All about Photonics

Science/Research

デュアルモード内視鏡、前例のない子宮の健全性洞察性能

April, 13, 2022, Washington/Shenzhen--

中国科学院深圳理工大学(Shenzhen Institutes of Advanced Technology)の研究者は、超音波とOCTを統合した新しい内視鏡を開発した。これにより、子宮内膜の構造的特徴をかつてないほど詳 […]

全文を読む

生細胞の内部をナノレベルで直接観察できる 原子間力顕微鏡技術を開発

April, 7, 2022, 金沢--

金沢大学ナノ生命科学研究所の福間剛士教授と,マルコス・ペネド特任助教(研究当時),産業技術総合研究所との共同研究グループは,生きた細胞の内部においてナノスケールの構造やその動きを直接観察できる原子間力顕微鏡(AFM)技術 […]

全文を読む

マウスの脳深部に届くヘッドマウント顕微鏡

April, 4, 2022, Washington--

コロラド大学(University of Colorado Boulder)の研究チームは、生きたマウスの脳内部の高解像度3D画像のために設計された微小顕微鏡を開発した。小型広視野顕微鏡で以前に可能だったよりも深く脳をイ […]

全文を読む

UBC研究者、精巣細胞の3Dプリント法を発見

April, 1, 2022, Vancouver--

ブリティッシュコロンビア大学(UBC)研究者は、人の精巣細胞を3Dプリントし、精子生産能力の有望な早期兆候を確認した。 UBC泌尿器学准教授、Dr Ryan Flanniganをリーダーとする研究チームは、その技術がいず […]

全文を読む

KTH研究者、生きたマウスの肺疾患の鮮明画像

March, 29, 2022, Stockholm--

スウェーデン王立工科大学(KTH)の研究者は、X線イメージングでは初めて、人工呼吸を利用することなしに、自由に呼吸しているマウスの肺の高解像度、3D画像を生成した。KTHで開発されたその技術は、人工呼吸利用によるマウスの […]

全文を読む

糖尿病治療に役立つ革新的バイオエンジニアで作製された小球

March, 25, 2022, Barcelona--

IBECの研究者は、IDIBAPSと協働で、血糖値の変動に、また体外のインスリン生産に反応できる非毒性小球を開発した。膵臓β細胞を含むこれら生体模倣スフェロイドは、3Dバイオプリンティングに基づいて作製された。このアプロ […]

全文を読む

乳ガンイメージングを改善するディープラーニング

March, 25, 2022, Hanover--

ダートマス大学(Dartmouth college)の研究者は、乳ガン検出改善に貢献する新しい画像再建アプローチを開発した。ディープラーニング(DL)アルゴリズムが、画像のリアルタイムリカバリを可能にすることでマルチモー […]

全文を読む

薄くて曲げられる多点micro-LEDアレイ極薄フィルムで脳に光照射

March, 22, 2022, 豊橋--

豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学系の関口寛人准教授と獨協医科大学 先端医科学統合研究施設 大川宜昭准教授、沖縄科学技術大学院大学 知覚と行動の神経科学ユニット 福永泉美准教授らは、脳を覆うように柔軟に取り付けができ、 […]

全文を読む

ストラスクライド大学、3Dプリンティングで次世代音響システムを開発

March, 15, 2022, Glasgow--

ストラスクライド大学(University of Strathclyde)をリーダーとする研究チームによって、音響システムを微小化する革新的技術が開発される。 3Dプリンティング、音響メタマテリアル形式の新しい科学の出現 […]

全文を読む

DLベース顕微鏡、外因性ラベリング剤なしで分子イメージング

March, 8, 2022, Seoul--

KAIST研究チームは、多重蛍光イメージングにおけるラベルフリー生細胞のダイナミクスを観察する3Dマイクロトモグラフィをアップグレードした。AI活用3Dホロトモグラフィ顕微鏡は、ラベルなしの生物細胞から様々な分子情報をリ […]

全文を読む

MIT、より高感度なX線イメージング

March, 4, 2022, Cambridge--

X線を光に変換する材料の改善で、医療あるいは産業用画像で、10倍の信号強化が可能になる。 シンチレータは、高エネルギー粒子、つまりX線を当てると光を放出する材料。医療、歯科X線システムでは、シンチレータは、入射X線放射を […]

全文を読む

京都大学、眼の光センサタンパク質を眼以外でも活用

March, 3, 2022, 京都--

京都大学、山下高廣 理学研究科講師、酒井佳寿美 同研究員、七田芳則 名誉教授(立命館大学客員教授)、今元泰 同准教授の研究グループは、眼の光センサタンパク質を改変して、多くの細胞で重要な働きをするcAMP(環状アデノシン […]

全文を読む

微小、再利用可能センシングチップ、新しいPOC医療テスト

February, 22, 2022, Buffalo--

家庭の血糖測定器からCOVID-19迅速テストまで、POCテストの普及が、医療ケアを促進し、改善している。  しかし、これらの製品の成長を後押しするセンシング技術の継続的アップグレードは、ますます困難になりつつある。 例 […]

全文を読む

光で狙った細胞を死滅させる新技術の開発

February, 21, 2022, 岡山--

岡山大学学術研究院医歯薬学域(薬)の須藤雄気教授、小島慧一助教、同薬学部の中尾新学部生の共同研究グループは、細胞をアルカリ化する光感受性タンパク質を用いることで、光で狙った細胞を選択的に死滅させる新技術の開発に成功した。 […]

全文を読む

黄斑変性症患者研究、インプラントチップ、自然の視力が視覚を調整

February, 17, 2022, Stanford--

スタンフォード大学の研究チームは、目にチップを取り付けた患者が、チップが「見る」モノと自然の周辺視覚が検出するものとを統合できることを示している。 2年前、スタンフォードの研究チームは、薄いピクセルチップと特殊設計のメガ […]

