All about Photonics

ニュース

生物発光で複数マウスの脳活動を同時にライブ観察

May, 23, 2019, 大阪--

大阪大学 産業科学研究所の永井健治教授、理化学研究所 光量子工学研究センターの横田秀夫チームリーダー他の共同研究グループは、「生物発光膜電位センサLOTUS-V(Luminescent Optical Tool for […]

全文を読む

最先端の生検技術ではレーザがメスに取って代わる

May, 23, 2019, Passadena--

患者には、ガンなどを調べるための組織生検サンプルの分析は、たとえテストのために微小肉片を提供するとしても、比較的簡単なプロセスに見える。サンプルは研究室に送られ、患者は帰宅し、数日で医者がその結果を知らせてくれる。 実際 […]

全文を読む

サーマルイメージングに新たなアプリケーション

May, 22, 2019, Liverpool--

サーマルイメージングカメラを装備したドローンを使って、ボルネオの森林でオランウータンの数をモニタする研究が行われている。 オランウータンは、全ての類人猿と同様、木々の中にねぐらを形成する。従来オランウータンの数は,地上か […]

全文を読む

生体イメージングを高速化するためにNetflixのアルゴリズムを利用

May, 21, 2019, Washington--

元はNetflixの2009映画選好予測コンペのために開発されたアルゴリズムをフランスの研究チームは再利用して、前例のないスピードで生体組織の古典的なラマン分光画像を撮る方法を開発した。その進歩により、腫瘍検出、組織分析 […]

全文を読む

ヘルスケアAR/VR世界市場、2025年に51億1500万ドル

May, 16, 2019, Lake Orion--

Zion Market Researchは、「ヘルスケア拡張現実&仮想現実市場、製品タイプ(ARとVR)、技術(AR/VR)、エンドユーザー(病院とクリニック、研究機関、その他)毎のグローバル産業展望、包括的分 […]

全文を読む

マイクロジェットインジェクションで、針なしのスマートタトゥー

May, 16, 2019, Twente--

美容的な役割とは別に、タトゥーはインテリジェントインクを使い新たな機能を獲得する。トゥエンテ大学(University of Twente)の研究チームは、全く針を使わないマイクロジェットインジェクション技術を開発した。 […]

全文を読む

3Dプリント医療デバイス市場、2023年までCAGR 16.4%成長

May, 15, 2019, Northbrook--

BCCリサーチのレポート「3Dプリント医療デバイス」によると、経済の拡大と老齢人口の増加が、3Dプリント医療デバイス市場拡大に寄与する2つの要因である。  市場は、2023年までCAGR 16.4%で成長し、66億ドルに […]

全文を読む

光でイオンを輸送するタンパク質、ロドプシンの吸収波長を長波長化

May, 14, 2019, 東京--

東京大学 物性研究所の井上圭一准教授と名古屋工業大学 大学院工学研究科 生命・応用化学専攻の神取秀樹教授らはイタリアのシエナ大学などとの国際共同研究により、ロドプシンのアミノ酸を改変することで、従来より長波長の光で操作が […]

全文を読む

RMIT大学、3D光学的生検の可能性を示す

May, 10, 2019, Melbourne--

RMIT大学の研究チームは、既存の光ファイバ技術を使って体内組織の顕微3D画像を生成できることを示した。これは、3D光生検への道を開くものである。  組織を採取し、分析のためにラボに送る通常の生検と違い、光学的生検を利用 […]

全文を読む

乳ガン除去改善のために設計された指マウント光プローブ

May, 9, 2019, Washington--

ウエスタンオーストラリアの研究チームは、生体組織の硬さや弾力性をイメージング、定量評価することで触覚を強化するウエアラブルプローブを開発した。デバイスは、乳ガンの外科切除を改善するために開発されており、また脳や肝臓の手術 […]

全文を読む

ナノ構造の超高速3D画像を生成する新方法

May, 7, 2019, Hannover--

レンズレスX線顕微鏡、コヒレント回折イメージングは、有望なアプローチである。これにより研究者は、動的観点から、自然に頻繁に存在する複雑な3D構造の分析ができる。2D像は、すでに迅速かつ効率的に、生成できるが、3D画像の生 […]

全文を読む

近赤外イメージング世界市場、2025年に約11億ドル

April, 24, 2019, Maharashtra--

Zion Market Researchは、「近赤外イメージング市場、製品(試薬とNIR生物発光&蛍光イメージング機器)、アプリケーション(ガン手術、プラスチック/再建外科、生体内イメージング、消化管手術、心臓 […]

全文を読む

点滅する微小バーコードで分子を判別

April, 23, 2019, Durham--

デューク大学(Duke University)で開発されたイメージング技術は、細胞内部を覗き、活動する数十の分子を同時に観察することを可能にする。これは、それら分子に固有のリズムで点滅するDNAの短鎖でラベリングすること […]

全文を読む

TAU研究チーム、患者の細胞を使って初めて心臓を3Dプリント

April, 22, 2019, Tel Aviv--

テルアビブ大学(Tel Aviv University)の研究チームは、大きな医学的ブレイクスルーで、患者自身の細胞と生体材料を使い、血管が新生された特注心臓を世界で初めて3Dプリントした。これまで、再生医療の研究者は、 […]

全文を読む

マウスの脳へのレーザ照射でアルツハイマー病、統合失調症中核細胞解明

April, 19, 2019, Tucson--

アルツハイマー病と統合失調症は最も一般的な脳疾患であり、パルブアルブミンという一種のタンパク質を含む細胞の問題に関与している。これらパルブアルブミンを含む細胞は、脳細胞のほぼ1/10であるが、パルブアルブミン細胞が何をす […]

