All about Photonics

Science/Research

NIST、不可視光で正確な温度計測

November, 22, 2019, Gaithersburg--

通常、医療機関で誰かが耳に入れたり、熱があるときに額に近づけるまでは、放射温度計に出遭うことはない。しかし一段と高度な、十分に校正された研究グレード「非接触」温度計は、ヘルスケア以外の多くの用途で極めて重要である。そのよ […]

全文を読む

レーザベース粒子分析技術、大気汚染モニタリングに有望

November, 22, 2019, Waqshington--

個々の浮遊微粒子のサイズと光学特性の両方を連続的にモニタリングする新技術は、大気汚染モニタのより優れた方法となる。特に、2.5µm (PM2.5)以下の微粒子物質の分析に有望である。このような微粒子は、肺に深く入り込み、 […]

全文を読む

EPFL、電子デバイスの未来を形作るエキシトン

November, 22, 2019, Lausanne--

エキシトンは、励起された電子状態から生まれる準粒子であり、スイス連邦工科大学(EPFL)チームの研究によると、われわれの日常的デバイスのエネルギー効率を高める可能性を持つ。  それは、エレクトロニクスについての全く新しい […]

全文を読む

アリゾナ大学、新しいレンズで宇宙の生命探査

November, 22, 2019, Tucson--

アリゾナ大学の研究チームは、新しい種類の望遠鏡を設計した。従来よりも大きなミラーを使って望遠鏡を構築するよりも安価、軽量、より強力なオプションである。新設計の宇宙望遠鏡フリートで、生命の化学的シグネチャを1000世界に探 […]

全文を読む

個人向け量産に3Dプリントオプティクス

November, 21, 2019, Würzburg--

個人向け製造でありながら、量産適合は可能か。フラウンホーファー”Go Beyond 4.0″プロジェクトで、この明らかな矛盾が解消される。照明オプティクス分野で、2つのFraunhofer Ins […]

全文を読む

デラウエア大学、次世代集積フォトニックソリューション

November, 21, 2019, Newark--

デラウエア大学の研究チームは、新しいスケーラブルプラットフォームでレーストラック共振器設計を利用し、高速でパワー効率のよい光変調器を実現する。  デラウエア大学電気・コンピュータ工学部(University of Del […]

全文を読む

超短パルスレーザ発振器で350W平均パワー

November, 21, 2019, Zurich--

記録的に高い平均出力350Wサブピコ秒薄型ディスクレーザ発振器の実証でETH-ZurichのUrsula Kellerのグループは、新たなベンチマークを設定し、さらなる強力なレーザへ挑戦する。  超高速レーザ光源は、高強 […]

全文を読む

DrexelのMXene材料、フォトディテクタに利用可能

November, 20, 2019, Philadelphia--

ドレクセル大(Drexel University)の研究チームは、2D材料MXeneを使って、感度を高め、製造コストを大幅に削減するセンサを作る新しい方法を報告している。  研究成果は、Advanced Material […]

全文を読む

光「トラフィック」を瞬時にリルートできるトポロジカルインシュレータ

November, 20, 2019, Cambridge--

トポロジカルインシュレータは、画期的な材料である。荷電粒子はエッジを自由に流れ、欠陥の周りを走り回るが、その内部に入り込むことはない。この完全な表面伝導は、高速で効率的な電子回路にとって有望である。とは言えエンジニアは、 […]

全文を読む

IST Austria、量子コンピュータを接続

November, 20, 2019, Vienna--

量子コンピュータを接続するリンクとして役立つ可能性のあるプロトタイプが開発された。  エンタングルメントは、量子力学の主原理の一つ。科学技術研究所オーストリア(ISTオーストリア)、Johannes Fink教授の研究グ […]

全文を読む

ゴーストイメージングで動く対象を捉える

November, 19, 2019, Washington--

中国国防科技大学の研究者は、ゴーストイメージングとして知られる特殊なイメージングで動く対象を捉える方法を開発した。新しい方法は、バイオメディカルイメージング、セキュリティチェックやビデオ圧縮、蓄積など新しいアプリケーショ […]

全文を読む

EPFL、原子層蒸着スケールアップの安価な方法

November, 18, 2019, Lausanne--

EPFLのケミカルエンジニアは、高品質マイクロエレクトロニクスで一般に使用されている、原子層蒸着(ALD)の新方法を開発した。新方法は、現在のアプローチよりも大きな表面の材料で遙かに安価に使用でき、同時に品質と効率も維持 […]

全文を読む

レーザ vs.雑草、Farming 4.0を紹介

November, 18, 2019, Hannover--

殺虫剤の代わりにレーザ。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、ハノーバで開催されるAGRITECHNICAで、Farming 4.0ビジョンを紹介する。  LZHの新しいアプローチは、非接 […]

全文を読む

Pennエンジニア、ナノ構造ダイヤモンドメタレンズ

November, 15, 2019, State College--

化学レベルでは、ダイヤモンドは、精密整列、3D結晶格子のダイヤモンド原子に過ぎない。しかし、欠陥がないように見えるダイヤモンドにも欠陥は存在する。炭素原子が欠けた、あるいは何か他の物と置き換えられた、その格子点である。こ […]

全文を読む

光ベース「トラクタビーム」、ナノスケールで材料を組立

November, 15, 2019, Washington--

ワシントン大学の研究チームは、ナノスケールで再現性よく製造できる方法を開発した。チームは、生物学で広く用いられている光ベースの技術、光ピンセットを適用し、炭素に富んだ有機溶媒のウォーターフリー液体環境で操作する。これによ […]

