All about Photonics

Science/Research

生きた組織内で機能する微小な生体適合ナノレーザ

October, 15, 2019, Evanston--

ノースウエスタン大学(Northwestern University)の研究者は、生きた組織内で組織に損傷を与えることなく使えるナノレーザを開発した。  わずか50~150nmのレーザは、このサイズで生きた組織内に収まり […]

全文を読む

ドライアイの診断と治療改善に光イメージャ

October, 11, 2019, Latham--

イスラエルの研究チームが、ドライアイの診断と処置改善に有望な新しい非侵襲光学イメージングシステムを開発した。ドライアイは、炎症やかすみ目の原因となることが多く、これは眼の外側を保護する涙液膜の内層の不安定性があると起こる […]

全文を読む

近赤外光で脳神経細胞の遺伝子を操作するアップコンバージョン分子技術開発

October, 7, 2019, 福岡--

九州大学大学院工学研究院(佐々木陽一大学院生、楊井伸浩准教授、君塚信夫教授)と東京医科歯科大学統合研究機構(押川未央共同研究員、味岡逸樹准教授)の研究グループは、東京大学の佐藤守俊教授、群馬大学の林(高木)朗子教授らとの […]

全文を読む

低線量イメージングへのMLアプローチで優れた成果

September, 30, 2019, Troy, N.Y.--

マシンラーニングは、放射線被曝を減らし、画像品質を高めることで、医療イメージング、特にCTスキャニングを大きく進歩させる可能性がある。  研究成果は、Rensselaer Polytechnic Instituteのエン […]

全文を読む

ガン手術を変革する新しいイメージング技術

September, 27, 2019, Waterloo--

ウォータールー大学の発明によってガン治療は飛躍的に改善される。ガンを除去する手術中にガンのエッジを正確に発見する発明である。  新しいイメージング技術は、レーザ光がガン組織および健全組織と相互作用する方法を使い、物理的な […]

全文を読む

脳のイメージング改善にドーナツ形状のビーム

September, 27, 2019, Boulder--

PhD学生、Brendan Heffernanは、電気、コンピュータ、エネルギー工学と物理学の助教、Juliet Gopinathと研究を始めたとき、以前の同助教の研究室で観察したものに興味をもった。  Robert N […]

全文を読む

ジョージワシントン大学病院とNovarad、初のAR手術技術で提携

September, 26, 2019, Washington--

ジョージワシントン大学病院とNovaradは、提携して、手術設定で米国初の拡張現実(AR)医療ソリューションを発表した。  数十年に及ぶNovaradのイメージング処理経験を基にして、Microsoft HoloLens […]

全文を読む

顕微鏡を強化するユニバーサルアルゴリズム

September, 20, 2019, Lausanne--

スイス連邦工科大学(EPFL)研究チームは、超高解像度顕微鏡が単一画像ベースで最大解像度で動作するかどうかを決定できるアルゴリズム開発した。その方法は、すべてのタイプの顕微鏡に適応可能であり、いずれ自動化モデルの標準機能 […]

全文を読む

カムフラージュやディスプレイに使える人工の「カメレオンスキン」

September, 19, 2019, Cambridge--

ケンブリッジ大学の研究チームは、人工の「カメレオンスキン」を開発した。これは、光に晒すと色を変え、光学迷彩や大規模ダイナミックディスプレイなどのアプリケーションで使える。  チームが開発した材料は、ポリマーシェル内で、金 […]

全文を読む

ナノサーモメタで細胞内温度を計測

September, 13, 2019, Houston--

ライス大学の研究者によって細胞の温度計測が可能になった。ここでは、蛍光ナノ温度計を作るために特別な分子の発光特性を利用した。  ライス研究所化学者、Angel Martíは、Physical Chemistry B論文で […]

全文を読む

超高速の脳マッピングに新しいイメージング技術

September, 10, 2019, 合肥市--

脳の構造と機能は、ライフサイエンス研究では常に重要なテーマの一つである。脳構造の3D顕微イメージングは、脳の働きを理解するための基本的な方法であるが、従来の2Dスライスイメージング技術では、脳構造の再建と分析は耐えがたい […]

全文を読む

非侵襲的イメージング法、分子レベルでガンを発見

September, 6, 2019, Washington--

Tufts UniversityとLahey Hospitalの研究チームは初めて、強力な顕微鏡技術と自動画像分析アルゴリズムを統合し、侵襲的な生検や造影剤に頼ることなく、健全な組織と転移性ガン組織とを区別した。  この […]

全文を読む

微小レンズレス内視鏡、細胞より小さな対象の3D画像

September, 5, 2019, Washington--

TUドレスデン(Dresden)の研究チームは、1個の細胞よりも小さな物体の3D画像を生成する新しい自己校正内視鏡を開発した。レンズなし、光学的、電気的、機械的コンポーネントなしで、その内視鏡の先端は、わずか200µm幅 […]

全文を読む

ナノスケール光操作を製造容易にするスティッカー

September, 5, 2019, West Lafayette--

HIV、気道感染を起こすウイルスなど、人の病原菌は区別が難しい分子フィンガープリントを持っている。これらの病原菌の検出向上のために、診断ツールのセンサはナノスケールで光を操作する必要がある。  しかし、センサに損傷を与え […]

全文を読む

コンピュータイメージング、OCT解像度を改善

September, 5, 2019, Durham--

デューク大学バイオメディカルエンジニアは、OCTの解像度をあらゆる方向に1µmスケールまで改善する方法を考案した。その新技術は、オプティカルコヒレンス屈折トモグラフィ(OCRT)と言い、数十億ドルの医療分野OCT産業で得 […]

