All about Photonics

Science/Research

精密ガン診断に新しい赤外化学イメージング技術が有望

August, 22, 2019, West Larayette--

アメリカガン協会によると、今年の前立腺ガン診断は男性174000人に達する見込である。アメリカ人男性で最も一般的な皮膚ガンの次に多いガンとなる。  化学学部非常勤教授、Ji-Xin Chengは、New England […]

全文を読む

フラウンホーファーIWS、迅速レーザにより防水溶接

August, 22, 2019, Dresden--

ドレスデンのフラウンホーファー研究チームは、高速振動するレーザビームを使う新しいレーザ溶接工程を開発した。  この技術は、”remoweld FLEX”として知られており、特に要求の厳しい工程に適 […]

全文を読む

従来技術の半分の学習データ量でも高精度に識別可能なDL技術を開発

August, 22, 2019, 東京--

NECは、従来の半分程度の学習データ量でも高い識別精度を維持できるディープラーニング(DL)技術を新たに開発した。  識別精度の向上には、識別が難しい学習データをより多く学習することが有効であるが、学習に適した質の良いデ […]

全文を読む

酸性でも光刺激でオン・オフできる緑色蛍光たんぱく質rsGamillus

August, 22, 2019, 大阪--

大阪大学 産業科学研究所の永井健治教授らの研究グループは、pH4.5~9.0の細胞環境で安定して蛍光する、耐酸性の光スイッチ型緑色蛍光たんぱく質“rsGamillus”の開発に成功した。特殊な顕微鏡法と組み合わせることで […]

全文を読む

ファイバベースイメージング分光計、記録的なデータ量を取得

August, 21, 2019, Washington--

ライス大学の研究チームは、リモートセンシング向けに新しいコンパクトなファイバベースのイメージング分光計を開発した。これは、30000サンプリングポイントをキャプチャでき、それぞれが60以上の波長を含む。この豊富なスペクト […]

全文を読む

新しいソフトウエアで低解像度cryo-EMマップが焦点を合わせる

August, 21, 2019, West Lafayette--

極低温電子顕微鏡(Cryo-EM)は、タンパク質の構造判定で最もポピュラーな方法である。様々な種類の病気のために研究者の薬剤開発に役立っている。過去数10年で、Cryo-EMはX線結晶学を置き換えた。簡単に大きな結晶に形 […]

全文を読む

光データ伝送改善を狙って後方散乱をカット

August, 20, 2019, Champaign--

イリノイ大学の研究チームは、光データ伝送中のエネルギー損失を減らすために不適合光波の向き変える方法を見出した。研究では、チームは光波と音波の相互作用を利用して、材料欠陥から光散乱を抑制する。これにより、光通信が改善される […]

全文を読む

レーザプロセスにおける吸引器によりクリーンな肺

August, 20, 2019, Dresden--

自動車産業などの分野では、コンポーネントはレーザリモートプロセスを利用して超高速で加工できる。しかし、これは、肺障害を起こす可能性のある有害排出物を出す。フラウンホーファーマテリアル研究所とビーム技術研究所IWSのチーム […]

全文を読む

ORNL、次世代カメラ、ダイナミックビジョンセンサ

August, 19, 2019, Oak Ridge--

オークリッジ国立研究所(ORNL)は、ダイナミックビジョンセンサ(DVS)という次世代カメラによるライブ情報読み取りトレーニングを行っている。  これは、ロボット工学のアプリケーションであり、無人走行車センシングを改善で […]

全文を読む

SPring-8ナノビームにより極微量な抗癌剤の腫瘍内分布を可視化

August, 19, 2019, 福岡--

九州大学などの共同研究グループは、SPring-8 の強力なX線を臨床医学に応用し、世界で初めて抗癌剤(Oxaliplatin)投与後のヒト大腸癌組織内における白金分布を蛍光X線マッピングにより可視化した。  これにより […]