全文を読む

1Dメタレンズとメタサーフェスで集積フォトニックプラットフォーム

November, 15, 2019, Newark--

デルウエア大学のチームは、1次元メタレンズと情報ロスを制限するメタサーフェスを使い、集積フォトニックプラットフォームを造る新しい方法を開発している。  デルウエア大学電気コンピュータ工学准教授、Tingyi Guをリーダ […]

全文を読む

高性能電気回路をもつプラスチックを3Dプリント

November, 15, 2019, New Brunswick--

ラトガーズ大学のエンジニアは、3Dプリントしたプラスチックに高性能電気回路を埋め込んだ。これは、より小型で多用途のドローンや性能が優れた小型衛星、バイオメディカルインプラント、スマート構造につながる。  Additive […]

全文を読む

新しいクラスの金属材料は強みになる

November, 14, 2019, Livermore--

完全な世界では、エンジニアは、金属が強力であり、全く欠陥のない電気伝導性を持っていてほしいと考えている。   しかし、完全な金属は存在しない。金属は、合成欠陥により強力さを失い、材料が軟化する。  ローレンスリバモア国立 […]

全文を読む

人工皮膚、リハビリテーションに役立ちVRを増強する

November, 14, 2019, Lasanne--

EPFLの研究者は、触覚フィードバックをもつソフトな人工皮膚を開発した。これは、高度な自己センシングメカニズムにより、装着者の動きに即時適応する能力も持つ。その新技術のアプリケーションは、医療リハビリテーションから拡張現 […]

全文を読む

計算化学を使って安価な赤外プラスチックレンズを作製

November, 13, 2019, Tucson--

アリゾナ大学の研究チームが開発した新しい材料によりコンシューマは、自律走行車や家庭内でセキュリティや防火のためのイメージングなどの製品でコンシューマグレードの赤外ディテクタを利用できるようになる。 新しいポリマは、201 […]

全文を読む

光ファイバで伝送する微小エネルギーを有効利用し災害時の通信を確保

November, 12, 2019, 東京--

日本電信電話株式会社(NTT)は、近年増加傾向にある大規模自然災害に対する通信ネットワークのレジリエンス向上をめざし、光ファイバで伝送する微小エネルギーを有効利用して災害時の通信を確保する研究に着手した。 近年、直下型地 […]

全文を読む

微小な温度計でミトコンドリアによる細胞の加熱を計測

November, 12, 2019, Champaign--

細胞内の温度を素早く計測できる新しい温度計プローブで武装してイリノイ大学(University of Illinois)研究チームは、代謝の神秘的な側面、熱生成を明らかにした。  ミトコンドリアは、細胞の発電所であるが、 […]

全文を読む

グラフェンと2D材料でシリコン技術強化

November, 12, 2019, Ahrensburg--

ICFOの研究者によると、シリコン技術は、1960年だ後半から発展してきたが、回路の微小化は考えられる停滞に達したかに見える。トランジスタは一定のサイズに縮小し、それ以上に縮小できないからである。したがって、新しい材料で […]

全文を読む

近赤外光(NIR)は老化した脳を強化できるか

November, 11, 2019, Tucson--

国立老化研究所(National Institute on Aging)からの助成金により、アリゾナ大学研究者は、脳機能を強化し、認知低下と闘うために近赤外光を使う新たな介入をテストする。  アリゾナ大学とフロリダ大学の […]

全文を読む

TU Wien、3Dプリンターで生細胞プリント

November, 11, 2019, Wien--

ウィーン工科大が(TU Wien)で開発された新しいプロセスで、3Dプリンターで作製した微細構造に、高速に、高分解能で生細胞を組み込み可能である。  組織の成長、細胞の挙動は、繊細な3Dフレームワークに細胞を埋め込むこと […]

全文を読む

レーザ光で半導体中に超伝導に類似した電子正孔ペア状態を実現

November, 11, 2019, 東京--

東京大学低温センター/大学院理学系研究科物理学専攻の島野亮教授、室谷悠太博士課程大学院生、東京大学物性研究所の秋山英文教授らは、米国プリンストン大学のグループとの共同研究で、半導体中にレーザ光を照射することで、電子と正孔 […]

全文を読む

ガンマ線バーストの電波偏光を初検出

November, 11, 2019, 仙台--

台湾・中央大学の浦田裕次、東北大学の當真賢二、国立天文台の永井洋、高橋智子らを中心とした国際研究チームは、アルマ望遠鏡を使ってはじめてガンマ線バーストの電波残光の偏光の測定に成功した。  予想よりもはるかに微弱な偏光の検 […]

全文を読む

デュアルコム分光法を利用した磁気光学効果測定装置を開発

November, 8, 2019, 東京--

電気通信大学の美濃島薫教授とネオアーク株式会社の波多野智取締役らは、デュアルコム分光法を利用することにより、磁気光学効果測定装置の性能を従来に比べて大幅に向上させることに成功した。  デュアルコム分光法とは、精密に制御さ […]

全文を読む

3Dプリンティングを使いガラス光ファイバプリフォーム作製

November, 8, 2019, Washington--

シドニー工科大学の研究チームは、シリカガラス光ファイバ線引きできるプリフォーム作製に3Dプリンティングを使う方法を開発した。この新しい製法は、光ファイバの製造を簡素化するだけでなく、以前には可能でなかった設計とアプリケー […]

全文を読む

透明LEDスクリーンのコストを下げ、アプリケーションを広げる技術

November, 8, 2019, Washington--

LEDと透明導電回路の接続により、ガラス窓、壁、ビルの外観を、情報を提供し、ビデオや画像を表示するシースルーディスプレイに変えることが可能になった。このような回路を作る新しいアプローチにより、透明LEDスクリーンのコスト […]

全文を読む

1 / 1612345...10...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。