All about Photonics

Science/Research

記録的な高効率でUVスペクトルレーザパルス生成

March, 1, 2017, Warsaw--

ワルシャワ大学物理学部(Faculty of Physics at the University of Warsaw)の研究グループは、UVスペクトルでフェムト秒レーザパルスを生成する微小トライブラーデバイスの開発を報告 […]

全文を読む

ナノ粒子が製造工程の溶融と固化を改善

January, 26, 2017, Los Angels--

製造改善につながる進歩で、UCLAの研究チームの新しい成果によると、ナノ粒子を溶融過程中の金属に加えることで溶融制御が改善されることが示された。  金属の溶融と固化は、溶接や3Dプリンティングでも使用される重要な製造プロ […]

全文を読む

ディスラプティブ3Dプリント工程で低燃費車製造を後押し

January, 25, 2017, Nottingham--

ノッティンガム大学(University of Nottingham)の研究グループは、新しい積層造形(AḾ)プロセスを使って軽量な自動車用コンポーネントを開発している。狙いは、ノイズとCO2排出を削減しながら自動車の燃 […]

全文を読む

繊維強化プラスチックの効率的欠陥修復

January, 16, 2017, Hannover--

繊維強化プラスチック(FRP)は、航空産業や自動車産業で頻繁に使用されている。しかしこれらの複合材料で造られた部品の修復は、部品取替えと比べてメリットがないことが多い。FRP部品の寿命を延ばすために、またそれらの環境効率 […]

全文を読む

3D製造システムを危険にさらすサイバーアタック

November, 11, 2016, Negev--

3大学の研究チームが、3D積層造形(AḾ)システムへの初の完全破壊(サボタージュ)攻撃のデモンストレーションを行い、サイバー攻撃と悪意のある設計図操作でデバイスや機器の製造がどのように致命的な損害を受けるかを示した。   […]

全文を読む

ダイナミックビームシェイピングで切断品質向上

October, 31, 2016, Dresden--

フラウンホーファーIWSは、切断品質向上となるような、レーザビーム溶融切断プロセス最適化のための画期的なソリューションに取り組んでいる。こうすることで、切断市場で固体レーザが万能レーザビーム光源としての主導的地位を拡大で […]

全文を読む

レーザでマイクロストラクチャをエッチング

October, 28, 2016, Aachen--

ドイツの研究チームは、超高速レーザを使ってガラスに微細構造を彫り込む方法を研究している。見込みのあるアプリケーションは分析(ラボオンチップ)、特にエレクトロニクスやコンシューマ分野にある。  この新しい方法は、予期しない […]

全文を読む

3Dプリントされた構造がその形状を「記憶」

September, 6, 2016, Cambridge--

MITとシンガポール技術・設計大学(SUTD)のエンジニアは、原形を「記憶する」3D構造のプリントに光を使う。伸ばされ、捩じられ、極端な角度に曲げられた後でも、その構造物は、小さなコイルや多材料の花から、エッフェル塔の1 […]

全文を読む

世界初の迷路磁区を使った磁気光学Qスイッチレーザ

August, 17, 2016, 豊橋--

豊橋技術科学大学電気・電子情報工学系の後藤太一助教、自黙科学研究機構分子科学研究所、アイオワ州立大学の研究者らのグループは、共同で磁場と光の相互作用である磁気光学効果を発現する膜を用いた、集積化可能なQスイッチレーザの開 […]

全文を読む

新開発の加工方により、SiCウェーハの高速生産・素材ロス大幅低減を実現

August, 15, 2016, 東京--

株式会社ディスコは、従来にないレーザ加工によるインゴットスライス手法「KABRA」プロセスを開発した。  同プロセス導入により、次世代パワーデバイス素材として期待される炭化ケイ素(SiC)ウェーハ生産の高速化、取り枚数増 […]

全文を読む

3Dプリンティングで複雑なマイクロ物体を作製

August, 1, 2016, Stuttgart--

ドイツのシュトットガルト大学(University of Stuttgart)の研究チームは、超高速レーザパルスと光学フォトレジストを用いて人の毛髪程度のサイズの光学レンズを作製した。  パルス幅100fs以下のフェムト […]

全文を読む

レーザでモジュラー型プロトタイプを製造

July, 15, 2016, Aachen--

タービンブレードやタービン翼の長いリードタイムは、エンジンテストにおける新しい部品設計の評価にとって大きな課題となっている。鋳造による従来のタービン翼製造は、今日のホットパスコンポーネントの開発で求められる高速繰返しサイ […]

全文を読む

ピッツバーグ大学とANSYS提携して新しい積層造形研究所設立

July, 4, 2016, Pittsburgh--

ANSYSとピッツバーグ大学の新たな提携によって、エネルギー効率のよいジェットエンジンから個人化医療器具まで、企業は素早く、簡単に安全で信頼できる最先端の製品を設計し製造できるようになる。この提携は、業界の最も困難な積層 […]

全文を読む

レーザ処理、接合がカーボンファイバ成功への見込み

June, 2, 2016, Oak Ridge--

オークリッジ国立研究所(ORNL)が、軽量車や他の多材料ハイエンド製品向けに開発したレーザ表面処理プロセスによる炭素繊維複合材とアルミとの接合は、コスト削減につながる。また、レーザのパワーと精度を利用する新しい方法である […]

全文を読む

LLNL、金属3Dプリンティング工程に「大きな前進」

May, 30, 2016, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の研究チームは、通常の金属3Dプリンティング技術を悩ます問題への解で大きく前進した。これは、どのような相互作用がレーザ粉体層溶融プロセスで製造されるパーツの多孔性につながるのか、と […]

