All about Photonics

Science/Research

オリガミからヒント、手術ロボットのサイズを縮小

September, 23, 2020, Cambridge--

侵襲性の少ない腹腔鏡手術では、小さな切開に挿入されたツールと微小カメラを使って医者が手術を行う。これは過去半世紀、患者と医者の両方にとって外科手術の安全性を高めた。最近、多数のツールを同時に、従来技術よりも一段と高精度、 […]

全文を読む

レーザで食肉処理過程の鶏肉を殺菌

September, 23, 2020, Hanover--

鶏肉はバクテリアに汚染されていることがよくある。食肉処理で塩素処置はEUでは認められていない。Laser Zentrum Hannover eV (LZH)は、現在、新しい研究プロジェクトで、UVレーザ処理とバクテリアフ […]

全文を読む

スタンフォード、脳研究にシリコンコンピューティングパワーを利用

September, 18, 2020, Stanford--

スタンフォード大学の研究チームは、脳をシリコンベースの技術に直結する新しいデバイスを開発した。脳と機械とのインタフェースデバイスは、すでに存在しており、これらは人工器具、病気の治療や脳研究で使われている。この最新デバイス […]

全文を読む

高感度プロチアーゼモニタリングに導波路を利用

September, 17, 2020, Washington--

ベルギー、ゲント大学(Ghent University) IMEC研究センタのNina Turkが、OSAで研究発表を行う。  研究チームは、微小導波路を使って表面増感ラマン分光法(SERS)によりプロチアーゼ活性を初め […]

全文を読む

鉄ナノロボット、標的細胞の動きを追跡

September, 14, 2020, Saudi Arabia--

体内の生きた細胞をKAUST (King Abdullah University of Science and Technology)で開発された新しい方法を使うことで、その位置や移動を非侵襲的にリアルタイムで何日も追跡 […]

全文を読む

原子厚マシンビジョンプロセッサが人の眼を模倣

September, 14, 2020, Cambridge--

Harvard John A. Paulson School of Engineering and Applied Sciences (SEAS)の研究者は、Samsun先端研究所と協力して、2D材料を使って作製した人工 […]

全文を読む

マウスの脳細胞変化、発達をマッピングする方法を開発

September, 11, 2020, University Park--

ペンシルバニア州立大学の研究者は、脳の発達における重要な節目を研究するための新しい方法を開発した。ペンステート神経・行動科学准教授、Yongsoo Kimは、その方法を使って、正常発達マウスと自閉症スペクトラム障害のマウ […]

全文を読む

赤外レーザの照射によるアミロイドタンパク質凝集体の解離機構を解明

September, 11, 2020, 東京--

東京理科大学総合研究院赤外自由電子レーザ研究センターの川﨑平康研究員、フランス国立科学研究センターのPhuong H. Nguyen博士、あいちシンクロトロン光センター、名古屋大学シンクロトロン光研究センターらの研究グル […]

全文を読む

人の皮膚のように痛みに反応する新しい電子スキン

September, 10, 2020, Melbourne--

RMIT大学の研究チームは、人の皮膚のように痛みに反応する電子的人工皮膚を開発した。これは、優れた人工皮膚、よりスマートなロボット工学、非侵襲的な人工皮膚の代替への道を開く。 RMIT大学チームが開発したプロトタイプデバ […]

全文を読む

人工股関節の置き換え、レーザで骨セメントを除去

September, 9, 2020, Hannover--

股関節を置き換えるとき、まず大腿骨の古い骨セメントを除去しなければならない。複雑な手順である。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、内視鏡ベースレーザシステムを開発した。これにより医者は古 […]

全文を読む

OCTベース技術、フォトレセプタ機能の微妙な細部を捉える

September, 1, 2020, Washington--

UC Davisの研究者は、新しい計測器を開発し、これにより生きた人の眼の個々の桿体錐体の光誘起変形を初めて計測した。その新しいアプローチはいずれ、加励性黄斑変性症などの網膜疾患を改善できる。 「われわれの装置は、細胞レ […]

全文を読む

X線からガンマ線まで1台で同時に可視化できる装置を考案

September, 1, 2020, 大阪--

大阪大学大学院医学系研究科核医学講座のチームは、早稲田大学理工学術院の片岡淳教授らの研究チーム、大阪大学放射線科学基盤機構と共同で、数十キロ電子ボルトから数メガ電子ボルトのX線ガンマ線を同時に可視化できる、コンパクトなカ […]

全文を読む

体外からがん組織深部まで観察できる近赤外蛍光・有機シリカナノ粒子作製

August, 28, 2020, 山口--

山口大学大学院医学系研究科の中村教泰教授のグループは、徳島大学大学院医歯薬学研究部の安倍正博教授、九州大学歯学研究院の林幸壱朗准教授のグループと共同で、蛍光生体イメージングで体外からがん組織を深部まで観察できる近赤外蛍光 […]

全文を読む

顕微鏡アプローチで肝疾患に新たな洞察

August, 26, 2020, Yuseong--

KAIST(韓国科学技術院)の研究チームは、マウスモデルで、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の進行を可視化する新しい方法を開発した。新しい顕微鏡法により高解像度3D画像が得られる。これは、肝臓に脂肪が蓄積しすぎる […]

全文を読む

EPFL、超解像度顕微鏡で細胞内の捩じれが明らかに

August, 21, 2020, Lausanne--

EPFLの生物物理学者は、ナノスケールの構造、哺乳類の細胞の動力学をプローブするために高スループット超解像度顕微鏡を開発した。これにより、細胞分裂にとって重要な細胞小器官の屈曲が前例のない細部で示される。 細胞運動性や細 […]

