All about Photonics

Science/Research

3Dプリントグリッパーアーム、最高精度で光システム組立

September, 14, 2021, Aachen--

Fraunhoferレーザ技術研究所ILTは、数年来、宇宙で使うためのレーザシステムを開発、構築している。同時にILTの研究者は、金属3Dプリンティング技術の研究も行っている。レーザ粉末床溶融(LPBF)プロセスを使い、 […]

全文を読む

資源効率が優れ、コスト効率のよい摩耗耐性コーティング

September, 3, 2021, Aachen--

Fraunhofer Institute for Production Technology IPTの研究チームは、ワイヤベースと粉末ベースのレーザクラッディング(LMD)を統合するハイブリッド積層造形プロセスを開発した […]

全文を読む

スマートレーザカッターシステム

August, 31, 2021, Cambride--

コンピュータを追加することでレーザカッターは、比較的簡素で強力なツールになった、金属、木材、紙およびプラスチックを切ることができる光る機械をソフトウエアが制御するからである。この興味深い材料のアマルガムは包括的であるが、 […]

全文を読む

Fraunhofer ILT、100のレーザをクラウドにより制御

August, 19, 2021, Aachen--

Cluster of Excellence “Internet of Production” (IoP)に、Fraunhofer ILTと協力したRWTH Aachen Universityの200名の研究者が、産業プロ […]

全文を読む

迅速材料加工にフレキシブルファイバレーザ

August, 12, 2021, Dresden--

Saxonyとイスラエルのレーザ専門家は、ドレスデンのFraunhofer材料とビーム技術研究所(IWS)で新しいレーザの産業利用を協働テストしていいる。  同システムは、“Coherent Beam Combining […]

全文を読む

新しい3Dプリンター、多材料から詳細な構造を作製

July, 9, 2021, Washington--

中国Soochow University(蘇州大学) の研究者は、多材料で精密マイクロ構造を3Dプリンティングする新しい方法を開発した。新しいアプローチは、コンシューマ製品や医療デバイス向けに複雑な機能の構造を製造できる […]

全文を読む

ロチェスタ大学、新しいチャープパルス、従来技術に挑戦

June, 30, 2021, Rochester--

ロチェスタ大学オプティクス研究所の研究チームは、比較的低品質、安価な装置でも動作する方法で、チャープトパルスとして知られるハイパワーパルスを作り出した。 新研究は、以下の点に道を開く。 ・より優れた大容量通信システム ・ […]

全文を読む

世界最高出力でガラスなどの高速微細加工を実現

June, 24, 2021, 東京/大阪--

三菱電機株式会社(三菱電機)、大阪大学、スペクトロニクス株式会社(スペクトロニクス)は、次世代のレーザ加工装置として、高速に微細加工できる「高出力深紫外ピコ秒レーザ加工装置」の試作機を開発した。  材料を分解する能力が高 […]

全文を読む

LZH、レーザビーム溶接向けに3Dプリントコンポーネントを最適化

June, 11, 2021, Hannover--

レーザで3Dプリントされたコンポーネントを溶接すること、これは、Institut für Integrierte Produktion Hannover (IPH) gGmbHおよびLaser Zentrum Hanno […]

全文を読む

原子炉の廃棄処理中レーザ切断で有害廃棄物を減らす

May, 27, 2021, Hannover--

Zentrum Hannover e.V. (LZH)の研究者は、最大耐用年数に達した原子力発電所を解体する際の水浸透の付加的作業を減らすために、レーザベースの切断プロセスを開発し、評価した。この方法により、原子炉容器内 […]

全文を読む

モードコントロールでLP01かLP11を選択し1.4kWファイバレーザ実現

April, 2, 2021, Shanghai--

上海技術物理研究所(SIOM)と中国科学アカデミ(CAS)は、ハイパワー横モード制御レーザシステムを研究することで、モード制御によりLP01かLP11を選択する1.4 kWレベルファイバレーザシステムを実現した。研究成果 […]

全文を読む

レーザベースセンサ技術、金属のリサイクル

March, 19, 2021, Aachen--

フラウンホーファーILTとCronimet Ferroleg. GmbHは、産業による原材料利用を促進するために、BMBF-funded “PLUS”プロジェクトの一環として金属スクラップのレーザベース分類プロセスを共同 […]

全文を読む

新しいダイクロイックレーザミラーデザインを提案

March, 18, 2021, Shanghai--

上海技術物理研究所(SIOM)と中国科学アカデミ(CAS)は、理想的なダイクロイックレーザミラーの厳しい要件を満たすために、混合層と斬新なサンドイッチ構造境界面の新しい設計を用いることを提案した。研究成果は、Photon […]

全文を読む

NIST、3Dプリンティング用にポリマ硬化定量化にナノシリンダ振動

March, 12, 2021, Gaithersburg--

個人化義肢や歯科材料など、より正確で均一な3Dプリントパーツ作製に向けた進歩で、NISTは、液体材料の微小領域が光に触れたときに硬化して固体プラスチックになるスピードを計測する方法を実証した。 ナノメートルスケール、円筒 […]

全文を読む

金属ナノ粒子で光触媒のモチベーションを上げることに成功

March, 12, 2021, 京都--

京都大学、Shuying WANG 工学研究科博士課程学生、寺村謙太郎 同准教授、田中庸裕 同教授、堂免一成 信州大学特別特任教授・東京大学特別教授、久富隆史 信州大学准教授の研究グループは、光触媒の活性サイトをうまく分 […]

