All about Photonics

ニュース

UV装備殺菌ロボット、コロナウイルスとの闘いに役立つ

April, 8, 2020, Frankfurt--

ロボットは、世界中でcoronavirus SARS-CoV-2との闘いで重要な役割を果たす。例えば、殺菌ロボットUVDは、COVID-19パンデミック以来、需要高騰となっている。中国の病院は、デンマークのメーカーBlu […]

全文を読む

自動光学検査システム市場、2025年に15億8300万ドル

April, 8, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「自動光検査(AOI)システム市場、タイプ(2D AOI、3D AOI)毎、技術(インラインAOI、オフラインAOI)、産業(コンシューマエ […]

全文を読む

LZH、レーザで深海の自然資源を発見

April, 8, 2020, Hannover--

海底の鉱物資源を見つけることはこれまで,非常に高コストだった。EUプロジェクトROBUSTでLaser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、他の8パートナーとともに、ほぼ非破壊で深海の土壌サンプルを […]

全文を読む

先端分光技術とビデオレートイメージングを統合

April, 7, 2020, Washington--

UC3M研究チームは、デュアルコム分光法として知られる先進的分析技術を使い、極めて詳細なハイパースペクトル画像を初めて迅速に取得した。高感度高速にシーンの各ピクセルの完全スペクトル情報を取得することで、新アプローチは、化 […]

全文を読む

Viettel、ADVAとNECによる全国5Gレディタイミングソリューション

April, 7, 2020, Munich--

ADVAとNECは、ベトナムのグローバル通信サービスプロバイダがラオスとミャンマにOscilloquartzタイミングソリューションを導入したと発表した。 これは、全国的な4Gサービスを展開し、5G同期ネットワーク準備の […]

全文を読む

自律走行車向けに$150高精度ナビゲーションソリューション出荷

April, 7, 2020, Andover--

ACEINNAは、自律走行車(ロボット、ドローン、産業、建設および農業機械)向けミッションクリティカルな誘導、ナビゲーションシステムを新たに開発する開発企業のコストを大幅に下げたと発表した。  新しいACEINNA OP […]

全文を読む

UV殺菌装置市場、2025年に53億ドル

April, 7, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「UV殺菌装置市場、コンポーネント(UVランプ、石英スリーブ)、出力(中、高)、アプリケーション(水および廃水殺菌、プロセス水殺菌)、エンド […]

全文を読む

センシング向けローコスト中赤外レーザに新しい製法アプローチ

April, 6, 2020, Montpellier--

モンペリエ大学の研究チームは、マイクロエレクトロニクス適合シリコン基板上に高性能中赤外レーザダイオードを初めて直接作製した。その新しいレーザにより、リアルタイムで正確な環境センシング向けローコストセンサの幅広い開発が可能 […]

全文を読む

理論計算による新設計法で凝集誘起発光色素の開発に成功

April, 6, 2020, 東京--

東京工業大学 物質理工学院 応用化学系の岩井梨輝大学院生、小西玄一准教授、京都大学 福井謙一記念センターの鈴木聡博士、九州大学、大阪大学、仏ナント大学の研究グループは、化学反応の経路を予測する理論計算の方法を用いて、凝集 […]

全文を読む

EPFL、視角疾患の早期検出向けデバイスを開発

April, 6, 2020, Lausanne--

EPFLの研究チームは、以前には見えなかった眼の後ろの細胞を徐々に拡大するデバイスを開発した。その技術は、特に加齢黄斑変成(AMD)の早期発見や新しい処置オプション評価で眼科医には極めて有用である。 加齢黄斑変成(AMD […]

全文を読む

光トランシーバ市場、2025年に92億ドル

April, 6, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「光トランシーバ市場、フォームファクタ(SFF, SFP, SFP+, QSFP, QSFP+, QSFP28)ごと、データレート、距離、フ […]

全文を読む

光縮小デバイスで超微小物質の検出が可能

April, 3, 2020, San Diego--

カリフォルニア大学サンディエゴ校とバークリー校のエンジニアは、光ベースの技術を開発した。これは、以前に可能だったよりも二桁小さな分子量で生体物質を検出できる。この進歩は、除外点(EPs)として知られる特異点を利用しながら […]

全文を読む

健康と環境モニタリングにウエアラブルガスセンサ

April, 3, 2020, University Park--

ペンステート(Penn State)とノースイースタン大学(Northeastern University)の研究者によると、環境と人の健康モニタリング用の高感度、ウエアラブルガスセンサが、間もなく商品化される。 そのセ […]

全文を読む

光照射を利用したフッ素樹脂上への銅微細配線形成技術を開発

April, 3, 2020, 東京--

芝浦工業大学工学部応用化学科の大石知司教授は、フッ素樹脂上への簡便な銅微細配線形成技術を開発した。この技術は、撥水性で他材料との接合が難しいフッ素樹脂への銅微細配線形成を可能とするものである。大がかりな装置を使わずプロセ […]

全文を読む

協働ロボット(Cobot)市場、2026年までに79億7200万ドルに

April, 3, 2020, Northbrok--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「協働ロボット(Cobot)市場、ペイロード、コンポーネント(エンドエフェクタ、コントローラ)、アプリケーション(操作、組立&分解 […]