全文を読む

目で制御するソフトレンズ、人と機械のインタフェースを開く

September, 3, 2019, San Diego--

UCSDの研究チームは、動きを目でコントロールするソフトロボットレンズを開発した。二度の瞬きはレンズズームインとアウト、右、左、正面、上、下を見るとレンズは追従する。  そのレンズは、人とソフトマシーンの間のインタフェー […]

全文を読む

遠赤外線自由電子レーザによる、アミロイド線維の効果的な分解を確認

August, 29, 2019, 大阪/東京--

東京理科大学総合研究院赤外自由電子レーザ研究センターの川崎平康研究員、理学部化学科の築山光一教授、大阪大学産業科学研究所の入澤明典助教らの研究グループは、テラヘルツ領域(50~100µmの遠赤外線)の自由電子レーザを用い […]

全文を読む

UCLA、ディープラーニングを利用して血液のガンをミリ秒で特定

August, 28, 2019, Los Angels--

UCLAとNantWorksの研究チームは、数ミリ秒でガン細胞を検出する人工知能を備えたデバイスを開発した。これは、以前の方法よりも数100倍高速である。その速度で、ガン細胞が検出されるとすぐに血液からガン細胞を抽出する […]

全文を読む

光駆動LCエラストマ、生体模倣ロボットを形成

August, 28, 2019, Warsaw--

ワルシャワ大学物理学部の研究チームは、液晶エラストマ技術を使って、生物からヒントを得たマイクロロボットを実証した。これは、自然界のカタツムリやナメクジの粘着性移動を模倣することができるマイクロロボットである。10㎜長のソ […]

全文を読む

UW研究者、AIで乳ガン診断をより正確に

August, 27, 2019, Washington--

ワシントン大学(UW)とUCLAの研究チームは、病理学者による生検の読取りをより正確にし、乳ガンの検出と診断の改善につながる人工知能システムを開発した。  医者は、乳房組織生検画像を調べて乳ガンを診断する。しかし、ガンと […]

全文を読む

視神経を直接刺激して視覚信号を脳に送る

August, 26, 2019, Lausanne--

スイス連邦工科大学(EPFL)の研究者は、視神経を直接刺激することで目の見えない人に視覚信号を与える新しい方法を研究している。動物での予備的研究は、新しいタイプの神経電極を使い、はっきりと知覚できる信号を供給するものであ […]

全文を読む

KIT、AIがタンパク質の構造を予測

August, 23, 2019, Karlsruhe--

タンパク質の構造の確定は難しく、これまでは高価であった。KITの研究チームは、より効率的な方法を開発した。  タンパク質は、生物学的な高性能マシーンである。あらゆる細胞に見つかり、人の血液凝固で、また髪や筋肉の主成分とし […]

全文を読む

精密ガン診断に新しい赤外化学イメージング技術が有望

August, 22, 2019, West Larayette--

アメリカガン協会によると、今年の前立腺ガン診断は男性174000人に達する見込である。アメリカ人男性で最も一般的な皮膚ガンの次に多いガンとなる。  化学学部非常勤教授、Ji-Xin Chengは、New England […]

全文を読む

酸性でも光刺激でオン・オフできる緑色蛍光たんぱく質rsGamillus

August, 22, 2019, 大阪--

大阪大学 産業科学研究所の永井健治教授らの研究グループは、pH4.5~9.0の細胞環境で安定して蛍光する、耐酸性の光スイッチ型緑色蛍光たんぱく質“rsGamillus”の開発に成功した。特殊な顕微鏡法と組み合わせることで […]

全文を読む

新しいソフトウエアで低解像度cryo-EMマップが焦点を合わせる

August, 21, 2019, West Lafayette--

極低温電子顕微鏡(Cryo-EM)は、タンパク質の構造判定で最もポピュラーな方法である。様々な種類の病気のために研究者の薬剤開発に役立っている。過去数10年で、Cryo-EMはX線結晶学を置き換えた。簡単に大きな結晶に形 […]

全文を読む

SPring-8ナノビームにより極微量な抗癌剤の腫瘍内分布を可視化

August, 19, 2019, 福岡--

九州大学などの共同研究グループは、SPring-8 の強力なX線を臨床医学に応用し、世界で初めて抗癌剤(Oxaliplatin)投与後のヒト大腸癌組織内における白金分布を蛍光X線マッピングにより可視化した。  これにより […]

全文を読む

腫瘍治療にマイクロロボットをレーザで活性化

August, 14, 2019, West Larayette--

病んでいる身体部分の処置で、体内の病気はどうするか。その場合、手術か化学療法が必要になるかもしれない、とCaltechエンジニアリング・応用科学部の研究者は言う。  研究チームは、全く新しい治療形態、マイクロロボットに取 […]

全文を読む

バイオエンジニアが折り畳みゲノムを解明

August, 2, 2019, University Park--

ゲノムは、身体の全ての細胞で同じである。しかし、この密集状態の遺伝子材料は、各細胞で常に同じ形状に折り畳まれているわけではない。その折り畳みパタンは、遺伝子が活性化されてタンパク質を作る多様性につながる。  ゲノムは、数 […]

全文を読む

細胞が生きたままでミトコンドリアの内膜構造が鮮明に見えた

July, 26, 2019, 名古屋--

名古屋大学、理化学研究所などの共同研究グループは、褪色に極めて強いミトコンドリア蛍光標識剤「MitoPB Yellow」を開発し、ミトコンドリアの内膜構造を超解像STED顕微鏡によって、生きたまま鮮明に可視化することに成 […]

全文を読む

多数の細胞の多色・分子振動イメージング法を開発

July, 26, 2019, 東京--

東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻の小関泰之准教授を含む共同研究グループは、細胞内生体分子を光学的に検出する誘導ラマン散乱(stimulated Raman scattering, SRS)顕微法において、高速波長 […]

全文を読む

1 / 2412345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。