All about Photonics

Science/Research

ロボットの手に内蔵光ファイバセンサを利用

October, 21, 2015, Pittsburgh--

カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)の研究チームによると、光センサは他に類を見ないほどロボットハンドに適している。同研究チームは、多数の光センサを組み込んだ3本指ソフトロボットハン […]

全文を読む

ワルシャワ大学、小型で安価な産業用フェムト秒レーザを開発

August, 31, 2015, Warsaw--

ワルシャワ大学物理学部のチームは、外部条件が極めて厳しい状態でも超短光パルスを生成できるレーザを作製した。この比類のない精度と障害耐性の組合せが可能になるのは、フェムト秒レーザパルス生成全体が特殊選定の光ファイバ内で起こ […]

全文を読む

ISLA、2µmファイバレーザ用の集積ディスラプティブコンポーネント

August, 27, 2015, Dublin--

ISLAは、現在のレーザ材料加工技術の限界を打破するためのR&Dプロジェクトである。現在、1µm波長で動作するコンポーネントを2倍の2µmで動作させるための開発を行った。これによりシステムのパワーは約10倍に拡 […]

全文を読む

サザンプトンエンジニア、3Dプリント飛行機を試験飛行

July, 29, 2015, Southampton--

3Dプリント航空機がイギリス海軍軍艦から飛び立ち、ドーセットビーチに無事着陸することに成功した。  HMS Merseyは、SULSA無人機(UAV)をテストするためにサザンプトン大学に完璧なプラットフォームを提供した。 […]

全文を読む

LZHとIFW、レーザによる接着・離脱プロセスを開発

July, 2, 2015, Hannover--

大理石や花崗岩などの天然石は、耐摩耗性のダイヤモンド切削セグメントを持つ鋸刃で加工する。刃が損傷したり摩耗したりすると、切削セグメントは取り替える必要がある。通常、鋸刃全体が修理業者に送られる。レーザセンタハノーバ(LZ […]

全文を読む

フラウンホーファーILT、超高速レーザシステムの生産性向上

July, 2, 2015, Aachen--

フラウンホーファーILTは、強力な超高速レーザのパルス幅を4倍短縮する光学モジュールを開発した。このコンパクトモジュールは、平均パワー1kW、エネルギー10~200µJレーザでの利用に適している。1psパルスは、約250 […]

全文を読む

FBH、2kW出力のダイオードバーを発表

June, 9, 2015, Berlin--

FBHは、プロジェクトCryoLaserの最新成果を発表した。シングル1㎝のレーザバーが、203ケルビンに冷却すると、少なくとも2kWの光出力が得られる。  将来の高エネルギーアプリケーション、これはFerdinand- […]

全文を読む

MEMS高速レーザミラー利用でハイパワー切断・溶接が可能に

June, 5, 2015, Itzehose--

シリコンマイクロミラーは、超高速でレーザビームを動かすことができるのでオペレータは加工対象物への入熱量を非常に正確にコントロールすることができる。  しかしこれまでは、シリコンマイクロミラーは、レーザ切断や溶接に使えるほ […]

全文を読む

HALOプロジェクトで完璧レーザビームの探求

May, 27, 2015, Aachen--

EUのHALO(High power Adaptable Laser beams for materials processing)プロジェクトの一環として、フラウンホーファー研究所レーザ技術ILTの研究チームは、リソー […]

全文を読む

レーザ溶接により安全な電池間接続

May, 1, 2015, Aachen--

フラウンホッファ研究所レーザ技術ILTは、感温円筒形電池向けに新しいレーザ溶接技術を開発した。この電池は、現在連続生産準備中である。  2009年来、アーヒェンの技術者は、個々の電池を接続して電池パックにする工程、電池の […]

全文を読む

新材料とプロセス探求のUTアーリントン校ナノプロジェクト

April, 24, 2015, Arlington--

テキサス大学(UT)アーリントン校の電気工学研究者は、全米科学財団(NSF)の補助金を利用して、イメージングの改善、コンピュータの高速化、通信の安全性向上に寄与する、未だ知られていない材料の発見に努める。  ナノフォトニ […]

全文を読む

EMLACSプロジェクト、レーザアシストコールドスプレイ材料堆積

April, 16, 2015, Aachen--

EU助成の新規プロジェクトでは、超短レーザパルスを用いて材料表面を改変する。目的は、コールドガスジェットからの金属粉末の堆積を促進することにある。  コールドスプレイ技術によって、プラスチックや炭素繊維強化プラスチック( […]

全文を読む

ギガフォトン、EUV光源で出力140W、デューティーサイクル50%連続運転

February, 27, 2015, 小山--

ギガフォトンは、現在開発中のEUVスキャナ用レーザ生成プラズマ(LPP)光源のプロトタイプ機において、半導体量産対応レベルの出力140W、デューティーサイクル50%で連続運転を達成した。  この成果は、これまでギガフォト […]

全文を読む

ロチェスタ大学、レーザで作製した表面構造が撥水金属に

February, 12, 2015, Rochester--

ロチェスタ大学のChunlei Guo教授は、レーザを使って金属を超撥水、つまりスーパーハイドロフォビック材料に変えた、これにより材料は一時的なコーティング不要となる。  スーパーハイドロフォビック材料は防錆、氷結防止、 […]