全文を読む

CUNY、ナノスケール4Dプリンティング技術、治療開発を高速化

April, 2, 2020, New York--

ニューヨーク市立大学(CUNY)先端科学研究センタ(Advanced Science Research Center at The Graduate Center)とノースウエスタン大学(Northwestern Uni […]

全文を読む

Bridgelux、市場トップの効率、第8世代COBs発表

April, 2, 2020, Fremont--

Bridgeluxは、第8世代LEDチップ-オン-ボード(COB)製品を発表した。これは、通常駆動電流で同社のV Series, Vero Series および Vero SE Series製品ファミリで185 lm/W […]

全文を読む

精密ミラー、重力波検出器の感度改善の見込

April, 2, 2020, Adelaide--

アデレード大学の研究チームは、新しいタイプの可変(デフォーマブル)ミラーを開発した。これは、陸上設置の重力波検出器、Advanced Laser Interferometer Gravitational-Wave Obs […]

全文を読む

AOI、自動車LiDAR向けに狭線幅レーザを発表

April, 2, 2020, Sugar Land--

Applied Optoelectronics, Inc.(AOI)は、特に自動車用LiDAR向けに設計されたハイパワー、狭線幅レーザを発表した。 現在の自動車LiDARシステムは近赤外ベースであり、これらのレーザはアイ […]

全文を読む

チップベースデバイス、ARと量子コンピューティングに新たな扉を開く

April, 1, 2020, Washington--

コロンビア大学の研究チームは、可動部分なしで青色光を成形、操作できる新しいチップベースデバイスを設計した。同デバイスは、ARおよび様々な他のアプリケーションで使用される光プロジェクションコンポーネントのサイズを大幅に縮小 […]

全文を読む

EPFLスタートアップ、実世界と仮想世界を融合

April, 1, 2020, Lausanne--

EPFLのスタートアップ、CREALは、実世界の細部と深さを仮想世界に付与する新技術を開発した。その画像プロジェクションシステムは、既存技術のほとんどのユーザが経験する吐き気の回避に役立つ。同社は、2019年、730万ス […]

全文を読む

光量子コンピュータチップ実現にむけた高性能量子光源の開発に成功

April, 1, 2020, 東京--

日本電信電話(NTT)は、東京大学と共同で、室温動作可能な将来の汎用光量子コンピュータチップに必須となる高性能な量子光源(スクィーズド光源)を実現した。スクィーズド光とは量子ノイズが圧縮された光で、これを用いることで量子 […]

全文を読む

FLIR、米国空軍から2300万ドルCentaur無人車両受注

April, 1, 2020, Arlington--

FLIR Systems, Inc.は、US空軍から、180を超える同社のCentaur無人地上車(UGV)とスペアの受注を発表した。2300万ドルの契約は、DOD Man Transportable Robotic S […]

全文を読む

EPFL、壁を透過するナノスケールデバイス

March, 31, 2020, Lausanne--

EPFLの研究チームは、今日最高速のトランジスタよりも10倍以上高速動作するナノデバイスを開発した。これは、コンピュータ搭載のトランジスタよりも100倍程度高速である。この新しいデバイスにより、ハイパワーテラヘルツ波の時 […]

全文を読む

NTT、世界最高速、800GHz超トランジスタを開発

March, 31, 2020, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、インジウムリン(InP)系化合物半導体結晶成長技術と、ヘテロ接合バイポーラトランジスタ(HBT)製造技術の高度化により、世界で最も高速な800GHzを超える電流利得遮断周波数を有するトラ […]

全文を読む

IoTs向けにエネルギー効率のよいデータ変換世界記録

March, 31, 2020, Twente--

多くの微小な、自律的に作動するセンサで構成されているIoTの成功は、エネルギー消費に大きく依存している。物理的な信号をでデジタルデータに変換するために必要なエネルギーは、まだ下げられる。焦点は、アナログからデジタルへの実 […]

全文を読む

光波の振動プロファイルを精密判定するディテクタ

March, 31, 2020, Munich--

ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU)アト秒物理学研究所(LAP)とマックスプランク量子オプティクス研究所の物理学者が、光波の振動プロファイルを正確に決定することができる新しいタイプのディテクタを開発した。 […]

全文を読む

量子の世界を見る超高速顕微鏡

March, 30, 2020, Stuttgart--

微小な電子コンポーネント、分子内で起こるプロセスを現在、数100アト秒の分解能で個々の原子までイメージングできる。 未来のコンピュータのコンポーネント動作を現在、HD品質映像かできる。シュトットガルト、マックスプランク、 […]

全文を読む

II-VI、400ZRエコシステム向けに業界初のプラガブルPOLS

March, 30, 2020, Saxonburg--

II‐VI Incorporatedは、次世代データセンタインタコネクト(DCIs)向けの新しい400ZRコヒレントトランシーバエコシステムを可能にする業界初のプラガブル光ラインサブシステム(POLS)プラットフォームを […]

全文を読む

Crystal IS、殺菌UVC LEDs、Klaranを20%性能改善

March, 30, 2020, Green Island--

Crystal ISは、同社のKlaran製品ラインの技術と製品改良の無事完了を発表した。これにより高収量、付随するコストを下げ、より高性能の機器になる。これらの強化は、水、表面、大気中の病原菌と闘う殺菌UVCを利用する […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。