All about Photonics

ニュース

3Dプリンティング市場、2024年に348億ドル

March, 20, 2019, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dプリンティング市場、提供品(プリンタ、材料、ソフトウエア、サービス)、プロセス(バインダジェット、ダイレクトエナジーデポジション、材料 […]

全文を読む

Infinera、業界初自律インテリジェントトランスポンダのトライアル

March, 20, 2019, Sunnyvale--

InfineraとTelia Carrierは、自律的インテリジェントトランスポンダ(AIT)技術を実証する業界初生産ネットワークフィールドトライアル成功を発表した。  Celtic-PlusプロジェクトSENDATEの […]

全文を読む

SiFotonics、先進的シリコンフォトニクス製品を紹介

March, 20, 2019, San Diego--

SiFotonics Technologies Co., Ltdは、OFC2019で先進的シリコンフォトニクス製品を紹介した。 紹介製品 ・拡張距離5Gフロントホールアプリケーション向け産業用温度、高感度25Gbps ア […]

全文を読む

ラトガーズ大学、ペロブスカイト結晶フォトルミネサンス制御法を発見

March, 20, 2019, New Bruswick--

新奇な結晶半導体から放出される光を制御する新しい方法が発見された。ラトガーズ大学の研究チームによると、これにより、効率の優れた太陽電池、エレクトロニクスのさらなる進歩が期待できる。  この発見は、有機材料と無機材料結合ペ […]

全文を読む

JABIL AOCテクノロジーズ、内製コヒレント100/200G CFP2-DCO

March, 19, 2019, Pleasanton--

Jabil Incの完全子会社、AOC Technologiesは、コヒレント100G/200G CFP2-DCO製品ファミリを発表した。  Jabilの戦略的パートナー、Elenion Technologiesとの提携 […]

全文を読む

分光学技術世界市場、2023年に160億ドル超

March, 19, 2019, Wellesley--

BCCリサーチのレポート「ライフサイエンスの伝統的および新興技術」によると、分光学技術の世界市場は、2018年の132億ドルからCAGR 4.4%成長で、2023年には163億ドルに達する見込みである。  分光学は、物質 […]

全文を読む

大西洋横断ケーブルの効率に新記録

March, 19, 2019, San Diego--

Infineraの研究チームは、大西洋横断光ケーブルの新たな効率ベンチマークを達成した。光信号の伝送法の新たなアプローチ、16QAM変調をテストして、研究グループはデータ転送の効率記録を突破。データ容量は約2倍となり、そ […]

全文を読む

ネオフォトニクス、コヒレント400G-1.2T向けにNano-ITLA

March, 19, 2019, San Diego--

NeoPhotonics Corporationは、OFC限定販売Nanoウルトラコンパクト外部キャビティ集積可変レーザアセンブリ(ITLA)を発表した。  Nano-ITLAは、ネオフォトニクスの業界トップMicro- […]

全文を読む

「光アップコンバージョンフィルム」に関する特許を取得

March, 18, 2019, 和歌山--

和歌山県工業技術センターでは、空気中でも安定して「低いエネルギーの光」を「高いエネルギーの光」に変換する「光アップコンバージョン」フィルムを開発し、特許を取得した(特許第6429158号)。  これまでにも「光アップコン […]

全文を読む

昆虫の生得的行動を生み出す神経回路の新しい解析技術を確立

March, 18, 2019, 金沢--

金沢大学理工研究域生命理工学系の木矢星歌研究協力員(日本学術振興会特別研究員PD)、木矢剛智准教授の研究グループは、昆虫の脳で、行動に伴って神経活動が起きた細胞を特異的に可視化し、さらに可視化した神経細胞を光によって活性 […]

全文を読む

業界最高クラスの信頼性を実現した1608サイズ白色LEDチップ開発

March, 18, 2019, 京都--

ローム株式会社は、温調機をはじめとする産業機器や各種小型機器などの表示パネル向けに、長寿命かつ高い実装性を両立し業界最高クラスの信頼性を実現した1608サイズ(1.6×0.8mm)の白色チップLED「SMLD12WBN1 […]

全文を読む

NVIDIA、69億ドルでMellanoxを買収

March, 18, 2019, Sunnyvale--

NVIDIAとMellanoxは、NVIDIAがMellanoxを買収することで最終合意に達した。契約に従い、NVIDIAはMellanoxの発行済み全普通株を1株あたり現金125ドルで買収する。これは、総企業価値69億 […]

全文を読む

ICFO、赤外センシング用材料と構造

March, 15, 2019, Castelldefels--

ICREA Valerio Pruneriをリーダーとするオプトエレクトロニクス研究グループは、フォトニクス産業のために新しい先端材料とデバイスの研究・開発を行っており、またこれらの材料でセンシング技術改善も目指している […]

全文を読む

MACOMとGIG、OFCで200G光モジュールソリューションをデモ

March, 15, 2019, San Diego--

MACOM Technology Solutions Inc. (MACOM)は、Cambridge Industries Group (“CIG”)と提携して設計した200G光モジュールソリューションのデモンストレーシ […]

全文を読む

化合物半導体市場、2024年に530億ドル

March, 15, 2019, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、レポート「化合物半導体市場、タイプ(GaN, GaAs, InP, SiGe, SiC, GaP)、製品(LED、RF、オプトエレクトロニクス、パ […]

