Science/Research

可視光を利用して巨大な電圧を発生する強誘電体デバイスを開発

October, 9, 2015, 東京--

東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻の野口祐二准教授、井上亮太郎特任研究員(研究当時)、宮山勝教授らの研究グループは、可視光の照射により23Vの高電圧を発生する強誘電体デバイスの開発に成功した。  強誘電体がもつ厚さ数 […]

全文を読む

隠れ蓑技術で太陽電池の効率を強化

October, 9, 2015, Karlsruhe--

商用太陽電池の効率は20%程度であるが、カールスルーエ工科大学(KIT)の研究チームは、パネルの効率を高める特殊なアプローチを発表した。光隠れ蓑(optical invisibility cloak)が太陽光を、電流取り […]

全文を読む

実現間近、避雷針をレーザで代替する技術

October, 9, 2015, Washington--

ヘブライ大学の研究チームは、レーザを避雷針として使う技術が実現間近であることを実証した。  強力なレーザビームが空中を走るとき、分子をイオン化し、ビームが走った跡にイオン化された熱い粒子の薄い経路が残る。このプラズマのス […]

全文を読む

フラウンホーファーIAP、InPベースの量子ドットをテスト

October, 8, 2015, Potsdam--

過去数年にわたりフラウンホーファーIAPの研究チームは、広範な業界分野の顧客向けに量子ドットを開発してきた。  化学合成を利用してナノ粒子を製造し、それを個々のアプリケーションに向けてカスタマイズしている。これは、最初は […]

全文を読む

光で細胞内の酵素のはたらきを自在に操作する

October, 7, 2015, 東京--

東京大学の研究グループは、共同研究により、新規に作製した人工の光感受性分子とシミュレーション解析を用いて、細胞内における酵素活性の時間的な変動パターンを定量的かつ可逆的に光操作する手法の開発に成功した。また、開発した手法 […]

全文を読む

銀ナノワイヤを使ったナノスケールフォトディテクタ開発研究

October, 7, 2015, Washington--

ロチェスタ大学の研究チームは、銀ナノワイヤを使って光で電流を誘導するデバイスを作製した。これは、次世代の回路を高速化する光の利用に向けた重要な一歩である。  光を使って信号を伝送するフォトニック回路は電子回路よりも並外れ […]

全文を読む

光ファイバの最大伝送容量の世界記録を更新、2.15ペタビット毎秒を達成

October, 6, 2015, Dresden--

NICTは、住友電気工業、RAM Photonics, LLC(RAM、CEO: John R. Marciante)と共同で、従来世界記録であった光ファイバ1本あたりの伝送容量を2倍以上に更新し、2.15Pbpsの光信 […]

全文を読む

Si-液晶導波路で光ネットワークの光信号を精密制御

October, 5, 2015, Dresden--

最近のデータトラフィック増に対処するために光通信システムでは多数の光信号を一本のファイバで送り、それを非常に高い精度で分割しなければならない。多チャネルでパワーレベルをコントロールして分離することになる。  フラウンホー […]

全文を読む

東工大とSt.Andrews、結晶でもグラフェン凌ぐ2次元電子機能を実現

October, 1, 2015, 東京--

東京工業大学応用セラミックス研究所の笹川崇男准教授、セント・アンドルーズ大学(University of St Andrews)のフィリップ・キング(Philip King)講師らの国際共同研究チームは、二セレン化タング […]

全文を読む

サーバ間光通信を従来の2倍に長距離化する光送信器技術を開発

October, 1, 2015, 東京--

富士通研究所は、既存の光ファイバを利用しながら、サーバ間光通信を従来の2倍となる200mに長距離化する技術を開発した。  サーバの台数を増やして分散処理を行うとシステム全体の処理能力を向上させることができるが、データセン […]

全文を読む

相変化光メモリーの動作を超高速化するメカニズムを解明

September, 30, 2015, つくば--

筑波大学数理物質系の長谷宗明准教授および産業技術総合研究所(産総研)ナノエレクトロニクス研究部門の富永淳二首席研究員らのグループは、格子振動(フォノン)の振動振幅を約100 fs(フェムト秒、1000兆分の1秒)の精度で […]

全文を読む

NEC、量子暗号システムの実用化に向けた評価実験を開始

September, 29, 2015, 東京--

NECは、理論上盗聴できない暗号技術である量子暗号の実用化に向けて国内で初めて長期のフィールド評価実験を開始した。  NECは、サイバーセキュリティ対策の要となる施設サイバーセキュリティ・ファクトリーにおいて、同一フロア […]

全文を読む

単一光子源方式で世界最長となる120km量子暗号鍵伝送に成功

September, 29, 2015, 東京--

東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構(東大)の荒川泰彦教授らと富士通研究所(富士通研)、日本電気(NEC)は、共同で単一光子源を組み込んだシステムで世界最長となる120 kmの量子暗号鍵伝送に成功した。  この […]

全文を読む

ドローンの通信の安全性を強化する技術を開発

September, 29, 2015, 東京--

NICTは、株式会社プロドローン及び株式会社サンエストレーディングと共同で、ドローンの飛行制御通信の安全性を強化する技術を開発した。  真性乱数を共通の暗号鍵としてドローンと地上局間で安全に共有し、制御通信をパケットごと […]

全文を読む

光ベースのメモリチップが初めてデータを永久保存

September, 28, 2015, Oxford--

オックスフォード大学(Oxford University)材料科学研究チームは、カールスルーエ(Karlsruhe)、マンスタ(Munster)、エクスタ(Exeter)と協働で、データを永久保存できる初の完全光ベースメ […]

