All about Photonics

Science/Research

新しい抗生物質が切実に必要とされている時に、MLが役立つ

June, 21, 2019, Stanford--

スタンフォードの研究チームは、以前の研究にガイドされて、抗菌性と最も一致しそうなDNA配列をレイアウトするアルゴリズムを開発した。  抗生物質に対する耐性の脅威が迫ってきているので、新たなソリューションを考案しているのは […]

全文を読む

よく知られた染料を使って脳アミロイドプラークを見る

June, 14, 2019, Tucson--

アミロイドプラークは、以前からアルツハイマ病を促進するメカニズムと密接に関連つげられていたが、アミロイドタンパク質がどのように結集するかを可視化することは引き続き難しい。ナノメートルサイズのアミロイド原繊維は、最高の光学 […]

全文を読む

化学療法薬剤を吸収する3Dプリントアブソーバ

June, 14, 2019, Berkeley--

肝臓などの臓器のガン治療には、医師はカテーテルで直接腫瘍に薬剤を供給できるが、残留薬物が逃れ、身体の他の部分の健全な臓器に影響を与える。UC Berkeley化学エンジニアが開発したドラッグスポンジは、残留薬物を吸収し、 […]

全文を読む

光音響内視鏡、クローン病処置を改善できる

June, 12, 2019, Washington--

新開発の内視鏡で医師はクローン病が原因の内臓の変化がよく分かるようになる。この追加情報は、炎症性大腸炎の痛みを伴い、消耗させる形態の処置改善に役立つ。この病気は現在、米国では数十万人の成人を襲っている。  ミシガン大学の […]

全文を読む

ヒトのものと同等の人工角膜を3Dプリント

June, 12, 2019, Seoul--

角膜がひどく破損したとき、角膜移植が必要になる。しかし、角膜提供を待つ患者は多く、何ヶ月も、あるいは何年も待つ場合がある。このため、多くの研究者が人工角膜の開発に取り組んでいる。現行の人工角膜は、組換えコラーゲン、合成ポ […]

全文を読む

組織と臓器をライトVancouverシートリソグラフィで作製

June, 11, 2019, Frankfurt--

人工臓器の製造はホットな研究トピックである。近い将来、人工臓器は、臓器提供欠如を補完し、動物実験を置き換える。生きた細胞を含む「バイオインク」を使う3Dプリンターで、すでに有望な実験があるが、機能臓器は、この方法ではまだ […]

全文を読む

肺がんのリアルタイム診断にニードルベース内視鏡の好結果

June, 5, 2019, Paris--

Mauna Kea Technologiesは、肺病の診断とステージ特定に役立つ、nCLEの可能性を証明する、将来に向けた研究を発表した。論文は、「肺がんのリアルタイム診断とステージ特定のためのニードルベース共焦点レーザ […]

全文を読む

新しいアプローチで医療診断用の詳細な中赤外画像を取得

June, 5, 2019, Washington--

デンマークのDUT Fotonikなど、マルチ研究グループの研究チームは、独自の高解像度イメージング法を開発した。これは,ミリ秒オーダーで起こる高速イベント、動的プロセスの中赤外スペクトル画像を撮ることができる。このスペ […]

全文を読む

発展途上国の医療診断に有望な3Dプリント顕微鏡

May, 31, 2019, Washington--

コネチカット大学の研究チームは、3Dプリンティングを使って、フィールドやベッドサイドで使える小型、ロバストで安価なポータブル高解像度顕微鏡を作製した。この装置の高解像度3D画像は、糖尿病、鎌状赤血球病、マラリアおよびその […]

全文を読む

UMD、3Dナノプリンティング戦略で医療、ロボティクスに大変革

May, 30, 2019, College Park--

メリーランド大学(University of Maryland)のエンジニアは、初の3Dプリント流体回路素子を作製した。これは、非常に小さく、人の髪の毛幅に10個を並べることができる。この素子は、一方向だけに流体を確実に […]

全文を読む

KAIST、敗血症誘導肺疾患の原因を特定

May, 28, 2019, Seoul--

KAISTの研究チームは、特注3D生体内肺顕微イメージングシステムを使って、体内の肺微小循環と循環細胞の可視化に成功した。チームは、敗血症誘導急性肺損傷(ALI)中に好中球凝集という一種の白血球を見つけた。これは、血液微 […]

全文を読む

蛍光センサ付マイクロ流体デバイスでエボラウイルス検出効果向上

May, 24, 2019, Henrietta--

ロチェスター工科大学(RIT)研究者が、致死性のエボラウイルスを検出できるバイオセンサ付プロトタイプマイクロデバイスを開発した。この種のデバイスで、感染者は早期に処置できる。また、早期発見プロセスは、感染の広がりを減らす […]

全文を読む

生物発光で複数マウスの脳活動を同時にライブ観察

May, 23, 2019, 大阪--

大阪大学 産業科学研究所の永井健治教授、理化学研究所 光量子工学研究センターの横田秀夫チームリーダー他の共同研究グループは、「生物発光膜電位センサLOTUS-V(Luminescent Optical Tool for […]

全文を読む

最先端の生検技術ではレーザがメスに取って代わる

May, 23, 2019, Passadena--

患者には、ガンなどを調べるための組織生検サンプルの分析は、たとえテストのために微小肉片を提供するとしても、比較的簡単なプロセスに見える。サンプルは研究室に送られ、患者は帰宅し、数日で医者がその結果を知らせてくれる。 実際 […]

全文を読む

サーマルイメージングに新たなアプリケーション

May, 22, 2019, Liverpool--

サーマルイメージングカメラを装備したドローンを使って、ボルネオの森林でオランウータンの数をモニタする研究が行われている。 オランウータンは、全ての類人猿と同様、木々の中にねぐらを形成する。従来オランウータンの数は,地上か […]

