All about Photonics

Science/Research

少サイクルパルス、300Wの壁を破る

December, 10, 2019, Northbrook--

非線形光学&短パルス分光学Max Born研究所(MBI)およびLaser-Laboratorium Göttingen (LLG) and Active Fiber Systems (AFS)の研究チームは、 […]

全文を読む

EPFL、3Dプリント金属コンポーネントの亀裂を除去

November, 29, 2019, Lausanne--

EPFLの研究チームは、新しいレーザ3Dプリンティング技術を開発した。これは、高温、損傷、腐食に前例のない耐性のある金属コンポーネントを製造することができる。その方法には、航空宇宙から発電タービンまでの分野のアプリケーシ […]

全文を読む

個人向け量産に3Dプリントオプティクス

November, 21, 2019, Würzburg--

個人向け製造でありながら、量産適合は可能か。フラウンホーファー”Go Beyond 4.0″プロジェクトで、この明らかな矛盾が解消される。照明オプティクス分野で、2つのFraunhofer Ins […]

全文を読む

超短パルスレーザ発振器で350W平均パワー

November, 21, 2019, Zurich--

記録的に高い平均出力350Wサブピコ秒薄型ディスクレーザ発振器の実証でETH-ZurichのUrsula Kellerのグループは、新たなベンチマークを設定し、さらなる強力なレーザへ挑戦する。  超高速レーザ光源は、高強 […]

全文を読む

レーザ装置への負荷を低減しつつレーザ加速を効率化

October, 10, 2019, 大阪--

大阪大学、広島大学、北京大学で構成される国際研究チームは、従来の研究よりも約10倍長い4ピコ秒にわたって、高強度レーザをプラズマに照射し続けることにより、レーザによる電子加速の効率が、従来法と比べて4倍以上向上することを […]

全文を読む

X線イメージングで、金属3Dプリント部品の欠陥緩和をシミュレート

October, 2, 2019, Livermore--

Lawrence Livermore National Laboratory (LLNL) 研究者はSLAC National Accelerator Laboratory (SLAC),の研究者とともに、金属3Dプリン […]

全文を読む

深紫外光を含む超短パルスレーザ加工プラットフォームを構築

September, 26, 2019, 東京--

産業技術総合研究所(産総研)産総研・東大 先端オペランド計測技術オープンイノベーションラボラトリ先進コヒーレント光プロセスチーム 黒田 隆之助 ラボチーム長、田中真人 副ラボチーム長、東京大学物性研究所 小林洋平 教授( […]

全文を読む

レーザでセラミックスを溶接、炉は不要

September, 6, 2019, San Diego--

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のエンジニアチームは、新しいセラミック溶接技術を開発した。  研究成果は、Scienceに発表された。新しいプロセスでは、超高速パルスレーザを使い、接合面に沿ってセラミック材を […]

全文を読む

高出力レーザダイオード、3Dプリント部品の残留応力を低減

August, 30, 2019, Livermore--

3Dプリンティングでは、プリンティング工程中に、加熱された材料の膨張と、冷たい材料の収縮のために、残留応力が部品に増大し、部品を歪め、亀裂を起こす力が生まれる。これは、特に金属では部品を脆弱にし、あるいは引き裂くことにな […]

全文を読む

フラウンホーファーIWS、迅速レーザにより防水溶接

August, 22, 2019, Dresden--

ドレスデンのフラウンホーファー研究チームは、高速振動するレーザビームを使う新しいレーザ溶接工程を開発した。  この技術は、”remoweld FLEX”として知られており、特に要求の厳しい工程に適 […]

全文を読む

レーザプロセスにおける吸引器によりクリーンな肺

August, 20, 2019, Dresden--

自動車産業などの分野では、コンポーネントはレーザリモートプロセスを利用して超高速で加工できる。しかし、これは、肺障害を起こす可能性のある有害排出物を出す。フラウンホーファーマテリアル研究所とビーム技術研究所IWSのチーム […]

全文を読む

レーザ照射の定説を覆す最小材料加工に成功

July, 31, 2019, 大阪--

大阪大学産業科学研究所入澤明典助教、菅滋正招へい教授と、摂南大学、京都大学先端ビームナノ科学センターの共同研究グループは、大阪大学産業科学研究所内の遠赤外・テラヘルツ自由電子レーザを用いて回折限界を大きく超えた、波長の1 […]

全文を読む

双方向センサ技術、レーザ材料蒸着最適化

July, 22, 2019, Aachen--

積層造形製造されたコンポーネントの品質は、製造プロセスだけでなく、インラインプロセス制御にも依存する。プロセスコントロールが、確実なコーティングプロセスを保証する。それが、目標形状からの偏差を直ちに検出するからである。 […]

全文を読む

NRL、ナノ粒子を使いファイバレーザの出力とアイセーフティ改善

July, 22, 2019, Washington--

米国海軍研究所(NRL)の研究チームは、より効率的でアイセーフな強力レーザを作製するためにナノ粒子を利用する新しいプロセスを考案した。  研究チームは、いわゆる「希土類イオン添加ファイバ」でそれを作製している。簡単に言う […]

全文を読む

高速X線動画で微小な製造欠陥を撮る

July, 1, 2019, Saxonburg--

金属ベース部品のレーザ製造で生ずる微視的欠陥は、検出されないと大きな問題になり得る。また、これらの欠陥を修復するプロセスは、ハイテク製造の時間とコストの増大を招く。しかし、これらの欠陥の原因について新たな研究が改善に導く […]

