All about Photonics

Science/Research

東芝ケンブリッジ研究所、都市間安全通信の限界を再定義

May, 25, 2018, Cambridge--

東芝リサーチヨーロッパ、ケンブリッジ研究所(Cambridge Research Laboratory of Toshiba Research Europe Ltd)は、標準通信ファイバで伝送距離を500km以上に延ばす […]

全文を読む

ナノ薄膜上に高速応答の温度センサを製作

May, 25, 2018, 東京--

東京工業大学 物質理工学院 材料系の森川淳子教授、劉芽久哉大学院生らは、スウィンバーン工科大学との国際共同研究の一環として、厚さ30nmの薄膜上に、幅2.5µmの温度センサを製作することに成功した。電子線リソグラフィーと […]

全文を読む

冷却原子量子メモリを光ファイバ通信で動作

May, 25, 2018, 大阪--

大阪大学大学院基礎工学研究科の山本俊准教授および生田力三助教らの研究グループは、大阪大学 井元信之名誉教授、NTT物性科学基礎研究所 向井哲哉主任研究員、NICT未来ICT研究所 三木茂人主任研究員、東京大学大学院工学系 […]

全文を読む

トラップイオンを使った長距離格子配送を達成

May, 25, 2018, 大阪--

大阪大学大学院基礎工学研究科の山本俊准教授および生田力三助教らの研究グループは、大阪大学井元信之名誉教授、情報通信研究機構(NICT)量子ICT先端開発センター早坂和弘研究マネージャーおよび英サセックス大学のマティアス・ […]

全文を読む

先端材料、ガラスをポリマーのように加工

May, 24, 2018, Karlsruhe--

純粋石英ガラスは透明度が高く、熱的、物理的、化学的影響に耐性がある。これらは、オプティクス、データ技術、医用工学での利用にとって最適条件である。しかし効率的、高品質加工、十分な加工が欠如している。カールスルーエ工科大学( […]

全文を読む

超解像顕微鏡のための高精度色収差補正ソフトウエアを開発・無償公開

May, 24, 2018, 東京--

NICTは、未来ICT研究所において、超解像顕微鏡のための高精度色収差補正ソフトウエアを開発した。  大阪大学、オックスフォード大学と共同で開発したこの技術により、生命科学に用いる高度な蛍光顕微鏡における色収差補正精度を […]

全文を読む

蛍光色素付き発光基質による多色発光基盤技術を開発

May, 24, 2018, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)環境管理研究部門環境微生物研究グループ 金誠培 主任研究員と慶應義塾大学理工学部応用化学科 鈴木孝治名誉教授、チッテリオ ダニエル 教授、大学院理工学研究科博士課程 西原諒(2017年9月修了 […]

全文を読む

バイオセンシング、化学検出を改善する量子エンハンストセンサを開発

May, 24, 2018, Norman--

オクラホマ大学(University of Oklahoma)、物理学者、Alberto M. Marinoは、バイオメディカルから化学検出までのアプリケーションに適用できる量子増強センサを開発している。  研究では、M […]

全文を読む

推測作業を排除する新方法で自由形状レンズ

May, 23, 2018, Pittsburgh--

自由形状面のレンズやミラーを用いると,設計者は、以前よりも軽量でコンパクト、効果的な光学機器で光を集光できる。   しかしこれまでは、仮にあったとしても、, 所定のミラーやレンズでどんな自由形状面が最適機能を実現するかを […]

全文を読む

1量子ビット量子コンピュータでも古典コンピュータより強い

May, 23, 2018, 東京/京都--

大量の量子ビットを自由自在に使用し、任意の量子アルゴリズムを走らせ、完全にエラー耐性のある巨大な量子コンピュータを実現することは量子計算の研究者らの究極のゴールだが、それはまだ遠い未来のことかもしれない。近い将来に実現で […]

全文を読む

赤外超短パルスレーザの新しい増幅法を実証

May, 23, 2018, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究センター アト秒科学研究チームの付玉喜(フ・ユーシー)研究員、緑川克美チームリーダー、高橋栄治専任研究員の研究チームは、独自の超短パルスレーザ増幅法を実証し、波長可変でありながらテラワッ […]

全文を読む

次世代ワイヤレスペースメーカーのデモに3Dプリント心臓を利用

May, 22, 2018, Houston--

ライス大学学生チームの次世代ワイヤレスペースメーカーアレイのデモンストレーションは、将来の医療センサを示唆するものである。  電気・コンピュータ工学のLove and Paceチームは、米粒サイズのチップネットワークを心 […]

全文を読む

ICFO、グラフェンベース光ディテクタ改善

May, 22, 2018, Berlin--

光の検出と制御は、多くの現在のデバイスアプリケーションの中核にある。たとえば、携帯電話のカメラなど。グラフェンを光ディテクタの感光性材料として使うことで、現在使われている材料に関して、著しい改善が可能になる。たとえば、グ […]

全文を読む

宇宙向けに周波数安定レーザシステム

May, 22, 2018, Berlin--

地球観測ロケットについてのJOKARUS実験が成功した。これは、最高精度のレーザ測距の要であり、光衛星ナビゲーションシステムの先駆である。  分子イオンに基づいた周波数リファレンスの実証が初めて成功した。これは衛星間のレ […]

全文を読む

ガラススライドを改善して顕微鏡で温度分布マッピング

May, 21, 2018, Buffalo--

バッファロー大学生体医用工学准教授、Ruogang Zhao, PhDの研究チームが、Nature Communicationsに発表した研究成果によると、粗末な顕微鏡ガラススライドにより大変革の可能性がある。数世紀昔の […]

