All about Photonics

Science/Research

OCTベースの新しいイメージングツール

October, 23, 2018, Washington--

OCTベースの装置で、聴覚についての新たな知見が得られ、聴覚問題の診断と処置がわかる。  Mass General Hospitalの研究チームは、聴原振動が耳の中をどのように伝わるかを視覚化するために使用できる新たなデ […]

全文を読む

皮膚内の微小血管を非侵襲で可視化 光超音波と超音波を同時計測

October, 16, 2018, 東京--

東北大学教授:西條 芳文およびアドバンテスト:増田 則之らの研究開発グループは、2波長の光超音波画像と超音波画像を同時に撮影できる、皮膚の「in vivoイメージング技術」の開発に成功した。  これは、内閣府  総合科学 […]

全文を読む

パデュー大学、戦場や災害現場で使えるARツールを開発

October, 16, 2018, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、世界中の経験豊富な外科医、内科医が、戦闘地域、自然災害、農村部で経験の浅い医師が複雑な処置を行うのを支援できる独自のアプローチを開発した。  「緊要な課題 […]

全文を読む

ファイバオプティックセンサ、脳や心臓の微小磁場を計測

October, 12, 2018, London--

非常に弱い磁場を計測する光ベースの技術が開発された。例えば、脳でニューロンが発火する時に発生する磁場。安価でコンパクトなセンサは、現在、脳の活動をマップするときに使用されているMRIシステムの代替となる。MRI装置が必要 […]

全文を読む

遺伝子のスイッチを「光」と「薬剤」で制御できる新技術を開発

October, 11, 2018, 京都--

京都大学 大学院生命科学研究科、今吉格特定准教授と同 山田真弓特定助教らの研究グループは、哺乳類細胞において、「青色光」により遺伝子のスイッチ(遺伝子発現)を効率良くオン/オフできる新しいテトラサイクリン誘導系(Tet) […]

全文を読む

抗体を検出する光る紙チップを開発 -感染症の早期発見

October, 10, 2018, 東京--

慶應義塾大学理工学部応用化学科のチッテリオ ダニエル教授の研究グループは、アイントホーフェン工科大学(オランダ)のメルクス教授の研究グループと共同で、感染症診断のための簡易検査チップを開発した。  検査チップは紙でできて […]

全文を読む

マシンラーニング技術、人の細胞組織を予測

October, 9, 2018, Seatle--

アレンインスティテュート(Allen Institute)の研究チームは、マシンラーニングを使ってコンピュータをトレーニングし、人の目が簡単には区別できない細胞の部分を見れるようにした。蛍光ラベルをつけた細胞3D画像を使 […]

全文を読む

細胞内1分子自動観察システム「AiSIS」

October, 3, 2018, 和光--

理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター細胞シグナル動態研究チームの安井真人研究員、廣島通夫上級研究員、上田昌宏チームリーダー(大阪大学大学院生命機能研究科教授)、開拓研究本部佐甲細胞情報研究室の佐甲靖志主任研究員ら […]

全文を読む

脳疾患処置を前進させる強化版3Dイメージング

October, 1, 2018, Tel Aviv--

市販のハードウエアと、PySightとして知られるオープンソースソフトウエアの組合せが開発され、これにより脳や他の組織の迅速な2Dおよび3Dイメージングが改善される。今日利用できる最速の3Dイメージングソリューションのシ […]

全文を読む

萎縮性ドライAMD患者にワイヤレス網膜下インプラント

September, 28, 2018, Paris--

Pixium Vision、視力を失った患者が独立した生活ができるようにする画期的な生体視覚システムを開発しているバイオエレクトロニクス会社は、オーストラリア、ウィーンのEURETINA会議中に、医療諮問委員会と研究者に […]

全文を読む

光で働くイオンチャネルの動作メカニズムの一端を解明

September, 20, 2018, 札幌--

北海道大学大学院先端生命科学研究院・国際連携研究教育局の塚本卓助教らの研究グループは、海洋藻類Proteomonasプロテオモナスsulcataスルカタ由来の光受容体タンパク質であるアニオンチャネルロドプシン(PsuAC […]

全文を読む

イメージング質量分析法により昆虫体内の農薬動態を可視化

September, 19, 2018, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科の新間秀一准教授らの研究グループは、マトリックス支援レーザ脱離イオン化イメージング質量分析法(MALDI-IMS)を用いて、ショウジョウバエ中のネオニコチノイド系農薬の一つであるイミダクロプリド分 […]

全文を読む

RayVio UVB LED、太陽光の2.4倍の効率

September, 14, 2018, Hayward--

Scientific Reportsに発表された研究成果は、RayVioの293nm紫外(UV) LEDが、皮膚サンプルにおけるビタミンD3生成で太陽光よりも高効率であることを示している。ボストン大学薬学部、Tyler […]

全文を読む

3Dプリントツール、スマートフォンを使って病気媒介蚊を検出

September, 13, 2018, Austin--

テキサス大学オースチンの研究チームが新しい診断ツールを開発した。これは、蚊が、ジカウイルス、デング熱、チクングンヤ熱、あるいは黄熱病などの危険な病気を持っている種に属するかどうかを容易に、迅速かつ安価に特定することができ […]

全文を読む

200ドルの3Dプリントされたボックスで抗生物質研究法が変わる

September, 11, 2018, Hamilton--

マクマスター大学(McMaster University)研究室が開発した小さな黒いボックスが、新しい抗生物質を探す研究者の方法を変える。  プリンティッド蛍光イメージングボックス(PFlbox)は、新しい構成物質を発見 […]

