All about Photonics

Science/Research

ソウル半導体のSunLike LED、研究により視覚快適性、昼間の覚醒度、気分と睡眠への効果を確認

May, 21, 2019, 韓国安山市--

世界的なLED (発光ダイオード)専業メーカーの Seoul Semiconductor Co., Ltd. (本社:韓国安山市、代表理事:李貞勲、以下「ソウル半導体」)は、同社の自然光LEDシリーズのSunLikeが、 […]

全文を読む

CEALeti、高性能MicroLED用CMOSプロセスを開発

May, 21, 2019, Grenoble--

CEA Techの研究機関、Letiは、GaN MicroLEDディスプレイ製造のための新技術を発表した。アプリケーションは、サイズを問わず、スマートウオッチからTVsまでの範囲である。 その工程は、CMOS駆動回路上で […]

全文を読む

インスブルック大学、省エネの新しいLED蛍光体を開発

May, 9, 2019, Insbruck--

人間の眼は特に緑に敏感であるが、青と赤にはそれほどではない。Hubert Huppertzをリーダーとするインスブルック大学(University of Innsbruck)の化学者は、眼がよく知覚する光の新しい赤色蛍光 […]

全文を読む

NRL、オプトエレクトロニクスデバイスの効率向上法を開発

April, 17, 2019, Washington--

米国海軍研究所(NRL)の研究チームは、次世代光学材料の欠陥をパッシベートする新しい方法を発見した。これにより光品質が向上し、LEDsや他の光素子の微小化が可能になる。  「化学的視点から、レーザ光と水分子を使い新しい光 […]

全文を読む

室温で緑色発光するp型/n型新半導体、ペロブスカイト型硫化物で実現

April, 8, 2019, 東京--

東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の平松秀典准教授、飯村壮史助教(研究当時)、細野秀雄教授(研究当時)、物質理工学院 材料系の半沢幸太大学院生(博士後期課程3年、研究当時)の研究グループは、独自の化 […]

全文を読む

画期的、機能的発光面を作るハイブリッドOLED

April, 5, 2019, Dresden--

今まで、OLEDは、照明器具や電球向けの新しい照明技術としてのみ利用されてきた。しかし、柔軟な有機技術は、もっと可能性がある。アクティブ発光面としては、幅広い材料と組み合わせることが可能であり、無数の既存製品の機能と設計 […]

全文を読む

KAIST、洗えるウエアラブルディスプレイ

April, 2, 2019, Seoul--

KAISTの研究チームは、洗うことができ、外部電源を必要としない繊維ベースウエアラブルディスプレイを開発した。  外部電源の問題から脱却し、ウエアラブルディスプレイの実用性を強めるために、電気工学部Kyung Cheol […]

全文を読む

LED逆走が将来のコンピュータ冷却に効果

March, 27, 2019, Ann Arbor--

ミシガン大学の研究チームは、物理学の一般的な考えに対して逆に走るという研究成果で、わずか数ナノメートル離れた別のデバイスを冷却するために、電極を逆にしたLEDを動作させた。  そのアプローチは、将来のマイクロプロセッサに […]

全文を読む

KAIST、青色強化LED光が朝の覚醒に役立つ

March, 26, 2019, Yuseong--

KAISTの研究チームは、青色強化LED光が、朝の眠気克服に効果的であると提案している。この研究は、将来の照明戦略で大きな変化の基盤になり、優れた室内環境実現に役立つ。  概日リズムを明らかにするテーマにかなりの研究行わ […]

全文を読む

NIST、ナノワイヤLEDの365nm強度増強

March, 26, 2019, Gaithersburg--

特殊シェルによって、単純なシェルデザインに基づいた同等LEDよりも5倍の光強度を出力するUV LEDをNISTのナノワイヤの第一人者が実現した。  UV LEDは、利用アプリケーションが増加している。ポリマ硬化、水の浄化 […]

全文を読む

ホタルからヒントを得た表面がLED電球の効率改善

March, 22, 2019, University Park--

ペンシルバニア州立大学の研究者によると、新しいLED電球が、いずれ家庭で使われるようになり、電気代の低減に貢献する。研究チームは,蛍を真似た構造のLEDが効率を高めると主張している。 電気工学教授、Stuart Yin氏 […]

全文を読む

シリコンセンサ上の青色OLEDでリン光検出

February, 15, 2019, Dresden--

フラウンホーファー有機エレクトロニクス、電子ビーム&プラズマ技術研究所FEP(Fraunhofer Institute for Organic Electronics, Electron Beam and Pl […]

全文を読む

鳥の光回避行動が航空機との衝突を防ぐ

December, 6, 2018, West Lafayette--

パデュー大学の研究チームが発表した研究成果によると、鳥の中には赤と青のLED光により反対方向にリードされるものが存在する。  光は、以前、鳥の「回避行動」実現に使われたことがあるが、どんな種類の光が有効かを支持する文献は […]

全文を読む

ペロブスカイトLED、新たな効率記録達成

November, 13, 2018, Cambridge--

ケンブリッジ大学の研究チームは、ペロブスカイト半導体ベースのLEDで、最高のOLEDに匹敵する新たな効率記録を達成した。  ハイエンド・コンシューマエレクトロニクスで広く利用されているOLEDに比べて、研究チームが開発し […]

全文を読む

新しいアルゴリズムでLED材料予測が迅速に

October, 29, 2018, Denver--

ヒューストン大学の研究チームは、新しいマシンラーニングアルゴリズムを考案した。これは、PCを効率よく走らせ、LED照明に最も効率的な蛍光体となりそうなものを探すために、10万以上の化合物の特性を予測する。  研究チームは […]

