All about Photonics

Science/Research

レーザでモジュラー型プロトタイプを製造

July, 15, 2016, Aachen--

タービンブレードやタービン翼の長いリードタイムは、エンジンテストにおける新しい部品設計の評価にとって大きな課題となっている。鋳造による従来のタービン翼製造は、今日のホットパスコンポーネントの開発で求められる高速繰返しサイ […]

全文を読む

ピッツバーグ大学とANSYS提携して新しい積層造形研究所設立

July, 4, 2016, Pittsburgh--

ANSYSとピッツバーグ大学の新たな提携によって、エネルギー効率のよいジェットエンジンから個人化医療器具まで、企業は素早く、簡単に安全で信頼できる最先端の製品を設計し製造できるようになる。この提携は、業界の最も困難な積層 […]

全文を読む

レーザ処理、接合がカーボンファイバ成功への見込み

June, 2, 2016, Oak Ridge--

オークリッジ国立研究所(ORNL)が、軽量車や他の多材料ハイエンド製品向けに開発したレーザ表面処理プロセスによる炭素繊維複合材とアルミとの接合は、コスト削減につながる。また、レーザのパワーと精度を利用する新しい方法である […]

全文を読む

LLNL、金属3Dプリンティング工程に「大きな前進」

May, 30, 2016, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、通常の金属3Dプリンティング技術を悩ます問題への解で大きく前進した。これは、どのような相互作用がレーザ粉体層溶融プロセスで製造されるパーツの多孔性につながるのか、と […]

全文を読む

改良レーザカッターで3Dプリント

May, 24, 2016, Houston--

ライス大学(Rice University)バイオエンジニアリングの研究グループは、商用グレードCO2レーザカッタを改良し、OpenSLS、オープンソース選択的レーザ焼結プラットフォームを実現した。これにより、粉体プラス […]

全文を読む

レーザベースCFRP加工中のプロセスコントロール強化

May, 24, 2016, Hannover--

持続可能性、それと密接に関連する資源の効率利用はかねてから製造分野の重要な目的になっている。自動車や航空機産業では、資源の経済的な利用は、車両重量を減らすことで達成可能になる。したがって、レーザツェントルムハノーバe.V […]

全文を読む

NIST、ポータブルスケールでレーザパワーを計測

May, 13, 2016, Gaithersburg--

米国国立標準技術研究所(NIST)の研究チームは、力検出器のように振る舞うミラースケールに光を反射することによってレーザパワーを計測する新しい方法を実証した。  奇妙に聞こえるかも知れないが、その技術は簡素で高速、より安 […]

全文を読む

レーザ加工ファイバがプラスチックを補強

March, 18, 2016, Aachen--

今日、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)やガラス繊維強化プラスチック(GFRP)のような複合材料が工業連続生産の世界に広がっている。そのような材料は取り扱いが難しいと考えられているが、最新のレーザにより、均一な品質で短 […]

全文を読む

中空ファイバにハイパワーレーザを入力する光トラップ

March, 11, 2016, Erlangen--

シンプルな自己整合法によって、微細テーパー状ガラスファイバを中空コア光ファイバ内に取り込むことができる。潜在的アプリケーションは、レーザ切断、基礎物理学研究。  マックスプランク光科学研究所の研究グループは、レーザ光を使 […]

全文を読む

中赤外3.1~3.2µmパルス/連続波を可能にする新型レーザ開発

February, 26, 2016, Washington--

UK、バース大学(University of Bath)の研究チームは、これまでレーザ開発者の大きな課題であったスペクトル領域、3.1~3.2µm中赤外パルス/連続発振ができる新型レーザを開発した。  中赤外域は現在、分 […]

全文を読む

高効率でコンパクトなUVレーザシステム向けに新たなコーティング

February, 22, 2016, Hannover--

精密計測および医療市場向けのコンパクトでエネルギー効率のよいレーザシステムについてLZH()Laser Zentrum Hannover e.V.がEurostarsプロジェクトCELL-UVでパートナー3社ととりこ組ん […]

全文を読む

LLNL研究者、3D金属プリンティングの物理学を説明

January, 22, 2016, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の論文によると、金属3Dプリンティングの最も一般的な方法が飛躍的に伸びているが、プロトタイプの作製から重要部品の製造への移行は、プロセスの背後にある複雑な物理学の基本的な理解なしに […]

全文を読む

レーザでトンネルコンクリートの健全性を高速で検査

January, 20, 2016, 東京--

日本原子力研究開発機構、レーザ技術総合研究所(レーザ総研)、理化学研究所(理研)の合同研究グループは、コンクリート内部の外からは見えない「ひび割れ」等の欠陥をレーザにより検出する「レーザ欠陥検出法」と呼ばれる技術を高速化 […]

全文を読む

フォトニック「焼結」から新しいソーラ、エレクトロニクス製造技術

January, 14, 2016, Corvallis--

オレゴン州立大学(OSU)のエンジニアは、フォトニック「焼結」の物理理解で基本的なブレイクスルーを達成した。これは、太陽電池、柔軟なエレクトロニクス、様々なタイプのセンサ、他のハイテク製品など、紙やプラスチックなどにプリ […]

全文を読む

ヘブライ大学、3Dプリンティングセンターを開設

January, 12, 2016, Jerusalem--

ヘブライ大学は、3Dおよび機能プリンティング研究にフォーカスしたイスラエル初のセンター、3D/機能プリンティングセンターを開設した。  3Dプリンティングは、デジタルモデルから実際の物体を作製するプロセス。機能プリンティ […]

