All about Photonics

Science/Research

プラズモンパッチで医療診断テストの明るさ増強

July, 13, 2018, Washington--

蛍光ベースバイオセンシングやバイオイメージング技術は、関心のあるさまざまな生物種を検出し撮像するために研究と臨床設定で広く用いられている。蛍光ベースの検 出およびイメージング技術は利用しやすいが、感度がよくない。例えば、 […]

全文を読む

長時間蛍光イメージングを可能にする近赤外蛍光標識剤を開発

July, 10, 2018, 名古屋--

名古屋大学 トランスフォーマティブ生命分子研究所(ITbM)の山口茂弘教授、多喜正泰特任准教授、ガージボウスキー・マレク(Grzybowski Marek)研究員らの研究チームは、理化学研究所 生命機能科学研究センター( […]

全文を読む

Prellis Biologics、毛細血管を持つヒト組織を3Dプリンティング

July, 3, 2018, San Francisco--

サンフランシスコの3D組織プリンティング会社、Prellis Biologicsは、生存可能な毛細血管を持つヒト組織のプリントで記録的な速度と分解能を達成し、移植用臓器プリンティング目標を現実に近づけたと発表した。  「 […]

全文を読む

毛細血管もとらえる小型眼底カメラシステムを開発

July, 3, 2018, 奈良--

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 物質創成科学領域の太田淳教授らの研究グループと東京大学大学院 情報理工学系研究科 石川正俊教授らの研究グループは共同で、画像処理装置の高速ビジョンと近赤外光を用いることにより […]

全文を読む

新しい組織イメージング技術、ガンの進行をリアルタイム診断

June, 29, 2018, Champaign--

イリノイ大学の研究チームが開発した新しい顕微鏡システムは、化学薬品、染料なしで生きた組織をリアルタイム、分子精度で撮像できる。  同システムは、精密調整光パルスを使用して、複数の波長で同時撮像する。これにより、研究者は細 […]

全文を読む

光による植物遺伝子の新たな発現制御機構を解明

June, 25, 2018, 和光--

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター合成ゲノミクス研究グループの栗原志夫研究員、蒔田由布子研究員、松井南グループディレクターと、開拓研究本部岩崎RNAシステム生化学研究室の藤田智也大学院生リサーチ・アソシエイト、 […]

全文を読む

欧州研究チーム、フォトニック超音波ベースバクテリア検出技術を開発

June, 20, 2018, Engomi--

ヨーロッパの研究チームは、フォトニック-超音波ベースのディテクタを開発している。これは,致死性の細菌をかつてなく迅速に診断することで、間もなくWHOが実施する厳しい飲料水新規制を受けて、水道会社を閉鎖から救うことになる。 […]

全文を読む

乳ガン検出でマンモグラムに代わるレーザ-ソニックスキャナ

June, 20, 2018, Pasadena--

40過ぎの女性にとってマンモグラフィは、年に1、2回必要だが、苦痛を感じる処置である。その技術は、乳ガン死を減らすために有益ではあるが,理想的ではない。患者をX線照射にさらし、苦痛を感じるほどに乳房をプレートの間に圧縮す […]

全文を読む

Optovue、世界初の光コヒーレンストモグラフィ血管造影法のFDA認可

June, 19, 2018, Fremont--

Optovueは、世界初の光コヒーレンストモグラフィ血管造影法(OCTA)血管計測技術AngioAnalyticsのFDA 510(k)認可を発表した。同技術は、臨床医による進行性視覚喪失を起こす病気の管理に役立つ。同社 […]

全文を読む

超高速カメラで目標の化学療法を支援

June, 12, 2018, Harwell--

ローザリンドフランクリン研究所(RFI)は、世界最先端のリアルタイム高速ビデオカメラを構築するプロジェクトを発表した。これは、最も致死性の高いガンの処置に光と音を使う新技術理解の決め手になる。  ビジネスセクレタリ、Gr […]

全文を読む

生体分子を使い超解像度顕微鏡を実現

June, 11, 2018, Dresden--

DresdenとWürzburgの研究チームは、光学顕微鏡向けに新たな方法を開発した。生物モーターとシングル量子ドットを使い、超高解像度を達成した。  従来の光学顕微鏡の解像度は、回折という基本的物理原理によって波長の約 […]

全文を読む

世界初、4.4MeVガンマ線の高精度イメージングに成功

June, 6, 2018, 東京--

早稲田大学理工学術院の片岡淳教授らの研究チームは、量子科学技術研究開発機構と共同で、1-10メガ電子ボルト (MeV) のガンマ線を可視化できる、コンパクトなカメラを開発した。さらに、陽子線治療中に生ずる4.4MeVの即 […]

全文を読む

視覚を補正する非侵襲的技術を開発

June, 5, 2018, New York--

近眼は世界中で増加している問題である。50年前と比べて米国やヨーロッパでは、近眼の人々は2倍になっている。東アジアでは、70~90%のティーンエイジャ、若者が近眼である。ある推定では、2020年までに近眼になる人は世界中 […]

全文を読む

コメットモスのシルクファイバを真似て「エアコン」繊維を作製

June, 4, 2018, Ann Arbor--

マダガスカルコメットモスのコクーンファイバの光学特性研究で、コロンビア大学工学部(Columbia Engineering)チームは、太陽光を反射し、光信号と画像を伝送するファイバの類例のない能力を発見した。また、天然フ […]

全文を読む

ルール大学、迅速ガン診断にラベルフリー法を導入

June, 1, 2018, Bochom--

ルール大学ボーフム(Ruhr-Universität Bochum)の研究チームは、量子カスケードレーザ(QCL)を搭載した新しい赤外顕微鏡を開発した。目的は、結腸直腸ガン診断の通常臨床診断中に取得した組織サンプルを分析 […]

