All about Photonics

ニュース

画像検出センサ世界市場、2026年に118億5000万ドル

July, 17, 2020, Maharashtra--

Zion Market Researchの調査によると、画像検出センサ世界市場は、推定で2020-2026年にCAGR 9.8%成長し、2026年には118憶5000万ドルに達する見込みである。  自動車、コンシューマエ […]

全文を読む

ORNL、「化学レンズ」を利用する顕微鏡を開発

July, 16, 2020, Oak Ridge--

Oak Ridge National Laboratory(ORNL)の研究者は、細胞膜やバイオフィルムを含む生体システムの観察に「化学的レンズ」を提供する新しい顕微鏡を構築した。その装置は、微生物と植物の相互作用など、 […]

全文を読む

細胞をありのままの姿で超高速選抜、世界初のラマン画像活性細胞選抜法

July, 16, 2020, 東京--

東京大学大学院理学系研究科・合田圭介教授が率いる研究グループは、細胞内生体分子を光学的に高速検出する誘導ラマン散乱(stimulated Raman scattering, SRS)顕微法で撮像し、画像解析で細胞を高速識 […]

全文を読む

世界の量子ドット市場、2020-2026に二桁成長

July, 16, 2020, Maharashtra--

Zion Market Researchの調査によると、量子ドット市場は2019年に8億6500ドルだった。2020-2026年の間に、市場はCAGR 62.4%で拡大する見込である。カドミウムベースの量子ドットに需要が […]

全文を読む

従来の顕微鏡で3Dフルカラー画像を直接取得

July, 16, 2020, Beijin--

広視野顕微鏡(WFM)では,3D体積再構成に必要な光学的断面(OS)画像は得られない。焦点外れ信号が常に合焦面内で結合しているからである。構造化照明顕微鏡(SIM)を導入することで研究者は、フルカラー(FC)合焦面から焦 […]

全文を読む

波長の壁を破る超短パルスレーザ、サブサイクル光を増幅する新手法

July, 15, 2020, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究センターアト秒科学研究チームのリン・ユーチー研究員、鍋川康夫専任研究員、緑川克美チームリーダーの研究チームは、一波長励起の増幅器を用いて、「サブサイクル光」と呼ばれる光電場が振動する周期 […]

全文を読む

ホームセキュリティカメラにプライバシーリスク

July, 15, 2020, London--

クイーンメリーロンドン大学(Queen Mary University of London)と中国科学アカデミー(Chinese Academy of Science)による国際的研究は、ユーザの潜在的なプライバシーリス […]

全文を読む

LZH、レーザでCFRPにリベット穴開けを開発

July, 15, 2020, Hannover--

LaBoKompプロジェクトで、Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)と4パートナーは、複合材料にリベットホールをドリルするためのレーザベースのシステムを開発した。LZHは、基盤となるプロセス […]

全文を読む

肝臓病を発見、モニタする新しいイメージング法

July, 15, 2020, Cambridge--

ある肝臓病をスクリーニングすることは現在、難しい。また、一旦発見されても、これらの症状をモニタすることも難しい。Massachusetts General Hospital (MGH)とMITの研究チームは、先ごろ、両方 […]

全文を読む

ロボットプロセスオートメーション市場、2027年に255億6000万ドル

July, 14, 2020, San Francisco--

グランドビューリサーチ(Grand View Research, Inc.)によると、世界のロボットプロセスオートメーション(RPA)市場規模は、予測期間にCAGR 40.6%で拡大し、2027年に255億6000万ドル […]

全文を読む

超広視野の新しいマルチスペクトル湾曲複眼カメラ実現

July, 14, 2020, Shanghai--

マルチスペクトルイメージング技術は、相対的に高解像度であるので、リモートセンシングに広いアプリケーションがある。しかし既存技術は、低いシステムインテグレーション、高複雑度、小さな視野(FOV)などの欠点があり、航空機、サ […]

全文を読む

ネットワークオペレータ、COVID-19に対応してCAPEX加速

July, 14, 2020, Boston--

Cignal AIによると、COVID-19は2020年第1四半期、トランスポート装置需要に触媒作用を起こし、同時に世界中のサプライチェーンを麻痺させた。同社の最新「トランスポートハードウエアレポート」調査結果は、光およ […]

全文を読む

次世代THzレシーバにTOPTICAのTeraScan

July, 14, 2020, Munich--

“TeraFETs”、テラヘルツ検出向けにアンテナを集積した電界効果トランジスタ、はコンパクトなチップベース、ブロードバンドテラヘルツレシーバの有望な候補である。 フランクフルト大学(Frankfurt Universi […]

全文を読む

新しいTHzパルスベースデータエンコーディング法を開発

July, 13, 2020, St. Petersburg--

世界中の研究者がテラヘルツ(THz)領域のデータ転送法に取り組んでいる。これは、今日の技術でできるものよりも遙かに高速にデータの送受ができる。しかし、直面する問題は、GHz領域よりもTHz領域でデータをエンコードする方が […]

全文を読む

LiDAR技術で歴史的マヤ遺跡を発見

July, 13, 2020, Arizona--

LiDARを利用したアリゾナ大学の発見は、マヤ文明が考古学者が以前に考えていたよりも急速に発展したことを示している。しかも、後の時代よりも社会的不平等が少なかったことを示唆している。 地上からは、大地の下に何か異常なもの […]

