All about Photonics

Science/Research

東北大学、直径数百ミクロン以下の多機能性カテーテルを開発

February, 3, 2023, 仙台--

東北大学学際科学フロンティア研究所の郭媛元助教と佐藤雄一研究員は、「金太郎飴」の作製方法と類似している熱延伸プロセスを活用し、繊細かつ柔軟な繊維 (ファイバ)として線径を数百ミクロン程度にまで抑制しながら、屈曲変形および […]

全文を読む

EPFL、操作可能ソフトロボット、医療アプリケーションを強化

February, 3, 2023, Lausanne--

光ファイバ製造で使われる方法を借用し、EPFLとインペリアルカレッジ(Imperial College)の研究チームは、先進的な動作制御を備えたファイバベースソフトロボットを構築した。これには、他の機能、電気および光セン […]

全文を読む

積層造形の欠陥をリアルタイムで検出

February, 2, 2023, Charlottesville--

バージニア大学の材料科学&工学、准教授、TAO SUNをリーダーとする研究チームは、強力な金属部品に依存する航空宇宙および他の産業で積層造形(AM)を拡大できる新発見を発表した。 査読論文は、2023年1月6日 […]

全文を読む

3D物体の音を立体表現する、音場のインタラクティブ合成技術を開発

February, 2, 2023, ふじみ野市--

KDDI総合研究所(KDDI総合研究所)は、現実世界の人が発する音の向きや動きを仮想空間でも遜色なく体感できる、音場のインタラクティブ合成技術を開発した。  具体的には、人や動物の動きや容姿を撮影するモーションキャプチャ […]

全文を読む

国際研究チーム、個々の光量子を高速・高精度制御

February, 1, 2023, Munich--

ドイツとスペインの研究チームは、個々の光量子を極めて高精度に制御することに成功した。 Nature Communications誌で、研究チームは、音波を利用してGHz周波数でチップ上の個々のフォトンを2つの出力間で前後 […]

全文を読む

フォトニック結晶による高ピーク出力・短パルス光の発生

February, 1, 2023, 京都--

京都大学、電子工学専攻の 野田進 教授、井上卓也 同助教、森田遼平 同特定研究員らのグループは、数10ピコ秒以下という超短時間の間に、面内の共振波長分布が高速に自己変化可能なフォトニック結晶を考案し、それを利用することに […]

全文を読む

太陽光の可視光を紫外光に変換する固体膜を発明

February, 1, 2023--

東京工業大学 科学技術創成研究院 ゼロカーボンエネルギー研究所の村上陽一教授と榎本陸博士後期課程学生は、低強度な可視光を空気中で安定に紫外光に変換する固体膜を発明した。  作用力の強い紫外光は、水からの水素製造やCO2か […]

全文を読む

EPFL、レーザ避雷針で稲妻を逸らす

January, 31, 2023, Lausanne--

EPFLを含む欧州コンソーシアムは、スイスのMount Säntis頂上にインストールされたハイパワーレーザを使って稲妻誘導に成功した。 山火事、停電、インフラストラクチャ損傷。稲妻は、同程度に魅力的で破壊的であり、広範 […]

全文を読む

TAU、超音波とナノバブル、手術なしでガン性腫瘍を除去

January, 31, 2023, Tel Aviv--

テルアビブ大学の新技術は、超音波、ナノバブルを組み合わせて腫瘍を破壊し、侵襲的処置の必要性を除去する。 テルアビブ大学開発された新技術は、血流への超音波とナノバブル注入を組み合わせ、狙いを定めてガン性腫瘍の破壊を可能にす […]

全文を読む

タンパク質UV検出で究極的感度達成

January, 31, 2023, Marseille--

Institut Fresnelの研究チームは、ラベルフリータンパク質検出の可能性を解き放つ。UV自然蛍光とナノフォトニクスで限界感度達成した。   タンパク質は、UVでは自然に蛍光を放ち、外部蛍光ラベルを導入することな […]

全文を読む

高速、再構成可能シングルピクセルカメラ

January, 30, 2023, Québec--

シングルピクセルイメージングの普及が拡大している。専用のカメラでは困難であり、また製造が高価になる非可視スペクトルで広範なアプリケーションがある。一般に、その技術は、光の2D空間パタンおよびシングルピクセルディテクタを使 […]

全文を読む

発光式円偏光コンバータの開発に成功

January, 27, 2023, 京都--

京都大学、岡﨑豊エネルギー科学研究科助教、木村美咲 同修士課程学生(研究当時)、佐川尚 同教授らの研究グループは、円偏光純度と明るさを両立させる「発光式円偏光コンバータ」の作製に成功した。  円偏光とは、光強度(明るさ) […]

全文を読む

レーザで中性子を発生する新法則を発見

January, 27, 2023, 大阪--

大阪大学レーザー科学研究所の余語覚文教授らの研究グループは、強いレーザ光で中性子を生成する実験を行い、レーザの集光強度と生成される中性子の数に法則性があることを発見した。生成される中性子の数はレーザの集光強度の4乗に比例 […]

全文を読む

光学コーティングアプローチで曇りや不要な反射を防ぐ

January, 27, 2023, Jena/Washington--

Fraunhofer IOFの研究チームは、防曇と反射防止特性を統合した光学コーティングシステムを開発した。その新技術は、LiDARシステムやカメラの性能強化に役立つ。 「寒い戸外から暖かい部屋に入ることは、ガラスが曇る […]

全文を読む

ワイヤレス光信号を通しながら電磁干渉をブロックする新しいシールド

January, 27, 2023, Washington--

浙江大学(Zhejiang University)の研究チームは、透明に見え、機械的に柔軟なシルバーメッシュが、高品質の赤外ワイヤレス光通信を可能にし、マイクロ波領域のXバンド部分で電磁干渉を効率的遮蔽(シールド)するこ […]

