All about Photonics

Science/Research

マウスの脳へのレーザ照射でアルツハイマー病、統合失調症中核細胞解明

April, 19, 2019, Tucson--

アルツハイマー病と統合失調症は最も一般的な脳疾患であり、パルブアルブミンという一種のタンパク質を含む細胞の問題に関与している。これらパルブアルブミンを含む細胞は、脳細胞のほぼ1/10であるが、パルブアルブミン細胞が何をす […]

全文を読む

青色の光でスーパーバッグ感染治療

April, 15, 2019, West Lafayette--

メチリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、身体の様々な部分で感染症を起こすバクテリアは、多くの一般的な抗生物質を回避できることから、「スーパーバッグ」と呼ばれることがある。ほとんどのMRSA感染は重篤ではないが、生命を脅か […]

全文を読む

MIPT、光学的心拍数記録システムを3Dプリント

April, 9, 2019, Moscow--

米国のジョージワシントン大学とロシアのモスクワ物理学・技術研究所の国際研究チームは、心臓の電気的活動のマルチパラメタ光マッピング用のオープンソースソリューションを開発した。  開発された技術は、同時にマルチパラメタをモニ […]

全文を読む

EPFL、家庭での病気検出にフォトニクスを役立てる

April, 8, 2019, Lausanne--

単なる光チップと普通のカメラで、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究チームは、小さなサンプルの生体分子を一つずつ数え、その位置を決定した。その微小デバイスは、オプティクスとスマートイメージン分析とを組み合わせ […]

全文を読む

NEIのイメージング法、眼の細胞に長寿命パターンを発見

April, 4, 2019, Roborough--

網膜色素上皮(RPE)細胞は、独特のパターンを形成する。国立眼病研究所(NEI)の研究者によると、これは眼底のこの重要な組織層における変化の追跡に利用できることが分かった。適応型オプティクスイメージングと蛍光染料を組み合 […]

全文を読む

ディープ・ラーニングによる神経疾患の自動診断

April, 4, 2019, 大阪/東京--

大阪大学の青江丈学部生(医学部5年)、福間良平特任研究員(常勤)(大学院医学系研究科脳神経外科学)、柳澤琢史教授(高等共創研究院)および東京大学の原田達也教授(大学院情報理工学系研究科)らの研究グループは、脳磁図から神経 […]

全文を読む

豚の心の状態を検出する顔認証技術

April, 3, 2019, Barcelona--

豚の様々な心の状態を検出するために、最先端の顔認証技術が使用されている。  スコットランドのルーラルカレッジ(SRUC)の動物行動主義者は、その研究のために、ウエストオブイングランド大学、ブリストル(UWE Bristo […]

全文を読む

新規緑色蛍光タンパク質型グルコースセンサを開発

April, 2, 2019, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の北口哲也准教授は東京大学 大学院総合文化研究科の坪井貴司教授、三田真理恵大学院生らと共同で新規緑色蛍光タンパク質型グルコース(ブドウ糖)センサ「Green Glifo […]

全文を読む

新しい顕微鏡で生きた動物の大きなニューロングループを捉える

March, 25, 2019, Washington--

ボストン大学の研究チームは、自然環境で相互作用する細胞の大群をイメージングする顕微鏡を開発した。その顕微鏡によって研究者は、生きた動物のニューロンをイメージングする新たなツールを手に入れ、様々な振る舞いの中で大規模ニュー […]

全文を読む

RIP研究チーム、骨と組織置換用に3Dプリントプラットフォーム作製

March, 22, 2019, Rochester--

ロチェスタ工科大学(RIT)研究チームは、新しい3Dプリンティング技術で、身体がより効果的に自己再生できるヒト組織再生を助けるプラットフォームを造る方法を開発した。この研究は、将来、人の臓器提供ニーズを減らす、と研究チー […]

