All about Photonics

ニュース

エッジ端末に適した小型省電力プロセッサを実証

February, 25, 2021, 東京--

東京工業大学 工学院 情報通信系の原祐子准教授らは、IoTの高度化において必要不可欠になる小型・省電力性を兼ね備えた新たなプロセッサを設計し、そのプロセッサの大規模集積回路(LSI)の開発に成功した。ヘルスケアデバイスを […]

全文を読む

II-VI、ライフサイエンス向けに多波長レーザモジュール発売

February, 25, 2021, Saxonburg--

II‐VI Incorporatedは、ライフサイエンス向けに多波長レーザモジュール製品ラインを発表した。 ライフサイエンスで急増するフォトニクスベース測定器数、蛍光ベースイメージングシステム、フローサイトメータ、DNA […]

全文を読む

II-VI、蛍光イメージング向け回折限界アポクロマート対物レンズ

February, 24, 2021, Saxonburg--

II‐VI Incorporatedは、蛍光イメージング向け回折限界アポクロマート対物レンズを発表した。 蛍光ベースのイメージングシステム、フローサイトメータ、DNAシーケンサを含むライフサイエンス計測器数の急増が、全可 […]

全文を読む

Skoltech、オンチッププリント電子ノーズ(e-nose)開発

February, 19, 2021, Moscow--

Skoltechの研究者とロシアおよびドイツの研究チームは、オンチッププリント「電子ノーズ」を設計した。これは、ポータブルエレクトロニクスやヘルスケアで使うことを目的とした、この種の低コストで敏感なデバイスの概念実証とし […]

全文を読む

Wyss Institute、身体の深部でレーザビームを扱う

February, 10, 2021, Boston--

マイクロロボット光電機械デバイスは、高速にレーザビームを操作でき、幅広い範囲の動きが、侵襲性の少ない手術の可能性を強める。 自然の開口、小さな外部切開を通して医者が内部組織にアクセスする侵襲性の少ない手術は、医療の一般的 […]

全文を読む

印刷できる抗原抗体検査のための光センサ開発

February, 8, 2021, 福岡--

九州大学大学院システム情報科学研究院の吉岡宏晃 助教、興雄司 教授、Abdul Nasir大学院生らの研究グループは、熱処理が不要で市販のインクジェットプリンタと同様の技術で印刷可能な抗原抗体検査で利用できる光センサの開 […]

全文を読む

近赤外光利用ハイパースペクトル画像から粘膜下腫瘍(GIST)を識別

February, 4, 2021, 東京--

東京理科大学生命医科学研究所および国立がんセンターの研究グループは、近赤外光を利用したハイパースペクトル画像から消化管間質腫瘍(GIST)を識別する方法を開発した。  この研究を発展させることで、粘膜下腫瘍の鑑別診断、腫 […]

全文を読む

LZH、レーザで骨のセメントを優しく除去

February, 3, 2021, Hanovar--

股関節プロテーゼを取り替えるとき、大腿骨の旧い骨セメントを最初に除去しなければならない。Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は、医者が古いセメントを優しく、改善された視覚で除去できる内視鏡ベ […]

全文を読む

フローイメージング顕微鏡/動的画像分析市場、2025年に4500万ドル

February, 2, 2021, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「フローイメージング顕微鏡/動的画像解析市場、タイプ(小バイオ分子、ナノファイバ、粘稠液)、分散(湿式/乾燥分散)、エンドユーザ(製薬 バイ […]

全文を読む

新しいアルゴリズム、世界最高の顕微鏡の焦点を先鋭化

February, 1, 2021, Berkeley--

刑事もののTVドラマでは、刑事はきめが粗い低解像度の監視カメラを見ていて、ビデオに映るある人物に注目し、平然とCSI技術者に、それを「改善」するように言う。すると容疑者の顔が完全で鮮明な画像になる。これは、もちろん現実の […]

全文を読む

サブミクロン分解能高速ホログラフィック蛍光顕微鏡システムを開発

February, 1, 2021, 東京--

情報通信研究機構(NICT)、東北大学及び桐蔭学園の研究グループは、サブミクロンの分解能を持つ高速ホログラフィック蛍光顕微鏡システムの開発に成功した。  蛍光体の3次元情報をホログラムとして記録するため、スキャンが不要で […]

全文を読む

全可視光領域で発色する虹色発光標識のポートフォリオを開発

January, 29, 2021, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)環境創生研究部門金誠培主任研究員と、電気通信大学(電通大)基盤理工学専攻 牧 昌次郎准教授、北田昇雄特任研究員は、医療・環境診断や生体イメージングに適用するため、全可視光領域で発光する「虹色発 […]

全文を読む

Velcroのような食品センサ、腐敗と汚染を検出

January, 28, 2021, Cambridge--

MITのエンジニアは、シルクのマイクロニードルでできたVelcroのような食品センサを設計した。これは、プラスチックパッケージを貫通して、食品の腐敗兆候、バクテリア汚染を抽出する。 そのセンサのマイクロニードルは、蚕の繭 […]

全文を読む

オールテランマイクロロボット、生体大腸を踏破し薬剤をデリバリ

January, 27, 2021, West Lafayette--

パデュー大学のエンジニアの実証実験によると、生きた動物モデルで、人間の髪の毛数本程度の長方形ロボットがバク転しながら大腸を転がって進むことができる。 バク転する理由は、目的がこれらのロボットを使って人体の中で薬剤を輸送す […]

