All about Photonics

Science/Research

実物そっくりの人工器官モデルを3Dプリント

December, 27, 2017, Minnesota--

ミネソタ大学がリードする研究チームは、実物そっくりの人工器官モデルを3Dプリントした。これは正確に解剖学的構造、機械的特性を真似たもので、見ても触っても実際の器官のようである。この特定患者向け器官モデルには、ソフトセンサ […]

全文を読む

光遺伝学研究を促進する画期的な顕微鏡

December, 22, 2017, Washington--

新開発の顕微鏡によって、研究者は非常に強力なツールが使えるようになり、癲癇やアルツハイマー病がニューロン伝達にどのように影響するかを研究することができる。  新しい顕微鏡は、光遺伝学技術を使って機能するように最適化されて […]

全文を読む

3Dプリントマイクロファイバで生体組織成長のための構造骨組作製法

December, 20, 2017, University Park--

ペンシルバニア州立大学(Pennsylvania State University)の研究者は、市販の3Dプリンターを使って生体組織を成長させるための構造骨組を造る方法を考案した。  生体医療工学准教授、Justin L […]

全文を読む

インクジェット3Dプリンターで多種細胞を多色造形

December, 19, 2017, 大阪--

大阪大学大学院基礎工学研究科の境慎司教授、田谷正仁教授、富山大学理工学研究部の中村真人教授らの研究グループは、世界で初めて、インクジェット式のバイオ3Dプリンターで、さまざまな細胞を含む、厚みのある3次元構造物を造形可能 […]

全文を読む

生細胞をかつてないほど詳細に見ることができるハイパーレンズ結晶

December, 19, 2017, Nashville--

ヴァンダービルト大学(Vanderbilt University)機械工学准教授、Joshua Caldwellをリーダーとする研究チームは、生きた細胞表面の微小ウイルスサイズの特徴を自然環境で見ることができる強力な光学 […]

全文を読む

3Dプリント・ミニファクトリ

December, 11, 2017, Zurich--

ETH研究チームは、生きたバクテリアを使って3Dプリンティング用に生体適合インクを開発した。これにより、有害な物質を分解でき、生体医用アプリケーション向けに高純度セルロースを製造できる生物材料の作製が可能になる。  いず […]

全文を読む

超音波イメージング針で心臓外科手術が変わる

December, 7, 2017, London--

ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)とクイーンメアリ・ロンドン大学(QMUL)の研究チームが開発した新しい光超音波ニードルを使い、キーホール手術中に心臓組織がリアルタイムでイメージングできるようになった。  その画期 […]

全文を読む

“イメージセンサ先端搭載 次世代血管内視鏡カテーテル”を開発

December, 6, 2017, 大阪--

大阪大学とパナソニックは、2013年より産学医工連携による血管内観察用医療機器の開発に着手し、直径1.8㎜でありながら約48万画素相当の高画質で血管内における前方視を可能にする、世界初の“イメージセンサ先端搭載型血管内視 […]

全文を読む

超解像度光音響イメージングで血管を見る

December, 5, 2017, Washington--

解能を著しく改善する光音響イメージングアプローチが報告されている。これは組織深部の詳細な体内イメージングに発展する。この技術はコンピュータによる改善に基づいており、したがって既存のハードウエアで実行可能である。研究や診断 […]

全文を読む

組織深部のカルシウム濃度を計測するセンサ

December, 4, 2017, Munich--

身体の重要プロセスは細胞内および細胞周辺のカルシウム濃度によってコントロールされている。ミュンヘン工科大学(TUM)とヘルムホルツ研究センターミュンヘン(Helmholtz Zentrum München)の研究チームは […]

全文を読む

AMCとLioniX International、OCTモジュール開発で提携

December, 4, 2017, Amsterdam--

LioniX International(LXI)とアムステル大学(University of Amsterdam)のAcademic Medical Center(AMC)は、光集積回路(PIC)ベースOCTモジュール […]

全文を読む

細胞レベル以下でアルツハイマー病の進行が分かるイメージング技術

November, 30, 2017, Enschede--

トゥエンテ大学(University of Twente)の研究チームは、ラマン光技術を使い、アルツハイマー病の影響を受けた組織の画像を生成することかできるようになった。画像には周辺領域が含まれており、すでに変化がみられ […]

全文を読む

次世代光遺伝学分子、シングルニューロンを制御

November, 24, 2017, Cambridge--

MITとパリデカルト大学(Paris Descartes University)の研究チームは、新しい光遺伝学技術を開発した。  これは、改良した感光性分子を持つ個々の細胞を標的にするように光を変える。目的は、個別ニュー […]

全文を読む

ブルーLEDにより放射性同位元素追跡を促進

November, 24, 2017, Princeton--

放射線は不当な非難を受けているかもしれないが、医学研究では極めて重要な役割を果たしている。プリンストン大学化学教授、David MacMillanが開発した放射性分子を作る画期的な新技術により、患者は以前よりもかなり早く […]

全文を読む

ミラーイメージ、生物検体の画像品質向上

November, 24, 2017, Ness Ziona--

国立衛生研究所(NIH)とシカゴ大学の研究チームは、従来のガラスカバースリップから反射型ミラーカバースリップに換え、結果として得られたデータを処理する新しいコンピュータルゴリズムを提供することで、光学顕微鏡のスピード、解 […]

