All about Photonics

Science/Research

3Dプリントした4億年前の魚の化石で人間への進化的関連が明らかに

August, 18, 2017, Canberra--

4億年前の魚の化石を研究したオーストラリア国立大学(ANU)のチームは、進化系統の一部をなす顎の構造が人と関連があることを発見した。  化石は、キャンベラの北西50km、Lake Burrinjuck付近の古代石灰石から […]

全文を読む

オックスフォード大学、生体組織を3Dプリントする新方法を開発

August, 18, 2017, Oxford--

オックスフォード大学の研究チームは、実験室生成の細胞を3Dプリントして生体組織を造る新しい方法を開発した。  研究チームによると、そのアプローチは再生医療を変革する可能性がある。身体の病気、損傷を受けた部分をサポート、修 […]

全文を読む

ブリガムヤング大学、マイクロ流体lab on a chipを3Dプリント

August, 17, 2017, Provo--

ブリガムヤング大学(BYU)の研究チームは、100µm以下のサイズで効果的に使えるマイクロ流体デバイスを3Dプリントした最初のチームである。マイクロ流体デバイスは微小なチップで、血液のようなサンプルの病気バイオマーカー、 […]

全文を読む

3Dプリンティングを使って心伝導系を可視化

August, 15, 2017, Liverpool--

リバプールジョンムーア大学(LJMU)、マンチェスター大学、オーフス大学、ニューキャスル大学の研究チームは、心伝導系、心臓を鼓動させる特別な細胞を前例なく詳細に示す3Dデータを生成する方法を開発した。研究成果は、Scie […]

全文を読む

大阪大学、「切らない組織診断」でリアルタイムにガンを診断

August, 10, 2017, 大阪--

大阪大学大学院医学系研究科の松井崇浩特任助教、石井優教授(免疫細胞生物学)、森正樹教授(消化器外科学)らの研究グループは、固定、染色などの工程を行わずに、生きた組織のまま大腸の深部まで迅速に観察でき、大腸がんをリアルタイ […]

全文を読む

トゥエンテ大学、ガンと闘う世界最小3Dプリントロボット

August, 8, 2017, Enschede--

開発されたロボット、Stormram 4は、3Dプリントされたプラスチックでできており、空気圧で駆動する。プラスチックの利点は、ロボットがMRIスキャナで使えることである。MRIで乳がんをスキャンしている間に生検を行うこ […]

全文を読む

理研、X線自由電子レーザの創薬利用が前進

August, 2, 2017, 和光--

理化学研究所(理研)放射光科学総合研究センターの内藤久志先任研究員と国島直樹グループダイレクターらと高輝度光科学研究センター(JASRI)の共同研究グループは、X線自由電子レーザ(XFEL)施設「SACLA[2]」を用い […]

全文を読む

QUT、乳がんの救命治療に役立つ3Dプリンティング

August, 1, 2017, Brisbane--

クイーンズランド工学大学(QUT)名誉教授、Dietmar W Hutmacherは、再生と化学療法を統合する個別化医療研究を主導している。  Advance Queensland助成金を受けて同教授は、学際的チームを指 […]

全文を読む

オーストラリアの研究者、多能性幹細胞を3Dプリント

July, 28, 2017, Wollongong--

ARC Centre of Excellence for Electromaterials Science(ACES)に本部があるウーロンゴン大学University of Wollongongの研究チームは、カスタム開 […]

全文を読む

UBC、3Dプリント水質センサをテスト

July, 21, 2017, Okanagan--

ブリティッシュコロンビア大学(UBC)オカナガンキャンパスの研究チームは、3Dプリンターを使って作製する小型デバイスを設計した。これはリアルタイムで飲料水の品質をモニタし、水媒介の病気予防に役立つ。  工学部ダイレクター […]

全文を読む

ライス大学、3Dバイオプリンティングへ向けて前進

July, 19, 2017, Houston--

ライス大学(Rice University)とベイラー医科大学(Baylor College of Medicine)の生体工学研究チームは、3Dプリンティング移植可能な組織と器官を目指す研究で、機能する毛細血管をもつイ […]

全文を読む

バース大学、アフリカ農村地域向けに3Dプリント水処理システムを設計

July, 19, 2017, Bath--

バース大学の学際的研究プロジェクトで、効率的、ポータブル、ローコストの汚染飲料水用継続的処理システムを開発途上国の貧困農村地域向けに開発しようとしている。  研究チームは、集中上水道が利用できない貧困農村地域向けに安全で […]

全文を読む

ETH、鼓動するシリコーン心臓を3Dプリンティングで作製

July, 18, 2017, Zurich--

機能材料研究所のチューリッヒ工科大学(ETH)研究チームは、人の心臓とほぼ同じように鼓動するシリコーン心臓を開発した。チューリッヒ製品開発グループの研究チームと協力して、その心臓の動作をテストした。  シリコーン人工心臓 […]

全文を読む

3Dスキャンで、植物と人の脳との成長パターン類似が明らかに

July, 10, 2017, La Jolla--

Salkの研究者によると、植物と脳は予想以上に似ている。研究チームは、植物の成長の仕方を支配する数学的な法則が、脳が接続を生じさせる仕方と似ていることを発見した。Current Biologyに発表された研究は、植物の3 […]

全文を読む

心臓弁置換で患者固有の3Dプリントモデルが患者予後を改善する

July, 7, 2017, Atlanta--

最先端の3Dプリンターで作製した心臓弁モデルなら、すぐにも救命心臓弁置換に備える心臓専門医を支援できる。  ジョージア工科大学(Georgia Institute of Technology)とPiedmont Hear […]

