All about Photonics

Science/Research

イエール大学、金属3Dプリント法の新方法

September, 13, 2018, New Haven--

イエール大学機械工学・材料科学教授、Jan Schroers教授をリーダーとする研究チームは、金属ガラスから物体を3Dプリントする新しいアプローチを開発した。  メタリックガラスは、最良金属よりも強く、比較的新しい材料で […]

全文を読む

3Dプリンティング用粉末の清浄度と安全性を分析する先端画像解析法

August, 21, 2018, Montréal--

カナダ国立研究評議会とAP&C、GE Additiveの子会社は、3Dプリンティングで使用される粉末の品質をテストする新しい方法を開発した。これにより強力で汚染のない、安全かつ高信頼の3Dプリント部品を航空宇宙 […]

全文を読む

HZBチーム、世界最速3D断層画像を開発

August, 14, 2018, Berlin--

Helmholtz-Zentrum Berlin(HZB)チームは、 BESSY II、EDDIビームラインで独創的な、高精度回転テーブルを開発した。これによって、発泡プロセス中に気泡を1秒に25断層画像記録することが可 […]

全文を読む

ガラスのレーザ加工を従来の5000倍の速さで実現

August, 10, 2018, 東京--

東京大学大学院工学系研究科機械工学専攻の伊藤佑介大学院生、杉田直彦教授らは、ガラスの微細精密加工を従来の5000倍の速さで実現するレーザ加工技術の開発に成功した。  電子機器や光学機器の高性能化のためにガラス材料に微細加 […]

全文を読む

フォトニクスチップの大規模製造で前進

June, 21, 2018, Enschede--

フォトニクスは、高速でエネルギー効率のよい通信で重要な役割を果たす。光チップは、インターネットデータセンターをより地球にやさしくする。新しい5G標準を可能にし、センシングなどでさまざまなアプリケーションがある。しかし、大 […]

全文を読む

レーザコーティング照射条件の施工前予測が可能なシステムを開発

June, 19, 2018, 大阪--

日本原子力研究開発機構高速炉・新型炉研究開発部門 敦賀総合研究開発センター レーザ・革新技術共同研究所の村松壽晴GL、原子力科学研究部門 物質科学研究センター 放射光エネルギー材料研究ディビジョンの菖蒲敬久研究主幹と大阪 […]

全文を読む

3Dプリント部品をサンディアのロボットセルで「瞬時に」テスト

June, 18, 2018, Ames--

現在、3Dプリンティングでほぼ何でも数時間で作製できる。しかし、その部品が信頼性よく機能することの確認は、数週間、あるいは数ヶ月もかかる。  サンディア国立研究所は、6面作業セルを設計、作製した。これは円形デスクに似てお […]

全文を読む

LZH、スチールとアルミの高速・安全な混合レーザ溶接工程

June, 8, 2018, Hannover--

将来の自動車産業にとっては、スチール-アルミ混合接合でできた負荷最適化、軽量コンポーネントが必要になる。LaserLeichterプロジェクト内で、Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、ス […]

全文を読む

高出力レーザのその場でリアルタイムモニタリングに新パワーメータ

June, 6, 2018, Orlando--

NISTの研究チームは、「スマートミラー」という折り畳み形状のコンパクト、高精度、使用時のレーザパワーメータを開発した。これにより、使用時に、レーザパワーのリアルタイム計測が可能になる。  ハイパワーレーザは、精密切断、 […]

全文を読む

産総研、加工技術の複合化により高品位微細加工を超小型装置で実現

June, 5, 2018, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)製造技術研究部門表面機能デザイン研究グループ栗田恒雄主任研究員、三宅晃司研究グループ長は、従来は加工困難だった高アスペクト比(大きな縦横比)の、小径の穴や狭い溝などを金属に加工できる超小型のD […]

全文を読む

三菱電機、「火花がほとんどでないファイバレーザ溶接技術」を開発

May, 18, 2018, 東京--

三菱電機は、100%子会社である多田電機と共同で、「火花がほとんどでないファイバレーザ溶接技術」を開発した。ファイバレーザ溶接の不良や溶接速度低下の原因となる溶けた金属(溶融金属)が火花状態で飛び散る量(飛散量)を95% […]

全文を読む

米軍研究所、リサイクルの戦場廃物から3Dプリンターフィラメント抽出

May, 11, 2018, ABERDEEN PROVING GROUND--

米国陸軍研究所とアメリカ海兵隊との協力で、兵士が戦場で必要とする3Dプリンティングパーツに廃プラスチック、水筒、ミルクジャグ、ヨーグルト容器などが使えることが分かった。  再生材料は、アディティブマニュファクチャリング( […]

全文を読む

VTT、スマートメタルパーツを3Dプリント

April, 19, 2018, Espoo--

フィンランドVTT技術研究センター(VTT Technical Research Centre of Finland)は、スマートシャフトの3Dプリンティングに成功した。特に全般的なプロセス管理チェーン、3Dプリンティン […]

全文を読む

米国空軍、超音速飛行能力拡大を狙い積層造形法に注目

April, 11, 2018, ARNOLD AIR FORCE BASE--

米国空軍研究所(AFRL)航空宇宙システム局は、HRL研究所と共同R&D、材料移転契約を結び、積層造形(AM)されたシリコンオキシカーバイド(SiOC)材料をテストする。セラミックの難溶性とともに,積層造形で製 […]

全文を読む

バルク金属・ガラスアロイ作製に3Dプリンティングを利用

April, 11, 2018, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(North Carolina State University)の研究チームは、3Dプリンティング技術を使って大型アモルファス金属、つまり金属ガラスアロイを作製できることを実証した。これは様々な […]

