ニュース

0.1 mm径光ファイバ1本からなるレンズ不要内視鏡技術開発

February, 27, 2024, 埼玉--

埼玉医科大学の 若山俊隆教授(保健医療学部・臨床工学科)、樋口裕大院生(当時)、近藤隆久人 学部4年生 と大阪大学の 水谷康弘准教授(大学院工学研究科)、宇都宮大学の 東口武史教授(工学部基盤工学科)らは、共同で直径0. […]

全文を読む

医療用レーザ市場、2028年までに83億ドル

February, 22, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポートレポート「医療用レーザ市場:技術別(固体(ER:YAG、ND:YAG、HO:YAG、アレキサンドライト)、ガス(CO2、アルゴン、エキシマ)、 […]

全文を読む

Bayreuth、ハイドロゲルと繊維を組み合わせた新技術を発表

February, 20, 2024, Bayreuth--

バイロイト大学(University of Bayreuth)のDr Leonid Iono教授と研究チームは、ハイドロゲルと繊維を組み合わせた新しいタイプの3Dプリンティング技術を開発した。 この革新的なプロセスは、初 […]

全文を読む

Specim FX17ハイパースペクトラルカメラで食品の異物を検出

February, 16, 2024, Oulu--

食品中の異物は、消費者の安全に重大なリスクをもたらす。異物が発見されると、製品のリコールが発生することが多く、企業にとってコストがかかり、ブランドの評判が損なわれる可能性がある。 食品の品質と安全性を確保するために、メー […]

全文を読む

光熱ニューロモデュレーションが嗅覚を高める

February, 16, 2024, St. Louis--

技術革新は、多くの場合、既存の生物学的システムに触発される。結局のところ、進化は特定の機能を完成させるために何百万年もの試行錯誤をしてきたのである。 昆虫は、地球上で最も成功した生物の1つであるが、その理由の一つは、その […]

全文を読む

ダイヤモンド量子センサ、ニューロン活動を計測

February, 15, 2024, Lyngby--

ヨーロッパの科学者による最近の研究では、ダイヤモンドのカラーセンタに基づく高感度センサを使用して、生きた脳組織のニューロンからの電気的活動を記録できることが示されている。 認知症などの脳疾患の症状に遭遇する前に、通常、脳 […]

全文を読む

術中イメージング市場、2030年までに54億1000万ドル

February, 15, 2024, Northbrook--

Grand View Research, Inc.の新しいレポートによると、術中イメージングの世界市場規模は、2024年~2030年にCAGR 6.70%成長で、2030年までに54億1,000万ドルに達する見込である。 […]

全文を読む

セラノティクス市場規模、2028年に43億ドル

February, 14, 2024, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「セラノスティクス市場:製品別(画像診断(PET、CT、MRI)、放射性医薬品(Lu-177、Sm-153、Ra-223、I-131)、バイオ […]

全文を読む

EPFL、ナノポアとディープラーニングが疾患診断を変える

February, 9, 2024, Lausanne--

EPFLの科学者は、生物学的ナノポアとディープラーニング(DL)を使用してタンパク質の変成を検出し、疾患診断に新たな道を開く画期的な方法を発表した。 細胞の主力であるタンパク質は、合成後に様々な変成を受ける。変成(PTM […]

全文を読む

光学トラップを使ってバイオフィルム形成をコントロール

February, 9, 2024, Washington--

バイオフィルム(バクテリアが表面に付着したときに形成されるヌルヌルした層)は、バクテリアが極端な環境から身を守り、抗生物質を回避することさえできるようにする。新しい研究で、研究者は、光学トラップの形のレーザ光を使用してバ […]

全文を読む

ナノポアとディープラーニングが疾患診断を変える

January, 25, 2024, Lausanne--

EPFLの科学者は、生物学的ナノポアとディープラーニングを使用してタンパク質修飾を検出し、疾患診断に新たな道を開く画期的な方法を発表した。 細胞の主力であるタンパク質は、合成後に様々な修飾を受ける。“post-trans […]

全文を読む

COHERENT、超解像顕微鏡用1000 mW赤色レーザモジュール発表

January, 24, 2024, Pittsburgh--

Coherent Corp.(NYSE:COHR)は、超解像顕微鏡(SRM)用に640nmで最大出力1000mWのダイオード励起固体(DPSS)レーザモジュールOBIS 640 XTの導入を発表した。 可視光レーザと紫外 […]

全文を読む

分子ジャックハンマーの「良い振動」がガン細胞を根絶

January, 19, 2024, Houston--

光による全分子振動はメラノーマ細胞の膜を破裂させる可能性がある。 ビーチ・ボーイズの象徴的なヒット・シングル“Good Vibrations”は、まったく新しい意味を持つようになった。ライス大学の科学者と共同研究者が最近 […]

全文を読む

Hollister Labが軟部組織工学用の3Dプリンティングを開発

January, 19, 2024, Atlanta--

ジョージア工科大学(Georgia Tech)の研究者、Scoot Hollisterの研究室で作くられた3Dプリントされた医療機器により、今年は家族と一緒にホリデーを祝う幼い子供たちがいる。 Hollisterと共同研 […]

全文を読む

触覚情報と診察動画を統合・伝送し、遠隔で触感再現

January, 19, 2024, 東京/札幌--

NEDOが委託する「ポスト5G情報通信システム基盤強化研究開発事業」の一環で、北海道大学、BIPROGY株式会社、株式会社テクノフェイスは、触覚情報と診察動画を統合し、遠隔の医師間で共有する遠隔触診システムを開発した。 […]