全文を読む

改良レーザカッターで3Dプリント

May, 24, 2016, Houston--

ライス大学(Rice University)バイオエンジニアリングの研究グループは、商用グレードCO2レーザカッタを改良し、OpenSLS、オープンソース選択的レーザ焼結プラットフォームを実現した。これにより、粉体プラス […]

全文を読む

レーザベースCFRP加工中のプロセスコントロール強化

May, 24, 2016, Hannover--

持続可能性、それと密接に関連する資源の効率利用はかねてから製造分野の重要な目的になっている。自動車や航空機産業では、資源の経済的な利用は、車両重量を減らすことで達成可能になる。したがって、レーザツェントルムハノーバe.V […]

全文を読む

NIST、ポータブルスケールでレーザパワーを計測

May, 13, 2016, Gaithersburg--

米国国立標準技術研究所(NIST)の研究チームは、力検出器のように振る舞うミラースケールに光を反射することによってレーザパワーを計測する新しい方法を実証した。  奇妙に聞こえるかも知れないが、その技術は簡素で高速、より安 […]

全文を読む

レーザ加工ファイバがプラスチックを補強

March, 18, 2016, Aachen--

今日、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)やガラス繊維強化プラスチック(GFRP)のような複合材料が工業連続生産の世界に広がっている。そのような材料は取り扱いが難しいと考えられているが、最新のレーザにより、均一な品質で短 […]

全文を読む

中空ファイバにハイパワーレーザを入力する光トラップ

March, 11, 2016, Erlangen--

シンプルな自己整合法によって、微細テーパー状ガラスファイバを中空コア光ファイバ内に取り込むことができる。潜在的アプリケーションは、レーザ切断、基礎物理学研究。  マックスプランク光科学研究所の研究グループは、レーザ光を使 […]

全文を読む

中赤外3.1~3.2µmパルス/連続波を可能にする新型レーザ開発

February, 26, 2016, Washington--

UK、バース大学(University of Bath)の研究チームは、これまでレーザ開発者の大きな課題であったスペクトル領域、3.1~3.2µm中赤外パルス/連続発振ができる新型レーザを開発した。  中赤外域は現在、分 […]

全文を読む

高効率でコンパクトなUVレーザシステム向けに新たなコーティング

February, 22, 2016, Hannover--

精密計測および医療市場向けのコンパクトでエネルギー効率のよいレーザシステムについてLZH()Laser Zentrum Hannover e.V.がEurostarsプロジェクトCELL-UVでパートナー3社ととりこ組ん […]

全文を読む

LLNL研究者、3D金属プリンティングの物理学を説明

January, 22, 2016, Livermore--

ローレンスリバモア国立研究所(LLNL)の論文によると、金属3Dプリンティングの最も一般的な方法が飛躍的に伸びているが、プロトタイプの作製から重要部品の製造への移行は、プロセスの背後にある複雑な物理学の基本的な理解なしに […]

全文を読む

レーザでトンネルコンクリートの健全性を高速で検査

January, 20, 2016, 東京--

日本原子力研究開発機構、レーザ技術総合研究所(レーザ総研)、理化学研究所(理研)の合同研究グループは、コンクリート内部の外からは見えない「ひび割れ」等の欠陥をレーザにより検出する「レーザ欠陥検出法」と呼ばれる技術を高速化 […]

全文を読む

フォトニック「焼結」から新しいソーラ、エレクトロニクス製造技術

January, 14, 2016, Corvallis--

オレゴン州立大学(OSU)のエンジニアは、フォトニック「焼結」の物理理解で基本的なブレイクスルーを達成した。これは、太陽電池、柔軟なエレクトロニクス、様々なタイプのセンサ、他のハイテク製品など、紙やプラスチックなどにプリ […]

全文を読む

ヘブライ大学、3Dプリンティングセンターを開設

January, 12, 2016, Jerusalem--

ヘブライ大学は、3Dおよび機能プリンティング研究にフォーカスしたイスラエル初のセンター、3D/機能プリンティングセンターを開設した。  3Dプリンティングは、デジタルモデルから実際の物体を作製するプロセス。機能プリンティ […]

全文を読む

ギガフォトン、EUV光源で出力108W、24時間の安定発光に成功

December, 17, 2015, 小山--

リソグラフィ光源の主要メーカー、ギガフォトン(Gigaphoton)は、現在開発中のEUVスキャナー用レーザ生成プラズマ(LPP)光源のプロトタイプ機において、エネルギー安定性平均0.5%以下にて、ロジック生産適用可能レ […]

全文を読む

imecとConventor、7nm半導体製造プロセス最適化で協力

December, 9, 2015, Leuven/Cary--

imecと半導体プロセス開発ツールのサプライヤーCoventorは、7nm半導体技術でプロセス変動問題を探求するために共同開発プロジェクトを拡張すると発表した。  1年にわたり、共同チームはコンベンタの半導体プロセスモデ […]

全文を読む

レーザ加工シミュレーションが初めてアプリとして利用可能に

November, 26, 2015, Aachen--

レーザ材料加工では、プロセスのシミュレーションが近年大きく進歩した。今日、加工対象に何が起こるかを比較的正しく予測できるようになっている。残念なことに、それは非常に複雑であり、膨大な計算時間を必要とする。  フラウンホー […]

全文を読む

LaSAASプロジェクト、スチールとアルミニウム直接溶接技術開発に取組む

November, 6, 2015, Hannover--

軽く、資源効率がよく、同時に堅牢であること、これは自動車産業における軽量構造にメリットがあるが、造船でも同様に重要である。  したがってスチール-アルミニウム接合も船に使用される。しかし船では材料の厚さが全く異なっている […]

全文を読む

2 / 3123

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。