全文を読む

青色の光でスーパーバグ感染治療

April, 15, 2019, West Lafayette--

メチリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、身体の様々な部分で感染症を起こすバクテリアは、多くの一般的な抗生物質を回避できることから、「スーパーバグ」と呼ばれることがある。ほとんどのMRSA感染は重篤ではないが、生命を脅かす […]

全文を読む

MIPT、光学的心拍数記録システムを3Dプリント

April, 9, 2019, Moscow--

米国のジョージワシントン大学とロシアのモスクワ物理学・技術研究所の国際研究チームは、心臓の電気的活動のマルチパラメタ光マッピング用のオープンソースソリューションを開発した。  開発された技術は、同時にマルチパラメタをモニ […]

全文を読む

EPFL、家庭での病気検出にフォトニクスを役立てる

April, 8, 2019, Lausanne--

単なる光チップと普通のカメラで、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究チームは、小さなサンプルの生体分子を一つずつ数え、その位置を決定した。その微小デバイスは、オプティクスとスマートイメージン分析とを組み合わせ […]

全文を読む

NEIのイメージング法、眼の細胞に長寿命パターンを発見

April, 4, 2019, Roborough--

網膜色素上皮(RPE)細胞は、独特のパターンを形成する。国立眼病研究所(NEI)の研究者によると、これは眼底のこの重要な組織層における変化の追跡に利用できることが分かった。適応型オプティクスイメージングと蛍光染料を組み合 […]

全文を読む

ディープ・ラーニングによる神経疾患の自動診断

April, 4, 2019, 大阪/東京--

大阪大学の青江丈学部生(医学部5年)、福間良平特任研究員(常勤)(大学院医学系研究科脳神経外科学)、柳澤琢史教授(高等共創研究院)および東京大学の原田達也教授(大学院情報理工学系研究科)らの研究グループは、脳磁図から神経 […]

全文を読む

豚の心の状態を検出する顔認証技術

April, 3, 2019, Barcelona--

豚の様々な心の状態を検出するために、最先端の顔認証技術が使用されている。  スコットランドのルーラルカレッジ(SRUC)の動物行動主義者は、その研究のために、ウエストオブイングランド大学、ブリストル(UWE Bristo […]

全文を読む

新規緑色蛍光タンパク質型グルコースセンサを開発

April, 2, 2019, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所の北口哲也准教授は東京大学 大学院総合文化研究科の坪井貴司教授、三田真理恵大学院生らと共同で新規緑色蛍光タンパク質型グルコース(ブドウ糖)センサ「Green Glifo […]

全文を読む

新しい顕微鏡で生きた動物の大きなニューロングループを捉える

March, 25, 2019, Washington--

ボストン大学の研究チームは、自然環境で相互作用する細胞の大群をイメージングする顕微鏡を開発した。その顕微鏡によって研究者は、生きた動物のニューロンをイメージングする新たなツールを手に入れ、様々な振る舞いの中で大規模ニュー […]

全文を読む

RIP研究チーム、骨と組織置換用に3Dプリントプラットフォーム作製

March, 22, 2019, Rochester--

ロチェスタ工科大学(RIT)研究チームは、新しい3Dプリンティング技術で、身体がより効果的に自己再生できるヒト組織再生を助けるプラットフォームを造る方法を開発した。この研究は、将来、人の臓器提供ニーズを減らす、と研究チー […]

全文を読む

II-VI Incorporated、バイオメディカル用ファイバ結合可視光レーザ発売

March, 22, 2019, Saxonburg--

II-VI Incorporatedは、バイオメディカル計測装置向けにファイバ結合可視光レーザを発表した。  このファイバ結合レーザは、II-VIのQOMOシリーズ可視光レーザの一部である。これらは、フローサイトメトリ、 […]

全文を読む

分光学技術世界市場、2023年に160億ドル超

March, 19, 2019, Wellesley--

BCCリサーチのレポート「ライフサイエンスの伝統的および新興技術」によると、分光学技術の世界市場は、2018年の132億ドルからCAGR 4.4%成長で、2023年には163億ドルに達する見込みである。  分光学は、物質 […]

全文を読む

昆虫の生得的行動を生み出す神経回路の新しい解析技術を確立

March, 18, 2019, 金沢--

金沢大学理工研究域生命理工学系の木矢星歌研究協力員(日本学術振興会特別研究員PD)、木矢剛智准教授の研究グループは、昆虫の脳で、行動に伴って神経活動が起きた細胞を特異的に可視化し、さらに可視化した神経細胞を光によって活性 […]

全文を読む

3Dプリント生細胞、グルコースをエタノール、CO2に変換

March, 15, 2019, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、グルコースをエタノールとCO2気体、ビールに似た物質に変換する生細胞を3Dプリントし、高い生物触媒効率につながる技術を実証した。  生きた哺乳類細胞を複雑な3Dスカ […]

全文を読む

光を用いて脳の多変量計算論理を理解

March, 14, 2019, 仙台--

東北大学大学院生命科学研究科の劉越人大学院生(現、群馬大学生体調節研究所博士研究員)、八尾寛名誉教授らの研究グループは、同大学院医学系研究科の大城朝一助教、虫明元教授らとの共同研究で、ラットがヒゲで触ったものの形や大きさ […]

全文を読む

3Dバイオプリンティング市場規模CAGR 19.5%成長で41億ドル

March, 5, 2019, San Francisco--

グランドビューリサーチ(Grand View Research, Inc.)のレポートによると、世界の3Dバイオプリンティング市場規模は、2026年に41億ドルに達する見込みである。  美容整形外科における3Dプリンティ […]

全文を読む

1 / 2912345...1020...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。