全文を読む

新しい光技術が病気診断に役立つ

May, 31, 2018, St. Andrews--

セント・アンドルーズ大学の研究チームが開発した人体をスキャンするために光を使う新しい方法は、患者にとって煩わしさが少なく、診断効果が高い結果が得られている。この研究成果は、物理学、天文学、生物学、医学、およびScotti […]

全文を読む

UCLA、複雑な生体組織をプリントできる3Dプリンタを開発

May, 30, 2018, Los Angels--

UCLAのバイオエンジニアが、多数の材料から治療用生体材料を作製するために特別に適応させた3Dプリンタを使う技術を開発した。この進歩は、移植や外科手術で利用するための複雑な人工組織のオンデマンドプリンティングへ向けた一歩 […]

全文を読む

超解像顕微鏡のための高精度色収差補正ソフトウエアを開発・無償公開

May, 24, 2018, 東京--

NICTは、未来ICT研究所において、超解像顕微鏡のための高精度色収差補正ソフトウエアを開発した。  大阪大学、オックスフォード大学と共同で開発したこの技術により、生命科学に用いる高度な蛍光顕微鏡における色収差補正精度を […]

全文を読む

バイオセンシング、化学検出を改善する量子エンハンストセンサを開発

May, 24, 2018, Norman--

オクラホマ大学(University of Oklahoma)、物理学者、Alberto M. Marinoは、バイオメディカルから化学検出までのアプリケーションに適用できる量子増強センサを開発している。  研究では、M […]

全文を読む

画期的な光デリバリ技術がバイオセンサを改善

May, 23, 2018, Washington--

ハルビン工業大学(Harbin Institute of Technology)の研究チームは、改良型ウイスパリングギャラリのバイオセンサを開発した。  ガンや他の病気の検出に診療現場(POC)で使える実用的なチップベー […]

全文を読む

次世代ワイヤレスペースメーカーのデモに3Dプリント心臓を利用

May, 22, 2018, Houston--

ライス大学学生チームの次世代ワイヤレスペースメーカーアレイのデモンストレーションは、将来の医療センサを示唆するものである。  電気・コンピュータ工学のLove and Paceチームは、米粒サイズのチップネットワークを心 […]

全文を読む

発光コンタクトレンズで失明の主因を阻止

May, 14, 2018, Paradena--

世界中で数億人の人々が糖尿病を患い、病状が進行すると、失明、糖尿病性網膜症の危険が忍び寄る。既存の治療法は、効果的ではあるが、苦痛であり侵襲的で、眼にレーザや注射をする方法。Caltechの院生、Colin Cookは、 […]

全文を読む

レーザベースX線イメージングで高速化

May, 11, 2018, Garching--

ルートヴィヒマクシミリアン大学(LMU)、マックスプランク量子オプティクス研究所(MPQ)、ミュンヘン工科大学(TUM)の研究チームは、新しいレーザベースX線光源の臨床アプリケーションで大きく前進した。  その計測器が、 […]

全文を読む

EMBL Rome、神経因性疼痛を光で操作

May, 10, 2018, Heidelberg--

EMBL Romeの研究チームは、光を使ってマウスの神経性疼痛を操作する新しい方法を開発した。  神経因性疼痛の患者は、欧州人口の7~8%と言われている。  EMBL Romeの研究チームは、軽い接触への感度に関与する皮 […]

全文を読む

トロント大学、ポータブル3Dスキンプリンターを開発

May, 9, 2018, Toronto--

トロント大学の研究チームは、皮膚組織層を堆積し、深い傷を治療できるハンドヘルド3Dスキンプリンターを開発した。研究チームは、同プリンターが2分以下で、その場で組織を形成する初めてのデバイスであると考えている。研究成果は、 […]

全文を読む

中赤外をカバーする超短パルスハイパワーレーザを開発

May, 8, 2018, Garching--

ルートヴィヒマクシミリアン大学(Ludwig-Maximilians-Universität)とマックスプランク量子オプティクス(Max Planck Institute of Quantum Optics)物理学研究所 […]

全文を読む

バイオチップのインプリンティングに新ツールを開発

May, 7, 2018, New York--

新技術により研究者は、より多くの生化学プローブをバイオチップに装着し、病気の発症に関係する変化のスクリーニングや分析コストを下げることができる。またバイオテロリズム物質の検出、他の研究分野も可能になる。  3Dプリンティ […]

全文を読む

光超音波トモグラフィで皮膚の精細な3D血管地図の作成に成功

May, 2, 2018, 京都--

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の八木隆行プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、京都大学の戸井雅和教授グループの1つ、齊藤晋 講師、津下到 […]

全文を読む

京都産業大学、オルガネラ(細胞小器官)間相互作用の可視化に成功

April, 26, 2018, 京都--

京都産業大学の遠藤斗志也教授、山形大学の田村康准教授らの研究グループは、スプリットGFPと呼ばれる分断された蛍光タンパク質を利用することで,複数の異種オルガネラ間の相互作用部位(コンタクトサイト)を、生きた細胞内で可視化 […]

全文を読む

動脈の3Dマップを合併症回避と口腔外科手術結果改善に役立てる

April, 25, 2018, West Lafayette--

パデュー大学関連のスタートアップは、人の口蓋動脈マッピング法を考案した。目的は、口腔外科手術における合併症回避と結果改善に役立てることである。  Starfish Engineering LLCは、光を使って口蓋組織の動 […]

全文を読む

1 / 1912345...10...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。