All about Photonics

Science/Research

東北大学、直径数百ミクロン以下の多機能性カテーテルを開発

February, 3, 2023, 仙台--

東北大学学際科学フロンティア研究所の郭媛元助教と佐藤雄一研究員は、「金太郎飴」の作製方法と類似している熱延伸プロセスを活用し、繊細かつ柔軟な繊維 (ファイバ)として線径を数百ミクロン程度にまで抑制しながら、屈曲変形および […]

全文を読む

EPFL、操作可能ソフトロボット、医療アプリケーションを強化

February, 3, 2023, Lausanne--

光ファイバ製造で使われる方法を借用し、EPFLとインペリアルカレッジ(Imperial College)の研究チームは、先進的な動作制御を備えたファイバベースソフトロボットを構築した。これには、他の機能、電気および光セン […]

全文を読む

TAU、超音波とナノバブル、手術なしでガン性腫瘍を除去

January, 31, 2023, Tel Aviv--

テルアビブ大学の新技術は、超音波、ナノバブルを組み合わせて腫瘍を破壊し、侵襲的処置の必要性を除去する。 テルアビブ大学開発された新技術は、血流への超音波とナノバブル注入を組み合わせ、狙いを定めてガン性腫瘍の破壊を可能にす […]

全文を読む

タンパク質UV検出で究極的感度達成

January, 31, 2023, Marseille--

Institut Fresnelの研究チームは、ラベルフリータンパク質検出の可能性を解き放つ。UV自然蛍光とナノフォトニクスで限界感度達成した。   タンパク質は、UVでは自然に蛍光を放ち、外部蛍光ラベルを導入することな […]

全文を読む

カーネギーメロン、新しい拡張顕微鏡

January, 26, 2023, Pittsburgh--

細胞や他のナノスケール構造の内部をこれまでになく見ることは、エクスパンション顕微鏡におけるイノベーションにより、今や可能になっている。この進歩は、ナノサイエンス、病理学および他の多くの生物学や医学分野における将来的洞察を […]

全文を読む

新しいバイオマーカーテスト、血液にアルツハイマー病の神経変性検出

January, 25, 2023, Pittsburgh--

ピッツバーグ大学医学部、神経科学グループの研究者は、血液サンプルにアルツハイマー病神経変性の新しいマーカーを検出するテストを開発した。研究成果は、Brain誌に発表された。 そのバイオマーカー「脳由来タウ」(BD-tau […]

全文を読む

物質使用障害回復のためのVRエクスペリアンスを作成

January, 24, 2023, Bloomington--

インディアナ大学(IU)の研究者は、心理学原理と革新的仮想現実(VR)技術を組み合わせて、物質使用障害のある人向けに新しい没入型理論を構築した。チームは、先頃、国立衛生研究所(NIH)から490万ドルを超える助成金を受け […]

全文を読む

lab-on-a-chip技術とAIを組み合わせてガン免疫療法改善

January, 19, 2023, Bloomington--

インディアナ大学のバイオエンジニア、Feng Guoをリーダーとする学際的研究チームは、改善されたガン免疫療法につながるツールを開発した。  プロトタイププラットフォームは、自動薬剤スクリーニングを容易にし、免疫細胞とガ […]

全文を読む

光ピンセット、バクテリアとガン細胞の高速、ローコストスクリーニング

January, 17, 2023, Qingdao--

中国科学アカデミー(CAS)のチンタオ生物エネルギーとバイオプロセス技術研究所(QIBEBT)の研究者は、新技術、光ピンセット・アシストプールスクリーニング&単細胞分離(OPSI)システムを提案し、標的細胞選別 […]

全文を読む

TUM、ガンイメージングに量子技術

January, 17, 2023, Munich--

MRIを使って腫瘍細胞の代謝作用のトレース図は、これまでのところ、通常の臨床設定では実現可能ではなかった。現在、ミュンヒェン工科大学(TUM)を含む学際的研究チームが、量子ベースのハイパーポラライザの開発促進に取り組んで […]