全文を読む

三菱電機、「火花がほとんどでないファイバレーザ溶接技術」を開発

May, 18, 2018, 東京--

三菱電機は、100%子会社である多田電機と共同で、「火花がほとんどでないファイバレーザ溶接技術」を開発した。ファイバレーザ溶接の不良や溶接速度低下の原因となる溶けた金属(溶融金属)が火花状態で飛び散る量(飛散量)を95% […]

全文を読む

水滴を浮遊させて汚染検出を改善

May, 18, 2018, Washington--

新しい研究で、音波を使って水滴を空中に浮遊させることで有害な重金属汚染物質、水中の鉛や水銀などの検出が改善できることが示された。水中の微量の重金属の検出は、重要である。これらの汚染物質は人の健康や環境に有害だからである。 […]

全文を読む

OSRAM、グリーンLEDの効率40%向上

May, 17, 2018, Regensburg--

グリーンLEDの示す光出力の著しい低下(グリーンギャップ現象)が、効率問題、顧客のアプリケーションの高コストの原因だった。InGaNベースグリーンLEDで、オスラム(Osram Opto Semiconductors)は […]

全文を読む

マイクロバブルによる新たな粒子加速機構を発見

May, 17, 2018, 大阪--

大阪大学レーザー科学研究所の村上匡且教授らの研究グループは、ミクロンサイズのバブル(球状の空洞)を内包する水素化合物の外側から超高強度レーザを照射すると、バブルが原子サイズにまで収縮した瞬間に超高エネルギーの水素イオン( […]

全文を読む

ポリマー光変調器を開発し世界最高速の光データ伝送に成功

May, 17, 2018, 福岡--

九州大学先導物質化学研究所の横山士吉教授の研究グループは、日産化学工業株式会社とともに優れた電気光学特性と熱安定性を持つポリマーの開発を、アダマンド並木精密宝石株式会社とともに超高速光変調器のモジュール開発を進め、従来技 […]

全文を読む

テラヘルツ照射でグラフェンにフォトカレント

May, 16, 2018, Moscow--

MIPTと英国の研究チームは、テラヘルツ照射下のグラフェンでフォトカレントにつながるメカニズムを明らかにした。  Applied Physics Lettersに発表された論文は、高周波を照射されたグラフェンの直流発生に […]

全文を読む

エレクトロニクスや細胞を皮膚に3Dプリント

May, 16, 2018, Houston--

ミネソタ大学の研究チームは、特注のローコスト3Dプリンタを使って、手に初めてエレクトロニクスをプリントした。この技術は、戦場で兵士が身体に一時的なセンサをプリントして化学物質、生物兵器を検出し、あるいは重要なエレクトロニ […]

全文を読む

Y-00光通信量子暗号の雑音による秘匿効果を高める光変調方法を実証

May, 15, 2018, 町田--

玉川大学 量子情報科学研究所の谷澤健准教授と二見史生教授は、Y-00光通信量子暗号のための光の変調方法を新たに提案し、電気デジタル・アナログ変換デバイスの限界を打破する、極めて多くの光強度をもつ暗号を発生させる実証実験に […]

全文を読む

光と電子の逆時空間での接触・反発の観測に成功

May, 14, 2018, 大阪--

光と電子の接触と反発を、われわれが普段目にするのとは逆の時間と空間(逆時空間)で容易に観測できる試料と方法を、大阪大学 大学院基礎工学研究科の馬場基彰招聘教員は、米国 ライス大学の河野淳一郎教授とウェイルー・ガオ氏らと共 […]

全文を読む

発光コンタクトレンズで失明の主因を阻止

May, 14, 2018, Paradena--

世界中で数億人の人々が糖尿病を患い、病状が進行すると、失明、糖尿病性網膜症の危険が忍び寄る。既存の治療法は、効果的ではあるが、苦痛であり侵襲的で、眼にレーザや注射をする方法。Caltechの院生、Colin Cookは、 […]

全文を読む

新しいブラッグ回折格子開発により新世代のAR実現に期待

May, 14, 2018, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(NC State)の工学・物理学の研究チームは、光を操作する新技術を開発した。新技術は、より多くの光を取り込み、効率を高める。より優れた没入型拡張現実(AR)ディスプレイシステム実現に期待できる […]

全文を読む

米軍研究所、リサイクルの戦場廃物から3Dプリンターフィラメント抽出

May, 11, 2018, ABERDEEN PROVING GROUND--

米国陸軍研究所とアメリカ海兵隊との協力で、兵士が戦場で必要とする3Dプリンティングパーツに廃プラスチック、水筒、ミルクジャグ、ヨーグルト容器などが使えることが分かった。  再生材料は、アディティブマニュファクチャリング( […]

全文を読む

レーザベースX線イメージングで高速化

May, 11, 2018, Garching--

ルートヴィヒマクシミリアン大学(LMU)、マックスプランク量子オプティクス研究所(MPQ)、ミュンヘン工科大学(TUM)の研究チームは、新しいレーザベースX線光源の臨床アプリケーションで大きく前進した。  その計測器が、 […]

全文を読む

NIST、50kWレーザでレーザパワーメータをテスト

May, 11, 2018, Gaithersburg--

米国国立標準技術研究所(NIST)の研究チームは、レーザパワーを計測する斬新な方法を開発してきた。Radiation Pressure Power Meter (RPPM)、放射圧パワーメータという装置は、レーザ光そのも […]

全文を読む

インクジェットプリンティングで精密光コンポーネントを作製

May, 10, 2018, Washington--

導波路などの光コンポーネントのプリントに使用できるインクジェットプリンティング技術が開発された。このプリンティングアプローチは、エレクトロニクスやマイクロ流体も製造できるので、様々なデバイスの提案が可能になる。例えば、ヘ […]

全文を読む

1 / 6512345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。