All about Photonics

ニュース

量子もつれ光を用いた、新たな赤外分光法を実証

March, 11, 2021, 京都--

京都大学、竹内繁樹 工学研究科教授、岡本亮 同准教授、向井佑 同研究員、田嶌俊之 同研究員、荒畑雅也 同博士課程学生らの研究グループは、量子もつれ光の干渉を用い、可視光のみの検出で赤外分光を実現する「フーリエ変換型赤外量 […]

全文を読む

高速Wi-Fiにフリースペースの光をキャプチャ

March, 10, 2021, Duke--

可視光と赤外光は電波よりも多くのデータを運ぶが、常に硬いワイヤ、光ファイバケーブルに閉じ込められている。Facebook’s Connectivity Labと共同研究しているデュークチームは、ファイバオプティクスのファ […]

全文を読む

超小型アンテナを使用した 300 GHz 帯テラヘルツ無線通信に成功

March, 10, 2021, Tomsk--

トムスク工科大学(TPU)と岐阜大学は、5Gネットワーク向けに超小型アンテナを開発した。  アンテナは、競合製品よりも製造容易、5倍小型である。サイズは、300GHzで約1㎜。岐阜大学、Shintaro Hisatake […]

全文を読む

II-VI Incorporated、Photonics West / BiOSで、新製品と技術を紹介

March, 10, 2021, Saxonburg--

II‐VI Incorporatedは、SPIE Photonics West Digital Forum and BiOS Digital Marketplaceで、広範な製品と技術革新のポートフォリオを紹介する。これ […]

全文を読む

IoTセンサ市場、2026年に296億ドル

March, 10, 2021, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「IoTセンサ市場、COVID-19の影響、センサタイプ、ネットワーク技術、業種、アプリケーション、地域(北米、ヨーロッパ、APAC、RoW […]

全文を読む

スウィンバーン工科大学、世界最速神経形態学チップを実証

March, 9, 2021, Dresden--

Swinburne University of Technologyをリーダーとする国際研究チームは、人工知能用に世界最速、最も強力な光ニューロモルフィックプロセッサを実証した。これは、10 TeraOPs/s超で動作し […]

全文を読む

イエーナ大学、半導体構造を鮮明に見るイメージング法

March, 9, 2021, Jener--

イエーナ大学の研究チームは、非破壊的、ナノメートル精度で材料を調べるために利用できる高分解能イメージング技術を開発している。  極紫外光によるコヒーレンストモグラフィ(XCT)の研究およびアプリケーションにおけるその可能 […]

全文を読む

AlGaAsブラッグ反射導波路ベースで量子エンタングルフォトンペア光源

March, 9, 2021, Freiburg--

“QuoAlA”プロジェクトでFraunhofer IAFは、エンタングルフォトン用のコンパクトオンチップ光源に取り組んでいる。これは、高精度センサ技術やセキュアな量子通信など、量子技術アプリケーション実現にとって重要な […]

全文を読む

光トランスポート装置市場、2020年に160億ドル

March, 9, 2021, Redwood City--

DellOro Groupの調査によると、2020年光トランスポート装置収益は1%増、160億ドルとなった。この期間、北米とラテンアメリカを除く全ての地域が成長した。 「パンデミックのスタート中に新たなオプティカル構築開 […]

全文を読む

グラフェンにペロブスカイトを3Dプリンティングした次世代X線ディテクタ

March, 8, 2021, Lausanne--

3Dアエロゾルジェットプリンティングを使いペロブスカイトをグラフェンに堆積することでEPFLの研究チームは、記録的な感度のX線ディテクタを作製した。これは、大幅に効率を高め、医療イメージングデバイスのコストと健康障害を低 […]

全文を読む

Lumentum、5/6ジャンクション905 nmVCSELアレイ発表

March, 8, 2021, San Jose--

Lumentum Holdings Inc.は、先進的コンシューマ、自動車LiDARと他の3Dセンシングアプリケーション向けに新しいハイパワー、高効率、5および6ジャンクションVCSELアレイを発表した。 LiDARと3 […]

全文を読む

プッシュプル締結方式採用フィジカルコンタクト光ファイバコネクタ、IEEEマイルストーンに認定

March, 8, 2021, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)が研究開発・普及推進した「プッシュプル締結方式を採用したフィジカルコンタクト接続による光ファイバコネクタ」の開発(1986年)、普及の功績が、技術分野における世界最大の学会であるIEEEより […]

全文を読む

結晶格子の運動をピコメートル精度で追跡することに成功

March, 8, 2021, 東京--

東京大学大学院新領域創成科学研究科、産総研・東大 先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ(産総研-東大OIL)、および高輝度光科学研究センターの研究グループは、大型放射光施設SPring-8 BL39XU […]

全文を読む

免疫系を刺激して腫瘍と闘わせるナノ粒子をデザイン

March, 5, 2021, Cambridge--

ガン治療の有望な戦略の一つは、身体独自の免疫系を刺激して腫瘍と闘わせることである。しかし、腫瘍は免疫系の抑制に非常に長けているので、この種の治療は、ほとんど全ての患者にとって有効でない。 MITエンジニアは、ガン免疫療法 […]

全文を読む

IBS、完全なままの頭蓋を通して見ることができる新タイプ顕微鏡

March, 5, 2021, Seoul--

新開発の顕微鏡は、ハードウエアとソフトウエアベース適応光学の組合せを利用して、対象画像を再構成する。  非侵襲的顕微鏡技術、光コヒーレンス顕微鏡や2光子顕微鏡は、生きた組織の生体イメージングに一般に利用されている。光が、 […]

