All about Photonics

ニュース

シングルフォトンのターンキー光源に向けて大きく前進

April, 11, 2014, Sydney--

オーストラリアとフランスの研究チームが、単一の正確に調整されたフォトンのターンキー光源に向けて大きく前進した。使ったのは集積光チップ。  シングルフォトンの高品質光源は、量子技術の進歩にとって極めて重要である。量子技術と […]

全文を読む

モバイルフォン用の量子暗号スキームを開発

April, 11, 2014, Sydney--

ブリストル大学(University of Bristol)の量子フォトニクスセンター(CQP)はノキア(Nokia)と協力して、量子鍵配信(QKD)を使う量子暗号を将来モバイル機器に入れる超高セキュリティ構想を計画し、 […]

全文を読む

有機太陽電池は分子を正面向きにすることで効率が向上する

April, 11, 2014, Raleigh--

ノースカロライナ(NC)州立大学とUNC-Chapel Hillの新しい研究によって、ドナー分子が、アクセプタに対して横向きではなく、正面向きに整列されている時、複雑な3D有機太陽電池の中でエネルギーがより効率的に移送さ […]

全文を読む

MLBネットワーク、キャリアントのS320光回線スイッチを導入

April, 11, 2014, Las Vegas--

キャリアントテクノロジーズ(Calient Technologies, Inc)によると、MLB NetworkはCALIENT S320光回線スイッチ(OCS)を導入してMLBネットワークのビデオ、データスイッチングイ […]

全文を読む

次世代太陽電池の効率向上にナノ加工複合材料

April, 10, 2014, Umeå--

カーボンナノチューブが太陽電池でシリコンに代わるものとしてますます関心を集めている。スウェーデンのウメオ大学(Umeå University)の研究チームは、ナノ構造にカーボンナノチューブをコントロールして入 […]

全文を読む

NCSU、LEDをより高輝度に、より強くする新技術を開発

April, 10, 2014, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(NCSU)の研究チームは、半導体材料GaNをリンから生成した酸の層でコーティングすることによってLEDをより高輝度に、耐久性を高くする新しい加工技術を開発した。  「極性窒化ガリウム(GaN)を […]

全文を読む

光の吸収力を改善する多層導波路テーパーアレイ

April, 10, 2014, Buffalo--

バッファロー大学フォトニクス研究のブレイクスルーで、太陽電池の効率化、レーダーやステルス技術の改善、機器が生成する廃熱の再利用など、これら全てが可能になる。 この研究では、「多層導波路テーパーアレイ」というナノスケールマ […]

全文を読む

世界の産業用レーザシステム市場、2013年に5%成長で105億ドル

April, 10, 2014, Taegerwilen--

世界の産業用レーザシステム市場は、前年比5%増で2013年に107億ドルに達した。 オプテック・コンサルティング(Optech Consulting)市場調査によると、切断、溶接、マーキングを含むレーザマクロ加工システム […]

全文を読む

NTU、日中は太陽電池、夜は光パネルになる材料を発見

April, 9, 2014, Singapore--

南洋理工大学(NTU)の研究チームは、光を電気に変換するだけでなく、発光もする次世代太陽電池材料を開発した。  この太陽電池はペロブスカイトから開発した。ペロブスカイトは、太陽電池の効率を高め、安価にする鍵を握る有望な材 […]

全文を読む

AmmonoとUnipress、GaN製造技術でブレイクスルー

April, 9, 2014, Warsaw--

Ammonoとポーランド科学アカデミー高圧物理学研究所の研究チームは、新しい独自のブレイクスルー技術を考案した。これにより、ハイブリッドAmmono-HVPE GaNシーズをベースにしてアモノサーマルGaNの生産が安価で […]

全文を読む

フラウンホーファーIPMS、遺伝子研究向けにMEMSミラー開発

April, 9, 2014, Dresden--

フラウンホーファーIPMSは、超高速で、マイクロメートル精度で様々な波長の光の方向を変えることができるプログラマブルMEMSチップを開発した。  この技術は、光学顕微鏡にインストールすると、個々の細胞よりも小さな多数の目 […]

全文を読む

英国のレーザ加工機メーカー、北米の鉄道プロジェクトに加工装置納入

April, 9, 2014, Dresden--

英国の特殊レーザワイヤ加工機メーカー、スペクトラム・テクノロジー(Spectrum Technologies PLC)は、ボンバーディア・トランスポーテーション(Bombardier Transportation)にハイ […]

全文を読む

ON Semiconductor、現金9200万ドルでTruesense Imagingを買収

April, 8, 2014, Phoenix/Rochester--

ONセミコンダクタ(ON Semiconductor Corporation)は、トルーセンス・イメージング(Truesense Imaging, Inc)を買収することで最終合意に達した。 契約の要点 •高利益率の産業 […]

全文を読む

アリゾナ大学開発のレーザ技術で落雷回避

April, 8, 2014, Phoenix/Rochester--

アリゾナ大学と中央フロリダ大学の研究チームは、以前よりも遙かに長い距離、大気中を高強度レーザビームを放出することができる技術を開発した。この研究は、まだ実験室段階であるが、いずれ稲妻のような放電を建物から逸らすことができ […]

全文を読む

アバゴ、QSFP+ MMF光トランシーバ出荷50万個超

April, 8, 2014, San Jose--

アバゴ(Avago Technologies)は、エンタプライズネットワーキング、コンピュータおよびストレージアプリケーション向けQSFP+ マルチモードファイバ(MMF)光トランシーバモジュールの出荷数が50万個を超え […]

