All about Photonics

ニュース

豊田合成、殺菌用の「深紫外LED光源モジュール」を開発

July, 27, 2020, 愛知県清須市--

豊田合成株式会社は、青色LEDの開発・生産で培った技術を活用し、水や空気などの殺菌に用いる「深紫外LED光源モジュール」を開発した。 深紫外LEDはウイルスや細菌の遺伝子情報を壊す波長の短い紫外線を発するLED。環境への […]

全文を読む

電気的に2次元ビーム走査可能な新たなフォトニック結晶レーザチップ開発

July, 22, 2020, 京都--

京都大学大学院工学研究科の野田進教授、坂田諒一 大学院生、メーナカ・デ・ゾイサ講師、石崎賢司特定准教授、井上卓也助教らのグループは、高ピーク出力かつ高ビーム品質のレーザ光を、電気的かつ2次元的に走査可能な新たなフォトニッ […]

全文を読む

産総研、光でプラスチックの劣化が診断可能

July, 22, 2020, つくば--

産業技術総合研究所(産総研)機能化学研究部門化学材料評価グループ 新澤英之 主任研究員、水門潤治研究グループ長、古賀舞都研究員、高分子化学グループ 萩原英昭研究グループ長、渡邉亮太 主任研究員、山根祥吾主任研究員は、近赤 […]

全文を読む

化合物半導体市場、2025年までに434億ドル

July, 22, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「COVID-19影響分析、化合物半導体市場、タイプ(GaN、GaAs、SiC、InP)、製品(LED、RFデバイス、パワーエレクトロニクス […]

全文を読む

プラスチックの高精度レーザ溶接

July, 22, 2020, Aachen--

完了したNRWプロジェクトSeQuLas゛、フラウンホーファーILTと業界パートナー3社は、透明プラスチックコンポーネントで最小溶接シームを生成するために利用できる結合プロセスを開発した。同プロセスは、特有の利点を持つツ […]

全文を読む

高強度のレーザ光による世界最大の電場発生を実証

July, 21, 2020, 東京--

量子科学技術研究開発機構(量研」)量子ビーム科学部門関西光科学研究所(関西研)の西内満美子上席研究員と他の研究者で構成される研究グループは、量研関西研の超高強度レーザ装置「J-KAREN」を用い銀標的に照射することで、既 […]

全文を読む

自律航法/AR/神経科学を変革するコンパクトなビームステアリング研究

July, 21, 2020, New York--

コロンビア大学の研究チームは、近赤外と青色波長の両方で、初のオンチップ光フェーズドアレイ技術を報告した。幅広い研究分野にアプリケーションがある。 ビームステアリングシステムは、イメージング、ディスプレイ、光学トラッピング […]

全文を読む

マイクロディスプレイ市場、2025年に36億900万ドル

July, 21, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「マイクロディスプレイ市場、製品ごと(HMD、HUD、EVF、プロジェクタ)、技術(OLED、LCOS、LCD、DLP)、解像度、輝度、業界 […]

全文を読む

データセンタオペレータ、高速化と相互接続性を追求

July, 21, 2020, London--

Omdiaの調査によると、データセンタネットワークオペレータは、ネットワーク運用で重要と考える必須機能リストを集めている。これは、業界に供給しているベンダにとって貴重なガイドになる。 「DCオペレータの話によると、ポート […]

全文を読む

量子オプティクスに取り組むマシンラーニング

July, 20, 2020, Moscow--

マシンラーニングがますます多くのタスクで人のパフォーマンスを凌駕し続けているが、Skoltech(Skolkovo Institute of Science and Technology)とモスクワ大学などの研究者は、デ […]

全文を読む

IPG、世界最小kWクラスファイバレーザ発売

July, 20, 2020, Oxford--

IPG Photonicsは、次世代ファイバレーザ技術、YLR-U Seriesを発表した。この超コンパクトレーザは、業界のファイバレーザ体積比で無比の最高パワーを出力する。YLR-Uは、溶接、切断、金属穴開けを含む一般 […]

全文を読む

自動車カメラ市場、2025年に122億ドル

July, 20, 2020, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「自動車カメラ市場、アプリケーション(ADAS、駐車支援)、ビュータイプ(シングルビュー、マルチカメラ)、技術(サーマル、赤外&デ […]

全文を読む

MicroLEDディスプレイ出荷、2027年に1670万ユニット

July, 20, 2020, London--

Omdiaの「MicroLEDディスプレイ技術と市場-2020」によると、画期的、自己発光型ディスプレイの需要増加に後押しされて、microLEDディスプレイのグローバル出荷は、2020年の無視できるほどのレベルから激増 […]

全文を読む

殺菌から医療処置まで、多様なLED照射システム

July, 17, 2020, Berlin--

ベルリンを本拠地とするFerdinand-Braun-Institut (FBH) とそのスピンオフUVphotonics NT GmbH は、表面処理向けに多目的ターンキー照射システムを設計、開発した。コンパクトな、モ […]

全文を読む

現代世界は急速にワイヤレス、赤外世界になる

July, 17, 2020, Eindhoven--

光ファイバなど、オブティクスベースの技術が、有線通信の時代に強力な影響を及ぼしている。現在、光技術はワイヤレス通信も変革することが確実視されており、従来の無線ベースのアプローチの主要問題を解決しそうである。それには、操作 […]

