All about Photonics

Science/Research

東北大学、神経細胞を光によって操作

July, 1, 2020, 仙台--

光で活性化する物質を細胞に発現させ、光によって細胞の機能を制御する技術(オプトジェネティクス、光遺伝学)は、脳の刺激方法を革新し、脳の仕組みの解明に大きく貢献している。オプトジェネティクスは、ネズミなどにおける研究で盛ん […]

全文を読む

量子からヒントを得たアプローチでOCTに必要な光パワーを下げる

June, 30, 2020, Washington--

オークランド大学(University of Auckland)の研究者は、量子オブティクスから借用した検出技術を使って、以前に可能だったよりも遥かに低いパワーでOCTを実行した。これは、医療イメージングアプリケーション […]

全文を読む

がん幹細胞を識別するAI技術を開発

June, 30, 2020, 東京--

東京工科大学応用生物学部の杉山友康教授とコンピュータサイエンス学部の亀田弘之教授ら研究グループは、がん幹細胞と非がん幹細胞を識別する人工知能(AI)技術を開発した。これは、培養細胞またはがん組織の位相差顕微鏡画像に写るが […]

全文を読む

ミネソタ大学、拡張臓器に直接センサを3Dプリンティング

June, 29, 2020, Minneapolis--

University of Minnesotの機械工学とコンピュータサイエンティストは、モーションキャプチャ技術を使って伸縮する臓器に電子センサを直接プリントする3Dプリンティング技術を開発した。その新しい3Dプリンティ […]

全文を読む

健全なピーナッツ植物のチェックに迅速、正確なラマン分光法を適用

June, 25, 2020, Saudi Arabia--

Texas A&M AgriLife の研究者は生物物理学を使って植物育成をスピードアップする。 よりよいピーナッツ苗木を育成する長いプロセスは、生物物理学技術、ラマン分光学を使うことでスピードアップできる。 […]

全文を読む

X線レーザが生体分子の内部構造を正確に計測できる方法をテスト

June, 25, 2020, Menlo Park--

エネルギー省(DOE)のSLAC国立加速器研究所X線自由電子レーザの大きな利点の一つは、研究者が自然環境で生物学的分子の構造を計測できることである。人体に見られるのと似た条件で、潜在的な新しい薬剤がウイルスとどのように相 […]

全文を読む

深紫外線を透過する透明なトランジスタを実現

June, 24, 2020, 札幌--

北海道大学電子科学研究所の太田裕道教授,ジョ・ヘジュン助教らの研究チームは,深紫外線を透過する透明な薄膜トランジスタの作製に成功した。 バイオセンサとして,現在は半導体シリコンを活性層とするトランジスタが利用されているが […]

全文を読む

UCI、COVID-19などウイルス死滅にBlu-rayディスクレーザを利用

June, 19, 2020, Irvine--

カリフォルニア大学アーバイン(UCI)、物理学者、Chris Bartyのチームによると、コロナウイルスに対する新武器は、家庭のエンタテーメントコンソールにあるかも知れない。チームは、BluRayデジタルビデオディスクデ […]

全文を読む

光を使って分子パタンを引き出す

June, 18, 2020, Zurich--

ETH-Zurich研究チームは、生細胞を誘導する分子のパタンを引き出すために光を使う新しい方法を開発した。そのアプローチにより多細胞生物の成長をよく見ることができる。また将来的には、新しい治療でも役割を果たす可能性があ […]

全文を読む

ハーモニック光トモグラフィック、高速3Dイメージング

June, 17, 2020, Santa Clara--

Illinois ECEとColorado State Universityの協力により、マイクロスケールで組織や他の生体サンプルの可視化を容易にするハーモニック光断層写真という新しい3Dイメージングが実現した。Illi […]

全文を読む

QST、顕著な抗がん作用を有する、生体に安全なナノ薬剤を開発

June, 12, 2020, 東京--

量子科学技術研究開発機構(量研)量子医学・医療部門 放射線医学総合研究所 先進核医学基盤研究部 胡寛博士研究員、張明栄部長らは、光温熱療法に用いる光温熱材としてCu2+とBPからなるナノ薬剤を開発した。このナノ薬剤を悪性 […]

全文を読む

ディープラーニングベースAIでMRIの血流を促進する方法を開発

June, 8, 2020, Zurich--

イメージング技術は、心臓血管病の早期発見に役立つ。とは言え、精密検査は、まだ非常に時間がかかる。ETHとチューリッヒ大学の研究者は、血流の動的MRIを大幅に加速する方法を発表した。 「このイノベーションの結果、定量的磁気 […]

全文を読む

深層学習利用、粒子線照射即発X線実測データから正確な線量画像生成

June, 8, 2020, 名古屋--

名古屋大学大学院医学系研究科 総合保健学専攻の 山本誠一 教授を含む県Qグループは、粒子線がん治療に用いる炭素線を照射したときに生じる即発X線画像に対して、深層学習(ディープラーニング)を用いることにより、正確な線量画像 […]

全文を読む

シャツに折り込んだセンサでバイタルサインをモニタ

June, 5, 2020, Cambridge--

MITの研究者は、電子センサを伸縮性のある繊維に組み込む方法を開発した。これにより,体温、呼吸、心拍数などバイタルサインをモニタするために使えるシャツや他の衣服を作ることができる。 センサを埋め込んだ衣服は、洗濯機で洗濯 […]

全文を読む

自己整合顕微鏡、超解像度顕微鏡の限界を打破

May, 29, 2020, Sydney--

ノーベル賞受賞の超解像度顕微鏡の限界を超える超高精細顕微鏡により研究者は、個々の分子間距離を直接計測することができる。 ニューサウスウェールズ大学(UNSW)医療研究者は、無傷細胞内の個々の分子間の相互作用を検出するため […]

