All about Photonics

ニュース

LED/パワーエレクトロニクス向けGaN-on-Si基板技術と市場レポート

March, 28, 2014, Lyon--

フランスの調査会社Yole Développement社は、LEDとパワーエレクトロニクス向けGaN-on-Si基板技術と市場レポートを発表した。 現在、LED製造では、GaN on sapphireが主流 […]

全文を読む

高速道路走行中の脳活動可視化に成功

March, 28, 2014, 名古屋--

中日本高速道路と共同研究者、東京大学生産技術研究所の須田義大教授は、脳機能近赤外線分析測定法(fNIRS/エフニルス:functional near-infrared spectroscopy)(注1)装置を車両に搭載し […]

全文を読む

ペンシルバニア大学設計のデバイス、脳卒中患者の個別ケアに有望

March, 27, 2014, Tübingen--

ペンシルバニア大学が設計した、急性脳卒中患者の脳血流(CBF)を非侵襲的、継続的にモニタするデバイスを使うことで、ベッドの頭(HOB)の位置が脳に至る血流にいかに影響をあたえるかが同大学の研究チームには分かってきた。 急 […]

全文を読む

暗闇でも機能する、世界初の光で活性化する抗菌面を開発

March, 27, 2014, London--

ロンドン大学(UCL)の研究チームは、院内感染を遮断することができる新しい抗菌材料を開発した。 2つの単純な染料とゴールドナノ粒子との組み合わせは、光で活性化すると、室内の光が少なくても、細菌には致死的となる。この種の物 […]

全文を読む

抗生物質を光でON/OFFスイッチング

March, 27, 2014, Karlsruhe/Kiev--

KITとキエフ大学の研究チームが、光で生物活性をコントロールできる抗生物質を開発した。 しっかりしたジアリールエテン光スイッチのおかげでペプチド模倣薬の抗菌効果を空間的、時間的に特殊な仕方で適用できる。これにより、副作用 […]

全文を読む

バクテリア細胞と非生物要素を組み合わたハイブリッドマテリアル

March, 26, 2014, Cambridge--

MITのエンジニアは、金(gold)やナノ粒子、量子ドット(QD)などの非生物材料を組み込んだ生物膜(biofilm)を細菌細胞に造らせようとしている。  これらの「生体を構成する物質」は環境に反応するという生きた細胞の […]

全文を読む

LEDと超伝導体を組み合わせてエンタングルフォトンを生成

March, 26, 2014, Toronto--

トロント大学物理学者、Alex Hayatの研究チームは、エンタングルメントとして知られる量子物理学現象を活用する新しい効率的な方法を提案した。  このアプローチは、LEDと超伝導体を組み合わせてエンタングルフォトンを生 […]

全文を読む

中赤外フォトニクス回路とセンサでⅣ族半導体Ge利用を狙う

March, 26, 2014, Southampton--

サザンプトン大学オプトエレクトロニクスリサーチセンタ(ORC)研究チームの新しい研究プロジェクトは、Ⅳ族半導体、ゲルマニウムが中赤外(Mid-IR)フォトニクス回路およびセンサとして使える材料であるどうかを立証することを […]

全文を読む

微細構造制御を可能にするピコデオンのPLD技術

March, 26, 2014, Ii--

フィンランドの薄膜被覆専業ピコデオン(Picodeon Ltd Oy)は、多孔質コーティング、緻密アルミナ(Al2O3)コーティングのいずれかができる超短パルスレーザ蒸着(USPLD)表面被覆技術を開発した。コーティング […]

全文を読む

光センサにより自動車産業のスポット溶接効率向上

March, 25, 2014, Dresden--

フラウンホーファーIPMSは光センシングシステムのプロトタイプを発表する。 「スマートドレス」(SmartDress)欧州共同研究プロジェクトには3研究機関、産業界の4社が参加して2年前から作業を進めている。プロジェクト […]

全文を読む

Daylight、レーザベースIR顕微鏡プラットフォーム発売

March, 25, 2014, San Diego--

デイライトソリューションズ(Daylight Solutions, Inc)は、世界初の商用レーザベース赤外顕微鏡プラットフォームSperoを販売すると発表した。 同社によると、Speroは画期的な化学イメージングとリア […]

全文を読む

古河電工、光給電カメラの製品化に成功

March, 25, 2014, 東京--

古河電気工業(古河電工)は、光ファイバを使って電源を供給し、画像を伝送する光給電カメラの製品化に世界で初めて成功した。2本の光ファイバを接続するだけで、画像を約10Km離れた遠隔地に伝送することが可能。 監視地点に電源や […]

全文を読む

米国DOE、中小企業のクリーンエネルギー促進に1700万ドル投資

March, 25, 2014, Washington--

オバマ大統領の国家気候変動行動計画(Climate Action Plan)に基づいて米国がクリーンエネルギーイノベーションで引き続け主導的役割を果たすために、エネルギー省(DOE)エネルギー効率および再生可能エネルギー […]

全文を読む

Huawei、EANTC、Ixiaが業界初の1Tラインカードテストを実施

March, 24, 2014, Paris--

ファーウェイ(Huawei)は、同社コアルータの1Tラインカードが、EANTCによるパフォーマンス評価でラインレートパフォーマンスを実証したと発表した。 Huaweiのルータの1Tラインカードは、8×100GEと24×4 […]

全文を読む

小型化の壁を破るナノスケール光スイッチ

March, 24, 2014, Nashville/Birmingham--

超高速、超小型光スイッチが発明された。これは、携帯電話から自動車までの広い範囲のコンシューマ製品の内部でフォトンがエレクトロニクスに取って代わる日への前進を示している。 この新しい光デバイスは、1秒間に数兆回ON/OFF […]