全文を読む

電子デバイスから貴重な原材料回収に成功

July, 17, 2020, Aachen--

EUプロジェクトADIRが始まり、電子デバイスの全く新しい自動リサイクリング法を開発する。これは、電子デバイスを分解し、それに含まれる貴重な原材料を回収する方法である。「次世代都市鉱山- 自動分解、分離し、電子装置から貴 […]

全文を読む

画像検出センサ世界市場、2026年に118億5000万ドル

July, 17, 2020, Maharashtra--

Zion Market Researchの調査によると、画像検出センサ世界市場は、推定で2020-2026年にCAGR 9.8%成長し、2026年には118憶5000万ドルに達する見込みである。  自動車、コンシューマエ […]

全文を読む

ORNL、「化学レンズ」を利用する顕微鏡を開発

July, 16, 2020, Oak Ridge--

Oak Ridge National Laboratory(ORNL)の研究者は、細胞膜やバイオフィルムを含む生体システムの観察に「化学的レンズ」を提供する新しい顕微鏡を構築した。その装置は、微生物と植物の相互作用など、 […]

全文を読む

細胞をありのままの姿で超高速選抜、世界初のラマン画像活性細胞選抜法

July, 16, 2020, 東京--

東京大学大学院理学系研究科・合田圭介教授が率いる研究グループは、細胞内生体分子を光学的に高速検出する誘導ラマン散乱(stimulated Raman scattering, SRS)顕微法で撮像し、画像解析で細胞を高速識 […]

全文を読む

世界の量子ドット市場、2020-2026に二桁成長

July, 16, 2020, Maharashtra--

Zion Market Researchの調査によると、量子ドット市場は2019年に8億6500ドルだった。2020-2026年の間に、市場はCAGR 62.4%で拡大する見込である。カドミウムベースの量子ドットに需要が […]

全文を読む

従来の顕微鏡で3Dフルカラー画像を直接取得

July, 16, 2020, Beijin--

広視野顕微鏡(WFM)では,3D体積再構成に必要な光学的断面(OS)画像は得られない。焦点外れ信号が常に合焦面内で結合しているからである。構造化照明顕微鏡(SIM)を導入することで研究者は、フルカラー(FC)合焦面から焦 […]

全文を読む

波長の壁を破る超短パルスレーザ、サブサイクル光を増幅する新手法

July, 15, 2020, 和光--

理化学研究所(理研)光量子工学研究センターアト秒科学研究チームのリン・ユーチー研究員、鍋川康夫専任研究員、緑川克美チームリーダーの研究チームは、一波長励起の増幅器を用いて、「サブサイクル光」と呼ばれる光電場が振動する周期 […]

全文を読む

ホームセキュリティカメラにプライバシーリスク

July, 15, 2020, London--

クイーンメリーロンドン大学(Queen Mary University of London)と中国科学アカデミー(Chinese Academy of Science)による国際的研究は、ユーザの潜在的なプライバシーリス […]

全文を読む

LZH、レーザでCFRPにリベット穴開けを開発

July, 15, 2020, Hannover--

LaBoKompプロジェクトで、Laser Zentrum Hannover e.V. (LZH)と4パートナーは、複合材料にリベットホールをドリルするためのレーザベースのシステムを開発した。LZHは、基盤となるプロセス […]

全文を読む

肝臓病を発見、モニタする新しいイメージング法

July, 15, 2020, Cambridge--

ある肝臓病をスクリーニングすることは現在、難しい。また、一旦発見されても、これらの症状をモニタすることも難しい。Massachusetts General Hospital (MGH)とMITの研究チームは、先ごろ、両方 […]

全文を読む

ロボットプロセスオートメーション市場、2027年に255億6000万ドル

July, 14, 2020, San Francisco--

グランドビューリサーチ(Grand View Research, Inc.)によると、世界のロボットプロセスオートメーション(RPA)市場規模は、予測期間にCAGR 40.6%で拡大し、2027年に255億6000万ドル […]

全文を読む

超広視野の新しいマルチスペクトル湾曲複眼カメラ実現

July, 14, 2020, Shanghai--

マルチスペクトルイメージング技術は、相対的に高解像度であるので、リモートセンシングに広いアプリケーションがある。しかし既存技術は、低いシステムインテグレーション、高複雑度、小さな視野(FOV)などの欠点があり、航空機、サ […]

全文を読む

ネットワークオペレータ、COVID-19に対応してCAPEX加速

July, 14, 2020, Boston--

Cignal AIによると、COVID-19は2020年第1四半期、トランスポート装置需要に触媒作用を起こし、同時に世界中のサプライチェーンを麻痺させた。同社の最新「トランスポートハードウエアレポート」調査結果は、光およ […]

全文を読む

次世代THzレシーバにTOPTICAのTeraScan

July, 14, 2020, Munich--

“TeraFETs”、テラヘルツ検出向けにアンテナを集積した電界効果トランジスタ、はコンパクトなチップベース、ブロードバンドテラヘルツレシーバの有望な候補である。 フランクフルト大学(Frankfurt Universi […]

全文を読む

新しいTHzパルスベースデータエンコーディング法を開発

July, 13, 2020, St. Petersburg--

世界中の研究者がテラヘルツ(THz)領域のデータ転送法に取り組んでいる。これは、今日の技術でできるものよりも遙かに高速にデータの送受ができる。しかし、直面する問題は、GHz領域よりもTHz領域でデータをエンコードする方が […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。