All about Photonics

ニュース

AIベース画像分析で深刻な心臓病を自動的に検出

June, 23, 2022, San Francisco--

中国電子科技大学(UESTC)の研究チームは、新しいAI法を開発した。これは、OCT画像を使用して心臓動脈のプラーク浸食を自動的に検出できる。動脈のプラークモニタリングは、重要である。プラークが分裂すると、それが心臓への […]

全文を読む

超分解能顕微鏡市場、2030年に66億ドル

June, 23, 2022, San Francisco--

Grand View Researchのレポートによると、世界の超分解能顕微鏡市場規模は、2022-2030年にCAGR 9.01%成長で2030年に66億ドルに達する見込である。  増え続ける細胞生物学やバイオメディカ […]

全文を読む

スマートフォンに実装可能なAIを用いた軽量眼科画像解析モデルの開発

June, 20, 2022, 仙台--

東北大学大学院医学系研究科神経・感覚器病態学講座眼科学分野の中澤徹教授らのグループは、眼科検査画像に対する新たな人工知能(AI)のモデルを開発した。  この新しいAIモデルでは、疾患の特徴をAIが学習するために必要なデー […]

全文を読む

3Dプリントされた生きた耳を患者にインプラント

June, 15, 2022, New York & San Antonio--

臨床病期再生医療会社、3DBio Therapeutics (3DBio)と小耳症先天性耳奇形研究所(Microtia-Congenital Ear Deformity Institute)は、AuriNovoインプラン […]

全文を読む

脊椎疾患を金属3Dプリンティングで革新

June, 10, 2022, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科の中野貴由教授の研究グループは、国立病院機構北海道医療センターの伊東学統括診療部長、帝人ナカシマメディカル株式会社らとの共同研究によって、全く新たな設計コンセプトの脊椎ケージを開発し、大型動物実験 […]

全文を読む

光コヒレンストモグラフィを次のレベルに進めたデューク研究者

June, 8, 2022, Reswood City--

デューク大学の研究者は、強化版OCTを開発した。これは、以前よりも広い3D視野で、高コントラストと解像度でバイオメディカルサンプルをイメージングできる。新しい3D顕微鏡は、バイオメディカル研究に役立ち、最終的により正確な […]

全文を読む

光と音で、素早い脳活動の前例のない細部を解明

May, 31, 2022, Durham--

デューク大学の研究者は、ハードウエア革新とマシンラーニングアルゴリズムの組合せを使用して、利用可能な最速光音響イメージングツールを実現しようとしている。 デューク大学バイオメディカルエンジニアは、マウス脳内の血流や酸素レ […]

全文を読む

パーキンソン病の兆候をセンシング

May, 30, 2022, Cambridge--

ハーバードSEASの研究者は、筋肉の緊張を計測するためにエクソスートセンサを適用する。  米国にはパーキンソン病の患者が約100万人いる。変性状態は、神経伝達物質ドーパミンを生成している脳のニューロンに影響を与える。これ […]

全文を読む

AIを使って患者データから安全にガンを検出

May, 27, 2022, Leeds--

リーズ大学(University of Leeds)の研究者は、個人情報を危険にさらすことなく、患者のデータからガンを予測するために人工知能(AI)を使う新しい方法が開発した。 AIは、画像、試行結果など膨大なデータを分 […]

全文を読む

ジョージア州立大学、「電子の眼」開発で前進

May, 27, 2022, Atlanta--

ジョージア州立大学の研究者は、新しいタイプの人工視覚デバイスの開発に成功した。これは新しい垂直スタッキングアーキテクチャを持ち、マイクロレベルでより深い色認識とスケーラビリティを可能にする。この新しい研究は、ACS Na […]

全文を読む

人工知能技術、血管の超解像度局所光音響イメージングを加速

May, 26, 2022, Pohang--

POSTECHの研究チームによると、人工知能技術が、血管の超解像度局所光音響イメージングを加速する。  落雷後、短時間に雷鳴が聞こえる。これは、稲妻に撃たれた周辺物質が光を吸収し、この光が熱に変換された結果、物質が膨張し […]

全文を読む

京都大学、マイクロ流体デバイスの製造に革新をもたらす新手法

May, 25, 2022, 京都--

京都大学の研究者による説明では、マイクロ流体は、極めて微量の液体を操作することができる薄くて柔軟なデバイスを実現する。現在、研究施設全体で行う必要がある多くの検査を小型化できるテクノロジーとして、オーダメイド医療などの分 […]

全文を読む

家庭の医療診断テスト向けにスマートフォン活用マイクロチップを開発

May, 24, 2022, Minneapolis--

ミネソタ大学(University of Minnesota)の研究チームは、病気診断向けに新しいマイクロ流体チップを開発した。これは、最小数のコンポーネントを使い、スマートフォンでワイヤレス給電可能。そのイノベーション […]

全文を読む

東京工科大学、新たな電⼦顕微鏡試料の染⾊法を開発

May, 20, 2022, 東京--

東京工科大学応用生物学部の松井毅教授、東京保健医療専門職大学リハビリテーション学部の佐々木博之教授らの研究グループは、新たな電子顕微鏡試料の染色法を開発した。  光学顕微鏡の染色剤として広く使用されているヘマトキシリンを […]

全文を読む

ガン細胞は自らのDNAを破壊し、放射線ダメージ修復の時間稼ぎをする

May, 18, 2022, Ottawa--

ヨーロッパとカナダの研究チームは、ガン細胞が制御された可逆的な方法で自身のDNAを破壊することを発見した。これは、放射線治療中に起こる大きなDNA損傷を修復するための時間稼ぎである。Scienceに発表された研究は、カス […]

