All about Photonics

Science/Research

UCSD、光をトラップするより効率的なBICフォトニックキャビティ

December, 26, 2014, San Diego--

カリフォルニア大学サンディエゴ(UCSD)の研究者は、初期の量子力学で初めて提唱された連続状態中の束縛状態(BIC)と言われる現象を利用して、光をトラップする新たな、より効率的な方法を実証した。  UCSDヤコブス工学科 […]

全文を読む

ミシガン大学、複雑な結晶をシミュレーション

December, 26, 2014, Ann Arbor--

ミシガン大学の研究チームは、コンピュータシミュレーションで、これまでで最も複雑な結晶構造を作製した。「複雑さが単純なルールからどのように出現するかを実証するのに、研究の成果が役立った」と研究チームは説明している。  研究 […]

全文を読む

ライス大学、原子厚の2D感光材料を開発

December, 26, 2014, Houston--

ライス大学の研究チームによると、金属カルコゲナイド合成2次元(2D)材料が超薄型デバイスの基盤になる可能性がある。  そのような材料の1つ、二硫化モリブデンは、その光検出特性のために幅広く研究されているが、セレン化銅イン […]

全文を読む

SACLAを用いた固体の光電子スペクトルの時間分解計測に成功

December, 25, 2014, 和光--

理研、キール大学などの共同研究グループは、X線自由電子レーザ(XFEL)施設「SACLA」から得られる硬X線とフェムト秒光学レーザを用いたポンプ・プローブ型の硬X線光電子分光法により、固体試料構成元素の内殻光電子スペクト […]

全文を読む

多層構造を持つ低分子塗布型有機EL素子の開発に成功

December, 25, 2014, 山形--

山形大学大学院理工学研究科の城戸淳二教授、夫勇進准教授らの研究グループは、多層構造を持つ低分子塗布型白色有機エレクトロルミネッセンス素子(有機EL)の開発に成功した。  印刷技術を用いて製造コストを低減できる塗布型有機E […]

全文を読む

サザンプトン大学、直接レーザ変調でQAM信号生成

December, 24, 2014, Southampton--

サザンプトン大学オプトエレクトロニクス研究センタ(ORC)の研究チームはアイルランドのエブラナフォトニクス(Eblana Photonics)と協力して、外部変調器無しでスペクトラル的に効率的な変調フォーマット信号を作る […]

全文を読む

NC州立大、新しいバイオセンサ開発に一歩前進

December, 24, 2014, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学の研究チームは、水や放射線照射でもペプチドを安定に保つように、窒化ガリウム(GaN)表面にペプチドを結合する方法を発見した。この発見によって、医療や生物学的研究応用で使用する新しい領域のバイオセン […]

全文を読む

量子物理学で偽造防止クレジットカードが可能に

December, 22, 2014, Enschede--

トゥエンテ大学(University of Twente) MESA+とアイントホーフェン工科大学(TU/e)の研究グループは、複製不能な対象物認証方法を共同開発した。  技術者は、銀行カード、クレジットカード、IDカー […]

全文を読む

imecとゲント大、業界初のグラフェン光変調器を実証

December, 19, 2014, San Francisco--

IEEE国際電子デバイス会議(IEDM 2014)で、imecとゲント大学(Ghent University)は、変調速度10Gb/s、業界初の集積グラフェン光変調器(EAM)を実証した。  低挿入損失、低駆動電圧、高い […]

全文を読む

安価で高効率のLEDにキュービックGaN-on-Siが有望

December, 18, 2014, N.Y.--

Anvil Semiconductorsとケンブリッジ大学GaNケンブリッジセンタは、MOCVDでシリコンウエハ上の3C-SiCにキュービックGaNを成長させることに成功した。  下層の3C-SiC層はAnvil の特許 […]

全文を読む

ライス大学、レーザでポリマからグラフェンエレクトロニクス作製

December, 17, 2014, Houston--

ライス大学(Rice University)の研究チームは、コンピュータ制御のレーザで安価なポリマを焼くことによって、多層グラフェンの柔軟なパタンシートを作製した。このプロセスは空気中、室温ででき、熱い炉や制御環境は必要 […]

全文を読む

TUM、タンク内の藻の成長にLEDを利用

December, 17, 2014, Munchen--

ミュンヘン工科大学(Technische Universität München)の研究チームは、ベルリンのLEDメーカーFUTURELED社と協力して、広範な照明条件をシミュレートする方法を開発し、 […]

全文を読む

NASA、宇宙ステーションのダウンリンクテストに成功

December, 17, 2014, Pasadena--

国際宇宙ステーションのOPALS(Optical Payload for Lasercomm Science)は、地球と宇宙との間で、電波信号と比較してレーザ通信が情報の流れをいかに高速化できるかの実証実験を行っている。 […]

全文を読む

固体タンパク質が蛍光タンパク質ベースのレーザ強度を最大化

December, 16, 2014, Boston--

生きた細胞をベースにしたレーザを初めて開発した同じ研究チームが、溶液ではなく固体形状の蛍光タンパク質を用いると光強度が強くなること、タンパク質分子の発光部分を取り囲む自然のタンパク質構造を利用する成果をNature Co […]

全文を読む

細胞内での変性タンパク質の動きを蛍光顕微鏡で見る

December, 15, 2014, Champaign--

イリノイ大学の化学研究チームは、^変性(折りたたまれていない)タンパク質の拡散を特殊な顕微鏡を使って見ることができるようになった。  タンパク質折り畳みと輸送との関連を調べると、アルツハイマーやハンチントン病のようなタン […]