全文を読む

ギガフォトン、EUV光源で出力108W、24時間の安定発光に成功

December, 17, 2015, 小山--

リソグラフィ光源の主要メーカー、ギガフォトン(Gigaphoton)は、現在開発中のEUVスキャナー用レーザ生成プラズマ(LPP)光源のプロトタイプ機において、エネルギー安定性平均0.5%以下にて、ロジック生産適用可能レ […]

全文を読む

imecとConventor、7nm半導体製造プロセス最適化で協力

December, 9, 2015, Leuven/Cary--

imecと半導体プロセス開発ツールのサプライヤーCoventorは、7nm半導体技術でプロセス変動問題を探求するために共同開発プロジェクトを拡張すると発表した。  1年にわたり、共同チームはコンベンタの半導体プロセスモデ […]

全文を読む

レーザ加工シミュレーションが初めてアプリとして利用可能に

November, 26, 2015, Aachen--

レーザ材料加工では、プロセスのシミュレーションが近年大きく進歩した。今日、加工対象に何が起こるかを比較的正しく予測できるようになっている。残念なことに、それは非常に複雑であり、膨大な計算時間を必要とする。  フラウンホー […]

全文を読む

LaSAASプロジェクト、スチールとアルミニウム直接溶接技術開発に取組む

November, 6, 2015, Hannover--

軽く、資源効率がよく、同時に堅牢であること、これは自動車産業における軽量構造にメリットがあるが、造船でも同様に重要である。  したがってスチール-アルミニウム接合も船に使用される。しかし船では材料の厚さが全く異なっている […]

全文を読む

ロボットの手に内蔵光ファイバセンサを利用

October, 21, 2015, Pittsburgh--

カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)の研究チームによると、光センサは他に類を見ないほどロボットハンドに適している。同研究チームは、多数の光センサを組み込んだ3本指ソフトロボットハン […]

全文を読む

ワルシャワ大学、小型で安価な産業用フェムト秒レーザを開発

August, 31, 2015, Warsaw--

ワルシャワ大学物理学部のチームは、外部条件が極めて厳しい状態でも超短光パルスを生成できるレーザを作製した。この比類のない精度と障害耐性の組合せが可能になるのは、フェムト秒レーザパルス生成全体が特殊選定の光ファイバ内で起こ […]

全文を読む

ISLA、2µmファイバレーザ用の集積ディスラプティブコンポーネント

August, 27, 2015, Dublin--

ISLAは、現在のレーザ材料加工技術の限界を打破するためのR&Dプロジェクトである。現在、1µm波長で動作するコンポーネントを2倍の2µmで動作させるための開発を行った。これによりシステムのパワーは約10倍に拡 […]

全文を読む

サザンプトンエンジニア、3Dプリント飛行機を試験飛行

July, 29, 2015, Southampton--

3Dプリント航空機がイギリス海軍軍艦から飛び立ち、ドーセットビーチに無事着陸することに成功した。  HMS Merseyは、SULSA無人機(UAV)をテストするためにサザンプトン大学に完璧なプラットフォームを提供した。 […]

全文を読む

LZHとIFW、レーザによる接着・離脱プロセスを開発

July, 2, 2015, Hannover--

大理石や花崗岩などの天然石は、耐摩耗性のダイヤモンド切削セグメントを持つ鋸刃で加工する。刃が損傷したり摩耗したりすると、切削セグメントは取り替える必要がある。通常、鋸刃全体が修理業者に送られる。レーザセンタハノーバ(LZ […]

全文を読む

フラウンホーファーILT、超高速レーザシステムの生産性向上

July, 2, 2015, Aachen--

フラウンホーファーILTは、強力な超高速レーザのパルス幅を4倍短縮する光学モジュールを開発した。このコンパクトモジュールは、平均パワー1kW、エネルギー10~200µJレーザでの利用に適している。1psパルスは、約250 […]

全文を読む

FBH、2kW出力のダイオードバーを発表

June, 9, 2015, Berlin--

FBHは、プロジェクトCryoLaserの最新成果を発表した。シングル1㎝のレーザバーが、203ケルビンに冷却すると、少なくとも2kWの光出力が得られる。  将来の高エネルギーアプリケーション、これはFerdinand- […]

全文を読む

MEMS高速レーザミラー利用でハイパワー切断・溶接が可能に

June, 5, 2015, Itzehose--

シリコンマイクロミラーは、超高速でレーザビームを動かすことができるのでオペレータは加工対象物への入熱量を非常に正確にコントロールすることができる。  しかしこれまでは、シリコンマイクロミラーは、レーザ切断や溶接に使えるほ […]

全文を読む

HALOプロジェクトで完璧レーザビームの探求

May, 27, 2015, Aachen--

EUのHALO(High power Adaptable Laser beams for materials processing)プロジェクトの一環として、フラウンホーファー研究所レーザ技術ILTの研究チームは、リソー […]

全文を読む

レーザ溶接により安全な電池間接続

May, 1, 2015, Aachen--

フラウンホッファ研究所レーザ技術ILTは、感温円筒形電池向けに新しいレーザ溶接技術を開発した。この電池は、現在連続生産準備中である。  2009年来、アーヒェンの技術者は、個々の電池を接続して電池パックにする工程、電池の […]

全文を読む

新材料とプロセス探求のUTアーリントン校ナノプロジェクト

April, 24, 2015, Arlington--

テキサス大学(UT)アーリントン校の電気工学研究者は、全米科学財団(NSF)の補助金を利用して、イメージングの改善、コンピュータの高速化、通信の安全性向上に寄与する、未だ知られていない材料の発見に努める。  ナノフォトニ […]

全文を読む

3 / 41234

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。