全文を読む

徳島文理大学、トマトの収穫量を2倍にできるLEDライトを開発

October, 26, 2018, 徳島--

徳島文理大学理工学部ナノ物質工学科の梶山博司教授は、トマトの収穫量を2倍にできるLEDライトを開発した。  このLEDライトは月明かり程度の微弱なパルス光を照射することができるもので、この光を夜間に照射すると、糖の転流量 […]

全文を読む

OLEDマイクロディスプレイで改善されたVR

October, 19, 2018, Berlin--

フランウンホーファー研究所、有機エレクトロニクス、電子ビーム、プラズマ技術FEPは、OLED-on-silicon-技術のR&Dサービスを提供している。同研究所は、次世代コンパクトVRグラスに適した大面積高解像 […]

全文を読む

高性能ペロブスカイト量子ドットLEDを開発

October, 4, 2018, 山形--

山形大学 学術研究院の千葉貴之助教、城戸淳二教授らは、ペロブスカイト量子ドットの新たな製法を開発し、ペロブスカイト量子ドットLEDで世界最高水準の外部量子効率20%を超える発光効率を実現した。  山形大学では次世代型発光 […]

全文を読む

フレキシブルOLEDで繊維製品にカスタマイズ照明機能付与

September, 14, 2018, Dresden--

フラウンホーファー有機エレクトロニクス、電子ビーム、プラズマ技術研究所FEPは、Electronics System Integration Technology Conference ESTC 2018で繊維製品に組み […]

全文を読む

高性能カドミウムフリー量子ドット開発

August, 28, 2018, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科・桑畑進教授、名古屋大学工学研究科・鳥本司教授の研究グループは、カドミウムを含まずかつ色鮮やかな量子ドット蛍光体の合成に成功した。  量子ドット蛍光体は実用されている他の蛍光・りん光材料を凌ぐ、き […]

全文を読む

EBパターニング、高解像度フルカラーOLEDディスプレイ

August, 15, 2018, Dresden--

フラウンホーファーFEP研究チームは、シリコン基板上のOLEDに新しいマイクロパターニングアプローチを開発した。これは、将来的にはカラーフィルタとシャドウマスクを除去し、新しいプロセスによりフルカラーディスプレイの開発が […]

全文を読む

NASA、食料生産研究サポートにオスラムを選択

July, 26, 2018, Sunnyvale--

オスラム(Osram)は、同社独自のコネクティッド園芸研究照明システム、Phytofy RLをNASAに提供すると発表した。  そのスマートライティングソフトウエアは、独自設定のコネクティドグローライトフィクスチャと一体 […]

全文を読む

量子ドット白色LED、効率記録を達成

July, 23, 2018, Washington--

トルコ、コチ大学(Koç University)の研究チームは、105ルーメン/Wの記録的発光効率を示すナノ材料ベース白色LEDを実証した。発光効率は、光を生成するために光源がいかによくパワーを利用するかの評価基準。さら […]

全文を読む

InteGreatプロジェクト、LED製造新アプローチ研究

July, 20, 2018, Regensburg--

InteGreat研究プロジェクトでOsram Opto Semiconductors は、科学と産業からの7パートナーで構成されるコンソーシアムの調整役を果たした。  2014年12月から2018年2月まで、プロジェク […]

全文を読む

フラウンホーファーFEP、新製造技術、ウルトラスムース・ポリマフィルム

July, 11, 2018, Eugene--

フラウンホーファー有機エレクトロニクス、電子ビーム、プラズマ技術研究所FEPは、「OptiPerm」プロジェクトの一環として、ウルトラスムースポリマフィルム製造新技術開発に成功した。  この技術は,これまでにA4フォーマ […]

全文を読む

励起子生成効率100%以上を実現するOLEDの原理実証に成功

July, 10, 2018, 福岡--

九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センターの中野谷一准教授、永田亮工学府博士課程学生、安達千波矢センター長らの研究グループは、励起子生成効率100%以上を示す有機EL素子(OLED:Organic Light Em […]

全文を読む

KAIST、フレキシブル青色垂直microLEDを開発

June, 21, 2018, Soeul--

KAIST研究チームは、microLEDの商用化を促進する重要な光源技術を開発した。  材料科学・工学部のKeon Jae Lee教授のチームは、薄膜青色フレキシブル垂直microLED(f-VLED)の低コスト製造技術 […]

全文を読む

超安定ガラス層がOLED性能を改善

June, 4, 2018, Dresden--

OLEDは十分に成熟して、小型および大型ディスプレイ形状で、最初の商用製品が市場に登場する段階になっている。市場で競争力を持ち、新たな可能性(自動車証明、ヘッドマウントディスプレイ、マイクロディスプレイなど)を開くには、 […]

全文を読む

レタスは光強度・光質により代謝を自在に改変する

May, 29, 2018, つくば--

筑波大学 生命環境系 草野都教授、電力中央研究所 庄子和博上席研究員、北崎一義(現北海道大学 助教)、理化学研究所 福島敦史研究員およびUC Davis Genome Center(米国) Richard Michelm […]

全文を読む

OSRAM、グリーンLEDの効率40%向上

May, 17, 2018, Regensburg--

グリーンLEDの示す光出力の著しい低下(グリーンギャップ現象)が、効率問題、顧客のアプリケーションの高コストの原因だった。InGaNベースグリーンLEDで、オスラム(Osram Opto Semiconductors)は […]

全文を読む

1 / 612345...最後 »

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。