全文を読む

2Dサンドイッチで分子が鮮明に見える

May, 29, 2020, Houston--

モリブデン、硫黄とセレンのサンドイッチが生体分子検出非常に有用である。 2Dジェイナス化合物のライス大学ブラウン工学部のテストは、表面増強ラマン分光法(SERS)による生体分子検出を改善する効果的で万能のプラットホームと […]

全文を読む

生体画像の処理に役立つ新しいアルゴリズム

May, 28, 2020, Moscow--

Skoltech研究チームは、複雑な画像の中から特定の生体画像を正確に取り出す新しい生体画像処理法を発表した。 生物学者は、生体画像の形式で膨大な画像を入手している。これは、自動処理を途方もない仕事にする。研究者は、多く […]

全文を読む

北海道大学、近赤外線を用いた新規がん治療法の光化学反応過程を解明

May, 27, 2020, 札幌--

北海道大学大学院理学研究院及び同大学創成研究機構化学反応創成研究拠点の小林正人講師,武次徹也教授らの研究グループは,同大学大学院薬学研究院の高倉栄男講師,小川美香子教授らと共同で,近赤外線を用いた新規がん治療法である光免 […]

全文を読む

ラマン分光法でバクテリアの成長をリアルタイム観察

May, 26, 2020, St Andrews--

University of St Andrewsと同大学医学部をリーダーとするUKの研究チームは、レーザと音を使い抗生物質に対する生きたバクテリアの反応をモニタする画期的な方法を開発した。 この新しいアプローチは、抗菌耐 […]

全文を読む

国際研究チーム、光で細胞をコントロール

May, 22, 2020, Jena--

光薬理学では、薬剤の効果を切り替えるために光の利用を研究している。今回、初めてイェーナ、ミュンヒェン、ニューヨークの化学チームが,以前には考えられなかった細胞成分の制御にこの方法を利用することに成功した。 どこにでもあり […]

全文を読む

ジョンホブキス大学、光音響イメージングで心臓処置

May, 20, 2020, Boltimore--

この種の初の研究でジョンホプキンス(Johns Hopkins)の研究者は、代替イメージング技術がいずれ、潜在的に有害な放射線を必要とする現在の方法に取って代わるという証拠を示している。 IEEE Transaction […]

全文を読む

ローコストイメージングシステム、自動蚊追跡に利用

May, 15, 2020, Washington--

WHOによると、蚊が媒介するマラリア、デング熱、黄熱病などの病気は毎年、数十万人の命を奪う。新しいローコストイメージングシステムは、病気を媒介する蚊の種類の追跡を容易にし、よりタイムリーな標的反応を可能にする。 「われわ […]

全文を読む

24時間絶え間ない痛風管理に新しい光バイオセンサシステムが役立つ

May, 15, 2020, College Station--

Texas A&M Universityの研究者は、痛風患者の自己症状モニタ改善に役立つ技術を報告した。侵襲性の少ないバイオセンサシステムは、痛風の個人管理を中心とした将来のPOC治療でカギを握る可能性があり、 […]

全文を読む

白内障手術に新しいレーザ法を開発し導入

May, 11, 2020, Saint Petersburg--

白内障は、眼病の中で最も多い。WHOによると、視覚障害の1/3が白内障の処置を必要としている。ITMOとS.N. Fyodorov Eye Microsurgery Complexの研究者は20年前から白内障手術の副作用 […]

全文を読む

クランフィールド大学、アボカドの熟成をレーザでテスト

May, 11, 2020, Cranfield--

アボカドの成熟を計測する技術は、廃棄を最大10%減らし、消費者の食べごろ果物需要を満たすことができる。クランフィールド大学で開発されテストされた技術は、レーザと小さな振動を使い、個々の果物の共鳴周波数をテストし、アボカド […]

全文を読む

Lab-on-a-chip COVID-19抗体検査、素早く正確な結果を出す

May, 8, 2020, Ann Arbor--

ポータブル、迅速、安価、高精度、これらは通常互いに相容れない4つの特徴であるが、このような特徴を兼ね備えたCOVID-19抗体検査が、ミシガン大学とU-Mスタートアップ、Optofluidic Bioassayが開発した […]

全文を読む

新たなレーザ処理で新しい金属表面が即時の殺菌性能

May, 7, 2020, West Lafayette--

細菌性病原体は、表面で何日も生きることが可能。ドアノブなど、頻繁に触れる表面が、即時に病原体を全滅されることはできるか。 パデュー大学(Purdue University)のエンジニアは、金属表面に多様なテクスチャを付与 […]

全文を読む

レーザベース医療イメージングの簡素化

May, 7, 2020, Pasadena--

レーザ光と超音波を利用して生体を構成する物質を調べる技術は、医療に多くのアプリケーションがある。臓器から血管、腫瘍まで、あらゆるものを見せることができるからである。 CaltechのLihong Wangは、その分野のパ […]

全文を読む

励起分子からの赤外放射で組織成分検出

April, 30, 2020, München--

アト秒物理学研究所(Laboratory for Attosecond Physics)の研究者は、生物サンプルの分子成分を分析する独自のレーザ技術を開発した。それは、有機組織の化学構成の最小変動を検出できる。 生化学レ […]

全文を読む

ガンや脳疾患治療に役立つ光イメージング技術

April, 27, 2020, WEST LAFAYETTE--

パデュー大学研究チームは、医者が体内の腫瘍を表示し、ある病気が脳の活動にどのように影響しているかの理解に役立つ光学イメージングを利用する技術を実現した。研究成果は、IEEE Transactions on Medical […]

全文を読む

1 / 2712345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。