全文を読む

UPMC、革新的ガン免疫治療に新しいナノ粒子

January, 13, 2023, Pittsburgh--

ピッツバーグ大学の研究チームは、ガンと闘うナノ粒子を設計した。それは、Nature Nanotechnologyの論文によると、化学療法薬と新しい免疫療法を共送達する。 新しい免疫療法アプローチは、研究者が発見した免疫抑 […]

全文を読む

仮想現実ゲーム、ADHDを客観的に発見

January, 12, 2023, Helsinki--

仮想現実ゲームは、多動症候群(ADHD)の客観的評価を提供し、治療アプローチ改善につながる可能性がある。 研究チームは、仮想現実(VR)ゲーム、視線追跡、マシンラーニングを使い、眼の動きの差がADHD(注意欠陥・多動性障 […]

全文を読む

TAU、ガン治療に微小分子が大きく影響

January, 6, 2023, Tel Aviv--

新発見の分子が、利用しやすく効果的なガン免疫療法を可能にするかも知れない。 テルアビブ大学とリスボン大学の研究者は、新しい免疫療法を発見したかも知れない。これは、手が届きやすい、より効果的な治療につながる可能性がある。免 […]

全文を読む

ヘモグロビンをモニタするウエアラブルパッチ

January, 6, 2023, San Diego--

UC San Diegoの学際的研究チームは、生体新組織でヘモグロビンを計測できるソフトなウエアラブルパッチを開発した(Nat. Commun., doi: 10.1038/s41467-022-35455-3).。 デ […]

全文を読む

眼科診断向上に向けてBitFlow Frame Grabberで光断層システム開発

December, 22, 2022, Woburn--

生体組織の高分解能3Dイメージングは、眼病の診断で広範に利用されている、一般には、OCTとして知られる技術を適用する。OCT検査は、ほとんどの網膜状態の評価と処置にとって標準的ケアになっている。それは、超音波に匹敵するが […]

全文を読む

アルツハイマー病治療の新たな標的を発見

December, 21, 2022, Bonn--

タンパク質メディンは、タンパク質アミロイド-βとともにアルツハイマー病患者の脳の血管に蓄積される。DZNE(神経変性疾患ドイツセンタ)の研究者は、このいわゆる共凝集を発見した。成果は、Natureに発表された。  「メデ […]

全文を読む

“光濃縮”で がん細胞を狙い撃ち、細胞内導入に必要な薬剤量を100分の1

December, 20, 2022, 大阪--

大阪公立大学 研究推進機構 協創研究センター LAC-SYS研究所の中瀬生彦 所長補佐、飯田琢也 所長、床波志保 副所長らの研究チームは、がんの治療に有用な生物機能性分子を細胞内に導入する際の光誘導加速に関する新技術の基 […]

全文を読む

Caltech、針形状のレーザによるイメージング技術

December, 20, 2022, Pasadena--

光音響顕微鏡(PAM)は、レーザ光を使って組織で超音波振動を誘導する比較的新しいイメージング技術。これら超音波振動は、それらを処理するコンピュータとともに、超音波イメージングと全く同じように組織の構造画像を作成するために […]

全文を読む

パーキンソン病を示唆するタンパク質の形状

December, 14, 2022, Zurich--

ETH-Zurichの研究者は、一組のタンパク質が、健康な人とパーキンソン病の人では脊髄液で異なる形状であることを発見した。これらは将来、この病気の新しいタイプのバイオマーカーとして利用できる。 多くの人々の病気が血液、 […]

全文を読む

新しい酵素阻害薬、ガン治療、自己免疫疾患に有望

December, 12, 2022, Chicago--

イリノイ大学シカゴの研究者は、免疫プロセスを操作できる小さな分子を見つけた。これは、ガンや自己免疫疾患で重要な役割を担っている。 その発見は、Angewandte Chemie 論文、タイトル “Discovery of […]

