All about Photonics

ニュース

東芝ケンブリッジ研究所、都市間安全通信の限界を再定義

May, 25, 2018, Cambridge--

東芝リサーチヨーロッパ、ケンブリッジ研究所(Cambridge Research Laboratory of Toshiba Research Europe Ltd)は、標準通信ファイバで伝送距離を500km以上に延ばす […]

全文を読む

ナノ薄膜上に高速応答の温度センサを製作

May, 25, 2018, 東京--

東京工業大学 物質理工学院 材料系の森川淳子教授、劉芽久哉大学院生らは、スウィンバーン工科大学との国際共同研究の一環として、厚さ30nmの薄膜上に、幅2.5µmの温度センサを製作することに成功した。電子線リソグラフィーと […]

全文を読む

冷却原子量子メモリを光ファイバ通信で動作

May, 25, 2018, 大阪--

大阪大学大学院基礎工学研究科の山本俊准教授および生田力三助教らの研究グループは、大阪大学 井元信之名誉教授、NTT物性科学基礎研究所 向井哲哉主任研究員、NICT未来ICT研究所 三木茂人主任研究員、東京大学大学院工学系 […]

全文を読む

トラップイオンを使った長距離格子配送を達成

May, 25, 2018, 大阪--

大阪大学大学院基礎工学研究科の山本俊准教授および生田力三助教らの研究グループは、大阪大学井元信之名誉教授、情報通信研究機構(NICT)量子ICT先端開発センター早坂和弘研究マネージャーおよび英サセックス大学のマティアス・ […]

全文を読む

先端材料、ガラスをポリマーのように加工

May, 24, 2018, Karlsruhe--

純粋石英ガラスは透明度が高く、熱的、物理的、化学的影響に耐性がある。これらは、オプティクス、データ技術、医用工学での利用にとって最適条件である。しかし効率的、高品質加工、十分な加工が欠如している。カールスルーエ工科大学( […]

全文を読む

超解像顕微鏡のための高精度色収差補正ソフトウエアを開発・無償公開

May, 24, 2018, 東京--

NICTは、未来ICT研究所において、超解像顕微鏡のための高精度色収差補正ソフトウエアを開発した。  大阪大学、オックスフォード大学と共同で開発したこの技術により、生命科学に用いる高度な蛍光顕微鏡における色収差補正精度を […]

全文を読む

蛍光色素付き発光基質による多色発光基盤技術を開発

May, 24, 2018, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)環境管理研究部門環境微生物研究グループ 金誠培 主任研究員と慶應義塾大学理工学部応用化学科 鈴木孝治名誉教授、チッテリオ ダニエル 教授、大学院理工学研究科博士課程 西原諒(2017年9月修了 […]

全文を読む

バイオセンシング、化学検出を改善する量子エンハンストセンサを開発

May, 24, 2018, Norman--

オクラホマ大学(University of Oklahoma)、物理学者、Alberto M. Marinoは、バイオメディカルから化学検出までのアプリケーションに適用できる量子増強センサを開発している。  研究では、M […]

全文を読む

推測作業を排除する新方法で自由形状レンズ

May, 23, 2018, Pittsburgh--

自由形状面のレンズやミラーを用いると,設計者は、以前よりも軽量でコンパクト、効果的な光学機器で光を集光できる。   しかしこれまでは、仮にあったとしても、, 所定のミラーやレンズでどんな自由形状面が最適機能を実現するかを […]

全文を読む

1量子ビット量子コンピュータでも古典コンピュータより強い

May, 23, 2018, 東京/京都--

大量の量子ビットを自由自在に使用し、任意の量子アルゴリズムを走らせ、完全にエラー耐性のある巨大な量子コンピュータを実現することは量子計算の研究者らの究極のゴールだが、それはまだ遠い未来のことかもしれない。近い将来に実現で […]

全文を読む

赤外超短パルスレーザの新しい増幅法を実証

May, 23, 2018, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究センター アト秒科学研究チームの付玉喜(フ・ユーシー)研究員、緑川克美チームリーダー、高橋栄治専任研究員の研究チームは、独自の超短パルスレーザ増幅法を実証し、波長可変でありながらテラワッ […]

全文を読む

次世代ワイヤレスペースメーカーのデモに3Dプリント心臓を利用

May, 22, 2018, Houston--

ライス大学学生チームの次世代ワイヤレスペースメーカーアレイのデモンストレーションは、将来の医療センサを示唆するものである。  電気・コンピュータ工学のLove and Paceチームは、米粒サイズのチップネットワークを心 […]

全文を読む

ICFO、グラフェンベース光ディテクタ改善

May, 22, 2018, Berlin--

光の検出と制御は、多くの現在のデバイスアプリケーションの中核にある。たとえば、携帯電話のカメラなど。グラフェンを光ディテクタの感光性材料として使うことで、現在使われている材料に関して、著しい改善が可能になる。たとえば、グ […]

全文を読む

宇宙向けに周波数安定レーザシステム

May, 22, 2018, Berlin--

地球観測ロケットについてのJOKARUS実験が成功した。これは、最高精度のレーザ測距の要であり、光衛星ナビゲーションシステムの先駆である。  分子イオンに基づいた周波数リファレンスの実証が初めて成功した。これは衛星間のレ […]

全文を読む

ANSYS、自律走行車シミュレーションの業界リーディングプロバイダーに

May, 22, 2018, Pittsburgh--

ANSYSは、光学シミュレーションリーダーOPTISの買収完了により、自律走行車シミュレーションでは業界一の包括的なソリューションを提供できるようになる。OPTISの光学センサやクローズドループ、リアルタイムシミュレーシ […]

