All about Photonics

Science/Research

光が胚発育、ガンのキーとなる信号伝達経路を始動

September, 15, 2021, Champaign--

青色光は、胚発生、組織メンテナンス、ガンの発生で重要なシグナリング経路の新たな理解を説明する。 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究者は、カエル胚でWntシグナリング経路を活性化するために青色光を使うアプローチを開 […]

全文を読む

ブラウン大学、次世代脳-コンピュータインタフェースシステムへ前進

September, 14, 2021, Providence--

数百の微小な脳センサの活動をまとめる新しい種類のニューラルインタフェースは、いずれ脳の理解を深め、新しい医療治療に行き着く。 脳とコンピュータインタフェース(BCIs)は、脳あるいは脊髄損傷患者が動き、情報をやりとりする […]

全文を読む

新しいAI技術が心臓イメージングを変える

September, 9, 2021, Charlottesville--

新しい心臓イメージング人工知能は、患者ケアを改善する可能性があり、医者は、従来の心臓血管MRIに必要な造影剤注入の必要性を排除しながら心臓の瘢痕組織を調べることができる。 バージニア大学(UVA) Healthの医者を含 […]

全文を読む

新しいVR技術によりMRIを新たなエクスペリアンスに

September, 8, 2021, London--

キングス・カレッジ・ロンドンのバオメディカルエンジニアリング&イメージング科学学部の研究者は、新しいインタラクティブVRシステムを開発した。これは、MRIを始める時に患者が使うことができる。  Scientif […]

全文を読む

実際の脳でモデル化した人工ニューラルネットワークに認識機能

September, 1, 2021, Montreal--

ヒトの脳の接続性に基づいた人工知能ネットワークが効率的に認識作業を行うことを新しい研究が示している。 オープンサイエンス大規模レポジトリ(保存)からのMRIデータを調べることで研究チームは、脳の接続パタンを再現し、それを […]

全文を読む

光に反応するヒドロゲル、ナノマテリアルを使って治療

August, 31, 2021, Texus--

Texas A&M 准教授Akhilesh Gaharwarと院生Patrick Leeは、薬剤送達と再生医療処置のために光を利用できる新しい種類のヒドロゲルを開発している。 ヒドロゲルは、体内で一般に使用され […]

全文を読む

情報処理と記憶で使われる切替えシステムを発見

August, 31, 2021, New York--

NYUの研究チームは、情報処理と記憶の蓄積に使用される脳のシステムを発見した。これは、鉄道が列車の目的地制御を切り替える方法に近い。研究成果は、脳の機能方法に新たな洞察を提供する。 「研究者は、特殊機能の神経回路を特定し […]

全文を読む

有機光遺伝学ツールで脳の伝達経路を解明

August, 27, 2021, Vien--

ヴァイツマン化学研究所のナノバイオロジー部、Ofer Yizhar教授のチームは、モスキート(蚊)から採った感光性タンパク質を利用して、マウスの脳でニューロンからニューロンへ伝達されるメッセージを研究する改良法を考案した […]

全文を読む

フジツボやムラサキイガイからヒントを得た水中接着剤

August, 27, 2021, Medford--

シルクタンパク質は、海の生き物が使用するのと同じような繊維、架橋、鉄錯体を形成する。  タフツ大学のエンジニアは、強力に結合する甲殻類からヒントを得た新しいタイプの接着剤をAdvanced Scienceに発表した。 蚕 […]

全文を読む

北海道大学、ミトコンドリアを狙い撃ちする癌光治療法の開発

August, 26, 2021, 札幌--

北海道大学大学院薬学研究院の山田勇磨准教授,原島秀吉教授と電子科学研究所の高野勇太准教授らの研究グループは,光増感分子(Photosensitizer,PS)を搭載したミトコンドリア標的型ナノカプセルの構築に成功し,ヒト […]

全文を読む

バクテリア由来の発光タンパク質を高光度化

August, 26, 2021, 大阪--

大阪大学産業科学研究所の加来友美 特任研究員(研究当時)、永井健治教授らの研究グループは、バクテリア由来の発光タンパク質(Lux)を蛍光タンパク質と融合することで、従来のLuxよりも10倍明るくすることに成功した。 従来 […]

全文を読む

ミシガン州立大学、心臓発作を事前に検出

August, 25, 2021, Northbrook--

Spartan主導チームが開発した新しいイメージング技術は,光、音とナノ粒子を使って脳卒中や心臓発作の原因となるプラークを検出する。 心臓発作が警告信号を発するなら、患者は、それを回避するチャンスが得られる。研究チームが […]

全文を読む

再帰型ニューラルネットワークを利用して高速ホログラフィックイメージング

August, 24, 2021, Los Angels--

デジタルホログラフィックイメージングは、バイオメディカルイメージングで一般に使われている顕微鏡技術であり、サンプルの豊富な光情報を明らかにする。それは、例えば、組織スライドで病変検出に利用できる。一般的なイメージセンサは […]

全文を読む

ディープラーニング、少ないデータでOCT画像再生を改善

August, 20, 2021, Los Angels--

OCTは、生体サンプルの3D情報を供給できる非侵襲的イメージング法。OCTシステムの第一世代は、機械的スキャニングセットアップを利用する、時間ドメインイメージングをベースにしていた。しかし、これら時間ドメインOCTシステ […]

全文を読む

IBEC、光線で脳の状態をコントロール

August, 18, 2021, Barcelona--

IBEC and IDIBAPSの研究者をリーダーとする研究は、光に対する分子反応、PAIを利用して脳状態転移の制御を初めて達成した。その成果は、脳パタン活性への作用に道を開くとともに、脳障害や、鬱病、双極性障害、あるい […]