全文を読む

THz分光法、非接触でグラフェンサンプルをマッピング

March, 5, 2021, Europe--

Graphene Flagshipは、テラヘルツ分光技術の開発と成熟のために、学界や産業界から研究者を呼び集めた。現在、グラフェン特性評価のための新しい計測ツールの準備ができている。 グラフェンは、多数の多様な層と材料に […]

全文を読む

近赤外光を利用したハイパースペクトル画像から粘膜下腫瘍(GIST)を識別

March, 5, 2021, 東京--

東京理科大学、国立がんセンターなどの研究グループは、近赤外光を利用したハイパースペクトル画像から消化管間質腫瘍(GIST)を識別する方法を開発した。  この研究を発展させることで、粘膜下腫瘍の鑑別診断、腫瘍の正確な範囲判 […]

全文を読む

光イメージング市場、2026年に33億ドル

March, 4, 2021, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の調査「光イメージング市場、技術(OCT、NIRS、HSI、PAT)製品(イメージングシステム、カメラ、レンズ、ソフトウエア)、治療領域(眼科、腫瘍学 […]

全文を読む

Kubos、初の商用適合GaN LEDsを発表

March, 4, 2021, Cambridge--

Kubos Semiconductors Ltdは、ケンブリッジ大学のスピンアウト技術を利用して、GaN立方晶相をベースにした初の商用適合LEDsを実証した。これは、より効率的な固体照明への大きな一歩である。 Kubos […]

全文を読む

II-VI、VCSEL投光イルミネータを発表

March, 4, 2021, Saxonburg--

II‐VI Incorporatedは、自動車のドライバーと専有モニタリングシステム向けにVCSELフロッドイルミネータを発表した。 欧米の交通安全規則は、車輌のドライバーと占有モニタリングシステムをますます推奨、あるい […]

全文を読む

TV用途MiniLEDチップ、2021年に2億7000万ドル

March, 4, 2021, Taipei--

TrendForceの調査によると、MiniLEDバックライトTVからのMiniLEDチップの総収益は、2021年に2億7000万ドルに達する可能性がある。メーカーが、徐々に技術的ボトルネックを克服し、製造コスト全般を下 […]

全文を読む

POETのLightBar-C、オプティクスと光センシングコパッケージを狙う

March, 3, 2021, Toronto--

POET Technologies Inc.は、光コンピューティングチップセットおよびセンシングアプリケーション向け完全集積、マルチ光源、“LightBar-C”により、Optical Interposerを新たなアプリ […]

全文を読む

光の解放、新しい光学アンテナでデータ制限が消える

March, 3, 2021, Berkeley--

カリフォルニア大学バークリー校(UC Berkeley)の研究者は、光波の特性を利用する新しい方法を発見した。これにより光によるデータ転送量が劇的に増加する。チームは、同心円でできたアンテナからの捻れた個別レーザビームの […]

全文を読む

MIT、新しい「メタレンズ」、チルトや移動なしで焦点を変える

March, 3, 2021, Chalmers--

MITのエンジニアは、物理的な位置や形状を変えることなく、複数の深さで対象に焦点を合わせることができるチューナブル「メタレンズ」を作製した。そのレンズは、固体ガラスではなく、透明な「位相変化」材料でできている。その材料は […]

全文を読む

NIL Technology、光3Dセンシング製造加速に2600万ユーロ調達

March, 3, 2021, Copenhagen--

先進的光学ソリューションのスペシャリストNIL Technology (NILT)は、資金調達で2600万ユーロ(3100万ドル)を獲得した。資金調達は、Jolt Capital, NGP CapitalおよびVækst […]

全文を読む

ディスプレイ市場、2026年に1771億ドル

March, 2, 2021, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)の調査「ディスプレイ市場、COVID-19影響分析、製品ごと(スマートフォン、ウエアラブル、TVs、サイネージ、タブレット)、解像度、ディスプレイ技術 […]

全文を読む

ネオフォトニクス400G ZRモジュール、80℃ケース温度サポート

March, 2, 2021, San Jose--

NeoPhotonics 400G ZRモジュール、システム冷却要件を低減し、データセンタにおける電力削減に寄与する。  NeoPhotonics Corporationは、拡張ケース温度QSFP-DD 400G ZRモ […]

全文を読む

Lumileds、LUXEON 3030 HE Plus Horticultureで業界成長に対処

March, 2, 2021, San Jose--

Lumiledsは、LUXEON 3030 HE Plus Horticulture LEDsが即刻、大量に利用できるようになると発表した。同社の先進的3030 LEDポートフォリオに基づき、園芸に特徴付けられる新規オプ […]

全文を読む

だまし絵風の形状を持つ有機分子による強い円偏光発光色素材料開発

March, 2, 2021, 東京--

北里大学理学部化学科の長谷川真士講師、野島裕騎大学院生(博士後期課程1年)、真崎康博教授と近畿大学理工学部応用化学科の今井喜胤准教授の研究グループは、エッシャーのだまし絵などの要素として知られる不可能図形をモチーフとした […]

全文を読む

NTT、現実的な装置を用いた量子力学的に安全な高速乱数生成に成功

March, 1, 2021, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、現実的な光学装置を使い、高い安全性を達成する高速な量子乱数生成器(QRNG)を世界で初めて実現した。  QRNGは量子測定の確率的な性質を利用して真の乱数を作り出す装置。この乱数はもし盗 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。