All about Photonics

Science/Research

フラウンホーファーIPMS、遺伝子研究向けにMEMSミラー開発

April, 9, 2014, Dresden--

フラウンホーファーIPMSは、超高速で、マイクロメートル精度で様々な波長の光の方向を変えることができるプログラマブルMEMSチップを開発した。  この技術は、光学顕微鏡にインストールすると、個々の細胞よりも小さな多数の目 […]

全文を読む

アリゾナ大学開発のレーザ技術で落雷回避

April, 8, 2014, Phoenix/Rochester--

アリゾナ大学と中央フロリダ大学の研究チームは、以前よりも遙かに長い距離、大気中を高強度レーザビームを放出することができる技術を開発した。この研究は、まだ実験室段階であるが、いずれ稲妻のような放電を建物から逸らすことができ […]

全文を読む

BYU、危険物質の遠隔検出を狙う新しいIR技術

April, 7, 2014, Provo--

ブリガムヤング大学(BYU)の統計学、Candace Berrett教授は、長波長赤外カメラで撮った画像のピクセル毎に物質の特性を明らかにするモデルを開発した。このプロジェクトは、米国国家核安全保障局(NNSA)からBY […]

全文を読む

ウィーン工科大学、超薄型光ディテクタを開発

April, 4, 2014, Vienna--

ウィーン工科大学(TU Vienna)は、新しい極薄光ディテクタを開発した。ここでは、2つの異なる技術、メタマテリアルと量子カスケード構造とを初めて統合した。  半導体層の超薄システムは、電圧を光に換えるが、その反対も可 […]

全文を読む

超広帯域スクィーズド光源と検出技術を開発

April, 4, 2014, 東京--

情報通信研究機構(NICT)は、産業技術総合研究所(産総研)、上智大学および学習院大学と共同で、光ファイバ通信波長帯における超広帯域のスクィーズド光源とスクィーズド光を高精度に検出する光子数識別技術の開発に成功した。   […]

全文を読む

自閉症患者の脳を観察する最先端のレーザ顕微鏡

April, 3, 2014, Edinburgh--

エディンバラ大学の研究チームは、自閉症患者の複雑な脳の回路で何が問題なのかを見ようとしている。  研究チームは次に、自閉症の兆候、反復行動や意思疎通問題を含め、それらの兆候と闘うために使用される見込みのある薬をテストする […]

全文を読む

MIT、方向によって光の波をフィルタリングする初めての方法

April, 3, 2014, Cambridge--

光の波は3つの基本的特性、色(波長)、偏光、方向で定義できる。色と偏光で選択的に光をフィルタリングすることは以前から可能だったが、伝搬方向に基づいて選択することは難しいままになっている。  MITの研究チームは、波長を問 […]

全文を読む

ワシントン大学、セレン化タングステンからLEDを作製

April, 3, 2014, Washington--

ワシントン大学の研究チームは、エレクトロニクスで光エネルギー供給源として使える最薄型LEDを作製した。  このLEDは2Dの柔軟な半導体からできており、スタックすることが可能であり、非常に小さく多様なアプリケーションに使 […]

全文を読む

VivoSight OCTを用いた基底細胞ガン臨床試験結果を発表

April, 2, 2014, Orpington--

マイケルソンダイアグノスティクス(Michelson Diagnostics)は、VivoSight OCTを使用した基底細胞ガン診断のマルチセンター、予測臨床トライアルを完了したと発表した。 この研究では、臨床的に基底 […]

全文を読む

MIT、新しい顕微鏡技術で細胞の3D画像を捉える

April, 2, 2014, Cambridge--

MITの研究グループは、2007年、蛍光マーカーや他のラベルなしで生きた細胞の内部を3Dで詳細に見ることができる顕微鏡を開発した。この技術は、細胞密度と言った重要な特徴も明らかにした。 今回、細胞が微小流体チャネルを流れ […]

全文を読む

高速道路走行中の脳活動可視化に成功

March, 28, 2014, 名古屋--

中日本高速道路と共同研究者、東京大学生産技術研究所の須田義大教授は、脳機能近赤外線分析測定法(fNIRS/エフニルス:functional near-infrared spectroscopy)(注1)装置を車両に搭載し […]

全文を読む

ペンシルバニア大学設計のデバイス、脳卒中患者の個別ケアに有望

March, 27, 2014, Tübingen--

ペンシルバニア大学が設計した、急性脳卒中患者の脳血流(CBF)を非侵襲的、継続的にモニタするデバイスを使うことで、ベッドの頭(HOB)の位置が脳に至る血流にいかに影響をあたえるかが同大学の研究チームには分かってきた。 急 […]

全文を読む

暗闇でも機能する、世界初の光で活性化する抗菌面を開発

March, 27, 2014, London--

ロンドン大学(UCL)の研究チームは、院内感染を遮断することができる新しい抗菌材料を開発した。 2つの単純な染料とゴールドナノ粒子との組み合わせは、光で活性化すると、室内の光が少なくても、細菌には致死的となる。この種の物 […]

全文を読む

抗生物質を光でON/OFFスイッチング

March, 27, 2014, Karlsruhe/Kiev--

KITとキエフ大学の研究チームが、光で生物活性をコントロールできる抗生物質を開発した。 しっかりしたジアリールエテン光スイッチのおかげでペプチド模倣薬の抗菌効果を空間的、時間的に特殊な仕方で適用できる。これにより、副作用 […]

全文を読む

光センサにより自動車産業のスポット溶接効率向上

March, 25, 2014, Dresden--

フラウンホーファーIPMSは光センシングシステムのプロトタイプを発表する。 「スマートドレス」(SmartDress)欧州共同研究プロジェクトには3研究機関、産業界の4社が参加して2年前から作業を進めている。プロジェクト […]

