All about Photonics

Science/Research

ORNL、世界最小、髪の毛幅のフィジェットスピナを3Dプリント

November, 30, 2017, Oak Ridge--

人の髪の毛幅より小さなフィジェットスピナの作製に必要なものは、一滴の液体、最先端のレーザ3Dプリンターと数時間である。  この微小な回転木馬は、オークリッジ国立研究所(ORNL) Center for Nanophase […]

全文を読む

作りやすいダブルデューティ曲面センサ

November, 29, 2017, Madison--

オプトエレクトロニクスパイオニア、Zhenqiang (Jack) Maは、曲面デジタルイメージセンサを作製する方法を考案した。これは昆虫の複眼の凸型特性や哺乳類の凹型「ピンホール」眼をまねたものである。  曲面イメージ […]

全文を読む

キラル筒状分子の右手と左手、二重らせん型集積と有機分子での最強円偏光発光

November, 29, 2017, 東京--

東京大学大学院理学系研究科の磯部寛之教授(JST ERATO磯部縮退π集積プロジェクト研究総括)の共同研究グループは、炭素と水素からなる筒状分子のキラリティ(右手性と左手性)が、その分子の集積構造や光物性という特徴を決定 […]

全文を読む

青色LED材料を活かして、熱を電気に変換

November, 28, 2017, 北海道--

北海道大学、韓国・成均館大学校、産業技術総合研究所は、青色発光ダイオード(LED)の材料である窒化ガリウム(GaN)からなる半導体の電子の動き易さを活かした半導体二次元電子ガスが、既に実用化されている熱電変換材料に比べ2 […]

全文を読む

原子計算が予測、InGaNにホウ素添加でLED効率向上

November, 27, 2017, Ann Abor--

ハイパワー白色LEDは、試合がある日にスタジアムが直面するのと同じ問題に直面する。小さすぎるスペースに人が多すぎる。LED内部では、人ではなく電子。LEDの効率を高く保つために多すぎる電子は、相互に避けあって、衝突を最小 […]

全文を読む

次世代光遺伝学分子、シングルニューロンを制御

November, 24, 2017, Cambridge--

MITとパリデカルト大学(Paris Descartes University)の研究チームは、新しい光遺伝学技術を開発した。  これは、改良した感光性分子を持つ個々の細胞を標的にするように光を変える。目的は、個別ニュー […]

全文を読む

ブルーLEDにより放射性同位元素追跡を促進

November, 24, 2017, Princeton--

放射線は不当な非難を受けているかもしれないが、医学研究では極めて重要な役割を果たしている。プリンストン大学化学教授、David MacMillanが開発した放射性分子を作る画期的な新技術により、患者は以前よりもかなり早く […]

全文を読む

KIT、分子磁石により量子コンピューティングで高速検索

November, 24, 2017, Karlsruhe--

膨大なデータ量から単一要素を検索することは、古典的なコンピュータには極めて複雑であり、無駄骨である。カールスルーエ工科大学(KIT)の研究チームは、Gloverのアルゴリズムを量子力学的に実行し、分類されていないデータか […]

全文を読む

ミラーイメージ、生物検体の画像品質向上

November, 24, 2017, Ness Ziona--

国立衛生研究所(NIH)とシカゴ大学の研究チームは、従来のガラスカバースリップから反射型ミラーカバースリップに換え、結果として得られたデータを処理する新しいコンピュータルゴリズムを提供することで、光学顕微鏡のスピード、解 […]

全文を読む

コヒレント制御の超短パルスでニューロンの活動をコントロール

November, 22, 2017, Champaign--

イリノイ大学で行われた新研究によると、特殊調整された超高速光パルスがニューロンの発火を引き起こすことができる。いずれ、光に敏感な概日リズムあるいは気分の問題をかかえる患者に役立つ。  化学者は、化学反応を調整するために、 […]

全文を読む

SACLAで酵素反応の可視化を実現

November, 22, 2017, 和光--

理研を中心とした共同研究グループは、、X線自由電子レーザ(XFEL)施設SACLAにおいて、生体内で起こる化学反応を可視化する技術を開発した。  酵素は、生体内でさまざまな化学反応を行っている。そのメカニズムを知るには、 […]

全文を読む

ワイヤレスハンドヘルド分光計、スマホにデータ転送

November, 22, 2017, Washington--

一般的なカメラで撮るよりも多くの色情報を含むスペクトル画像は、裸眼では見えない組織や他の生体試料の特性を明らかにする。鉛筆のように握る新しいスマートフォン対応デバイスで、日常的なもののスペクトル画像取得ができ、最終的には […]

全文を読む

金属膜の磁力を電気的にオンオフし、透過光を制御することに成功

November, 21, 2017, 東京--

東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の日比野有岐大学院生、同 千葉大地准教授、豊田工業大学の粟野博之教授、電力中央研究所の小野新平上席研究員、東北大学の好田誠准教授などからなる研究チームは、自然界では磁石として存在する […]

全文を読む

量子ニューラルネットワークをクラウドで体験

November, 21, 2017, 東京--

NII、NTT、東京大学の研究グループは、光の量子力学的な特性を用いて最適化問題の解を高速に得る「量子ニューラルネットワーク(QNN)」を装置化し、長時間安定動作を実現。QNN計算装置をインターネット経由でユーザーが使用 […]

全文を読む

AndorのCCDカメラ、中性子星観察に貢献

November, 20, 2017, Belfast--

重力波の存在が最近確認されたこと、これは以前には発見されていなかった現象であるが、この発見によってこれらの時空リップルと2つの超高密度天体の激しい衝突との間の直接的因果関係の観察に行き着いた。迅速応答天文学の新時代では、 […]

