All about Photonics

Science/Research

レーザベースグラフェンで殺菌、生物付着防止

May, 24, 2017, Houston--

ライス大学(Rice University)とネゲヴ・ベン=グリオン大学(BGU)の研究チームは、レーザ誘起グラフェン(LIG)が極めて効果的な防汚材料であり、電気を通すと害虫駆除装置になることを発見した。  LIGはグ […]

全文を読む

ナノファイバで細胞の力を感じ、音を聞く

May, 22, 2017, San Diego--

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究チームは、泳ぐバクテリアが生成する力を感じ、細胞の心筋細胞の鼓動を聞くことができる感度を持つ微小デバイスを開発した。  デバイスはナノサイズの光ファイバで、ヘリコバクタピ […]

全文を読む

光音響学で小動物の内臓活動を可視化

May, 19, 2017, Billerica--

生物医学エンジニアは、小動物の内部構造全体を生で見ることができる。活動している器官、血流、メラノーマ細胞の循環、神経ネットワークの発火を見ることができる十分な解像度がある。  ”single-impulse […]

全文を読む

「残留光伝導」がバイオエレクトロニクスの新しいツールになる

May, 19, 2017, Raleigh--

ノースカロライナ州立大学(NC State)の研究チームは、半導体材料上で細胞の挙動を操作する新しいアプローチを開発した。このアプローチでは、光を使って材料そのものの伝導性を変える。 「半導体との関連で細胞挙動をコントロ […]

全文を読む

新開発のハンドヘルドファイバオプティックプローブでガンの内視鏡診断

May, 17, 2017, Washington--

ガンの内視鏡診断への重要ステップで、ハンドヘルドファイバオプティックプローブが開発された。これは、組織染料を用いることなく、多くの非線形イメージング技術アプリケーションで使用できる。新しいマルチモーダルイメージングプロー […]

全文を読む

結腸腫瘍をターゲットにした侵襲の少ない内視鏡

May, 16, 2017, Billerica--

EUの研究とイノベーションプログラム、Horizon 2020で助成金を得たヨーロッパの研究グループは、画期的な、コンパクトで使いやすい内視鏡の開発に取り組んでいる。これは、前がん状態のポリープや早期直腸がんの特定と診断 […]

全文を読む

「容積」イメージング法で採血なしの化学物質含有量検査

May, 15, 2017, Lafayette--

組織深く浸透する特殊タイプのレーザビームを使う「化学イメージング」システムは、ドラッグテスト、ガンや糖尿病などの病気の早期発見を含め、分析に採血の必要をなくする技術につながる。  同システムは、誘導ラマン顕微鏡・トモグラ […]

全文を読む

3Dプリンティング用の消去可能なインクを開発

May, 12, 2017, Karlsruhe--

レーザ直描による3Dプリンティングで、正確に定義された特性を持つマイクロメートルサイズの構造を作製する。カールスルーエ工科大学(KIT)の研究チームは、3Dプリンティングに使用するインクを消去する方法を開発した。この方法 […]

全文を読む

華東師範大学、糖尿病をワイヤレスで制御

May, 12, 2017, Shanghai--

華東師範大学(ECNU)研究グループは、糖尿病のマウスにインシュリンを送達する細胞を正確に制御する新技術を開発した。この実験成果は、光遺伝学細胞プロセスと新開発のスマートフォンアプリケーションの組合せで発表された。  光 […]

全文を読む

適応光学脳イメージングシステム、「マルチビューピル」プリズムアレイ採用

May, 11, 2017, West Lafayette--

パデュー大学電気・コンピュータ工学、生物化学学部(Purdue University’s School of Electrical and Computer Engineering and the Department […]

全文を読む

抗ウイルス剤なしの新しいインフルエンザ検出技術

May, 8, 2017, Notre Dame--

ノートル大学(University of Notre Dame)の研究チームは、インフルエンザを肉眼で見えるようにする方法を発見した。ウイルスの特定酵素を標的にするように色素分子を設計することにより、ハンドヘルドランプま […]

全文を読む

Theralase、光線力学膀胱ガン患者を治療

April, 27, 2017, Toronto--

Theralase Technologies Incは、同社の光線力学治療法(PDT)技術を使って第2の非筋浸潤性膀胱(NMIBC)ガン患者を4月12日に処置したと発表した。同社は苦痛を除去する医療機器の商用化と、ガンを […]

全文を読む

皮膚センサに代わるカメラで未熟児の医療モニタリング

April, 20, 2017, Lausanne--

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)とCSEMの研究チームが開発した非接触、ワイヤレスカメラシステムは、未熟児のバイタルサインを連続的にモニタする。このシステムは、誤認警報が約90%もある皮膚センサを置き換えること […]

全文を読む

KTN結晶を用いた光スキャナ搭載硬性内視鏡で生体組織3Dイメージング

April, 17, 2017, 大阪--

NEDOは、NTTアドバンステクノロジ、大阪大学と共に、特殊な電気光学特性を持つKTN結晶を用いた、小型、高速、低消費電力で駆動する光スキャナにより、世界で初めて硬性内視鏡による生体組織の3次元イメージングに成功した。 […]

全文を読む

レスター大学、LiDARでカラマツの病気を特定

April, 13, 2017, Leicester--

レスター大学(University of Leicester)の研究チームは、破壊性の病気の影響を受けている樹木を特定するために空中写真マッピング会社、Blueskyのリモートセンシング技術を利用した。  航空機搭載レー […]

