ホワイトペーパー(技術文書)

  • 生産ツールとして普及する、 フェムト秒レーザ加工

    February, 23, 2024--

    フェムト秒レーザによる切断技術の進歩に伴い、需要は急増している。 フェムト秒レーザの性能向上とコスト改善に加えて、医療器具などの精密部品において卓越した切断品質に対する需要が高まっていることに後押しされて、他にはないメリ […]

  • 生命が持つ速度で見る 高解像度なマルチカラー3Dイメージング

    February, 23, 2024--

    革新的なレーザ蛍光技術である掃引共焦点平面励起(SCAPE)顕微鏡法は、以前の手法の限界を克服し、幅広いライフサイエンス分野での有用性を提供している。 生命科学の多様な分野の研究者たちが共通して求めているものに、3D 蛍 […]

  • 理科学用レーザの産業革命に関する再考

    February, 23, 2024--

    理科学用ウルトラファーストレーザに産業グレードの信頼性を持たせることによって、期待どおりの性能を達成する研究用ツールが実現されている状況について、解説する。 産業用レーザ応用における何十年にも及ぶ経験と、より良いコンポー […]

  • フェムト秒増幅器のトレンド— チタンサファイア対イッテルビウム

    February, 23, 2024--

    チタンサファイアおよびイッテルビウムフェムト秒増幅技術、一方は成熟し、もう一方はとてもダイナミックな状態にあるこれら2 つのコア技術は、現時点では互いに補完的なパフォーマンスを提供しており、いずれを選択するのが最適なのか […]

  • 産業用フェムト秒レーザと材料加工

    February, 23, 2024--

    この5年間で、300 ~ 900fsの範囲のフェムト秒パルスによる材料加工が急速に広く利用されるようになった。 熱影響部(HAZ:Heat Affected Zone)が小さく、非常に高いパルス強度によって、エネルギーが […]

  • 波長193nmエキシマレーザによる、 バイオポリマーのアブレーション加工

    February, 23, 2024--

    最近、深部組織へのレーザ照射による新しい医療施術などに用いる、生分解性ファイバや光導波などの部品製造の一環として、バイオポリマーを用いた基板やフィルムへの精密微細加工やパターニングに対する関心が非常に高まっている。しかし […]

  • ステンレス製医療機具への 永久的なレーザマーキング

    February, 23, 2024--

    昨今、ピコ秒レーザシステムによる、医療器具などのステンレス鋼製の機器への固有識別子(UDI:Unique Device Identifier)の永久マーキングが注目を集めている。従来の熱加工によるレーザマーキングで生じて […]

  • エキシマレーザリフトオフが変える フレキシブルデバイス製造

    February, 23, 2024--

    エキシマレーザの比類ないUV パルス出力により、薄く繊細な機能性フィルムデバイスを、リジッドなキャリア基板から高い歩留まりで剥離する工程は、薄くフレキシブルな新世代デバイス製造において、生産性を高めると同時に、製造コスト […]

  • ビーム診断による レーザ積層造形製造の改善

    February, 23, 2024--

    プロセスコストとスピードの改善が、優れたパーツの品質を達成するために必要とされている。 レーザ積層造形製造( LAM:Laser Additive Manufacturing)が、金属部品の試作及び製造の両方において、瞬 […]

  • レーザーオプティクスの測定測量法

    April, 24, 2023--

    測量は、光学部品が要求される仕様に一貫して適合し、安全に機能することを確実にするうえで極めて重要になります。この信頼性は、ハイパワーレーザーを利用するシステム、もしくはスループットの変化がシステム性能に支障をもたらす場合 […]

  • 構造および熱の影響を ハイパワーレーザー光学系設計に 簡単に反映

    November, 17, 2021--

    ハイパワーレーザー光学系を製造する企業では、製造する製品の構造および熱の影響など、その光学部品のあらゆる側面を設計中にモデル化、シミュレートする、高速で信頼性の高い方法が必要です。 OpticStudio STARモジュ […]