全文を読む

UCSD、最薄光導波路、わずか三原子層に光を流す

August, 16, 2019, San Diego--

UCSDのエンジニアは、3原子層の世界最薄光デバイスを開発した。  この研究成果は、今日のデバイスよりも数桁小さなサイズの光デバイスに縮小するための概念実証である。これは、より高密度、高機能のフォトニックチップの開発につ […]

全文を読む

原子の振動を波として電子顕微鏡で捉えた

August, 16, 2019, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)ナノ材料研究部門電子顕微鏡グループ 千賀亮典主任研究員と同研究部門 末永和知首席研究員、ウィーン大学、ローマ・ラ・サピエンツァ大学、日本電子株式会社、森下茂幸博士は、新しく開発した電子顕微鏡を […]

全文を読む

腫瘍治療にマイクロロボットをレーザで活性化

August, 14, 2019, West Larayette--

病んでいる身体部分の処置で、体内の病気はどうするか。その場合、手術か化学療法が必要になるかもしれない、とCaltechエンジニアリング・応用科学部の研究者は言う。  研究チームは、全く新しい治療形態、マイクロロボットに取 […]

全文を読む

SibFU研究者、ソーラセルを効率化する材料を発見

August, 14, 2019, Stockholm--

シベリア連邦大学の研究者は、スウェーデン王立工科大学の研究者と共同で、ソーラセルの性能を高めることができる、パラジウムベース材料の新たな特性を発見した。 パラジウム・ジセレニド(PdSe2)は、特性がまだ十分に研究されて […]

全文を読む

高輝度光科学研究センター、超高速の分子振動の高精度観測に成功

August, 13, 2019, 和光--

高輝度光科学研究センターXFEL、理化学研究所(理研)他研究機関による共同研究グループは、X線自由電子レーザ(XFEL)施設SACLAを使い、光を吸収した金属錯体分子の核波束振動を原子レベルの高い時間・空間分解能で追跡す […]

全文を読む

光が引き起こす遷移金属中の超高速な電子の局在化現象を観測

August, 9, 2019, つくば--

筑波大学計算科学研究センター 佐藤駿丞助教は、マックスプランク物質構造ダイナミクス研究所理論グループ、及びチューリッヒ工科大学の超高速レーザ物理グループとの共同研究により、パルス光が遷移金属薄膜に引き起こすアト秒(10の […]

全文を読む

テラヘルツと赤外波をオンデマンド制御

August, 8, 2019, Geneva--

磁界と電界を利用して赤外およびテラヘルツ波を制御する機能は、物理学の大きな課題であり、オプトエレクトロニクス、通信および医療診断を変革するものである。  2006年から、ある理論が、磁界で、炭素原子の単原子層、グラフェン […]

全文を読む

量子コンピューティングのために原子の量子状態を正確に計測

August, 7, 2019, University Park--

Penn Stateの研究者によると、新しい方法で、以前に可能だったよりも20倍少ない誤差で原子「qubit」の量子状態を計測できる。原子のロスは1つもない。qubitは量子コンピュータで情報の基本単位。qubit状態の […]

全文を読む

南洋理工大学物理学者、光が非磁性金属を磁化すると提案

August, 6, 2019, Singapore--

南洋理工大学(NTU)とコペンハーゲンのニールスボーア研究所の物理学者は、非磁性金属をレーザを使って磁石に変換する方法を考案した。  磁石とその磁界は、一般に回転する電流によって生成される、日常的な電子コイルに見られるの […]

全文を読む

低電圧高輝度ペロブスカイトLEDを実現

August, 5, 2019, 東京--

東京工業大学 元素戦略研究センターの沈基亨大学院生、金正煥助教、細野秀雄栄誉教授らは、ペロブスカイト型ハロゲン化物を用い、低電圧駆動で超高輝度のペロブスカイトLED(PeLED)の開発に成功した。電極からのキャリアの注入 […]

