All about Photonics

Science/Research

腫瘍治療にマイクロロボットをレーザで活性化

August, 14, 2019, West Larayette--

病んでいる身体部分の処置で、体内の病気はどうするか。その場合、手術か化学療法が必要になるかもしれない、とCaltechエンジニアリング・応用科学部の研究者は言う。  研究チームは、全く新しい治療形態、マイクロロボットに取 […]

全文を読む

バイオエンジニアが折り畳みゲノムを解明

August, 2, 2019, University Park--

ゲノムは、身体の全ての細胞で同じである。しかし、この密集状態の遺伝子材料は、各細胞で常に同じ形状に折り畳まれているわけではない。その折り畳みパタンは、遺伝子が活性化されてタンパク質を作る多様性につながる。  ゲノムは、数 […]

全文を読む

細胞が生きたままでミトコンドリアの内膜構造が鮮明に見えた

July, 26, 2019, 名古屋--

名古屋大学、理化学研究所などの共同研究グループは、褪色に極めて強いミトコンドリア蛍光標識剤「MitoPB Yellow」を開発し、ミトコンドリアの内膜構造を超解像STED顕微鏡によって、生きたまま鮮明に可視化することに成 […]

全文を読む

多数の細胞の多色・分子振動イメージング法を開発

July, 26, 2019, 東京--

東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻の小関泰之准教授を含む共同研究グループは、細胞内生体分子を光学的に検出する誘導ラマン散乱(stimulated Raman scattering, SRS)顕微法において、高速波長 […]

全文を読む

生細胞イメージングのための新しい分子ツールを開発

July, 26, 2019, 東京--

コロラド州立大学のTimothy Stasevich助教授(東京工業大学 科学技術創成研究院 WRHI特任准教授)の研究グループと東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センターの木村宏教授の研究グループ(上條 […]

全文を読む

病気の阻止と治療に顕微鏡とVRを組合せる

July, 26, 2019, Seattle--

カーネギーメロン大学とバージニアメイソンのベナロヤ研究所(BRI)の研究チームは、ナノスケールイメージング技術と拡張現実(VR)技術を組合せ、研究者が生物学的データに「踏み込める」方法を実現しようとしている。  拡張顕微 […]

全文を読む

先進的イメージングで脳腫瘍の変節者を追跡

July, 25, 2019, Atlanta--

成人の脳腫瘍で最も致命的なタイプ、グリオブラストーマは、「裏切り者」を引き寄せる。これらは、マクロファージ(大食細胞)、一種の免疫細胞で、これが腫瘍進行を促進し、腫瘍を免疫系の監視から覆い隠す。脳腫瘍がリクルートする細胞 […]

全文を読む

電子チップが脳を真似て瞬時に記憶を操作

July, 25, 2019, Northbrook--

RMITの研究チームは、光遺伝学からヒントを得て、脳が情報を蓄積し失う仕方を再現するデバイスを開発した。  光遺伝学により研究者は、信じがたい精度で身体の電気信号を研究することができる。これには、光を使ってニューロンをO […]

全文を読む

失明阻止に役立つローコスト網膜スキャナ

July, 23, 2019, Durham--

デューク大学(Duke University)の医用生体工学者は、ローコスト、ポータブルOCTスキャナを開発した。これは、米国および外国の医療サービスが十分でない地域に視力維持技術を供給する上で有望である。  3Dプリン […]

全文を読む

AIを使い、腫瘍の遺伝子シグネチャを特性評価

July, 23, 2019, Cambridge--

ハーバードSEAS、Kavya Kopparapuは、Sen. John McCainのグリオブラストーマ診断についての記事を読んでいて、この悪性脳腫瘍の予後診断が過去30年改善されていないことを知って衝撃を受けた。標準 […]

全文を読む

ナノワイヤを多様な波長範囲に調整

July, 16, 2019, Dresden--

ラボ実験で、半導体ナノワイヤが幅広いエネルギー範囲に調整可能であることで示された。  ナノワイヤは、コンピュータを高速化するだけでなく、LEDをよりカラフルに、太陽電池を一段と効率的にするために有望である。すなわち、微小 […]

全文を読む

赤外イメージング技術、乳ガン検出向上

July, 12, 2019, Rochester--

ロチェスター工科大学(RIT)とロチェスターリージョナルヘルスが提携して開発した非侵襲技術は、稠密組織の背後に隠れた腫瘍を暴く補完的試験オプションを供給する可能性がある。  研究チームは、非侵襲的、コスト効果の優れた方法 […]

全文を読む

細胞の代謝の流れを光照射で自在にコントロール

July, 10, 2019, 大阪--

大阪大学大学院情報科学研究科の清水浩教授・戸谷吉博准教授らの研究グループは、外からの光照射により、微生物の中枢代謝の流れを自在にコントロールする技術を世界で初めて開発した。 これまで培養液に薬剤を加えることで特定の遺伝子 […]

全文を読む

ウエアラブルNIRSデバイスでアザラシのダイビングを観察

July, 10, 2019, St. Andrews--

アザラシが息を止めて、脳で酸素欠乏になることなく、海で90%過ごせる方法の秘密が、St. Andrews大学とAertay大学の研究チームによって明らかになった。 FitBitに似たデバイスを使い、研究チームは、アザラシ […]

全文を読む

新しい薬剤デリバリシステムでマウスの腫瘍抑制

July, 10, 2019, Cambridge--

がん治療はますます高度になっているので、様々な化学成分の薬剤を多数同時にデリバリする、より改善された薬剤デリバリシステムが必要である。 ハーバードSEASの研究チームは、ナノメートルサイズ薬剤デリバリ手段を作る方法を開発 […]