全文を読む

理化学研究所、多価イオンの新分光法を実証

January, 26, 2023, 和光--

理化学研究所(理研)開拓研究本部 東原子分子物理研究室の木村直樹 研究員、久間晋 専任研究員、東 俊行 主任研究員、電気通信大学 レーザー新世代研究センターのプリティ 特別研究員(研究当時、現 核融合科学研究所 COE研 […]

全文を読む

カーネギーメロン、新しい拡張顕微鏡

January, 26, 2023, Pittsburgh--

細胞や他のナノスケール構造の内部をこれまでになく見ることは、エクスパンション顕微鏡におけるイノベーションにより、今や可能になっている。この進歩は、ナノサイエンス、病理学および他の多くの生物学や医学分野における将来的洞察を […]

全文を読む

自家発電、プリンタブルスマートセンサ、安価でグリーンなIoTs

January, 26, 2023, Greater Vancouver--

もののインターネット(IoTs)のためにわれわれの日常的物体や環境に埋め込むスマートセンサの作製は、日常生活を著しく改善するが、数兆のそのような小型デバイスが必要になる。  Simon Fraser University […]

全文を読む

新しいバイオマーカーテスト、血液にアルツハイマー病の神経変性検出

January, 25, 2023, Pittsburgh--

ピッツバーグ大学医学部、神経科学グループの研究者は、血液サンプルにアルツハイマー病神経変性の新しいマーカーを検出するテストを開発した。研究成果は、Brain誌に発表された。 そのバイオマーカー「脳由来タウ」(BD-tau […]

全文を読む

新しいフラットグラス、ARゴーグルの視覚品質最適化

January, 24, 2023, New Yorlk--

コロンビア大学エンジニアは、選択した色の光のみに集束するフラットレンズを開発した。それは、正しい波長の光ビームを照射するまでは全く透明に見えるが、光を照射するとグラスがレンズに変わる。 拡張現実(AR)を試してみた人なら […]

全文を読む

マクロな物体を引っ張る光トラクタビームを実現

January, 24, 2023, Washington--

青島科技大学の研究者は、レーザ光を使ってマクロなオブジェクトを引きつける方法を開発した。巨視的光トラクタビームは、以前に実証されていたが、レーザプリング(引張)が、より大きな物体で利用されたのはこれが最初の一つである。 […]

全文を読む

物質使用障害回復のためのVRエクスペリアンスを作成

January, 24, 2023, Bloomington--

インディアナ大学(IU)の研究者は、心理学原理と革新的仮想現実(VR)技術を組み合わせて、物質使用障害のある人向けに新しい没入型理論を構築した。チームは、先頃、国立衛生研究所(NIH)から490万ドルを超える助成金を受け […]

全文を読む

ペロブスカイト太陽電池の抵抗劣化を改善

January, 24, 2023, Lausanne--

膨大な将来性があるにも関わらず、ペロブスカイトソーラセルが、熱、湿気などの外部刺激に反応する仕方が、その安定性に著しい影響を与えている。EPFLの研究者は、劣化の原因を特定し、安定性改善技術を開発した。これにより、われわ […]

全文を読む

捻れ、曲げてもデータの安全を保つ光ファイバ

January, 23, 2023, Bath--

物理学者は、数学のトポロジー概念を使い、堅牢性を維持する光ファイバを開発した。これは、情報の高速伝送を保証する。 ファイバネットワークは、構造的に完全ではない。物事がうまく行かないと情報転送は妥協があり得る。この問題に対 […]

全文を読む

Technion、バイオ・ソーラセル、光合成プロセスから電気を抽出

January, 23, 2023, Haifa--

テクニオンの研究者は、多肉植物の自然光合成から電気を取り出す方法を見つけた。 植物は、食用、酸素源、装飾品として役立てられるが、優れた電源となると見なされることはあまりない。しかし、植物細胞内で自然に輸送される電子を収集 […]

全文を読む

量子力学を使って見ることなく物体を見る

January, 20, 2023, Espoo--

アールト大学(Aalto University)のShruti Dogra, John J. McCord, とGheorghe Sorin Paraoanuは、量子世界と古典的世界の接続を探求する研究で、相互作用のない […]

全文を読む

新しいゲーミング技術、VR環境で香りを嗅ぐことが可能に

January, 20, 2023, Stockholm--

Stockholm UniversityとMalmö Universityが共同開発した新技術、匂い測定器は3Dプリンタでプリントできる。.  匂い測定器、いわゆる臭覚測定器により、VR環境で匂いを嗅ぐことができる。最初 […]

全文を読む

光を99.98%以上吸収する至高の暗黒シート

January, 19, 2023, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)物理計測標準研究部門 応用光計測研究グループ 雨宮邦招 研究グループ長、清水雄平 主任研究員、光放射標準研究グループ 蔀 洋司 研究グループ長と、量子科学技術研究開発機構(量研)量子ビーム科学 […]

全文を読む

lab-on-a-chip技術とAIを組み合わせてガン免疫療法改善

January, 19, 2023, Bloomington--

インディアナ大学のバイオエンジニア、Feng Guoをリーダーとする学際的研究チームは、改善されたガン免疫療法につながるツールを開発した。  プロトタイププラットフォームは、自動薬剤スクリーニングを容易にし、免疫細胞とガ […]

全文を読む

ペロブスカイト太陽電池の問題に対処する新方法

January, 19, 2023, Bloomington--

国立再生可能エネルギー研究所(NRL)とトリード大学(University of Toledo)の研究者がScienceに報告したところによると、ペロブスカイトソーラセル製造の新しいアプローチが以前の問題に対処し、高効率 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。