全文を読む

未利用光を利用可能な波長に変換する新しい材料プラットフォームを開発

November, 20, 2017, 東京--

東京工業大学工学院 機械系の村上陽一准教授らは、太陽電池や光触媒などの様々な光利用技術で利用されずにエネルギー損失となっている光波長部分を利用可能な波長に変換するフォトン・アップコンバージョン(UC)技術の応用実現性を飛 […]

全文を読む

Gooch & Housego、早期ガン検出FP7プロジェクトMINERVA 完了

November, 20, 2017, Ness Ziona--

G&Hは、MINERVA (MId- to NEaR infrared spectroscopy for improVed medical diAgnostics)完了を発表した。  MINERVAは、第7フレ […]

全文を読む

超伝導ナノワイヤシングルフォトンディテクタの効率記録

November, 17, 2017, Shanghai--

上海マイクロシステム&情報技術研究所と中国科学アカデミーの研究チームは、検出効率が最高記録の超伝導ナノワイヤシングルフォトンディテクタ(SNSPD)の製造と動作実証を行った。 そのフォトディテクタは、多結晶NbN […]

全文を読む

VTT、マイクロメカニカル導波路とMMICを統合してTHzデバイス

November, 17, 2017, Espoo--

フィンランドVTTリサーチセンターは、高周波THzシステムを統合するための新しい製造技術を開発した。これにより、一段と小さく、周波数が高い、通信、イメージソリューション、宇宙計測器のコスト効果の高い開発が可能になる。   […]

全文を読む

アト秒フォトニック技術で原子からの電子放出時間を解明

November, 17, 2017, Stockholm--

ルンド、ストックホルムおよびヨーテボリの研究グループは、ネオンの電子が原子から放出される時間を測定した。結果は、0.000 000 000 000 000 02秒。  「光が原子に当たるとき、電子が光からのエネルギーを吸 […]

全文を読む

NICT、窒化ニオブを用いた磁性ジョセフソン素子を世界で初めて実現

November, 16, 2017, 東京--

NICTの山下太郎主任研究員らの研究グループは、世界で初めて、窒化ニオブを用いた窒化物超伝導体による新奇な磁性ジョセフソン素子の開発に成功した。  ジョセフソン素子を用いた超伝導デバイスの動作には、外部から電流や磁場を加 […]

全文を読む

フル機能電子回路を3Dプリントする新方法を開発

November, 16, 2017, Nottingham--

ノッティンガム大学(University of Nottingham)の研究チームは、フル機能電子回路を素早く3Dプリントする画期的な方法を開発した。  電気伝導金属インクと絶縁ポリマインクを含む回路が、単一のインクジェ […]

全文を読む

トランスファ技術でウエアラブルGaNガスセンサを作製

November, 16, 2017, Atlanta--

窒化ホウ素の薄い犠牲層をベースにした転写技術によって、サファイア基板上に高性能GaNガスセンサを成長させることができ、さらに金属またはフレキシブルポリマーサポート材料に転写できる。この技術により、広範な環境アプリケーショ […]

全文を読む

NC State、マイクロ流体リサーチデータアウトプットを100倍にする技術

November, 16, 2017, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(Norhth Carolina State University)の研究チームは、以前の業界標準と比較してマイクロ流体デバイスから一日あたり100倍多くの分光学的情報を収集できる技術を開発した。 […]

全文を読む

生体分子と細胞の光ベース分類で迅速個別治療選択

November, 15, 2017, Aachen--

血中を循環する生体分子と細胞には診断情報がある、その分析は非常に効果的であり、個別治療を可能にする。この情報を取り出すためにフラウンホーファーILTの研究チームはマイクロチップベースのデバイスを開発した。「AnaLigh […]

全文を読む

大面積フレキシブル・ペロブスカイト太陽電池製造に向け前進

November, 15, 2017, Santa Clara--

Saule Technologiesのチームは、サンタクララで開催されるIDTechEx Showで、A4サイズのフレキシブルプリント・ペロブスカイト太陽光電池モジュールを初めて紹介する。  Saule Technolo […]

全文を読む

ありふれた物質でテラヘルツ波を可視光に変換

November, 15, 2017, 東京--

赤外線より波長の長い電磁波であるテラヘルツ波は、金属以外の物質を良く透過することから空港等のセキュリティ検査に応用されているほか、核融合プラズマの高周波加熱装置や次世代の大容量無線通信帯域としての利用も期待されている。し […]

全文を読む

次世代SLMシステムのブループリント作成

November, 14, 2017, Aachen--

積層造形法(AM)は、工業生産でますます重要になってきている。決め手は、構築体積のスケーラビリティとAMシステムの生産性である。こうした背景に対して、フラウンホーファーレーザ技術研究所(Fraunhofer Instit […]

全文を読む

トゥエンテ大学、CMOS適合シリコン光エミッタ開発

November, 14, 2017, Enschede--

エレクトロニクスと光とは標準的「CMOS」チップ上では相性かよくない。トゥエンテ大学(University of Twente)の研究者、Satadal Duttaは、半導体チップの心臓部への光接続導入を成功させた。この […]

全文を読む

AFRL、高輝度X線でAMプロセスを解明

November, 14, 2017, Wright-Patterson Air Force Base--

米国空軍研究所(AFRL) Materials & Manufacturing Directorate研究チームは、アディティブマニュファクチャリング(AM)プロセスで使用される材料の性質についての理解向上のた […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。