全文を読む

3Dプリント生細胞、グルコースをエタノール、CO2に変換

March, 15, 2019, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、グルコースをエタノールとCO2気体、ビールに似た物質に変換する生細胞を3Dプリントし、高い生物触媒効率につながる技術を実証した。  生きた哺乳類細胞を複雑な3Dスカ […]

全文を読む

Luna、General Photonicsを2000万ドルで買収

March, 14, 2019, Roanoke--

Luna Innovations Incorporatedは、General Photonics買収を発表した。  General Photonicsは、光ファイバベースのアプリケーションで重要な偏光の生成、計測、制御に […]

全文を読む

光を用いて脳の多変量計算論理を理解

March, 14, 2019, 仙台--

東北大学大学院生命科学研究科の劉越人大学院生(現、群馬大学生体調節研究所博士研究員)、八尾寛名誉教授らの研究グループは、同大学院医学系研究科の大城朝一助教、虫明元教授らとの共同研究で、ラットがヒゲで触ったものの形や大きさ […]

全文を読む

ラマン増幅器用ポンプレーザFOL1439シリーズの量産開始

March, 14, 2019, 東京--

古河電気工業は、今後本格的な導入が見込まれる400Gbpsの超高速光通信において、需要拡大が見込まれるラマン増幅器のキーデバイスである高出力、低消費電力の1480nm帯励起光源レーザ FOL1439シリーズの量産化を開始 […]

全文を読む

OTDR世界市場、2018年に4億ドル超

March, 14, 2019, Aptos--

ElectroniCast Consultantsは、ハンドヘルドOTDR光ファイバ試験機器の年間市場予測を発表した。同レポートは、ハンドヘルドOTDRsおよびOTDRモジュールを使用するマルチテストユニット(プラットフ […]

全文を読む

ルーメンタム、OclaroJapanの光トランシーバ製造ラインをCIGに売却

March, 13, 2019, Milpitas--

Lumentum Holdings Inc. (“Lumentum”)とCambridge Industries USA, Inc., その親会社Cambridge Industries Grou […]

全文を読む

II-VI、制御ユニットとGUI付高柔軟性レーザ材料加工ヘッド

March, 13, 2019, San Diego--

II‐VI Incorporatedは、HIGHmodular加工ヘッドを発表した。この高い柔軟性の製品は、一般にレーザ溶接に使用される。また、GUIでプログラムできる内蔵制御ユニットをもつ設計になっている。  レーザベ […]

全文を読む

ラマン増幅用の新しい励起光源技術を開発

March, 13, 2019, 東京--

古河電工は、インコヒーレント光を用いたラマン増幅用の新しい励起光源技術を開発した。インコヒーレント光を用いた新しい励起光源技術は、励起光の揺らぎによる信号光への影響を抑えるため、従来は実用化が困難であった前方励起ラマン増 […]

全文を読む

二つの共振器量子電気力学系を光ファイバで低損失・高効率に結合成功

March, 13, 2019, 東京--

早稲田大学 理工学術院の青木隆朗教授、科学技術振興機構(JST)の加藤真也さきがけ研究者、オークランド大学(University of Auckland)のスコット・パーキンス准教授の研究グループは、2つの共振器量子電気 […]

全文を読む

テラヘルツ集光デバイスによる非侵襲医用撮影を実現

March, 12, 2019, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所の河野行雄准教授と東京医科歯科大学の榎本光裕医師らは、プラズモニック構造を利用した周波数の連続チューニング(選択)可能なテラヘルツ帯集光デバイスを開発した。従来、測定不 […]

全文を読む

ソースフォトニクス、業界初400G QSFP-DD ER8を発表

March, 12, 2019, San Diego--

ソースフォトニクス(Source Photonics)は、40kmまでの伝送距離をサポートする業界初400G QSFP-DD ER8を発表した。OFC2019で行った40kmシングルモードファイバ400G QSFP-DD […]

全文を読む

グローバルフォトニック結晶市場、2023年に314億ドル

March, 12, 2019, Wellesley--

BCCリサーチのレポート「フォトニック結晶:材料、技術と世界市場」によると、市場は2018年に122億ドル、以降CAGR 20.8%成長で2023年には314億ドルに達する見込みである。  技術製品設計者は、フォトニック […]

全文を読む

2019年、北米でLH導入に向けて投資増加の兆し

March, 12, 2019, Boston--

Cignal AIの4Q18光ハードウエアレポートによると、北米陸上は、8四半期連続下降の後、投資増加により、好転した。  弱含みの2017年の後、長距離(LH) WDM導入は、約20%成長し、4Q18に立ち直った。同社 […]

全文を読む

AcaciaとLumentum、CFP2-DCOで200G相互運用性デモ

March, 11, 2019, Maynard/Milpitas--

Acacia Communications, Inc. (ACIA)とLumentum Holdings Inc.の発表によると、200Gで動作するそれぞれのCFP2-DCOモジュールの相互運用性デモンストレーションに成 […]

全文を読む

PacketLight、PL-2000T 800Gトランスポンダ発表

March, 11, 2019, Aviv--

PacketLihgt Networksは、大容量メトロおよび長距離アプリケーション向けにPL-2000T、モジュラでコスト効果の高いトランスポンダソリューションを発表した。  これは、マルチ100Gサービスをサポートす […]

全文を読む

1 / 16812345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。