全文を読む

新しい顕微鏡法でアミロイドたんぱく質構造を見る

August, 21, 2020, Washington--

アルツハイマやパーキンソンなどの神経変性病は、脳内に凝集した、異常な折り畳みのアミロイドタンパク質を伴うことがよくある。新開発の技術は単分子の方向を計測するもので、これにより光学顕微鏡を使って、これらの問題のあるタンパク […]

全文を読む

マシンラーニングは人工臓器成長に役立つ

August, 21, 2020, Moscow--

MIPT、システムプログラミングイバニコフ研究所(Ivannikov Institute for System Programming)、ハーバード医科関連Schepens Eye Research Instituteの […]

全文を読む

超高感度診断チップ、極薄ナノ構造ゴールドフィルム

August, 19, 2020, Melbourne--

Swinburne大学の研究者をリーダーとする国際研究チームは、次世代バイオセンシングチップを変革する可能性がある、超薄型ナノ構造ゴールドフィルム、メタサーフェスを開発した。 その新しいメタサーフェスを使って、超高感度診 […]

全文を読む

光に反応するように耳の細胞を変えることで聴覚を回復

August, 18, 2020, Göttingen--

聴覚を回復する人工内耳は、電気の代わりに光に反応するように人の耳の細胞を遺伝子操作することで改善できることが、ラットの研究で明らかになった。 ドイツ、ゲッティンゲン医科大学のTobias Moserは、「これは、現在われ […]

全文を読む

病原菌を除去するチタンナノワイヤマスク

August, 18, 2020, Lausanne--

酸化チタンナノワイヤで作られたフィルタ「ペーパー」は、病原菌を捉え、光で破壊することができる。EPFL研究所によるこの発見は、個人の保護装置、換気、エアコンディショニングシステムに利用できる。 COVID-19パンデミッ […]

全文を読む

心臓病を焦点にした世界最小のイメージングデバイス

August, 7, 2020, Adelaid--

アデレード大学とシュトットガルト大学の研究チームは、3Dマイクロプリンティングを使用して、血管内を見るための世界最小、フレキシブルスコープを開発した。 そのカメラのようなイメージングデバイスを血管に挿入すると、高品質3D […]

全文を読む

“光生検”切らずにその場でがんをすぐ診断

August, 5, 2020, 大阪--

大阪大学大学院医学系研究科の石井優教授(免疫細胞生物学)、松井崇浩助教(病態病理学)、木村正教授(産科学婦人科学)、九州大学大学院医学研究院の加藤聖子教授(婦人科学産科学)、株式会社ニコンの清田泰次郎氏らの研究グループは […]

全文を読む

飛蚊症の安全なレーザ治療がスタート

August, 3, 2020, Hannover--

ガラス体混濁、いわゆる飛蚊症は、多くの人々の視覚を混乱させる。これまで、この加励に関連する目の変化の治療は、推奨されないことがよくある。新しい研究プロジェクトはでは、Laser Zentrum Hannover e.V. […]

全文を読む

実際の人の細胞で使える心臓ポンプを3Dプリント

July, 31, 2020, Minneapolis--

画期的な新研究で、ミネソタ大学の研究チームは、ラボで機能するセンチメートルスケールの人の心臓ポンプを3Dプリントした。その発見は、心臓病の研究に大きな意味を持つ。心臓病は米国では年に60万を超えるの人々の生命を奪っている […]

全文を読む

湾曲角膜の細部を細胞レベルでとらえるOCT

July, 30, 2020, Washington--

フランスの研究チームは、細胞レベルの細部、大面積で人の角膜の湾曲層のOCT画像を初めて取得した。その新しいOCT装置により眼病、角膜の神経密度を変える糖尿病などの健康障害のモニタリング改善が可能になる。 「眼の湾曲の最外 […]

全文を読む

3Dプリント微小ブリックでレゴインスパイア骨と軟組織修復

July, 28, 2020, Portland--

微小な3Dプリントブリックが骨折した骨の修復用に設計された。これは、いずれ人の移植でラボ製臓器につながる。 Advanced Materialsに発表された研究によると、レゴブロックからヒントを得た小さな中空ブリックが骨 […]

全文を読む

ORNL、「化学レンズ」を利用する顕微鏡を開発

July, 16, 2020, Oak Ridge--

Oak Ridge National Laboratory(ORNL)の研究者は、細胞膜やバイオフィルムを含む生体システムの観察に「化学的レンズ」を提供する新しい顕微鏡を構築した。その装置は、微生物と植物の相互作用など、 […]

全文を読む

細胞をありのままの姿で超高速選抜、世界初のラマン画像活性細胞選抜法

July, 16, 2020, 東京--

東京大学大学院理学系研究科・合田圭介教授が率いる研究グループは、細胞内生体分子を光学的に高速検出する誘導ラマン散乱(stimulated Raman scattering, SRS)顕微法で撮像し、画像解析で細胞を高速識 […]

全文を読む

従来の顕微鏡で3Dフルカラー画像を直接取得

July, 16, 2020, Beijin--

広視野顕微鏡(WFM)では,3D体積再構成に必要な光学的断面(OS)画像は得られない。焦点外れ信号が常に合焦面内で結合しているからである。構造化照明顕微鏡(SIM)を導入することで研究者は、フルカラー(FC)合焦面から焦 […]

全文を読む

肝臓病を発見、モニタする新しいイメージング法

July, 15, 2020, Cambridge--

ある肝臓病をスクリーニングすることは現在、難しい。また、一旦発見されても、これらの症状をモニタすることも難しい。Massachusetts General Hospital (MGH)とMITの研究チームは、先ごろ、両方 […]

全文を読む

1 / 2812345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。