全文を読む

股関節がプリンタから出力される

February, 15, 2022, Dresden--

ハイテク義歯、自律的に身体の炎症反応を検出する人工関節、あるいは個々人に最適化された車椅子。ドイツ-ポーランドFraunhofer-Gesellschaft High-Performance Centerは、医療技術で、 […]

全文を読む

Colgate、ブレインマッピングを解明

February, 15, 2022, New York--

Colgate University心理学、神経化学教授、Bruce C. Hansenは、ヒトの脳の複雑な内部構造の解明に駆り立てられている。それは、単なる科学的好奇心を超えるものである。 Hansenは、「それは、わ […]

全文を読む

lab-on-a-chipシステム、プロトタイプから量産へ

February, 10, 2022, Dresden--

SIMPLE-IVD研究プロジェクトでは、Fraunhofer材料とビーム技術研究所IWSの研究者は、パートナーと共に、迅速テストカートリッジのコスト効率のよい製造に向けて新しい製造プロセスと方法に取り組んでいる。 la […]

全文を読む

新規光駆動型イオンチャネルの構造解明と高性能分子ツールの創出

February, 7, 2022, 東京/京都--

光遺伝学は特定の神経細胞の活動を「光」によって制御する革新的技術であり、今や神経科学において必須の技術となっている。光遺伝学には光受容たんぱく質であるチャネルロドプシンがツールとして利用されており、日々新規の光遺伝学ツー […]

全文を読む

KIST、医療ホログラムシステムを開発

February, 3, 2022, Seoul--

韓国科学技術研究院(KIST)は、Center for BiomaterialsのDr. Hyung-Seop Hanチームが開発した「医療ホログラム技術」をEan Solutionに技術移転すると発表した。 Cente […]

全文を読む

肝臓ガンを検出する光生検法を開発

January, 27, 2022, Oryol--

Orel State Universityの研究者は、ガン性と健康な肝臓組織を区別できる光生検システムを開発した。新技術により、肝臓ガンの診断が容易になる。肝臓ガンは、世界で6番目に多いガンである。 「器具は、現在肝臓生 […]

全文を読む

不可視を可視にする新しい微小センサ

January, 27, 2022, Eindhoven--

スマートフォンに収容可能な微小NIRセンサは,ミルクやプラスチックの化学物質含有量を分析できる。 TU/e研究グループは、新しい近赤外(NIR)センサを開発した。これは、簡単に作れ、サイズはスマートフォン内のセンサに匹敵 […]

全文を読む

ナノ粒子で危険なバクテリアを殺す技術を開発

January, 20, 2022, Southampton--

サウサンプトン大学の研究者は、防衛科学技術研究所(Dstl)と協働して、ヒト細胞内に潜む危険なバクテリアを殺すナノ粒子ベースの新技術を開発した。 バークホルデリアは、類鼻疽という致死性の病気の原因となる細菌族である。この […]

全文を読む

視力低下前に失明の前兆が特定できる

January, 19, 2022, Southampton--

サウサンプトン大学の新しい研究は、加齢黄斑変性症(AMD)が,以前に考えられていた、患者が視力を失い始めるよりも前に始まることを示した。研究成果は、早期処置の研究に扉を開き、発症の減速に役立つ。 サウサンプトン大学をリー […]

全文を読む

USC、細胞の電場を検出・変更するデバイスを開発

January, 19, 2022, Los Angels--

USC Viterbiの研究チームは、細胞の電場をセンシングし、変更することができる初のナノサイズ、分子デバイスを開発した。これは、基礎研究に新たな可能性を開く。 生体電気は、われわれの細胞を流れる電流であり、われわれが […]

全文を読む

女性の不妊/反復流産に役立つ新しいインプラント

January, 18, 2022, Southampton--

サウサンプトン大学の医師と研究者は、開発した新しいインプラントデバイスをテストしている。これは、妊娠に問題がある、あるいは反復的に流産する女性に役立てるために開発された。 生殖医学の専門家、Ying Cheong教授と、 […]

全文を読む

NIBB、光で狙いを定めて細胞の生み出す力を弱める技術を開発

January, 17, 2022, 岡崎--

基礎生物学研究所(NIBB)/生命創成探究センターの山本啓大学院生(総合研究大学院大学)、近藤洋平助教、青木一洋教授らは、同所属の高田慎治教授、基礎生物学研究所の上野直人教授、東京大学の澤井哲教授のグループとの共同研究に […]

全文を読む

TAU、脳腫瘍と闘う3Dプリンティング

January, 5, 2022, Tel Aviv--

テルアビブ大学(Tel Aviv University)の主要な開発により、致死性グリオブラストーマの新しい、改善された処置が可能になる。 テルアビブ大学の研究者は、生きた悪性腫瘍を真似る、この種のもので初のグリオブラス […]

全文を読む

ラマンスペクトル分析を標準化するプロトコル

January, 5, 2022, Jena--

光ベースの方法は、健康、環境、医療および安全の分野での問題分析に利用が増えている。特に、ラマン分光学は、このコンテクストでは最適方法である。  その開発は、近年、継続している。このプロセスで収集された計測データは、複雑で […]

全文を読む

Leibniz Ipht、光ファイバで高解像度3Dイメージング

December, 27, 2021, Jena--

1本のMMFでほぼビデオレートの3Dイメージングを可能にする内視鏡が開発された。将来、その技術は、産業検査から環境モニタリングまで、あらゆるものに使用でき、医療イメージングを変革する可能性がある。  同システムを開発した […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。