  • レーザースペクトラムアナライザSPG-V500を用いた レーザースペクトル測定例と装置基本性能

    September, 21, 2021--

    レーザーのスペクトル測定装置であるレーザースペクトラムアナライザは、レーザー素子や、レーザー素子を組み合わせたモジュールなどの品質管理・研究開発に用います。レーザー素子およびレーザーモジュールは、レーザー加工機やディスプ […]

  • レーザーを使用した 高精度の粒子カウント

    May, 26, 2021--

    粒子測定は、サンプル中の粒子をカウントおよびサイジングするプロセスであり、大気または液体のいずれかで実行される。この技術は、高い流体純度が必要であり、粒子状汚染物質の存在が製品の廃棄物やシステムの損傷 につながる可能性が […]

  • 精密微細加工用の高出力UVレーザ

    December, 11, 2020--

    技術革新は、産業化社会の象徴である。顧客のために物理的な製品を製造するには、さまざまな材料を成形、改変、接合することが必ず必要になる。今日の状況に当てはめると、それは、より複雑なもの、消費リソースが少ないもの、安価なもの […]

  • 銅溶接の限界を引き上げる、 ブルーレーザハイブリッドソリューション

    September, 29, 2020--

    青色半導体レーザにより、銅接合における熱伝導溶接の制御が初めて可能になった。しかしこの技術は、銅の深溶け込み溶接に対して現時点での限界に達している。この用途に対しては、赤外レーザでスキャナーを用いてウォブリングしたとして […]

  • インダストリ におけるマルチチャンネル ー4.0 ADC によるマシン・コンディション・モニタリング

    June, 10, 2020--

    Teledyne e2vの高機能EV10AQ190Aチップは、ビデオ・イメージング・システムの評価に使用するデータ収集ボードに欠かせないデバイスです。 「様々なアプリケーションをこの1種類のADC製品のみで実現できるので […]

  • レーザーコンポーネントにおけるレーザー誘起損傷閾値 (LIDT) の理解と規定

    January, 27, 2020--

    レーザー誘起損傷閾値 (LIDT) は、ISO 21254の中で「光学部品にレーザー照射した際に損傷確率がゼロであるレーザー放射の最大値」であると定義されている。光学部品のレーザー誘起損傷は、壊滅的な故障になり得るほどの […]

  • 高出力青色半導体レーザを目指すプロジェクト

    June, 25, 2019--

    ドイツ政府が助成するプロジェクト「EffiLas 」の一環として、独レーザーライン社(Laserline )は、レーザダイオードバーに基づく、世界初となる高出力青色半導体レーザ光源を開発している。レーザダイオードバーを製 […]

  • レーザ溶接におけるダイレクト半導体レーザ発振器でのプロセス品質と効率の改善
    -テーラードブランク溶接での事例

    November, 6, 2018--

    われわれの身近にあるレーザと言えば、まず第一に半導体レーザ(LD)があげられる。一家に一台と言って過言ではないレーザプリンターを始め、CDプレイヤーやDVD、Blu-rayレコーダー、レーザポインター、そして我々が日常使 […]

  • 3D イメージング

    September, 18, 2018--

    TOF 技術を導入するのに絶好のタイミングです。 3D イメージング技術は数十年以上前からある技術ですが、最初の商用利用は、今世紀の初めに主要な映画製作会社が最新の高解像度(HD)ビデオカメラを使用して3D で大ヒット映 […]

  • 神経回路の3Dマッピング

    May, 28, 2018--

    米Meadowlark Optics社は主製品として反射型SLM液晶空間変調器、シリコン上に液晶をコーティングする独自のLCoS技術を開発。光ピンセット・レーザ通信・光遺伝学等に応用が期待できる。バックプレーン型・低電圧 […]

  • ファイバーレーザによる溶接でコストの削減と質の高い加工結果が実現

    November, 24, 2017--

    レーザは長年にわたり、さまざまな溶接加工に利用されている。そしてレーザ技術のさらなる進化と多様化に伴い、溶接の用途はますます拡大している。本稿では、キーホール溶接における高出力レーザの概要について説明する。特にコヒレント […]