全文を読む

薄型スクリーンLED TV/モニタ向けシングルコネクタソリューション

April, 8, 2014, Lisle--

モレックス(Molex Incorporated)は、IllumiMate 1.00と1.25㎜ピッチワイヤ-ボードコネクタシステムを発表した。  これらは、現在市場にある類似のコネクタシステムよりも嵌合スタイル、定格電 […]

全文を読む

BYU、危険物質の遠隔検出を狙う新しいIR技術

April, 7, 2014, Provo--

ブリガムヤング大学(BYU)の統計学、Candace Berrett教授は、長波長赤外カメラで撮った画像のピクセル毎に物質の特性を明らかにするモデルを開発した。このプロジェクトは、米国国家核安全保障局(NNSA)からBY […]

全文を読む

NDSsi、LEDワイドスクリーン6MP放射線医学ディスプレイFDA認可

April, 7, 2014, San Jose--

NDS Surgical Imaging(NDSsi)は、同社の新しいDome S6c診断ディスプレイ、6メガピクセル(MP) LEDワイドスクリーンモデルが米国食品医薬品局(FDA) 510(k)認可を受けたと発表した […]

全文を読む

アジレント、革新的なハンドヘルドFTIRを発表

April, 7, 2014, 東京--

アジレント・テクノロジーは、次世代型ハンドヘルドFTIR「Agilent 4300 ハンドヘルドFTIR」を発表した。先端材料、芸術品、歴史的遺物、地質学、農業、複合材料、コーティング、ポリマなど、様々な測定対象物の中赤 […]

全文を読む

業界最小のIO-Link照度センサでクリア、RGB、IR光を高精度検出

April, 7, 2014, San Jose--

マキシムインテグレーティッドプロダクツ(Maxim Integrated Products, Inc)のSanta Cruz (MAXREFDES23#)照度センサ(ALS)を使用することで工場は、産業アプリケーションに […]

全文を読む

ウィーン工科大学、超薄型光ディテクタを開発

April, 4, 2014, Vienna--

ウィーン工科大学(TU Vienna)は、新しい極薄光ディテクタを開発した。ここでは、2つの異なる技術、メタマテリアルと量子カスケード構造とを初めて統合した。  半導体層の超薄システムは、電圧を光に換えるが、その反対も可 […]

全文を読む

2014年、O-S-D市場は2年続きの低迷から脱する

April, 4, 2014, Scottsdale--

ICインサイツ(IC Insights)は、「O-S-Dレポート-オプトエレクトロニクス、センサ/アクチュエータ、ディスクリートの市場分析と予測」を発表した。それによると、経済の回復と新しいアプリケーションによりO-S- […]

全文を読む

世界のLED照明チップ販売は2017年に34億ドル

April, 4, 2014, Santa Clara--

NPDディスプレイサーチ(DisplaySearch)の「四半期LED照明とディスプレイ需給レポート」によると、ディスプレイのバックライト用LEDチップの需要は落ち込むが、LED照明販売は成長が続くので、LEDチップ全体 […]

全文を読む

超広帯域スクィーズド光源と検出技術を開発

April, 4, 2014, 東京--

情報通信研究機構(NICT)は、産業技術総合研究所(産総研)、上智大学および学習院大学と共同で、光ファイバ通信波長帯における超広帯域のスクィーズド光源とスクィーズド光を高精度に検出する光子数識別技術の開発に成功した。   […]

全文を読む

自閉症患者の脳を観察する最先端のレーザ顕微鏡

April, 3, 2014, Edinburgh--

エディンバラ大学の研究チームは、自閉症患者の複雑な脳の回路で何が問題なのかを見ようとしている。  研究チームは次に、自閉症の兆候、反復行動や意思疎通問題を含め、それらの兆候と闘うために使用される見込みのある薬をテストする […]

全文を読む

MIT、方向によって光の波をフィルタリングする初めての方法

April, 3, 2014, Cambridge--

光の波は3つの基本的特性、色(波長)、偏光、方向で定義できる。色と偏光で選択的に光をフィルタリングすることは以前から可能だったが、伝搬方向に基づいて選択することは難しいままになっている。  MITの研究チームは、波長を問 […]

全文を読む

ワシントン大学、セレン化タングステンからLEDを作製

April, 3, 2014, Washington--

ワシントン大学の研究チームは、エレクトロニクスで光エネルギー供給源として使える最薄型LEDを作製した。  このLEDは2Dの柔軟な半導体からできており、スタックすることが可能であり、非常に小さく多様なアプリケーションに使 […]

全文を読む

トプティカ、ガイドスターレーザをESOに引き渡す

April, 3, 2014, Munich--

トプティカ(TOPTICA)は、チリのパラナルにある超大型望遠鏡(VLT)、ヨーロッパ南天天文台(ESO)のAdaptive Optics Facilityに設置される新世代のナトリウムガイドスターレーザを3年かけて完成 […]

全文を読む

VivoSight OCTを用いた基底細胞ガン臨床試験結果を発表

April, 2, 2014, Orpington--

マイケルソンダイアグノスティクス(Michelson Diagnostics)は、VivoSight OCTを使用した基底細胞ガン診断のマルチセンター、予測臨床トライアルを完了したと発表した。 この研究では、臨床的に基底 […]

全文を読む

MIT、新しい顕微鏡技術で細胞の3D画像を捉える

April, 2, 2014, Cambridge--

MITの研究グループは、2007年、蛍光マーカーや他のラベルなしで生きた細胞の内部を3Dで詳細に見ることができる顕微鏡を開発した。この技術は、細胞密度と言った重要な特徴も明らかにした。 今回、細胞が微小流体チャネルを流れ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。