全文を読む

量子操作で蛍光検出効率100倍に成功

August, 17, 2021, 東京--

量子科学技術研究開発機構量子生命・医学部門量子生命科学研究所次世代量子センサーグループの五十嵐龍治グループリーダー、柳瑶美博士研究員、神長輝一研究員らは、群馬大学(学長 石崎泰樹)の花泉修教授、加田渉准教授らと共同で、細 […]

全文を読む

RMIT、先進的ケア、埋込治癒センサでスマート創傷処置

August, 11, 2021, Melborne--

RMIT研究チームは、ナノセンサを埋め込んだスマート創傷処置を開発した。これは、キズが適切に治っていない場合、患者に警告するために光る。 多機能、抗菌包帯は、蛍光センサが特徴。これは、感染が始まるとUV光下で明るく光り、 […]

全文を読む

POSTECH、脳の神経を破壊する毒物の構造を解明

August, 11, 2021, Pohang--

アルツハイマー病では、ニューロンの変形や死によって記憶や認知機能が徐々に低下する、またパーキンソン病は、手や腕の震えの原因であり、正常な動きを妨げる。これらは主要な神経変性疾患である。最近、POSTECH(浦項工科大学校 […]

全文を読む

光音響デバイス、シングルニューロンを変調

August, 10, 2021, Boston--

高い空間分解能の神経刺激は、脳回路の洞察を進め、神経の問題に対処する際に重要である。経頭蓋集束超音波が、マウスやウサギなど、動物から運動反応を引き出す非遺伝学的方法として登場してきた。  人間も、超音波刺激の利用により感 […]

全文を読む

アルツハイマー病との闘いにAI

August, 6, 2021, Harvard--

人工知能ベースの方法が、既存の治療法を新たな処置に作り替える。 アルツハイマー病の新たな処置が切実に求められているが、試験研究中の薬の多くの臨床試験は有望なオプションを生み出せていない。  ハーバード系列下マサチューセッ […]

全文を読む

lab-on-a-chip向けに回転マイクロフィルタを3Dプリント

August, 5, 2021, Washington--

中国科技大学の研究者は、マイクロ流体デバイス内で粒子を選別するために使える磁気駆動回転マイクロフィルタを作製した。研究チームは、2光子重合化として知られる非常に精密な3Dプリンティング技術を使い磁気材料を作製することで微 […]

全文を読む

コーネル大学、記録的な解像度で原子を見る

August, 4, 2021, New York--

2018年、コーネル大学の研究者は、タイコグラフィというアルゴリズム駆動プロセスと組み合わせてハイパワーディテクタを組み込み、最先端の電子顕微鏡の分解能を3倍にし,世界記録を達成した。 それは成功だったが、そのアプローチ […]

全文を読む

MIT、組織深部画像を鮮明に迅速に撮る顕微鏡技術

August, 4, 2021, Cambridge--

脳などの組織の高解像度3D画像を撮るには、2光子顕微鏡を使うことがよくあり、これは試料を高強度レーザで狙い、蛍光励起を誘発する。しかし、脳深部のスキャニングは、難しい。光が深部に進むと組織で散乱し、画像がぼやけるからであ […]

全文を読む

メカノケミカル法を用い、精密に光触媒を合成するプロセスを開発

August, 3, 2021, 東京--

法政大学生命科学部、大学院理工学研究科、マイクロ・ナノテクノロジー研究センター 石垣隆正 教授らは、他の研究機関との共同研究により、メカノケミカル法という低環境負荷で簡便なプロセスを制御して、可視光活性が高温熱処理で上昇 […]

全文を読む

生体蛍光イメージングのための短波赤外蛍光色素

August, 3, 2021, 和光--

理化学研究所(理研)生命機能科学研究センターナノバイオプローブ研究チームの神隆チームリーダー、北海道大学大学院先端生命科学研究院の門出健次教授らの共同研究チームは、インドシアニングリーン誘導体を利用した安全性の高い生体蛍 […]

全文を読む

侵略的なニシキヘビを逃さない赤外イメージング

August, 2, 2021, Orland--

特別な小型カメラが、より多くのヘビ発見に役立ち、自動ニシキヘビ(パイソン)トラッカーになる。  セントラルフロリダ大学の研究チームは、近赤外(NIR)スペクトルカメラが侵入するヘビ、特に夜間に効果的に追跡する際に役立つと […]

全文を読む

新しいイメージング技術で生物学や神経化学研究を促進

August, 2, 2021, Harvard--

顕微鏡学者は、生体の高品質な深部組織イメージングをタイムリーに生成する方法を長年探求してきた。今日までのところ、複雑な生体システムの内部構造を見るとき、画像品質かスピードかのいずれかを選択しなければならなかった。 優れた […]

全文を読む

ラマン・蛍光による超多重イメージングを高速化

July, 30, 2021, 東京--

東京大学、慶應義塾大学の研究グループは、コロンビア大学他のグループとともに、細胞内生体分子を誘導ラマン散乱(SRS)により検出するSRS顕微法と、蛍光分子の発光を検出する蛍光顕微法を統合し、複雑で多様な細胞を詳細に解析す […]

全文を読む

Los Alamos、毒などの検出向けに設計された新しいバイオセンサ

July, 28, 2021, Los Alamos--

ロスアラモス国立研究所の研究者が開発したデバイスは、Star Trek“tricorder”医療用スキャナではないが、正しい方向への第一歩である。ペガサスPortable EnGineered Analytic Sens […]

全文を読む

レーザがCryo-EMの時間分解能を改善

July, 26, 2021, Lausanne--

EPFLの研究者は、クリオ電子顕微鏡(Cryo-EM)のリアルタイム観察力を高速化できる新方法を考案した。 2017年、Jacques Dubochet、Joachim Frank、およびRichard Henderso […]

全文を読む

1 / 3212345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。