Science/Research

超短パルスX線で物理学の最高速事象が明らかに

November, 18, 2015, Oxford--

オックスフォード大学物理学部の研究チームは、既存の技術を使って超短X線パルスが生成できることを初めて実証した。これにより、膨大な科学アプリケーションが開拓されることになる。  Scientific Reportsに発表さ […]

全文を読む

ライトウエイブロジック、有機ポリマリッジ導波路構造を製造

November, 18, 2015, Longmont--

ライトウエイブロジック(Lightwave Logic, Inc)は、コア材料で有機ポリマリッジ導波路構造の製造に成功し、現在パッシブテストを始めたところであると発表した。  これとは別にライトウエイブロジックは、同社の […]

全文を読む

将来のワイヤレス通信としての太陽エネルギー利用Li-Fi

November, 18, 2015, Edinburgh--

エディンバラ大学Li-Fi R&Dセンター、Harald Haas教授をリーダーとする研究チームは、太陽エネルギーをLi-Fi電源に利用する新しいタイプのワイヤレスデータ通信技術を開発した。  この技術は、電力 […]

全文を読む

CCNYの研究チーム、脳深部撮像で「ゴールデンウインドウ」を開く

November, 17, 2015, New York--

精神科学コミュニティは、生体医用工学者、Lingyan Shiをリーダーとするニューヨークシティカレッジ(CCNY)の研究チームによる脳深部イメージングの「ゴールデンウインドウ」実現に敬意を表している。CCNY超高速分光 […]

全文を読む

PSI、市販カメラを使ってテラヘルツ光を可視化

November, 17, 2015, Villigen--

ポール・シェラーインスティテュート(PSI)の研究グループは、市販のカメラを使ってテラヘルツ光を可視化することに成功した。  これにより、解像度を25倍にしながら、今日利用できる手段に対してローコストの代替ソリューション […]

全文を読む

ESnetとNERSC、400Gbpsスーパーチャネル接続を導入

November, 16, 2015, Berkeley--

米国エネルギー省(DOE)エネルギーサイエンスネットワーク(ESnet)と国立エネルギー研究科学コンピューティングセンター(NERSC)は、400Gbpsスーパーチャネルを構築した。これは、国立研究・教育ネットワークが導 […]

全文を読む

ナノトゥイザー、先進的プラズモニック技術実現の新ツール

November, 16, 2015, West Lafayette--

微小物体を素早く正確に位置決めし場所を固定することができる新しいタイプの「ナノトゥイザー」は、改良ナノスケールセンシング法を可能にし、量子コンピューターや超高解像度ディスプレイなどの先端技術の製造研究に役立つ。  パデュ […]

全文を読む

ナノテクノロジーを心不整脈の標的治療に利用

November, 13, 2015, Ann Arbor--

ミシガン大学の研究チームが開発した新しいナノ粒子が心不整脈のターゲット療法の決め手になると見なされている。心不整脈は、心拍が不規則になり心臓麻痺、心臓発作を起こす病気。  新しい治療は、ナノテクノロジーを使って、心不整脈 […]

全文を読む

光ファイバ温度センシング技術活用火力発電所の設備異常検知システム

November, 13, 2015, 東京--

富士通は、東北電力と共同で、富士通研究所が開発した、1本の光ファイバで1万箇所以上のリアルタイム温度測定が可能な光ファイバ超多点温度センシング技術による火力発電所の設備異常検知システムを開発した。  両社は、同システムの […]

全文を読む

スマートグラス用にバーチャルディスプレイを商品化

November, 12, 2015, Espoo--

VTTのスピンオフ企業、Dispelixは、フィンランドのVTT技術研究センタが開発した新しいディスプレイを商品化しようとしている。  このディスプレイは、視覚情報を直接ユーザの視野に、メガネレンズのHD画像として映し出 […]

全文を読む

完全アブソーバで特定の光波長を捉える

November, 12, 2015, Santa Clara--

デューク大学電気・コンピュータ工学/物理学准教授、Maiken H. Mikkelsenは、可視光から近赤外光までの電磁スペクトル帯域で完全なアブソーバを実証した。製造技術は簡単に拡張でき、どんな表面形態にも適用可能であ […]

全文を読む

スマートフォンで唾液のアルコールレベルを計測

November, 12, 2015, Washington--

パデュー大学の研究チームは、ストリップベース唾液アルコールテストの結果を定量分析し蓄積するスマートフォンデバイスとアプリを開発した。  現在の方法は、パッケージのカラースケールにストリップを調和させる構成になっているので […]

全文を読む

フォトンが開く量子ネットワークのゲートウエイ

November, 11, 2015, Copenhagen--

フォトンでネットワークを構築するには、一種のトランジスタ、フォトンコンタクトが必要になる。これによって回路内のフォトントランスポートを制御できる。ニールスボア研究所の研究チームは、韓国KISTの研究者と協力して、そのよう […]

全文を読む

CTR、宇宙利用に向けてレーザ着火システム開発に取り組む

November, 11, 2015, Carinthia--

ベンチテストの成功を受けてCTR ケルンテン技術研究所は宇宙利用のためのレーザ着火システムに取り組んでいる。レーザ着火システムは、現在開発中のアリアン(Ariane)6打ち上げ機で使用される。  欧州宇宙機関(ESA)は […]

全文を読む

IBMT、フィンガースキャナで関節炎を早期発見

November, 11, 2015, St. Ingbert--

フラウンホーファー生体医用工学研究所(IBMT)をリーダーとするEC資金助成のプロジェクトに取り組む専門技術者はフィンガースキャナを開発している。同スキャナにより将来的には、指の関節炎の早期診断が可能になる。  人の関節 […]