全文を読む

3Dプリントパッチを心臓修復に利用

July, 6, 2017, Minneapolis--

ミネソタ大学医用生体工学の研究チームは、心臓発作の後の傷ついた心臓組織の治療に役立つ画期的な3Dバイオプリントパッチを作製した。この開発は、心臓発作後、組織損傷を持つ患者の処置に向けた大きな前進である。  米国心臓協会に […]

全文を読む

3Dプリント「生体工学スキン」でロボットに触覚

July, 5, 2017, Minneapolis--

ミネソタ大学(University of Minnecota)の研究チームは、3Dプリンティング伸縮自在電子センサデバイスの画期的なプロセスを開発した。このようなデバイスは、ロボットに周囲の状況を感じる能力を与えることに […]

全文を読む

ITI 、Horizon 2020研究プロジェクトSymbionicaに参加

July, 5, 2017, Milford--

International TechneGroup Limited (ITI)は、European Horizon 2020研究プロジェクトSymbionicaへの参加を発表した。同プロジェクトの目的は、最先端の積層造形 […]

全文を読む

3Dプリント生体構造モデル利用により臨床試験の効率と結果を改善

July, 3, 2017, Plymouth--

心臓血管医療機器開発者や臨床医は、患者全体に安全で効果的な処置を保証するために機器や処置の臨床試験を必要とすることがある。多くのUSの医療専門家がMaterialiseと提携して同社の3Dプリンティングソフトウエアとサー […]

全文を読む

脳全体を高速・制裁に観察できる新技術を開発

June, 23, 2017, 大阪--

大阪大学大学院薬学研究科の橋本均教授、笠井淳司助教、未来戦略機構の勢力薫特任助教(薬学研究科招へい教員)らの研究グループは、脳の細胞や神経繊維レベルの微細な構造を識別できる分解能で、マウスや非ヒト霊長類の脳全体を高速に観 […]

全文を読む

ノートルダム大学、光を使って蚊を操作

June, 23, 2017, Notre Dame--

ノートルダム大学(University of Notre Dame)の研究チームは、10分間光を照射するだけで夜ハマダラ蚊に刺されることを抑制し、蚊の飛翔行動を操作できることを発見した。ハマダラ蚊は、アフリカでは、マラリ […]

全文を読む

メタマテリアルで増強されたイメージング技術の試験成功

June, 23, 2017, St. Petersburg/Leiden--

オランダとロシアの研究チームが、被験者に対するMRIスキャナの局所感度を向上させる新しいメタサーフェスベースの技術を初めて開発した。  メタサーフェスは、周期的に整列された薄い共鳴ストリップでできている。患者の頭の下に置 […]

全文を読む

数世代にわたり個々の細胞にレーザでタグ付け

June, 20, 2017, St. Andrews--

セント・アンドルーズ大学(University of St Andrews)、Marcel Schubert、Malte C. Gatherによると、細胞に導入された蛍光プラスチックビーズはマイクロレーザとして機能する。 […]

全文を読む

MRIと光学顕微鏡の組合せが脳の研究に有望

June, 12, 2017, West Lafayette--

パデュー大学(Purdue University)の研究チームによると、機能磁気共鳴映像法(f-MRI)は、脳の様々な部分の血中酸素レベルの変化を明らかにするが、そのデータは、脳細胞内および脳細胞間で実際に起こっているこ […]

全文を読む

ハンドヘルドスキャナで乾癬患者の脈管化が明らかに

June, 7, 2017, Munich--

新開発の組織スキャナにより、乾癬患者の皮下を見ることができるようになっている。これにより臨床的に意義のある情報が、造影剤や放射線照射なしで得られる、例えば表面薄層の構造や血管などの情報である。ヘルムホルツ・ツェントルムミ […]

全文を読む

手磨き技術を超える液浸顕微鏡用メタレンズ

June, 5, 2017, Cambridge--

工学・応用物理学ハーバードJohn A. Paulson校(SEAS)の研究チームは、液浸顕微鏡向けに初のフラットレンズを開発した。このレンズは、どんな液体向けにも設計できるものであり、コスト効果が高く、造りやすい。高価 […]

全文を読む

乳癌手術の繰り返しを減らす顕微鏡技術

May, 31, 2017, Pasadena--

CaltechのLihong Wangをリーダーとする光イメージング研究所のエンジニアは、外科医による乳がんのしこり除去に役立ち、腫瘍全体を除去したと確信できるイメージング技術を開発した。これにより追加の手術の必要性が減 […]

全文を読む

世界最軽量「手のひらサイズ582g」医療用ガンマ線可視化カメラ開発

May, 30, 2017, 東京--

早稲田大学理工学術院の片岡淳教授らの研究チームは、大阪大学、量子科学技術研究開発機構、浜松ホトニクス株式会社と共同で、ガンマ線を可視化する世界最軽量の小型カメラ(重量580グラム)を開発した。さらにこのカメラを用いて、3 […]

全文を読む

涙一滴を使って痛風診断ストリップ

May, 30, 2017, Seoul--

これまでにない、一滴の涙を使った痛風患者の診断ストリップをKAIST研究チームが発表した。この技術は、涙の生体分子を分析し非侵襲的に診断する。従来必要とされていた診断よりも大幅な時間と費用の節約になる。  バイオ/脳工学 […]

全文を読む

超解像度顕微鏡で細胞と薬剤耐性細菌との闘いを明らかに

May, 29, 2017, Frankfurt--

ゲーテ大学フランクフルト(Goethe University Frankfurt)のIvan Dikic と Mike Heilemannの研究チームは、新しい抗生物質治療につながる可能性がある炎症シグナリングプラットフ […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。