全文を読む

ユタ大学、光を金属に押し込み高速通信

March, 24, 2014, Salt Lake City--

ユタ大学電気工学の研究チームは、安価なインクジェットプリンタを使い、情報伝達に金属内の光を用いる微小構造を作製した。この新しい技術は、このような微小構造内の伝導性を制御し、電子デバイスの超高速コンポーネントを素早く作製、 […]

全文を読む

量子コンピューティングに有望な「超低温」分子

March, 24, 2014, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、レーザを使って原子を絶対零度に冷却しそれらを密着させることで新たな「超低温」分子を作製した。この技術は量子コンピューティング、高精度センサ、先端シミュレー […]

全文を読む

DARPA、大気擾乱補正機能付レーザ兵器デモンストレーション

March, 20, 2014, Arlington--

米国国防省国防高等研究事業局(DARPA)は、開発中のレーザ兵器が7km先の目標に正確に命中したと発表した。これに大きく寄与したのは、このような距離で優れたビーム品質を維持した21素子の光フェーズドアレイ(OPA)。 最 […]

全文を読む

Caltech、光を曲げるシリコンチップを開発

March, 20, 2014, Pasadena--

カリフォルニア工科大学(Caltech)のAli Hajimiri、Thomas G. Myers電気工学教授の研究チームは、光を曲げるシリコンチップを開発した。 従来のプロジェクタは、微小な画像に光ビームを透過させ、レ […]

全文を読む

NTT、100万ビット規模の量子コンピュータ実現に向けた新手法を確立

March, 19, 2014, 東京--

日本電信電話(NTT)は、光格子中に束縛された約100万個の原子に対して量子コンピュータのリソースとなる大規模な量子もつれ状態を高精度かつ高速に生成する手法を世界で初めて確立した。 この成果により、量子コンピュータ実現に […]

全文を読む

UCSBとIQE、提携して大規模フォトニック集積を開発

March, 19, 2014, Cardiff--

IQE plcの発表によると、ローコストと大容量通信アプリケーションを狙ってフォトニクスデバイスとシリコン技術の集積を可能にするシリコン基板次世代量子ドットレーザ開発支援にIQEのエピタキシャルウエハ技術が使われた。 I […]

全文を読む

2D材料がオプトエレクトロニクスに有望

March, 19, 2014, Cardiff--

MITの研究チームは、光を抑制したり放出したりすることができるデバイス作製に厚さわずか数原子の新しい材料を使った。 この概念実証は、超薄型、軽量、柔軟な太陽電池、LEDおよび他のオプトエレクトロニクスデバイスにつながる。 […]

全文を読む

IQEのVCSELウエハでIBMが64Gb/sデータ伝送達成

March, 18, 2014, Cardiff--

IQE plcは、同社の最先端のVCSELエピウエハ技術がハイパフォーマンス光リンク開発に使われたと発表した。この成果は、IBMとChalmers工科大学がOFCで発表した。 光インタコネクトのデータレートは増え続けてお […]

全文を読む

レーザパワーでスーパーレゾリューションレーザ加工が可能

March, 17, 2014, Sydney--

新たに発見された自然現象は、光を使って物質を原子単位で分解できることを示している。これはオーストラリアの研究者がNature Communicationsに発表した論文で、ナノスケールのダイヤモンドデバイスへの新たな道を […]

全文を読む

A*STAR、チップスケールチューナブルレーザを開発

March, 17, 2014, Singapore--

A*STARマイクロエレクトロニクス研究所(IME)と南洋理工大学(Nanyang Technological University)の研究チームは、MEMS技術で作製した業界最小の波長可変レーザのデモンストレーションを […]

全文を読む

DARPA、生物・化学兵器検出用にコンパクトな高出力UVレーザ開発計画

March, 14, 2014, Arlington--

ラマン分光はレーザを使って分子の振動を計測し、素早く正確に未知物質を特定する。UV波長は隔離距離でラマン分光に適した波長であるが、国防省(DOD)の現在のUVベース戦術検出システムは大きくて高価であり、機能に限りがある。 […]

全文を読む

フライブルク大学、タンパク質輸送の新しいメカニズムを発見

March, 14, 2014, Freiburg--

上皮組織は人体の臓器を埋め尽くしている。皮膚、腸、腎臓ではこの細胞層は、ホルモンや栄養物のような分子の交換を調整する境界を形成する。フライブルクの生物物理学者、Dr. Roland Thünauerと助教授Dr. Win […]

全文を読む

チューリッヒ大学、癌に的を絞った包括的な計測法を開発

March, 13, 2014, Zurich--

チューリッヒ大学の研究チームは、これまで達成できなかった数の癌関連要素を同時可視化できるイメージング法を開発した。 腫瘍の細胞プロファイルを知ろうとすると、細胞内および細胞間の隣接関係、回路構造が極めて複雑であり尽力を要 […]

全文を読む

ニールスボーア研究所、レーザを使って電波を超高感度検出

March, 11, 2014, Copenhagen--

電波は、様々な用途で利用されているが、計測機器の検出器のノイズ(雑音)のために、測定感度や精度が制限されている。ニールスボーア研究所(Niels Bohr Institute)の研究チームは、レーザ光を使うことでノイズを […]

全文を読む

新しい光ファイバで高品質画像を伝送

March, 5, 2014, Milwaukee--

多数の光ビームを1本の光ファイバで伝送する方法が発表され、ウイスコンシン・ミルウォーキー大学の研究チームは、新しいファイバアーキテクチャで現在の商用内視鏡イメージングファイバに匹敵する、それよりも優れた品質の画像が伝送で […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。