全文を読む

LLNL、ガラスオプティクスを3Dプリント

April, 5, 2018, Vancouver--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、現在市場で入手できるガラス製品に匹敵する光学品質のガラス3Dプリントに初めて成功した。  Advanced Materials Technologiesに発表された […]

全文を読む

Ampower、自動車の積層造形研究を発表

March, 22, 2018, Brussels--

Ampower Insightが発表した”Additive Manufacturing of Automotive Components”(自動車部品の積層造形製造)によると、積層造形法(AM)の […]

全文を読む

フラウンホーファーIWS、接着剤なしのボンディング技術を開発

March, 22, 2018, Dresden--

フラウンホーファーIWS(Fraunhofer-Institut für Werkstoff- und Strahltechnik IWS)は、異なる特性の材料を接続する新しい工程を開発した。  熱直接結合は、レーザ構造 […]

全文を読む

3Dプリントされた仕切り壁の崩壊を阻止するSuikerの方程式

February, 22, 2018, Eindhoven--

3Dプリント材料は、一般にプリンティング中、柔らかく柔軟であるので、プリントされたウォール(仕切り壁)は崩壊や垂れ下がりやすい。アイントホーフェン工科大学(TU/e)応用力学のAkke Suiker教授は、この構造的問題 […]

全文を読む

次世代SLMシステムのブループリント作成

November, 14, 2017, Aachen--

積層造形法(AM)は、工業生産でますます重要になってきている。決め手は、構築体積のスケーラビリティとAMシステムの生産性である。こうした背景に対して、フラウンホーファーレーザ技術研究所(Fraunhofer Instit […]

全文を読む

AFRL、高輝度X線でAMプロセスを解明

November, 14, 2017, Wright-Patterson Air Force Base--

米国空軍研究所(AFRL) Materials & Manufacturing Directorate研究チームは、アディティブマニュファクチャリング(AM)プロセスで使用される材料の性質についての理解向上のた […]

全文を読む

神奈川工科大学「光る色素で3Dプリンターでの造形物内に情報を埋め込む新技術」を開発

November, 13, 2017, 厚木市--

神奈川工科大学とDIC株式会社は、近赤外蛍光色素を用いて3Dプリンター造形物内に情報を埋めこむ新技術の開発に成功した。これにより、3Dプリンター造形物の高付加価値化が可能となり、3Dプリンターの新たな応用・活用が期待でき […]

全文を読む

ロッキード、コンパクト航空機搭載高エネルギーレーザ機能開発契約

November, 10, 2017, Bothell--

ロッキードマーチン(Lockheed Martin)は空軍研究所(AFRL)から、ハイパワーファイバレーザの設計、開発および製造で2630万ドルのプロジェクトを受注した。  AFRLは、2021年までに戦術ジェット戦闘機 […]

全文を読む

LLNL、3Dプリント海洋グレードステンレススチールでブレイクスルー

November, 9, 2017, Livermore--

「マリーングレード」ステンレススチールは、腐食環境下の性能およびその高展性、応力下で壊れることなく曲がる能力で評価されており、石油パイプライン、溶接、台所用品、化学装置、医療インプラント、エンジン部品や核廃棄物貯蔵向けに […]

全文を読む

TPU、チタン航空機部品を3Dプリンティング

November, 8, 2017, Tomsk--

トムスク工科大学(Tomsk Polytechnic University)の物理学者は、アディティブマニュファクチャリングをベースにしてチタン合金から水素耐性の製品を造ることに取り組んでいる。その技術を使う金属製品の生 […]

全文を読む

青色半導体レーザの高輝度化により純銅を積層造形できる3Dプリンター開発

October, 25, 2017, 大阪--

NEDOプロジェクトにおいて大阪大学は、世界で初めて、青色半導体レーザの高輝度化により純銅を積層造形できる3Dプリンターを開発した。  この成果により、これまでレーザを用いては溶融が困難であった高電気伝導性と高熱伝導性を […]

全文を読む

フラウンホーファーILT、バッテリ用3Dプリントコネクタの精密微細接続実現

October, 6, 2017, Aachen--

11月にミュンヘンで行われる展示会でフラウンホーファーILT(Fraunhofer Institute for Laser Technology ILT)は、LaserTAB (Laser-Based Tape-Auto […]

全文を読む

NASA、初の3Dプリントロケットエンジン部品をテスト

October, 4, 2017, Huntsville--

NASAマーシャルスペースフライトセンタ(Marshall Space Flight Center)のエンジニアは、NASA初の3Dプリントロケットエンジンプロトタイプ部品をテストした。プロトタイプ部品は、先進的製造工程 […]

全文を読む

HRL、ナノ粒子を使い高強度アルミニウム合金を3Dプリント

September, 29, 2017, Malibu--

HRL Laboratories, LLCは、有名ファシリティの研究者が開発した高強度アルミニウム合金を3Dプリントする技術に成功し、冶金にブレイクスルーを達成した。  このアルミニウム合金には、Al7075 and A […]

全文を読む

古いエンジンを修理する3Dプリンティング工程を開発

September, 27, 2017, Oak Ridge--

ディーゼルエンジンメーカー、Cummins, Incは、オークリッジナショナルラボラトリ(ORNL)と協働して、ボンネットの下で、100万マイルの極限状態で損傷を受けたヘビーデューティ自動車エンジンの修復材料を開発する。 […]

全文を読む

1 / 41234

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。