全文を読む

ORNL、X線CT欠陥検出アルゴリズム改善

February, 1, 2021, Cambridge--

Oak Ridge National Laboratory(ORNL)が開発したアルゴリズムは、X線CT (XCT)、3Dプリント金属パーツの画像を著しく改善することができ、より正確な高速スキャンを可能にする。 産業用X […]

全文を読む

EPFL、産業用ロボットをよりスマートに多用途にするプログラム

January, 29, 2021, Lausanne--

EPFLのスピンオフAicaは、産業用ロボットを簡単にプログラムし、適応能力を一層高めるAIベースソフトウエアを開発した。ソフトウエアは、モジュラーフォーマットで設計されている。オペレータが、ニーズを元にしてカスタマイズ […]

全文を読む

大阪大学、世界記録を10倍更新、高出力レーザ光生成が可能に

January, 26, 2021, 大阪--

大阪大学レーザ科学研究所の李朝陽(Zhaoyang Li)助教、加藤義章招へい教授、河仲準二教授の研究グループは、超高強度レーザを発生させる新しい技術を提案した。 この技術では、従来の超高強度レーザのボトルネックを打破す […]

全文を読む

細密ガラス物体の3Dプリントにレーザベースプロセスを開発

January, 22, 2021, Marseille--

マルセイユ、エコールセントラル、フレネル研究所の研究チームリーダー、Laurent Gallaisは、「ほとんどの3Dプリンティングプロセスは、物体をレイヤ毎に構築していく。われわれのプロセスは、このようなプロセスの限界 […]

全文を読む

NUST MISIS、3Dプリンティング技術改善

December, 11, 2020, Moscow--

NUST MISIS (モスクワ鉄鋼合金製造大学)の研究者は、アルミ3Dプリンティング技術を改良し、製品の硬さ1.5倍増を達成した。開発したナノカーボンをアルミ粉末に加えると、3Dプリントされた航空宇宙用複合材の品質が向 […]

全文を読む

機械学習により超合金粉末の製造コスト削減

December, 8, 2020, つくば--

NIMSは、機械学習を適用することで、航空機エンジン用材料として有望なNi-Co基超合金の高性能・高品質な粉末を、高い収率で生産可能な条件を高速探索することに成功した。  さらに、その条件にて高圧タービンディスク作製に適 […]

全文を読む

光渦によるねじれ加工を実現し構造物形成過程の再現

December, 4, 2020, 福岡--

光渦とは、らせん波面をもつ特殊な光波であり、従来の光がもたない軌道角運動量を利用した物質を回転させる効果があることで、物質操作やレーザ加工技術の発展が期待されている。従来の光渦研究の主な関心は加工後の表面形状であり、加工 […]

全文を読む

フラウンホーファーISE、タンデム太陽電池で新たな効率記録

September, 10, 2020, Heidenhofstr--

タンデムフォトボルテイックスが注目を集めており、そこでは高性能太陽電池材料が様々な組合せで集められている。目的は,光を電気に変換する際に、太陽スペクトルを一段と効率的に利用することである。フラウンホーファーISEは、シリ […]

全文を読む

フラウンホーファーIWS、純銅を溶かすグリーンレーザ

September, 10, 2020, Dresden--

今までは、赤外レーザを使って純銅を完全に溶かして3Dプリンティングで層ごとに複雑な形状を作るのは不可能だった。フラウンホーファー(Fraunhofer Institute for Material and Beam Te […]

全文を読む

レーザ切断でより複雑なプラグコネクタ設計が可能に

September, 4, 2020, Aachen--

フラウンホーファーILTの研究者は、ERDF研究プロジェクトScanCutでコンパクトなスタンピング技術に素晴らしい新規追加を発表した。北ライン-ウェストファリアの産業パートナーと共同で研究チームは、薄壁金属ストリップの […]

全文を読む

レーザ光によりガラス表面を簡単にナノ加工できる技術を開発

September, 1, 2020, 東京--

東京農工大学 大学院工学研究院の宮地悟代 准教授とゲッチンゲン・レーザ研究所(Laser-Laboratorium Göttingen、ドイツ)のJürgen Ihlemann博士の研究チームは、同大学大学院生の髙谷竜禎 […]

全文を読む

自己触媒機能付き金属触媒反応器を3Dプリント技術で作製

August, 18, 2020, 富山--

富山大学 学術研究部工学系 椿範立教授らは、レーザ加工と3Dプリンタを用いて、高温・高圧の過酷な条件下でも使用可能な「自己触媒機能付き金属触媒反応器」の作製に世界で初めて成功した。 多くの化学工業プラントには多量の担持触 […]

全文を読む

Umass Lowell、新しいプリンティングプロセスを開発

August, 12, 2020, Lowell--

UMass Lowellの研究者が開発した新しい3Dプリンティング技術で作製された製品には、耐久性が高い患者向けの義肢や医療機器、航空機や自動車向けの強度の強い部品がある。 3Dプリンタではプラスチック、金属、ワックスな […]

全文を読む

プラスチックの高精度レーザ溶接

July, 22, 2020, Aachen--

完了したNRWプロジェクトSeQuLas゛、フラウンホーファーILTと業界パートナー3社は、透明プラスチックコンポーネントで最小溶接シームを生成するために利用できる結合プロセスを開発した。同プロセスは、特有の利点を持つツ […]

全文を読む

電子デバイスから貴重な原材料回収に成功

July, 17, 2020, Aachen--

EUプロジェクトADIRが始まり、電子デバイスの全く新しい自動リサイクリング法を開発する。これは、電子デバイスを分解し、それに含まれる貴重な原材料を回収する方法である。「次世代都市鉱山- 自動分解、分離し、電子装置から貴 […]

全文を読む

1 / 712345...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。