全文を読む

高感度な酸素センサタンパク質を開発

September, 4, 2018, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の野亦次郎助教と久堀徹教授は、蛍光タンパク質をベースとした新規酸素センサタンパク質「ANA (anaerobic/aerobic sensing fluorescenc […]

全文を読む

ミネソタ大学、「人口眼」プロトタイプを3Dプリント

September, 3, 2018, Minneapolis--

ミネソタ大学の研究チームは、半球面に光受容器アレイを初めて完全3Dプリントした。この開示は、「人工眼」実現に向けた大きな前進であり、いずれ目の不自由な人々を見えるように、目の見える人ももっとよく見えるようにすることになる […]

全文を読む

TU Wien、高解像度3Dプリンティングを使い人工胎盤を作製

August, 31, 2018, Wien--

重要な生体膜の理解向上のために、新しい方法が必要とされている。ウイーン工科大学(TU Wien)の研究チームは、高分解能3Dプリンティングプロセスを使い、チップ上に人工胎盤関門を作製することに成功した。  胎盤は、重要な […]

全文を読む

新しい蛍光イメージング法、一時間で結核感染を検出

August, 31, 2018, Stanford--

光るバクテリアに導かれて、研究者たちは生きた結核(TB)を一時間で診断し、処置の有効性モニタに役立つイメージング技術を考案した。TB菌種は、標準処置に対して防御を発達させるので、その点は取り分け重要である。  スタンフォ […]

全文を読む

光と超音波技術を統合した新しい生体医学イメージングシステムを開発

August, 30, 2018, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、新しい生体医学イメージングシステムを開発している。これは光学および超音波技術を組み合わせて生命を脅かす病気の診断を改善するためである。  光音響トモグラフ […]

全文を読む

高感度な酸素センサタンパク質を開発

August, 28, 2018, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の野亦次郎助教と久堀徹教授は、蛍光タンパク質をベースとした新規酸素センサタンパク質「ANA (anaerobic/aerobic sensing fluorescenc […]

全文を読む

2D材料ベースの新世代超薄型人工網膜開発

August, 27, 2018, Boston--

世界初の超薄型人工網膜の開発とテスト成功が報告された。これは、眼の不自由な人々にとって、既存のインプラント可能な視覚化技術を大きく改善するものとなる。極薄2D材料ベースの柔軟なデバイスは、いずれ、数100万の網膜疾患の人 […]

全文を読む

ハンドヘルドイメージャで眼の視細胞詳細画像を撮る

August, 27, 2018, Durham--

デューク大学の研究チームは、幼児の眼の個々の光受容体を撮像できるハンドヘルドプローブを開発した。  適応光学に基づいたその技術により、医師が眼病の診断のためにこれらの細胞を観察し、脳に関連する病気や心的外傷の早期発見が容 […]

全文を読む

OIST、小型の基板と光、信号変換 ― 細菌との戦いに役立つ装置を開発

August, 24, 2018, 沖縄--

近年は、細菌が持つ抗生物質へ薬剤耐性が重大な危機につながる問題として注目されている。その理由は、細菌が薬剤耐性を持つと従来の細菌対策の有効性が失われ、あたかも医療機関での警報器のスイッチが遮断されるようなものだからである […]

全文を読む

Organs-On-A-Chip用にリアルタイム酸素モニタリングバイオセンサ

August, 24, 2018, Raleigh--

新しいバイオセンサにより、研究者は“organ-on-a-chip”(チップ上器官)システムで酸素レベルをリアルタイム追跡できるようになり、そのようなシステムが実際の器官の機能をより密接に真似ることが確実になる。orga […]

全文を読む

超高解像度顕微鏡、致死性Nipahウイルスの神秘を解明

August, 24, 2018--

致死性のニパ(nipah)ウイルスなどは、以前考えられていたよりも場当たり的に結集することをブリティッシュコロンビア大学(UBC)研究チームが確認した。この発見により、研究者は、より効果的なワクチンを開発し、これらのウイ […]

全文を読む

KAIST、フレキシブル薬剤デリバリマイクロデバイスを開発

August, 21, 2018, Seoul--

KAIST研究チームは、個別化医療向けに薬剤を制御放出するフレキシブルな薬剤デリバリデバイスを開発した。これは治療診断への方向を示すものである。  新たな医療技術、治療診断は、診断と治療の同時実施を特徴とする精密医学を推 […]

全文を読む

生きた細胞内部の働きをマッピング

August, 17, 2018, New York--

X線やMRIなどのイメージングツールは医学を変えた。医師が、生きて呼吸している人々の脳や他の重要臓器をクローズアップできるようになったからである。コロンビア大学(Columbia University)の研究チームは、個 […]

全文を読む

光デバイスが潰瘍治療に効果

August, 16, 2018, Manchester--

マンチェスター大学(University of Mancheste)とサルフォード・ロイヤル NHS ファウンデーション・トラスト(Salford Royal NHS Foundation Trust)の研究チームは、慢 […]

全文を読む

3Dプリントインプラント、「本物の骨」の成長に寄与

August, 14, 2018, NY--

化学的にコーティングされたセラミックインプラントは、「着実に溶かし」ながら、実験室動物の失われた骨の再生ガイドに成功した。  NYUメディカルセンターとNYU大学歯科の医師と研究者は、新しい骨が徐々にデバイスに取って代わ […]

全文を読む

1 / 2012345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。