All about Photonics

Science/Research

人工原子が室温でシングルフォトン生成

May, 27, 2019, Oregon--

盗聴されてもまったく判読できない、ウルトラセキュア・オンライン通信が、最近発表されたオレゴン大学(University of Oregon)物理学者、Ben Alemánの発見によって一歩実現に近づいた。  同氏は、オレ […]

全文を読む

チップベースのゴーストイメージングに新たな前進

May, 27, 2019, Lyon--

進歩によって、車や電話向けの高速、安価なチップベースイメージングデバイスが可能になる。  研究チームは、初めてゴーストイメージングして知られる非伝統的なイメージング法が、ローコスト、チップベース光照射デバイスを使って実行 […]

全文を読む

「光回路」機能の逆設計メタマテリアル

May, 27, 2019, Philadelphia--

ペンシルバニア大学(University of Pennsilvania)工学教授、Nader Enghetaのチームは、アナログコンピュータとして機能するメタマテリアルを実証し、「フォトニック計算」についての初期理論の […]

全文を読む

豊田合成、「縦型 GaN パワー半導体」で世界トップクラスの大電流化実現

May, 27, 2019, 愛知県清須市--

豊田合成株式会社は、青色 LED の材料である「窒化ガリウム」(GaN)の結晶化技術を用いて開発中の「縦型 GaN パワー半導体」において、世界最高水準となる 1 チップで100Aの大電流動作を実現した。  パワー半導体 […]

全文を読む

蛍光センサ付マイクロ流体デバイスでエボラウイルス検出効果向上

May, 24, 2019, Henrietta--

ロチェスター工科大学(RIT)研究者が、致死性のエボラウイルスを検出できるバイオセンサ付プロトタイプマイクロデバイスを開発した。この種のデバイスで、感染者は早期に処置できる。また、早期発見プロセスは、感染の広がりを減らす […]

全文を読む

光パルスを使いエネルギーフリー超高速コンピューティング開発

May, 24, 2019, Lankaster--

電気の代わりに光パルスを使う超高速データ処理が開発された。  この発明は、実質的にゼロエネルギーを消費する磁石を使ってコンピュータデータを記録し、高いエネルギーコストなしでデータ処理速度を高速化するというジレンマを解決す […]

全文を読む

生物発光で複数マウスの脳活動を同時にライブ観察

May, 23, 2019, 大阪--

大阪大学 産業科学研究所の永井健治教授、理化学研究所 光量子工学研究センターの横田秀夫チームリーダー他の共同研究グループは、「生物発光膜電位センサLOTUS-V(Luminescent Optical Tool for […]

全文を読む

最先端の生検技術ではレーザがメスに取って代わる

May, 23, 2019, Passadena--

患者には、ガンなどを調べるための組織生検サンプルの分析は、たとえテストのために微小肉片を提供するとしても、比較的簡単なプロセスに見える。サンプルは研究室に送られ、患者は帰宅し、数日で医者がその結果を知らせてくれる。 実際 […]

全文を読む

ETH-Zurich、視界改善にナノテクと太陽光を利用

May, 23, 2019, Zurich--

ETH研究チームが開発した新しいコーティングは、透明表面の曇りを防止する。電気を利用するのではなく、そのコーティングは太陽光を利用して表面を加熱する。 スキーをしたり、メガネをかけたり、カメラを利用したり、車を運転する人 […]

全文を読む

光スイッチを持つナノカプセル
水中、様々な化合物の内包と光照射による放出に成功

May, 22, 2019, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所のロレンツォ・カッティ博士研究員、岸田夏月大学院生(物質理工学院 応用化学系 修士課程1年)、吉沢道人准教授らの研究グループは、水中で光刺激に応答する2ナノメートル(n […]

全文を読む

‘Spidey senses’が自律マシーンの視覚向上に役立つ

May, 22, 2019, West Lafayette--

ドローンや自律走行車が、スパイダーマンの刺激的な‘Spidey senses’を備えていたらどうだろう。  パデュー大学(Purdue University)機械工学准教授、Andres Arrietaによると、そのよう […]

全文を読む

光ケーブルを地震センサとして利用

May, 22, 2019, Zurich--

ETHの地球科学と地質工学チームは、氷河内部とその動きの詳細な調査ができるローヌ氷河で新しい方法を試した。この新技術の効果は予想以上だった。  ETH-Zurich(Laboratory of Hydraulics, H […]

全文を読む

サーマルイメージングに新たなアプリケーション

May, 22, 2019, Liverpool--

サーマルイメージングカメラを装備したドローンを使って、ボルネオの森林でオランウータンの数をモニタする研究が行われている。 オランウータンは、全ての類人猿と同様、木々の中にねぐらを形成する。従来オランウータンの数は,地上か […]

全文を読む

最小限の光回路でさまざまな光の量子もつれを効率的に合成

May, 21, 2019, 東京--

量子コンピュータは、特定の計算を現代のスーパーコンピュータよりも圧倒的に短時間で解くことのできる新しい動作原理のコンピュータ。2017年9月に東京大学 大学院工学系研究科の古澤明教授と武田俊太郎助教(当時)は、どれほど大 […]

全文を読む

生体イメージングを高速化するためにNetflixのアルゴリズムを利用

May, 21, 2019, Washington--

元はNetflixの2009映画選好予測コンペのために開発されたアルゴリズムをフランスの研究チームは再利用して、前例のないスピードで生体組織の古典的なラマン分光画像を撮る方法を開発した。その進歩により、腫瘍検出、組織分析 […]