全文を読む

昆虫の生得的行動を生み出す神経回路の新しい解析技術を確立

March, 18, 2019, 金沢--

金沢大学理工研究域生命理工学系の木矢星歌研究協力員(日本学術振興会特別研究員PD)、木矢剛智准教授の研究グループは、昆虫の脳で、行動に伴って神経活動が起きた細胞を特異的に可視化し、さらに可視化した神経細胞を光によって活性 […]

全文を読む

3Dプリント生細胞、グルコースをエタノール、CO2に変換

March, 15, 2019, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、グルコースをエタノールとCO2気体、ビールに似た物質に変換する生細胞を3Dプリントし、高い生物触媒効率につながる技術を実証した。  生きた哺乳類細胞を複雑な3Dスカ […]

全文を読む

光を用いて脳の多変量計算論理を理解

March, 14, 2019, 仙台--

東北大学大学院生命科学研究科の劉越人大学院生(現、群馬大学生体調節研究所博士研究員)、八尾寛名誉教授らの研究グループは、同大学院医学系研究科の大城朝一助教、虫明元教授らとの共同研究で、ラットがヒゲで触ったものの形や大きさ […]

全文を読む

IKBFU物理学者、抗生物質耐性結核病原体を特定する新方法を開発

February, 21, 2019, College Park--

イマヌエルカントバルト連邦大学(IKBFU)の物理学者チームは、結核の病原体であるシングル耐抗生物質細菌細胞を迅速に特定する方法を提案した。  新方法は、細菌の発見に役立ち、抗生物質に対する耐性を、生体物質に損傷を与える […]

全文を読む

蛍光を使って病気を引き起こすタンパク質形態を特定する新方法

February, 20, 2019, University Park--

ペンシルベニア州立大学の研究チームが開発した新方法は、蛍光を使って病気を引き起こす可能性のあるタンパク質の形態を検出する。  タンパク質は、ストレスや突然変異で分解する。ペンシルベニア州立大学、ワシントン大学の研究チーム […]

全文を読む

テキサスバイオメディカル研究所、ジカ熱テスト共同開発

February, 13, 2019, San Antonio--

テキサスバイオメディカル研究所のJean Patterson教授を含む研究チームは、ジカ(Zika)ウイルスを検出する新しい方法に取り組んでおり、これは、医師がその病気の患者の処置に役立てることができる。テストは、ウイル […]

全文を読む

生物学的に作製された組織内に酸素と栄養を送る微小孔

February, 8, 2019, University Park--

ペンシルバニア州立大学の研究チームによると、骨や軟骨などの作られた組織の微小孔により栄養や酸素を主要部に拡散できる、またこの新しいアプローチにより最終的にラボ生育組織が血管を収容できるようになる。  「組織作製の問題点の […]

全文を読む

「ファイバレス神経活動操作」の開発とその応用による長期間のマウス行動制御の達成

January, 25, 2019, 名古屋--

名古屋大学 環境医学研究所の山中章弘 教授、山下貴之准教授らの研究グループは、東北大学大学院生命科学研究科の八尾寛名誉教授、東京工業大学との共同研究で、光ファイバを実験動物に刺入せず、ファイバレスにて神経活動を操作する技 […]

全文を読む

ImecとCARDIS、独自のフォトニックベース医療機器を開発

January, 24, 2019, Leuven--

Imec、ゲント大学(Ghent University)は、Medtronic、および他のCARDISプロジェクトパートナーとともに、シリコンフォトニクスベースのプロトタイプ医療機器を開発した。  これは、動脈硬化のスク […]

全文を読む

天然材料から実物そっくりの組織を作る3Dバイオプリンティング技術

January, 22, 2019, San Diego--

カリフォルニア大学サンデイエゴ(UCSD)バイオエンジニアは、天然材料を扱え、使いやすい3Dバイオプリンティング技術を開発した。これにより研究者は、実物そっくりの臓器組織モデルを造る専門技術レベルに変化を持たせることがで […]