全文を読む

ユタ大学、光を金属に押し込み高速通信

March, 24, 2014, Salt Lake City--

ユタ大学電気工学の研究チームは、安価なインクジェットプリンタを使い、情報伝達に金属内の光を用いる微小構造を作製した。この新しい技術は、このような微小構造内の伝導性を制御し、電子デバイスの超高速コンポーネントを素早く作製、 […]

全文を読む

量子コンピューティングに有望な「超低温」分子

March, 24, 2014, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、レーザを使って原子を絶対零度に冷却しそれらを密着させることで新たな「超低温」分子を作製した。この技術は量子コンピューティング、高精度センサ、先端シミュレー […]

全文を読む

DARPA、大気擾乱補正機能付レーザ兵器デモンストレーション

March, 20, 2014, Arlington--

米国国防省国防高等研究事業局(DARPA)は、開発中のレーザ兵器が7km先の目標に正確に命中したと発表した。これに大きく寄与したのは、このような距離で優れたビーム品質を維持した21素子の光フェーズドアレイ(OPA)。 最 […]

全文を読む

テレダインレクロイ、100GHzオシロスコープと光テスト技術をデモ

March, 20, 2014, San Francisco--

テレダインレクロイ(Teledyne LeCroy)は、サンフランシスコで開催されたOFC2014でオシロスコープと光テスト技術の最新イノベーションを紹介した。これには、100GHz帯域のオシロスコープ、高いボーレートの […]

全文を読む

シリコンフォトニクスベースQSFP光トランシーバMSA設立

March, 20, 2014, San Francisco--

メラノクス(Mellanox Technologies, Ltd)とラノバス(Ranovus, Inc)は、業界コンソーシアムOpenOpticsの設立を発表した。同コンソーシアムは、大規模クラウドデータセンタ相互接続要 […]

全文を読む

Caltech、光を曲げるシリコンチップを開発

March, 20, 2014, Pasadena--

カリフォルニア工科大学(Caltech)のAli Hajimiri、Thomas G. Myers電気工学教授の研究チームは、光を曲げるシリコンチップを開発した。 従来のプロジェクタは、微小な画像に光ビームを透過させ、レ […]

全文を読む

FOC、FPC型100G/400G対応LN変調器を販売開始

March, 19, 2014, 東京--

富士通オプティカルコンポーネンツ(FOC)は、現在導入が進んでいる100G超の光ネットワーク用として、100G DP-QPSK、400G DP-xQAM方式に対応したFPC(Flexible Printed Circui […]

全文を読む

NTT、100万ビット規模の量子コンピュータ実現に向けた新手法を確立

March, 19, 2014, 東京--

日本電信電話(NTT)は、光格子中に束縛された約100万個の原子に対して量子コンピュータのリソースとなる大規模な量子もつれ状態を高精度かつ高速に生成する手法を世界で初めて確立した。 この成果により、量子コンピュータ実現に […]

全文を読む

UCSBとIQE、提携して大規模フォトニック集積を開発

March, 19, 2014, Cardiff--

IQE plcの発表によると、ローコストと大容量通信アプリケーションを狙ってフォトニクスデバイスとシリコン技術の集積を可能にするシリコン基板次世代量子ドットレーザ開発支援にIQEのエピタキシャルウエハ技術が使われた。 I […]

全文を読む

2D材料がオプトエレクトロニクスに有望

March, 19, 2014, Cardiff--

MITの研究チームは、光を抑制したり放出したりすることができるデバイス作製に厚さわずか数原子の新しい材料を使った。 この概念実証は、超薄型、軽量、柔軟な太陽電池、LEDおよび他のオプトエレクトロニクスデバイスにつながる。 […]

全文を読む

Huawei、400G WDM伝送で3000km

March, 18, 2014, San Francisco--

ファーウェイ(Huawei)は、OFC2014で超長距離(ULH)伝送用400G WDMプロトタイプを発表した。 このプロトタイプは、Faster Than Nyquist(FTN)技術を使い、400G伝送距離を3000 […]

全文を読む

成長著しいOTNスイッチング、2013年は37%成長

March, 18, 2014, Campbell--

Infonetics Researchは「OTNとパケットオプティカルハードウエア」レポートを発表した。これは光トランスポートネットワーク(OTN)スイッチングとトランスポート装置、パケットオプティカルトランスポートシス […]

全文を読む

IQEのVCSELウエハでIBMが64Gb/sデータ伝送達成

March, 18, 2014, Cardiff--

IQE plcは、同社の最先端のVCSELエピウエハ技術がハイパフォーマンス光リンク開発に使われたと発表した。この成果は、IBMとChalmers工科大学がOFCで発表した。 光インタコネクトのデータレートは増え続けてお […]

全文を読む

モレックスzCD AOCインタフェース400Gまで拡張可

March, 18, 2014, Lisle--

モレックス(Molex Incorporated)が先頃発表したインタフェースzCDアクティブオプティカルケーブル(AOC)インタコネクトソリューションを業界最先端のCDFP MSAが、同コンソーシアムの400Gbpsホ […]

全文を読む

レーザパワーでスーパーレゾリューションレーザ加工が可能

March, 17, 2014, Sydney--

新たに発見された自然現象は、光を使って物質を原子単位で分解できることを示している。これはオーストラリアの研究者がNature Communicationsに発表した論文で、ナノスケールのダイヤモンドデバイスへの新たな道を […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。