全文を読む

金属マイクロオブジェクトを3Dプリンティング

June, 26, 2019, Zurich--

3Dプリンティングは、ますます重要な製造法になっている。ETHの研究チームは、複数の金属でできたマイクロサイズ物体を高い空間分解能で製造できる新しい3Dプリンティング技術を開発した。  3Dプリンタは、生産プロトタイプか […]

全文を読む

レーザと物質の相互作用改善に新方法

May, 17, 2019, Livermore--

数ピコ秒の超短レーザパルスを使い、ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、レーザアブレーション(材料除去)の効率的なメカニズムを見いだした。これは、多くの産業レーザ加工アプリケーションで、低エネルギー、低 […]

全文を読む

米国陸軍研究所、粉末から超高強度スチールを3Dプリント

April, 12, 2019, ABERDEEN PROVING GROUND--

部品の置き換えを必要とする兵士は、将来は3Dプリンターを使って、迅速に高信頼の超高強度金属部品を供給するようになる。陸軍研究者は、レーザを使い粉末から合金鋼を作製する新技術を考えている。  米軍戦闘能力開発コマンドの陸軍 […]

全文を読む

Fraunhofer ILT、多機能複合物向けレーザ加工

April, 10, 2019, Aachen--

複合物は異種物質の利点を結びつけるので、それを使って、軽量建設で大きな潜在性を引き出すことができる。  JEC World 2019でフラウンホーファーレーザ技術研究所ILTの研究チームは、複合材料の効率的製造と加工のた […]

全文を読む

UCF研究者、初の超対称レーザアレイを開発

March, 7, 2019, Sugar Land--

セントラルフロリダ大学(University of Central Florida)の研究チームは、レーザ科学における長年の問題を克服した。研究成果は、外科手術、穴あけ、3Dレーザマッピングにアプリケーションがある。   […]

全文を読む

超高速レーザ溶接法でガラスと金属を接続

March, 7, 2019, Edinburgh--

ヘリオットワット大学(Heriot-Watt University)の研究アチームは、超高速レーザシステムを使ってガラスと金属を溶接した。これは、製造業にとって画期的である。  ヘリオットワットレーザシステムを使うことで […]

全文を読む

3Dプリンティングの欠陥の原因を特定

February, 28, 2019, Pittsburgh--

産業変革に有望視されている積層造形(AM)を制約している深刻な問題がある。最終製品の微小な気泡である。これは、亀裂や他の欠陥の原因になる。  カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)と […]

全文を読む

DLPマルチフォトン重合化3Dプリンターを開発

February, 21, 2019, Aachen--

フラウンホーファーILT研究所(Fraunhofer Institute for Laser Technology ILT)の研究チームは、ステレオリソグラフィと多光子重合化を用いて、高精度で、コスト効果が優れた3D構築 […]

全文を読む

水中で効率的なレーザビーム切断の実現可能性研究

February, 8, 2019, Hannover--

Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)の研究者は、AZULaプロジェクトにしたがい、効率的な原子炉解体に水中でレーザビーム切断ができるかどうかを研究している。実現可能性調査で、研究チームはレー […]

全文を読む

工場での生産準備作業を効率化するAI技術を開発

February, 6, 2019, 東京--

三菱電機と産業技術総合研究所(産総研)は、工場での生産前に必要となる、FA(ファクトリーオートメーション)機器の調整やプログラミングなどの生産準備作業を大幅に効率化するAI技術を開発した。三菱電機のFA機器・システムに関 […]

全文を読む

マルチマテリアル3Dプリンティングを使ってソフトロボティクス作製

February, 4, 2019, Singapore--

シンガポールと中国の研究チームは、ソフトロボットで使える、高速応答、剛性、可変(FRST)ソフトアクチュエータ、可動機械要素を開発した。研究成果は、Advanced Functional Materialsに発表された。 […]

全文を読む

青色半導体レーザー装置の世界最高出力1kWを達成

January, 30, 2019, 大阪--

NEDOプロジェクトにおいて、島津製作所と大阪大学は、青色半導体レーザ装置の世界最高出力1kWを実現した。これは、同プロジェクトで昨年達成した出力の10倍である。  この高出力化によって、従来の青色半導体レーザ技術では難 […]

全文を読む

ミシガン大学、光で3Dプリンティングを100倍高速化

January, 21, 2019, Ann Arbor--

プラスチックフィラメントを層ごとに積み上げるのではなく、新しい3Dプリンティングアプローチは、従来の3Dプリンティングプロセスよりも100倍高速に液体バットから複雑な形状を作製できることをミシガン大学の研究チームは示した […]

全文を読む

LZHなど、金属厚板のレーザ溶接技術開発に取り組む

January, 7, 2019, Hannover--

Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、Held Systems Deutschland GmbH, Laserline GmbH およびMeyer Werft GmbH & Co […]

全文を読む

NRL、新しいノンメカニカルレーザ操作技術

November, 26, 2018, Washington--

海軍研究所(NRL)の研究チームは、先頃、新しいノンメカニカルチップベースビーム操作技術を実証した。これは、高価で、扱いにくく、信頼できないことがあり、効率が良くない機械的ジンバルスタイルレーザスキャナの代替となる。   […]

全文を読む

1 / 512345

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。