全文を読む

LZH、食肉処理プロセス、レーザで鶏肉を殺菌

January, 27, 2021, Hanovar--

鶏肉は、バクテリアに汚染されていることがよくある。食肉処理における塩素処理は、利用が制限されており,EUでは認められていない。新しい研究プロジェクトで、Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)は […]

全文を読む

医療イメージング市場規模、2028年に286億ドル

January, 25, 2021, Amrsterdam--

Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界の医療イメージング市場は、2028年に286億ドルに達する見込である。2021-2028年にCAGR 5.2%成長が予測されている。開発途上国にお […]

全文を読む

臨床試験イメージング市場、2028年に14億ドル

January, 22, 2021, Amrsterdam--

Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界の臨床試験イメージング市場規模は、2028年に14億ドルに達する見込である。2021-2028年にCAGR 6.1%で拡大すると予測されている。慢 […]

全文を読む

ラマン分光、口腔ガン診断に有望

January, 19, 2021, Washington--

ハンブルク大学医療センタの研究者は、ラマン分光として知られる光ベース分析技術が、口腔扁平上皮ガン(OSCC)の早期検出に役立つことを示している。 OSCCは、最も高頻度に見られる口腔ガンタイプ、世界で最も一般的なガン診断 […]

全文を読む

独自のX線顕微鏡、3D細胞画像を明らかに

January, 19, 2021, Berkeley--

X線トモグラフィフローニンゲン大学国立セタン(NCXT)で開発された技術は、無傷の細胞の内部構造イメージングにおける障害を打ち破る。 先進的なイメージング技術により研究者は、細胞の多くの異なる成分を調べた。現在のアプロー […]

全文を読む

LZH、抵抗性雑草への対処に新戦略

January, 18, 2021, Hannover--

Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)によると、フォクスティルやウインドグラスなどの草が、農地で危急の問題になっている。深刻な蔓延で農民は、農地を完全生産中止にしなければならない事態に直面して […]

全文を読む

フローニンゲン大学、赤外光アンテナが分子モーターを駆動

January, 15, 2021, Groningen--

1999年、フローニンゲン大学( University of Groningen)の有機化学教授、Ben Ferigaは、初の光駆動分子モーターを開発した。これら微小モーターは,あらゆる種類のナノテクアプリケーションで利 […]

全文を読む

1分でCOVID-19抗体を検出するチップ・オン・ア・カード

January, 13, 2021, Rochester--

ロチェスタ大学の研究チームは、使い捨てカード光チップを開発した。これは、一滴の血液から、1分以内に多くのウイルス(COVID-19ウイルスを含む)感染を検出できる。 ロチェスタ大学医療センタの研究者、Benjamin M […]

全文を読む

細胞のリプログラミングを追う光技術

January, 12, 2021, 広島--

理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター先端バイオイメージング研究チームのアルノ・ジェルモン研究員、渡邉朋信チームリーダー(広島大学原爆放射線医科学研究所教授)らの共同研究グループは、培養細胞にレーザ光を照射したとき […]

全文を読む

高速nano-PCR技術、COVID-19のPOC診断

January, 8, 2021, Seoul--

新技術は、20分以下で感染を正確に診断できる。ゼロ擬陽性、ゼロ擬陰性である。 “nanoPCR”技術は、COVID-19のPOC診断のために開発された。この新技術は、20分以内に感染を診断できる。同時に、従来の逆転写ポリ […]

全文を読む

TUM、自己学習アルゴリズムで医療イメージングデータを分析

January, 8, 2021, Munchen--

イメージング技術で生物の内部を詳細に見ることができる。しかし、そのデータの解釈は時間がかかり、豊富な経験を必要とする。人工ニューラルネットワークは、新しい可能性を開く。わすが数秒でマウスの全身のスキャンを解釈し、臓器を分 […]

全文を読む

食品の化学物質が重要なSARS-CoV-2酵素を抑制

January, 8, 2021, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(NC State)の植物生物学者の新しい研究によると、グリーンティー、マスカディン葡萄、ダークチョコレートなど食品、飲み物の化学物質は、SARS-CoV-2の特別な酵素、つまりタンパク質分解酵素 […]

全文を読む

生物模倣の内視鏡、同時に3D可視とNIR画像

January, 7, 2021, Washington--

中国科学アカデミーの研究者は、可視光と近赤外蛍光画像を同時に撮れる新しいバイオ模倣医療用内視鏡を開発した。特徴は、人間の視覚の高解像度3Dイメージングと同時に多波長の光を検出するカマキリやエビの能力を統合した光学設計であ […]

全文を読む

光のストップウォッチで、蛍光寿命画像を一括測定

January, 6, 2021, 徳島--

蛍光物質に瞬間的な光を照射すると、発生した蛍光は直ちには減衰せず、その蛍光物質特有の減衰時間(蛍光寿命)をもって減衰する。この蛍光寿命を観測し、試料をマッピングする手法が蛍光寿命顕微鏡である。蛍光寿命は、実験条件に依存し […]

全文を読む

Two-Photon Research、スマートフォンでCOVID-19ウイルス検出

January, 6, 2021, Montreal--

Two-Photon Research Inc.(TPR)は、ウイルス検出法を変える診断法、CASTを発表した。CASTプラットフォームは、スマートフォンと光接続するTPR特許Aptamer Molecular Phot […]

全文を読む

ラマンホログラフィック技術で、生細胞と組織研究

December, 24, 2020, Tarragona--

ICFOとルビーラ・イ・ビルジーリ大学(University Rovira i Virgili)の研究チームは、新しいラマンホログラフィック技術を報告している。これは一つの画像から個々の粒子を3Dボリュームで追跡できる。 […]

全文を読む

1 / 3812345...102030...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。