全文を読む

CEALeti、高性能MicroLED用CMOSプロセスを開発

May, 21, 2019, Grenoble--

CEA Techの研究機関、Letiは、GaN MicroLEDディスプレイ製造のための新技術を発表した。アプリケーションは、サイズを問わず、スマートウオッチからTVsまでの範囲である。 その工程は、CMOS駆動回路上で […]

全文を読む

ナノピクセルを使ってビルディングサイズのディスプレイ実現

May, 20, 2019, Cambridge--

ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究チームが開発したカラーピクセルは、フレキシブルプラスチック膜へのロール・ツー・ロール製造に適合しており、製造コストを大幅に下げる。研究成果は、Sci […]

全文を読む

レーザと物質の相互作用改善に新方法

May, 17, 2019, Livermore--

数ピコ秒の超短レーザパルスを使い、ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、レーザアブレーション(材料除去)の効率的なメカニズムを見いだした。これは、多くの産業レーザ加工アプリケーションで、低エネルギー、低 […]

全文を読む

HKUST、量子メモリ効率の新記録を達成

May, 16, 2019, Hong Kong--

香港科学技術大学(HKUST)と華南師範大学(SCNU)の共同研究チームの発表によると、チームはフォトニック量子メモリ効率の新たな記録を打ち立て、量子コンピュテーションを現実に一歩近づけた。 コンピュータのメモリ同様、量 […]

全文を読む

マイクロジェットインジェクションで、針なしのスマートタトゥー

May, 16, 2019, Twente--

美容的な役割とは別に、タトゥーはインテリジェントインクを使い新たな機能を獲得する。トゥエンテ大学(University of Twente)の研究チームは、全く針を使わないマイクロジェットインジェクション技術を開発した。 […]

全文を読む

集積シリコン光スイッチ、高速データ伝送で過去最少光損失実証

May, 16, 2019, San Diego--

カリフォルニア大学バークリー校の研究チームが試験した実験用フォトニックスイッチは、将来の高速データ伝送ネットワークに向けた完全光、高容量スイッチングの目標に向けた有望さを示している。この研究のために開発、テストされたスイ […]

全文を読む

光粒子を非破壊測定する新しいセンサ

May, 15, 2019, Innsbruck--

インスブルック大学(University of Innsbruck)、Tracy Northupをリーダーとする研究チームは、光粒子を非破壊計測できる量子センサを開発した。これは、光の量子特性研究促進に利用できる。 Tr […]

全文を読む

レーザによる固体の加熱機構を特性X線の自発光イメージングで解明

May, 15, 2019, 大阪--

大阪大学レーザ科学研究所の千徳靖彦教授と米国ネバダ大学リノ校の澤田寛准教授と、理研Spring-8、欧州XFEL、イエナ大学ヘルムホルツ研究所イエナ、カリフォルニア大学サンディエゴ校、ローレンスリバモア国立研究所(LLN […]

全文を読む

玉川大学、Y-00光通信量子暗号を用いた1,000kmの暗号通信に成功

May, 14, 2019, 東京--

玉川大学量子情報科学研究所は、Y-00光通信量子暗号(Y-00暗号)の通信実験を行い、1,000kmの光ファイバ暗号通信に成功した。今回の実験は、玉川大学で開発したY-00暗号トランシーバの通信性能試験で、Y-00暗号の […]

全文を読む

北海道大学、引っ張ると白い蛍光を出すゴムの開発に成功

May, 14, 2019, 札幌--

北海道大学電子科学研究所の相良剛光助教(科学技術振興機構(JST)さきがけ研究者)、玉置信之教授、スイス フリブール大学(Université de Fribourg) Adolphe Merkle Instituteの […]

全文を読む

光でイオンを輸送するタンパク質、ロドプシンの吸収波長を長波長化

May, 14, 2019, 東京--

東京大学 物性研究所の井上圭一准教授と名古屋工業大学 大学院工学研究科 生命・応用化学専攻の神取秀樹教授らはイタリアのシエナ大学などとの国際共同研究により、ロドプシンのアミノ酸を改変することで、従来より長波長の光で操作が […]

全文を読む

新しい原理のテラヘルツ検出器を開発

May, 14, 2019, 東京--

東京大学 生産技術研究所 光物質ナノ科学研究センターの平川一彦教授、張亜特任助教(現:東京農工大学 准教授)を中心とする研究グループは、微小機械共振器構造(MEMS)を用いて、室温で高速・高感度にテラヘルツ電磁波を検出す […]

全文を読む

タフツ大学、新しい光学特性のメタマテリアルを3Dプリント

May, 13, 2019, Medford/Somerville--

タフツ大学(Tufts University)のエンジニアチームは、固有のマイクロ波、光学特性を持つ一連の3Dプリントメタマテリアルを開発した。  これは、従来の光学材料、電子材料を用いて実現したものを上回る特性である。 […]

全文を読む

RMIT大学、3D光学的生検の可能性を示す

May, 10, 2019, Melbourne--

RMIT大学の研究チームは、既存の光ファイバ技術を使って体内組織の顕微3D画像を生成できることを示した。これは、3D光生検への道を開くものである。  組織を採取し、分析のためにラボに送る通常の生検と違い、光学的生検を利用 […]

全文を読む

乳ガン除去改善のために設計された指マウント光プローブ

May, 9, 2019, Washington--

ウエスタンオーストラリアの研究チームは、生体組織の硬さや弾力性をイメージング、定量評価することで触覚を強化するウエアラブルプローブを開発した。デバイスは、乳ガンの外科切除を改善するために開発されており、また脳や肝臓の手術 […]

全文を読む

1 / 712345...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。