションには魅力的であるが、ニッケル-チタン形 […]

全文を読む

X線レーザを照射された原子は遅れて動き始める

June, 8, 2022, 和光--

理化学研究所(理研)、筑波大学などの国際共同研究グループは、X線自由電子レーザ(XFEL)施設「SACLA」を用いて、X線を照射された原子はしばらくの間ほぼ停止していることを明らかにした。 研究成果は、放射線損傷[の影響 […]

全文を読む

光コヒレンストモグラフィを次のレベルに進めたデューク研究者

June, 8, 2022, Reswood City--

デューク大学の研究者は、強化版OCTを開発した。これは、以前よりも広い3D視野で、高コントラストと解像度でバイオメディカルサンプルをイメージングできる。新しい3D顕微鏡は、バイオメディカル研究に役立ち、最終的により正確な […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。