All about Photonics

ニュース

新しい顕微鏡で生きた動物の大きなニューロングループを捉える

March, 25, 2019, Washington--

ボストン大学の研究チームは、自然環境で相互作用する細胞の大群をイメージングする顕微鏡を開発した。その顕微鏡によって研究者は、生きた動物のニューロンをイメージングする新たなツールを手に入れ、様々な振る舞いの中で大規模ニュー […]

全文を読む

RIP研究チーム、骨と組織置換用に3Dプリントプラットフォーム作製

March, 22, 2019, Rochester--

ロチェスタ工科大学(RIT)研究チームは、新しい3Dプリンティング技術で、身体がより効果的に自己再生できるヒト組織再生を助けるプラットフォームを造る方法を開発した。この研究は、将来、人の臓器提供ニーズを減らす、と研究チー […]

全文を読む

II-VI Incorporated、バイオメディカル用ファイバ結合可視光レーザ発売

March, 22, 2019, Saxonburg--

II-VI Incorporatedは、バイオメディカル計測装置向けにファイバ結合可視光レーザを発表した。  このファイバ結合レーザは、II-VIのQOMOシリーズ可視光レーザの一部である。これらは、フローサイトメトリ、 […]

全文を読む

分光学技術世界市場、2023年に160億ドル超

March, 19, 2019, Wellesley--

BCCリサーチのレポート「ライフサイエンスの伝統的および新興技術」によると、分光学技術の世界市場は、2018年の132億ドルからCAGR 4.4%成長で、2023年には163億ドルに達する見込みである。  分光学は、物質 […]

全文を読む

昆虫の生得的行動を生み出す神経回路の新しい解析技術を確立

March, 18, 2019, 金沢--

金沢大学理工研究域生命理工学系の木矢星歌研究協力員(日本学術振興会特別研究員PD)、木矢剛智准教授の研究グループは、昆虫の脳で、行動に伴って神経活動が起きた細胞を特異的に可視化し、さらに可視化した神経細胞を光によって活性 […]

全文を読む

3Dプリント生細胞、グルコースをエタノール、CO2に変換

March, 15, 2019, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、グルコースをエタノールとCO2気体、ビールに似た物質に変換する生細胞を3Dプリントし、高い生物触媒効率につながる技術を実証した。  生きた哺乳類細胞を複雑な3Dスカ […]

全文を読む

光を用いて脳の多変量計算論理を理解

March, 14, 2019, 仙台--

東北大学大学院生命科学研究科の劉越人大学院生(現、群馬大学生体調節研究所博士研究員)、八尾寛名誉教授らの研究グループは、同大学院医学系研究科の大城朝一助教、虫明元教授らとの共同研究で、ラットがヒゲで触ったものの形や大きさ […]

全文を読む

3Dバイオプリンティング市場規模CAGR 19.5%成長で41億ドル

March, 5, 2019, San Francisco--

グランドビューリサーチ(Grand View Research, Inc.)のレポートによると、世界の3Dバイオプリンティング市場規模は、2026年に41億ドルに達する見込みである。  美容整形外科における3Dプリンティ […]

全文を読む

近赤外イメージング市場、2023年に8億2200万ドル

February, 25, 2019, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「近赤外イメージング市場、製品タイプ(NIR蛍光イメージング、試薬)、アプリケーション(ガン手術、形成外科、消化管手術)、エンドユーザ(病院 […]

全文を読む

IKBFU物理学者、抗生物質耐性結核病原体を特定する新方法を開発

February, 21, 2019, College Park--

イマヌエルカントバルト連邦大学(IKBFU)の物理学者チームは、結核の病原体であるシングル耐抗生物質細菌細胞を迅速に特定する方法を提案した。  新方法は、細菌の発見に役立ち、抗生物質に対する耐性を、生体物質に損傷を与える […]

全文を読む

蛍光を使って病気を引き起こすタンパク質形態を特定する新方法

February, 20, 2019, University Park--

ペンシルベニア州立大学の研究チームが開発した新方法は、蛍光を使って病気を引き起こす可能性のあるタンパク質の形態を検出する。  タンパク質は、ストレスや突然変異で分解する。ペンシルベニア州立大学、ワシントン大学の研究チーム […]

全文を読む

フローサイトメトリの革新が市場成長の一因

February, 14, 2019, Wellesley--

BCCリサーチのレポート「フローサイトメトリ: 製品、技術および世界市場」によると、世界のフローサイトメトリ市場は大きく変わろうとしている。新しいモジュラー診断やモノクローナル抗体テスト、小型で使いやすいレーザシステムの […]

全文を読む

テキサスバイオメディカル研究所、ジカ熱テスト共同開発

February, 13, 2019, San Antonio--

テキサスバイオメディカル研究所のJean Patterson教授を含む研究チームは、ジカ(Zika)ウイルスを検出する新しい方法に取り組んでおり、これは、医師がその病気の患者の処置に役立てることができる。テストは、ウイル […]

全文を読む

生物学的に作製された組織内に酸素と栄養を送る微小孔

February, 8, 2019, University Park--

ペンシルバニア州立大学の研究チームによると、骨や軟骨などの作られた組織の微小孔により栄養や酸素を主要部に拡散できる、またこの新しいアプローチにより最終的にラボ生育組織が血管を収容できるようになる。  「組織作製の問題点の […]

全文を読む

フローサイトメトリ市場、2023年に54億ドル

January, 31, 2019, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「フローサイトメトリ市場、技術(セルベース、ビードベース)、製品(アナライザ、ソーター、試薬&消耗品、ソフトウエア)、エンドユーザ […]