全文を読む

2D材料スタックで半導体デバイスの低コスト化

December, 15, 2014, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(NC State)の研究チームは、わずか1原子厚の材料をスタッキングすることで半導体ジャンクションを造れることを発見した。  材料の結晶構造が不整合であるかどうかに関係なく、電荷を効率よく移動さ […]

全文を読む

デイライトソリューションズ、QCL 100万時間動作達成

December, 12, 2014, San Diego--

デイライトソリューションズ(Daylight Solutions, Inc)は、量子カスケードレーザ(QCL)技術で、現在進めている信頼性評価と成長プログラムの一環として2件の大きな成果を達成したと発表した。  100万 […]

全文を読む

プリンストン大、3DプリンティングでコンタクトレンズにLEDを埋込む

December, 12, 2014, Princeton--

新しい3Dプリンティング技術の実証プロジェクトの一環としてプリンストン大学の研究チームは、微小発光ダイオード(LED)を標準的なコンタクトレンズに埋め込み、デバイスが色つきビームを発光できるようにした。  主席研究員、M […]

全文を読む

イエナ大学、カラフルナノ粒子を標的細胞に輸送

December, 11, 2014, Jena--

イエナの研究チームは、極めて特殊なナノ粒子の生成に成功した。  結合した染料に応じて、ナノ粒子は肝臓や腎臓に誘導され、活性成分のペイロード(荷重)を直接、標的細胞に放出する。さらに、染料は、生体顕微鏡によって、あるいは非 […]

全文を読む

レーザでフルーツの熟成を調べる

December, 10, 2014, Washington--

レバノンの聖ヨゼフ大学とフランスの西ブルターニュ大学の研究チームは、「クライマクテリックフルーツ」(急速に成熟が進む、リンゴ、バナナ、トマトなどの果物)の収穫時を検出する技術を開発した。  「クライマクテリックフルーツは […]

全文を読む

サザンプトン、高速データネットワーク建設でヨーロッパと日本に協力

December, 10, 2014, Southampton--

サザンプトン大学は、欧州委員会(EC)と日本政府に協力して、ユーザ人口密集地域の高速ネットワークのための新技術を開発する。  スマートフォンやタブレットなど、ネットワークに接続するスマートワイヤレス機器の数は増加の一途を […]

全文を読む

ワシントン大学セントルイス、世界最高速2Dカメラを開発

December, 9, 2014, St. Louis--

ワシントン大学セントルイス(Washington University in St. Louis)の生体医学工学、Lihong Wangの研究チームは、世界最速のレシーブ・オンリー2Dカメラを開発した。このカメラは1秒に […]

全文を読む

ワシントン大学セントルイス、世界最高速2Dカメラを開発

December, 9, 2014, St. Louis--

ワシントン大学セントルイス(Washington University in St. Louis)の生体医学工学、Lihong Wang氏の研究チームは、世界最速のレシーブ・オンリー2Dカメラを開発した。このカメラは1秒 […]

全文を読む

レーザで1km先の毒ガスを検知

December, 8, 2014, Plainview--

テラヘルツセンサは、星間空間の乾いた低圧条件、あるいは実験室の制御された条件で微量ガスの特定に何十年も前から使われてきており、このような条件では超高感度、ppt検出で明確な同定が可能である。しかし同じ技術を通常の大気条件 […]

全文を読む

「スーパーレーザ」で宇宙のデータ通信に革命を

December, 5, 2014, St. Louis--

欧州の宇宙通信衛星Alphasat I-XLと地球観測衛星Sentinel 1Aは、新しいレーザ技術を使ってデータの交換を行い、画像を地球に伝送した。  Alphasat I-XLは、2013年7月から高度36000km […]

全文を読む

ブリストル大学、カルコゲナイドを使って高速光通信

December, 4, 2014, Bristol--

ブリストル大学(University of Bristol)の電気・電子工学部、Dr Maciej KlemmとMartin Cryan教授は、ナノアンテナ反射アレイとチューナブル材料上に構築した光スイッチング技術が高速 […]

全文を読む

太陽電池の効率世界記録46%を達成

December, 4, 2014, Freiburg--

太陽光を直接電気に変換する世界記録が樹立された。多接合太陽電池が太陽光の46%を電気エネルギーに変換した。これを開発したのはフランスのSoitec、CEA-Letiとドイツのフラウンホッファ太陽電池システムISE研究所。 […]

全文を読む

カンザス大学、グラフェンと2D二硫化タングステンを結合

December, 3, 2014, Lawrence--

カンザス大学物理学研究チームは、レゴブロック(Legos)のように結合する2つの異なるアトミックシートでできた全く新しい物質を作製した。研究チームによると、この新しい材料は、グラフェンと二硫化タングステン(WS2)の層で […]

全文を読む

ミネソタ大学、同一波長で音と光を伝送

December, 3, 2014, Minneapolis--

ミネソタ大学工学研究チームは、音が極めて効率的に光を制御できるように、音と光の波が両方ともに生成され閉じ込められるチップを開発した。この新しいデバイスプラットフォームは、光ファイバを使ってワイヤレス通信を改善し、究極的に […]

全文を読む

地滑りの危険認識を早める新技術を開発

December, 2, 2014, Corvallis--

オレゴン州立大学(OSU)とジョージメイソン大学の研究チームは、lidar技術を使って地滑りを景観規模で特定し分類する新しい方法を開発した。  この新しい非主観的な技術は、50平方マイル程度の範囲の地滑りを約30分で分析 […]

全文を読む

1 / 1412345...10...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。