全文を読む

ヒトの細胞を使って角膜を3Dプリント

July, 2, 2019, Tallahassee--

フロリダA&M大学(FAMU)薬学部(COPPS)の研究チームは、米国で初めて、高性能3Dプリンターを使い、角膜を作製した。  国立科学財団(NSF)から助成を受け、プロジェクトは、3Dプリンティング、アディテ […]

全文を読む

ラトガースの研究チーム、「バーチャル生検」デバイスで皮膚ガン検知

June, 28, 2019, New Brunswick--

ラトガース大学(Rutgers University)の研究チームは、音の振動と近赤外光パルスを使い、新しい「バーチャル生検」デバイスを開発した。これは、メスを使わずに、病変の深さ、悪性の可能性を迅速に確定できる。  W […]

全文を読む

新しい抗生物質が切実に必要とされている時に、MLが役立つ

June, 21, 2019, Stanford--

スタンフォードの研究チームは、以前の研究にガイドされて、抗菌性と最も一致しそうなDNA配列をレイアウトするアルゴリズムを開発した。  抗生物質に対する耐性の脅威が迫ってきているので、新たなソリューションを考案しているのは […]

全文を読む

よく知られた染料を使って脳アミロイドプラークを見る

June, 14, 2019, Tucson--

アミロイドプラークは、以前からアルツハイマ病を促進するメカニズムと密接に関連つげられていたが、アミロイドタンパク質がどのように結集するかを可視化することは引き続き難しい。ナノメートルサイズのアミロイド原繊維は、最高の光学 […]

全文を読む

化学療法薬剤を吸収する3Dプリントアブソーバ

June, 14, 2019, Berkeley--

肝臓などの臓器のガン治療には、医師はカテーテルで直接腫瘍に薬剤を供給できるが、残留薬物が逃れ、身体の他の部分の健全な臓器に影響を与える。UC Berkeley化学エンジニアが開発したドラッグスポンジは、残留薬物を吸収し、 […]

全文を読む

光音響内視鏡、クローン病処置を改善できる

June, 12, 2019, Washington--

新開発の内視鏡で医師はクローン病が原因の内臓の変化がよく分かるようになる。この追加情報は、炎症性大腸炎の痛みを伴い、消耗させる形態の処置改善に役立つ。この病気は現在、米国では数十万人の成人を襲っている。  ミシガン大学の […]

全文を読む

ヒトのものと同等の人工角膜を3Dプリント

June, 12, 2019, Seoul--

角膜がひどく破損したとき、角膜移植が必要になる。しかし、角膜提供を待つ患者は多く、何ヶ月も、あるいは何年も待つ場合がある。このため、多くの研究者が人工角膜の開発に取り組んでいる。現行の人工角膜は、組換えコラーゲン、合成ポ […]

全文を読む

組織と臓器をライトVancouverシートリソグラフィで作製

June, 11, 2019, Frankfurt--

人工臓器の製造はホットな研究トピックである。近い将来、人工臓器は、臓器提供欠如を補完し、動物実験を置き換える。生きた細胞を含む「バイオインク」を使う3Dプリンターで、すでに有望な実験があるが、機能臓器は、この方法ではまだ […]

全文を読む

肺がんのリアルタイム診断にニードルベース内視鏡の好結果

June, 5, 2019, Paris--

Mauna Kea Technologiesは、肺病の診断とステージ特定に役立つ、nCLEの可能性を証明する、将来に向けた研究を発表した。論文は、「肺がんのリアルタイム診断とステージ特定のためのニードルベース共焦点レーザ […]

全文を読む

新しいアプローチで医療診断用の詳細な中赤外画像を取得

June, 5, 2019, Washington--

デンマークのDUT Fotonikなど、マルチ研究グループの研究チームは、独自の高解像度イメージング法を開発した。これは,ミリ秒オーダーで起こる高速イベント、動的プロセスの中赤外スペクトル画像を撮ることができる。このスペ […]

全文を読む

発展途上国の医療診断に有望な3Dプリント顕微鏡

May, 31, 2019, Washington--

コネチカット大学の研究チームは、3Dプリンティングを使って、フィールドやベッドサイドで使える小型、ロバストで安価なポータブル高解像度顕微鏡を作製した。この装置の高解像度3D画像は、糖尿病、鎌状赤血球病、マラリアおよびその […]

全文を読む

UMD、3Dナノプリンティング戦略で医療、ロボティクスに大変革

May, 30, 2019, College Park--

メリーランド大学(University of Maryland)のエンジニアは、初の3Dプリント流体回路素子を作製した。これは、非常に小さく、人の髪の毛幅に10個を並べることができる。この素子は、一方向だけに流体を確実に […]

全文を読む

KAIST、敗血症誘導肺疾患の原因を特定

May, 28, 2019, Seoul--

KAISTの研究チームは、特注3D生体内肺顕微イメージングシステムを使って、体内の肺微小循環と循環細胞の可視化に成功した。チームは、敗血症誘導急性肺損傷(ALI)中に好中球凝集という一種の白血球を見つけた。これは、血液微 […]

全文を読む

蛍光センサ付マイクロ流体デバイスでエボラウイルス検出効果向上

May, 24, 2019, Henrietta--

ロチェスター工科大学(RIT)研究者が、致死性のエボラウイルスを検出できるバイオセンサ付プロトタイプマイクロデバイスを開発した。この種のデバイスで、感染者は早期に処置できる。また、早期発見プロセスは、感染の広がりを減らす […]

全文を読む

生物発光で複数マウスの脳活動を同時にライブ観察

May, 23, 2019, 大阪--

大阪大学 産業科学研究所の永井健治教授、理化学研究所 光量子工学研究センターの横田秀夫チームリーダー他の共同研究グループは、「生物発光膜電位センサLOTUS-V(Luminescent Optical Tool for […]

全文を読む

1 / 2312345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。