全文を読む

生体イメージングを高速化するためにNetflixのアルゴリズムを利用

May, 21, 2019, Washington--

元はNetflixの2009映画選好予測コンペのために開発されたアルゴリズムをフランスの研究チームは再利用して、前例のないスピードで生体組織の古典的なラマン分光画像を撮る方法を開発した。その進歩により、腫瘍検出、組織分析 […]

全文を読む

マイクロジェットインジェクションで、針なしのスマートタトゥー

May, 16, 2019, Twente--

美容的な役割とは別に、タトゥーはインテリジェントインクを使い新たな機能を獲得する。トゥエンテ大学(University of Twente)の研究チームは、全く針を使わないマイクロジェットインジェクション技術を開発した。 […]

全文を読む

光でイオンを輸送するタンパク質、ロドプシンの吸収波長を長波長化

May, 14, 2019, 東京--

東京大学 物性研究所の井上圭一准教授と名古屋工業大学 大学院工学研究科 生命・応用化学専攻の神取秀樹教授らはイタリアのシエナ大学などとの国際共同研究により、ロドプシンのアミノ酸を改変することで、従来より長波長の光で操作が […]

全文を読む

RMIT大学、3D光学的生検の可能性を示す

May, 10, 2019, Melbourne--

RMIT大学の研究チームは、既存の光ファイバ技術を使って体内組織の顕微3D画像を生成できることを示した。これは、3D光生検への道を開くものである。  組織を採取し、分析のためにラボに送る通常の生検と違い、光学的生検を利用 […]

全文を読む

乳ガン除去改善のために設計された指マウント光プローブ

May, 9, 2019, Washington--

ウエスタンオーストラリアの研究チームは、生体組織の硬さや弾力性をイメージング、定量評価することで触覚を強化するウエアラブルプローブを開発した。デバイスは、乳ガンの外科切除を改善するために開発されており、また脳や肝臓の手術 […]

全文を読む

ナノ構造の超高速3D画像を生成する新方法

May, 7, 2019, Hannover--

レンズレスX線顕微鏡、コヒレント回折イメージングは、有望なアプローチである。これにより研究者は、動的観点から、自然に頻繁に存在する複雑な3D構造の分析ができる。2D像は、すでに迅速かつ効率的に、生成できるが、3D画像の生 […]

全文を読む

点滅する微小バーコードで分子を判別

April, 23, 2019, Durham--

デューク大学(Duke University)で開発されたイメージング技術は、細胞内部を覗き、活動する数十の分子を同時に観察することを可能にする。これは、それら分子に固有のリズムで点滅するDNAの短鎖でラベリングすること […]

全文を読む

TAU研究チーム、患者の細胞を使って初めて心臓を3Dプリント

April, 22, 2019, Tel Aviv--

テルアビブ大学(Tel Aviv University)の研究チームは、大きな医学的ブレイクスルーで、患者自身の細胞と生体材料を使い、血管が新生された特注心臓を世界で初めて3Dプリントした。これまで、再生医療の研究者は、 […]

全文を読む

マウスの脳へのレーザ照射でアルツハイマー病、統合失調症中核細胞解明

April, 19, 2019, Tucson--

アルツハイマー病と統合失調症は最も一般的な脳疾患であり、パルブアルブミンという一種のタンパク質を含む細胞の問題に関与している。これらパルブアルブミンを含む細胞は、脳細胞のほぼ1/10であるが、パルブアルブミン細胞が何をす […]

全文を読む

青色の光でスーパーバグ感染治療

April, 15, 2019, West Lafayette--

メチリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、身体の様々な部分で感染症を起こすバクテリアは、多くの一般的な抗生物質を回避できることから、「スーパーバグ」と呼ばれることがある。ほとんどのMRSA感染は重篤ではないが、生命を脅かす […]

全文を読む

MIPT、光学的心拍数記録システムを3Dプリント

April, 9, 2019, Moscow--

米国のジョージワシントン大学とロシアのモスクワ物理学・技術研究所の国際研究チームは、心臓の電気的活動のマルチパラメタ光マッピング用のオープンソースソリューションを開発した。  開発された技術は、同時にマルチパラメタをモニ […]

全文を読む

EPFL、家庭での病気検出にフォトニクスを役立てる

April, 8, 2019, Lausanne--

単なる光チップと普通のカメラで、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究チームは、小さなサンプルの生体分子を一つずつ数え、その位置を決定した。その微小デバイスは、オプティクスとスマートイメージン分析とを組み合わせ […]

全文を読む

NEIのイメージング法、眼の細胞に長寿命パターンを発見

April, 4, 2019, Roborough--

網膜色素上皮(RPE)細胞は、独特のパターンを形成する。国立眼病研究所(NEI)の研究者によると、これは眼底のこの重要な組織層における変化の追跡に利用できることが分かった。適応型オプティクスイメージングと蛍光染料を組み合 […]

全文を読む

ディープ・ラーニングによる神経疾患の自動診断

April, 4, 2019, 大阪/東京--

大阪大学の青江丈学部生(医学部5年)、福間良平特任研究員(常勤)(大学院医学系研究科脳神経外科学)、柳澤琢史教授(高等共創研究院)および東京大学の原田達也教授(大学院情報理工学系研究科)らの研究グループは、脳磁図から神経 […]

全文を読む

豚の心の状態を検出する顔認証技術

April, 3, 2019, Barcelona--

豚の様々な心の状態を検出するために、最先端の顔認証技術が使用されている。  スコットランドのルーラルカレッジ(SRUC)の動物行動主義者は、その研究のために、ウエストオブイングランド大学、ブリストル(UWE Bristo […]

全文を読む

1 / 2212345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。