All about Photonics

Science/Research

新しいラベルフリー顕微鏡で細胞の相互作用をハイレゾ・イメージング

December, 26, 2016, Urbana--

イリノイ大学電気&コンピュータ工学/バイオエンジニアリング(University of Illinois Electrical & Computer Engineering)教授、Brian Cunn […]

全文を読む

光線療法で早期前立腺ガンを効果的に治療

December, 22, 2016, London--

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)が主導する、413名の患者に対する新しいフェーズⅢ臨床試験の報告によると、ローリスク前立腺ガンの新しい、外科手術をしない処置で、健全組織を維持しながら効果的にガン細胞を殺すこと […]

全文を読む

光トラッピング法でバクテリアを超解像度観察

December, 19, 2016, Thousand Oaks--

ビーレフェルト大学(Bielefeld University)の物理学者は、レーザビームで生体細胞をトラップする新しい方法をNature Communicationsで報告した。  これまでは、研究者が血液細胞、藻、細菌 […]

全文を読む

UCLA研究チーム、スマートフォンを使って抗菌薬耐性に対抗

December, 19, 2016, Los Angeles--

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームは、スマートフォンを使って抗菌薬耐性用の自動診断試験リーダーを開発した。同技術により、リソースが限られているエリアで抗菌薬感受性の定期試験ができるようになる。  抗 […]

全文を読む

ルール大学ボーフムの研究チーム、分子スイッチを詳細に研究

December, 15, 2016, Bochum--

Ruhr-Universität Bochum (RUB)の研究チームは、分子スイッチが関係する見る、嗅ぐ、味わう、血圧の調整など、これらのタンパク質がスイッチを切られるメカニズムを分析した。赤外分光光度計(FTIR)と […]

全文を読む

手術中リアルタイムで脳腫瘍を光らせるイメージング技術

December, 9, 2016, Philadelphia--

手術中に腫瘍を明るく光らせる実験的癌イメージングツールが、Penn Medicine臨床研究で再び有望であることが実証された、今度は脳腫瘍患者である。蛍光染料技術は、肺癌治療用に精密手術ペンセンタ(Penn Center […]

全文を読む

SLACのX線レーザで室温光合成の詳細を撮る

December, 5, 2016, Menlo Park--

エネルギー省(DOE)のSLAC国立加速器研究所の新しいX線法で、タンパク質複合体の最高解像度室温画像を撮像した。これにより研究者は、光合成が自然に起こる温度で水がどのように分離されるかを密接に観察することができる。研究 […]

全文を読む

レーザ粒子で組織画像を鮮明にする

December, 1, 2016, Cambridge--

MIT、ハーバード大学、マサチューセッツ総合病院(MGH)の研究チームが開発した新しいイメージング技術は、深部組織の細胞構造、その他の高密度および不透明材料の照射を目標にしている。この方法では、材料内在の微小粒子を使い、 […]

全文を読む

染色体の半分がDNAであることが判明

November, 30, 2016, Edinburgh--

エディンバラ大学の研究チームの研究により、DNAは染色体内部の物質の半分程度を構成することが分かった。これは、以前に考えられていたよりもはるかに少ない。  研究チームによると、その構造の最大47%が遺伝物質を取り囲む不思 […]

全文を読む

赤色光で遺伝子を発現させる人工光センサを開発

November, 29, 2016, 東京--

東京農工大学 大学院工学研究院 生命機能科学部門・グローバルイノベーション研究機構の早出広司教授と同大学 中島 満晴研究生は、シアノバクテリア由来の光センサたんぱく質を改造することにより、赤色光で遺伝子発現を誘導する「人 […]

全文を読む

ライス大学、オープンソース光遺伝学ハードウエア/ソフトウエアを開発

November, 28, 2016, Houston--

ライス大学(Rice University)バイオエンジニアリング院生、Karl Gerhardtの研究チームは、初のローコストで、使いやすい光遺伝学ハードウエアプラットフォームを作製した。これにより、工学やソフトウエア […]

全文を読む

LEDライトは他の照明よりも引き寄せる昆虫の数が少ない

November, 22, 2016, Bristol--

ブリストル大学(University of Bristol)の研究者による新しい研究で、家庭用LED照明は従来の白熱電球よりもヌカカなどの有害昆虫をあまり引き寄せないことが分かった。  研究チームは現在、病気を運ぶ他の熱 […]

全文を読む

光線療法でミツバチを有害農薬から救う

November, 21, 2016, London--

ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)の研究によると、ミツバチに光線療法処置することでネオニコチノイド系農薬の有害な影響に対抗し、毒に侵されたミツバチの生存率を高めることができる。  UCL眼科研究所Glen Jeff […]

全文を読む

ライトシート顕微鏡、自動的に画像品質最適化

November, 9, 2016, Ashburn/Dresden--

マックスプランク分子細胞生物学・遺伝学研究所(CBG)の研究チームは、大きな生命体の適応ライブイメージング用にソフトウエアとハードウエアの組み合わせを開発している。  ライトシート顕微鏡は、生命体全体の発展や機能のイメー […]

全文を読む

眼球視細胞のディスク・シェディングプロセスをイメージング

November, 8, 2016, Washington--

捕らえにくい眼の生体サイクル、視細胞先端の日々の廃棄と再生が人の生体眼細胞で初めて画像化された。  光受容体は、視覚が始まる感光性細胞。眼の内部構造のこのような瞥見は、加齢による黄斑変性や網膜色素変性など光受容体に影響を […]