全文を読む

ガラススライドを改善して顕微鏡で温度分布マッピング

May, 21, 2018, Buffalo--

バッファロー大学生体医用工学准教授、Ruogang Zhao, PhDの研究チームが、Nature Communicationsに発表した研究成果によると、粗末な顕微鏡ガラススライドにより大変革の可能性がある。数世紀昔の […]

全文を読む

Luminus、ハイパワーLED園芸ポートフォリオを拡大

May, 21, 2018, Sunnyvale--

ルミナスデバイセズ(Luminus, Inc)は、新しいSST-20シリーズ白色LEDで園芸LEDポートフォリオを拡大し、UVA(365nm)から遠赤(730nm)までの広範な個別波長を補完する。  園芸フィクスチャに白 […]

全文を読む

ASM Pacific Technology、Amicraを買収しフォトニクス市場へ参入

May, 21, 2018, Singapore/Hong Kong--

ASM Pacific Technology Ltd. (“ASMPT”)は、AMICRA Microtechnologies GmbH (“Amicra”)の株式100%買収完了を発表した。Amicraは、フォトニクス […]

全文を読む

KaiamとBroadex、提携して中国で光モジュールを製造

May, 21, 2018, Newark--

光トランシーバメーカーKaiamと光モジュールのサプライヤー、Broadexは、提携してハイエンドトランシーバを製造し中国市場に供給すると発表した。  両社は、KaiamのLightScale2プラットフォームベースQS […]

全文を読む

三菱電機、「火花がほとんどでないファイバレーザ溶接技術」を開発

May, 18, 2018, 東京--

三菱電機は、100%子会社である多田電機と共同で、「火花がほとんどでないファイバレーザ溶接技術」を開発した。ファイバレーザ溶接の不良や溶接速度低下の原因となる溶けた金属(溶融金属)が火花状態で飛び散る量(飛散量)を95% […]

全文を読む

水滴を浮遊させて汚染検出を改善

May, 18, 2018, Washington--

新しい研究で、音波を使って水滴を空中に浮遊させることで有害な重金属汚染物質、水中の鉛や水銀などの検出が改善できることが示された。水中の微量の重金属の検出は、重要である。これらの汚染物質は人の健康や環境に有害だからである。 […]

全文を読む

FLIR Systems、DroneSenseに戦略的投資

May, 18, 2018, Wilsonville--

FLIR Systems, IncとDroneSense, Incは、FLIRによるDroneSenseへの戦略投資が完了したと発表した。DroneSenseは、任務改善のために無人航空機(UAS)を利用する公共安全機構 […]

全文を読む

Micro-LED市場、2025年に205億ドル

May, 18, 2018, Maharashtra--

マーケッツアンドマーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「Micro-LED市場、アプリケーション、NTEデバイス、照明、ディスプレイパネルサイズ、業界および地域ごとの2025年までのグローバル予測」に […]

全文を読む

OSRAM、グリーンLEDの効率40%向上

May, 17, 2018, Regensburg--

グリーンLEDの示す光出力の著しい低下(グリーンギャップ現象)が、効率問題、顧客のアプリケーションの高コストの原因だった。InGaNベースグリーンLEDで、オスラム(Osram Opto Semiconductors)は […]

全文を読む

フジクラ、新型光ファイバテープ心線用切断工具の発売開始

May, 17, 2018, 東京--

フジクラは、通信用光ファイバ心線を切断するための工具として、従来機から操作性、保守性を向上させた、「新型光ファイバテープ心線用切断工具」を開発し、2018年夏より販売を開始する。  新製品は従来機と比べ落下衝撃耐性を向上 […]

全文を読む

マイクロバブルによる新たな粒子加速機構を発見

May, 17, 2018, 大阪--

大阪大学レーザー科学研究所の村上匡且教授らの研究グループは、ミクロンサイズのバブル(球状の空洞)を内包する水素化合物の外側から超高強度レーザを照射すると、バブルが原子サイズにまで収縮した瞬間に超高エネルギーの水素イオン( […]

全文を読む

ポリマー光変調器を開発し世界最高速の光データ伝送に成功

May, 17, 2018, 福岡--

九州大学先導物質化学研究所の横山士吉教授の研究グループは、日産化学工業株式会社とともに優れた電気光学特性と熱安定性を持つポリマーの開発を、アダマンド並木精密宝石株式会社とともに超高速光変調器のモジュール開発を進め、従来技 […]

全文を読む

Alta Devices、UAV/自律走行車向けにGen4太陽電池発売

May, 16, 2018, Sunny Vale--

アルタデバイセズ(Alta Devices)は、第4世代(Gen4)太陽電池技術を発表した。Gen4は、Gen3よりも大幅に軽量になっており、パワー対重量比は160%改善されている。この技術は、将来の無人航空機(UAV) […]

全文を読む

テラヘルツ照射でグラフェンにフォトカレント

May, 16, 2018, Moscow--

MIPTと英国の研究チームは、テラヘルツ照射下のグラフェンでフォトカレントにつながるメカニズムを明らかにした。  Applied Physics Lettersに発表された論文は、高周波を照射されたグラフェンの直流発生に […]

全文を読む

米国FDA、LensARの眼科用レーザシステムを認可

May, 16, 2018, Orlando--

LENSAR, Incは、米国食品医薬品局(FDA)からStreamline Ⅳ搭載LENSAR Laser Systemの認可を受けたと発表した。同システムは、老眼の眼科処置で使われる角膜ポケットや角膜弁を含むプラット […]

全文を読む

1 / 14112345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。