全文を読む

UniSA、AIとカメラを使って血圧を検査

December, 12, 2022, Adelaide--

遠隔からバイタルヘルスサインをモニタするために開発した同じ遠隔ヘルス技術を使い、南オーストラリア大学(UniSAとバグダッドのミドル技術大学(Middle technical University)のエンジニアは、収縮期 […]

全文を読む

アルツハイマー病のスローダウンに脳の免疫細胞を始動

December, 6, 2022, Lund--

脳の大食免疫細胞は、アルツハイマー病の進行を減速することができる。これは、Natrue Agingに発表された研究で示された。 脳固有の免疫細胞は、ミクログリアと呼ばれており、中枢神経系に見つかっている。それらは、大食で […]

全文を読む

ダウン症は、アルツハイマー病のようにダブルプリオン障害

December, 6, 2022, San Francisco--

UCSFの研究者によると、新発見は、一般的な神経変性疾患の新しい治療アプローチを示唆するかも知れない。 ダウン症の人々の脳は、アルツハイマー病に関連した同じ神経変性もつれおよびプラークを発現させる、また40代、50代で神 […]

全文を読む

LMU、自己組織化:ロボット工学でアメーバから学べるもの

December, 5, 2022, Munich--

LMU(Ludwig Maximilian University of Munich)研究チームは、生物学的システム、技術的システムが、外部のガイダンスなしで複雑な構造を形成する方法を説明する新しいモデルを開発した。 ア […]

全文を読む

合成ペプチドが有害な凝集形成を抑制

December, 5, 2022, Munich--

アルツハイマー病では、脳細胞の変性が、アミロイドプラークとして知られている毒性タンパク質の凝集と沈着の形成に関連している。ミュンヒェン工科大学(TUM)主導の研究チームは、“mini-proteins”,いわゆるペプチド […]

全文を読む

睡眠中、脳の一部が別の領域に新しいデータを永続記憶に変換する

December, 1, 2022, Philadelphia--

神経ネットワークモデルを使いペンシルバニア大学の神経科学者、Anna Schapiroとチームは、身体がREMと徐波の間を動くに連れて、海馬と新皮質が記憶形成のカギとなる仕方で相互作用することを確認した。 記憶形成で睡眠 […]

全文を読む

脳の情報蓄積法を真似る磁気材料を開発

December, 1, 2022, Barcelona--

UAB(Universitat Autonoma de Barcelona)研究チームは、脳が情報を蓄積する仕方を真似る磁気材料を開発した。その材料は、ニューロンのシナプスをエミュレートし、睡眠中に起こる学習を始めて真似 […]

全文を読む

新しい膵島移植法がインスリンを不要にする

November, 30, 2022, Philadelphia--

Clinical Islet Transplantation Consortiumが開発した方法は、長年最も深刻な影響を受けたType1糖尿病患者の一部でインスリンを不要にする。 ペンシルバニア大学の研究によると、最も深 […]

全文を読む

皮膚上および体内埋め込み型センサ用の極薄伸縮性導体

November, 29, 2022, 和光--

理化学研究所(理研)開拓研究本部 染谷薄膜素子研究室の福田 憲二郎 専任研究員(創発物性科学研究センター 創発ソフトシステム研究チーム 専任研究員)、染谷 隆夫 主任研究員(同チームリーダー)の国際共同研究グループは、開 […]

全文を読む

東北大学、脳内環境を光ファイバで読み出す

November, 29, 2022, 仙台--

東北大学大学院生命科学研究科の生駒葉子助教、松井広教授(大学院医学系研究科兼任)らのグループは、蛍光センサタンパク質をグリア細胞に発現させたマウスに対して、光信号解析の新手法を使うことで脳内で生じる素過程を分離し、脳内グ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。