All about Photonics

Science/Research

ナノアンテナで、光の波長よりも短い距離で写真が撮れる

July, 24, 2014, Urbana--

イリノイ大学アーバナキャンパスの研究チームは、新しい金のピラー・ボウタイナノアンテナ(pBNAs)アレイを従来の写真フィルムのように使って、光の波長よりも遙かに短い距離の光を記録できることを実証した(例えば、赤い光なら、 […]

全文を読む

自然の光ファイバで網膜の色を分類

July, 24, 2014, Haifa--

テクニオン(Technion)の学際的研究グループが、視覚改善のための網膜のグリア細胞の光学的役割を初めて明らかにした。  今日まで、網膜は光を電気信号に変換し、視覚情報を最初に処理するものと考えられていた。しかしテクニ […]

全文を読む

タイプ1糖尿病を診断するナノテクマイクロチップを実現

July, 23, 2014, Stanford--

スタンフォード大学医学部の研究チームは、1型糖尿病用に安価な、ポータブル、マイクロチップベーステストを開発した。これにより診断が迅速になり、病状進展の研究が可能になる。  テストは、1型糖尿病を院外環境で検出するためにナ […]

全文を読む

微小レーザセンサが爆発物検出感度を高める

July, 23, 2014, Berkeley--

UC Berkeley機械工学Xiang Zhang教授の研究チームは、光ベースプラズモンセンサの感度を著しく向上させる方法見いだし、微小濃度の爆発物でも検出できると言う。研究チームによると、テロリストの間で人気のある検 […]

全文を読む

高純度半導体における電子の結晶化観察

July, 23, 2014, Tokyo--

日本電信電話(NTT)と独立行政法人科学技術振興機構(JST)は、核磁気共鳴(NMR)を用い、半導体ヘテロ構造において、低温かつ強磁場で電子が結晶化する様子を観測することに成功した。  これは、電子が結晶のように整列する […]

全文を読む

ムーアの法則を拡張する基礎化学の成果

July, 22, 2014, Berkeley--

材料科学と製造技術の進歩により、年を追ってコンピュータチップは微小化する。この進歩の連続は、マイクロプロセッサ上のトランジスタがほぼ2年ごとに倍になると言う「ムーアの法則」である。  しかしムーアの法則が今後も継続するな […]

全文を読む

ライス大学ナノフォトニクス、強力な分子センサを開発

July, 22, 2014, Houston--

ライス大学ナノフォトニクスの研究チームは、分子の光学指標を約1000億倍増幅する独自のセンサを作製した。新たに公表されたテストによると、デバイスは20原子程度を含む個別分子の組成と構造を正確に特定できる。  この新しいイ […]

全文を読む

ミシガン大、究極の高効率照明開発に向けて前進

July, 22, 2014, Ann Arbor--

ミシガン大学の研究チームは、比較的安価で製造容易な極めてに効率的な照明実現に向けて大きく前進した。その同じ材料は、色の変化によって水の存在を明らかにすることもできる。  白熱電球は、使用する電力のわずか5%を光に変換する […]

全文を読む

将来のエレクトロニクスは水晶ではなくレーザ依存

July, 22, 2014, Pasadena--

ほぼ全てのエレクトロニクスは発振器というデバイスを必要としている。発振器は正確な周波数を作り出し、時計の時間を正確に保ち、信頼できる信号を無線機に送るのに利用されている。  約100年、これらの発振器は水晶結晶に依存して […]

全文を読む

ニューロビジョン・イメージング、目の検査でアルツハイマー早期発見

July, 18, 2014, Sacramento--

ニューロビジョン・イメージング(NeuroVision Imaging, LLC)は、同社のイメージングシステムが、簡単な目の検査でアルツハイマー病関連の変化を検出できると思われる重要な臨床試験暫定的結果を発表した。   […]

全文を読む

10μmの微小粒子1個の情報から新しい白色LED用蛍光体を開発

July, 18, 2014, Tsukuba--

物質・材料研究機構サイアロンユニットの広崎尚登ユニット長、武田隆史主任研究員らの研究グループは、合成粉末試料中から取り出した10μmの極微小な粒子1個の情報からでも新しい蛍光体を開発でき、従来の開発スピードを大幅にアップ […]

全文を読む

集光型PV、世界記録36.7%を達成

July, 17, 2014, Freiburg--

 フラウンホーファー太陽エネルギーシステム研究所ISEは、何年も前から集光型太陽光発電(CPV)技術を開発し、成功を収めている。この技術では、フレネルレンズを用いて太陽光を集光し、それを微小な高効率太陽電池に集中する。 […]

全文を読む

ウィーン医科大、癌細胞診断に新技術

July, 17, 2014, Vienna--

 病理学では、細胞と細胞核は通常、腫瘍のバイオマーカー発現を顕微鏡を用いて調べる。この分析は、例えばガン患者の治療法選択を判断するために使用される。診断の確度は病理学者個人に大きく依存する。  ウィーン医科大病理学臨床研 […]

全文を読む

世界初のフォトニックルータを実証

July, 16, 2014, Rehovot--

 ワイツマン(Weizmann)研究所の研究チームは、シングルフォトンによってシングルフォトンのルーティングを可能にする単一原子ベースの量子デバイス、フォトニックルータを初めて実証した。これは、量子コンピュータ構築の難題 […]

全文を読む

ガラスに埋め込まれたソーラモジュール

July, 16, 2014, Paris--

有機ソーラモジュールは、シリコン太陽電池に対して優位点がある。しかし、致命的な問題は寿命が短いこと。フラウンホーファー応用ポリマ研究所IAPの研究者たちは有望なソリューションに取り組んでおり、柔軟なガラスをキャリア基板に […]