全文を読む

任意の光パルスを生成する新しい方法

January, 26, 2015, Southampton--

サザンプトン大学の研究チームは、より強力で効率がよく低コストのパルスレーザを実現するための新技術を開発した。  同大学のオプトエレクトロニクス研究センタ(ORC)が開発したこの技術は、パルスレーザを利用する多くの分野に潜 […]

全文を読む

工業的極限環境で温度を記録する光ファイバセンサ

January, 23, 2015, Madrid--

カルロス三世マドリード大学(UC3M)の研究グループは、工業的極限環境で光ファイバを温度計として使用する技術を開発した。  開発されたシステムは、従来の技術ではアクセスできない領域の機械加工、切断加工の温度を計測すること […]

全文を読む

超短パルスレーザマシンシステム動作成功

January, 20, 2015, Geleen/Ougree--

AGORA b.v.(オランダ)、LUNOVU GmbH(ドイツ)、CEWAC a.s.b.l(ベルギー)は、新しい超短パルス(USP)レーザマシンシステムを開発し稼働に成功した。  このシステムは「コールドアブレーショ […]

全文を読む

LLNL、3Dプリンティングパーツの残留応力効率的測定法を開発

November, 26, 2014, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、粉体層溶融積層造形法で作製した金属部品の残留応力を計測する効率的な方法を開発した。  この3Dプリンティングプロセスは、高エネルギーレーザビームを使って金属粉体粒子 […]

全文を読む

スーパーソニックレーザ推進ロケット

November, 5, 2014, Washington--

ロシアのオプトエレクトロニック計測技術研究所のYuri Rezunkov氏とセントペテルスブルクの物理・技術研究所のAlexander Schmidt氏は、レーザ推進システムによって生まれる新しい推力改善法を発表した。 […]

全文を読む

JPL、バルク金属ガラスで複雑な形状をローコスト製造

October, 17, 2014, Pasadena--

JPL、Brigham Young University、カリフォルニア技術研究所の研究グループは、新しい材料と製造技術の組合せを利用して複雑で、ローコストの適合機構を実現する新しい方法を発表した。同グループによると、「 […]

全文を読む

エレメントシックス、超高速パルスディスクレーザ開発に参加

September, 22, 2014, Santa Clara--

ルクセンブルクのエレメントシックス社(Element Six)は、超高速パルスディスクレーザ開発支援で、欧州委員会(EC)の第6次研究・技術開発フレームワークプログラムによって選定された。 新しいレーザは、透明材料のマイ […]

全文を読む

1つの物体に異なる金属を連続積層するプリンティングプロセスを開発

July, 31, 2014, Pasadena--

3Dプリンタは、メガネから医療用インプラントまで、コンピュータモデルから直接、モールド無しであらゆる種類のものを造ることができるが、標準3Dプリンタでは造れないものもある。  宇宙船を造るには、特注パーツが必要になること […]

全文を読む

3D金属パーツ製造に効率的なアプローチを開発

June, 26, 2014, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、積層製造の課題となっている問題に新しい、より効率的なアプローチを開発した。これは選択的レーザ溶融(SLM)を使用するアプローチで、パーツが所望の特性を持つように適切 […]

全文を読む

ダイヤモンドを使ってハイパワーレーザのビーム品質向上

May, 7, 2014, Sydney--

マッコーリー大学研究センタの研究チームは、ダイヤモンドがハイパワーレーザビームの品質を根本的に改善できることを実証した。これは数ミリ長のダイヤモンド結晶内で光学的相互作用を利用することによって可能になる。  研究を主導す […]

全文を読む

DARPA、大気擾乱補正機能付レーザ兵器デモンストレーション

March, 20, 2014, Arlington--

米国国防省国防高等研究事業局(DARPA)は、開発中のレーザ兵器が7km先の目標に正確に命中したと発表した。これに大きく寄与したのは、このような距離で優れたビーム品質を維持した21素子の光フェーズドアレイ(OPA)。 最 […]

全文を読む

DARPA、生物・化学兵器検出用にコンパクトな高出力UVレーザ開発計画

March, 14, 2014, Arlington--

ラマン分光はレーザを使って分子の振動を計測し、素早く正確に未知物質を特定する。UV波長は隔離距離でラマン分光に適した波長であるが、国防省(DOD)の現在のUVベース戦術検出システムは大きくて高価であり、機能に限りがある。 […]

全文を読む

三菱電機、パルスCO2レーザによるガラス微細加工技術を開発

February, 25, 2014, 東京--

三菱電機は、パルスCO2レーザを使用し、直径が最小25μmの微細穴をガラス基板へ形成する加工技術を開発した。この開発によりガラス回路基板の実用化を加速し、電子機器の高速、高機能化に貢献する。 開発の特長 1.パルスCO2 […]

全文を読む

レーザ溶接で神経外科の微小縫合改善

January, 6, 2014, Sesto Fiorentino--

脳動脈の微小縫合は、手術の傷口修復、微小血管再結合の至適基準となっている。 レーザベースの縫合技術は、従来法に対していくつかの利点があり、1970年代から研究されてきた従来法にともなう問題の解決策になる可能性がある。最も […]

全文を読む

3 / 3123

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。