  • Zemax 仮想試作で製品開発時間を短縮した Global Surgical

    November, 24, 2017--

    2016 年の中頃、Global Surgical™ Corporation は同社の A-Series 歯科用顕微鏡に使用する対称型接眼レンズの再設計に着手しました。同社の目標は、これまでよりも広い視野を実現して使いや […]

  • 最新の仮想試作技術を使用して光学製品の市場導入を迅速化

    November, 24, 2017--

    仮想現実や自動運転自動車などの最先端の光学製品を開発している企業は、競合他社に先んじて市場に製品を投入することにより、競争面で大きな優位性を獲得できます。一方で、新規な製品を誰よりも早く販売しようとする戦略により、製品開 […]

  • ESI がレーザー システムのコスト節減を実現する新しい設計方法を開発した経緯と、 OpticStudio がその検証ツールとして選定された理由

    November, 24, 2017--

    Electro Scientific Industries (ESI) は、光学系を伝搬するレーザー ビームの非点収差、非対称性、極値的楕円率の間に簡潔な関係があることを見出しました。OpticStudio によって検証 […]

  • Burst Energy Breakthrough in Micromachining Lasers

    November, 23, 2017--

    Download this white paper to learn how you can achieve maximum throughput by significantly increasing the inst […]

  • 繰り返しレート 80MHz における個々のテラヘルツパルスの検出

    July, 27, 2015--

    過去数年で時間分解テラヘルツシステムは著しく成熟したが、測定速度が問題として残っている。制限要因は時間遅延である。データアクイジションが制限されるので、測定レートは数 10Hz からせいぜい数 kHz となる。ここでは、 […]

  • 狭線幅レーザ評価対応高分解能分光計

    February, 23, 2015--

    産業および研究分野においてレーザの特性評価要求が急進展しており、スペクトル分解能 と精度に対する要求が益々高くなっている。現在の分光計は通常、小型化とパフォーマン スの間にトレードオフがあり、常に波長計を併用する必要があ […]

  • サブナノ秒レーザによる経済的な高精密加工

    December, 16, 2014--

    半導体製造、ディスプレイ装置、マイクロ加工処理、バイオ医療などの多くの業界で材料をより微細で精密に加工する技術が進行しつつあります。これらの応用技術の中でもっとも要求が高いものは、ピコ秒領域のパルス幅を持つレーザです。パ […]

  • 産業用超短パルスレーザによる超精密加工

    December, 16, 2014--

    半導体マイクロエレクトロニクス製造、ディスプレイ装置、医療機器装置製造を始めとする多くの産業界では、より高精度の加工技術が益々脚光を浴びています。特にこれは、これまで、多くの精密加工アプリケーションでは、ナノ秒パルスレー […]

  • 低周波/THz ラマン分光計で自家製爆発物に対する感度と発生源寄与率特定を改善

    June, 25, 2014--

    自家製爆発物(HMEs)の迅速な特定と発生源寄与率は、国防と国土安全保障にとって不可欠である。HMEsは、様々な構成要素を使い多様な方法で調合できるので、材料の最終構造形態に明らかな手がかりが残る。

  • 革新的なレーザパワーセンサーによるプロセス制御の改善

    June, 2, 2014--

    コヒレント社は画期的な技術的進歩により、まったく新しい高速応答のパワーセンサーPowerMax-Pro を開発した。 この新センサーは、10 μs 未満の超高速応答を実現し、専用パワーメータ LabMax-Pro SSI […]

  • イメージング色度計 Prometric Gシリーズ

    March, 17, 2014--

    ProMetric Gシリーズは、LED、OLED、照明器具、光源、プロジェクションシステムなどの色、明るさの空間分解測定に最適。ダイナミックレンジ・高い空間解像度・広い視野・スピードのバランスがよく、開発、量産での検査 […]