全文を読む

金属ジェル、チューナブル発光材料を開発

September, 25, 2015, Cambridge--

MITの研究チームは、色を精密制御した光、ピュアホワイトの光でさえも放出できる材料ファミリを開発した。出力は、幅広い外部条件に応じて調整可能。その材料は、化合物、生体化合物、あるいは機械的条件、熱的条件の検出など幅広く利 […]

全文を読む

レーザとOCTを使用して目の精密手術

September, 24, 2015, Hannover--

弱い視力矯正に、すでにレーザベースの手術が用いられているが、この正確で穏やかな方法は、老眼や網膜の癒着にはまだ用いることができない。  プロジェクトIKARUSではLZH(Laser Zentrum Hannover e […]

全文を読む

理研、生きた霊長類の脳内で神経細胞の「スパイン」を観察

September, 17, 2015, 和光--

理化学研究所脳科学総合研究センター高次脳機能分子解析チームの山森哲雄チームリーダー、定金理研究員、生理学研究所の伊佐正教授らの共同研究グループは、新世界ザルであるマーモセットの大脳皮質において、2光子顕微鏡を用いてスパイ […]

全文を読む

ライス大学研究者、太陽による水分離技術を実証

September, 17, 2015, Houston--

ライス大学の研究チームは、水分子を分離することで、太陽光からのエネルギーを取り出してそれをクリーンで再生可能なエネルギーに変換するの効率的な新しい方法を実証した。  その技術は、光活性化金ナノ粒子に依存している。これらナ […]

全文を読む

光遺伝学にフィードバックコントロール

September, 16, 2015, Atlanta--

光遺伝学には、光ベースの信号を使うだけでニューロンを活性化することによって脳を研究するための強力なツールがある。しかしこれまでは、こうした光学的刺激技術は「オープンループ」であり、ほとんどの生物学的工学的システムが着実な […]

全文を読む

多目的センサ、フォトニック結晶ファイバ

September, 16, 2015, Erlangen--

マックスプランク研究所光科学(MPL)の研究チームによると、特殊タイプの光ファイバが高精度多目的センサとして使用できる。  MPL研究者は、微小ガラスビーズを中空コアフォトニック結晶ファイバ(PCF)内に送り込む。ガラス […]

全文を読む

新しいガラス製造技術でハイブリッドガラスの設計が可能に

September, 15, 2015, Cambridge--

ガラス製造の新方法は、先端フォトニクスにアプリケーションを持つ「デザイナーガラス」の生産につながり、一方で工業規模の炭素捕捉、蓄積も容易にする。  Nature Communicationsに論文を発表した国際研究チーム […]

全文を読む

バーゼル大学、シングルフォトン光源を開発

September, 15, 2015, Basel--

半導体量子ドットの助けを借りてバーゼル大学の物理学チームは、シングルフォトンを放出する新しいタイプの光源を開発した。研究チームは初めて、半導体から同じフォトンのストリームを作り出すことができた。  シングルフォトン光源は […]

全文を読む

テラヘルツ波で紙幣等の変造・損傷を非接触検出

September, 15, 2015, 仙台--

東北大学大学院工学研究科の小山裕教授の研究グループは、光と電波の両方の特徴を併せ持つ新しい光「テラヘルツ波」の光源を独自に開発し、それを用いて、紙幣等に貼付されたごく薄いテープ(髪の毛の半分から1/4程度)を高速に非接触 […]

全文を読む

ミシガン大学、アート-インスパイアド太陽電池を開発

September, 14, 2015, Ann Arbor--

太陽電池は、空の太陽を追跡できるときに最大40%程度のエネルギーを捉えるが、従来の電動トラッカーは、勾配のある屋根や車輌の表面には重く、大きすぎる。ミシガン大学の研究グループは、日本の切り紙からデザインを拝借して、両面が […]

全文を読む

核酸分析用単一分子検出マシーン

September, 14, 2015, Sankt Augustin--

フラウンホーファーFITは、微量核酸分析向けに単一分子検出機(SMDM)を発表した。同システムは、バイオマーカー特定に使用できる。バイオマーカーは、病気の早期指標となり、これにより治療予測ができる。  超高感度検出システ […]

全文を読む

ナノスケールの孔をイメージングする技術で薬剤開発支援

September, 14, 2015, Houston--

ライス大学(Rice University)の研究グループは、多孔質材料でナノスケール空間の特性を明らかにする技術を開発した。プロジェクトでは、その空間が従来の顕微鏡にとっては小さすぎても、脆弱であっても、多孔質材料の空 […]

全文を読む

シリコンナノ粒子、超高速オールオプティカルトランジスタの候補

September, 14, 2015, St. Petersburg--

ITMO大学ナノフォトニクス・メタマテリアル学部の研究グループは、単一シリコンナノ粒子をベースにした光アナログトランジスタ実現の可能性を実証した。  トランジスタはコンピューティング回路で最も基本的なコンポーネント。した […]

全文を読む

自己掃引レーザ、3Dマッピングシステムを飛躍的に縮小

September, 11, 2015, Berkeley--

光を使ってミラーを動かす新しいアプローチがレーザ技術の新しい世代で、リモートセンシング、セルフドライビング自動車ナビゲーション、3D生体医療イメージングなど、広範なアプリケーションに扉を開く。  Connie Chang […]

全文を読む

貯蔵された記憶を可視化・消去する新技術を開発

September, 11, 2015, 東京--

大脳皮質の数百億もの神経細胞はシナプスを介して情報をやり取りしており、特にグルタミン酸作動性シナプスの多くは樹状突起スパインという小突起構造上に形成される。スパインは記憶・学習に応じて新生・増大し、それに伴いシナプスの伝 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。