全文を読む

免疫細胞はどのように敵を認識するか

January, 18, 2024, Würzburg--

免疫細胞が仕事をするためには、誰に攻撃を向けるべきかを知る必要がある。ヴュルツブルク大学(University of Würzburg)の研究チームは、このプロセスで詳細を新たに特定した。 Vγ9Vδ2 T、名称は複雑で […]

全文を読む

ソフトロボットのウェアラブルデバイスがパーキンソン病患者の歩行を改善

January, 17, 2024, Cambridge--

ロボット・エグゾスーツは、一般的で非常に衰弱させる症状である歩行のフリーズを排除した。 凍結は、世界中で900万人以上が罹患している神経変性疾患、パーキンソン病の最も一般的で衰弱させる症状の1つである。パーキンソン病の人 […]

全文を読む

自己発熱マイクロ流体デバイスを3Dプリント

January, 12, 2024, Cambridge--

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、3Dプリンティングを使用して自己発熱型マイクロ流体デバイスを製造し、いずれ、多くの疾患を検出するための安価で正確なツールを迅速に作成するために使用できる技術を実証した。 […]

全文を読む

デジタル3D画像でガン診断向上

January, 12, 2024, Zurich--

100年も続いてきた診断プロセスをデジタル時代に持ち込むにはどうすればいいのか? ETH-Zurichとチューリッヒ大学(University of Zurich)の2人の研究者は、組織サンプル全体を迅速に定量化すること […]

全文を読む

身体の機能の仕方の研究に3Dバイオプリンタ助成金獲得

January, 12, 2024, Centennial--

アストン大学が3Dバイオプリンタの多額の資金提供を受け、身体の仕組みに関する新たな研究が可能になる。 アストン大学は、Biotechnology and Biological Sciences Research Coun […]

全文を読む

外傷性脳損傷を診断するアイセーフレーザ技術

January, 10, 2024, Birmingham--

バーミンガム大学(University of Birmingham)の研究者は、安全なレーザを眼に照射することで外傷性脳損傷(TBI)を検出する新しい診断装置を設計、開発した。 Science Advances誌に掲載さ […]

全文を読む

周りを見て考えて手を動かす自動実験ロボ

January, 9, 2024, 和光--

理化学研究所(理研)他の共同研究グループは、規格化されていない実験環境を認識してロボットアームの動作を自動的に生成し、自律実験を遂行するAIシステムを開発した。 研究成果は、人とロボットが一緒に作業する新しい実験室の実現 […]

全文を読む

昆虫をバーチャル旅行に連れて行く

January, 5, 2024, Würzburg--

ハエやアリはどうやって道を見つけるか。神経科学者Hannah Haberkernは、新しいEmmy Noetherの独立したジュニア研究グループでこの疑問を調査している。そのために、同氏はアメリカからWürzburgに引 […]

全文を読む

UMass、高解像度デュアルカラー光電脳プローブを開発

January, 5, 2024, Cambridge--

マサチューセッツ大学アマースト校(University of Massachusetts Amherst)の研究チームは、初のデュアルカラー光電子神経プローブを開発した。 従来の単色プローブでは、脳の活動を一方向(興奮ま […]

全文を読む

ALLS、フェムト秒レーザでガン治療改善

December, 27, 2023, Montreal--

François Légaréのチームによる発見は、腫瘍学における放射線療法のより効果的な使用につながる可能性がある。 超短パルスレーザ技術についは、驚きが止まらない。この分野の研究は、一見抽象的に見えるかも知れないが、 […]

全文を読む

EPFL、血液中のワイヤレス通信

December, 26, 2023, Lausanne--

マイクロインプラントやナノインプラントなど、人体内の重要な情報を収集できる生物学的コンピューティングマシンは、医療を変革している。しかし、コミュニケーションのためにそれらをネットワーク化することは困難であることが証明され […]

全文を読む

aeroPULSE FS50、脳計算の理解を広げる

December, 25, 2023, Copenhagen--

NKT Photonicsによると、脳機能と細胞レベルの計算を理解するには、脳の広い領域にまたがる広範なネットワークで神経信号を制御および測定できなければならない。例えば、視覚野の信号は、視覚に変換される前に他の脳領域で […]

全文を読む

3Dプリントされた骨と腱の接続イミテーション

December, 22, 2023, Delft--

TU Delftの研究者によると、ほとんどの人は、ラップトップの充電器がフレキシブルケーブルがソリッドアダプターと出会うところで壊れることに共感できる。これは、硬質材料と軟質材料を効果的に接合することがいかに難しいかを示 […]

全文を読む

侵攻性ガンのプロトン治療効果研究に3D共培養モデル

December, 20, 2023, Delft--

デルフト工科大学(TU Delft)の研究者は、脳の微小血管系の形状に触発された新しい3Dエンジニアリング・スカフォールド(構造)を設計した。 微細構造は、侵攻性の脳腫瘍である神経膠芽腫(グリオブラストーマ)と、血管の構 […]

全文を読む

AIが神経変性疾患研究に新たな知見をもたらす

December, 18, 2023, Lausanne--

EPFLの研究者は、タンパク質凝集体を研究するためのAI駆動のラベルフリー法を開発し、神経変性疾患研究に新たな視点を提供している。 アルツハイマー病、パーキンソン病、ハンチントン病などの神経変性疾患は、医療における課題と […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。