All about Photonics

Science/Research

超音波操作技術をベースにした新しい3Dプリンティング法

June, 28, 2017, Vilnius--

NeurotechnologyのUltrasound Research Groupは、新しい特許申請中の超音波3Dプリンティング技術を開発している、と発表した。この新技術は、幅広い多様な材料とコンポーネントを用いてほとん […]

全文を読む

ダイヤモンドレンズでオプティクスを大幅軽量化

June, 21, 2017, Aachen--

合成ダイヤモンドは、レーザオプティクスの材料として魅力的である。その超高屈折率と優れた熱伝導性により、ダイヤモンド製のレーザオプティクスは従来のレーザオプティクスよりも10倍軽量になる。kW領域のファイバレーザは、したが […]

全文を読む

産総研、加工用レーザのパワー制御システムを開発

June, 16, 2017, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)物理計測標準研究部門応用放射計測研究グループ沼田 孝之主任研究員は、加工用の高出力レーザのパワーを高精度に制御するシステムを開発した。  高出力レーザは、複合材料などの加工が難しい材料の切断や […]

全文を読む

UTA研究者、パワースケーリングコンパクト半導体レーザ開発資金獲得

June, 12, 2017, Arlington--

従来のハイパワーレーザは大きくて、可搬プラットフォームで使うのが難しい装置を必要としているが、テキサス大学アーリントン校(University of Texas Arlington)の研究者が、こうした問題に対処する半導 […]

全文を読む

MITスピンアウト、商用自動3Dプリンター

June, 8, 2017, Hannover--

MITスピンアウトNew Valence Robotics (NVBOTS)は、完全自動化商用3Dプリンターを市場に投入した。このプリンターは、クラウドベースのキューイングと自動パーツ移動機能を備えており、プリントは多く […]

全文を読む

経済的で環境にやさしく、高速化された腐食と摩耗防止技術

June, 2, 2017, Aachen--

コンポーネントは、硬質クロムメッキ、溶射、レーザ材料溶着あるいは他の蒸着溶接技術によって腐食や摩耗から守られている。しかし、これらのプロセスには難点がある。  フラウンホーファーILT (Fraunhofer Insti […]

全文を読む

KIT、ガラスの3Dプリンティング技術を開発

May, 10, 2017, Karlsruhe--

3Dプリンティングで微細で複雑な構造を連続的に実現できる。カールスルーエ工科大学(KIT)で開発された方法により初めて、ガラスにこの方法で用いることができるようになった。ガラスの特性、透明、熱安定性、酸に対する耐性などの […]

全文を読む

金属への接着性を改善するレーザストラクチャリング

May, 9, 2017, Dresden--

フラウンホーファー(Fraunhofer) IWSとIFAMの研究グループは、大面積、高効率、環境にやさしいファイバグラス金属ラミネート(GLARE)前処理新技術を開発した。この新技術は、航空研究プロジェクトAUTOGL […]

全文を読む

シートパイリング水中レーザ切断を自動化

May, 8, 2017, Hannover--

LZH(Laser Zentrum Hannover e.V.)は、ライプニッツ大学(Leibniz Universität Hannover)材料科学研究所とともに水中でシートパイリングを切断するレーザベース、自動プロ […]

全文を読む

バイスタティック・レーザモニタで溶接などの高速プロセスをイメージング

April, 25, 2017, Tomsk--

トマスク工科大学(TPU)とE.V. Zuev Institute of Atmospheric Optics SB RAS (IAO SB RAS)の研究チームは、強力な照度で隠された高速のプロセスを観察することができ […]

全文を読む

超短パルス光焼結の進歩がエレクトロニクス製造を改善

March, 14, 2017, Corvallis--

最先端のフレキシブルエレクトロニクスの製造高速化は、オレゴン州立大学(Oregon State University)の工学部研究チームによる発見の潜在的なメリットの一部である。  銀ナノ粒子フィルムのフォトニック焼結を […]

全文を読む

ファイバレーザで高エネルギー超短パルス発生

March, 2, 2017, Warsaw--

ワルシャワ大学物理学部とポーランド科学アカデミーの物理化学研究所、レーザセンタ(Warsaw Laser Centre of the Institute of Physical Chemistry of the Poli […]

全文を読む

記録的な高効率でUVスペクトルレーザパルス生成

March, 1, 2017, Warsaw--

ワルシャワ大学物理学部(Faculty of Physics at the University of Warsaw)の研究グループは、UVスペクトルでフェムト秒レーザパルスを生成する微小トライブラーデバイスの開発を報告 […]

全文を読む

ナノ粒子が製造工程の溶融と固化を改善

January, 26, 2017, Los Angels--

製造改善につながる進歩で、UCLAの研究チームの新しい成果によると、ナノ粒子を溶融過程中の金属に加えることで溶融制御が改善されることが示された。  金属の溶融と固化は、溶接や3Dプリンティングでも使用される重要な製造プロ […]

全文を読む

ディスラプティブ3Dプリント工程で低燃費車製造を後押し

January, 25, 2017, Nottingham--

ノッティンガム大学(University of Nottingham)の研究グループは、新しい積層造形(AḾ)プロセスを使って軽量な自動車用コンポーネントを開発している。狙いは、ノイズとCO2排出を削減しながら自動車の燃 […]