全文を読む

LZH、バイオハイブリッド心臓ペースメーカーを開発

November, 2, 2016, Hannover--

共同プロジェクトBioPACEで、レーザツェントルム・ハノーバe.V.(LZH)は、パートナー4社と協力してバイオハイブリッド心臓ペースメーカーを開発する。この新しいアプローチの目標は、心筋と他の一連の筋肉をターゲットに […]

全文を読む

生物発光センサで脳細胞を光らせる

November, 1, 2016, Nashville--

新しい種類の生物発光センサにより個々の脳細胞は蛍と同じように見え、暗闇でも光る。  バンダービルト大学(Vanderbilt University)の研究チームが開発したプローブは、遺伝子操作された発光酵素の形体であり、 […]

全文を読む

初期緑内障発見にOCT-A技術を利用

November, 1, 2016, NY--

この種の研究で初めてマウントサイナイ(マウントサイナイ医科大学、耳鼻咽喉科)の研究チームは、最適なOCT血管造影法(OCT-A)を用いて初期の緑内障を観察し、患者の血管パターンに基づいて緑内障の異なる形の特徴パターンを特 […]

全文を読む

脳の神経回路の活動をリアルタイムで見るイメージング法を開発

October, 27, 2016, München--

ヘルムホルツセンタ・ミュンヘン(Helmholtz Zentrum München)とミュンヘン工科大学(Technical University of Munich)は、新しいイメージング法をLight: Scienc […]

全文を読む

ホログラフィックイメージングとディープラーニングでマラリア診断

October, 26, 2016, Durham--

デューク大学の研究チームは、臨床的に意義がある精度でマラリアを自主的、迅速に診断するコンピュータ方式を考案した。  2015年だけでマラリア患者は2億1400万人、死亡者は推定で438,000人。西欧医学は、ほぼ完ぺきな […]

全文を読む

MIT、生体適合ハイドロゲル光ファイバを開発

October, 25, 2016, Cambridge--

MITとハーバード大学医学大学院(Harvard Medical School)の研究グループは、生体適合、伸縮自在ハイドロゲル光ファイバを開発した。曲げることができるこのファイバは、いずれ体内にインプラントして、治療の […]

全文を読む

スマートフォンでガン検出、マルチチャネル光バイオセンサ

October, 24, 2016, Pullman--

ワシントン州立大学(WSU)の研究チームは、一度に数個のサンプルを分析してガンバイオマーカーを検出できるスマートフォンベースのローコスト、ポータブルラボを開発した。検出結果はラボ品質である。  WSUの研究チームは、ヒト […]

全文を読む

初期認知症診断に爆発物検出技術が利用可能

October, 20, 2016, Adelaide--

簡易爆発物(IED)検出技術が、認知症に関連する血流内のビタミン特定に利用できるようになる。アデレード大学(University of Adelaide)の研究チームは、2014年にIED検出法を開発した。これは爆発物残 […]

全文を読む

UW-Madison 、透明グラフェンセンサの製造工程を明かす

October, 19, 2016, Madison--

ウィスコンシン大学マジソン校(University of Wisconsin-Madison)の研究グループは、トランスペアレントなグラフェン神経電極アレイの作り方と利用法の詳細を明らかにした。  研究グループが脳のイメ […]

全文を読む

UT、乳がん診察用イメージングデバイス開発に500万ユーロプロジェクト

October, 12, 2016, Enschede--

トゥエンテ大学(University of Twente)が主導する大規模ヨーロッパコンソーシアムは500万ユーロを超える助成金を主にEUから受け取り、乳がん診断用の新しいイメージング機器を開発する。  デバイスのプロト […]

全文を読む

乳がん手術中に悪性組織を発見する新たなイメージングツール

October, 12, 2016, Washington--

マモグラフィ技術の開発が早期乳がんの検出を支援する。その結果、全胸部切除が不要になることがあり、広範囲局所切除、乳房から腫瘍の塊を除去する乳房温存手術の傾向が強まっている。こうした手術では、医師は腫瘍が再発しないように「 […]

全文を読む

チューナブルオプティクスに光流体プラットフォームを使用

October, 11, 2016, Santa Cruz--

電気技術者、Holger Schmidtは、10年以上前から、集積チップベースのプラットフォームでサンプルの光学的解析用デバイスを開発してきた。アプリケーションは、生物学センサ、ウイルス検出、化学分析。同氏のラボからの最 […]

全文を読む

「光熱効果」を利用して生きた細胞を見るイメージング

October, 6, 2016, West Lafayette--

新しいタイプのイメージング技術が、生きた細胞や生命体を可視化するために使うのはスペクトルの中赤外部分と「熱レンズ」。これは、薬剤送達やガンの処置を見ることができるイノベーション。  赤外分光イメージングは、研究や乾いた組 […]

全文を読む

回転グレーティング・マイクロ内視鏡で焦点ズレ光を除去

October, 5, 2016, Houston--

ライス大学(Rice University)の研究チームは、先進的な侵襲性の少ない光ファイバ顕微鏡に焦点ズレをなくす回転グレーティングを加えた。内視鏡は手術に先立って、腫瘍学者や外科医が、ガン腫瘍を拡大して見るために用い […]

全文を読む

PTSD治療に光を使うコンセプトを実証

September, 30, 2016, Arlington--

テキサス大学バイオエンジニア研究チームは、心的外傷ストレス障害(PTSD)や脳疾患のある退役軍人に対する近赤外(NIR)光照射効果を長年研究した後、脳疾患の効果的な長期治療に関する画期的な研究成果をScientific […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。