All about Photonics

Science/Research

熱を放出して建物を冷却するハイテクミラーを開発

December, 2, 2014, Stanford--

スタンフォード(Stanford University)の研究チームは、建物の冷却に役立つ画期的なコーティング材料を発明した。新しい超薄多層材料は、建物内から熱を空間に放出し、入ってくる太陽光の熱も反射することで、エアコ […]

全文を読む

ブルネル大学ロンドン、DIY顕微鏡を開発

December, 1, 2014, London--

ブルネル大学ロンドンのPhD学生が開発した顕微鏡で、数十万ポンドの研究費節約が可能になる。  同大学ヘルス・ライフサイエンス学部、Adam Lynch氏は、時間と費用を節約するためにオンラインで購入した安価な機器を適用す […]

全文を読む

光化学系Ⅱ複合体の正確な三次元原子構造を解明

November, 28, 2014, Okayama--

岡山大学大学院自然科学研究科の沈建仁教授の研究グループは、X線自由電子レーザ(XFEL)施設SACLAを用いて、光合成による水分解反応を触媒する光化学系Ⅱ複合体の構造を1.95 Å分解能で正確に突き止めた。  研究グルー […]

全文を読む

NTU、2-in-1バイオマーカーと薬剤デリバリシステムを開発

November, 28, 2014, Singapore--

南洋理工大学(Nanyang Technological University)は、2つの画期的な機能を持つ前例のないバイオマーカー(生体指標)を発表した。  まず、このバイオマーカーは、腫瘍細胞を検出すると発光して研究 […]

全文を読む

グラフェンを使うことで新しいタイプのレーザが可能になる

November, 28, 2014, Dresden--

強磁場下のグラフェンで電子の動力学を理解すると、新しいタイプの広帯域レーザの開発につながる。  ヘルムホルツセンタ・ドレスデンロッセンドルフ(HZDR)研究所のチームは、ベルリン、フランス、チェコおよび米国の研究者と協働 […]

全文を読む

一本のカーボンナノチューブとフォトニック結晶の高効率光結合を実現

November, 27, 2014, Tokyo--

東京大学大学院工学系研究科の加藤雄一郎准教授と同生産技術研究所の荒川泰彦教授らの研究グループは、一本の単層カーボンナノチューブから発生した光を推定効率85%以上でフォトニック結晶構造中に伝搬させることに成功した。  単層 […]

全文を読む

LLNL、3Dプリンティングパーツの残留応力効率的測定法を開発

November, 26, 2014, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、粉体層溶融積層造形法で作製した金属部品の残留応力を計測する効率的な方法を開発した。  この3Dプリンティングプロセスは、高エネルギーレーザビームを使って金属粉体粒子 […]

全文を読む

レーザ光で有機金属を絶縁体に変える

November, 26, 2014, 仙台--

東北大大学院理学研究科、岩井伸一郎 教授、石原 純夫教授の研究グループは、有機金属中の電子の動きをレーザ光の照射によって凍結、秩序化することに成功した。  研究グループには、中央大理工学部の米満賢治教授、岡山理科大大学院 […]

全文を読む

RapidIOベースクラスタでコンピューティングのブレイクスルーを加速

November, 26, 2014, San Jose--

IDT(Integrated Device Technology, Inc)は、モバイルプロセッサを接続した高密度・低遅延クラスタにより、オンラインゲームやハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)や分析学で必要と […]

全文を読む

MRIと蛍光イメージングの両方に対応するナノ粒子でガンをモニタ

November, 25, 2014, Cambridge--

MITの化学チームは、生きた動物で同時にMRIと蛍光イメージングの働きをするナノ粒子を新たに開発した。このような粒子は、体内で造られた特定分子の追跡、腫瘍の環境のモニタ、あるいは薬剤がターゲットに到達しているかどうかを判 […]

全文を読む

LCD画像を明るくするメタマテリアル偏向フィルタ

November, 25, 2014, Salt Lake City--

ユタ大学(University of Utah)の研究チームは、光をより多く通す偏向フィルタを開発した。これは、一回の充電でこれまでよりも遙かに長く動作するモバイルデバイスディスプレイ、かすかな明かりでも撮ることができる […]

全文を読む

次世代フォトニックチップ製造に役立つ新技術

November, 25, 2014, Southampton--

サザンプトン大学(University of Southampton)の研究チームは、高信頼で耐久性の高い次世代フォトニックチップ製造を支援する新しい技術を開発した。  光チップの複雑さが増すに従い、そのようなチップのテ […]

全文を読む

黄斑変性の進行抑制に役立つ新しいレーザ治療

November, 25, 2014, Melbourne--

メルボルン大学の研究チームは、初期の加齢黄斑変性症(AMD)の患者に対する新しい、低エネルギーレーザ治療がプラス効果をもたらすことを見いだした。  他のレーザ治療と違い、この新しい高速レーザは網膜に損傷を与えない。同大学 […]

全文を読む

2光子重合からマイクロアクチュエータ

November, 21, 2014, Zurich--

チューリッヒ工科大学(ETH Zurich)の研究チームは、新材料と微細3Dプリンティング技術により、微小磁気アクチュエータの改良形態をを実現した。  マイクロメートルサイズのアクチュエータは、いずれ、薬や化学センサ分子 […]

全文を読む

UCI、血流感染を迅速に診断するテスト法を開発

November, 20, 2014, Irvine--

カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)の研究チームが開発した新しい血流感染テストは、前例のない精度で診断時間をスピードアップし、医師は死に至る可能性のある病気に罹った患者を迅速かつ効果的に処置することができる。 Wei […]

