All about Photonics

Science/Research

DARPA、室温原子層蒸着の新方法を開発

September, 7, 2016, Arlington--

DARPA支援の研究者が、室温で超薄材料合成に新たなアプローチを開発した。これは、温度800℃を必要としていた業界のアプローチに対するブレイクスルーである。この進歩は、これまで達成できなかった多くの薄膜マイクロエレクトロ […]

全文を読む

3Dプリントされた構造がその形状を「記憶」

September, 6, 2016, Cambridge--

MITとシンガポール技術・設計大学(SUTD)のエンジニアは、原形を「記憶する」3D構造のプリントに光を使う。伸ばされ、捩じられ、極端な角度に曲げられた後でも、その構造物は、小さなコイルや多材料の花から、エッフェル塔の1 […]

全文を読む

量子コンピューティングに代替アプローチ

September, 5, 2016, Espoo--

アールト大学(Aalto University)の研究チームは、量子コンピューティングの情報コーディングへのマイクロ波信号の適用性を実証した。この分野の以前の開発は、光システムに注力していた。  研究チームは、超伝導量子 […]

全文を読む

超安定、次世代レーザを可能にするダイヤモンドレーザを開発

September, 2, 2016, Sydney--

マッコーリー大学(Macquarie University)の研究者による研究で、ダイヤモンドベースで超高純度周波数レーザを作製する新方法が確認された。これにより、レーザ周波数の不安定と広がりの問題を回避することができる […]

全文を読む

筑波大学など、電子の運動を光の周期より短い時間で操作することに成功

September, 1, 2016, つくば--

日本とスイスの共同研究グループは、パルス光を誘電体に照射するとき、光の周期よりも短い時間で誘電体の光学的性質が変化することを示した。  研究グループは、スーパーコンピュータ「京」を用いた大規模計事機シミュレーションにより […]

全文を読む

KIT、3Dレーザ技術でナノスケールAFM先端を自在にデザイン

September, 1, 2016, Karlsruhe--

3Dレーザリソグラフィは、生物学や工学のナノ構造研究用の顕微鏡を強化する。  原子間力顕微鏡(AFM)は表面のナノ構造を可視化する。そのプローブは、最高精密測定ニードルで研究材料をスキャンする。カールスルーエ工科大学(K […]

全文を読む

2Dペロブスカイトが高効率と安定性を実現

August, 31, 2016, Los Alamos--

発展する太陽光発電産業でペロブスカイト結晶を使用するために、ロスアラモス国立研究所(LANL)、ノースウエスタン大学、ライス大学の研究グループは、結晶製造法を微調整し、新しいタイプの2D層状ペロブスカイトを開発した。これ […]

全文を読む

超高速で感染症を検出する新しいコンパクト顕微鏡

August, 30, 2016, Duesseldorf--

ヨーロッパの研究クループが、生死に関わる細菌による感染を最速で発見できる顕微鏡を発明した。例えば、それはE. coli、スタヒロコッカス、髄膜炎のような症状であり、これにより毎年数百万人の命を救うことができるようになる。 […]

全文を読む

人工網膜で将来鮮明な視覚が実現される見込み

August, 30, 2016, Paris--

大きな治療課題、過去10年にわたり開発中の人工網膜は、盲目の被験者が光信号を感じられるようにできるが、回復された像はまだ鮮明とは言えない。齧歯動物で、インプラントにより人工的に生成された視覚野の活動と自然の視覚とを比較す […]

全文を読む

超高速光信号処理を可能にするシリコンナノ粒子を開発

August, 29, 2016, Lichtenfels--

ITMO大学とモスクワ物理・技術研究所(MIPT)の物理学チームは、効果的な非線形光操作にシリコンナノ粒子の潜在性を実証した。この成果は、広範な機能を持つ新しい光デバイスの開発の基盤となる。  これらシリコンナノ粒子ベー […]

全文を読む

FEP、患者に使える細胞適合OLED

August, 29, 2016, Dresden--

有機発光ダイオード(OLED)の細胞適合性研究がフラウンホーファーFEPで細胞培養で初めて行われた。目的は、細胞がOLEDにどの程度耐えるかをテストすること。結果は、OLEDの光線療法など医療分野での利用が有望であること […]

全文を読む

鳥の飛行速度は群れのサイズが大きいほど高速

August, 26, 2016, Lund--

ルンド大学の新しい研究によると、鳥の飛行速度は様々な要因で決まる。中でも最も驚くべきは、群れのサイズが鳥の飛行速度に大きく影響を与えることである。群れが大きくなればなるほど、飛行速度は速くなる。  ルンドの科学学部の研究 […]

全文を読む

新世代エネルギーフレンドリなオプトエレクトロニクスにつながる新理論

August, 26, 2016, London--

クイーンズ大学ベルファスト(Queen’s University Belfast)とETHチューリッヒの研究グループは、物理学者やデバイスエンジニアがより優れたオプトエレクトロニクス設計に役立てることができる新しい理論的 […]

全文を読む

太陽エネルギーのフルスペクトルを取り込むハイブリッドシステムを設計

August, 25, 2016, West Lafayette--

3種類の技術を統合することで新たなコンセプトにより高効率の太陽光発電が可能になる。これらの技術は、太陽光スペクトルの異なる部分を変換して日没後に利用できるように蓄積も行う。  技術の統合により、それらの技術の1つをバラバ […]

全文を読む

MIT、中耳感染診断に短波赤外装置

August, 25, 2016, Cambridge--

MITの研究者とコネチカット小児科センタの医師が開発した新しいデバイスは、耳の感染を正確に診断する医者の能力を大きく改善する。これにより、米国では、診断が正しくなく、不必要な抗生物質が処方されている症例が年間に推定200 […]