全文を読む

MIPT、量子からヒントを得た光センサ

July, 13, 2020, Cambridge--

MIPTの研究チームは、米国Argonne National Laboratoryの研究者とともに、簡素な光学ツールを使って物理量を計測する先進的量子アルゴリズムを実証した。 Scientific Reportsに発表さ […]

全文を読む

マシンビジョン市場、2025年に130億ドル

July, 13, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「COVID-19の影響を受けたマシンビジョン市場、導入ごと(一般&ロボットセル)、コンポーネント(ハードウエアとソフトウエア)、 […]

全文を読む

MIPTスーパーレンズ、古典的なオプティクスの法則を回避

July, 10, 2020, Moscow--

ロシアとデンマークの研究者は、プラズモンナノジェットの初の実験観察を行った。この物理現象は、光のナノスケール集光を可能にし、理論的には、普通の集光レンズの基本的制約の一つを回避できる。光波の強力な圧縮は、現在のエレクトロ […]

全文を読む

プラグ&プレイレンズ、顕微鏡の適応型オブティクスを簡素化

July, 10, 2020, Washington--

モデナ大学の研究者は、商用光学顕微鏡に適応光学補正を付加できるプラグ&プレイデバイスを開発した。適応光学は、生体サンプル深部でとらえた画像品質を大幅に改善できるが、これまでは、実装が非常に複雑だった。 モデナ・ […]

全文を読む

Fastec Imaging、HS7 Full HD高速カメラシステムを発表

July, 10, 2020, San Diego--

Fastec Imaging によると、HS7システムは、研究室や産業用途向けに設計されており、高速カメラと専用のコントローラを統合している。したがって、セットアップの簡素化、組込容易、ワークフローの最適化ができる。25 […]

全文を読む

LiDAR市場、2025年に28億ドル

July, 10, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「LiDAR市場、タイプ(メカニカル、固体)ごと、インストレーションタイプ、サービス(空中測量、GISサービス)、アプリケーション(コリダー […]

全文を読む

オンチップフォトニックデバイスにハイブリッドプラズモン導波路

July, 9, 2020, Sydney--

シドニー大学の研究チームは、光を閉じ込めるための金属と、ロスレス導波路としての誘電体を組み合わせることで「ハイブリッド」デバイスは、従来フォトニックソリューションの欠点を回避できる、と説明している。 電話からタブレットコ […]

全文を読む

二光子レーザ顕微鏡で脳内地図を細胞レベルで観察

July, 9, 2020, 京都--

理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター神経回路・行動生理学研究チームの佐藤正晃客員研究員(脳科学総合研究センター記憶メカニズム研究チーム客員研究員(研究当時))、京都大学医学系研究科の水田恒太郎助教と林康紀教授らの国 […]

全文を読む

ペトリディッシュに光チップを作製

July, 9, 2020, St. Petersburg--

現在のフォトニクス産業は、コンピュータシステムであろうとセンサであろうとLiDARであろうと、そのデバイスのさらるコンパクト化に絶えず取り組んでいる。このため、レーザ、トランジスタおよび他の素子の一層の小型化が必要になる […]

全文を読む

自動車照明市場、2025年に349億ドル

July, 9, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「自動車照明市場、ICE & EV、技術(ハロゲン、LED、キセノン/HID)毎、位置&アプリケーション(ヘッド、サイド […]

全文を読む

内部から心臓をスキャンするインプラントされたマイクロレーザ

July, 8, 2020, St. Andrews--

University of St Andrewsの研究チームは、より効果的な処置の開発に役立てるために心臓疾患の理解を向上させる開発を行った。国際研究チームの主導により、Dr Marcel Schubert他の研究者は、 […]

全文を読む

ナノ結晶アセンブリ法で変革される太陽電池、ディスプレイ&照明

July, 8, 2020, Houston--

Exciton ScienceのARC Centre of Excellenceの研究者が開発した画期的なナノ結晶アセンブリ法の恩恵を受けるのは、スマートフォン、タブレットとラップトップディスプレイ、カメラレンズ、バイオ […]

全文を読む

NEC、光海底ケーブル「JGA」の北セグメントの建設を完了

July, 8, 2020, Singapore/東京--

NECは、2018年4月より建設を進めてきた日本・グアム・オーストラリアを結ぶ大容量光海底ケーブル「JGA (the Japan-Guam-Australia Cable System)」の北セグメント(日本・グアム間、 […]

全文を読む

グラフェンの理論限界を超えるテラヘルツ電磁波の増幅に成功

July, 8, 2020, 仙台--

炭素原子の単原子層材料であるグラフェンは、電子有効質量がゼロなどの特異な物性を有することから、従来の技術では困難な室温で動作するテラヘルツ光源・増幅素子を実現し得る夢の材料として注目されている。東北大学電気通信研究所尾辻 […]

全文を読む

マイクロチップの音響波寿命を延ばす光、音、アクション

July, 7, 2020, Sydney--

電子を使わないマイクロチップは、加熱しないデータ処理システムとなり、エネルギーコストを下げ、グリーンハウスガス放出を抑制する。この基本的研究は、そうした目標を達成するシステムの発明に貢献するものである。 オーストラリアと […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。