全文を読む

カーネギー研究所、新しいシリコンを合成

November, 19, 2014, Washington, D.C.--

Timothy Strobel氏をリーダーとするカーネギーの研究チームは、全く新しい形態のシリコンを合成した。  直接バンドギャップ材料は効果的に光を吸収し放出するが、ダイヤモンド構造のシリコンのような間接バンドギャップ […]

全文を読む

光に反応する血管受容体が血管疾患治療の新たな目標に

November, 19, 2014, Boltimore--

ジョンズホプキンス医科大学(Johns Hopkins Medicine)の研究チームは、光に反応して血管弛緩を起こす血管の受容体を発見した。これは血管疾患の治療に役立つ可能性がある。また研究チームは、これまで知られてい […]

全文を読む

喘息吸入器から肺までの薬剤粒子の流れをレーザでモニタ

November, 19, 2014, Cambridge--

ケンブリッジ大学とバーミンガム大学の研究チームは、レーザビームトラップを使って、喘息吸入器からの薬剤粒子の流れを調べた。この研究は、吸入器の効果改善に役立つと考えられている。  科学技術施設協議会(STFC)センタレーザ […]

全文を読む

富士通研、モノに情報を付与できるLED照明技術の開発

November, 18, 2014, Tokyo--

富士通研究所は、LED照明などからモノへ照射する光にID情報を埋め込み、その光に照らされたモノからID情報を復元可能な照明技術を開発した。  照明から照射する光に目には見えない通信情報を埋め込むことで、照明に照らされたモ […]

全文を読む

フランウンホーファー研究所、レーザを用いたメタンガス漏れ検出機開発

November, 17, 2014, Freiburg--

バイオガス工場を使用可能にするのは簡単ではない。中でもメタンのリークは特に問題がある。セキュリティ、技術的、経済的、環境フレンドリーの観点から問題がある。研究者たちは、リークの検出改善に役立つ技術に取り組んでおり、その過 […]

全文を読む

ペンシルバニア大学、ナノスケールで効率的に光を混合

November, 17, 2014, Philadelphia--

ペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)の研究チームは、ナノワイヤシステムを開発した。2つの光の波を統合して異なる周波数の第3の光を造り、光キャビティを使って出力強度を使えるレベルに増幅 […]

全文を読む

ナノメートルスケールでGaNを解析する研究技術

November, 14, 2014, Aachen--

レーザ技術ILTフランウンホーファー研究所はアーヘン工科大学(RWTH Aachen University)物理学部(IA)と密接に協力してGaNおよびGaN複合物の構造的電気的特性をナノメートルレベルで光学的に研究する […]

全文を読む

前立腺ガンを迅速かつ安全に診断

November, 14, 2014, Dresden--

前立腺ガンの良性と悪性の区別は難しい。フランウンホーファーの研究チームが開発した新しい機器を用いた視覚分析によって医師は悪性種かどうかを高信頼に判断できる。  現在、前立腺の悪性腫かどうかを判断するために医師は患者の前立 […]

全文を読む

NASA、SpaceXをサーマルイメージングで撮る

November, 13, 2014, Hampton--

NASAは、SpaceX Falcon9ロケット下降時の熱画像を捉えることに成功した。ロケットはフロリダ、ケープカナベラ空軍基地から9月に打ち上げられた。この熱画像のデータは、今後の火星表面へのミッションに重要な技術情報 […]

全文を読む

フレキシブルOLED製造を目指したBMBF支援共同プロジェクト

November, 12, 2014, Dresden--

ドイツ連邦教育研究省(BMBF)から助成金を受けた共同プロジェクトR2D2は、2014年11月にスタートする。目的は、フレキシブルOLEDの製造のための生産関連工程と技術の調査。  有機発光ダイオード(OLED)は全域を […]

全文を読む

ポイントオブケア診断に強力な小型イメージングシステム

November, 12, 2014, Washington--

オランダとフランスの産学協同チームが開発した新しいハンドヘルドプローブは、医師にとって強力なイメージング機能を発揮する。  このイメージングシステムは、実験室のベンチトップ技術をPCスクリーンと小さなホッチキスサイズのプ […]

全文を読む

フランウンホーファーIIS、パノラマ式に見える内視鏡を実現

November, 12, 2014, Dusseldorf--

フランウンホーファーIISの研究チームは、取得した全画像を組み合わせてパノラマ画像にする新しいソフトウエアプログラム、Endoramaを開発した。  尿に血液が混ざるようなことがあると、これは膀胱ガンの兆候かも知れない。 […]

全文を読む

イオンドープカルコゲナイドガラスで多機能を1つのコンポーネントに

November, 12, 2014, Dusseldorf--

サーレイ大学(University of Surrey)は、ケンブリッジ大学、サザンプトン大学と協力してアモルファスカルコゲナイドの電気特性を変えられることを確認した。カルコゲナイドは、CDやDVDなど、データ技術に不可 […]

全文を読む

MIT、原子厚の半導体で異例の光伝導

November, 11, 2014, Atlanta--

シリコンなどの半導体に光を照射すると伝導性が向上することはよく知られているが、特別な半導体では光照射は逆の効果、つまり材料の伝導性を抑制することが発見された。  この現象は、非標準的な2D半導体、わずか3原子厚の二硫化モ […]

全文を読む

低純度シリコンを利用した安価な太陽電池製造法開発

November, 11, 2014, Trondheim--

太陽電池の新しい製法は現行基準と比較してシリコンの量を単位面積あたり90%削減する。純度の高いシリコンは高価であるので、新しい製法は太陽光発電のコスト削減に貢献する。  ノルウエイ科学技術大学(NTNU)物理学部、Urs […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。