全文を読む

サザンプトン大学、インターネットを高速化するプロジェクト

August, 25, 2016, Orlando--

サザンプトン大学(University of Southampton)は、「フォトニクスハイウエイ」の新技術開拓に向けて720万ポンドのプロジェクトを実施している。  同大学オプトエレクトロニクス(ORC)副所長、Dav […]

全文を読む

天然シリコンにおける高性能量子ビット実装

August, 24, 2016, 和光--

理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター量子機能システム研究グループの武田健太特別研究員、樽茶清悟グループディレクターらの共同研究チームは、産業的に広く用いられている通常のシリコンを用いた半導体ナノデバイスにおいて、 […]

全文を読む

3Dイメージングの顕微手術への応用

August, 24, 2016, Heidelberg--

ライブ3Dイメージングは今日最もホットなトピックの1つであり、医療イメージング力を変革し、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の背後にある没入型経験を提供する。デューク大学(Duke University)のDr. Jos […]

全文を読む

DARPAプロジェクト、オプティクスとイメージャの新設計

August, 23, 2016, Arlington--

国防高等研究計画局(DARPA)のEXTREME Optics and Imaging(EXTREME)プログラムは、特注光学材料(EnMats)および関連の設計ツールを導入することによって月並みなパラダイムからの分離を […]

全文を読む

症状が現れる前に眼のテストでパーキンソン病を発見

August, 22, 2016, London--

UCL(University College London)の研究チームがラットで行った研究で、パーキンソンの症状、震えや筋硬直の症状が表れる前にローコストの非侵襲的な目の検査でパーキンソン病を発見できる。  UCL眼科 […]

全文を読む

蛍光顕微鏡でガン細胞の転移を洞察

August, 22, 2016, Los Angels--

UCLA、カリフォルニアナノシステムズ研究所の研究チームは、ガン細胞の転移の仕方で独自の理論を確認する方向で大きく踏み出した。研究成果は、黒色腫の広がりを抑える新たな戦略につながる可能性がある。  ガンの広がり方は、腫瘍 […]

全文を読む

ローパワー常時ONジェスチャ認識カメラを開発

August, 19, 2016, Atlanta--

近年、音声命令で立ち上がるスマートデバイスが評判になっているが、ジョージア工科大学(Georgia Institute of Technology)はそれを一歩進めて、常時ONカメラを開発した。  ローパワー(低消費電力 […]

全文を読む

超高精度の「光格子時計」で標高差の測定に成功

August, 18, 2016, 東京--

JST 戦略的創造研究推進事業および文部科学省 光・量子科学研究拠点形成に向けた基盤技術開発事業において、東京大学 大学院工学系研究科の香取秀俊教授、国土地理院の研究グループは、直線距離で約15km離れた東京大学と理化学 […]

全文を読む

アダブティブオプティクス3D顕微鏡、超解像度細胞イメージング

August, 18, 2016, West Lafayette--

複数の大学の共同研究チームによると、新しい超高解像度「ナノスコープ」は、細胞全体とその細胞構成要素を前例のない詳細さで3D画像に撮ることができる。これは、これまでに見られなかった生物学的現象を明らかにし、新たな医療洞察を […]

全文を読む

これまで見えなかったものを見る:ナノビーズでできたスーパーレンズ

August, 18, 2016, Bangor--

Science Advancesに発表された論文によると、新しい固体3Dスーパーレンズを使うと、従来の顕微鏡で見えるものの範囲を拡大することができる。  パンガー大学のDr Zengbo Wang、復旦大学Limin W […]

全文を読む

世界初の迷路磁区を使った磁気光学Qスイッチレーザ

August, 17, 2016, 豊橋--

豊橋技術科学大学電気・電子情報工学系の後藤太一助教、自黙科学研究機構分子科学研究所、アイオワ州立大学の研究者らのグループは、共同で磁場と光の相互作用である磁気光学効果を発現する膜を用いた、集積化可能なQスイッチレーザの開 […]

全文を読む

硬膜外麻酔の光センサアシスト硬膜外針

August, 17, 2016, Cambridge--

MITとマサチューセッツ総合病院(MGH)のチームは、硬膜外針に埋め込むことができる新しいセンサで硬膜外処置に関わる問題を改善できると考えており、この新技術により麻酔科医は正しい位置に針をガイドすることができるようになる […]

全文を読む

新しいアプローチで蛍光顕微鏡の3D解像度が2倍に

August, 16, 2016, Washington--

一度に3視点を利用することで、解像度を大幅に改善する新しい顕微鏡アプローチが開発された。この新方法は、特に生物学的プロセスの動力学を見る際に役立つ。健全な細胞の活動の仕方、病気が発生した時に何が問題になるかを洞察すること […]

全文を読む

ナノワイヤ、将来のLED候補として有望

August, 16, 2016, Copenhagen--

ニールスボア研究所(Niels Bohr Institute)の最新の研究によると、ナノワイヤでできたLEDは、省エネで色が優れている。研究チームは、X線顕微鏡を使ってナノワイヤを調べ、さらにこの方法で最高の特性を実現す […]

全文を読む

白色を生成するナノクリスタルが、照明と通信システムを統合

August, 16, 2016, Thuwal--

KAUST (King Abdullah University of Science and Technology)の研究チームは、青色から白色光を生成するナノ結晶材料を開発した。  現在、WiFiとブルートゥースが確立 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。