全文を読む

「ファイバレス神経活動操作」の開発とその応用による長期間のマウス行動制御の達成

January, 25, 2019, 名古屋--

名古屋大学 環境医学研究所の山中章弘 教授、山下貴之准教授らの研究グループは、東北大学大学院生命科学研究科の八尾寛名誉教授、東京工業大学との共同研究で、光ファイバを実験動物に刺入せず、ファイバレスにて神経活動を操作する技 […]

全文を読む

ImecとCARDIS、独自のフォトニックベース医療機器を開発

January, 24, 2019, Leuven--

Imec、ゲント大学(Ghent University)は、Medtronic、および他のCARDISプロジェクトパートナーとともに、シリコンフォトニクスベースのプロトタイプ医療機器を開発した。  これは、動脈硬化のスク […]

全文を読む

II-VI、バイオメディカル計測用に405nmレーザを発表

January, 23, 2019, Saxonburg--

II-VI Incorporatedは、同社のコンパクト、低雑音QOMOレーザシリーズの拡張を発表した。同シリーズは、フローサイトメトリ、共焦点顕微鏡、バイオメディカルイメージングアプリケーションを含むライフサイエンスの […]

全文を読む

アドバンテスト、光超音波顕微鏡 Hadatomo Z(ゼータ)を発表

January, 23, 2019, 東京--

アドバンテストは、皮膚内の血管情報を、非侵襲かつ高速に3D画像化する光超音波顕微鏡「Hadatomo Z」を発売した。  分解能、測定深度の課題から従来のイメージング技術では困難だった皮膚内血管網を、血管構造は光超音波で […]

全文を読む

天然材料から実物そっくりの組織を作る3Dバイオプリンティング技術

January, 22, 2019, San Diego--

カリフォルニア大学サンデイエゴ(UCSD)バイオエンジニアは、天然材料を扱え、使いやすい3Dバイオプリンティング技術を開発した。これにより研究者は、実物そっくりの臓器組織モデルを造る専門技術レベルに変化を持たせることがで […]

全文を読む

動物実験を減らす多臓器チップを開発

January, 21, 2019, Dresden--

ドレスデンの研究チームは、いわゆる「マルチオーガン(多臓器)チップ」を開発した。フラウンホーファー材料およびビーム技術IWSドレスデン(Institute for Material and Beam Technology […]

全文を読む

ライプニッツ光技術研究所、脳の深部を見る非侵襲内視鏡を開発

January, 21, 2019, Jena--

ライプニッツ光技術研究所(Leibniz IPHT)とエジンバラ大学の研究チームは、ファイバ内視鏡を用いてアクセスが難しい脳の構造を見ることに成功した。研究チームは、生きたマウスの脳深部内の神経構造を初めて高解像度で観察 […]

全文を読む

インプラント可能デバイス、膀胱障害処置に光を利用

January, 18, 2019, Washington--

ワシントン大学、神経科学者とエンジニアのチームは、小型のインプラント可能なデバイスを開発した。これは、膀胱障害の人々が投薬、電子刺激装置の必要性を回避できるようにする機器である。  ワシントン大学とイリノイ大学(Wash […]

全文を読む

トンボ由来の紫外線反射物質を同定

January, 18, 2019, 東京--

産業技術総合研究所(産総研)生物プロセス研究部門生物共生進化機構研究グループ 二橋亮主任研究員他で構成される研究グループは、共同で、トンボ由来の紫外線反射物質を同定した。  日本全国に広く生息するシオカラトンボは、オスが […]

全文を読む

コラボレーションにより家庭で利用できるOCTシステムを市場に

January, 15, 2019, Manassas--

眼科診断サービス会社、Notal Vision, Ltdは、眼病管理をクリニックから家庭に拡張することでアイケア促進に取り組んでいる。同社は、米国FDAが、「ブレイクスルーデバイス」搭載OCTシステムベースNotal V […]

全文を読む

多産業からの需要増でラマン分光世界市場拡大

January, 15, 2019, Wellesley--

BCCリサーチ「ラマン分光グローバル市場」によると、ラマン分光の利用が、ヘルスケア、半導体、国土安全など多くの産業で増加しているため、ラマン分光世界市場は、発展を続けている。  ラマン分光グローバル市場は、2018年に1 […]

全文を読む

致死性黒色腫で血管成長の変化をイメージング

January, 11, 2019, Maidstone--

新しい臨床研究により、黒色腫のダイナミックOCT(D-OCT)が、黒色腫の浸潤深度と関連する血管の変化を明らかにすることが示された。研究者は、所与の黒色腫の危険度を迅速に評価する新しい方法につながると考えている。  より […]

全文を読む

UCSD、ガンの広がり能力を検出・計測するセンサを開発

January, 10, 2019, San Diego--

腫瘍が最初に発生した部位から浸潤性癌細胞が身体の離れた箇所へ広がることは転移としてい知られている。転移は、ガン患者死亡の主因である。UCSD医学部の研究チームは、iScienceに、単一ガン細胞の転移可能性を検出、計測で […]

全文を読む

内視鏡を小型化する空気充填ファイババンドル

December, 25, 2018, Washington--

バース大学(University of Bath)の研究チームは、新しい種類の空気充填光ファイババンドルを開発した。これは、侵襲性の少ない手術、気管支検査法など医療処置で利用される内視鏡を大幅に改善する。新技術は、赤外光 […]

全文を読む

AIベースデバイス、早期診断に体液内の動く寄生虫を検出

December, 17, 2018, Los Angels--

UCLAサミュエル工学部の研究チームは、サンプル内で動く寄生虫を自動検出するデバイスを開発した。これにより、顕微鏡よりも早く感染を特定することが可能になる。  デバイスは、20分で3ミリリットル以上の液体を分析する、これ […]

全文を読む

1 / 2812345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。