All about Photonics

ニュース

魚類のウロコのキラキラ光を外部磁場を変えることで制御

November, 21, 2018, 広島--

広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所の岩坂正和教授、山口大学 大学院創成科学研究科 工学系学域の浅田裕法教授らの研究チームは、魚をキラキラさせる原因である非常に小さい鏡(グアニン結晶板)を磁場で操作し、これまで謎 […]

全文を読む

NIH、技術、適応光学と血管造影法を組合せ網膜深部を撮像

November, 20, 2018, Bethesda--

国立眼病研究所(NIH)の研究チームは、2つのイメージング法、適応光学と血管造影法を組み合わせて目の感光網膜深部の生きたニューロン、上皮細胞、血管を見ることができる。  前例のない詳細さで、網膜の最外領域の組織や細胞を解 […]

全文を読む

3Dプリンターで溶ける医療インプラント作製

November, 19, 2018, Austin--

ネブラスカ大学リンカーン校助教授Michael Sealyは、様々な患者や目的に調整できる溶ける医療インプラントを開発した。  「永久的な金属インプラントの代わりに、時間とともに分解するものを利用する。インプラントを除去 […]

全文を読む

OLEDスキンセンサで血中酸素濃度をリアルタイムマッピング

November, 14, 2018, Berkeley--

傷は,血液の重要要素、酸素が継続的に流れ込まないと癒えない。  UCバークリーの研究チームが開発した新しいフレキシブルセンサは、皮膚の大面積、組織、器官で血中酸素濃度をマッピングすることができ、医者はこれによりリアルタイ […]

全文を読む

低レベルレーザ技術で耳鳴り治療のために臨床試験実施

November, 13, 2018, Melbourne--

Erchonia Corporation、低レベルレーザ治療技術(「3LT」)の製造・開発の世界的リーダーは、InnerScope Hearing Technologies社と共同開発契約を発表した。契約に基づき、Erc […]

全文を読む

HyperVIEWプラットフォーム、細胞レベルイメージング

November, 12, 2018, Irvine--

レーザコンプトン技術ベースのX線システムの開発企業、Lumitron Technologiesは、同社のHyperVIEWイメージングシステム、高忠実イメージングおよび低線量X線撮影が新たに可能になると考えている。  ロ […]

全文を読む

サリー大学、青色光が血圧を下げる

November, 12, 2018, Guildford--

サレイ大学とデュッセルドリフ大学の研究によると、青色光露光で血圧が下がり、心疾患発症リスクが減少する。  European Journal of Preventative Cardiologyに発表されたこの研究で、参加 […]

全文を読む

狙った細胞のみを殺す光リモコンスイッチの開発にはじめて成功

November, 9, 2018, 札幌--

北海道大学大学院薬学研究院の小川美香子教授(JST 戦略研究推進事業さきがけ研究者兼任)・米国国立がん研究所の小林久隆主任研究員らの研究グループは,株式会社島津製作所,名古屋大学高等研究院・大学院医学系研究科の佐藤和秀 […]

全文を読む

テキサス大学、収縮光線で細胞培養を縮小

November, 8, 2018, Austin--

テキサス大学オースチン校の化学者チームは、ジェルのような材料のサイズと形状を変えることができる実際の収縮光線を開発した。その材料上では、人やバクテリアの細胞を成長させることができる。この新しいツールは、代替組織やインプラ […]

全文を読む

蛍光顕微鏡、生物サンプルを低損傷イメージング

November, 6, 2018, St Andrews--

セントアンドルーズ大学の研究チームは、生体医療、神経科学の世界を変革する可能性のある低損傷光イメージングを開発している。  研究成果は、Optics Lettersに発表されている。生体医療疾患の研究に光を使用することは […]

全文を読む

近赤外分光法で軟骨障害を正確に評価

November, 5, 2018, Joensuu--

変形性関節炎は、関節痛や移動の制限により身体障害を起こす病気であり、特に高齢者を襲う。病気の進行は一般に緩慢であり、数十年にわたることもある。しかし、外傷後の変形関節炎は、あらゆる年齢の人々を襲い、例えば、転倒の結果、関 […]

全文を読む

DeepMind、眼病処置で大きな成果

November, 1, 2018, Munich--

DeepMindは、Moorfields Eye Hospitalとの共同研究第一期の成果を発表した。これは、視力を脅かす眼病の管理を潜在的に変革することになる。  Nature Medicineに発表された成果は、研究 […]

全文を読む

AIとNMR分光学、記録的短時間で原子構成を決定

November, 1, 2018, Lausanne--

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)研究チームは、実験と組み合わせて、粉末固体における原子の配置を記録的短時間で決定するマシンラーニング(ML)アプローチを開発した。その方法は、数千の原子を含む複雑な分子に適用でき […]

全文を読む

レーザ/顕微鏡コンボで生細胞を光学的に捉え、動かし分析

October, 30, 2018, Washington--

ラマン分光法として知られる高感度分析技術で、研究者は新しい機器によりマルチレーザビームと顕微鏡を使い、細胞をトラップし、動かし、リアルタイムで分析できる。その計測器により研究者は、感染がどのように定着するか、抗生物質耐性 […]

全文を読む

低温X線回折イメージング・トモグラフィー技術の確立

October, 29, 2018, 和光--

理化学研究所(理研)放射光科学研究センター生命系放射光利用システム開発チームの中迫雅由客員主管研究員、小林周基礎科学特別研究員、生体機構研究グループの高山裕貴客員研究員らの共同研究チームは、細胞1個の内部構造を非侵襲的に […]