全文を読む

コヒレント制御の超短パルスでニューロンの活動をコントロール

November, 22, 2017, Champaign--

イリノイ大学で行われた新研究によると、特殊調整された超高速光パルスがニューロンの発火を引き起こすことができる。いずれ、光に敏感な概日リズムあるいは気分の問題をかかえる患者に役立つ。  化学者は、化学反応を調整するために、 […]

全文を読む

Gooch & Housego、早期ガン検出FP7プロジェクトMINERVA 完了

November, 20, 2017, Ness Ziona--

G&Hは、MINERVA (MId- to NEaR infrared spectroscopy for improVed medical diAgnostics)完了を発表した。  MINERVAは、第7フレ […]

全文を読む

生体分子と細胞の光ベース分類で迅速個別治療選択

November, 15, 2017, Aachen--

血中を循環する生体分子と細胞には診断情報がある、その分析は非常に効果的であり、個別治療を可能にする。この情報を取り出すためにフラウンホーファーILTの研究チームはマイクロチップベースのデバイスを開発した。「AnaLigh […]

全文を読む

Empa、新生児黄疸治療に光ファイバ照射パジャマを開発

November, 8, 2017, Zurich--

誕生後黄疸に罹っている赤ん坊は、短波光で治療される。スイス連邦材料試験研究所(Empa)の研究チームは、保育器での治療を置き換える光照射パジャマを開発した。新生児は、母親の腕の中で温かく幸せな気持ちで健康を回復することが […]

全文を読む

新イメージングアプローチでアルツハイマーマウスの脳全体の変化を明らかに

November, 6, 2017, Washington--

推定550万人のアメリカ人がアルツハイマー病に罹って生活している。アルツハイマー病は、記憶、思考、行動に問題を起こす痴呆症タイプの一つ。処置は兆候の悪化を遅らせることはできるが、治療薬や予防薬が開発できるように研究者は今 […]

全文を読む

3Dプリンティングと再生医療でブレイクスルー

November, 2, 2017, Wuhan--

華中科技大学(HUST)先端バイオマテリアル&組織工学センターが開発した3Dプリントバイオマテリアルを使うことで、骨軟骨欠損再生における最新の進歩がBiomaterials誌に発表された。  研究成果は次の3点 […]

全文を読む

フランス監督官庁ANSM、高度なドライAMDの実現可能性研究を承認

October, 30, 2017, Paris--

Pixium Visionは、同社の次世代微小ワイヤレス網膜下インプラント、PRIMAがフランスの監督官庁Agence Nationale de Sécurité du Médicament et des Produit […]

全文を読む

UNH研究者、薬剤輸送改善につながる新コンセプトを開発

October, 24, 2017, Durham--

イカやタコなど、頭足動物の変色メカニズムからヒントを得て、ニューハンプシャー大学(University of New Hampshire)の研究チームは、独自の連続的細胞オープニング機構の設計を考案した。これの潜在的なア […]

全文を読む

新生児の脳イメージングシステム開発にNIHが助成金

October, 24, 2017, Arlington--

テキサス大学アーリントン(University of Texas at Arlington)生体工学教授とそのチームは、ポータブル脳イメージングシステムと新生児向けの先進的信号処理技術を統合する。これにより、赤ん坊の神経 […]

全文を読む

シャコからヒントを得たカメラにより隠れた世界が明らかに

October, 20, 2017, Champaign--

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(The University of Illinois at Urbana–Champaign)の研究チームは、シャコの目を模倣することで、色と偏光の両方をセンシングできる超高感度カメ […]

全文を読む

超音波と光を使う新しいイメージングカテーテルでプラーク診断

October, 19, 2017, Davis--

UC DavisのLaura Marcu生体化学工学研究室は、血管内超音波法(IVUS)と蛍光寿命イメージング(FLIm)を単一のカテーテルプローブに初めて統合し、生きた心臓の微細動脈を撮像できるようにした。新しいカテー […]

全文を読む

ISCO、3Dバイオプリント肝臓組織でブレイクスルー

October, 13, 2017, Carlsbad--

カリフォルニアの臨床病期バイオテクノロジー会社、インターナショナルステムセルコーポレーション(ISCO)は、肝臓組織の3Dバイオプリンティングで大きく前進したと発表した。同社は、新しい幹細胞ベースの治療および生体医療製品 […]

全文を読む

3Dプリント薬剤が薬学を蘇らせる

October, 11, 2017, Ann Arbor--

多様な表面に混じりけのない、正確な用量の薬品をプリントできる技術は、いずれ、薬局、病院や他の場所で、特別服用薬剤を現場プリンティングを可能にする。  ミシガン大学(University of Michigan)で開発され […]

全文を読む

過冷却シングルフォトンディテクタ、ガン治療応用の可能性

October, 6, 2017, Glasgow--

宇宙天文学のために開発された新しいコンパクトな冷却技術により、先進的超伝導ディテクタがガン治療、無人自動車、実用的量子通信への利用に道を開く可能性がある。  Superconductor and Technology誌に […]

全文を読む

VTT、創部ケアと装飾用に3Dプリンティング材料を開発

September, 22, 2017, Espoo--

セルロースナノファイブリルは、バイオベース3Dプリンティングペーストの特性を改善できる特性を持つ。  フィンランドのVTT Technical Research Centreは、病院での看護で傷の状況をモニタリングするた […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。