All about Photonics

Science/Research

コンピュータ不要、瞬時にホログラムを再建する回折光ネットワーク

November, 30, 2021, Los Angels--

先頃ACS Photonicsに発表された論文で、Aydogan Ozcan教授と院生Sadman Sakib Rahmanは、回折ネットワークを使い、コンピュータなしで、ホログラムのオールオプティカル再構築のための新し […]

全文を読む

東北大学、222 nm紫外線ランプの植物への悪影響に懸念

November, 30, 2021, 仙台--

東北大学大学院生命科学研究科の日出間純准教授の研究グループは、東北大学ナレッジキャスト、コシダカ(株)、オーク製作所との共同研究により、これまで調べられていなかった植物を対象に、222 nm紫外線が生物に与える影響を25 […]

全文を読む

理研、SPring-8-IIに向けSACLAを高性能入射器として利用

November, 30, 2021, 和光--

理化学研究所(理研)放射光科学研究センター先端ビームチームの原徹チームリーダーらと高輝度光科学研究センターの共同研究グループは、X線自由電子レーザー(XFEL)施設「SACLA」の線型加速器を大型放射光施設「SPring […]

全文を読む

自然にはない反射特性を示す140 GHz帯メタサーフェス反射板開発

November, 30, 2021, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)物理計測標準研究部門電磁気計測研究グループ 加藤悠人主任研究員は、大阪大学大学院基礎工学研究科(大阪大学)システム創成専攻 真田篤志 教授と共同で、次世代のポスト5G/6Gで利用が想定される1 […]

全文を読む

ガン免疫療法に効果的な微小光ファイバ治療デバイス

November, 29, 2021, Blacksburg--

ガン治療の最も重要で有望な療法の一つ、ガン免疫療法のガン専門医による利用が進んでいる。乳ガン、子宮頸ガン、大腸ガン、胃ガン、皮膚ガンを含む多くの様々なガンで苦しむ患者を治療するためである。 「しかし、まずまずの成功を超え […]

全文を読む

EPFL、アト秒分光学の能力増強

November, 26, 2021, Lausanne--

スイス連邦工科大学(EPFL)の研究者は、強力な過渡吸収分光学技術が、分子の電子や核の超高速運動をリアルタイム、原子空間分解能で解明することを示した。 過去数10年、レーザベース技術では素晴らしい進歩が見られた。これは、 […]

全文を読む

量子コンピュータでも解読できない安全な暗号技術を開発

November, 26, 2021, 東京--

東京大学大学院情報理工学系研究科と九州大学マス・フォア・インダストリ研究所は、日本電信電話株式会社と共同で、量子コンピュータでも解読できない新たなデジタル署名技術を開発し、既存の方式と比較して約3分の1まで公開鍵のデータ […]

全文を読む

ライス大学、3Dプリンタからナノスケール格子フロー

November, 25, 2021, Houston--

ライス大学のエンジニアは、エレクトロニクスとフォトニクス向けにガラスと結晶のナノ構造を開発した。 ライス大学、材料研究者は、高度な3Dプリンタでシリカのナノ構造を作製した。最初から、マイクロスケールエレクトロニクス、機械 […]

全文を読む

液体金属噴射3Dプリンティングのリアルタイム診断を開発

November, 25, 2021, Livermore--

3Dプリンティングが成長、進化し続けているので、構築をリアルタイムモニタリングできる診断法が、高品質パーツの製造には重要なツールになっている。特に、液体金属噴射(LMJ)など、新しいプリンティング技術には重要である。 L […]

全文を読む

iMdea、パッシブLi-Fi IoTデバイスを発表

November, 24, 2021, Madrid--

IMDEA Networks Instituteの研究チームは、バッテリーなしで通信するIoTデバイスを発表した。これは、可視光によりエネルギーを収集し、データを受信する。 マドリッド、IMDEA Networks In […]

全文を読む

医療インプラントを3Dプリントするモールド

November, 24, 2021, Camberra--

RMIT大学研究者は、これまでで最も複雑なバイオメディカル構造を作製できるように従来の3Dプリンティングを反転させた。これは骨や組織の新しい再生技術の開発を前進させることになる。 組織工学の新興分野は、人体の自己治癒自然 […]

全文を読む

高強度レーザに前例のないプラズマレンジング

November, 24, 2021, Berkeley--

超高強度達成のために小さな点に集束するハイパワーレーザパルスは、科学研究から産業および医療まで、幅広いアプリケーションを可能にする。バークリーラボレーザ加速器(BELLA)センタでは、同等のエネルギーを達成する従来の加速 […]

全文を読む

青波長走査型レーザ広角眼底写真は糖尿病網膜症の網膜虚血を示す

November, 24, 2021, 東京--

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科眼科学分野の大野京子教授と先端視覚画像医学講座の堀江真太郎ジョイントリサーチ講座講師の研究グループは、青波長の走査型レーザ検眼鏡による広角眼底撮影の単一の眼底写真が造影剤を使用せずに […]

全文を読む

EPFL、メタバースに輪郭がはっきりした映像達成

November, 22, 2021, Lausanne--

EPFLスピンオフ、Crealが開発した増強光場技術により、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の画像がユーザの目にストレスが少ない、ますます本物そっくりに見える。 AR/VRは、いずれわれわれの日常生活の一部になる、雑貨 […]

全文を読む

金属3Dプリンティング改善のためにレーザビーム成形

November, 22, 2021, Livermore--

レーザベース3Dプリンティング技術は、設計の複雑さを大幅に拡大することで金属部品の製造を変革したが、従来金属プリンティングで使用されているレーザビームには問題があり、これは欠陥や性能不足につながる。 LLNLの研究者は、 […]