全文を読む

学習院大学、気管繊毛の高精度測定と光ピンセットによる捕捉に成功

October, 26, 2018, 東京--

学習院大学理学部 西坂崇之教授の研究グループは、独自に開発した顕微鏡を用いて、マウスの気管表面の繊毛たった「1本」の動きを高精度・高速度で撮影することに成功した。  加えて、今年のノーベル物理学賞の対象となった光ピンセッ […]

全文を読む

Luminex、MilliporeSigmaのフローサイトメトリポートフォリオを買収

October, 25, 2018, Austin--

Luminex Corporationは、MilliporeSigmaのフローサイトメトリポートフォリオを7500万ドルで買収する契約を発表した。  株式と資産買収契約で約6990万ドル、約510万ドルは関連在庫の買収費 […]

全文を読む

OCTベースの新しいイメージングツール

October, 23, 2018, Washington--

OCTベースの装置で、聴覚についての新たな知見が得られ、聴覚問題の診断と処置がわかる。  Mass General Hospitalの研究チームは、聴原振動が耳の中をどのように伝わるかを視覚化するために使用できる新たなデ […]

全文を読む

皮膚内の微小血管を非侵襲で可視化 光超音波と超音波を同時計測

October, 16, 2018, 東京--

東北大学教授:西條 芳文およびアドバンテスト:増田 則之らの研究開発グループは、2波長の光超音波画像と超音波画像を同時に撮影できる、皮膚の「in vivoイメージング技術」の開発に成功した。  これは、内閣府  総合科学 […]

全文を読む

パデュー大学、戦場や災害現場で使えるARツールを開発

October, 16, 2018, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームは、世界中の経験豊富な外科医、内科医が、戦闘地域、自然災害、農村部で経験の浅い医師が複雑な処置を行うのを支援できる独自のアプローチを開発した。  「緊要な課題 […]

全文を読む

ファイバオプティックセンサ、脳や心臓の微小磁場を計測

October, 12, 2018, London--

非常に弱い磁場を計測する光ベースの技術が開発された。例えば、脳でニューロンが発火する時に発生する磁場。安価でコンパクトなセンサは、現在、脳の活動をマップするときに使用されているMRIシステムの代替となる。MRI装置が必要 […]

全文を読む

遺伝子のスイッチを「光」と「薬剤」で制御できる新技術を開発

October, 11, 2018, 京都--

京都大学 大学院生命科学研究科、今吉格特定准教授と同 山田真弓特定助教らの研究グループは、哺乳類細胞において、「青色光」により遺伝子のスイッチ(遺伝子発現)を効率良くオン/オフできる新しいテトラサイクリン誘導系(Tet) […]

全文を読む

抗体を検出する光る紙チップを開発 -感染症の早期発見

October, 10, 2018, 東京--

慶應義塾大学理工学部応用化学科のチッテリオ ダニエル教授の研究グループは、アイントホーフェン工科大学(オランダ)のメルクス教授の研究グループと共同で、感染症診断のための簡易検査チップを開発した。  検査チップは紙でできて […]

全文を読む

マシンラーニング技術、人の細胞組織を予測

October, 9, 2018, Seatle--

アレンインスティテュート(Allen Institute)の研究チームは、マシンラーニングを使ってコンピュータをトレーニングし、人の目が簡単には区別できない細胞の部分を見れるようにした。蛍光ラベルをつけた細胞3D画像を使 […]

全文を読む

細胞内1分子自動観察システム「AiSIS」

October, 3, 2018, 和光--

理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター細胞シグナル動態研究チームの安井真人研究員、廣島通夫上級研究員、上田昌宏チームリーダー(大阪大学大学院生命機能研究科教授)、開拓研究本部佐甲細胞情報研究室の佐甲靖志主任研究員ら […]

全文を読む

脳疾患処置を前進させる強化版3Dイメージング

October, 1, 2018, Tel Aviv--

市販のハードウエアと、PySightとして知られるオープンソースソフトウエアの組合せが開発され、これにより脳や他の組織の迅速な2Dおよび3Dイメージングが改善される。今日利用できる最速の3Dイメージングソリューションのシ […]

全文を読む

萎縮性ドライAMD患者にワイヤレス網膜下インプラント

September, 28, 2018, Paris--

Pixium Vision、視力を失った患者が独立した生活ができるようにする画期的な生体視覚システムを開発しているバイオエレクトロニクス会社は、オーストラリア、ウィーンのEURETINA会議中に、医療諮問委員会と研究者に […]

全文を読む

歯科3Dプリンティング市場、2025年までCAGR 29.3%成長

September, 21, 2018, San Francisco--

Grand View Research, Incによると、世界の歯科3Dプリンティング市場規模は、予測期間にCAGR 29.3%で成長し、2025年までに97億ドルに達する見込みである。  歯科患者数増加は結果的に入れ歯 […]

全文を読む

光で働くイオンチャネルの動作メカニズムの一端を解明

September, 20, 2018, 札幌--

北海道大学大学院先端生命科学研究院・国際連携研究教育局の塚本卓助教らの研究グループは、海洋藻類Proteomonasプロテオモナスsulcataスルカタ由来の光受容体タンパク質であるアニオンチャネルロドプシン(PsuAC […]

全文を読む

イメージング質量分析法により昆虫体内の農薬動態を可視化

September, 19, 2018, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科の新間秀一准教授らの研究グループは、マトリックス支援レーザ脱離イオン化イメージング質量分析法(MALDI-IMS)を用いて、ショウジョウバエ中のネオニコチノイド系農薬の一つであるイミダクロプリド分 […]

全文を読む

1 / 2712345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。