全文を読む

動物実験を減らす多臓器チップを開発

January, 21, 2019, Dresden--

ドレスデンの研究チームは、いわゆる「マルチオーガン(多臓器)チップ」を開発した。フラウンホーファー材料およびビーム技術IWSドレスデン(Institute for Material and Beam Technology […]

全文を読む

ライプニッツ光技術研究所、脳の深部を見る非侵襲内視鏡を開発

January, 21, 2019, Jena--

ライプニッツ光技術研究所(Leibniz IPHT)とエジンバラ大学の研究チームは、ファイバ内視鏡を用いてアクセスが難しい脳の構造を見ることに成功した。研究チームは、生きたマウスの脳深部内の神経構造を初めて高解像度で観察 […]

全文を読む

インプラント可能デバイス、膀胱障害処置に光を利用

January, 18, 2019, Washington--

ワシントン大学、神経科学者とエンジニアのチームは、小型のインプラント可能なデバイスを開発した。これは、膀胱障害の人々が投薬、電子刺激装置の必要性を回避できるようにする機器である。  ワシントン大学とイリノイ大学(Wash […]

全文を読む

トンボ由来の紫外線反射物質を同定

January, 18, 2019, 東京--

産業技術総合研究所(産総研)生物プロセス研究部門生物共生進化機構研究グループ 二橋亮主任研究員他で構成される研究グループは、共同で、トンボ由来の紫外線反射物質を同定した。  日本全国に広く生息するシオカラトンボは、オスが […]

全文を読む

UCSD、ガンの広がり能力を検出・計測するセンサを開発

January, 10, 2019, San Diego--

腫瘍が最初に発生した部位から浸潤性癌細胞が身体の離れた箇所へ広がることは転移としてい知られている。転移は、ガン患者死亡の主因である。UCSD医学部の研究チームは、iScienceに、単一ガン細胞の転移可能性を検出、計測で […]

全文を読む

内視鏡を小型化する空気充填ファイババンドル

December, 25, 2018, Washington--

バース大学(University of Bath)の研究チームは、新しい種類の空気充填光ファイババンドルを開発した。これは、侵襲性の少ない手術、気管支検査法など医療処置で利用される内視鏡を大幅に改善する。新技術は、赤外光 […]

全文を読む

AIベースデバイス、早期診断に体液内の動く寄生虫を検出

December, 17, 2018, Los Angels--

UCLAサミュエル工学部の研究チームは、サンプル内で動く寄生虫を自動検出するデバイスを開発した。これにより、顕微鏡よりも早く感染を特定することが可能になる。  デバイスは、20分で3ミリリットル以上の液体を分析する、これ […]

全文を読む

食の安全を向上させる新しいグラフェンベースセンサ設計

December, 14, 2018, Washington--

米国では、リステリア、サルモネラ、E. coliなど有害バクテリア汚染のために、2017年に100を超える食品リコールがあった。新しいセンサ設計が、いずれ、食品がスーパーマーケットの棚に並ぶ前に、食品の病原菌を容易に検出 […]

全文を読む

上海交通大学、コンピュータを使った高速3Dイメージング法を開発

December, 14, 2018, Washington--

上海交通大学の研究チームは、3D OCT画像取得の高速化方法を開発した。さらなる開発により、新しいアプローチは、広範な病気の早期発見と分類に役立つ。同方法は、不完全なデータから完全3D画像を作り出すコンピュータアプローチ […]

全文を読む

最先端イメージング技術で脊椎動物の詳細を明らかに

December, 11, 2018, Lawrence--

科学と芸術の混合、脊椎動物骨格の次世代写真は、不気味な、込み入った優美を示している。  1800年代から、生物学者、古生物学者は、比較解剖学のために標本を写真撮影してきた。今回、カンザス大学の研究チームと技術の開発者、W […]

全文を読む

1 / 2212345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。