全文を読む

繊維強化プラスチックの効率的欠陥修復

January, 16, 2017, Hannover--

繊維強化プラスチック(FRP)は、航空産業や自動車産業で頻繁に使用されている。しかしこれらの複合材料で造られた部品の修復は、部品取替えと比べてメリットがないことが多い。FRP部品の寿命を延ばすために、またそれらの環境効率 […]

全文を読む

3D製造システムを危険にさらすサイバーアタック

November, 11, 2016, Negev--

3大学の研究チームが、3D積層造形(AḾ)システムへの初の完全破壊(サボタージュ)攻撃のデモンストレーションを行い、サイバー攻撃と悪意のある設計図操作でデバイスや機器の製造がどのように致命的な損害を受けるかを示した。   […]

全文を読む

ダイナミックビームシェイピングで切断品質向上

October, 31, 2016, Dresden--

フラウンホーファーIWSは、切断品質向上となるような、レーザビーム溶融切断プロセス最適化のための画期的なソリューションに取り組んでいる。こうすることで、切断市場で固体レーザが万能レーザビーム光源としての主導的地位を拡大で […]

全文を読む

レーザでマイクロストラクチャをエッチング

October, 28, 2016, Aachen--

ドイツの研究チームは、超高速レーザを使ってガラスに微細構造を彫り込む方法を研究している。見込みのあるアプリケーションは分析(ラボオンチップ)、特にエレクトロニクスやコンシューマ分野にある。  この新しい方法は、予期しない […]

全文を読む

3Dプリントされた構造がその形状を「記憶」

September, 6, 2016, Cambridge--

MITとシンガポール技術・設計大学(SUTD)のエンジニアは、原形を「記憶する」3D構造のプリントに光を使う。伸ばされ、捩じられ、極端な角度に曲げられた後でも、その構造物は、小さなコイルや多材料の花から、エッフェル塔の1 […]

全文を読む

世界初の迷路磁区を使った磁気光学Qスイッチレーザ

August, 17, 2016, 豊橋--

豊橋技術科学大学電気・電子情報工学系の後藤太一助教、自黙科学研究機構分子科学研究所、アイオワ州立大学の研究者らのグループは、共同で磁場と光の相互作用である磁気光学効果を発現する膜を用いた、集積化可能なQスイッチレーザの開 […]

全文を読む

新開発の加工方により、SiCウェーハの高速生産・素材ロス大幅低減を実現

August, 15, 2016, 東京--

株式会社ディスコは、従来にないレーザ加工によるインゴットスライス手法「KABRA」プロセスを開発した。  同プロセス導入により、次世代パワーデバイス素材として期待される炭化ケイ素(SiC)ウェーハ生産の高速化、取り枚数増 […]

全文を読む

3Dプリンティングで複雑なマイクロ物体を作製

August, 1, 2016, Stuttgart--

ドイツのシュトットガルト大学(University of Stuttgart)の研究チームは、超高速レーザパルスと光学フォトレジストを用いて人の毛髪程度のサイズの光学レンズを作製した。  パルス幅100fs以下のフェムト […]

全文を読む

レーザでモジュラー型プロトタイプを製造

July, 15, 2016, Aachen--

タービンブレードやタービン翼の長いリードタイムは、エンジンテストにおける新しい部品設計の評価にとって大きな課題となっている。鋳造による従来のタービン翼製造は、今日のホットパスコンポーネントの開発で求められる高速繰返しサイ […]

全文を読む

ピッツバーグ大学とANSYS提携して新しい積層造形研究所設立

July, 4, 2016, Pittsburgh--

ANSYSとピッツバーグ大学の新たな提携によって、エネルギー効率のよいジェットエンジンから個人化医療器具まで、企業は素早く、簡単に安全で信頼できる最先端の製品を設計し製造できるようになる。この提携は、業界の最も困難な積層 […]

全文を読む

レーザ処理、接合がカーボンファイバ成功への見込み

June, 2, 2016, Oak Ridge--

オークリッジ国立研究所(ORNL)が、軽量車や他の多材料ハイエンド製品向けに開発したレーザ表面処理プロセスによる炭素繊維複合材とアルミとの接合は、コスト削減につながる。また、レーザのパワーと精度を利用する新しい方法である […]

全文を読む

LLNL、金属3Dプリンティング工程に「大きな前進」

May, 30, 2016, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、通常の金属3Dプリンティング技術を悩ます問題への解で大きく前進した。これは、どのような相互作用がレーザ粉体層溶融プロセスで製造されるパーツの多孔性につながるのか、と […]

全文を読む

改良レーザカッターで3Dプリント

May, 24, 2016, Houston--

ライス大学(Rice University)バイオエンジニアリングの研究グループは、商用グレードCO2レーザカッタを改良し、OpenSLS、オープンソース選択的レーザ焼結プラットフォームを実現した。これにより、粉体プラス […]

全文を読む

レーザベースCFRP加工中のプロセスコントロール強化

May, 24, 2016, Hannover--

持続可能性、それと密接に関連する資源の効率利用はかねてから製造分野の重要な目的になっている。自動車や航空機産業では、資源の経済的な利用は、車両重量を減らすことで達成可能になる。したがって、レーザツェントルムハノーバe.V […]

全文を読む

NIST、ポータブルスケールでレーザパワーを計測

May, 13, 2016, Gaithersburg--

米国国立標準技術研究所(NIST)の研究チームは、力検出器のように振る舞うミラースケールに光を反射することによってレーザパワーを計測する新しい方法を実証した。  奇妙に聞こえるかも知れないが、その技術は簡素で高速、より安 […]

全文を読む

1 / 3123

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。