全文を読む

TUMなど、X線位相コントラスト簡単設定法を開発

July, 16, 2014, Munich--

X線位相コントラストイメージングは、低い放射線量で対象の高精細画像を作り出す。しかしこれまで、このような画像は実現が難しく、一般に大型の粒子加速器にしか見られないような特性を持つ特殊X線光源を必要としていた。  研究チー […]

全文を読む

薄型・柔軟高解像度ディスプレイにナノピクセルが有望

July, 16, 2014, Santa Clara--

オクスフォード大学の研究チームは、相変化材料(アモルファスから結晶状態への変化が可能な材料)の電気特性と光特性間のつながりを研究している。研究チームは、2層の透明電極の間に7nm厚の相変化材料(GST)を挟むことで、この […]

全文を読む

スピン流でデータストレージを1000倍高速化

July, 15, 2014, Eindhoven--

ハードディスクのストレージ容量は爆発的に増えているが、データを書き込むことができるスピードはその限界に達している。  アイントホーフェン工科大学(TU/e)の研究者とFOMファウンデーションは、データ書き込みを1000倍 […]

全文を読む

光でガン細胞を遠隔コントロール

July, 15, 2014, Vienna--

オーストリア科学技術研究所(IST)准教授Harald Janovjak氏とウイーン医科大学助教授、Michael Grusch氏は、ガン細胞を光で遠隔制御する研究についてEMBOジャーナルに発表した。この研究成果は、光 […]

全文を読む

光学顕微鏡で、1nmの人工分子マシン1個を「見て、触る」ことに成功

July, 14, 2014, Tokyo--

東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻の野地博行教授らは、分子の機械的な運動を可視化する「ビーズプローブ光学顕微鏡1分子運動計測法(1分子モーションキャプチャ法)」を大きさ1nmの人工分子マシンに適用し、その回転運動を「 […]

全文を読む

UV光伝送用ホローコア光ファイバ

July, 11, 2014, Erlangen/Braunschweig--

イオンや原子の分光分析研究などの用途では、紫外線(UV)領域の光が必要になるが、この種の光は従来の光ファイバには直ぐさま損傷を与える。  マックスプランク光科学研究所(MPL)、QUEST研究所、PTBの研究グループは、 […]

全文を読む

VI Systems、UCSB、DTU、1060nm VCSELリンク30Gbpsデモ

July, 10, 2014, Berlin--

VI Systems、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)、デンマーク工科大学(DTU)は、1060nm VCSELで、30Gbps光データ通信リンクを実証した。レシーバは、波長範囲900-1350nmで仕様化 […]

全文を読む

ポータブルレーザを使い毒性危険物を一瞬で検出

July, 10, 2014, Edinburgh--

ポータブルレーザデバイスがヘリオットワット(Heriot-Watt)大学で開発されている。このレーザデバイスは、瞬時に化学危険物を特定することができ、緊急サービスや軍の関係者の安全性を高める。  緊急状況や軍事作戦では、 […]

全文を読む

NIST、可視光を片方向に通す新メタマテリアルを開発

July, 9, 2014, Gaithersburg--

メタマテリアルとして知られる光を曲げる構造には、拡大を続けるその力の範囲にまだ知られていない特徴がある。NISTの研究チームは、銀、ガラス、クロムのナノ構造を作製した。  近年、マイクロ波や赤外光を片方向のみに透過させる […]

全文を読む

BluGlass、過去最高のRPCVD(p-GaN)光出力を実証

July, 9, 2014, Sydney--

ブルグラス(BluGlass Limited)は、独自技術RPCVDをMOCVDパーシャルLED構造に用いて過去最高のp-GaN光出力実証に成功した。  この成果は、2012年12月に、同じ計測方法を用いて同社が発表した […]

全文を読む

光吸収が拡散体における光路を整える

July, 9, 2014, Utrecht--

トゥエンテ大学(University of Twente)とイェール大学(Yale University)の物理学研究チームは、不透明な材料を通り抜ける光は、材料が部分的に光を吸収するなら、光路がより真っ直ぐになることを […]

全文を読む

Isaac Newton Medal、NISTのDeborah Jin教授が受賞

July, 8, 2014, London--

英国物理学会(IOP)は、今年のIOPインタナショナル賞、Isaac Newton Medalの受賞者をDeborah Jin教授と発表した。  米国NISTのJin教授は、レーザ冷却原子の実験研究が、基本的な量子の振る […]

全文を読む

プラスチックソーラパネル内部の機能をフェムト秒SRSでプローブ

July, 8, 2014, Montreal--

研究者は、プラスチックソーラパネルがどのように機能するかを完全には理解していない。このことは、そのコスト効率の改善を困難にし、したがってこの技術の普及の障害になっている。  モントリオール大学、科学・技術ファシリティカウ […]

全文を読む

NIST、ハイパースペクトラルイメージングの基準

July, 7, 2014, Gaithersburg--

現在、傷が癒えているかどうかを調べるには医師は生検あるいは何らかの他の侵襲的技術を使わなければならない。  こうした技術は、患者を傷つけるだけでなく、狭い範囲の情報しか提供できない。しかしハイパースペクトラルイメージング […]

全文を読む

テラヘルツ研究者にFaraday Medal

July, 7, 2014, Leeds--

リーズ大学(University of Leeds)の2人の教授が実験物理学に著しく貢献したことで2014 Faraday Medalを受賞した。  同大学電子・電気工学部Giles Davies教授とEdmund Li […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。