全文を読む

制御された複雑な形状変化が可能な組織のような構造をバイオプリント

May, 15, 2022, Chicago--

標準的な3Dプリンティングがデジタルブループリントを使って、プラスチック、レジンのような材料から物体を製造するところで、3Dバイオプリンティングは、生体部品や生きた細胞の組織、つまりバイオインクを作る。4次元、時間経過に […]

全文を読む

スタンフォード、最先端3Dバイオプリンティングを使い心臓を構築

May, 15, 2022, Stanford--

スタンフォード大学、工学&医療学部、バイオエンジニアリング准教授、Mark Skylar-Scottのチームは、生細胞のペーストを心臓や他の臓器に変換したいと考えている。  Mark Skylar-Scottに […]

全文を読む

3Dプリントされた脳オルガノイド

May, 15, 2022, Milano--

われわれの脳活動を最もよく再現する、次第に複雑化する現実的な3Dプリントされた脳オルガノイドの開発は、神経疾患の研究への貢献がさらに進んでいる。これは、ヒュマニタス神経発生研究所(Humanitas Neurodevel […]

全文を読む

レンズレス迅速、ロバスト、ローコスト微生物同定デバイス

May, 12, 2022, Grenoble--

CEA-Leti とCEA-Irigは、サハラ以南のアフリカ、特に過酷な気候で使用するように改良されるレンズレスイメージャを開発した。そのローコストデバイスは、菌種を素早く同定できる。 抗菌薬耐性が急速に主要な公共衛生問 […]

全文を読む

歯科3Dプリンティング市場規模、2030年に159億ドル

May, 11, 2022, San Francisco--

Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界の歯科3Dプリンティング市場規模は、予測期間にCAGR 25.9%成長で2030年には159億ドルに達する見込である。 世界的な老齢人口の増加、歯 […]

全文を読む

新しいイメージング技術、ガン、ウイルス感染治療を改善

May, 11, 2022, Houston--

ヒューストン大学(UH)研究者は、リボソームを詳しく調べるために120万ドルの助成金を獲得した。 2名のUH研究者は、リボソームが細胞内深くで、どのようにタンパク質を作るかの理解に役立てるために分光法を開発している。その […]

全文を読む

再生医療向けに多孔質ナノ粒子を開発

May, 9, 2022, Texas--

Texas A&M大学のチームの研究成果は、骨再生治療に影響を与える。  幹細胞は体内で多くの多様な種類の細胞に発展する。例えば、人がケガをしたとき、幹細胞は、損傷箇所に来て、損傷組織の治癒を助ける。Texas […]

全文を読む

既存の方法よりも8倍安価、20倍高速、角膜潰瘍の診断と処置法の開発

May, 2, 2022, Tucson--

アリゾナ大学、バイオメディカルエンジニアリング&光学教授、DK Kangは、今日のゴールドスタンダードよりも8階安価、20倍高速となる角膜潰瘍を診断、処置する方法を開発している。 眼の感染は、農村の農業社会では […]

全文を読む

LLNL、腫瘍/免疫細胞の相互作用が、ガン免疫治療に影響

May, 2, 2022, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、ガン細胞と細胞外マトリクス(ECM)、臓器の「スカフォールディング」の相互作用を研究しており、ECMのタンパク質が、腫瘍を殺す免疫系の能力に劇的に影響することを確認 […]

全文を読む

人の皮膚のように「感じる」3Dプリントした指先

April, 28, 2022, Bristol--

高感度、3Dプリントされた指先は、作り付けの触覚をそれらに附与することで、ロボットがより器用になり、義手のパフォーマンス改善に役立つ。 機械は、世界最高のチェスプレイヤーを打ち負かすことができるが、チェスピースや幼児を扱 […]

全文を読む

3Dバイオプリンティング市場規模、2030年に53億ドル

April, 27, 2022, San Francisco--

Grand View Research, Inc.のレポートによると、世界の3Dバイオプリンティング市場規模は、予測期間にCAGR 15.8%で成長し2030年に53億ドルに達する見込である。 様々な3Dバイオプリンティ […]

全文を読む

Riceのレンズレスカメラ、生きた組織で細胞レベル3D詳細画像を撮る

April, 25, 2022, Houston--

最初にタイガーを撮り、次にライス大学で開発されているレンズレス顕微鏡の最新の反復処理にBio-FlatScopeを取り付ける。 Jacob Robinsonによると、その特別な利用は風変わりであるが、強引ではない。同氏は […]

全文を読む

UCF開発のリアルタイム血液モニタ、手術中の貴重な時間を節約

April, 25, 2022, Orland--

セントラルフロリダ大学(University of Central Florida)とOrland Healthの研究者が開発した革新的デバイスは、心臓外科のような生死に関わる手術中に医師の貴重な時間を節約する。 リアル […]

全文を読む

近赤外光イメージングシステム「LuminousQuester NI」を発売

April, 25, 2022, 京都--

島津製作所は、近赤外光イメージングシステム「LuminousQuester NIを発売した。製品は、近赤外光と可視光を同時撮影可能なカメラと解析用ソフトウェアで構成された、非臨床研究用途のシステム。使用環境を選ばない自由 […]

全文を読む

岡山大学、光で狙った細胞を死滅させる新技術

April, 21, 2022, 岡山--

岡山大学学術研究院医歯薬学域(薬)の須藤雄気教授、小島慧一助教、同薬学部の中尾新学部生の共同研究グループは、細胞をアルカリ化する光感受性タンパク質を用いることで、光で狙った細胞を選択的に死滅させる新技術の開発に成功した。 […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。