All about Photonics

Science/Research

コンパクトレーザで星内部の条件を再現

January, 16, 2017, Fort Collins--

コロラド州立大学(Colorado State University)の研究者は、整列したナノワイヤアレイを超短パルスレーザパルスで照射して極限的な状態を作り出す新たな方法を提供する実験を行った。  星の中心に含まれるエ […]

全文を読む

独特の物理現象に基づいた新しいレーザ

January, 16, 2017, San Diego--

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究チームは、連続体中の束縛状態(BIC)と言われる一般的ではない波動物理学に基づいた世界初のレーザを実証した。その技術は表面発光レーザの開発に革命を起こす可能性があり、通信 […]

全文を読む

繊維強化プラスチックの効率的欠陥修復

January, 16, 2017, Hannover--

繊維強化プラスチック(FRP)は、航空産業や自動車産業で頻繁に使用されている。しかしこれらの複合材料で造られた部品の修復は、部品取替えと比べてメリットがないことが多い。FRP部品の寿命を延ばすために、またそれらの環境効率 […]

全文を読む

新しいセンサがIBD検出を大腸内視鏡検査に組み込む

January, 13, 2017, San Marcos--

ヴァンダービルト大学の研究グループは、炎症性腸炎(IBD)を客観的に特定し、その2つのサブタイプを識別できる初めてのセンサを開発した。  デバイスは、IBDの診断と治療に対するより個別的アプローチで大きな成果を示すもので […]

全文を読む

ロチェスター大学、新しい網膜イメージング技術を開発

January, 13, 2017, Rochester--

ロチェスター大学メディカルセンタ(University of Rochester Medical Center)の研究グループは、眼の健康や疾患の評価の仕方に変革を起こす新しいイメージング技術を開発した。研究グループは、 […]

全文を読む

ペロブスカイト太陽電池、劣化機構の解明で新境地への飛躍となるか

January, 12, 2017, 沖縄--

沖縄科学技術大学院大学(OIST)エネルギー材料と表面科学ユニットでは、より高性能な太陽電池の開発に役立てようと、ペロブスカイト太陽電池(PSC)の急速な劣化要因を調査している。  ペロブスカイトは結晶構造の一種で、様々 […]

全文を読む

Aalto研究チーム、ナノ粒子を使って微小レーザを作製

January, 12, 2017, Espoo--

アールト大学(Aalto University)の研究グループは、可視光で動作し、いわゆるダークラティスモードを利用するプラズモニックナノレーザを初めて開発した。  このレーザは人の髪の毛の1/1000の長さで動作する。 […]

全文を読む

KTUとLSMU、前庭機能障害診断に独自技術

January, 11, 2017, Espoo--

カウナス技術大学(KTU)とリトアニア健康科学大学(LSMU)の研究チームは、前庭機能障害の診断と研究のための技術を共同開発した。これは、ポータブルで仮想現実(VR)を使った最初の技術である。  LSMU教授、Ingri […]

全文を読む

テラヘルツ光でガラスの普遍的励起ボソンピークの検出に成功

January, 6, 2017, つくば--

筑波大学と立命館大学などの研究グループは、身近な糖類であるグルコース(ブドウ糖)ガラスに対し、テラヘルツ時間領域分光を行い、ボソンピーク(BP)励起を観測することに成功した。BPは、どんなガラスにもTHz帯に普遍的に現わ […]

全文を読む

ST12-ゲルマニウムの半導体および光学特性を特定

January, 6, 2017, Washington--

ゲルマニウムは、周期表の同グループのシリコンほど有名ではないかもしれないが、次世代エレクトロニクスやエネルギー技術における潜在的用途は大きい。  特に、研究室で超高圧条件で合成できるゲルマニウムの形態への関心は大きい。と […]

全文を読む

テラヘルツ光による黒色ゴム材料の非破壊検査手法を開発

January, 5, 2017, 東京--

JST 研究成果展開事業において、慶應義塾大学 理工学部 物理学科の岡野真人専任講師と渡邉紳一准教授の研究グループは、高速で高精度なテラヘルツ偏光計測装置を用いた新しい黒色ゴム材料の非破壊検査手法の開発に成功した。  カ […]

全文を読む

スマートフォン3Dプリンタを使った生きた細胞のイメージング

January, 5, 2017, Uppsala--

ウプサラ大学(Uppsala University)の研究が、高価な装置なしで生細胞の動画作成にスマートフォンを利用できる方法を示している。研究成果は、PLOS ONE誌にオープンアクセス掲載されている。  細胞のライブ […]

全文を読む

高い機械的柔軟性を示す可視光透明電極を開発

December, 27, 2016, Barcelona--

光科学研究所(ICFO)の研究チームは、ITOに代わる透明伝導体(TC)を開発し、その成果をNature Communicationsに発表した。  透明伝導体は、今日の電子デバイスやオプトエレクトロニックデバイス、LE […]

全文を読む

独自の視覚刺激が新たなアルツハイマー病治療の可能性

December, 26, 2016, Cambridge--

特殊周波数で点滅するLED光を使用することで、MIT研究チームは、ネズミの大脳皮質で、アルツハイマー病に見られるβアミロイドプラークを著しく低減できることを示した。  この処置は、ガンマ振動として知られる脳波を誘導するこ […]

全文を読む

新しいラベルフリー顕微鏡で細胞の相互作用をハイレゾ・イメージング

December, 26, 2016, Urbana--

イリノイ大学電気&コンピュータ工学/バイオエンジニアリング(University of Illinois Electrical & Computer Engineering)教授、Brian Cunn […]