全文を読む

個人化医療、3Dプリンティングが特注形状組織を可能にする

November, 22, 2021, Waltham--

軟部組織の重傷の場合、組織移植が不可避なことがよくある。しかし、患者にとっては、これは本格的な治療加入を意味する。皮下に、またキズの形状に個別に適用できるように移植された分離チャンバーで、将来、欠損組織が患者の身体で直接 […]

全文を読む

世界最大級GaN基板製造実証設備で4インチGaN結晶の成長を確認

November, 22, 2021, 東京--

NEDOの「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」において、(株)日本製鋼所と三菱ケミカル(株)は、パワーエレクトロニクス用大口径バルク窒化ガリウム(GaN)基板の実証開発に取り組んでいる。  実証開発では2021年5月 […]

全文を読む

様々な計算を何ステップでも実行できる万能光量子プロセッサ開発

November, 19, 2021, 東京--

東京大学大学院工学系研究科の武田俊太郎助教(当時)らは、2017年9月、どれほど大規模な計算も最小規模の光回路で効率良く実行できる「究極の大規模光量子コンピュータ」方式を考案した。今回、同大学院工学系研究科の武田俊太郎准 […]

全文を読む

3D化学、ペロブスカイトの効率を23.9%に増強

November, 19, 2021, Lausanne--

EPFL化学エンジニア主導国際強力チームは、ソーラパネルとしての効率を低減するペロブスカイト製造の問題を克服した。そのアプローチにより、効率23.9%のペロブスカイトソーラパネルが製造され、動作安定性は1000時間を超え […]

全文を読む

ナノレーザ光源として使える超薄結晶

November, 19, 2021, Oldenburg--

3層の原子だけで構成される結晶が、レーザと同様に、室温で光を放出できる。これら新しい材料は、微小化回路の光源、あるいは将来の量子アプリケーションの光源として利用される可能性がある。  Dr. Hangyon Shan、D […]

全文を読む

光を分離する新しいフォトニックチップ

November, 18, 2021, Urbana--

IQUISTメンバー、 Gaurav Bahlと同氏の研究グループが、音波で光を制御する簡素でコンパクトなフォトニック回路を設計した。光を分離し、方向性を制御する強力な方法を実証する研究成果は、Nature Photon […]

全文を読む

INRS、超高速シングルショットカメラで2D温度非接触計測

November, 17, 2021, Quebec--

カナダの国立科学研究センタINRSの研究チームは、超高速シングルショットカメラで温度の非接触2D計測に成功した。  INRSのJinyang LiangおよびFiorenzo Vetrone教授チームが開発した新しいイメ […]

全文を読む

新しいナノワイヤアーキテクチャがコンピュータの処理能力を増強

November, 16, 2021, Lausanne--

EPFLの研究者、Valerio Plazzaは、ナノワイヤの独創的な形から構築される新しい3Dアーキテクチャを開発している。同氏の研究の狙いは、微小化の限界を押し広げ、より強力な電子デバイスに道を開くこと。同氏は、20 […]

全文を読む

疑似固体リチウムイオン電池の3Dプリント製造技術を開発

November, 16, 2021, 仙台--

東北大学多元物質科学研究所 雁部祥行技術職員、小林弘明助教、本間格教授らは、リチウムイオン伝導性イオン液体電解質の3Dプリント技術を開発することで、固体リチウムイオン電池を室温・短時間でオンデマンドに3Dプリント製造する […]

全文を読む

電子の集団振動で光子を量子ドットへ運ぶ

November, 16, 2021, 大阪--

大阪大学産業科学研究所の深井利央(博士後期課程(研究当時))、藤田高史助教、木山治樹助教、大岩顕教授(兼 量子情報・量子生命研究センター)らの研究グループは、表面プラズモンポラリトンという光で励起される電子の集団振動を利 […]

全文を読む

SEAS、簡単なシリコンコーティングが長年の光学課題を解決

November, 15, 2021, Cambridge--

ハーバードSEASの新しいアプローチは、強力な超高速レーザパルスのアプリケーションを広げる。 1兆分の1秒以下の時間幅、レーザ光のクイックバーストは、今日、幅広いアプリケーションで利用されている。これら超短レーザパルスに […]

全文を読む

Fraunhofer IPM、単分子を検出する新方法

November, 15, 2021, Hackensack--

抗生物質耐性が世界中で上昇している。フラウンホーファー(Fraunhofer Institute for Physical Measurement Techniques IPM)の研究者は、ミュンヘンルートヴィヒマクシミ […]

全文を読む

光量子コンピューティングのナゾからミッシングピース発見

November, 12, 2021, St. Louis--

ワシントン大学セントルイスのMcKelvey School of Engineeringの研究は、光量子コンピューティングのナゾにおける失われたピースを見つけ出した。 Preston M. Green電気&シス […]

全文を読む

データセンタを救う超高速光スイッチング

November, 12, 2021, Lausanne--

EPFLとMicrosoft Researchの研究者は、チップベースソリトンコムレーザと完全パッシブ回折格子デバイスを使って超高速光回路スイッチングを実証した。この特別なアーキテクチャは,将来の膨大なデータ帯域要求に応 […]

全文を読む

世界最速 Beyond 5G/6G向け超高速暗号アルゴリズムを開発

November, 12, 2021, ふじみ野--

KDDI総合研究所と兵庫県立大学大学院 情報科学研究科の五十部孝典 准教授の研究グループは、Beyond 5G/6G時代に求められる処理性能と安全性を備えた新しい共通鍵暗号アルゴリズム「Rocca」を開発した。「Rocc […]

全文を読む

1 / 12812345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。