全文を読む

ミシガン工科大学、腫瘍切除を支援するNIR蛍光プローブ開発

April, 5, 2017, Houghton--

ミシガン工科大学の化学教授、Haiying Liuが開発した蛍光プローブは、細胞培養の酵素βガラクトシダーゼを光らせる。これは癌手術に役立つ。  Liu教授の説明によると、特殊酵素と結びついた試験管内にガン抗体は、腫瘍細 […]

全文を読む

ナノスケールセンサで病気を特定

March, 31, 2017, Sydney--

サイトカイン検出に役立つ新しいナノスケールセンサが開発された。サイトカインは、感染、炎症、外傷や病気に対する細胞の応答で重要な役割を果たす。  センサは、CNBP (ARC Centre of Excellence fo […]

全文を読む

ドイツの研究チーム、非平面サンプル上の化学物質分布を視覚化

March, 27, 2017, Jena--

三次元形状の生物組織の化学分析はこれまで主要な難題だった。ドイツの学際的研究チーム(Leibniz Institute for Natural Product Research and Infection Biology […]

全文を読む

バクテリアがクローン病、関節炎に関係

March, 15, 2017, Ithaca--

腹痛と下痢が起こる炎症性腸疾患(IBD)の一種、クローン病の患者は、間接の痛みも経験する。クローン病では、免疫系が腹だけでなく、筋骨格系も攻撃するので、脊椎関節炎にもなり、脊椎や間接が疼痛状態に陥る。  この無関係に見ら […]

全文を読む

食道ガン診断用にハイブリッド内視鏡開発プロジェクト

March, 13, 2017, München--

ヘルムホルツセントルムミュンヒェンの生物・医療イメージング研究所(Institute of Biological and Medical Imaging at Helmholtz Zentrum München)は、「食 […]

全文を読む

ガン細胞の硬さをレーザ技術で高速計測する方法を開発

March, 9, 2017, Durham--

デューク大学(Duke University)生体医用工学の研究チームは、2つのレーザとカメラを使って細胞毎にガンの兆候を検出する方法を発見した。  Biophysical Journalに発表された研究は、内部構造に現 […]

全文を読む

マシンラーニング、安価な光センサ設計に寄与

March, 8, 2017, Los Angels--

UCLAの研究チームの研究成果によると、タンパク質、ガンバイオマーカー、ウイルスおよびその他の小さな標的の検出が、マシンラーニングによって設計された「スマート」モバイルデバイスによってわずかなコストで実現する見込みである […]

全文を読む

神経障害痛治療にグリーンLEDが有望

March, 6, 2017, Tucson--

アリゾナ大学医療センタサウス(University Medical Center South)の麻酔学/薬理学准教授、Mohab Ibrahimは、緑色が慢性痛を緩和するかどうか、ラットを緑色の光に晒すことで調べることに […]

全文を読む

光ビームが心臓手術中の血液テストに取って代わる

March, 3, 2017, Oriando--

セントラルフロリダ大学(University of Central Florida)の教授が、光を使って連続的に外科手術中の患者の血液をモニタする方法を発明した。生死をかけた手術中に状況が初めてリアルタイムでわかるように […]

全文を読む

KIT、光学顕微鏡の背景除去により超解像度実現

February, 23, 2017, Karlsruhe--

カールスルーエ工科大学(KIT)の研究チームは、新しい蛍光顕微鏡法を開発した。STEDD (Stimulation Emission Double Depletion)ナノスコピーは、背景を抑圧して最高解像度の画像を生成 […]

全文を読む

血管新生阻害物質のガン抵抗性の原因を特定

February, 16, 2017, Vienna--

血管新生-既存のものから新たな血管を形成すること-は腫瘍の成長に大きく影響を与える、腫瘍は成長するために酸素と栄養を必要とするからだ。薬剤には、血管新生抑制を目的としたものもある。しかし、この特殊なガン治療の優位性はいつ […]

全文を読む

脳の領域間を伝わる信号を一挙に観測できる新手法の開発に成功

February, 8, 2017, 町田市--

玉川大学脳科学研究所の礒村宜和教授を中心とした、玉川大学・福島県立医科大学・東北大学の共同研究グループは、世界で初めて脳領域間を伝わる信号を一挙に観測できる新手法の開発に成功した。  今回の研究では、「スパイク衝突」とい […]

全文を読む

細胞内のナノマシーンを初めて3D観察

February, 7, 2017, Barcelona--

IRBバルセロナをリーダーとする研究グループは、遺伝子工学、超解像度顕微鏡、バイオコンピュテーションを組み合わせて、生きた細胞内のタンパク質機構を3D観察できるようにした。  Cell誌に発表された研究成果によると、動物 […]

全文を読む

フォトニックベース・スマートニードルで脳手術がより安全になる

February, 6, 2017--

アデレード大学(University of Adelaide)の研究チームは、脳外科手術をより安全にする新しいハイテク医療器具を開発した。  脳生検ニードル内に組み込まれた微小イメージングプローブにより、医師は、針を挿入 […]

全文を読む

ユタ大学、オートフォーカス「スマートグラス」を開発

February, 1, 2017, Rochester--

ユタ大学(University of Utah)電気/コンピュータ工学、Carlos Mastrangelo教授とNazmul Hasan博士課程学生の研究チームは、液体ベースのレンズで「スマートグラス」を作製した。これ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。