全文を読む

新しいシリコンナノ物質の化学特性の評価に成功

November, 10, 2015, 東京--

慶應義塾大学理工学部の中嶋敦教授らは、研究グループが開発した16 個のシリコン原子が中心の金属原子を球状に取り囲む「金属内包シリコンナノクラスタ」の、酸素との反応性や熱的安定性の評価に成功し、化学的安定性の高い物質である […]

全文を読む

赤外線画像用のグラフェンベース熱電対技術

November, 9, 2015, Rochester--

MIT、ハーバード大学などの研究グループは、グラフェンベースの赤外線イメージングシステム実証にグラフェン固有のチューナブル熱電効果(Seebeck coefficient)を利用した。  グラフェンベースの光熱電ディテク […]

全文を読む

ガンと闘う新たなツール、単剤光線治療システム

November, 9, 2015, Orlando--

オレゴン州立大学(OSU)の研究チームは、単剤システムを用いるガンイメージングと光線治療分野における重要な前進を発表した。これは究極的には世界中でガン手術と治療を変革する可能性がある。  OSUが開発した最新のアプローチ […]

全文を読む

弱光イメージングを改善する新しいカラーフィルタ

November, 9, 2015, Salt Lake City--

ユタ大学電気・コンピュータ工学教授、Rajesh Menonは、従来のフィルタよりも3倍光を通す新しいカメラカラーフィルタを開発した。このフィルタにより、弱光で撮った写真が非常に鮮明に正確になる。  その新しいフィルタは […]

全文を読む

LaSAASプロジェクト、スチールとアルミニウム直接溶接技術開発に取組む

November, 6, 2015, Hannover--

軽く、資源効率がよく、同時に堅牢であること、これは自動車産業における軽量構造にメリットがあるが、造船でも同様に重要である。  したがってスチール-アルミニウム接合も船に使用される。しかし船では材料の厚さが全く異なっている […]

全文を読む

UW-Madison、柔軟なフォトトランジスタを開発

November, 6, 2015, Rochester--

ほ乳類の目に触発されてウィスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin-Madison)電気工学の研究チームは、過去最高の速度、優れた応答性の柔軟なシリコンフォトトランジスタを開発した。   […]

全文を読む

ハスの葉を鋳型にメタマテリアル作製 -反射率1%以下の超薄膜光吸収構造

November, 6, 2015--

芝浦工業大学工学部の下条雅幸教授と東京工業大学大学院総合理工学研究科の梶川浩太郎教授、同大学修士課程2年海老原佑亮さんは共同で、ハス(蓮)の葉のナノ構造を鋳型に使い、高効率で大面積の「超薄膜光吸収メタマテリアル」の作製に […]

全文を読む

NICT、パケットロスに強い通信プロトコル開発

November, 6, 2015, 東京--

NICT 統合データシステム研究開発室は、クレアリンクテクノロジー(クレアリンク)の協力の下、10Gbps(10G)を超える長距離広帯域伝送網(LFN)でも遅延やパケットロスに強い通信プロトコルHpFP(High-per […]

全文を読む

NIMS、高信頼性と高効率を両立するペロブスカイト太陽電池の開発に成功

November, 5, 2015, つくば--

物質・材料研究機構(NIMS)をはじめとする研究グループは、ペロブスカイト太陽電池において、これまで電子抽出層とホール抽出層に用いられていた有機材料を無機材料に変更することで、セル面積1cm2以上で変換効率を16%に向上 […]

全文を読む

強力な小型プラスチック顕微鏡を開発

November, 5, 2015, Washington--

顕微鏡で血液を調べるだけで人の免疫システムの状態について多くの情報が得られる。例えば、白血球の数が異常に多い、または少いことは骨髄の病気かAIDSを示唆している可能性がある。白血球の破裂は、細菌感染かウイルス感染の兆候か […]

全文を読む

より確実なIDのために内部指紋を見るセンサを開発

November, 5, 2015, Washington--

フランスのランジュバン研究所(Langevin Institute)の研究チームは、指の内部を見て写真を撮る新しい指紋イメージングシステムを作製した。  これは、より信頼度の高いセキュアな個人特定法である。重要な点は、そ […]

全文を読む

医療診断を前進させる新しいイメージング技術

November, 5, 2015, West Lafayette--

パデュー大学の研究チームは、医療診断や細胞研究のために生体組織の化学成分を明らかにする新しいタイプのイメージングシステムを実証した。  パデュー大学生体医用工学ウエルドン校教授、Ji-Xin Chengによると、組織の化 […]

全文を読む

CCNY、光ファイバのデータ速度を改善

November, 4, 2015, New York--

インターネット速度向上のための最新の成果では、シティカレッジニューヨーク(CCNY)、南カリフォルニア大学、グラスゴー大学、コーニング(Corning Incorporated)の研究チームは、インターネットのバックボー […]

全文を読む

HZDRとUS研究者、広帯域グラフェン光ディテクタを開発

November, 4, 2015, Dresden--

ヘルムホルツツェントルム・ドレスデンローゼンドルフ(HZDR)の研究チームは、米国とドイツの研究者と協働して、あらゆる波長の入力光に迅速に反応し、室温で動作する、新しいグラフェン光ディテクタを開発した。  単一のディテク […]

全文を読む

imecとゲント大学、300㎜Siウエハにレーザアレイをモノリシック成長

November, 4, 2015, Leuven/Ghent--

imecとゲント大学は初めて、CMOSパイロットラインで300㎜シリコン基板にInPレーザアレイをモノリシック成長した。  このブレイクスルー達成により、レーザ光源をモノリシック集積したコスト効果の高いフォトニック集積回 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。