全文を読む

名古屋大学、複合材料の繊維配向を非破壊で迅速に評価する手法を開発

December, 22, 2016, 名古屋--

名古屋大学大学院工学研究科機械理工学専攻の長野方星教授、藤田涼平(大学院修士課程)は、赤外線を利用して炭素系複合材料の繊維配向を同定する手法を開発した。  複合材料の繊維配向評価法としては,これまで強度試験やX 線CT […]

全文を読む

光線療法で早期前立腺ガンを効果的に治療

December, 22, 2016, London--

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)が主導する、413名の患者に対する新しいフェーズⅢ臨床試験の報告によると、ローリスク前立腺ガンの新しい、外科手術をしない処置で、健全組織を維持しながら効果的にガン細胞を殺すこと […]

全文を読む

メタル型光スキャナを用いた測距センサを開発

December, 22, 2016, 大東市--

船井電機は、産業技術総合研究所(産総研)エレクトロニクス・製造領域 先進コーティング技術研究センターが開発した光走査素子(メタルミラー)をもとに大面積走査用の測距センサを試作開発した。  産総研では、十数年前よりエアロゾ […]

全文を読む

光ファイバセンサの超高速化に成功

December, 21, 2016, 東京--

東京工業大学となどの研究チームは、光ファイバ中の変形(伸び)と温度を検出できる分布型光ファイバセンサの性能向上に取り組み、片端からの光入射とリアルタイム動作の両立に世界で初めて成功した。  これまでの手法は、光ファイバの […]

全文を読む

産総研、極めて低濃度のウイルスを簡便に検出できるバイオセンサを開発

December, 21, 2016, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)電子光技術研究部門光センシンググループ 藤巻真 研究グループ長、安浦雅人研究員は、下水の二次処理水などの夾雑物を含む試料中のごく少量のウイルスなどのバイオ物質を、夾雑物を除去しないでも高感度に […]

全文を読む

シリコン基板上に窒化アルミニウム高品質結晶を製膜

December, 21, 2016, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究領域テラヘルツ研究グループ テラヘルツ量子素子研究チーム、平山秀樹チームリーダー、ティン・トラン国際特別研究員、前田哲利技師、定昌史研究員らの研究チームは、シリコン(Si)基板上に窒化ア […]

全文を読む

カラー/赤外の印刷とイメージングを簡素化するナノキューブ

December, 20, 2016, Durham--

デューク大学(Duke University)の研究チームは、赤外まで広がる広範な色範囲で印刷したりイメージングする、より安価でしっかりとした方法を実現するための年来の障害を克服した、と報告している。  多くのシャコから […]

全文を読む

光トラッピング法でバクテリアを超解像度観察

December, 19, 2016, Thousand Oaks--

ビーレフェルト大学(Bielefeld University)の物理学者は、レーザビームで生体細胞をトラップする新しい方法をNature Communicationsで報告した。  これまでは、研究者が血液細胞、藻、細菌 […]

全文を読む

KIT、光を使ってポリマを精密設計

December, 19, 2016, Karlsruhe--

カールスルーエ工科大学(KIT)の化学研究チームは、光誘起化学反応により精密ポリマ設定特殊制御に成功した。新方法により、標準長のポリマチェインに沿って、チェインリンク、つまりモノマの精密な、計画通りの配置が可能になる。精 […]

全文を読む

UCLA研究チーム、スマートフォンを使って抗菌薬耐性に対抗

December, 19, 2016, Los Angeles--

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームは、スマートフォンを使って抗菌薬耐性用の自動診断試験リーダーを開発した。同技術により、リソースが限られているエリアで抗菌薬感受性の定期試験ができるようになる。  抗 […]

全文を読む

次世代IRディテクタ研究にDARPA助成金130万ドル

December, 16, 2016, Orlando--

セントラルフロリダ大学(UCF)研究者、Debashis ChandaのチームはDARPAから130万ドルの助成金を獲得して次世代赤外(IR)ディテクタを開発する。IRディテクタは、暗視、計測、宇宙探査など様々な領域で使 […]

全文を読む

ルール大学ボーフムの研究チーム、分子スイッチを詳細に研究

December, 15, 2016, Bochum--

Ruhr-Universität Bochum (RUB)の研究チームは、分子スイッチが関係する見る、嗅ぐ、味わう、血圧の調整など、これらのタンパク質がスイッチを切られるメカニズムを分析した。赤外分光光度計(FTIR)と […]

全文を読む

ナノワイヤーの新たな評価技術を開発

December, 14, 2016, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)などの共同研究グループは、新しい効果の発現が期待されるビスマスナノワイヤーのホール係数を測定する技術を開発した。  研究グループは、産総研省エネルギー研究部門熱電変換グループ 村田正行 研究員 […]

全文を読む

光ファイバ歪センサで義手をガイド

December, 14, 2016, NY--

コーネル大学(Cornell University)研究チームは、人と全く同じように周囲環境を内的に感じるソフトロボットのための方法を考案した。  ほとんどのロボットは、モーターを利用して握る、接触感覚を実現しており、こ […]

全文を読む

フェムト秒X線光電子回折法により強レーザ電場中の分子の構造を決定

December, 13, 2016, 東京--

高エネルギー加速器研究機構(KEK)、東京大学、立命館大学、千葉大学、京都大学、量子科学技術研究開発機構(QST)、理化学研究所(理研)、及び高輝度光科学研究センター(JASRI)の共同研究グループは、X線自由電子レーザ […]

全文を読む

1 / 4312345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。