全文を読む

紫外線によって光る蛍光マーカー「Lumisis Marker(R)」を共同開発 

August, 5, 2019, 大阪--

摂南大学理工学部機械工学科流体システム工学研究室とセントラルテクノ株式会社は紫外線によって蛍光し、流体に混ぜて流れを可視化する紫外線励起蛍光マーカー「Lumisis Marker」<特許出願中>を共同開発した。  開発品 […]

全文を読む

ペロブスカイト半導体の発光量子効率計測

August, 5, 2019, 仙台--

東北大学多元物質科学研究所 小島一信准教授、秩父重英教授は、浜松ホトニクス株式会社 池村賢一郎、千葉大学大学院融合理工学府 松森航平、同大学大学院理学研究院 山田泰裕准教授、京都大学化学研究所の金光義彦教授と協力し、ハラ […]

全文を読む

空間分解能1ナノメートルの共鳴ラマン分光を実現

August, 5, 2019, 東京--

マックス・プランク協会 フリッツ・ハーバー研究所 物理化学部門の熊谷崇グループリーダーの研究チームは、株式会社ユニソクと共同開発した低温探針増強ラマン分光(TERS)装置によって鋭い金属の針先に発生するナノスケールの光( […]

全文を読む

フォトニクスを変革する多材料3Dナノプリンティング

August, 2, 2019, College Park--

メリーランド大学のエンジニアが、新しい多材料3Dナノプリンティング技術を開発した。研究成果は、Lab on a Chipに掲載されている。 研究チームの新技術は、微小な多材料構造をプリントできるもので、研究者は、これらの […]

全文を読む

バイオエンジニアが折り畳みゲノムを解明

August, 2, 2019, University Park--

ゲノムは、身体の全ての細胞で同じである。しかし、この密集状態の遺伝子材料は、各細胞で常に同じ形状に折り畳まれているわけではない。その折り畳みパタンは、遺伝子が活性化されてタンパク質を作る多様性につながる。  ゲノムは、数 […]

全文を読む

従来よりも10倍厚い有機ELの開発に成功

August, 1, 2019, 福岡--

九州大学の松島敏則准教授と安達千波矢教授らの研究グループは、有機発光層を金属ハライドペロブスカイト層で挟んだ有機ELを開発した。ペロブスカイトの電気を流しやすい性質と簡単に薄膜化できるという性質を利用して、有機EL中のペ […]

全文を読む

新しいタイプの異方性セラミックスレーザ材料の開発に成功

August, 1, 2019, 北見--

北見工業大学の古瀬裕章准教授、物質・材料研究機構の金炳男グループリーダー、東京医科歯科大学の堀内尚紘助教らの共同研究チームは、新しいタイプの異方性セラミックスの透明化と、そのレーザ発振の実証に初めて成功した。  多結晶セ […]

全文を読む

レーザとマイクロ流体チップによる超高速セルソーター

July, 31, 2019, 奈良--

奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科物質創成科学領域の細川陽一郎教授、飯野敬矩元特任助教、東京大学大学院工学系研究科の小関泰之准教授、東京大学大学院理学系研究科の合田圭介教授らは、奈良先端科学技術大学院大学、東京 […]

全文を読む

レーザ技術ナノパーフォレーション進歩、3Dガラス加工を改善

July, 31, 2019, N.Y.--

Corning Incorporatedは、3D切断アプリケーションをより最適化する同社独自のナノパーフォレーションガラス切断技術の強化を発表した。 Corning Laser Technologies (CLT)が開発 […]

全文を読む

レーザ照射の定説を覆す最小材料加工に成功

July, 31, 2019, 大阪--

大阪大学産業科学研究所入澤明典助教、菅滋正招へい教授と、摂南大学、京都大学先端ビームナノ科学センターの共同研究グループは、大阪大学産業科学研究所内の遠赤外・テラヘルツ自由電子レーザを用いて回折限界を大きく超えた、波長の1 […]

全文を読む

1 / 1112345...10...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。